1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 22:42:19.00 ID:RPt2VHLR0

直葉「手伝うってなにを?」

キリト「剣の持ち方のことなんだけどさ」

直葉「お兄ちゃんはあれで強いからいいんじゃない?」

キリト「そうなんだけどな、やっぱり基本的なことも覚えておくべきだろ? どう持つんだっけ」

直葉「えと、こんな風に」

キリト「違う違う、それじゃあ分かりにくいよ、ちょっと後ろから手を取って教えてくれ」

直葉「う、後ろから!?」

キリト「頼むよスグ」

直葉「わ、わかった……」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 22:45:34.11 ID:RPt2VHLR0

ぎゅっむにゅ

キリト「おお……」

直葉「こ、こうやってね、左手がこうで」

むにゅ

キリト「……す、スグ、もうちょっと指の感じも教えてくれ」

直葉「え、えっと、指先は親指の付け根がこう……」

ぐにぃぃぃ

キリト「ああ、こんな感触か……良いな」

直葉「?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 22:51:04.09 ID:RPt2VHLR0

直葉「というか、お兄ちゃんっ」

キリト「ああ、なんだスグ?」

直葉「持ち方ならそんな腕伸ばさなくても良いでしょ、もっと手前にやってくれなきゃやりにくいよ」

キリト「……そうだよな、はぁ」

直葉「それじゃあこうやって」

むぎゅっ

キリト「!!」

直葉「やっぱりこの方が腕が前まで回るし、やりやすいよ」

キリト「そうだな、これはいいもんだな」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 23:01:05.98 ID:RPt2VHLR0

直葉「うん、こんな感じに持って、こうやって上に……」プルプル

キリト「! なあ、スグ」

くるっ

直葉「えっ? んんっ」

ちゅっ

キリト「す、スグ、悪い、わざとじゃないんだ!」

直葉「え、あ、ああそうだよね! むしろわざと妹にキスしたら変態だもんね!」

キリト「そ、そうだな……とにかくわざとじゃないからな!」

直葉「わかったってば!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 23:11:33.37 ID:RPt2VHLR0

直葉「……」

キリト「なあ、スグ」

直葉「なっ、なにお兄ちゃん?」

キリト「ちょっとそのまま立っててくれ」

直葉「え、ちょっとお兄ちゃん、ち、ちかっ……」

キリト「……」

ピトッ、ふに

ぽんっ

直葉「お、お兄ちゃん?」

キリト「大きくなったよな、スグ、背もこんなに近くなった」

直葉「う、うん、そうだね」

キリト「本当に、大きくなった」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 23:18:10.81 ID:RPt2VHLR0

キリト「……スグ」

ぎゅっ

直葉「おっ、お兄ちゃん!?」

キリト「悪い、でもなんだかスグにこんなに触れるのが久しぶりな気がして……」

直葉「……うん、そうだね」

キリト「スグ、スグ」

ぎゅううう

直葉「お兄ちゃん、ちょっと、苦しいよ」

キリト「ああ、悪い、つい気持ち良くて」

直葉「気持ち良くて?」

キリト「あっ、いや、抱き心地が良くて」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 23:26:19.86 ID:RPt2VHLR0

直葉「お兄ちゃん、お風呂空いたよー?」

キリト「ああ、わかった」

直葉「それじゃ」キリト「あ、待った」

直葉「なに?」

キリト「ちょっとそのまま」

直葉「えっ、ちょっ、ちょっとお兄ちゃん?」

ドンッ!

直葉「か、壁が……な、なんなのお兄ちゃん?」

キリト「ちょっと失礼するぞ」

むにっ

直葉「ひゃっ! お兄ちゃん!?」

キリト「やっぱり、胸のとこ、ゴミついてたぞ」

直葉「ご、ゴミ? あ、ありがとう……」

キリト「それじゃあ風呂入ってくるよ」

直葉「う、うん……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 23:35:06.10 ID:RPt2VHLR0

キリト「スグ、ちょっと手伝ってくれ」

直葉「ちょっとお兄ちゃん!? バスタオル一枚って!」

キリト「ちょっとALOやりたくなったからさ、一緒にインしてくれ」

直葉「わかった! わかったから!」

キリト「いきなり言ったのに良いのか! ありがとうスグ!」

ぎゅっ!

直葉「わ、私先にログインしてるから!」

キリト「ああ、俺もすぐにインするからな!」

直葉「ふぇっ!?」

キリト「?」

直葉「あ、ああ、直ぐにインね、う、うん、わかった!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 23:41:44.35 ID:RPt2VHLR0

キリト「……」

キリト「……」

キリト「スグは今ALOだよな」

キリト「はぁ、まずいな」

キリト「スグの胸、こんなに気持ちいいなんて」

キリト「……」

むにゅっ

キリト「おお……」

むにゅむにゅっ

キリト「おおお……」

むにゅむにゅむにゅっ

キリト「すごいな……アスナなんて目じゃない、こんなのチートだ、チーターだろ」

キリト「バストがチーターだ、ビーターだ」

むにゅむにゅ

キリト「まずいな、頭悪いな俺」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02(日) 23:53:02.91 ID:RPt2VHLR0

直葉(お兄ちゃん遅いから戻ってみたら……)

キリト「スグってすごく可愛いよな、スグにどれだけ癒されて来たんだろうな……」

キリト「気を抜いたらキスしちゃいそうだな、スグ、可愛いよスグ」チラッ

なでなで

キリト「頬も触り心地よくて……はぁ……」


直葉(なに!? なんなのこの状況!? お兄ちゃんが可愛いって、キスって……ほっぺ気持ちいいし……)


キリト「もしもスグが求めてきたら、もう拒めないよな……」チラッ

キリト「正直、目茶苦茶にしたい、たくさん愛してやりたい」チラッチラッ

キリト「はぁ、スグ……可愛いな……」


スグ(目開きたい! お兄ちゃんに今すぐ抱き着きたい、でも、でもっ……アスナさんいるし……)


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 00:04:26.43 ID:RPt2VHLR0

キリト「スグ……こんなに近くに行っても、流石に勝手にキスは出来ないよな……」

キリト「あと、ほんの数センチから数ミリの距離が、俺には遠いな……」チラッ

キリト「スグが手伝ってくれたらな」チラッチラッ

キリト「もしも、待ちくたびれてALOから戻ってきて、少しだけ頭を上に上げてくれたらな……」チラッチラッチラッ

直葉「!」

直葉「んっ、んん、おっかしいなー、お兄ちゃん遅……んっ」

キリト「んむっ!!」

直葉「んんっ、ちゅっ、んぅぅっ!」

キリト「ん……んん……?」

直葉「ん、じゅる、れる……ちゅうう」

ぐいっ! ごろん!

キリト「んむぅっ!? んっ!? んんん!?」

直葉「ふぁっ、じゅるっ、ぴちゃっ、れろれろ」

キリト「んーっ!? んーっ!?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 00:15:39.86 ID:mV5Cv6po0

直葉「お、お兄ちゃん、い、いきなり目の前にいたからビックリしちゃったよー」

キリト「嘘つけ、今の、明らかにビックリしてないだろ」

直葉「……お兄ちゃん」

キリト「スグ……上から覆いかぶさられるとその、襲われてる気分が……」

直葉「……じゃあお兄ちゃん、襲ってあげる、んっ」

キリト「んむっ……ぷはっ、え、襲うって?」

直葉「お兄ちゃんのためにその、色々調べたんだよ? こうやって……」

ズリズリ

キリト「すっ、直葉さんっ!?」

直葉「私ので擦られるの……気持ちいい?」

キリト「ああ……やばい……」

直葉「男の子の胸って、えっちなことのためにあるんだよね?」

クリクリ

キリト「ち、乳首はそんなに……うあっ!」

直葉「あはは……気持ちいいんだね?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 00:23:02.89 ID:mV5Cv6po0

直葉「お兄ちゃん、お兄ちゃんっ!」

ズリズリ

キリト「気持ちいい、気持ちいいけど」

ぐいっ!

直葉「きゃあっ!」

キリト「経験値が足りないな、スグ」

ツツーッ

直葉「ひゃっ! お、お兄ちゃん!?」

キリト「体はどこも感じるんだよ。スグの背中、手触りが良いな……」

ツツーッ、すりすり

直葉「お、お兄ちゃ……なんか、ぞくぞくするっ!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 00:30:59.81 ID:mV5Cv6po0

直葉「はぁ、はぁ……」

キリト「はぁっ……ごめんなスグ……」

直葉「なんでお兄ちゃん謝るの?」

キリト「アスナがいるのに、お前に手を出しちゃったからさ……」

直葉「……ううん、気にしないでお兄ちゃん」

むぎゅっ

キリト「……スグ?」

直葉「私は、お兄ちゃんがしたいときだけでいいから、少しでも触れられたらそれで……」

キリト「スグ……」

キリト(おっぱいに包まれて幸せだ……凄いこと言われてるし)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/03(月) 00:43:45.92 ID:mV5Cv6po0

――後日

キリト「スグ、ちょっと手伝ってくれ」

直葉「お兄ちゃん呼んだ?」

キリト「ああ、胸、それと手で扱いてくれ」

直葉「もう、本当にしたいときに呼ぶんだから……はぁ」

ぷるんっ

キリト「あれスグ、少し大きくなったか?」

直葉「……お兄ちゃんが毎日揉むからだからね!」

キリト「だって仕方ないだろ? スグの胸も、スグの匂いも、温もりも好きで、もうスグがいないのは考えられないよ」

直葉「……もう、お兄ちゃんは変態なんだから」

キリト「その変態に触られるの好きだろ?」

むにゅっ

直葉「あっ……うん、大好き……触られるのも、お兄ちゃんのことも」

キリト「直葉……好きだ」

直葉「えへへ……和人お兄ちゃん、大好き」

おしまい



元スレ:キリト「スグ、ちょっと手伝ってくれ」

他サイト様の最新記事