1: 名無しさん 2014/04/11(金)23:03:09 ID:FcJZBKbwP

カエデ「そ、その………ちょっといいですか?」

津田「えぇ、構いませんが………」

カエデ「どうかしましたか?」

津田「遠くないですか?」

カエデ「………そうですね」

津田「話すんならもう少し近くに………」

カエデ「ひ、ひぃ!!」

津田「その反応は傷つくぜ」


2: 名無しさん 2014/04/11(金)23:07:31 ID:FcJZBKbwP

カエデ「スミマセン、取り乱してしまいました」

津田「いえ、もう慣れましたよ。で、何か用ですか?」

カエデ「いえ、用事という訳では無いのですが………」

津田「はぁ」

カエデ「私、ご存知の通り男性に抵抗があって」

津田「存じ上げてますよ」

カエデ「最近ではようやく少しではありますがまともになったと思うんですが」

津田「そうですね。今じゃボディタッチくらいは出来ますからね」


3: 名無しさん 2014/04/11(金)23:12:19 ID:FcJZBKbwP

カエデ「それでもまだ足りないんです」

津田「まぁ、確かに今のままでも日常生活に支障が出ますね」

カエデ「はい………。そこで、アナタに個人的に頼みがあるんです」

津田「俺に、頼み?」

カエデ「ハイ。………よければ、津田君の家に泊まってもいいでしょうか?」

津田「へ?俺の家?」

カエデ「ハイ。おそらく、私は男性をまだ信頼出来ていないんだと思います」

カエデ「ですから、何か信頼出来るきっかけが欲しいんです」


6: 名無しさん 2014/04/11(金)23:21:21 ID:FcJZBKbwP

津田「それで、俺の家に?」

カエデ「ハイ。アナタの家に泊まって、そこで無事過ごせればいいきっかけになるかと思って」

津田「無事過ごせればって、別に俺の家は危ない所じゃ無いですよ」

カエデ「いえ、危ないと考えてるのは家主の方です」

津田「ホントに信頼されて無いんですね」

カエデ「ハイ。津田副会長は共学化にあたり更衣室の壁を取っ払おうとしてると聞いていますし」

津田「それまだ生きてんのかよ」


8: 名無しさん 2014/04/11(金)23:25:33 ID:FcJZBKbwP

カエデ「そういう事なのですが、構いませんか?」

津田「えぇ、大丈夫ですよ。ウチ、両親が共働きですから、よく人が泊まってますから」

カエデ「そうですか。ありがとうございます」

津田「ハイ。で、いつぐらいがいいですか?」

カエデ「えっと、そのあたりはまた後日伝えますね」

津田「分かりました。待ってますね」

カエデ「では、私はこれで」

津田「ハイ。ではまた」


9: 名無しさん 2014/04/11(金)23:31:03 ID:FcJZBKbwP

カエデ「………」カッカッカッ

カエデ(約束しちゃった!!)カーッ

カエデ(どうしよう………大丈夫かなぁ………)

カエデ(うん、大丈夫よ!津田君だけじゃ無いんだから!!)

カエデ「頑張れ、私!」

畑「何を頑張るんですかねぇ」

カエデ「へっ!?」ビクッ!

畑「おやおや?どうかしましたか?」

カエデ「な、何でもありませんよ!!あ、あはははは!!」アセアセ


10: 名無しさん 2014/04/11(金)23:38:33 ID:FcJZBKbwP

畑「ねー、何隠してるのー?ねーったらー?」

カエデ「か、隠し事なんてありませんよ!!」

畑「ねー、いつお泊りするのー?ねーったらー?」

カエデ「なっ!?」カーッ

畑「フフフ、私が気付いてないとでも?」

カエデ「う、うぅ………」

畑「でも大胆ですねー、男と一つ屋根の下一晩ともに過ごす約束するなんて」

カエデ「へ、変な言い方しないで下さい!!」


11: 名無しさん 2014/04/11(金)23:41:07 ID:FcJZBKbwP

畑「アナタもタカトシハーレムに加わるのねー、こりゃまた面白い事になるわねー」

カエデ「加わりません!だいたいなんですかタカトシハーレムって!」

畑「副会長津田タカトシの築き上げたハーレムですよ。メンバーは…」

カエデ「説明しなくていいですから!!」

畑「でも、どうして津田副会長の家なの?」

カエデ「へ?どうしてって?」

畑「男なら他にもたくさんいたじゃないの」


13: 名無しさん 2014/04/11(金)23:46:44 ID:FcJZBKbwP

カエデ「確かに………」

畑「あら?ひょっとして副会長の事………」

カエデ「ちっ、違います!!津田君が好きだからとか、そんなんじゃありません!!」

畑「だーれも好きとは言って無いですよ?」

カエデ「うっ」カーッ

畑「あらあら首までまっかっか」

カエデ「別に、好きなんかじゃ………」モジモジ

畑「残念ですがツンデレは副会長には効きませんよ?」

カエデ「私はツンデレじゃありませんから!」


15: 名無しさん 2014/04/11(金)23:54:59 ID:FcJZBKbwP

畑「ツンデレは皆そう言うのよ」

カエデ「うーっ」モジモジ

畑「ま、今回はそのしおらしい顔で勘弁してあげますかね」パシャリ

カエデ「きゃっ!?」

畑「それじゃ、あでゅー」シュバッ

カエデ「………まったく、嵐みたいな人ね」

カエデ「………津田君」

カエデ(ち、違うわ!これは恋だとか、そんなんじゃなくて!)

カエデ(そう!緊張してるだけ!男の人の家に行くから緊張してるだけよ!!)

カエデ(別に、津田君の事が好きなわけじゃ………)

カエデ(………好き、なわけ………)


16: 名無しさん 2014/04/12(土)00:02:21 ID:7PFQWbINa

―――――

カエデ「………」チラッ

カエデ「………20分前か」

カエデ「………早く出過ぎたかしら」

津田「あれ?五十嵐さん早いですね」

カエデ「!?」ビクーッ!

津田「スミマセン、待たせちゃいました?」

カエデ「い、いえ!待ってません!待ってませんからね!」

津田「そうですか?」

カエデ「ハイ!全然待ってませんから!」


17: 名無しさん 2014/04/12(土)00:11:16 ID:7PFQWbINa

津田「そうですか。じゃ、行きましょうか」

カエデ「そ、そうですね!!」

カエデ(うぅー、畑さんのせいで緊張しちゃうよー)

津田(なんか、今日はいつもより警戒されてる気がする………)

カエデ(私が津田君の事を、す、好きだなんて………)ジーッ

津田「? どうかしましたか?」

カエデ「い、いえ!!おきになさらず!!」

津田「はぁ…」

カエデ(うぅー、まともに顔見れないよー!!)


18: 名無しさん 2014/04/12(土)00:19:38 ID:7PFQWbINa

津田「………」ジーッ

カエデ「ど、どうかしましたか?」

津田「いえ、五十嵐さんの私服、何か新鮮だなーって」

カエデ「そうですか?まぁ確かにいつもは制服ですからね」

津田「はい。凄く可愛いですね」ニコッ

カエデ「~~~っ!!」カーッ!

カエデ(か、可愛い!?なんで急にそんな事言うのよ!?)

カエデ(うぅー!体が持たないよー!)

津田(うぅむ、コミュニケーションを取って警戒を解こうとしたが、失敗だったかな…)


19: 名無しさん 2014/04/12(土)00:27:26 ID:7PFQWbINa

―――――

津田「着きましたよ」

カエデ「ここが津田君の家ですか。学校からは少し遠いですね」

津田「はい。ですから朝は早いんですよ」

カエデ「大変ですね」

カエデ(普通に会話出来てるし、私も成長したわね)

津田(スゲー汗かいてるし顔赤いけど平気なのかな?)

ガチャ

津田「どうぞ、上がってください」

カエデ「お邪魔します」


21: 名無しさん 2014/04/12(土)00:39:21 ID:7PFQWbINa

カエデ「凄い綺麗にしてるんですね」

津田「ハイ。今日の為に頑張って掃除しましたから」

カエデ「わざわざありがとうございます」

津田「いえ。先輩お昼食べましたか?」

カエデ「そういえばまだでした」

津田「俺昼飯作りますけど、食べますか?」

カエデ「でしたらご馳走になります」

津田「ハイ。先輩は休んでて下さい」

カエデ「いえ、手伝いますよ」


22: 名無しさん 2014/04/12(土)00:47:14 ID:7PFQWbINa

津田「そんな、悪いですよ」

カエデ「いえいえ、ただ待つのも退屈ですから」

津田「スミマセン。じゃあお願いします」

カエデ「ハイ。任せてください」

津田「さて、と」

カエデ「何を作るんですか?」

津田「簡単なもので、たらこスパゲッティでも」

カエデ「意外としっかりとしたもの作るんですね」

津田「まぁ料理自体はうまくないですけどね」


24: 名無しさん 2014/04/12(土)00:55:01 ID:7PFQWbINa

津田「あ、そこのボウル取ってください」

カエデ「これですか?」

津田「はい、それです」

チョンッ

ガシャーン!!

カエデ「す、スミマセン!びっくりしちゃって………」

津田「いえ、俺の方こそ」

カエデ(指が触れただけじゃない!もう、私ったら!)

津田(そういえば男性恐怖症だったんだ。普通に話してとから忘れちゃってたな)


25: 名無しさん 2014/04/12(土)01:01:03 ID:7PFQWbINa

コトミ「タカ兄どーしたの?凄い音したよ?」

津田「あぁ、ゴメン、コトミ」

カエデ「あっ」

コトミ「あれ、先輩。こんにちわ」ペコリ

カエデ「あ、こんにちわ」ペコリ

津田「あ、今日五十嵐さん泊まっていくから、よろしくな」

コトミ「あ、今日だったんだね。先輩来るの」


26: 名無しさん 2014/04/12(土)01:07:42 ID:7PFQWbINa

カエデ「お邪魔しますね」

コトミ「いえいえー、おきになさらず」

津田「あ、コトミ。ついでだからタラコとバター取って」

コトミ「ハイハーイ。それにしてもタカ兄も隅に置けないねー」

津田「へ?」

コトミ「天草先輩達だけでなく五十嵐先輩まで攻略するなんてー」

津田「誰一人としてした覚えねえよ!」

カエデ「ふ、ふしだらな!!」

津田「いや誤解ですから!!」


27: 名無しさん 2014/04/12(土)01:09:01 ID:7PFQWbINa

津田「ふぃー、何か疲れたわ」

コトミ「タカ兄ー、お皿どれー?」

津田「あ、いつもの奴でいいよ」

コトミ「分かったー」

カエデ「相変わらず仲がいいんですね」

津田「よく言われますよ。ウチ、両親共に家にいない事が多いですから、二人で過ごす事が多くて」

カエデ「素敵な兄弟ですね」

津田「ありがとうございます」

コトミ「まぁ実際は私がタカ兄と遊んであげてるだけですけどね」エッヘン

津田「デタラメ言うなよ。ほら、出来たぞ」


28: 名無しさん 2014/04/12(土)01:11:52 ID:7PFQWbINa

―――――

コトミ「ごちそーさまでした!」

カエデ「ごちそうさまです」

津田「お粗末様でした。それじゃ洗い物しちゃいますね」

カエデ「あ、それなら私が」

津田「いえ、お客様にそこまでさせられませんよ。五十嵐さんは休んでてください」

カエデ「そうですか………では、お言葉に甘えて」

津田「ハイ。じゃあパパッとやっちゃいますね」


29: 名無しさん 2014/04/12(土)01:12:48 ID:7PFQWbINa

ジャー

カチャカチャカチャカチャ

コトミ「五十嵐先輩ー」ニヤニヤ

カエデ「どうしましたか?」

コトミ「珍しいですねー、五十嵐先輩がウチに来るなんて。一体どんな風の吹き回しですか?」

カエデ「い、いや、別にそういった事じゃなくて」アセアセ

コトミ「んー?そういった事?それはどういった事ですかー?」

カエデ「………なんだか、そういう所、天草会長に似てますね」

コトミ「しっかり教育されてますからね!」


30: 名無しさん 2014/04/12(土)01:13:46 ID:7PFQWbINa

カエデ「ハァ…私、そろそろ本格的に男性恐怖症を治したいんですよ」

コトミ「それで、ウチに来たわけですな?」

カエデ「色々端折られてますがまぁそういう事ですね」

コトミ「ふむふむ………ねぇ、五十嵐先輩」

カエデ「なんでしょうか?」

コトミ「タカ兄の事、好きですか?」

カエデ「」

津田「ふぃー、終わった終わった。って五十嵐さんなんで固まってんですか!?」

コトミ「あ、タカ兄お疲れー」

津田「いや、お疲れじゃねえよ!」


34: 名無しさん 2014/04/12(土)01:35:13 ID:7PFQWbINa

―――――

津田「は?俺の事聞いた?」

コトミ「うん。先輩はタカ兄の事どう思ってるのかと」

津田「何聞いてくれてんだよ」

コトミ「そしたら気絶しちゃった。畑さんの言う通り意外とムッツリなんだねー」

津田「何思ってくれてんだよ」

コトミ「でも、タカ兄は五十嵐先輩の事、悪く思ってはないんでしょう?」

津田「まぁ。ちょっと接しにくいけどな」


35: 名無しさん 2014/04/12(土)01:36:10 ID:7PFQWbINa

コトミ「そもそもタカ兄って五十嵐先輩が好きなんじゃないの?」

津田「………へ?何故?」

コトミ「だってタカ兄毎日あんな美人達に囲まれても回数増えてないじゃん」

津田「何の回数だよ。いや、聞かなくていいや」

コトミ「かと思えば、五十嵐先輩の話しを凄い嬉しそうにするし」

津田「そ、そうか?」

コトミ「うん。凄い」


36: 名無しさん 2014/04/12(土)01:37:04 ID:7PFQWbINa

津田「………まぁ、確かに俺に対して男性恐怖症が治りかけてるって聞いた時は嬉しかったけども」

コトミ「ま、タカ兄は女心分かってないからねー」

津田「む」

コトミ「とりあえず、私は約束あるから出かけるねー」

津田「おい、コトミ」

コトミ「それじゃ、五十嵐先輩と仲良くねー」ニシシッ

津田「ちょっと待ってて、おい!」

コトミ「じゃ、行って来まーす!」シュバッ

津田「………あの野郎」


37: 名無しさん 2014/04/12(土)01:38:29 ID:7PFQWbINa

津田「………」チラッ

カエデ「うーん……うーん……」

津田「………俺が、五十嵐さんをねえ」

津田「………ハァ、とりあえず起こすか」

カエデ「うーん……うーん……」

津田「もしもーし、五十嵐せんぱーい」

カエデ「うぅ……津田君……」

津田「ハハッ、夢に見るレベルでいやがられてるのか」

カエデ「……行かないで」

津田「へ?」


38: 名無しさん 2014/04/12(土)01:39:25 ID:7PFQWbINa

カエデ「うぅ……うーん……」

津田「………五十嵐先輩、せんぱーい」ユサユサ

カエデ「うーん………はっ!」

津田「あ、おはようございます」

カエデ「あれ……津田君……」

津田「大丈夫ですか?今回硬直長かったですね」

カエデ「あれ………コトミちゃんは?」

津田「出かけました。約束があるとかで」

カエデ「そうですか」


39: 名無しさん 2014/04/12(土)01:40:04 ID:7PFQWbINa

津田「スミマセン、ウチの妹が変な事言ったみたいで」

カエデ「いえ、構いませんよ」

津田「そうですか」

カエデ「………」カァー

津田「大丈夫ですか?顔真っ赤ですけど」

カエデ「………ダイジョブデスヨ」

津田「ホントですか?凄い汗かいてますけど」スッ

カエデ「っ!?」

津田「熱はないかなー」

カエデ「にゃ、にゃにゃにゃ!にゃにをするんですか!!」

津田「いや、熱を図ったんですけど」

カエデ「おでこにおでこを当てて!?」


40: 名無しさん 2014/04/12(土)01:40:50 ID:7PFQWbINa

津田「へ?あぁ!スミマセン。忘れてました!」

カエデ「まったく………」

津田「ホントスミマセン」

カエデ「………あの」

津田「はい」

カエデ「何かしませんか?」

津田「いいですけど、何しますか?」

カエデ「津田君はいつもは何をしてるんですか?」

津田「そうですね……ゲームしたり、漫画読んだり」


41: 名無しさん 2014/04/12(土)01:42:14 ID:7PFQWbINa

カエデ「ゲーム?どんなゲームですか?」

津田「そうですね、妹と二人でやるので対戦ゲームが多めですね」

カエデ「じゃあそれやりましょう」

津田「え?五十嵐さんゲームとかするんですか?」

カエデ「小学生の頃少しだけ」

津田「へー。ちょっと意外です」

カエデ「最近はもっぱら読書にハマって、ケータイ以外の電子機器にはあまり触れませんから」

津田「なるほど。五十嵐さんらしいですね」


42: 名無しさん 2014/04/12(土)01:44:34 ID:7PFQWbINa

津田「それじゃ、簡単な奴でもやりましょうか」ガサゴソ

カエデ「うわぁ、たくさんあるんですね」

津田「続編とかが出たり、面白そうなゲームを見つけると、つい集めちゃって………」

カエデ「ふふ、津田君らしいですね」

津田「そうですか?」

カエデ「えぇ、とっても」

津田「それじゃ、やりますか」

カエデ「ハイ、やりましょう」


43: 名無しさん 2014/04/12(土)01:48:16 ID:7PFQWbINa

―――――

カエデ「うぅ………難しいですね」

津田「そうですね、俺も最初は苦戦しましたよ」

カエデ「簡単な奴って言ったのに………」

津田「ス、スミマセン………」

カエデ「でも、こういうプレイヤー同士が協力するゲームもいいですね」

津田「そうですか?」

カエデ「ハイ。こういうのって、意外と親睦が深まりますからね」

津田「じゃあ、今俺達も親睦深まってますかね?」

カエデ「ふふ、そうですね」


44: 名無しさん 2014/04/12(土)01:49:19 ID:7PFQWbINa

津田「でも、ちょっと不思議な感じですね」

カエデ「不思議?」

津田「えぇ、まさか五十嵐さんとこんな風に遊ぶ日が来るとは思ってもいませんでしたから」

カエデ「私もです。それどころか、今こうして会話出来ているのが私は驚きです」

津田「確かに。最初の頃は凄い避けられてましたからね」

カエデ「べ、別に避けていた訳じゃなくてですね………」

津田「始めて会った時はちょっとびっくりしましたよ」

カエデ「懐かしいですね。私が畑さんに写真を見せてもらった時ですね」


45: 名無しさん 2014/04/12(土)01:49:47 ID:7PFQWbINa

津田「最初出たら五十嵐さん消えましたからね」

カエデ「あの時は……スミマセン」

津田「目を見るって言ってのに、目、そらされましたからね」

カエデ「うぅ………勘弁してください」

津田「ハハッ、懐かしいですね」

カエデ「でも、今ではかなり成長したと自負しています!」

津田「最初の方は釣竿とか使ってましたからね」

カエデ「い、今ではちゃんと手渡し出来ますよ!」

津田「そうですね。少しぎこちないですけどね」

カエデ「で、でも私的には大成長なんです!!」

津田「はい。分かってますよ」


46: 名無しさん 2014/04/12(土)01:50:30 ID:7PFQWbINa

カエデ「それに、今では普通に会話出来ていますよ!どうですか!」

津田「最初は交差点の向こう岸からでしたからね」

カエデ「そうでしたね。でも今でほら」ピトッ

津田「! さわれてます………ね?」

カエデ「ほほ、ほほほら、さ、さ、さわ、さわれて」ブルブル

津田「………無茶しなくて平気ですよ?」

カエデ「ぜ!全然大丈夫ですから!ほら!!」ギュウッ!!

津田「へ!?五十嵐さん!?」

カエデ「ほら!!全然大丈夫ですよ!!ほら!!」

津田(だ、抱きつかれてる!?五十嵐さんに!?)

津田(ちょっ!当たってる!五十嵐さん当たってますから!!)


48: 名無しさん 2014/04/12(土)01:51:26 ID:7PFQWbINa

カエデ「どうですか!!津田君!!どうですか!!」カァーッ

津田「ちょ、五十嵐!落ち着いて下さい!!」

カエデ「お、落ち着いてますから!!落ち着いてますから!!」グラッ

ドシーン!!

カエデ「いてて……津田君?」

津田「あの……五十嵐さん」

カエデ「へ?下?」

津田「あの………おりてもらえますか?」

カエデ「」

カエデ(な、なんで私、津田君に跨ってるの!?)

カエデ(これじゃまるで……え、エッチな事してるみたいじゃない!!)


49: 名無しさん 2014/04/12(土)01:52:03 ID:7PFQWbINa

津田「………五十嵐さん?」

カエデ「………津田君」ドキドキ

カエデ(でも………なんだろう、この感じ)

カエデ(なんだか……津田君に、もっと………触れたい)

津田「…………五十嵐、さん」

カエデ「………津田君」ピトッ

津田(へ!?なんで!?五十嵐さんが、俺の上に倒れて……なんで!?)

カエデ「………」ドキドキ

津田「………」ドキドキ

カエデ(伝わる………津田君の鼓動が)

カエデ(………津田君にも、伝わってるのかな………)


50: 名無しさん 2014/04/12(土)01:53:42 ID:7PFQWbINa

津田「あの………五十嵐さん」

カエデ「………ハイ」

津田「大丈夫、なんですか?」

カエデ「………大丈夫ですよ」

津田「………心臓、凄い鳴ってますけど」

カエデ「………そうですね」

カエデ(なんだか、少し変態っぽいかな………)

津田「………あの、五十嵐さん」

カエデ「津田君」

カエデ(でも、それでもいいかな………)ギュッ



カエデ「私は、津田君の事が好きです」

カエデ(今は、それより大事な事があるから)


51: 名無しさん 2014/04/12(土)01:54:50 ID:7PFQWbINa

津田「………五十嵐、さ…ん」

カエデ「男の人が苦手な私に、いつも優しくしてくれて、私の為に色々してくれる、津田君が、好きなの………」

カエデ「津田……君が……」ポロポロ

津田「五十嵐さん………」

津田(泣いてる………五十嵐さんが………)

津田(俺の為に………)

カエデ「うぅ…グスッ……津田君……グスッ……」

津田「五十嵐さん」ぽんっ

カエデ「………津田君?」

津田「俺も」

津田「俺も、五十嵐さんの事が好きです」

津田「俺と、付き合ってください」


53: 名無しさん 2014/04/12(土)01:55:20 ID:7PFQWbINa

カエデ「………うわぁぁぁぁん!!」

津田「………え?泣くほどイヤ?」

カエデ「違うの……違うの……」

カエデ「嬉しくて……グスッ……つい」

津田「そうですか」

カエデ「津田君……津田君」スリスリ

津田「平気なんですか?」

カエデ「うん、津田君なら、大丈夫」

津田「………嬉しいです」

カエデ「……ありがとう」

津田「でも、無理はしないでください」

カエデ「………うん」

津田「二人で、ゆっくり直していきましょう」

カエデ「うん……うん!!」


54: 名無しさん 2014/04/12(土)01:55:56 ID:7PFQWbINa

―――――

カエデ「こら!アナタ達!ふしだら禁止ですよ!」


シノ「五十嵐、最近張り切ってるな」

アリア「何かいいことでもあったのかしら?」

スズ「確かに、表情も明るくなりましたね」

津田「………そうですね」

カエデ「コラ!津田副会長!ネクタイが緩んでますよ!」

シノ「む、津田。シッカリしろ」

津田「あ、スミマセン。五十嵐さん」ニコッ

カエデ「いえ、気をつけて下さいね。津田副会長」ニコッ


55: 名無しさん 2014/04/12(土)01:56:24 ID:7PFQWbINa

カエデ「こら!そこのアナタ!スカートが短いですよ!」

シノ「つーだー」ゴゴゴ

スズ「ちょっと津田、五十嵐先輩と距離近かったわよ!」

津田「そ、そうか?」

シノ「さては、何かあったな?」

津田「いえ、別に何もありませんよ!!」

スズ「怪しい」

津田「ほ、ホントだってば!」

アリア「こらこら二人とも、あんまり津田君をいじめちゃダメだよー?」

津田「七条先輩………」

アリア「津田君はきっと昨日五十嵐さんで抜いたんだよ!」

津田「チクショウ理解者がいねえ!!」


56: 名無しさん 2014/04/12(土)01:57:29 ID:7PFQWbINa

―――――

津田「―――って事がありまして」

カエデ「そうですか。ちょっとやりすぎましたかね」

津田「ですね」

カエデ「もう少し外では気をつけますかね」

津田「じゃあ、二人の時はもっといちゃつきますよ?」ギュウッ

カエデ「もう………恥ずかしいわね……」

津田「五十嵐さんも、だいぶ男性恐怖症も治りましたね」

カエデ「うん。津田君のおかげだよ」


57: 名無しさん 2014/04/12(土)01:58:15 ID:7PFQWbINa

津田「そうですか」

カエデ「ハイ、ありがとうございます」

津田「こちらこそ」

カエデ「ふふふ、ねぇ、津田君」

津田「なんですか?」




カエデ「大好きです」

津田「俺もですよ」


チュッ


58: 名無しさん 2014/04/12(土)02:01:08 ID:7PFQWbINa

くぅ疲おわり

単独ルート
スズ、ムツミに続いてカエデルート

そういや五十嵐さん単行本表紙無いよね
古谷さんですらあるのに………

土日休みの間にまたスレ立てるつもりですので暇があったらよろしくお願いします

見てくれた人、ありがとうございます


59: 名無しさん 2014/04/12(土)02:03:48 ID:tMYpJvkAS

おつおつー



元スレ:カエデ「つ、津田副会長!」津田「ハイ」

他サイト様の最新記事