1: 時系列はアスナ解放から数ヶ月ぐらい(´・ω・`) 2014/09/12(金) 20:31:43.76 ID:1AEm8WO+0

クライン「リアルで?」

キリト「……り、リアルで」

クライン「両親は?」

キリト「……不在らしい」

クライン「……………」

キリト「…………」

クライン「…………なぁキリトよ、自慢話とか良いから攻略の話しようぜ?それか女の子紹介しろ」

キリト「た、頼むクライン聞く耳持ってくれよ!?俺どうすりゃ良いのかわかんないんだよ!!」

クライン「どうすりゃ良いのかわかんねぇ?んなこと言ってすることしてんだろ既に、なに言ってんだおめーは」シッシッ

キリト「………いや、そりゃゲームの中でなら……まぁ、そうだけど……」モジモジ

クライン「ん?なんだよリアルではまだなのか?」

キリト「…………お、おう」コクリ

クライン「なんで?」

キリト「………いや、だってアスナは最近ようやく体力戻ってきたばっかりだし…」モジモジ

クライン「そういやそうか………なるほどなぁ」

キリト「だからさぁ、リアルではまた違うんだろうしここはね、年長者のアドバイス貰って対策を……」ソワソワ

クライン「………」

キリト「そういう事だから頼むクライン、流石に経験あるんだろ、教えてくれよ」

クライン「………」

キリト「………おい、クライン?」

クライン「……お、おう了解だキリト、何事も経験者に聞くのは基本だからな!!SAO で一番最初にお前からテク教えて貰ったみてーに色々と教えてやるよ、おう!!」

キリト「そうか、助かるぜクライン!!」ガシッ

クライン「お、おう」ガシッ


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:46:19.20 ID:1AEm8WO+0

クライン「……で、まず何が聞きたいんだよ?」

キリト「えーと、まずどういう雰囲気になったらOKなんだ?」

クライン「…ん?なんだそりゃ?」

キリト「え?」

クライン「ぶっちゃけやる為に行くんじゃねーの?部屋に入ったら即合体?」

キリト「……流石にそりゃないだろ、真面目に答えてくれよ」

クライン「……そ、そうだなすまん、えーと、ふいんきふいんき……」ブツブツ

キリト「クラインの実体験でも良いけど」

クライン「えっ、お、おう」

キリト「どっちから切り出すべきなんだ?あんまり失敗したくないし一般的にどうなのかとにかく知りたい」

クライン「……お、俺のね?うん……」フイッ

キリト「どうなんだ?」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:03:49.40 ID:1AEm8WO+0

クライン「……そ、そりゃあれよ、抱いてってせがまれたから応えてやったのよ」

キリト「ふむふむ、つまり向こうから来たってことか……まあそうなれば一番展開的には……」

クライン「そ、そうだな」

キリト「…………」

クライン「………なんだ、どうした?」

キリト「来なかった場合は?」

クライン「………いや、そんときゃ普通に遊んでりゃ良いだろ」

キリト「……………」

クライン「………ヤル気満々なのか」

キリト「ああ、超ヤりたい」コクリ

クライン「………ずいぶん積極的だな」

キリト「リアルだと匂いとか感触とか段違いなんだよ……俺ここまでかなり我慢してるんだよ、アスナけっこうひっついてくるから…」

クライン「……気持ちは分かるだがなぁ」

キリト「だからさ、自分から切り出して尚且ついい感じになれる方法をだな?頼むよクライン」ソワソワ


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:13:23.61 ID:1AEm8WO+0

クライン「……あー、えーと、自分からな?うん…」

キリト「おう」

クライン「……………」

キリト「……………」

クライン「……………」

キリト「………クライン、もしかして自分からはないのか?」

クライン「そ、そんなことねーよ!?今頭ん中で話整理してんだよ!!俺が女にヤらせろっていやぁ大概股開いてるし!!」クワッ

キリト「マジか、どういう感じで言うんだ?」

クライン「ちょ、ちょっと待て、まだ考えまとまんない」

キリト「おう、いくらでも待つぞ、今日暇だし」

クライン「…………そうか…」フイッ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:28:40.01 ID:1AEm8WO+0

クライン「………そ、そうだな……あれだ、いきなり押し倒せば良いんじゃねぇの」フイッ

キリト「どんな状況でだ?」フムフム

クライン「そこまでしらねーよ!?それは自分で気転効かせろよ!!」クワッ

キリト「い、いやだっていきなり押し倒すとか嫌がられそうだし、せめてここだっていうポイントを…」モジモジ

クライン「そんなもんその場のふいんきで決めるしかねーだろぉよ…」

キリト「アスナに言われた事あるんだが……俺はそういう事での雰囲気読むとか空気読むとか、絶望的に下手らしい…」

クライン「………おめーはそうだろうな、キリトよ」

キリト「だからどうにかしたいんだよ……本当は人に聞くのも恥ずかしいんだが俺もそういう事で恥かきたくないし、アスナにも悪いし…」モジモジ

クライン「………それは分かるんだがな、あぁ…」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:47:50.76 ID:1AEm8WO+0

クライン「………まぁ、あれだ……キリト、お前がどういうつもりで当日行くかだな、それ以外目的は無いのか?普通にデートとかよ」

キリト「朝からアスナの両親が帰ってくる夜中までがっつりヤりたい」

クライン「………お前、そんなキャラだっけ?」

キリト「ここ最近はそれしか考えてない」キッパリ

クライン「若いな…」

キリト「クラインだってそこまで歳取ってないだろ、二十代前半だろ?」

クライン「大人になるとそんなにがっつかなくなるんだよ、仕事だなんだって色々あるからな」ハァ

キリト「ふーん、でもすることはしてんだろ?前彼女がなんだって言ってたよな?」

クライン「………おお、寝かせてくれなくて困ってるぜ?」

キリト「へぇ、すげえな」

クライン「………D○MがMMO に本格参入したからなぁ……すげぇエロくて眠れねーよ」ボソッ

キリト「え?DM○?」

クライン「……なんでもなねーよ」グスッ


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 22:01:52.42 ID:1AEm8WO+0

クライン「……まあとにかくだ、もう付き合ってんだしゲームん中じゃ経験済な訳だろ?好きなタイミングでがばーっと行ったって大して問題にならねーと思うぜ?」

キリト「そ、そうか…確かに…」

クライン「そういう事だ、もういいな?」

キリト「まだだ、他にも聞きたい」

クライン「……なんだよ」

キリト「……………ぜ、前戯ってどのくらいするのが普通なんだ?」

クライン「………」

キリト「………」

クライン「………じゅ、十分くらい?」フイッ

キリト「えっ、そんなもんなのか?」

クライン「知らねーよ!!もう挿れてって言われるまでだ!!他人のなんか知らねーよ!!」

キリト「お、おう」ビクッ


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 22:16:22.65 ID:1AEm8WO+0

キリト「えーと、じゃあそれは良いとして………クラインは知ってるかわかんないが、血ってやっぱり出るのか?」

クライン「血?」

キリト「いや、だってアスナはリアルでは初めてな筈だし」

クライン「…………」

キリト「むちゃくちゃ痛いって言うじゃん?初めてって」

クライン「男の俺に聞いてもわかんないだろそれは……」

キリト「いや、そうだけどさ……初めての女の人とした事あればわかるかなーと、どうなんだ?」

クライン「だ、抱いた女は大半は処女だが、おう…」

キリト「マジかよ、クラインすげぇ、それで?」

クライン「………初めてなら血はちょっとだけだが出るんじゃねーの?」

キリト「ちょっとなのか、……痛みは?」

クライン「問題ねーよ、途中で気持ちよくなるだろ」

キリト「大したことないのか、それなら良いんだが」

クライン「大丈夫だって、初めてだけど感じちゃうは基本だろ?」

キリト「そっか、それエロ漫画とかエロゲーだけなのかと思ってたけど違うのか……」フム

クライン「………まあ、大丈夫だろ、たぶん…」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 22:34:43.55 ID:1AEm8WO+0

キリト「えーと、後は…」

クライン「……まだなんかあんのか…」ゲンナリ

キリト「当たり前だろ、人生の一大イベントなんだから」

クライン「………そうだな」

キリト「コンドームっていつ付けんの?」

クライン「え、コンドーム?」

キリト「うん」コクリ

クライン「………えーと……したことねえしな…」ボソッ

キリト「え?」

クライン「あっ」ギクッ

キリト「………避妊しないのかクライン?」

クライン「……え、あ、えーとだな?」ダラダラ

キリト「なるほど、ピル派なのか…」

クライン「お、おうそうだぜ?生のほうが良いから徹底させて付けさせてるぜ!!」

キリト「付ける?何を?」

クライン「ん?何って?」

キリト「ピル派なんだよな?」

クライン「おう、バッチリ付けさせてるぜ?」

キリト「……んー、そうか、分かった」

キリト(……確か飲み薬だったような……パッチタイプとかもまあ、あるのかな…)


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 22:52:39.93 ID:1AEm8WO+0

クライン「あーそうだキリトよぉ、お前ヤりたいのは分かるけど生理ん時は我慢しとけ、嫌がるからな無理矢理しようとすると」

キリト「それはまあ、分かってるつもりだけど」

クライン「なら良いけどよ、なんか今のお前なら強行しそうだったからな」

キリト「流石にそれはな、アスナに嫌がられてまで事におよんだりはしないよ」

クライン「どうだかなぁ」

キリト「大丈夫だって、脱がす時ナプキンガサガサ言ったりしたら気まずそうだし」

クライン「……あ、ああナプキンな?そうだな、剥がさなきゃならないのは気まずいな」

キリト「え、剥がすの?」

クライン「剥がすだろ、剥がさないでどうすんだよ?」

キリト「………何の為に?」

クライン「そりゃおめぇ、弄ったり舐めたり?」

キリト「………え?」

クライン「ん?」

キリト「…ハイレベルだな、クライン」ゴクリ

クライン「………?ま、まあ女にゃすごいって言われるけどな?うん」

キリト(………経血ゼリーを本人目の前でずるっといってたらすごい……よな、確かに)ゴクリ

キリト(………いや、マジか?どんだけ変態なんだよクライン、まだナプキンを直接肌に張るって勘違いしてるほうが説得力が……いやでも流石にそんな勘違いはしないよな…)ジー


31: ◆Ab.sC93XWE 2014/09/13(土) 17:56:34.33 ID:Qb4kbJj00

キリト「……あー、クライン……ひとつ聞いていいか?」

クライン「さっきから質問責めのくせして何言ってんだ今更、なんだ?」

キリト「…………経験、あるんだよな?」

クライン「はぁ!?今までさんざん聞いてたのにそれ聞くのかよキリト!?」

キリト「いやだって…」

クライン「あるに決まってんだろ!?俺幾つだと思ってんだよ学生時代からヤりたい放題のプロフェッショナルだっての!!」クワッ

キリト「そ、そうか、だよなすまない…」ビクッ

クライン「くそ、そんな所疑ってどうすんだっつうんだよ…う、嘘付いても悲しいだけだろちくしょう……!!」グスッ

キリト「いや、何も泣かなくても……ほら、疑って悪かったから、な?」ポン

クライン「………ふぐぅ…」ブワッ

キリト「お、おいクライン…?」オロオロ

クライン「なんでもなねーよ!!ただの武者震いの侠哭きだっつうの!!」ウルウル

キリト「お、おう…」タジッ

キリト(……今の会話の何処に武者震いする要素があったんだ?やっぱりクラインて……)

クライン「んなことより今はキリト、おめーの話だろぉが!!もう良いからなんでも徹底的に聞いてけこんちくしょぉ!!」

キリト「……あ、ああ」

キリト(………聞く奴間違ったかな……どうしよう…)ダラダラ


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 18:13:30.74 ID:Qb4kbJj00

クライン「で、次はなんだ、どんどん聞けよキリの字」

キリト「……え、えーと」

クライン「おう」

キリト「クラインの経験人数は…なんて聞いてみたり…」ソワソワ

クライン「………それお前へのレクチャーに必要な事か?まあ良いけどよ…えーと」

キリト「いや、どれだけの経験値を積んだ方なのか受講者としては興味があったりね?ははっ…」

クライン「……そ、そうか、えーとだな…何人と経験したかな?うん…」

キリト「…………」

クライン「……さんじゅ……ゴホン…三人」フイッ

キリト(言い直した、微妙に謙虚な数字に言い直した)ジー

クライン「みんな可愛かったんだけどな、ちょっとした事でケンカして別れちまったりお互いすれ違いばっかりで辛くなっちまったり受験だなんだって将来のために別れを選んだり体の関係に溺れ過ぎて恐くなっちまって離ればなれになること選んだり色々とな…」フッ


キリト(……それだと四人だぞクライン…)フイッ

クライン「……とまあ、こんな感じだな、わかったかよ?」

キリト「………お、おう」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 18:30:07.34 ID:Qb4kbJj00

クライン「……なんだよ、なんか歯切れわりぃな」

キリト「そ、そんなことないぞ?だいぶ参考になってる」フイッ

クライン「なら目ぇ反らすなよ、やっぱり疑ってんだろ?」ジロッ

キリト「…………」

クライン「何回でも言うからな?俺は童貞じゃねぇぞ?違うからな?」

キリト「わかったってば……そんな必死にならなくても良いだろ……」タジッ

クライン「別に必死になんかなってねぇ、勘違いされて言いふらされたりされたら敵わねぇから念押ししてんだよ」

キリト「……そんな事言いふらす訳ないだろ…」

クライン「なら良いけどよ、誰にも言うなよ?特に女連中には絶対だからな?もし言いふらしたら絶交するからな?」クワッ

キリト(……そんなに恥ずかしいのか?別に今時珍しくもない気がするんだが…)

クライン「おい返事は」

キリト「約束するって、たとえ聞かれてもクラインは経験豊富なスペシャリストって答えておく」

クライン「おい待てそんなのも言うんじゃねぇ、アホみたいに聞こえる」

キリト「そ、そう?なら黙秘する方向で行くよ、うん…」

クライン「………そうしてくれ」ホッ


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 18:41:15.28 ID:Qb4kbJj00

キリト「……さ、さて…話の切りも良いし俺は落ちるわ」ガタッ

クライン「なんだ、暇じゃなかったのかよ」

キリト「……いやー、飯時だし?今スグが晩飯作ってる筈だし、うん…」

クライン「………直葉ちゃんか、キリトよぉ晩飯の談笑のネタにさっきの事話したり…」

キリト「するわけないだろ!?誰も得しないし飯時にする話題かよ!?」

クライン「なら良い、お疲れ」

キリト「……おう、お疲れクライン」

クライン「………」

キリト「………クライン」

クライン「……あん?」

キリト「………頑張れよ、じゃ」スタスタ

クライン「なんで俺に頑張れなんだよ!?おいキリト!!」

キリト「……いや、悪かったと思って…すまん…」タタタッ

クライン「おい!?違うっつってんだろ!?おいこらキリトぉ!!」

バタン

クライン「」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 19:00:48.98 ID:Qb4kbJj00

クライン「」

…………

☆以下、クラインの未来予測☆

キリト『………という訳でな、クライン童貞なんだって』モグモグ

直葉『えークラインさんあの歳で童貞なの?キモーイ』モグモグ


………

リーファ『おにーちゃんから聞いたんだけどねー?クラインさん童貞なんだってー!!』

シリカ『えーあのクラインさんが?ほんとにー?』

リズベット『まじ?うっえー!!』

リーファ『キモいよね』

シリカ『ねー』

リズベット『童貞許されるのとか未成年までっしょ』

クライン『………』トボトボ

シリカ『あ、童貞来た…!!』ヒソヒソ

クライン『』ビクッ

リーファ『やだ、こっち見てんだけど』ヒソヒソ

クライン『』

リズベット『童貞だからエロい事考えてんのよきっと、やっばー目線で犯される』シッシッ

クライン『』


………………


クライン「…………うあああああああああああああ!!!!!!」ガタガタブルブル

クライン「お、俺の貴重な女の子連中との交遊関係(脈無しなのは理解してるがそれでも貴重)が!!?!うあああああああああああああ!!!!!!」ビッタンビッタン

クライン「………あ、でもそれはそれでゾクゾクするかもしれん」ピタッ

クライン「……いやいやいやいや、そんな場合じゃないだろ」ブンブン

クライン「………あいつ本当に喋らないよな?し、信じるからなキリト…」ダラダラ


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 16:50:58.68 ID:fVt4P1mp0

翌日、ダイシーカフェ



和人「………という訳でな、今度の休日アスナの家にお呼ばれされてるんだが助言が欲しい」

エギル「なんだ、いきなり店に顔だしたと思ったらそんな事か」

和人「そんな事って言うなよ、俺は真面目に悩んでる」

エギル「なにも心配要らんさ、お前らお似合いだしな………ほら、前祝いだ、飲んでけ」ポンッ

和人「なんだそれ?」

エギル「シャンパンだよ、ノンアルコールだけどな……赤飯のほうが良かったか?」ニヤリ

和人「……い、いや…そっちで良いよ、ありがとう」

エギル「キリトが聞きたいのは女性の正しいエスコートの仕方か?」

キリト「………まぁ、そんな所だが」

エギル「大丈夫だろう、お互いそれなりに知識はあるだろう?」

キリト「……いやー、そこが不安だから聞いてんだけど、クラインにも聞いたけどちょっとな…」

エギル「クラインに?なんでまたあいつに聞いたんだ?」

キリト「あ、いや、えーと…」

エギル「なんだ歯切れ悪いな…」

キリト「……いやー、ちょっと…」

エギル「まあいい、あいつじゃまともにアドハイスなんて貰えなかっただろ、違うか?」

キリト「え、なんで分かる」ギクッ

エギル「そりゃあな、まあ…」

キリト「………えと、エギルも知ってたのか?」

エギル「クラインの事か?」

キリト「そうだけど……聞いてたりするのかもしかして?」

エギル「いや、初見で分かった」

キリト「……え、マジ?」

エギル「あいつほど分かりやすい奴居ないからな……いや、もう一人知り合いで居るな」

キリト「……だれ?」

エギル「目の前でシャンパン飲んでる奴もこいつは女慣れしてねーなってすぐに分かった

キリト「………あぁそう」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 17:08:19.60 ID:fVt4P1mp0

エギル「思い出すぜ……最初、まだSAOの低層攻略してた時のアスナに対するお前の反応というか対応というか……だいたいしどろもどろの手探りでコミュニケーション取ろうしてる様が初々しくて中々笑えたからな?」ニヤニヤ

キリト「……ぐっ……悪趣味な奴だな…」

エギル「そう言うなって、職業柄そいつがどういう奴かとかなんとなくさぐっちまうのよ」

キリト「でもクラインと俺じゃタイプ全然違うぜ?少なくともクラインのほうが社交性はあるだろ」

エギル「だな、あいつはリーダー的なポジション張れるし割りと友人も多いはずだ」

キリト「……ならモテるんじゃないのか?」

エギル「……ふぅ、それもそうなんだがな……女の前ですぐに看破されるような見栄張るからプラマイゼロだな」

キリト「なるほど……つーかエギルの観察力すげぇな」

エギル「職業柄だ、色んな客が来るからな」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 17:20:42.16 ID:fVt4P1mp0

キリト「その観察力を生かして俺にアドハイスをくれよエギル」

エギル「だから、心配ないって」

キリト「いや、具体的なアドハイスを…」

エギル「優しくしてやってりゃいい、後は俺が口出す事じゃない」

キリト「………優しく、優しくねぇ?」ウーン

エギル「あんまり博識過ぎるのもアスナの性格的に考えりゃよろしくねぇと思うからな、そのまま分かんないまま最初は行け、色々と知るのは後でも問題ないからな」

キリト「……そんなもんか?」

エギル「そんなもんだ」

キリト「……分かった、信じるぜエギル」

エギル「ああ、頑張れ」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 17:34:42.99 ID:fVt4P1mp0

ガチャ

クライン「うーす、やってるか?」

エギル「ん?なんだ、サボりかクライン」

キリト「お?」

クライン「ここら辺にある得意先回りで後は帰るだけなんだよ………ってキリトも居たのかよ」ギクッ

キリト「よ、よぉクライン」

クライン「………おめー言ってねぇだろうな?」ボソボソ

キリト「………えと」フイッ

クライン「おい!?なんで目ぇそらすんだよ!?なあキリトぉ!?」ユサユサ

キリト「………いやー、女の子には言ってないぞ?うん」

エギル「キリトが話したのはクライン、お前にアドハイス貰おうとしたって所だよ、落ち着け」

クライン「………貰おうとしたっつうかガッツリアドハイスしたんだが」

キリト「………そ、そうね」フイッ

エギル「あんま見栄はるな、分かってるから」

クライン「…………」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 17:54:19.33 ID:fVt4P1mp0

クライン「……分かってるって何を?なぁ何を?」

キリト「………」

エギル「お前、今まで女友達すら居なかっただろ、だいたい分かるぞ」

クライン「…………」

エギル「見栄はって未成年に間違った知識教えるのはどうかと思うからな、止めとけ」

クライン「」

キリト「えっ、なんでそこまで分かる」

エギル「このぐらいは普通に予測出来る範囲だろうよ」フゥ

クライン「な、なんの事だ?」ダラダラ

エギル「………クライン、そういう見栄張る奴が一番不様でカッコ悪くてモテないぞ」

クライン「…………」プルプル

キリト「……く、クライン…」

エギル「キリトを見ろ、そういうアホな見栄張ってないからモテモテだろう」

キリト「え?」

クライン「た、確かに…」

キリト「いやいやいやいや、なんだそれ…」ブンブン


51: ◆Ab.sC93XWE 2014/09/15(月) 23:50:31.48 ID:n5u8/FR20

エギル「まぁつまりだ、気にしすぎは害にしかならないって事だ、気にしなさすぎも問題だろうけどな」

クライン「…………」

キリト「えーと……」

クライン「………んなこと言ってもよ」

エギル「お前、風俗すら行った事ないだろ」

キリト「え、風俗?」ギョ

クライン「……んなとこ行く訳ないだろ」

エギル「とりあえず理由を聞くか、何でだ?」

クライン「俺は好きになった女以外とはやりたくねぇんだよ」

エギル「そうか………キリト、今のクラインの発言をどう思う?」

キリト「え、俺?えーと、間違ってないんじゃないか?俺もそうだし……その、風俗?とか行ける年齢になっても俺も絶対行きたくないし」

クライン「だよな、俺は間違ってないよなキリト」

キリト「そう思うぞ、うん」コクリ

エギル「キリトぐらいの年齢なら間違ってないがクラインの歳でそれ言ってんのはかなり悲しいな」

クライン「なんでだよ!?金で女をあーだこーだしようなんざゲスの極みだろうがよ!!」

エギル「世の中どんな事だろうと建て前と綺麗事だけじゃ生きてけねぇだろ?そういう事だ」

クライン「うぐっ…!?だ、だがよぉ…」

キリト「………エギル、つまり何が言いたいんだ?」

エギル「年相応の考え方を身につけろって事だ、クラインは純情過ぎるからな、こいつの顔でそれはハッキリ言って似合わねぇ」

キリト「確かに似合わないな……つまりは汚れろって事か」

エギル「ストレートに言えばな」

クライン「でも風俗は行かねぇからな」

エギル「行けとは言ってねぇよ、例えで出しただけだしどうせ一人じゃ行けないだろお前」

クライン「…………」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:16:18.10 ID:fhW0RBCx0

クライン「言いたい事ぁ分かるしキリトとか未成年と似たような思考なのも、まぁ気持ち悪いんだろうと理解出来るがよ………だったらどうすりゃいいんだよ!?」

エギル「手段はなんでも良いから女作れ、大丈夫だ、お前はそこまでブサイクでもないから数打ちゃ当たる」

クライン「出会いがねぇ」

キリト「そうなのか?」

クライン「会社にゃ若い女の子居ないし取引先で受付嬢とか口説く訳いかねーし」

エギル「合コンとかやらないのか」

クライン「誘われねぇんだよ……前からのネット仲間も俺と似たようなもんだしよ」

キリト「ALOやってれば女性プレイヤーくらいたくさんいるだろ?それは?」

クライン「……最近はお前らとしか遊ばねぇからな」

エギル「……ふむ」

キリト「なら少しでいいからソロやってみたらどうだ?向こうから来るかも」

クライン「そんな簡単に行くかね…」

キリト「大丈夫じゃないか?女の子のフレンドとか普通に遊んでれば勝手に増えるだろ?そこから好みの子を…」

クライン「殴っていいか?」イラッ

キリト「え、なんで?」

エギル「よせクライン、キリトに悪気はない……モテる奴の思考回路は女の子は自動ホップするモンスターと同じぐらい勝手に出てくるもんなんだ」

クライン「………くっ…!!」ブワッ

キリト「え、どういう事?」キョトン


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:38:42.67 ID:fhW0RBCx0

エギル「じゃあ今、女の知り合いは?」

クライン「……あー、まず アスナだろ?」

エギル「………」

キリト「いきなり人の彼女の名前出すのかよ…」

クライン「それにリズベット、シリカちゃんか……あと直葉ちゃん」

キリト「………」

エギル「……全部キリト経由か」

クライン「全部キリト経由だ」コクリ

キリト「………」

エギル「………」

クライン「なんだよぉ!!その憐れむような目ぇ止めろよ!!」


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:55:53.20 ID:fhW0RBCx0

エギル「………じゃああれだ、出会い系SNS 利用しろ」

クライン「サクラと詐欺恐い」

キリト「………じゃあナンパだ、恋人の出会いランキングで常に上位になってる普通の手段だ」

クライン「俺は硬派で通ってんだよ、軽々しく行きずりの女に手は出せねぇ」

エギル「んな事言ってたら女なんて一生涯できねえぞ」

キリト「……クライン」

クライン「運命的な出会いから燃えるような恋がしてぇ」

キリト「…………」

エギル「…………」

クライン「キリトまでとは言わねぇけどさぁ……ほら、こうな?」

キリト「………俺、運命的な出会いなのか?」

エギル「見ようによってはな」


67: ◆Ab.sC93XWE 2014/09/21(日) 22:13:13.41 ID:nZFW8D6k0

エギル「……こう言っちゃなんだがよ、そんな運命的な出会いだなんだなんて滅多に起きないレアケースだぞ」

クライン「………そりゃ分かってるけどよ、可能性はゼロじゃねぇだろ」

キリト「ゼロじゃないけど……うーん…」

エギル「クラインが望み通りの出会い方以外したくないってなら相談もクソも無くなるな、口出ししようがない」

クライン「……元々相談なんてしてねーだろ」

エギル「そういやそうだな、要らねぇ世話だったか」

クライン「そういう事だ、構わねぇよ別に俺は生来は明るいって信じてんだからよ、レアぢろうと難しかろうといつかはそういう事あるだろ」ケッ

キリト「つまりそういう出会いを待つって事か」

クライン「そうなるな、ダメかよ?」

キリト「ダメとは言わないけどさ……なんか後ろ向きだな」

クライン「後ろ向き?なんでだよ」

エギル「どんな事でもそうだが待ってるだけで欲しいもん手に入れられるなんて起こらねぇと思うぜ?」

クライン「…………」

キリト「ゲームは放置しててもクリア出来ないからな」

エギル「宝くじ当てる夢見るにはまず買わなきゃならないってな」

クライン「……そ、そりゃそうだが…」


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 22:33:05.73 ID:nZFW8D6k0

クライン「…んなこと言ってもよ」

エギル「お前、自信ないだけだろ」

クライン「あぁん!?んなわけねぇだろ!?」

エギル「じゃあお前、今夜またここに来て客の女の子と話してみろ、口説けって訳じゃないけどな」

クライン「え、いやいきなりは俺も都合がな?」ギクッ

キリト「…………」

エギル「…………」

クライン「それに知らない野郎に話かけられたらビビられちまうかもしれねぇし、なぁ?」

エギル「俺が上手く取り次いでやるよ、多少の雑談なら受けてくれると思うけどな」

クライン「……いや、でもよぉ」

エギル「………」

キリト「そこまで恐いかな……うーん…」

クライン「いや恐い訳じゃないけどな?見知らぬ野郎が馴れ馴れしく話しかけるってのはどうなのかってな?」

エギル「心配いらねぇよ、独身で人見知りしないで一人でよく来る女性客に何人かアテがあるからどうかと思ったんだがよ、そこまでビビってたんじゃ取り成しても上手く行かねぇな、やめとくか」ハァ

クライン「…そ、そうか……つぅかビビってるんじゃなくてさっきも言ったが俺は出会いを待つって言ってんだよここの常連客口説くなんざやりたくねぇ」

エギル「口説けとはいってねぇだろ…あぁもう良いか、悪かったよクライン」ヤレヤレ


69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 22:55:43.23 ID:nZFW8D6k0

キリト「じゃああれだ、知り合いの女の子に頼むしかないんじゃないか?知ってる奴なら平気だろ」

クライン「…………未成年しかいねぇ」

エギル「アスナ達か、あんまり意味ないと思うが」

キリト「え、なんでだ?」

エギル「既に脈無しって分かってる女、しかも子供相手じゃあ普通に話してられるだろ、いくらなんでも」

クライン「………さっきからバカにされてる気がするんだが」

エギル「気のせいだ、それより自分の事考えとけよ」

キリト「………確かにアイツらとは普通に話してるか……でも脈無しってのはなんでだ?未成年だからって理由は分かるんだけど」

エギル「……お前も大概だな、キリト」

クライン「アスナはお前の彼女、直葉ちゃんはお前の妹、シリカはまだ中学生、リズベットは……まぁ見てりゃダメだと分かる」

キリト「あー、まあそうか…未成年って事考えなくてもだいたいダメって分かるか…すまない」

クライン「そういう事だ、まぁそれがなくて脈あっても法律が許さねぇけどな」ハァ

エギル「……ロリコンではないんだな」

クライン「………当たり前だ、人をなんだと思ってやがる」

キリト「……高校生ってロリータに分類されるのか…?」

エギル「法律的には18歳未満は子供なんだよ」

クライン「ま、それ言ったら世の女子高生好きはみんなロリコンになっちまうけどな」

キリト「ふーん?なるほど」


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 23:16:44.52 ID:nZFW8D6k0

キリト「……うーん、じゃあどうしたもんか」

エギル「まずはこのビビり症どうにかしないと女なんざ出来ねぇな」

クライン「ビビってねぇっつってんだろ」

キリト「………そうだな、俺もそうだったんだけど女の子にそこまで変に思われてないって分かれば多少違うんじゃないか?」

クライン「………」ピクッ

エギル「…一理あるな、クラインが虚勢を張ってんのは自信がない事の裏返しだろうからな」

クライン「………むぅ……でもよぉ、女がなに考えてるのなんてわかんねぇだろ、まさか直接聴くって訳じゃないだろ?」

キリト「そりゃそうだ」

エギル「アスナ辺りに協力頼むか、リサーチするには女手も必要だろ」

キリト「そうしよう、今呼び出してみるよ」ポチポチ

クライン「ちょ…おいなにするつもりだよ!?」

エギル「だからリサーチだっての」

キリト「大丈夫心配するなよ、あいつらがクラインを悪く言ってるの見たことないし、さっきの話と違って会話する訳じゃないから意味はたぶんある」

エギル「未成年でも女だしな、どういう印象持たれてるか知るのは無駄にはならんだろ」

クライン「いやいやいやいや、おっかねぇよそれ!?」

キリト「大丈夫だってば、嫌われてるって事は間違いなくあり得ない、断言する」

エギル「女の思考回路だって人間の思考回路だよ、あんまビビんなよ、な?」ポンッ

クライン「」


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 23:41:06.28 ID:nZFW8D6k0

…………

アスナ「キリトくん、クラインさんとエギルさんもおまたせ」

キリト「悪いないきなり呼び出して」

アスナ「大丈夫だよ?実はここで待ち合わせしようって呼び出される前にみんなで話してたから」

キリト「みんな?」

アスナ「うん、リズとシリカちゃんと直葉ちゃん、直葉ちゃんだけ学校別だし遊ぶなら知ってる所に集合しようって」

キリト「なんだ、そうだったのか」

アスナ「うん、だからもう少ししたらみんなくるよー?」

キリト「なるほど、そりゃ好都合」

エギル「だな、手っ取り早くていい」

アスナ「へ?なに、どうかしたの?」

キリト「いや、実はアスナにお願いがあってな………ゴニョゴニョ…」

アスナ「……クラインさんの印象をみんなからリサーチ?なんで?」キョトン

クライン「………」

エギル「深くは追及しないでやってくれ、頼めるか?」

アスナ「……まぁ、良いですけど」

キリト「すまないアスナ、変な事頼んで」

アスナ「大丈夫だってばキリトくん、なんとなくは分かるから」

クライン「えっ」ギクッ

アスナ「みんな嫌ってたりしないと思いますよ?クラインさん面白い人だと思うし」

キリト(……察しが良すぎじゃないかアスナ……)

エギル(……女からしても丸わかりなのか…)

クライン「」


75: ◆Ab.sC93XWE 2014/09/22(月) 18:03:04.36 ID:yLyNTGqL0

アスナ「それで、私がみんなからそれとなく聞き出して報告すれば良いんだよね?」

エギル「ああ、軽い感じでな」

アスナ「やってみますね」

キリト「………いや、ちょっと待ってくれ」

アスナ「どうしたの、キリトくん?」

キリト「……アスナを信用してない訳じゃないが……後から報告じゃなくて直接聞こう」

アスナ「え、どういう事?」

エギル「アスナ経由だとクラインに気をつかって多少リサーチ内容が屈折する可能性はまぁ、あるな」

アスナ「……ん……そっか、余計な部分は省かないとダメだよね、私を情報経由したら本当にそういうリサーチ結果だったのかって疑い発生するし」

クライン「…………………………なんか恐くなってきたんだが、変にオブラートに包まれるような結果になるって言ってねぇかお前ら」

キリト「気のせいだ、大丈夫だって」

エギル「保証してやるがお前は嫌われてはねぇよ、いい人ぐらいには思われてる筈だからビビんなよクライン」

アスナ「私もクラインさんの事嫌いじゃないですよ?ほら、人付き合い苦手気味なキリトくんをよく心配してくれてるし」

クライン「…………そ、そぉか?」

キリト「ああ、大丈夫だから任せとけって」

アスナ「それでキリトくん、具体的にはどうするの?クラインさんが居合わせる訳にはいかないんでしょ?」

キリト「………そうだな……よし、じゃあこうしよう」パチン

エギル「なんだ?」

キリト「盗聴する」ニヤリ

クライン「おい」

アスナ「キリトくん…?」ジトッ

エギル「お前なぁ…」


76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 18:21:20.23 ID:yLyNTGqL0

クライン「恐れを知らねぇ野郎だな……バレたらどうすんだよ…」

エギル「それに機材は?まさか盗聴用の機材持ってるなんて言わねぇよな?」

キリト「アスナが協力してくれるならそうそうバレないよ、機材もそんな専用の物なんて必要ないし」

アスナ「……どういう事?」

キリト「ようはボイスレコーダーと同じように会話を集音して、それを聞ければいいわけだから………これだけで道具は足りる」コトッ

アスナ「携帯?」

エギル「………あぁ、なるほどな…アスナの携帯と通話状態にしたままでアスナに質問させるって事だな?」

キリト「そういう事、ドラマとかアニメじゃ使い古された手段だろ?」

クライン「……確かによく見るけどよ、居場所を知らせるとかなんとか色々」

アスナ「そんなに上手く話し声拾えるのかな?ホントに」

キリト「どうだろ?試した事はないから何とも言えないけど………とりあえずアスナの携帯はスピーカーモードにしといてくれ」

アスナ「え、うんわかった」ポチポチ

キリト「……よし、それで俺の携帯もスピーカーモードにして、マイク部分に音漏れしないようにテープきつめに貼って…」ワクワク

エギル「……キリト、お前楽しんでるだろ?」

キリト「いや、そんなことねーよ?」

アスナ「絶対わくわくしてる」ジー

クライン(………まさか俺が弄られ役になるとはなぁ……まいった…)ガクッ


77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 18:58:12.91 ID:yLyNTGqL0

………で。

直葉「おまたせですみなさん、ちょっと時間かかっちゃって」

リズベット「大丈夫だよリーファ、みんな来たばっかりだし」

シリカ「全員揃いましたね」

アスナ「うん」

リズベット「そんでどうする?もう行くんでしょアスナ?」

アスナ「あ、うんそうだね……」チラッ

エギル「………」コクリ

シリカ「アスナさん?行かないんですか?」

エギル「おいおいお前らせっかく来たのにもう行くのかよ?冷やかしか?」

リズベット「えーだって待ち合わせ場所に利用しただけだし、ていうかドリンク一つ頼んだのに冷やかしとか酷くない?」

シリカ「私もアイスティー頼みましたけど…」

直葉「えと、じゃあ私も何か頼みますエギルさん」

エギル「お、そうかい?何にする?」

リズベット「エギルせこーい」ジー

直葉「リズさん良いですって、お店に来て何も頼まないのも失礼ですし、ははは…えーと、アイスコーヒーで」

エギル「はいよ、まぁ商人はセコいぐらいじゃねぇとダメなんだよ……っつっても女学生にタカるような真似は男としては慎むべきではあるな……まってろよ?」カチャカチャ

アスナ「………」ソワソワ

リズベット「え、なになに?何か出してくれんの?」

シリカ「え、なんですかエギルさん?」

直葉「………?」

エギル「まずリーファにアイスコーヒーお待たせ」カタッ

直葉「あ、はいいただきまーす」

エギル「で、これは俺から奢りだ、今度メニューに加えようと思って試作したアインクラッドミルフィーユケーキ」どんっ

リズベット「デカっ!?なにこれ!?」

シリカ「アインクラッドですか…?もしかして…」

エギル「もちろんクレープ生地100層重ねてるぞ?全高50センチ下層の幅は直径30センチの円錐型だ」

直葉(……お、美味しそうだけど量が……太りそう…)


78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 19:11:09.35 ID:yLyNTGqL0

エギル「食ってってくれよ、感想聞きたいからな」

リズベット「四人でもこんな量食べられないわよ…」

シリカ「……試食ですか……アスナさんは良いんですか?」

アスナ「え、うん大丈夫だよ?お買い物なら後でもね、うん」

リズベット「それなら良いけどさ、アスナの用事に付き合ってって言うのが今日の集まった理由だしアスナが平気ならね?」

アスナ「…う、うん」

エギル「よし、じゃあ食っててくれな、余ったら俺とカミさんで食うから残しても良いからよ」スタスタ

リズベット「えっ、エギル何処か行くの?」

エギル「買い出しだよ、ただでケーキ食わすんだからちょっと店番頼むぜお前ら」ニヤリ

リズベット「はぁ!?なによそれ!?」

エギル「一応店は閉めとくけどな、誰か来たら店主は留守ですって伝えといてくれよ、じゃあよろしくな」バタン

リズベット「ちょっとエギル!!結局店番頼むのにケーキ出しただけじゃんこれ!!」

シリカ「ははは…エギルさんって抜け目ないですよねこういうの」

直葉「そ、そうだね…」

アスナ(………さて、次は私が仕事しなきゃ)グッ

………


79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 19:26:12.71 ID:yLyNTGqL0

……ダイシーカフェスタッフ用別室。

ガチャ

エギル「上手く女連中だけに出来たぞ」

キリト「グッジョブだエギル、まさかあんなデカイケーキ出して足止めするとはな」

エギル「女ってのは甘いもん大好きだからな、太る太る文句言いながら平らげるぜ?あれだけ出かけりゃ腹ごなしも含めて二時間は拘束出来る筈だ」ニヤリ

キリト「で、あのケーキもうないの?俺も食いたい」

エギル「試作品だからな……まぁ評判よけりゃマジでメニューに加えるから後で食いに来い」

キリト「……ちっ、有料かよ」

クライン「高そうだなあれ、幾らにするんだよ?」

エギル「そうだな……5000円って所かな……」

キリト「残念だ、食う機会はまず訪れないなそれじゃ」フゥ

クライン「たけぇ、2500円にしろ、酒と一緒にオーダーしてやるからよ」

エギル「冗談言うな、手間賃考えたら5000円でも安いってんだ」


81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 19:40:46.38 ID:yLyNTGqL0

リズベット『……あー、大きさはともかくこれ美味しいわね』

シリカ『ですね、四等分でもすごい大きいですけど……はむっ…』

直葉『あー……こんなのまた太っちゃうのに……うー…アイスコーヒーによく合う…』

アスナ『これ手作りだね、エギルさんが作ったんだよね……レシピ教えてくれないかな』


キリト「……よし、感度良好だな……よく聞こえる」

クライン「ミルフィーユってクレープに生クリーム塗ったくって重ねるだけじゃねぇのか?アスナ料理好きなんだったら知ってそうだがな」

エギル「そこにアレンジ加えるのが旨いもん作るコツなんだよ、アスナは料理好きだからこそ一味違うってわかったらしいな」フフン

キリト「ほう、ならエギルからアスナが教われば俺はあのケーキにありつけるってことか、なるほど」

エギル「授業料はキリトからの振り込みなら教えてやらんでもないぞ」

キリト「有料かよ」

エギル「当たり前だ、味にだって著作権的なもんが存在するんだよ」

クライン「………つーか、ケーキの感想盗聴してるだけじゃねぇのかこれ?」

キリト「焦るなよ、話の流れってのもあるんだろうし」


83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 19:55:16.99 ID:yLyNTGqL0

直葉『ていうかエギルさんも商魂逞しいというかなんというか……あはは…』

リズベット『知り合った時からあんな感じだけどね、安く仕入れて高く売りつけるってのモットーにしてるような人だし』

シリカ『知り合った時って、SAOの中ですよね?』

リズベット『うん、キリト経由だったけどね、けっこうアコギな商売してたわよエギル』

エギル「………」

クライン「………エギルの話になったな」

キリト「……そうだな」

シリカ『へー、私はあの頃は会ってませんでしたけど、そんなにですか?』

リズベット『一応理由はあったんだけどね、利益の殆どを中層のプレイヤーの援助に使ってたんだって』

直葉『へー、いい人ですねエギルさん』

エギル「………」

クライン「………お前の好印象な意見をなんで聞かなきゃならないんだおい」

キリト「焦るなクライン、アスナが
上手く誘導してくれる筈だ」フルフル

クライン「……まぁ良いけどよ」


85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 20:11:31.98 ID:yLyNTGqL0

アスナ『………あれー?エギルさんの雑貨屋さんそんなに酷かったかしら?』

シリカ『へ?でもさっきリズさんがアコギな商売してたって』

リズベット『あ、やっぱりアスナは違うんだ?実は私だけど』

直葉『え?なんです?』

アスナ『エギルさんのお店、私はよく利用してたんだけどね?安かったし高く買い付けしてくれたんだよね』

キリト「………は?」

クライン「……あぁん?」

エギル「………」フイッ

リズベット『私も、武器製作するのにインゴット買い付けとかしてたんだけどさ、相場の3割引きぐらい、物によっては半額以下で売ってくれてたのよねー』

キリト「おいエギル」

クライン「どういう事だこの野郎」

エギル「過ぎた事だ、気にするな」フルフル

キリト「エギル、お前女プレイヤーには贔屓した値段で俺らにはふっかけてやがったな?」

クライン「あの極限状態でそんな事してやがったのかてめぇこの既婚者様よぉ!?」

エギル「………まぁ、女性に優しくってのは基本だろ?」

キリト「こ、このやろう…」ワナワナ

クライン「なんどアイテム二束三文でてめぇに売ったと思ってんだちくしょう…」プルプル

エギル「はっはっはっ、野郎に優しくする趣味はねぇからな」フゥー


87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 20:29:45.45 ID:yLyNTGqL0

キリト「……ちっ、まあいい、確かに過ぎた事だしな、その頃のデータが残ってる訳でもないし」

クライン「アコギなだけじゃなくスケコマシの気もあったとはな」ケッ

エギル「おいおい今はそんな事してないんだしいいっこ無しにしようぜ?ほら、まだ肝心な事聞いてないんだし集中しようぜ、な?」

キリト「………都合のいいやつだ」

リズベット『まあそれだけなら私ら女プレイヤーには損はないし、まあ良いかなって思ってたんだけどさ』

アスナ『え?まだ何かあるの?』

シリカ『なんです?』

直葉『なんか変な事あったんですか?』

リズベット『変な事ではないんだけどね、ただリアルで会ったときさ、エギルが既婚者って聞いた時うわぁって思ったのよね……結婚してんのにそりゃないわって』

エギル「中断だ、ちょっと止めてくる」スタスタ

キリト「おいなんだ、最後まで聞かせろって」ガシッ

クライン「なんだ、リズベットになんかしたのかエギル?おい?」ガシッ

エギル「離せ!?家庭崩壊の危機なんだ!!」ジタバタ

キリト「絶対離さん、クラインもっと踏ん張れ」ガッシリ

クライン「おうよ」ガッシリ

エギル「か、勘弁してくれ!?」ジタバタ

リズベット『私さ、何回かエギルに食事誘われて口説き文句みたいな事言われてんのよね』

エギル「NOOOOOOOOOOOOOO!!!!」ウガー

キリト「………マジで?」

クライン「………お前……相手幾つだと思ってんだ」

エギル「」


90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 20:47:40.74 ID:yLyNTGqL0

エギル「」

直葉『え……なんですかそれ』ジトッ

シリカ『奥さんかわいそう…』ジトッ

アスナ『えっと、あのリズ……』オロオロ

リズベット『アスナが誘われなかったのはキリトが居たからね、実際女性プレイヤーには手当たりしだいだったっぽいのよ』

シリカ『………えー…』

直葉『ちょっと酷い、かな…エギルさんの奥さんってずっとこのお店頑張って維持してたんですよね確か』

アスナ『ね、ねぇこの話はちょっと…』オロオロ

エギル「」

キリト「…アスナが話反らそうとしてるっぽいな」

クライン「まあ、本人聞いてるのにディスり始められたらそりゃ気まずいだろうからな」

エギル「」

リズベット『まあ仕方ないのかもしれないけどね、エギルいわくあの時は奥さんなんて離婚届けだけ残してさっさと見限られてると思ってたって言ってたから』

キリト「なるほど、でも実際は待っててくれたと」

クライン「いい奥さんだな」

エギル「泣いて土下座して感謝して二度とそういう事しないってカミさんには誓ってる!!俺が馬鹿だったから掘り返すの止めてくれ!?」ジタバタ

キリト「………まぁ、エギルの奥さんにチクるつもりならもうしてるだろうし、ここで話に上ってても平気じゃね?」

クライン「…あー、羨ましいなぁそういう嫁さん」

エギル「………要らねぇ恥を掻いちまったぜちくしょう…」プルプル


91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:03:28.88 ID:yLyNTGqL0

リズベット『その点キリトは安全よねぇアスナ』

アスナ『え、き、キリトくん?』

直葉『そうですねぇ、お兄ちゃんたぶん自分からは浮気とかしないと思う』

キリト「………」ピククッ

クライン「………今度はお前の番だな」ポン

エギル「さて、どんな話題になることやらな」

キリト「……ぐっ…」

リズベット『あいつ鈍感だしね、ていうかアスナはキリトと二人の時どうなのよ?』

アスナ『え、それは…その…』

シリカ『あ、私も知りたい』

直葉『私もー』

アスナ『えっと、あの……』

キリト「………」スタスタ

エギル「クライン」ガシッ

クライン「おうともよ」ガシッ

キリト「はっ、離せ!?プライバシー侵害だ!!止めさせてくれよ!?」ジタバタ

クライン「盗聴真っ最中の分際でなぁにがプライバシーだバカ野郎」ガッシリ

エギル「お前も等しく恥を掻こうぜ?大丈夫だ、お前の次はクラインも続く」

クライン「俺も続くのか…」

キリト「あ、アスナやめてーーー!!!!」ジタバタ


92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:20:07.34 ID:yLyNTGqL0

アスナ『だ、大丈夫かな?大丈夫だよね言っても』モジモジ

キリト「やめてっ!!アスナお願いだからやめて!!」ジタバタ

クライン「うるせぇ、黙ってろキリの字」ムギュ

キリト「ふ、ふぐー!?」ムガモガ

エギル「猿ぐつわでもさせるか、ほれタオル」

クライン「おうよ」ギュッ

キリト「んー!?!?」ジタバタ

直葉『えと、それでお兄ちゃんはどんな感じで?』ドキドキ

アスナ『………えっと、普段はこう…ずーっと手を握ってたり、えへっ』ニヨニヨ

シリカ『それで、そこからは?』ドキドキ

アスナ『さ、最近はキリトくんの方からキスしてくる事多かったり……あとは学校とかでも人がいない所でこうぎゅーっと…』ニヨニヨ

リズベット『ふむふむ、で?』

キリト「んー!?んんーー!!!!」ビッタンビッタン

クライン「青春してんなぁ…」

エギル「あまずっぺぇな」ニヤニヤ

キリト「ふごぉぉぉ……」ウルウル

エギル「おうおう恥ずかしがりやがって、真っ赤だぜ顔が」

クライン「そのまま恥ずか死んで爆発してしまえこんちくしょう」


93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:43:08.63 ID:yLyNTGqL0

直葉『お兄ちゃんけっこう積極的なんだ…意外かも…』ゴクリ

リズベット『まあ確かに、あいつ淡白っぽいのに』

アスナ『え、そうかな……あー、いや……確かにそう見えるのかな?』ムゥ

シリカ『そういえば、アスナさんのお買い物って今度の休日キリトさんが家に来るからその準備…でしたっけ?』

アスナ『』ギクッ

キリト「……っ!!」ピクッ

エギル「……そういやもともとあいつら集まる予定だったとか言ってたよな」

クライン「食材でも買うつもりだったんじゃねぇの?」

リズベット『そういえばそうだね、なに買うのかは聞いてないけど』

アスナ『えと、それは…その…』

シリカ『料理に使う食材とかですかね?ほら、リーファが居れば好みの料理も聞きながら材料揃えられるし』

アスナ『材料は前日買うからまだ良いんだけど……』モジモジ

リズベット『………あー…』

リーファ『……?』キョトン

アスナ『えと……キリトくんはうっかりわすれそうだから不安だけど、私もよく分からないからみんなに恥ずかしいけど相談して買おうかなって…』モジモジ

リズベット『………あーはいはい、なるほど』

シリカ『へ?何を買うのを相談するんです?』

キリト「……?」キョトン

エギル「…………」

クライン「なんだ?勝負下着か?」

キリト「…ッッ!!!!」クワッ

エギル「黙ってろ」


94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 22:05:02.66 ID:yLyNTGqL0

アスナ『……その……コ……』モジモジ

直葉『こ?』

シリカ『こ?』

クライン「電動コケシか…?」ゴクリ

キリト「…ッッ!?!?」クワワッ!!

エギル「なわけねぇだろ」

リズベット『…………』

アスナ『……や、やっぱりなんでもないよ、うん』アセアセ

シリカ『え、気になりますよアスナさん』

直葉『教えて下さいってば』

アスナ『なんでもないのほんとに!!やっぱり必用ないもん』

リズベット『……必用ないって…アスナ、あんたが買いたいのって……ヒソヒソ…』

アスナ『……う、うん…そうだけど…』カァァァ

リズベット『恥ずかしいのは分かるけどさ、キリトが用意するかどうかは怪しいから持っといた方が良くない?』

シリカ『え、リズさんなんですか?教えて下さいってば!!』ユサユサ

直葉『………お兄ちゃんが用意するか分かんない必用な物…あっ…』ギクッ

アスナ『………その、うん…』モジモジ

リズベット『ほんとに良いの?』

直葉『……え、えっと、あたしも買っといた方が良いと…』モジモジ

シリカ『リーファも分かったの?除け者嫌ですよ教えて下さいってば』ユサユサ

リズベット『仕方ないわね、シリカ、えーと…ゴニョゴニョ』

シリカ『はぅ!?』ギクッ

キリト「……???」ンン?

クライン「キリトが用意するべきもん……バイブか…?」

キリト「…ッッ!!!!」ハッ

エギル「コが入ってねぇ、あとオモチャから離れろAVとかの影響受けすぎだバカ野郎」


98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 22:38:03.67 ID:yLyNTGqL0

アスナ『だ、大丈夫、よく考えたらまだ早いから、まだ私もキリトくんも未成年だし仮想世界ならともかくリアルでは早いから、うん』

キリト「……ん?」キョトン

アスナ『大丈夫よねキリトくん?そういうのはしっかりと自立して、お互いに責任持てるようになってからでも遅くありませんからねっ!!』

キリト「…っ?」エッ

リズベット『でもさ、キリトだって男だし、彼女の家に行ったらそういうの期待するんじゃない?』

アスナ『キリトくんはそんなにスケベじゃないもん、大丈夫です』プイッ

キリト「………ふごっ」エッ?

直葉『………そうかなぁ?』

シリカ『うーん…』

アスナ『大丈夫ったら大丈夫なの!!キリトくんはそんなに意思弱く無いし、現実世界でそういう事するのは成人して一緒になってからですから、キリトはエッチでスケベで変態なんかじゃないから絶対に今度の休日私の家に来ても何もありませんっ!!』キッパリ

キリト「」グフッ

クライン「………」

エギル「…………」

リズベット『……じゃあ万が一押し倒して来たら?』

アスナ『お説教よ』

キリト「」シクシクシク

エギル「………」

クライン「……泣くなよおい」

キリト「ふぉぉぉ…」ポロポロ

エギル「今のアスナの発言はあんまり気にする必要無いぞ?なぁ泣くなよキリト」

キリト「ふぉぉぉ…」ウルウル


100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 23:00:34.08 ID:yLyNTGqL0

キリト「………」ウジウジ

クライン「あんまりウジウジすんなよ?ほら猿ぐつわ外してやるから…」グイッ

キリト「……あんまりだぁぁぁぁ……」サメザメ

エギル「気にするなって言ってんのによ……ありゃ俺らが聞いてるし肯定したら恥ずかしいからああ言ってるだけだと思うぞ?」

キリト「……アスナってけっこう頑固だし……」ウジウジ

クライン「ツンデレか、良いなぁそれ…」

エギル「まぁそうなんだが、実際に意地張られたら面倒なだけではあるからな……まあ頑張れ」

キリト「………なんでこんな事に……ふぐぅ…」ウルウル

リズベット『あー、まあアスナがそう言うならそうって事で良いわ、二人の事には口出さないわ』

直葉『あはは…』

キリト「………というか、本題が来ないんだが」キッ

クライン「本題?」

キリト「お前のリサーチが目的じゃん!!なんで俺が標的にされてんだよぉ!!」ウルウル

クライン「ちっ…覚えてやがったか…」

エギル「逆ギレしても仕方ないだろ、今はアスナが流れ変えるの待つしか無いだろ」フゥ

キリト「……だってよぉ…」ウルウル

シリカ『え、クラインさんですか?』

直葉『アスナさん、クラインさんがどうかしたんですか?』

エギル「……ほら、ようやく本題入ったみたいだぜ?」

クライン「……うやむやにしてくれてりゃ良かったんだがなぁ」ガシガシ

キリト「……よし、これで全員フェアだな」ゴクリ

エギル「………やらにゃあ良かったな、こんな事なら」


101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 23:20:43.63 ID:yLyNTGqL0

アスナ『うん、エギルさんとかキリトくんの話題出たし、ついでって言ったら変だけど』

クライン「……ついで…」

キリト「気にするな、多少強引に話持ってっただけだろ兄弟」

エギル「細かい事はいいっこ無しだぜブラザー」

クライン「なんで兄弟なんだよ……」

キリト「この場で心抉られる奴は兄弟なんだよ」

エギル「そうだ、覚悟しとけ」

クライン「…そんなブラザーは要らねぇ」

リズベット『クラインねぇ?』

直葉『いい人ですよねクラインさん、気さくだし』

シリカ『そうですね』

リズベット『ちょっとむさいけどね、嫌な印象はないかなぁ私も』

クライン「…………」

キリト「ちっ」

エギル「お前なんかブラザーじゃねぇ」

クライン「………」

キリト「………おい、クライン?」

エギル「………どうした?」

クライン「………ふへっ」フルフル

エギル「………お前あれくらいで感無量なのか…」

キリト「……安上がりだな…」

クライン「うるせぇ!!そういう事言われた事なんざねぇんだから喜んだっていいだろ!!」

キリト「…ああ、うん…すまん」

エギル「未成年には惚れんなよ?」

クライン「……お前に言われたくねぇよ」ギクッ


111: ◆Ab.sC93XWE 2014/09/24(水) 19:47:48.54 ID:R65pSUo/0

キリト「まあでも予想通り印象は悪くなかったな」

エギル「そりゃそうだろ、嫌われてたらいくらキリトと仲良くてもゲームでパーティーなんて組んでくれねぇよ」

クライン「……まぁ、そうか、そうだわな」

シリカ『クラインさんってあんまり年上の男の人って感じしないですし』

リズベット『確かに、エギルとかと比べるとね』

アスナ『んー…言われるとそうかも、なんでかな?』

リズベット『子供っぽいのよね、精神的にはキリトと対して変わんないわあれ』

直葉『あはは……確かにお兄ちゃんと同レベルの遊びばっかりやってるかも』

クライン「………これは誉めてんのかけなしてんのか」

キリト「正直微妙だが…」

エギル「悪気は無さそうだから良しとしとけ」

クライン「……おかしい、俺は常に大人の男として振る舞っていたはずなんだが」

リズベット『あとたまに変な事言うよね、どう反応していいか分かんないからだいたい流してるけど』

アスナ『へ?例えば?』

リズベット『俺は女に困った事ないぜー的な?私らに対しても割りとキョドるのに、いやあんたどう考えても恋愛経験まるでないでしょって何度かツッコミ入れそうになったわ』

キリト「あっ」

エギル「………」

クライン「」


112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 20:13:54.67 ID:R65pSUo/0

クライン「」

シリカ『あ、それ私もそれっぽい事言われましたよ?俺はそれなりに色恋沙汰には詳しいからなんか悩み事あればいつでもいえなー?って感じで、笑って誤魔化しましたけど』

クライン「」

キリト「……クラインお前…」

エギル「……出来もしねぇことを…」

クライン「」プルプル

アスナ『あの…みんなそのくらいで…』オロオロ

直葉『ここだけの話なんですけど……たまにクラインさん、すっごい凝視してきません?』

アスナ『えっ?』

クライン「」ギクッ

キリト「おい」

エギル「………」

シリカ『私はそんな事ないですけど』

リズベット『しょうがないんじゃない?リーファおっきいもん、私とアスナも割りとガン見されてるしぶっちゃけ男ってだいたいそういうの見てくるし、まぁキリトはいうのあんまりないないんだけどね、あいつは変だから』

直葉『そうなんですかね…アスナさんもやっぱりリズさんが言うように見られてるって分かったり…?』

アスナ『……う、えーと…』

クライン「」

キリト「………」

エギル「あーあ…」

アスナ『………そ、そんなことないよ?うん…』フイッ

リズベット『あれ?気付いてなかったのアスナ?クラインってさ、パーティー組んでる時後ろ歩く事大いにんだけどね、その時キリトと最前列歩いてるアスナのお尻ずーっとみてんのよあいつ』

アスナ『ちょっ、リズそういうのは言わなくて良いってば!?』ガタッ

リズベット『えっ、う、うん』ビクッ

キリト「おいクラインどういう事だ」

クライン「」

エギル「………お前、そんな気付かれるほどガッツリ見てたのか…」

クライン「」


113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 20:33:10.75 ID:R65pSUo/0

クライン「」

キリト「おい!!なんか言えよこらぁ!!」

エギル「よせキリト、お前だって付き合う前はこっそりバレないようにケツやら乳やら見てただろ」

キリト「だ、だけど!?」グッ

エギル「本人らがあんまり気にしてないんだ、許してやれ」フゥ

キリト「……というかなんで気にしてないんだ、普通嫌がるんじゃ…」

エギル「野郎のそういう視線には慣れっこなんだろ、気にしてたら外出歩けねぇからな」

キリト「……スグは?」

エギル「鈍感なのか純粋なのか、まぁそのうち似たような感じで折り合いつけると思うぞ?」

キリト「………なんか複雑な気分だ…」

エギル「見てくれの良い女ほどそういう野郎の視線は気にしないもんだ、あいつら全員レベル高いからな」

クライン「……じゃあ何故追及されてんだ俺…」

エギル「物事には限度ってもんがあるだろうが下手くそ」

キリト「……下手くそっておい」

エギル「自然に拝めるなら拝めなきゃ損だろ、違うか?」

キリト「………批難されるのが怖くて自粛してる俺の立場は…」ゲンナリ


114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 20:56:41.53 ID:R65pSUo/0

エギル「お前はそれで良いだろ、アスナはそういうの鋭いと思うからアスナ以外にはやめとけ」

キリト「………そうね」

クライン「………つーかよ、そんなに俺、分かりやすいのか?」

エギル「………あぁ、かなり」

キリト「あんまり落ち込むなよ兄弟、良くいえば嘘がつけないタイプって事だろ?」

エギル「そうだブラザー、実際嫌われてはないんだから落ち込むな」

クライン「兄弟って言うんじゃねぇよ!!」

リズベット『ま、クラインっていい人だし嫌いじゃないけどさ、絶対モテないわあれ』

シリカ『いい人止まりっぽいですよね』

クライン「」グサッ

直葉『なんでですかねぇ?顔はそんなに悪くないど思うししっかりしてる所はしてるんですけど』

リズベット『まああれね、やっぱりd…ブチッ

クライン「おい!?リズベットはなんて言おうとしたんだ!?なんで切れたんだよ!?」

キリト「アスナが通話切ったっぽいな…」

エギル「…これ以上は聞かせられないと判断したか、良い判断だ」

クライン「なんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」ビッタンビッタン

キリト「……なんか、すまん」

エギル「……ガールズトークの盗み聞きなんざすんもんじゃなかったな…」


115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:25:36.68 ID:R65pSUo/0

その後、クラインは見栄を張るような言動をしなくなったものの、女性恐怖症っぽくなってしまった。

俺やエギル、それにアスナが何度となく励ましの言葉をかけてみたが、クラインの傷付いた心を癒す事は叶わなかった。

それとあの時、リズベットがなんと言ったのかアスナに後から聞いたのだが、「ダサい、キリトの黒ずくめと良い勝負だわ、キリトはまだ似合ってるし年齢的にも許せるけどあれはないわー」と言ってたらしい、俺はそれを聞かなければ良かったと本気で泣きそうになった。

それから数日経ったアスナとの約束の日、俺は期待に胸とそれ以外の所を膨らまし、エギルの大丈夫だ大人になってこいという言葉と、餞別に貰った避妊具を握りしめてアスナの家に赴いて、そしてアスナにお説教された。エギルの嘘つき。

その日の夜は朝まですすり泣き、翌日スグに泣きすぎて腫れた顔を見られて、慰められてしまった。抱き締められた時、スグまた胸でかくなったなと考えてしまった自分をボコボコに殴り倒してやりたくなった。

……そして、それから数ヵ月。


116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:43:05.85 ID:R65pSUo/0

…………死銃事件から数日後、ALO内



キリト「おーす、待たせたなクライン」

クライン「よぉ、後始末は終わったのか?」

キリト「ああ、預けてたアイテム関係も引き取ったしコンバートした時の面倒事は全部終わった」

クライン「しかしキリトよ、お前もトラブルによく巻き込まれる奴だな」

キリト「まぁ、バイトだったから自分から巻き込まれに行ったって感じだけどな……まぁ色々収穫もあったし良いよ別に」

クライン「収穫?あのシノンって娘と仲良くなってた事か」

キリト「……あー、まあそれもあるといえばあるが……それだけじゃなくてGGOでの経験でちょっとした事思い付いてな」

クライン「なんだ?新しい技でも思い付いたのかよ?」

キリト「そんな所だ、後で試してみるから付き合えよクライン」ニヤリ


118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:53:11.61 ID:R65pSUo/0

クライン「ああ、それは構わねぇがよ、今日は別件だぞ」

キリト「何の用なんだ?いきなり呼びつけて」

クライン「……なぁキリトよ、お前ALOで新規アカ作らねーか?」

キリト「新規アカウント?アバターをこれ以外に作るのか、なんで?」

クライン「……まぁ訳は後で話すけどよ、確かすぐ作れるよな?」

キリト「ああ、大丈夫だと思うけど」

クライン「なら頼むわ、この通りだ」ペコリ

キリト「……いまいち意図がハッキリしないけど……まぁいいか、少し待っててくれ、今から作るから」

クライン「……お、おう!!」ソワソワ

キリト「………なんでソワソワしてんだ?」

クライン「良いから早くやろうぜ?なっ?」

キリト「分かったよ、じゃあ一時間ぐらい待っててくれな」


119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 22:07:06.92 ID:R65pSUo/0

一時間後。

キリト(マッスル)「作ってきたぞクライン」スタスタ

クライン「……キリトか、なんだそれ…ムキムキじゃねぇか」ガックリ

キリト「……なんだよ?この姿じゃダメって事か?俺は気に入ったんだけど」ムキッ

クライン「一番最悪だってんだちくしょう、あーもういい、キリト……アバター変更設定やるぞ」

キリト「……えー、せっかく念願の筋肉が…」

クライン「それ、アスナにも間違いなく不評だと思うぞ、良いから早く」

キリト「でもアバターのフォルム変更って課金コンテンツでべらぼうに高いぜ?俺そんな金出したくないんだが」

クライン「俺が出す、メインメニュー開け口座からお前にマネーポイント送る」ポチポチ

キリト「……マジで?なんでそこまで…」

クライン「いいから早くしてくれよ、フォルムの指定Noは指示するからよ」

キリト「……?まあいいか、ちょっと待ってくれな今やるから」


120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 22:26:04.13 ID:R65pSUo/0

……で。

キリト「おい」

クライン「………よし、GGOでのお前のアバター完全再現できたな」ポッ

キリト「……おいクラインどういうつもりだ」

クライン「………一から説明するか?」

キリト「当たり前だ、なに考えてやがる」ジロッ

クライン「……キリトよ、あれから俺よ……ちょっと女怖いってのは知ってるよな?」ジリッ

キリト「………知ってるが……おい、ちょっとまて」

クライン「俺よ…ずっと考えてたんだがよ、なんとかリハビリ出来ねーかって、でも実際女前にするとビビっちまってな、情けない事に」ジリジリ

キリト「………いや、だからまてクライン」ズサッ

クライン「で、そういう感じで悩んでた所でGGOでのあの大会を、お前の応援の為に見た訳だ」ジリジリ

キリト「おいにじり寄ってくるな、離れろ馬鹿野郎」ジリジリ

クライン「その瞬間、俺の脳天に稲妻が堕ちた」ジリッ

キリト「どんな稲妻だ」

クライン「本物の女より偽者でも気心が知れたキリトの方が良いんじゃね?って」ポッ

キリト「良くねぇよ!!!!なに考えてやがるこのやろう!?!?」ゾゾゾゾゾッ

クライン「ぶっちゃけ惚れたかもしんない」エヘッ

キリト「気持ち悪いよ」


122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 22:38:31.61 ID:R65pSUo/0

キリト「クライン、冷静になれ、こんな姿でも性別は変わらないんだぞ、俺は男だ、いいか?俺は男だ!!」

クライン「男の娘ってジャンルも嫌いじゃないから問題ねぇ」

キリト「男の娘ってあれだろ!?ホントに性別だけが男でそれ以外は完全に美少女キャラじゃん!!それこそ性格まで!!残念だか俺は性格まで乙女にはなってないからな!!」

クライン「わかってねぇなキリト、男の娘ってやつは性格は野郎のまんまの方がはるかに萌えるもんなんだぜ?」ヤレヤレ

キリト「知らねぇよ!?なにそのこだわり?!」

クライン「まあ、とにかくだ、別に付き合えとか言わないけどよ、その………いっぺんそういう事してみたいし」

キリト「」

クライン「頼むよキリト、俺を助けると思って、なぁ……」ジリジリ

キリト「」


123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 22:53:43.34 ID:R65pSUo/0

キリト「お、落ち着けクライン、よく考えろ、俺の普段の姿を思い出せ!!こんなの結局はガワだけの偽者だぞ!!」

クライン「つーか、お前普段から女顔で可愛い系だろ」

キリト「」

クライン「とりあえず宿屋行こうぜ?」

キリト「お断りだ!!」タタッ!!

クライン「逃がすか!!初期ステ新規アバターがSAO時代から鍛えてるカンストステに敵うわきゃねぇだろ!!」ダッ!!

キリト「ひっ!?く、来るなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」ビュン!!

クライン「ちっ、飛んで逃げやがったか!!待てキリトぉ!!」ビュン!!

キリト「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?!?」


124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 23:08:00.29 ID:R65pSUo/0

……………

シノン「……よっ」ヒュッ

モンスター「ガァァ!!」バシュッ

アスナ「すごいシノのん、新規で作ったばっかりなのにもうコツ掴んでる」ホェー

シノン「……ちょっと射程短いけど、弓も良いね」

アスナ「銃に比べたらね、でも弓使うプレイヤーってあんまり居ないからもしかしたらALOの方でもすごいプレイヤーになれるかもよ?」

シノン「どうかな?魔法の方が射程は長いんでしょ?だからあんまり弓使いが居ないって話だけど」

アスナ「発動に時間掛かるから一長一短かな、その辺りは試行錯誤して自分に合ったプレイスタイルならそれでって感じかも」

シノン「そっか……それもそうね」

アスナ「……そういえばキリトくん来ないね、どうしたのかな?」

シノン「クラインって人の所に行ってから合流するって言ってたんだよね?そのうち来るんじゃない?」

アスナ「そうだね、そろそろくるかな」


125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 23:21:38.21 ID:R65pSUo/0

イヤァァァァァ!!

アスナ「へ?」

シノン「ん?」

キィィィヤァァァァァァ!!

アスナ「………あれかな?あの子が悲鳴上げながら飛んで……え、クラインさん?」

シノン「……え、あれキリト?」

アスナ「へ?いやあれ女の子………えぇ?あのアバターって」

シノン「キリトってここではキチンと男のアバターの筈じゃなかった?」

アスナ「うん、そうなんだけど…」

シノン「まあ良いわ、どっちにしろ助けるから」ギリギリッ

アスナ「ここから当たるのシノのん?けっこう遠いし動いてるけど」

シノン「直線的に飛んでる的なんて動いてないも同じ、よっ…!!」ビュン!!


ホゲッ!?

シノン「当たった」スタスタ

アスナ「シノのんすごーい」タタタッ

シノン「キリト?だよね、あいつもこっち気づいたみたい」

アスナ「なんだろ、むちゃくちゃ泣きべそかいてるね…」


126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 23:36:59.56 ID:R65pSUo/0

キリト「た、助かった…」ゼェ、ゼェ…

アスナ「やっぱりキリトくん?」

キリト「うん、俺…」ガックリ

シノン「なんなのよその姿、もしかして気に入ったから作ったの?」ジトッ

キリト「俺が気に入った訳じゃない!!」ウルウル

アスナ「……もしかしてクラインさんが?」

キリト「………」コクリ

シノン「なに?もしかしてそういう趣味の人なのこの人、とりあえず拘束したけど」

クライン「」

アスナ「………うーん…」

キリト「……ほんとはそんな悪い奴じゃないんだ…ただ、拗らせちまっただけで」

シノン「拗らせるって何を…?」

アスナ「………」

キリト「………なあシノン、ペンギンの話をしようか」

シノン「はぁ?」

キリト「……ペンギンの雄ってな、雌が居ない環境にずっといると雄同士で交尾しようとするらしい」

シノン「えっ」

アスナ「」

キリト「……雌さえ居れば、そう……雌にさえ困らなければそんなことにはならないのにな……」フイッ

シノン「………えーと」

アスナ「」

クライン「」プルプル


127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 00:00:49.40 ID:WYG7M2MU0

………

クライン「すいませんでした」orz

キリト「………もういいよクライン、ぶっちゃけ気持ちが分からんでもないし」

クライン「……すまん」

キリト「でもあのアバターは廃棄するからな、金掛かってるからちょっと忍びないが」

クライン「ああ、そうしてくれ……残ってるとまた暴走しちまうかもしれん」

キリト「しかし………そんなに追い詰められてるならマジでポリシーだのプライドだの言ってないで出会い系でもしろよ…」

クライン「サクラと筒持たせ怖い」

シノン「なら私紹介してあげる?」

キリト「なにっ!?」

クライン「なんだと!?」

シノン「GGOの方で二十代っぽい女性プレイヤー、何人か知り合いいるからアポ取っといてあげる、それならどうです?」

クライン「お願いします」orz

シノン「分かりました、じゃあそういう事で」

クライン「……め、女神様や…」ウルウル

キリト「……シノン、大丈夫なのか?」ヒソヒソ

シノン「さぁ?」ボソッ

キリト「……さぁって…お前…」ヒソヒソ

シノン「……どこかで手打ちにしないと、ほら、アスナの顔見てみなさいよキリト」クイッ

キリト「……へっ?」

アスナ「………」

シノン「アスナのクラインさんを見る目、完全に敵を見る目よ、よっぽどキリトに危害加えられそうになったの気にくわないのね、愛されてるわアンタ」ハァ

キリト「……そ、そう?」

シノン「そうよ、だからこれ以上は心配ないって状況にしとかないと、後で血をみるわよあれ」

キリト「……なにそれちょっと怖い」

アスナ「………………………………………………………………」


クライン「…ありがてぇ、女神様やぁ……」ウルウル

キリト「………い、一件落着…?」ドキドキ


128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 00:15:25.24 ID:WYG7M2MU0

………で、更に後日

アスナ「その後クラインさんどうなの?」

キリト「シノンに紹介して貰った人と連絡取り合ってるってさ……けっこう手当たり次第っぽく」

アスナ「手当たり次第なんだ…」

キリト「……エギルがな、お前は下手くそなんだから数撃て、そのうちどれかはそのうち当たるって助言したらしい」

アスナ「ふーん?」

キリト「まあそういう訳だから、クラインは大丈夫だろ、たぶん」

アスナ「キリトくんがそういうなら…うん…」

キリト「……でだ、ここからがな、本題というかなんというか…」モジモジ

アスナ「………うん、なに?」

キリト「……今、俺の部屋じゃん?」

アスナ「うん」

キリト「……スグも両親も居ないじゃん?」

アスナ「……うん」

キリト「……その、えーと…」ソワソワ

アスナ「…………」ジー

キリト「………………」

アスナ「……………」

キリト「……アスナ、ペンギンの話をしようか」

アスナ「……それはもう良いってば、分かったから、キリトくんがそうなるのは嫌だし、ちゃんと言ってくれれば、ね?キリトくん」

キリト「う、うん……じゃあアスナ…」

アスナ「うん」ニコリ


おわり


129: しょーちゃん ◆Ab.sC93XWE 2014/09/25(木) 00:18:03.85 ID:WYG7M2MU0

男子校然り刑務所然り(´・ω・`)もしかしたらそれは本能の為せる技なのかもしれぬ、どうしてこうなった、じゃーね


131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 00:50:34.55 ID:wQpp46lAO



キリトはもげろ



元スレ:キリト「こ、今度の休日アスナの家に呼ばれてるんだけど」

他サイト様の最新記事