HEAD LINE

1: ◆df7m4bsNCU 2014/09/05(金) 03:47:14.73 ID:JGg5QIY3o

艦隊これくしょんの吹雪型駆逐艦のSSです


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 20:31:24.57 ID:IIJRs8QG0

ザァーーーーーーー・・・・・・





結衣「こうやって3人揃うのは久しぶりだね!」

八幡「あぁ」

雪ノ下「そうね」

結衣「最近忙しくてさ、勉強も大変だし」

結衣「意外と大学って、入ってからが大変だね!」

雪ノ下「由比ヶ浜さんは真面目なのね」

結衣「そんなことないよー!」

八幡「・・・・・・」

雪ノ下「・・・・・・」

結衣「えへへ・・・」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 17:25:08.31 ID:iT19Kaur0

雪ノ下「では遠慮なく」ズププ

八幡「」

雪ノ下「あっ・・・んぁっ!///」ビクビク

雪ノ下「す、すごく良いわ比企谷君っ・・・んあぁっ!///」ビクビク

八幡「」パンパン

雪ノ下「あぁぁっ! あ・・・んんっ!///」ゾクゾク

雪ノ下「んんんっ!!///」ビクン

八幡「」ドピュ

雪ノ下「はぁ・・・はぁ・・・///」クタ

雪ノ下「・・・明日も・・・お願いできるかしら?」

雪ノ下「比企谷君・・・///」チュ

八幡「」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 17:51:32.29 ID:Mn8q++5e0

美緒「今日から宮藤にも宿直勤務に就いてもらう」

芳佳「はい。で、あの、宿直ってどんなことをしたらいいんですか?」

美緒「緊張することはない。夜間哨戒を行っているウィッチ、つまりはサーニャからの定時報告を受け取るだけでいい」

芳佳「それだけですか?」

美緒「まぁ、ネウロイの襲撃やユニットの動作不良等の緊急事態もあり得る。そのときは早急に私かミーナ、バルクホルン、シャーリーに伝えてくれ」

芳佳「それはいいんですけど、あの、一人は不安で……」

美緒「何を甘えたことを言っている。軍人なら誰でもやることだ。訓練の一環だと思え」

芳佳「でも……」

美緒「何も難しいことではない。一度経験すればそれも分かるはずだ」

芳佳「は、はい。がんばります」

芳佳(はぁ……一人はやだなぁ……)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/31(金) 23:06:59.599 ID:gc8+tcKA0.net

海老名ちゃん「??」

クスクス

海老名ちゃん(わ、笑われてる?なんで…?)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 18:49:23.90 ID:P1xjPwz10

由比ヶ浜「やっはろー、ヒッキー!」

由比ヶ浜「昨日はゴメンね? 優美子が無理やり誘ってきてさ」

由比ヶ浜「今度からは絶対に断るからね?」

由比ヶ浜「ヒッキーといる時間の方が大切だもん!」

由比ヶ浜「私の優柔不断なところは」

由比ヶ浜「悪いところ」

由比ヶ浜「絶対に直すから、ヒッキーも手伝ってね!」

由比ヶ浜「もちろん、手伝ってくれるよね?」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/17(日) 06:29:42.91 ID:Cgc6i02l0

――帰りの会

エイスリン「キリツ!」

シロ「…」キリツ

シロ(…いま、日本語ペラペラだったような)

純「だりーわ」

胡桃「そこの男子!さっさと立つ!」

純「…俺は女なんだけど」

胡桃「嘘つかないで!素行不良の生徒なんてみんな男子に決まってるから!」

シロ(すごいこというなあ…)

エイスリン「イノウエ、サン」

純「…はい」

エイスリン「キリチュ」

純「!」

エイスリン「Oops…カンジャッタ」テヘヘ

純(…っ!)キューン


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/07(金) 19:56:45.87 ID:60H2D1qJo

妙高「あら…何か文句が?」

高雄「どう見ても那智さん達より私の妹達の方が可愛いでしょう」

妙高「…?…栄養が目と頭に届いてないのでしょうか」

高雄「貴女意外と失礼ですね」


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/11(水) 19:15:36 ID:HZtAIdWI

青春とは嘘であり(中略)砕け散れ。

平塚「これはなんだ比企谷」

八幡「課題ですけど・・・」

俺の目の前にいるのは平塚静、アラサーにして独身の男性教諭。

って男・・・?平塚先生男だっけ・・・?

八幡「先生って男でしたっけ」

平塚「俺のトラウマをえぐってるのか君は」

【設定ポイント1・美人女教師なんていない】


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/31(土) 19:56:02.59 ID:BhSZj49p0

 三月某日
 総武高校

その教室には二人しかいない。

俺、比企谷八幡と、元奉仕部部長、雪ノ下雪乃。

この教室で、この二人が出会ったことから、全てが始まった。

いろんなことがあって、何度もこの関係は壊れかけた。

それでも俺たちはここまでたどり着き、俺は答えを選び出した。

由比ヶ浜には既に俺がこれからすることを伝えてきたから。あとは実行あるのみ。



――その日は、俺たちの卒業式だった。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ