1: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 21:14:43.90 ID:6O0HefGz0

百合 エロ たぶんふたなりあるかも ネタバレ注意
書き溜めなし



芹「……はあ」

里奈「幸せ逃げるよ」

芹「いや、さっきの戦闘のせいか……体が上手く動かせなくて」

里奈「軟弱ものめ」

芹(でも、私……一回、死んだよね?)

里奈「どうしたの?」

芹「あ、うん……」

芹(そんな、ゲームじゃあるまいし……一回死んで生き返るなんて……)ゾク

芹(あ……思い出したら、震えてきた……)

里奈「芹」

芹「はっ」

里奈「私、先生に呼ばれてるから先行くよ」

芹「……わ、私も」

ガタっ

里奈「てい」

ドンっ――グラ

芹「わ、わわ!?」

ドサっ

里奈「も少し休んでなって」

芹「でも……」

里奈「言うこと聞かないと……」

わきわき―

芹「え、ちょっ、わ」

里奈「それえ!」

こちょこちょっ

芹「っや……めっ……っっ……あっ?!」


2: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 21:22:28.61 ID:6O0HefGz0

里奈「ほらほらっ」

こちょこちょっ

芹「あはははっ……っひっ……いやあっ……もうっ!!!」

里奈「しょうがない、やめてあげよう」

芹「はあっ……はあっ……」

里奈「ほら、このざま」

芹「い、いや……今のは、誰でも……っああなるって」ハアハア

里奈「医務室貸し切りになるんだから、ちょっとゆっくりしていきなよ。じゃ」

シュイン――

芹「あ……」

芹(今ので、けっこう体力が……削られた)

ドサっ

芹「ふうっ」

芹(電灯が眩しい……体がじんじんする……だるい……私)

芹「私……生きてるんだ」


3: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 21:49:32.57 ID:6O0HefGz0

シュイン――

織姫「当たり前でしょ。何言ってるの」

芹「織姫ちゃん!?」

ガバっ

芹「あ」クラっ

トサっ

織姫「検査の結果は?」

芹「ありがと……二回目の検査も大丈夫だった」

織姫「そう。なら、戦闘後にはしゃぐ元気があるなら休むことね」

芹「へへへっ、でも里奈のおかげで元気もらえたから」

織姫「……そう」

芹「所で、お、織姫ちゃん誰か探しに来たの? あ、総士先輩なら」

織姫「別に、総士に用なんてないけど」

芹「?」

芹(じゃあ、何しに?)

織姫「芹」

芹「なあに? お、織姫ちゃん」

織姫「名前を呼ぶだけで、なぜそんなに挙動不審になるの」


4: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 21:57:56.60 ID:6O0HefGz0

芹「え、そんなことは」

織姫「ほんとに?」

芹「……う」

織姫「言いなさい、芹」

芹「そ、その……気に入ってくれてるか、不安で」

織姫「いいって、言ったでしょ」

芹「そうだよねっ。はは」

織姫「それだけ?」

芹「それだけって……?」

織姫「他に、言いたいことがあるんじゃないの」

芹「織姫ちゃんは、なんでもお見通しだね」

織姫「島のコアに隠し事は無意味」

芹「そうだね、私も織姫ちゃんに隠し事したくない」

織姫「……」

芹「名前を呼ぶ時、どうしても……乙姫ちゃん、って言いそうになるんだ。だから、テンポが悪くなって……ごめんね、そう言われるの嫌だよね。頑張るから」


5: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 22:06:52.33 ID:6O0HefGz0

織姫「別に、名前を間違えたってかまわない。あなたが、私を織姫として認識しているなら、名前にこだわる必要もないわ」

芹「……織姫ちゃんは、本当にいい子だね」

織姫「芹」

芹「は、はい」

織姫「私を子ども扱いするのは止めなさい」

芹「あ……気を悪くさせた? ご、ごめんなさい」

織姫「私は確かに生まれて間もないけれど、あなたは私の母親ではないし、私はあなたを母親だと思う気もない。私は織姫として、芹の前にいるの」

芹「……えっと」

織姫「島のコアは、今、織姫としてあなたの傍にいる」

芹「どういうこと……?」

織姫「自分で考えなさい」

芹「……う、うん」

織姫「一人でここまで歩いてきて疲れたわ。少し、休むから」

芹「あ、隣のベッドたぶんしばらく帰って来ないから空いてるよ」


6: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 22:14:38.48 ID:6O0HefGz0

織姫「隣? どうして隣に行かなくてはいけないの」

芹「私の足元の方よりいいかなって」

織姫「どうして他のベッドを使わなくちゃいけないのかって言ってるの」

芹「え、えと……あ……よ、横にくる?」

織姫「それ以外にどこがあるの」

芹「ご、ごめんなさい」

芹は壁際に寄って、一人分のスペースを空けてやる。

織姫「……」

ベッドに腰を下ろした少女は、こちらに背を向けてころんと横になった。

芹「……織姫ちゃん」

織姫「なに」

芹「ずっと、見守っててくれてありがとう。なんだかね、感じたんだ。織姫ちゃんが頑張れって言ってるの」

織姫「私はそんなこと言ってないけど」

芹「そうだよね……たぶん、私の幻聴だったんだと思う」


8: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 22:22:59.53 ID:6O0HefGz0

織姫「新しい力が、戦士達を目覚めさせた。それを使うこともまた、あなたたちの力……芹」

芹「はい……」

織姫「よくやったわ」

芹「……ありがとう」

織姫「私は……私も、この島を見続けていきたい。乙姫が守りたいと願ったみんなを」

芹「織姫ちゃん……」

織姫「時間は限られているから。だから、私は……」

芹「うん」

織姫「できる限り、あなたと一緒にいたい」

芹「……え」

織姫が縮こまったように、芹には見えた。

織姫「私だって疲れるから、栄養補給が必要なの」

少女が、こちらを向いた。
そして、彼女の顔面がゆっくりとこちらに近づいてくる。

芹「……織姫ちゃん、ちかっん!?」


9: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 22:32:59.39 ID:6O0HefGz0

織姫「……っん……ちゅぱっ」

芹「っ……ぁっ……っん」

口どけの良い唇が、ふっと離れていく。

織姫「どうしたの」

芹「あの、あの……うええ?!」

織姫「うるさい」

芹「なっ……んっんん?!」

織姫は芹の口を封じるように、先ほどよりもしゃぶりつくように口づけた。

織姫「はあっ……」

芹「こ、こんなのどこで……っ!」

織姫「乙姫だって知ってたけど」

芹「乙姫ちゃんはそんな子じゃないよっ」

織姫「芹、誰しも人には言えない秘密がある。そういうもの」

芹「わ、私は……だって、初めてだよっ!?」

織姫「私とは嫌なんだ。ああ、乙姫となら良かった?」

芹「そういうことじゃなくて」

織姫「……ねえ、芹? キスして? お願いだよ?」

芹「織姫ちゃ……」

ねだる様に首を傾げ、芹の上に織姫は覆いかぶさった。
それも、乙姫の真似をしながら。


10: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 22:40:35.75 ID:6O0HefGz0

織姫「お願い……」

芹は織姫を押し返そうとしたが、体に上手く力入らない。
抵抗できない内に、織姫は検査服の紐をしゅるりと一気にほどいた。
はらり、と片側の布が滑り落ちる。
芹の右胸が露わになった。

芹「やっ……!」

隠そうとしても腕が重たく、織姫に容易にねじ伏せられてしまう。

織姫「どうしたら、あなたは私を見てくれるの」

ため息。
それから、芹の乳房の突起に唇を当てた。

芹「ひんっ……っ」

織姫「乙姫は、こんなことやってくれなかったでしょ。あむっ」

口の中で、転がされる。

芹「やめっ……ぁ、ぁあ」

生暖かい口内。
芹は背筋が震える程の、快感に内股をこすり合わせる。

織姫「芹、柔らかい」


11: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 22:50:00.57 ID:6O0HefGz0

芹「や、やめてっ……あっ、ダメ……や、乙姫ちゃん!」

行為が止まる。

芹「はっ……」

織姫「……叫んだって、乙姫はもういない」

芹「ごめっ、なさっ……あ」

小さな手が芹の下腹部を撫でた。
おへそのあたりを舌先でちろちろと舐め上げて、
そのまま下の方へずらしていく。

芹「そこはっ……待って、だめ!」

織姫「……」

検査服を完全にはだけさせ、
下半身を守るショーツだけを身にまとった芹を、
織姫は眺めた。

それがあまりにも恥ずかし過ぎて、
芹は羞恥で上手く言葉が出ない。

芹「いやっ……やっ」

涙目で織姫を拒む。

織姫「濡らしてるくせに。戦闘中も、本当は感じてたんじゃないの。乙姫の名前を呼びながら、彼女ために島を守ることに、快感を感じて」

芹「そんなことないっ……変だよっ、織姫ちゃんっ」


13: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 23:00:33.89 ID:6O0HefGz0

織姫は下着の上から鼻先をくっつける。
包まれている下の果肉を楽しむように、
布の上からかぶりついた。

じゅるじゅると音が出た。

芹「やだっ!? 汚いからっ!! お願い! やめてっ!!」

織姫「っ……はっ」

吸い上げるようにすれば、芹の腰がびくびくと跳ねた。

芹「ひっ……ぁっ」

そして、すぐにさらなる快感が芹を襲った。

芹「んあっ!? やだ、そんなとこっ……直接舐めないでっ……いやああ!」

下着をわずかにずらし、織姫は唾液を忍ばせた舌で秘所を攻めた。
ぷっくりとした陰核を一噛みすると、芹の腰が跳ねあがった。

芹「いっぐ……っ」

ベッドがしなり、織姫の顔にわずかに液体がかかる。

織姫「……べちょべちょ」

小さな手で、織姫は芹のお尻を掴み、抑え付ける。
クリトリスと入り口を交互に吸い上げては、舌を入り口にねじ込んでやった。


15: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 23:25:59.75 ID:6O0HefGz0

力なく、芹は織姫の頭を押さえつける。

織姫「んくっ……」

芹「や、これ以上っ……だめっ……出ちゃう出ちゃう!!」

織姫「出しなさい」

芹「いやっ!! 絶対、いや!!」

織姫「……」

織姫は口を離して、人差し指と中指をつぷりと芹の濡れそぼった
穴に挿入した。
口周りをぺろりと舐める。

芹「ひっ……指っ!?」

芹は自分の体が押し広げられていくのを敏感に感じ取っていた。
せり上がってくる、排尿感。

芹「っ……はっ……ぁっ」

抜き差しされると、
意識がもっていかれそうになった。


16: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 23:33:44.86 ID:6O0HefGz0

織姫「……芹」

芹「はあっ……お、織姫ちゃんっ……」

織姫「もっと、私の名前を呼びなさい」

芹「っ……織姫ちゃん」

織姫「もっと、もっと呼んで」

指の動きが早まる。

芹「あっ……ぁっ!」

織姫「芹、もっと私のことを呼んで……芹」

ちゅぽんと指が抜かれた。
登りつめた快感が、すんでのところで踏みとどまる。

織姫は息を荒げながら、芹に触れるだけのキスをした。

織姫「……呼んで」

芹「織姫……ちゃん」

織姫「私と、あなたとの傷。覚えておいて……」


17: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 23:43:27.71 ID:6O0HefGz0

なすがままだった芹は、漸く体を起き上がらせて、織姫の体を抱きしめる。
小さな体がびくりと震えた。

芹「こんな……こんなことしなくたって、私は織姫ちゃんを忘れたりなんかしない!」

織姫「分かっているわ。そんなこと」

芹「……じゃあ」

織姫「あなたがいたから」

芹「ええっ……」

織姫「私の芹が目の前にいたから、仕方ないでしょ」

芹「……」

芹は織姫の顔を覗き込む。

織姫「……」

芹「こんな乱暴なことする織姫ちゃんは嫌い……」

織姫「え」

芹「……嫌い」

織姫から視線を背け、芹はベッドから立ちあがる。
下半身に力が入らず、膝が震えた。
がくりと落ちそうになる。

織姫「ま、待ちなさいっ、芹」


18: ◆/BueNLs5lw 2015/03/12(木) 23:57:33.09 ID:6O0HefGz0

芹「私は、織姫ちゃんのものじゃないから」

織姫「行かないで、芹っ」

はだけた検査服の裾を掴みながら、織姫は引き留めた。
駄々をこねるように、織姫の腰にしがみついた。
とろりと、芹の太ももをつたって蜜が流れ落ちていく。

織姫「嫌いにならないで……一人にしないでよ」

芹「……私」

芹は織姫の頭にそっと右手を置いた。

芹「分かってるから。乙姫ちゃんは、ここにはいないこと。寂しい思いさせてごめんね」

涙すら流せない織姫に、芹は片膝をついて両腕でしっかりと抱きしめた。
織姫の柔らかなマシュマロのような頬っぺたに口づける。
織姫はくすぐったそうに、片目を閉じた。

芹「……やりたいこと全部しよっか」

彼女の耳元で、芹は吐息のようにささやいた。


19: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:01:45.95 ID:01b5xHGD0

織姫「ほんと……?」

芹「うん……ほんと」

織姫は、もじもじと芹の胸元に顔を埋めた。
くぐもった声で、

織姫「私の初めて……もらって」

芹「うん?」

芹は何かの聞き間違いかと思い、

芹「なんて言ったの?」

織姫「何度も言わせないで、芹」

織姫の体が瞬間、金色に光る。
さらに、光る腕で、芹の股下に腕を突っ込んだ。

芹「あふんっ……?!」


20: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:06:05.58 ID:01b5xHGD0

股下に異物感。
むずむずと、かゆみでもなくしびれでもない疼き。

芹「え」

恐る恐る彼女は下を見た。

織姫「形だけは整えたから」

芹「わ、私の股間に……は、あ、わ、わわ」

織姫「うろたえないの」

芹「ひ、酷いよ織姫ちゃん! おちんちんつけるなんて!!」

織姫「だって、芹に気持ちよくして欲しいんだからしょうがないでしょ」

芹「……っな」

くたりとしていた男根が、急にむくむくと怒張を主張し始める。

織姫「興奮したの?」

芹「っ……」


21: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:14:33.36 ID:01b5xHGD0

芹「なにこれ……」

芹は織姫をベッドへ押し倒す。

織姫「痛くしないで」

芹「……どうして、私、織姫ちゃんの中に入れたくて……たまらない」

織姫「本能に従いなさい」

芹「だって、こんな小さな体に……」

芹は自分のイチモツを見た。
非常にグロテスク極まりない。

織姫「私は欲しいの」

芹「……ごくり」

織姫「言葉に出さなくても」

芹「混乱してるんだよっ」

言いつつも、芹は織姫のスカートのホックを外していく。

芹「織姫ちゃん……ぱ、パンツはいてない……」

下の毛も生えていない。
まっさらな丘のようだ。

織姫「芹が早く入れやすいように脱いできた」


22: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:19:09.56 ID:01b5xHGD0

芹「う……そういうこと言わないで」

はち切れそうなくらいに、芹は感じていた。
形だけなどではなく、脈打っている。

織姫「じれったい」

織姫は口を開いて、

芹「え」

織姫「あむっ」

芹の男性器を食べた。

芹「ひいっ……あっんぐっ」

腰が砕けて、
織姫の口からちゅぽんと抜けてしまう。

織姫「だらしない」

芹「スケベッ!」

織姫「……」

芹「否定しないの……」


24: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:26:59.52 ID:01b5xHGD0

織姫「あなたの前ではね」

織姫は自分で股を開いていく。
М字に開脚され、筋がくっきりと見えた。
綺麗なピンク色だった。

織姫「入れなさい、芹。そして、私と一つになって」

芹は自分の理性が抗いようのないことを悟った。

芹「織姫ちゃんッ……」

彼女を組み敷いて、
怒張をの先をあてがった。

織姫「んッ……」

吐息が漏れる。

芹「い、痛くない?」

織姫「痛くないから」

芹は今すぐ入れてしまいたかった。
できるなら、このまま乱暴に突き上げて、
何度もピストンして、織姫の乱れる姿を見てみたかった。

芹「ゆっくり入れるね」

織姫「……ッぁ」

引き裂いてしまうのでは、と危惧したが、
思いのほか潤滑油のおかげかぐぷぐぷと入っていく。

織姫「後は好きにしなさい」


25: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:32:28.47 ID:01b5xHGD0

顔を歪ませまいとしているのが分かり、愛おしさがこみ上げる。

織姫「おっきくなった……」

芹「ッ……ごめん、もう我慢できない」

彼女の腰を引き寄せ、自らを打ち付けた。

織姫「ッ……ッ!?」

小さなお尻が芹の下腹に当たり、
パチュンパチュンと音が弾けた。

芹「ッ……ひぁ……気持ちいッ……織姫ちゃんの中ッ……ぎもぢいい……ッ…‥」

織姫「あッ……ぐ……ッ」

芹「どんどんッ……締め付けてくるッ……」

織姫「ッン……ぁ……芹」

芹「キス……ッ?」

織姫「うんッ……」

唇を寄せる。
口内も舐めまわす。
腰は止まらない。


26: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:42:47.07 ID:01b5xHGD0

芹「はあッ……ンはッ……ふぁッ」

織姫「ッン……ぁ」

ベッドのスプリングが抜き差しの激しさを物語る。
織姫の体を壊してしまわないか。
気を遣いたくても、織姫の感じている甘だるい声がそれを邪魔する。

芹「もおッ……いき……そ」

織姫「んッ……」

彼女は両足を芹の腰に巻き付けた。

芹「な……ッ」

織姫「このままだしなさいッ……ッぁン」

芹「織姫ちゃんッ……」

織姫「私は……芹の全てを感じたいの」

芹「ッ……うッ……い、いくよッ……」

織姫「うんッ……ッ」

速度を速める。
織姫の中が、一際締まった。
織姫の体が、びくんびくんと跳ねた。

織姫「ふあああッ!」

芹は欲望の全てを織姫の中に出し切った。


27: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:45:51.91 ID:01b5xHGD0

数十分後――


芹「織姫ちゃん立てる?」

織姫「抱っこして」

芹「はい」

織姫「……」

芹は軽い体を、お姫様抱っこしてやる。

芹「あの」

織姫「なに」

芹「これ、いつ取れるの」

織姫「私の気分しだい」

芹「えええ!?」




おわり


28: ◆/BueNLs5lw 2015/03/13(金) 00:46:58.50 ID:01b5xHGD0

突貫ssにお付き合い感謝


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 00:51:58.16 ID:OnmAiSNAO

乙ミー 乙ユー



元スレ:芹「え、えと、よ、横にくる?」織姫「それ以外にどこがあるの」

他サイト様の最新記事