1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:19:30.00 ID:lFkNbRws0

阿良々木「やっぱり何の前触れも無くビンタしたら怒るだろうか…?」

阿良々木「でも突然ビンタされて呆気にとられてしまう表情も見てみたい…」

阿良々木「……」

阿良々木「とりあえず妹たちで試すか」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:24:09.10 ID:lFkNbRws0

阿良々木「おい火憐ちゃん、ちょっといいか」

火憐「お、なんだよ兄ちゃん。もしかして歯磨きか?」

阿良々木「いや、今回は違うんだけれど」

火憐「なんだ……じゃあ一体なんのようz」

パチン!

火憐「いっ……!?」

阿良々木「……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:26:57.01 ID:lFkNbRws0

火憐「……え?」ヒリヒリ

火憐「……?」

火憐「……!?」

阿良々木(考えてるな)

火憐「……な…」

阿良々木(な?)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:29:38.92 ID:lFkNbRws0

火憐「いきなりなにすんだ兄ちゃん!」

ドゴォ!

阿良々木「うごはぁ!」ドサァ

火憐「ったく……あたしと決闘がしたいなら口でそう言やいいのに……」

火憐「あたしは別に逃げも隠れもしねー!挑戦は受けて立ぁつ!」ビシィ

阿良々木「」チーン

火憐「あれ?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:32:49.08 ID:lFkNbRws0

阿良々木「くそ……まさかあんなひどい目に遭うとは」

阿良々木「だけどわかったことがあるぞ」

阿良々木「突然ビンタされると驚いて呆気に取られるんだ」

阿良々木「ただ、火憐ちゃんは馬鹿だからそれ以上は考えることが出来ず、結果反撃、という最も単純な行為に打って出た訳だな」

阿良々木「全く馬鹿な妹を持つと苦労するぜ……」

阿良々木「だから、火憐よりは馬鹿じゃない月火にビンタしてみよう!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:35:43.95 ID:lFkNbRws0

阿良々木「なぁ月火ちゃん、今いいか?」

月火「ん、なぁにお兄ちゃん」

阿良々木「いや、ちょっと相談したいことがあるんだ……」

月火「ふふん、しょうがないなぁ、愚かな兄の悩みをこの私が聞いてあg」

パチン!

月火「ぇよっ……!?」

阿良々木「……」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:39:29.14 ID:lFkNbRws0

月火「……は?」ジンジン

パチン!

月火「いっ……」

阿良々木「……」

月火「……あ」

阿良々木(あ?)

月火「ああああああああああ!!」

ブン

阿良々木「ほ、包丁!?ま、待て月火ちゃん!それは流石に危な……」

月火「もおおおおおおおお!!!」

ブォン

阿良々木「う、うわあああああ」

ザク


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:43:01.61 ID:lFkNbRws0

阿良々木「死ぬかと思った……」

阿良々木「よく考えたら月火は火憐よりもずっと短気で凶悪なやつだった……」

阿良々木「でも、そんな凶悪な月火ちゃんでさえ頭を反撃に切り替えるまで数秒の時間を要するんだ」

阿良々木「やっぱり相当驚くのは間違いない!」

阿良々木「しかし短気なやつだと、下手したら殺されるな……」

阿良々木「だから怒りっぽくない神原にビンタしてみよう!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:46:14.90 ID:lFkNbRws0

神原「やあ、阿良々木先輩!」

阿良々木「よう、神原!わざわざ呼び出してごめんな!」

神原「なに、阿良々木先輩の呼び出しならばたとえ入浴中であろうが食事中だろうが私は駆けつけよう!全裸で!」

阿良々木「ちょっと待て!入浴中はともかくなんで食事中まで全裸なんだ!」

神原「私は全裸がユニフォームだ!」

阿良々木「逮捕されろ!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:49:05.53 ID:lFkNbRws0

神原「まぁそんなことはどうでも良いではないか。それよりどうして私を呼んだのだ?」

阿良々木「あ、ああ、ちょっと試したいことがあるんだ」

神原「試したいこと……それはひょっとして新たなプレ」

パチン!

神原「いっ……」

阿良々木「……」

神原「……ん?」ジンジン


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:52:52.41 ID:lFkNbRws0

パチン!

神原「あぁっ!」

阿良々木「……」

神原「……なるほど」ヒリヒリ

パチン!パチン!

神原「くっ!っつ!い、いいぞ!」

阿良々木(いいぞってなんだよ!?くそ!)


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 20:56:52.62 ID:lFkNbRws0

バチーン!

神原「ああ!!もっと!」ハァハァ

阿良々木「もういい!僕の負けだ!」

神原「なんの!まだまだこれからだ!」ガシッ

阿良々木「」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:01:21.03 ID:lFkNbRws0

阿良々木「まったく楽しくなかった……」

阿良々木「とんだドMだよ本当……興奮してたじゃないか神原の奴」

阿良々木「やはり変態が相手じゃダメだ……」

阿良々木「だから変態っぽくない八九寺にビンタしよう!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:05:40.33 ID:lFkNbRws0

阿良々木「おーい八九寺~」

八九寺「あ、バナナ木さん!」

阿良々木「八九寺、僕にバナナは実らないぞ。僕の名前は阿良々木だ」

八九寺「失礼、噛みまし」

パチン!

八九寺「たっ……!?」ドサッ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:08:36.27 ID:lFkNbRws0

阿良々木「……」

八九寺「……え?あ、か、かみまみ」

パチン!

八九寺「たっ……うう……かみ」

パチン!パチチン!

八九寺「あう……」

阿良々木「……」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:12:15.76 ID:lFkNbRws0

八九寺「……」

阿良々木「……」

八九寺「かみき」

バチン!

八九寺「っ……りましたぁぁ!!」

ガブゥ!

阿良々木「ぎゃああああああああ!?」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:18:35.33 ID:lFkNbRws0

阿良々木「いてぇえええええええええ!!やばいって!マジで千切れる!」

八九寺「噛み千切りましたぁぁぁぁぁ!」ガジガジ

阿良々木「ああああああああああああ!!!」

ブチィ

阿良々木「―――――――」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:23:26.75 ID:lFkNbRws0

阿良々木「もういやだ」

阿良々木「マジでロクな奴がいない……なんだよ、僕の周りには凶暴な奴か変態しかいないのか」

阿良々木「……いや」

阿良々木「いるじゃないか、凶暴でも変態でもない」

阿良々木「妹の友達」

阿良々木「千石にビンタしてみよう!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:28:32.20 ID:lFkNbRws0

阿良々木「……いや、でも実際どうなんだろうな」

阿良々木「千石は確かに友達だと僕は思ってるけれど、あっちからすれば僕なんて友達の兄弟にしか過ぎないだろうし」

阿良々木「そんな奴に突然ビンタなんてされたら、千石の奴泣いてしまうんじゃないのか。いや、下手したら通報とかされるかも」

阿良々木「でも今までビンタした奴らはマジでロクな奴がいなかったしな……千石ならきっと良いリアクションしてくれそうだもんな……」

阿良々木「……よし、ビンタしよう!最悪謝り倒せば千石なら許してくれそうだし!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:32:45.92 ID:lFkNbRws0

阿良々木「お~い千石~!」ピンポーン

撫子「あ、こ、暦おにいちゃん!入って、今日うちには撫子しか居ないから」

阿良々木「お邪魔しまーす」

撫子「また来てくれてありがとう、暦おにいちゃん。そ、それでね、撫子、こないだのツイスターゲームの続きを……」

パァン!

撫子「……え?」

阿良々木「……」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:37:39.54 ID:lFkNbRws0

撫子「こ、暦おにいちゃん……?」

パチン!

撫子「あぅっ……!」ガクッ

撫子「こ、暦おにいちゃん……ど、どうしたの」

阿良々木「……」

撫子「ご、ごめんなさい暦おにいちゃん……」

パァン!

撫子「あぅ……」

阿良々木「……」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:41:54.53 ID:lFkNbRws0

撫子「……」

阿良々木(これは……泣いちゃうかな)

パァン!

撫子「ッ……」

阿良々木「……」

撫子「……」

阿良々木「……」

撫子「……えへへ」ニコニコ

阿良々木「なんで!?」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:45:52.58 ID:lFkNbRws0

阿良々木「最後はなんで心から嬉しそうだったのかはわからないけれど、多分千石は優しいから何かいい方向に解釈したんだろう。そうに違いない」

阿良々木「けど、なんだろう、なんというか罪悪感が凄まじい。今までの奴らではそうでもなかったのに」

阿良々木「なんていうか、怒られたい。暴力抜きで」

阿良々木「だから、ちゃんと叱ってくれそうな羽川にビンタしよう!」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:51:59.73 ID:lFkNbRws0

阿良々木「おーい、羽川―!」

羽川「あっ、阿良々木君!どうしたの急に呼び出したりして?」

阿良々木「ああ、ちょっと知りたいことがあってな」

羽川「知りたいこと?」

阿良々木「ああ、羽川は何でも知ってるからな。教えてくれよ」

羽川「何でもは知らないわよ。知ってることだk」

パチン!

羽川「えっ……?」

阿良々木「……」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 21:55:44.02 ID:lFkNbRws0

羽川「……えーっと、阿良々木君?何で私は今ぶたれたのかな?」

阿良々木「……」

羽川「何か言っ」

パチン!

羽川「……痛いよ、阿良々木君」

阿良々木「……」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:01:14.82 ID:lFkNbRws0

パチン!

羽川「……っ、だめ、阿良々木君、理由もなく女の子の顔を叩いちゃ駄目だよ」

パチン!

羽川「叩くならその理由を話してくれないと」ツー

阿良々木(は、鼻血出てるぞ羽川……)

バチン!

羽川「……理由を話してくれないと私、怒ることも謝ることも出来ないよ」


148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:06:06.86 ID:lFkNbRws0

阿良々木(何故だ、羽川、お前は今理由も無く叩かれてるんだぞ。判ってるだろ)

パチン!

羽川「……阿良々木君、理由を話して、くれないかな?」フラ

阿良々木(もう足にキてるじゃないか!もう逃げろ羽川!)

羽川「阿良々木君、大丈夫、大丈夫だよ」ニコッ

阿良々木「……うわああああああああああああごめん羽川ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」ゲザァ


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:12:05.02 ID:lFkNbRws0

羽川「……どうして叩いたの?」

阿良々木「理由なんてないんだ!ただ羽川の驚く顔が見たかっただけなんだ……まさか、まさかこんなことになるなんてええええええええ」グスグス

羽川「まったくもう……もうこんなことしちゃダメだよ」コツン

阿良々木「いっそ全力でぶん殴ってくれえええええええ!!!」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:17:15.11 ID:lFkNbRws0

阿良々木「叱ってくれた、確かに叱ってはくれた」

阿良々木「だけど、羽川は優しすぎる……僕の犯した罪の重さを考えたら僕は刺されたって文句は言えないというのに……」

阿良々木「ダメだ……僕は生きていたらダメだ」

阿良々木「こんな罪深い僕を誅してくれるとしたら、それは……」

阿良々木「僕の彼女、戦場ヶ原しかいない」

阿良々木「だから戦場ヶ原にビンタしよう」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:22:22.73 ID:lFkNbRws0

阿良々木「戦場ヶ原」

戦場ヶ原「全く、わざわざ私を呼びつけるなんて何様のつもりなの、阿良々木君」

阿良々木「一応お前の彼氏だよ!?」

戦場ヶ原「それがどうしたのかしら。阿良々木君が私をどうこう出来る時なんて今後永遠に来ないと思いなさい」

阿良々木(やっぱり見込んだ通りの傍若無人っぷりだ……これならビンタなんてしようものならきっと僕は殺されるだろう)

戦場ヶ原「そう、私があなたをどうこうするのであって、断じてその逆ではないのよ」

パチン!

戦場ヶ原「うっ……?」


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:26:46.24 ID:lFkNbRws0

阿良々木「……」

戦場ヶ原「……!?」ヒリヒリ

阿良々木(さぁ……殺せよ)

戦場ヶ原「ど、どういうつもりかしら、阿良々木君?」オロオロ

阿良々木(あれ?動揺してる?)


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:31:51.85 ID:lFkNbRws0

戦場ヶ原「こ、この私に手をあげるだなんて覚悟はでき」

パチン!

戦場ヶ原「あうっ」

阿良々木(さぁ、台詞の途中で遮ってのビンタだ、これに耐えられるお前ではあるまい!刺して来い、戦場ヶ原!)

戦場ヶ原「あ、阿良々木君、何を怒っているのかしら。理由を話せば半殺しくらいで許してあげるわよ」オロオロ

阿良々木(いや、有無を言わさず刺して来いよ!何で弱気なんだよ!)

バチン!


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:36:55.11 ID:lFkNbRws0

戦場ヶ原「あぁっ」ドサァ

阿良々木(あ、やばい……力が入っちゃった。これは流石に我慢できないだろう)

戦場ヶ原「……あ、阿良々木君、御免なさい。私が悪かったわ。だから怒らないで」オロオロ

阿良々木(顔と目真っ赤にしてなに謝ってんだ!お前そんなキャラじゃないだろ!)

バチン!

戦場ヶ原「あぅっ……お願い……何か言って、阿良々木君……悪い所は私、直すから、口を利いて……貴方の彼女でいさせて……」グスグス

阿良々木(ついに泣き出しちゃった!千石ですら泣かなかったのに!メンタル弱い!)


218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:41:23.54 ID:lFkNbRws0

阿良々木「な、なぁ戦場ヶ原……」

戦場ヶ原「あ、阿良々木君……?口を利いてくれるの?」グスグス

阿良々木「あのな、僕は別に不満があるとかじゃないんだ」

戦場ヶ原「……え?」

阿良々木「ただ、どうなるか興味があったから叩いたんだ。最低だろ?」

戦場ヶ原「……」

阿良々木(さぁ、殺せよ)


230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:46:15.99 ID:lFkNbRws0

戦場ヶ原「……よかった」ボソ

阿良々木「え?」

戦場ヶ原「まったく、この私で実験とはいい度胸ね、阿良々木君。普段ならあなたの塵芥も残さないところだけど、今私は機嫌が良いわ。許してあげるから感謝しなさい、阿良々木君」

阿良々木「……」

バッチーン!

戦場ヶ原「……ご、御免なさい、阿良々木君、調子に乗りました……嫌いにならないで」メソメソ

阿良々木「……」


249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:51:19.05 ID:lFkNbRws0

阿良々木「ダメだあいつは……」

阿良々木「いつもは無駄に高圧的なのに、いざってなると弱弱じゃないか……結局僕の胸に残ったのは罪悪感だけだったじゃないか」

阿良々木「もう僕の周りには僕を罰してくれそうな奴は……」

阿良々木「いた」

阿良々木「鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼、の絞り粕」

阿良々木「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの成れの果て」

阿良々木「忍野忍。あいつなら、この愚かしい僕に引導を渡してくれるだろう」

阿良々木「忍にビンタしよう!」


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 22:56:13.70 ID:lFkNbRws0

阿良々木「おーい、忍、起きろ」

ヌッ
忍「なんじゃ、お前様。せっかく寝ておったのに」

阿良々木「ああ、お前にしか頼めないことがあってな」

忍「なんじゃ、やっぱりお前様は儂がおらんとだめじゃn」

パァン!

忍「うっ」

阿良々木「……」


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:00:45.15 ID:lFkNbRws0

忍「……?」ジンジン

忍「……!?」ヒリヒリ

阿良々木(混乱してるな)

忍「な、なんじゃ、今お前様が叩いたのか?」

阿良々木「……」

忍「え?ち、違うの?いや、え?」

パァン!

忍「あうっ」


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:05:59.28 ID:lFkNbRws0

阿良々木「……」

忍「や、やっぱりお前様が叩いたんじゃろうが!そんなのお見通しじゃ!」

阿良々木「……」

忍「えっ」

阿良々木「……」

忍「ど、どうしたんじゃお前様」

パチン!

忍「いたいっ!」


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:11:25.80 ID:lFkNbRws0

阿良々木「……」

忍「もう怒ったぞお前様!もう口を利いてやらん!」

阿良々木(なんでそうなるんだよ!叩き返してこいよ!)

パチン!

忍「あぅっ……ふん!」プイ

阿良々木「……」

バチン!

忍「あふっ……」

阿良々木「……」

忍「……お、お前様、今日は儂の負けにしといてやるから、ここまでにせんか?」ウルウル

阿良々木(こいつもメンタル弱かった!)


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:20:37.07 ID:lFkNbRws0

阿良々木「忍ですらポンコツだった……」

阿良々木「もう僕はあの人に頼るしかないのか」


影縫「お、鬼畜なお兄やんやないの。どうした?」

阿良々木「ええ、ビンタしに来ました」

影縫「ほう?」

その後、阿良々木は影縫さんにボコボコにされ、引導を渡されたのだった。そう、誰よりも彼自身が望んだ引導を……




330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:39:33.35 ID:lFkNbRws0

阿良々木「あっ……斧乃木ちゃん……」

余接「あっ、鬼のお兄ちゃん。お姉ちゃんにビンタして良く生きて帰ってこられたね」

阿良々木「いや、まぁ死んでも良かったんだけどな……」

阿良々木(だがどうだろう、斧乃木ちゃんもヒロインらしいし、ここで会ってしまった)

阿良々木(だから、斧乃木ちゃんにビンタしよう!)


336: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:43:39.11 ID:lFkNbRws0

阿良々木「なぁ、斧乃木ちゃん……」

余接「なに、鬼のお兄ちゃ」

パチン!

余接「ん……」

阿良々木「……」

余接「ん……?」


338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:47:56.43 ID:lFkNbRws0

余接「今、鬼のお兄ちゃんは僕にビンタしたのかな」

阿良々木「……」

パチン!

余接「ん……」

パチン!パチチン!パチチチーン!

余接「うん……」

阿良々木(全然効かないや……)




343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/30(月) 23:59:23.34 ID:lFkNbRws0

明日も仕事だし、おしまいおしまい!

最後に一言、俺は千石も大好きだよ!



元スレ:阿良々木「周りの女子達に突然ビンタしたらどうなるか」

他サイト様の最新記事