1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 22:47:24.09 ID:Ti+YL7abP

凛「かよちーん!」ギューッ

花陽「り、凛ちゃん、いきなり抱き付いてこないでよぉ」カアアアアアアアア

にこ「かよちん!」プニッ

花陽「うひゃぁっ!? ニコちゃんもプニプニしないでぇ!」

真姫「その辺にしておいたら? 花陽も困ってるし」カミノケクルクル

花陽「真姫ちゃん……!」パアアアアアアアア

真姫「もう、怖い人たちよね」ナデナデ

花陽「怖いってわけではなくて困っちゃうだけというか……」エヘヘ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 22:51:35.02 ID:Ti+YL7abP

真姫「全く、花陽をここまで怖がらせるなんて」ナデナデナデナデ

花陽「真姫ちゃん……? もういいよ?」

凛「そんなこと言って真姫ちゃんだってかよちんの頭なでたいだけじゃないの?」

にこ「一番顔がゆるんでるの真姫ちゃんニコ!」

真姫「ナニソレ、イミワカンナイ」ナデナデナデナデナデナデナデナデ

花陽「ダレカタスケテー!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 22:55:26.77 ID:Ti+YL7abP

穂乃果「今日も1年生は仲良しだねぇ」ホノボノ

海未「若干1名先輩が紛れ込んでいるような気もしますが」

ことり「かよちゃんかわいいもんね」

絵里「みんなの妹って感じよね、花陽」

希「胸のお饅頭も程よい揉み応えでワシワシが捗るわ」

絵里「ほら! 遊ぶのはそこまでにして練習行くわよ!」パンパン

にこりんまき「「「はーい」」」

花陽「助かったぁ……」ハァ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 22:59:09.92 ID:Ti+YL7abP

ことり「今日も頑張ろうね、かよちゃん」ナデナデ

花陽「ふわっ」

穂乃果「ファイトだよっ!」ナデナデ

絵里「ハラショー」プニプニ

花陽「プニプニしないでぇ!」

希「お、また成長しとる?」ワシワシ

花陽「ひぃっ!」ビクッ

海未「…………」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:03:41.95 ID:Ti+YL7abP

海未「花陽」

花陽「う、海未ちゃん!?」ビクッ

海未「嫌であれば嫌とはっきり言っていいのですよ?」

花陽「嫌とかそういうわけじゃないんだけど……」

海未「大体みんな花陽のことをなんだと思っているんだか」

海未「花陽はペットではないというのにまるでペット感覚で……」

花陽「花陽ペットなの!?」ガーン

海未「気軽に抱き付いたりほっぺたをつついたり頭をなでたり――」

花陽「?」キョトン


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:07:54.79 ID:Ti+YL7abP

海未「あ、頭をなでたりなど……」ウズウズ

花陽「海未ちゃんもなでる?」

海未「! そ、そんな、なでたいなんて一言も……!」

花陽「花陽、海未ちゃんに頭なでてほしいなー、なんて」エヘヘ

花陽「海未ちゃんに頭なでてもらったことないし」ニコッ

海未「花陽……!」ギュッ

花陽「うひゃうっ!? う、海未ちゃん!?」カアアアアアアアアアア

海未「す、すみません。取り乱しました」バッ

花陽「あっ……」シュン


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:13:03.87 ID:Ti+YL7abP

海未「それでは、今度こそ失礼して」ナデナデ

花陽「ふわぁ……」トロン

海未「花陽の髪はふわふわでなでていて心地がいいですね」

海未「まるで花陽の人となりを表しているかのようです」ナデナデ

花陽「そんなことないよ!」

海未「ふぅ、ありがとうございます、花陽」

海未「花陽の頭をなでると落ち着いて……みんなが花陽の頭をなでたがる気持ちがわかる気がしました」

花陽「花陽からなでてって言ったのにお礼なんて、変な海未ちゃん」エヘヘ

海未「……全く、花陽にはかなう気がしませんね」フフ

花陽「花陽の方こそ海未ちゃんにはかなわないよ!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:20:16.35 ID:Ti+YL7abP

海未「さて、屋上に行きましょうか、スクフェスも近いですし練習に身を入れないと」

花陽「真姫ちゃんが作ってくれたタカラモノズ、すっごくいい曲だもんね!」

海未「それにことりと、みんなで作った作った衣装もあります。今までで最高のライブにしましょう!」

花陽「そうだね! 今までもその時出来る最高のライブをしてきたつもりだし今回も今のμ'sでできる限りの最高のライブにしないと!」ウンウン

海未「花陽はやはり綺麗な心の持ち主ですね」

花陽「そうかな? えへへ、海未ちゃんにほめられるとなんだか照れちゃうな」

海未「花陽が作詞したなわとび。あの歌詞、私とても大好きなんです」

海未「花陽の暖かさが直に心に伝わってきて、涙が出てくるんです」

花陽「そんな、海未ちゃんの作った歌詞の方がずっと素敵だよ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:25:04.61 ID:Ti+YL7abP

海未「花陽は素直に自分の気持ちを歌詞に乗せられるんです」

海未「私はあまりそういったことはできなくて、だから素直に花陽の作詞したなわとびには感動させられて」

花陽「花陽の歌詞はなんだか稚拙で子供っぽいってお母さんが言うんだけど」

花陽「それによく私服も子供っぽいって言われるし……」

海未「花陽はそこがいいんだと思いますよ」

海未「子供っぽいというのは一見悪口のようにも聞こえますが純粋に悪口というわけではないと私は思っています」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:29:45.88 ID:Ti+YL7abP

海未「子供っぽいというのは純粋さを忘れないということと同じ。純粋であることは悪いことではありません。私は、そのままの花陽が好きですよ」

花陽「す、好きって? えぇっ!?」カアアアアアアアアアア

海未「深い意味はありません。さて、行きますよ花陽」ギュッ

花陽「う、海未ちゃん! 手!」

海未「手くらいいいじゃないですか。同性で手をつなぐことくらい普通ですよ?」

花陽「それでも恥ずかしいの!」

海未「凛とはよく手をつないでいるのにですか?」

花陽「凛ちゃんは幼馴染だから……。海未ちゃんが相手だとなんだか違うの!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:33:23.92 ID:Ti+YL7abP

海未「私が相手では嫌ということですか?」

花陽「そ、そうじゃなくてぇ……」グスッ

海未「ふふ、ごめんなさい。つい花陽の反応を見たくてからかってしまいました」

花陽「ひどいよぉ海未ちゃん……」

花陽「でも、いつもは見れないお茶目な海未ちゃんが見れてちょっぴり得した気分です!」エヘヘ

海未「花陽は本当に強くて優しいですね」

花陽「花陽は強くなんてないよ?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:37:02.79 ID:Ti+YL7abP

海未「普通はからかわれたりしたらもっと怒るものですよ? 真姫などいい例で――いえ、あれは少々過剰な気もしますが」

海未「花陽の心の強さは目を見張るものがあります」

海未「普段は泣き虫ですが、おそらくμ'sの中でもトップクラスの心の強さの持ち主です」

花陽「そんなこと――」ピトッ

海未「そう自分のことを過小評価するのは花陽の悪い癖ですよ」

海未「まぁ、花陽がニコのように自信満々になったり真姫のように高飛車なお嬢様系になっても困りますが」

海未「好きな人のことを悪く言われるのは例えそれが本人でも悔しいものです」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:41:12.06 ID:Ti+YL7abP

花陽「す、好きな人って――あ、さっき深い意味はないって言ってたもんね! 花陽てっきり」

海未「好きですよ、花陽」

花陽「えええええええ!? あ、わかりました! また花陽のことからかって――」

海未「……」ジッ

花陽「るわけじゃないの……?」

海未「はい。私は貴女、小泉花陽のことを愛しています」

花陽「なんで? 花陽のこと海未ちゃんが好きになるなんて……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:45:51.89 ID:Ti+YL7abP

海未「先程言った通り、私は花陽の人柄が好きです。なんでも包み込んでくれるような、花陽の暖かさが好きです」

海未「花陽の一生懸命さが好きです。花陽の、貴女の全てが好きです」

花陽「うぇぇっ!?」

海未「なんて、こんなこと言っても気持ち悪いだけですね。忘れてください」

花陽「わ、忘れないよ!」

海未「なぜですか? あ、私が同性愛者であるとみんなに――」

花陽「違うの! 第一花陽はそんなことしない! 花陽のことそんなに理解してくれてる海未ちゃんなら分かるよね?」

海未「……はい。いくら私を気持ち悪いと思ったとしても、花陽はそんなことはしないです」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:49:16.99 ID:Ti+YL7abP

花陽「それに! 気持ち悪いなんて思ってない!」

海未「で、でも同性から告白されたんですよ?」

花陽「気持ち悪いって思うより、嬉しかった」

花陽「花陽のことそんなに理解してくれて、花陽を認めてくれる人がいて」

花陽「それに、海未ちゃんのことは花陽も大好きです!」

海未「だ、大好き? いいですか、花陽。これはライクではなくラヴの――」

花陽「うん、ちゃんとラヴの意味で好きだよ、海未ちゃん」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:53:45.87 ID:Ti+YL7abP

海未「どのあたりが、などと聞いてもいいですか?」

花陽「うーん、どのあたりがって聞かれると全部かな」

花陽「気付いたら目で追ってて、好きなのかな、って思ってたらいつの間にか好きになっちゃってた」

花陽「海未ちゃんは花陽が持ってないものいっぱい持ってるから、それで好きになっちゃったのかも」

海未「花陽が持っていないもの……?」

花陽「海未ちゃんは花陽のこと強いって言ってくれるけど花陽からしてみれば海未ちゃんの方がずっと強いの」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 23:58:02.99 ID:Ti+YL7abP

花陽「海未ちゃんってかっこいいって言われるけど髪は長くて見た目はすっごく女の子っぽいのになんでだろうって不思議に思ってたの」

花陽「それって海未ちゃんの心の強さが内面からあふれ出してるからだって」

花陽「友達を信じられる気持ち、あきらめない気持ち」

花陽「花陽から言わせてもらうと海未ちゃんの方こそ素敵な心の持ち主なんです」

海未「は、花陽に散々同じようなことを言ってきましたが、いざ自分が言われると照れますね」カアアアアアアアア

花陽「えへへ、ちょっとした花陽からのお返しです」

海未「あ、あの、花陽――」

穂乃果「あー! 海未ちゃんとかよちゃん、こんなところにいたー! 遅いから心配してたんだよ?」


30: >>1 2013/12/02(月) 00:02:12.80 ID:o1BoG41wP

絵里「全く、スクフェスまであと少しなんだから気を引き締めていくわよ」

にこ「海未ちゃんもかよちんもたるんでるニコ。まるでのぞみんのおなk」

希「ニコっち? それ以上言ったらどうなるか分かっとるよね?」

ことり「何か事件に巻き込まれてるのかと思って心配しちゃった。無事でよかったー」ウフフ

真姫「ただでさえ日が短くなってきてるんだからしっかりしなさいよね」

凛「海未ちゃんとかよちんは罰として帰りにみんなにクレープおごりニャ!」

穂乃果「それいいよ! 凛ちゃんさっすがー!」

海未「申し訳ございませんでした、花陽とすっかり話し込んでしまい」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 00:05:21.52 ID:o1BoG41wP

絵里「こうしてる間ももったいないわ。さっさと練習行くわよ」

凛「クレープ何にしよっかなー」

穂乃果「ねー」

希「ニコっち、反省は?」

にこ「しましたー。もう2度と言わないニコ……」

わいわい

海未「あ、あの、花陽。確認なのですが、私たちは恋人、ということでよろしいのでしょうか?」

花陽「こ、恋人!?」カアアアアアアアアアア


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 00:09:44.61 ID:o1BoG41wP

海未「やはり違いますか?」

花陽「ち、違うの。恋人って響きがなんだか恥ずかしくて……」

花陽「両想いだったわけだから、恋人でいいのかな……?」

海未「ふふ、好きな人と結ばれるというのはこんなに幸せなものなのですね」

花陽「うん、花陽も今すっごく幸せだよ」ニコッ

海未「このことはくれぐれも秘密ですよ?」

花陽「秘密の関係、なんだか素敵かも」エヘヘ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 00:14:03.90 ID:o1BoG41wP

凛「かよちーん、海未ちゃんとこそこそお話ばっかりしててどうしたの?」

花陽「な、なんでもないよ!」

真姫「まさか、海未に何か脅されて……!」

花陽「海未ちゃんはそんな人じゃないよ!」

凛「凛もかよちんとお話したいニャ!」

花陽「えぇ……?」チラッ

海未「行ったらどうですか?」フフ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 00:17:31.00 ID:o1BoG41wP

花陽「ごめんね、海未ちゃん」

海未「恋人だからいつも一緒にいるというわけでもないでしょう?」

海未「いくら遠くにいても私が花陽を好きだという気持ちに変わりはありませんから」

花陽「花陽も、絶対に変わりません!」カアアアアアアア

海未「好きですよ、花陽」

花陽「花陽も、好きだよ。海未ちゃん」ニコッ

おわり


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02(月) 00:18:12.62 ID:OOylfYvS0

おつおつ



元スレ:海未「花陽の頭をなでたい」

他サイト様の最新記事