HEAD LINE

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/18(日) 06:53:05.37 ID:Ump5wa5j0

勇者宅

魔王「城から来てやったぞ!!早く我を倒さんかぁ!!」

勇者「もう帰ってください!!」

魔王「ばかやろう!!お前が我を倒さないとこの世界に平和は来ないぞ!!」

勇者「僕は痛いのは嫌です!!」

魔王「あのなぁ!我と勇者の戦いはもう1000年前から決定事項なんだ!!」

勇者「知りません!!」

魔王「お前が我を倒すことも予言でちゃんと記されている!!だから、ある程度戦ったらわざと負けてやる!!」

勇者「じゃあ、戦わないでこの場で負けを認めてください!!」

魔王「それは……駄目だ。予言では勇者と魔王は壮絶な戦いを繰り広げることになっておる」

勇者「じゃあ、もう帰ってください!!僕は戦いません!!」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ◆3pCIhha3Cw 2015/02/26(木) 20:59:51.56 ID:kJ60OgI80

※ごくシンプルなイチャイチャでエロ注意
※少し端折ってます


奉仕部部室

結衣「うっ......」ジワ

結衣「ヒッキー!」ガバ

八幡「おわっ!」

結衣「ヒッキー!......ヒッキー!!」グス

八幡「おい、泣くなよ......」

結衣「だって......嬉しいんだもん」グス


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/21(日) 23:30:48.61 ID:oQOD3LxV0

杏子「なんでだよ……」

ほむら「あなたは幼い頃にまともに遊んだ記憶はある?」

杏子「ん?そりゃあモモと……ままごととか」

ほむら「でも妹さんを気遣って自分のしたいような遊びはしていないんじゃないかしら?」

杏子「ま、まぁそりゃあ貧乏だったし……」

ほむら「私も幼い頃に遊んでいないのよ」

杏子「ん?あぁ、病気か」

ほむら「えぇ、そこであなたと私で幼い子がするような遊びを経験してみましょう!」

杏子「何を思ってそうなったんだよ……」

ほむら「ごたごたが終わって見るとこうして体が自由に動かせることに感動して思いたったのよ」

杏子「なんであたしなんだよ……」

ほむら「暇でしょう?」

杏子(否定出来ない……)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/06(水) 19:30:56.50 ID:z4eSzKXQ0

亦野「あ~あ、やっと定期テストも終わったか」

渋谷「せーこちゃんは今回どうだった」

亦野「まあまあかな、今まで授業聞いてるだけでそこそこできてたし平気だよ」

亦野「そんなことより部活いこーぜ、白糸台高校入ってレギュラーになるためにも練習しなくてはな」

渋谷「……うん」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ◆df7m4bsNCU 2014/09/05(金) 03:47:14.73 ID:JGg5QIY3o

艦隊これくしょんの吹雪型駆逐艦のSSです


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 20:31:24.57 ID:IIJRs8QG0

ザァーーーーーーー・・・・・・





結衣「こうやって3人揃うのは久しぶりだね!」

八幡「あぁ」

雪ノ下「そうね」

結衣「最近忙しくてさ、勉強も大変だし」

結衣「意外と大学って、入ってからが大変だね!」

雪ノ下「由比ヶ浜さんは真面目なのね」

結衣「そんなことないよー!」

八幡「・・・・・・」

雪ノ下「・・・・・・」

結衣「えへへ・・・」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 17:25:08.31 ID:iT19Kaur0

雪ノ下「では遠慮なく」ズププ

八幡「」

雪ノ下「あっ・・・んぁっ!///」ビクビク

雪ノ下「す、すごく良いわ比企谷君っ・・・んあぁっ!///」ビクビク

八幡「」パンパン

雪ノ下「あぁぁっ! あ・・・んんっ!///」ゾクゾク

雪ノ下「んんんっ!!///」ビクン

八幡「」ドピュ

雪ノ下「はぁ・・・はぁ・・・///」クタ

雪ノ下「・・・明日も・・・お願いできるかしら?」

雪ノ下「比企谷君・・・///」チュ

八幡「」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 17:51:32.29 ID:Mn8q++5e0

美緒「今日から宮藤にも宿直勤務に就いてもらう」

芳佳「はい。で、あの、宿直ってどんなことをしたらいいんですか?」

美緒「緊張することはない。夜間哨戒を行っているウィッチ、つまりはサーニャからの定時報告を受け取るだけでいい」

芳佳「それだけですか?」

美緒「まぁ、ネウロイの襲撃やユニットの動作不良等の緊急事態もあり得る。そのときは早急に私かミーナ、バルクホルン、シャーリーに伝えてくれ」

芳佳「それはいいんですけど、あの、一人は不安で……」

美緒「何を甘えたことを言っている。軍人なら誰でもやることだ。訓練の一環だと思え」

芳佳「でも……」

美緒「何も難しいことではない。一度経験すればそれも分かるはずだ」

芳佳「は、はい。がんばります」

芳佳(はぁ……一人はやだなぁ……)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/31(金) 23:06:59.599 ID:gc8+tcKA0.net

海老名ちゃん「??」

クスクス

海老名ちゃん(わ、笑われてる?なんで…?)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 18:49:23.90 ID:P1xjPwz10

由比ヶ浜「やっはろー、ヒッキー!」

由比ヶ浜「昨日はゴメンね? 優美子が無理やり誘ってきてさ」

由比ヶ浜「今度からは絶対に断るからね?」

由比ヶ浜「ヒッキーといる時間の方が大切だもん!」

由比ヶ浜「私の優柔不断なところは」

由比ヶ浜「悪いところ」

由比ヶ浜「絶対に直すから、ヒッキーも手伝ってね!」

由比ヶ浜「もちろん、手伝ってくれるよね?」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ