1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:06:03.01 ID:KZrtRqv00

モノクマ「そ、今日は皆で告白大会」

モノクマ「あ、告白って言っても葉隠君の足が臭いとか、朝日奈さんの寝相が悪いとかそういうカミングアウトじゃないよ」

モノクマ「当然自分()が一番欲情してる人への告白さ!」

朝日奈「ちょ、ちょっと!私別に寝相悪くなんかないわよ!」

苗木「なんで僕らがそんな事しなくちゃいけないんだ!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:10:04.98 ID:KZrtRqv00

モノクマ「いやだってさぁ君ら全然コロシアイしなくて和気藹々としてるんだもん」

モノクマ「それだったらせめて僕がその仲をさらに親密にして上げようと言う粋な計らいですよ。うぷぷぷぷ」

十神「なにが計らいだ。大方俺達の人間関係をかき回して動機を作ろうと言う魂胆だろう」

不二咲「ふ、ふられてもその人とずっと一緒に過ごすわけだからね・・・」

山田「いやー上手く行っても油断できませんぞ。上手くいっていたサークルが色恋沙汰で分裂なんてよくある話ですからなあ」

葉隠「うわー胃が痛くなるべ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:14:48.84 ID:KZrtRqv00

セレス「確かに・・・どうなっても危なそうな関係の人達には心当たりがありますわ」チラ

苗木「?」

舞園、霧切、江ノ島「・・・・・・」

十神「なら話は簡単だ。適当に当たり障りのないやつに告白ごっこをしてさっさとふられればいい」

モノクマ「ちょっと十神君!いくらなんでもそれはつまらないでしょ!」

山田「そうは言ってもですなー、今後の事を考えると」

モノクマ「わかった!じゃあもう一つルールをつけるよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:18:09.34 ID:KZrtRqv00

モノクマ「もしカップルが成立したらその人達はお互いに一つだけなんでも言う事を聞く事」

桑田「は?!なんだそりゃ?なんでもいいのか?!」

セレス「モノクマさん。詳しくお聞きしていいですか?」

モノクマ「うぷぷぷぷ。だからなんでもだよ。手を繋いで欲しい、とかでも、毎晩一緒に寝て欲しいでも」

モノクマ「一生奴隷になって欲しいとかでも・・・」

セレス「あら・・・それは素敵ですわね」

桑田「よっしゃーー!やる気出て来た!」

朝日奈「桑田さいてー」

大和田「あいつにだけは告白しねえ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:23:39.18 ID:KZrtRqv00

モノクマ「うんうん皆やる気出て来たようでなによりです」

モノクマ「じゃ早速始めようか!まず誰からやる?」

大和田「んな事言ってもよぉ・・・」

石丸「そもそも僕としてはこんな不順異性交遊を助長する遊戯は・・・」

十神「この中でまだ信用できそうなのは大神か、安全牌はあいつだな」

朝日奈「ちょっと十神!その言い方失礼だよ!」

葉隠「・・・・・・」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:26:35.41 ID:KZrtRqv00

葉隠「よしわかった!じゃあ俺がやるべ!」

苗木「葉隠君?!ちょっ・・・大丈夫なの?!」

葉隠「大丈夫だって苗木っち。俺にいい考えがあるんだべ」

霧切「いい考え・・・?」

大和田「嫌な予感しかねえな」

大神「まぁ前座としては妥当な所だろう」

葉隠「いや、少しは信用してくれって」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:30:33.70 ID:KZrtRqv00

モノクマ「葉隠君かぁ・・・なんか盛り上がりに欠けるけどチュートリアルくらいにはなるかな」

葉隠「おめーにまでそんな事言われんかよ俺は!」

葉隠「んな事いいからまずどうすりゃいいんだべ?!」

モノクマ「あぁはい。まず告白する人は前に出て来てもらいます。」

モノクマ「その後告白する相手を指名して二人出て来た所で思いの丈を打ち明けて下さい」

葉隠「おめーにしてはえらいシンプルだな。まあいいべじゃあ始めっぞ!」

葉隠「俺の好きな人はーー!」

苗木「ゴクリ」

不二咲「ゴクリ」

朝日奈「ゴクリ」

大神「ゴクリ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:31:44.95 ID:KZrtRqv00

葉隠「モノクマ!お前だべ!」

苗木「」

不二咲「」

朝日奈「」

大神「」

江ノ島「ガタッ」

モノクマ「・・・は?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:35:22.57 ID:KZrtRqv00

苗木「ちょっ・・・ちょっと!何考えてんだよ葉隠君!」

大和田「おめーどうかしちまったのか?!」

山田「は、葉隠康弘比呂殿は、ケモナー、いやメカケモナー萌えでしたのですか?いままたニッチなジャンルを・・・」

葉隠「なーに言ってんだべお前ら。これが上手く行けば俺達もう殺されなくてすむんだぞ」

苗木「・・・え?」

腐川「あ、あいつ頭どうかしちゃったの?」

霧切「・・・ああ、なんとなくわかったわ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:39:35.30 ID:KZrtRqv00

葉隠「いやほらあのルールあったべ。お互いの言う事を聞くってやつ。」

葉隠「それ使って俺がモノクマにもう殺さないでくれって頼めば安全だべ!」

不二咲「は、葉隠君・・・」

セレス「その場合、モノクマの言う事も聞かなくてはならないのですが、彼はわかっているのでしょうか?」

十神「愚民が、そんな事だろうと思った」

葉隠「あ、そうだ!それよりここから出してくれって言ったほうがはええな!」

葉隠「皆喜べ!ここから出れ・・・はぐおっ!」バキィ!

江ノ島「バキッ!グシャ!ゴキャ!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:43:08.29 ID:KZrtRqv00

葉隠「ちょっ・・・何すんだべ江ノし・・・ぐほっ!」ボキッ!

江ノ島「よくも・・・よくもそんな理由で盾子に・・・」ゴキゴキッ

朝日奈「え、江ノ島ちゃん!何やってるの!!」

桑田「おーすげえな。あっという間に葉隠の色んな所が逆になってるぜ」

大神「うむ。あの数の関節を一瞬で破壊するとは江ノ島盾子、侮れんな」

苗木「お、大神さん!見てないで早く止めて!」

十神「で、お前はどうすんだ?」

モノクマ「いや、ないわー・・・」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:46:01.05 ID:KZrtRqv00

葉隠「ピク・・・ピク・・・」

不二咲「ほ、保健室に連れて行った方が・・・」

大和田「ほっとけ」

十神「おい、どうするんだモノクマ別の意味で面白い前座ではあったが場が一気に冷え込んだぞ」

モノクマ「うん、僕も流石これはがっかりだなぁ・・・絶望じゃなくてがっかりだよ」

朝日奈「じゃあもうやめようよこんなの」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:48:17.34 ID:KZrtRqv00

モノクマ「いやダメです!ここで終わらないのがモノクマ流です!」

モノクマ「さ、次の人来て!」

大和田「誰もいねーよこんな空気で出れるやつ!」

山田「いくらなんでも無茶振りが過ぎますぞ!」

モノクマ「あーもうわかったよ!じゃあこっちから指名するから!」

モノクマ「ほら!苗木君来て!」

苗木「え?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:50:30.27 ID:KZrtRqv00

舞園「?!」

霧切「?!」

江ノ島「?!」

苗木「ちょっ!ちょっとなんで僕なんだよ!」

モノクマ「僕としても本当はトリにもっていきたかったんだけどさぁ」

モノクマ「やっぱここらで一発ど派手な爆弾爆発させたいじゃん?」

苗木「ふ、ふざけるな!こら引っ張るなよ!」ズルズル


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 14:54:49.53 ID:KZrtRqv00

山田「ふーむ確かに苗木誠殿となると興味はありますぞ」

セレス「そうですわね・・・」チラ

舞園「・・・」

霧切「・・・」

江ノ島「・・・」

セレス「ウフフ」

十神「くだらん・・・おい苗木!さっき俺が言った事覚えているだろう」

苗木「え?」

十神「黒幕の狙いは俺達の関係を崩す事だ。だから真に受ける必要はない」

十神「大神か、嫌なら朝日奈にでも告白もどきをしてさっさとこの茶番を終わらせろ」

苗木「・・・あ」

朝日奈「ちょっと!あんたさっきから失礼すぎ!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:00:48.04 ID:KZrtRqv00

苗木「え、えっと・・・」

腐川「びゃ、白夜様の言うとおりよ!こっちはあんた達の修羅場も惚気も見たくないんだからさっさと終わらせなさいよ」
()
苗木「で、でもそれじゃ大神さんや朝日奈さんに・・・」

大神「苗木よ、気にする事はない。もし相手がいないとなれば我が仮初めの相手を受けよう」

モノクマ「ちょっとちょっと!変な事言わないでよこっちが盛り上げ様としてるのに!」

大神「黙れモノクマ。恋心と言うのはお前が戯れに侵していい物ではない」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:04:25.64 ID:KZrtRqv00

苗木(確かに・・・ここは大神に任せた方がいいのかもしれない・・・でも)

大神「苗木よ」

苗木「え?」

大神「我に気を使う事はない。だがもし」

大神「お前が他に気を使っている者がいるのだとしたら、それはそれで尊重してもよいのだぞ」

苗木「!!」

大神「モノクマに言われたからでもない、我に言われたからでもない。」

大神「決めるのはお前だ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:07:09.32 ID:KZrtRqv00

苗木(僕は・・・)

モノクマ「あれあれ?」

十神「おい大神、余計な事を言うな!」

大神「十神よ、これは苗木の問題だ。我々が口を出す事ではない」

苗木「・・・ありがとう大神さん」

苗木「僕は告白するよ。一番好きな人に」

舞園「!」

霧切「!」

江ノ島「!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:10:23.13 ID:KZrtRqv00

朝日奈「苗木!」

不二咲「苗木君・・・」

大和田「あいつ・・・」

モノクマ「やっほっーーい。そうこなくっちゃあ!」

苗木「言っとくけどお前を喜ばせるためにするんじゃない。僕がしたいからするんだ」

モノクマ「うぷぷぷぷ。どうでもいいよそんなの。で?誰にする?誰にするの?」

モノクマ「そうだ!せっかくだからさあ苗木君には特別に複数の人に告白していいっ事にしようか?ハーレムエンドだよ!」

苗木「そんなの必要ないよ。僕が好きな人は一人だ」


苗木「それは・・・」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:13:55.30 ID:KZrtRqv00

苗木「舞園さん・・・だよ」



霧切「!!」

江ノ島「!!」

大神「ふむ・・・」

朝日奈「わぁ!」

腐川「ふ、ふん・・・」

セレス「まぁ」

山田「キターーー!!」

桑田「がーーっくっそーやっぱりかよ!」

大和田「・・・」

十神「ふん」

石丸「おお・・・」

不二咲「あ・・・」


舞園「・・・・・・え?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:17:02.39 ID:KZrtRqv00

モノクマ「パンパカパーン!苗木君の好きな人は舞園さんでしたーー!」

モノクマ「さ、舞園さん出て来て出て来て」

朝日奈「おめでとう舞園ちゃん!」

舞園「え?ちょっ・・・ちょっと待ってください!え?苗木君?!」

セレス「チラ」

霧切「・・・・・・」

江ノ島「・・・・・・」

セレス「ウフフ」

舞園「な、苗木君・・・」

苗木「ごめん舞園さん。こんな事して」

苗木「でもどうしても伝えたかったんだ」

舞園「苗木君・・・」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:19:16.02 ID:KZrtRqv00

苗木「僕、ずっと前から毎晩園さんの事が好きだった。ここに来てからずっと僕を励まし続けてくれた舞園さんが・・・」

苗木「だから、僕と付き合ってください!」

舞園「苗木・・・君・・・」

朝日奈「きゃーどうなるのかな?どうなるのかな?」

大神「う、うむ朝日奈よ。すまんが少し静かにしてくれ」ソワソワ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:20:01.19 ID:KZrtRqv00

舞園「苗木君・・・」

苗木「・・・・・・」




舞園「ごめんなさい・・・」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:22:47.28 ID:KZrtRqv00

苗木「!!!!」

霧切「え?」

江ノ島「・・・え?」

朝日奈「ええーー?!」

大神「なんと?!」

桑田「え?!マジ?!」

腐川「はぁ?」

セレス「あら?」

山田「リア充爆・・・!あれ?」

不二咲「ええ?」

大和田「なんだと?!」

石丸「な・・・」

十神「・・・ほう」

モノクマ「ありゃ?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:25:43.10 ID:KZrtRqv00

舞園「ごめんなさい・・・ごめんなさい苗木君・・・」ポロポロ

苗木「・・・・・・・・・・・・」

山田(うわーいたたまれませんぞ)

大和田(予想以上にこれキツそうだな・・・)

朝日奈「で、でもなんで?!いつもの舞園ちゃんどうみたって苗木の事・・・」

大神「朝日奈、やめよ」

舞園「ごめんなさい苗木君・・・でも、ダメなんです。私・・・」

舞園「アイドルだから・・・」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:31:38.33 ID:KZrtRqv00

不二咲「アイドル?」

山田「あーあれですかな。アイドルに恋人発覚で人気急落ってやつ・・・」

腐皮「ふ、ふん。や、やっぱその程度の想いだったってことねとんだビッチだわ」

朝日奈「そんな!舞園ちゃんそんなの気にすることないよ!」

舞園「違います!そんな事じゃありません!でも・・・私・・・」

大神「舞園よ」

舞園「は、はい・・・」

大神「これはお前達二人の問題だ。我らが口を挟む筋合いはない」

大神「だがせめて勇気を持ってお前に想いを伝えたその男に、納得させてやるのが女の役目だ」

苗木「・・・・・・」

舞園「・・・はい」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:36:07.03 ID:KZrtRqv00

舞園「私、超高校級のアイドルって言われてますけどそれは私だけの力や才能じゃありません」

舞園「私を応援してくれるファンの皆がいるから私はアイドルなんです」

舞園「その中には私が無名の頃から応援してくれた人達や少ないお小遣いをためてCDを買ってくれる子達もいます」

舞園「私、その人達が大好きです。だからどんな嫌なことがあってなもステージでは笑顔でいられるんです!」

舞園「一番の笑顔を見せることができるんです!」

舞園「その人達を裏切るなんて・・・私、絶対できません・・・」

大神「それは違うぞ!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:39:10.54 ID:KZrtRqv00

大神「舞園よ!例えお主にファン以外に特別な者がいても、それは決してそ奴らを裏切ることにはならん!」

大神「恋をするからこそ、アイドルとして一層輝けることもあるのではないか?!」

舞園「大神さん・・・ありがとうございます」

舞園「でも・・・それは違うんです」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:42:03.08 ID:KZrtRqv00

舞園「私きっとここで恋人を作ったら、ずっとその人の事だけを考えます」

舞園「レッスンの時も、握手会の時も、ステージにいる時も」

舞園「その時に見せる笑顔って、本当にファンの方への笑顔なんでしょうか?」

舞園「そんな偽物の笑顔、私はできません。そんな事したら私、ファンの人も、そして昔の自分も裏切ります」

舞園「だって・・・私・・・それくらい・・・」

舞園「苗木君の事、大好きで、大好きで、たまらないんです・・・」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:44:34.74 ID:KZrtRqv00

舞園「だから・・・」

苗木「もう、いいよ舞園さん」

舞園「苗木君・・・」

苗木「ありがとう舞園さん。やっぱり君は僕の思ってた通りの人だった」

苗木「いや、それ以上だね。おかげで僕今までよりずっと舞園さんの事好きになったよ」

舞園「ごめんなさい・・・苗木君・・・」

苗木「泣かないで舞園さん。僕をふってくれて、ありがとう」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:47:12.74 ID:KZrtRqv00

苗木「スタスタ」

大和田「苗木・・・」

不二咲「苗木君・・・」

苗木「い、いやーふられちゃったよ。でもしょうがないよね。僕なんかじゃ・・・」

大和田「苗木ぃぃぃいいい!!」ガバッ

苗木「う、うわあ。お、大和田君?!」

大和田「苗木!今度俺のバイクに乗っけてやる!二人で海までかっ飛ばすぞ!」

不二咲「う、うん・・・かっこよかったよ苗木君」

苗木「二人とも・・・ありがとう」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:49:57.61 ID:KZrtRqv00

舞園「うっ・・・うう・・・」ポロポロ

朝日奈「ま、舞園ちゃん・・・」

舞園「ダメ・・・なのに、私が泣いちゃ・・・いけないのに・・・」ポロポロ

大神「舞 セレス「舞園さん」

舞園「セレスさん・・・?」

セレス「このハンカチで涙をおふきなさい。綺麗な顔が台無しですわ」

舞園「は、はい」

セレス「舞園さん。私あなたに謝らなければなりませんね」

舞園「え?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:54:11.97 ID:KZrtRqv00

セレス「正直、アイドルなど男に媚を売るだけの浅ましい仕事だと思っていましたわ。あなたの事も・・・」

セレス「ですが、あなたのその夢にかける情熱と覚悟、このセレスティア・ルーデンベルクいえ、安広多恵子見させてもらいました」

セレス「わたくし、あなたを尊敬しますわ」

舞園「セレスさん・・・ありがとうございます」

腐川「ふ、ふん。何よ青春しちゃって。馬鹿じゃないの」

霧切「・・・・・・」

江ノ島「苗木・・・クン」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 15:57:11.38 ID:KZrtRqv00

モノクマ「あーあ、なんか。変な事になっちゃったなあ盛り上がるには盛り上がったけどさ」

モノクマ「僕としてはもうちょっとこう修羅・・・」

大神「ぬおおおおおお!!」ドカーン!

モノクマ「うわああ何するのさ大神さん。僕に手を出したら校則違反だよ!」

大神「黙れ!モノクマよ我はこのくだらんゲームから降りるぞ!」

モノクマ「はぁ?」

大神「この様な・・・乙女の心を弄ぶ余興に付き合う気はもう無いと言っているのだ!」

モノクマ「ちょっ、ちょっと何言ってるんだよ!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:00:10.17 ID:KZrtRqv00

朝日奈「あたしも賛成!いくらなんでもひどすぎるよモノクマ!」

モノクマ「二人とも何言ってるんだよ!オシオキするよ!」

大神「やれる物ならやってみるがよい!」ゴオオオ!

モノクマ「あーもうなんなんだよ!何テンション上げてるんだよ!」

霧切「無駄よ。大神さん時間の無駄だわ」

モノクマ「?」

霧切「そんなやつ相手に乙女心なんて説いてもわかりっこないわ。モノクマが男か女かはわからないけど・・・」

霧切「どうせ、今まで人を好きになった事なんて無いんでしょ」

モノクマ「・・・あ?」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:04:24.64 ID:KZrtRqv00

モノクマ「・・・ねえ、それどういう意味かな?わ、僕が人を好きになったことが無いって?」

霧切「あら図星?まあしかたないでしょうね。あなたを好きになる人なんてこの世にいるとは思えないわ」

モノクマ「・・・言いたいこと言ってくれるね」

霧切「もし、違うというのならば。あなたも舞園さんの涙の重みがわかると思うけど?」

モノクマ「・・・・・・・・・」

モノクマ「わかったよ、じゃあ少しルール変えてやるよ」

山田「な、なんか妙に聞き分けがいいですな・・・」

大和田「なんか思うところでもあんのかあいつが」

江ノ島(盾子ちゃん・・・)グスッ


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:06:45.86 ID:KZrtRqv00

モノクマ「えーと言うわけで、告白は乙女心()に配慮して男子からと言うことにします」

大和田「なんだよそれじゃ俺らにはあんま関係ねーじゃねーか」

十神「ふん、手間が半分になっただけありがたい」

モノクマ「はいはい無駄口はそれまで、じゃ誰がやる?」

石丸「な、なら。僕に行かせてくれ!」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:12:20.83 ID:KZrtRqv00

大和田「きょ?!兄弟?!」

苗木「石丸くん?!」

石丸「うむ。構わないだろうか?」

不二咲「僕達はいいけど・・・」

山田「い、意外ですなー。てっきり石丸清多夏殿は不順異性交遊とかなんとか言う物と・・・」

石丸「確かに最初はそう思っていた・・・」

石丸「だが僕は目が覚めたのだ!苗木君と、舞園君の姿を見て!」

石丸「彼らのお互いを想い合う姿には何も不順は見つからなかった!むしろそこにあったのは純粋な愛だけだ!」

石丸「今まで恋愛と言う物を軽く見ていたが、あそこまで美しい関係ができると言うのなら、むしろ積極的に取り組むべきかもしれない」

石丸「だから僕はそれを自分自身で確かめたいのだ!」

大和田「兄弟・・・」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:15:15.50 ID:KZrtRqv00

苗木「あ、ありがとう石丸君。でもさ、石丸君に・・・好きな人っているの?」

山田「ああそれは確かに気になりますな」

石丸「・・・じ、実は、いるのだ。」

石丸「好き・・・と言う物なのかはわからないが、以前から気になっている異性が」

大和田「マジかよ兄弟・・・」

不二咲「石丸君、頑張って!」


朝日奈「次は石丸みたいだね」

大神「うむ堅物のあいつが惚れた相手か、気になるな」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:18:28.94 ID:KZrtRqv00

モノクマ「じゃはい石丸君前に出てきて」

石丸「う、うむ」

モノクマ「はいじゃ告白スタート!」

石丸「くっ、いざとなると何を言えばいいのかわからん!」

大和田「落ち着け兄弟!ただお前の気持ちを言えばいいんだよ!」

石丸「う、うむありがとう兄弟!で、では・・・」

石丸「以前から・・・君と清い交際をしてみたかった!」





石丸「江ノ島盾子君!」

江ノ島「え?」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:22:03.87 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はああああぁ?!!」

大和田「うおっビックリした!なんでてめーが驚くんだよ?!」

モノクマ「あ、いえ別に。続けて」

江ノ島「え、ちょっ・・・私?」

朝日奈「やったね江ノ島ちゃん!」

大神「ほほう・・・」

モノクマ「えーっと、じゃあとりあえず残おっと江ノ島さん出て来て」

江ノ島「え、えええ?ちょ、ちょっと待って、待って!」

モノクマ「いいから出て来いっつーんだよ!!」

江ノ島「う、うん」スゴスゴ

桑田「なんかモノクマって江ノ島に冷たいよな」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:26:54.09 ID:KZrtRqv00

モノクマ「じゃはい告白して。さっさとね」

石丸「う、うむ。江ノ島君。さっき言った通りだ。僕と清い交際をしてくれまいか」

江ノ島「えっ・・・ええっと、いや、なんで、私?」

石丸「なんで?とはどう言うことだろうか。すまない、僕もこういう場面は始めてでな。勝手がわからないのだ」

江ノ島「だって石丸くゴホン、あんた私みたいにチャラチャラしてる女すごく嫌いそうじゃん」

石丸「うむ、確かにそうなのだ、
そのはずなのだが・・・」

石丸「敷いて言えば。僕は君のそのチャラチャラした影に見え隠れする何かに惚れたと言う所だろうか」

江ノ島「・・・え?」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:31:09.98 ID:KZrtRqv00

石丸「す、すまない僕も自分で何を言っているのかわからないのだが・・・」

石丸「君は風貌は確かに風紀を乱している 、言動もな、しかし君はそれだけの人間では無いと思うのだ」

石丸「見え隠れする細かな気遣いと言うか、時折見せる何か悩みを含んだ瞳と言うか・・・」

石丸「ええいこれでは男らしく無い!はっきり言おう!僕は君に他の女性には純粋なさを感じたのだ!」

江ノ島「じゅ、じゅんすい・・・?」

モノクマ「見る目無いよね」ボソッ

大和田「おい」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:34:26.80 ID:KZrtRqv00

石丸「言葉足らずですまない!だが今ここで君に打ち明けてわかった!」

石丸「君が好きだ!君と交際がしたい!僕の意思を表すために、僕はこれ以外の言葉を知らん!」

石丸「頼む江ノ島君!僕の気持ちを受け入れてくれ!」

江ノ島「え、えっと・・・あ・・・」







江ノ島「・・・ごめんなさい」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:37:35.82 ID:KZrtRqv00

石丸「うっ!!!・・・くっ!・・・うっ・・・!」

石丸「そ・・・・・・そう・・・か・・・」

大和田「兄弟・・・」

江ノ島「・・・ごめん」

石丸「い、いや・・・」

石丸「謝る、事は、無い。それが・・・君の意思ならば、仕方あるまい・・・」

江ノ島「・・・ごめん」






江ノ島「私、好きな人が・・・いるんだ」



江ノ島「告白する前に、ふられちゃったけど」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:39:51.92 ID:KZrtRqv00

石丸「な、何?」

江ノ島「ついさっきさ。その人には別に好きな人がいるんだって」

江ノ島「本当に・・・ついさっき・・・」

朝日奈「え?!ちょっ、ちょっと待って!それってひょっとして・・・」

大神「言うな朝日奈」

石丸「さっき・・・・・・そうか、そうだったのか・・・」

苗木(誰の事だろう?)


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:42:19.89 ID:KZrtRqv00

石丸「だ、だがしかし、その、彼は彼女が・・・」

江ノ島「うん、彼もふられちゃったけど、でもふった彼女も本当は彼の事が好きなんだよね。知ってる」

舞園「・・・・・・」

江ノ島「私なんて、出る幕ないかもしれないけど・・・でもさ」

江ノ島「そんなの、関係無いから」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:46:04.87 ID:KZrtRqv00

江ノ島「諦められない・・・」

江ノ島「諦められないもん!」

江ノ島「だって・・・私・・・その人の事本当に・・・初めて・・・初めて好きになった人なんだもん!」

江ノ島「だから嫌なの・・・その人が誰を好きでも、関係無いもん!」

石丸「江ノ島君・・・」



石丸「・・・やはり、僕の目に狂いは無かったようだ」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:48:42.15 ID:KZrtRqv00

江ノ島「石丸・・・」

石丸「君は素晴らしい女性だ。僕の初恋が君だったという事は僕の生涯の誇りとなるだろう」

石丸「さて、夢敗れた物は素直に去るとしよう」

石丸「ではな江ノ島君。君の恋路を、影ながら応援しているぞ」スタスタ

江ノ島「ありがとう・・・石丸・・・クン」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:54:41.38 ID:KZrtRqv00

大和田「兄弟・・・」

石丸「石丸清多夏!只今玉砕して戻った!」

石丸「なんてな!はっはっはっはっ!」

大和田「兄弟・・・無理すんな」

石丸「な、何を言っているのだ兄弟。僕は、決して・・・無理・・・な・・・ど・・・」

石丸「うわあああああああああああああ!!」

大和田「兄弟!」ガバッ

不二咲「石丸君!」

石丸「ぐ・・・ううううう!・・・む、胸が張り裂けそうだ・・・涙が止まらない!」

石丸「これが・・・これが、失恋・・・か・・・!!」

石丸「おのれ情けない!男子たるもの失恋ごときで!」

石丸「兄弟!僕を殴ってくれ!僕を笑ってくれ!腑抜けた僕に気合を入れてくれ!」

大和田「ふざけんな・・・今のお前を笑うやつなんかいねーよ・・・」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 16:59:57.90 ID:KZrtRqv00

江ノ島「・・・・・・」

朝日奈「江ノ島ちゃん・・・あ、あの私達、なんて言ったらいいか」

大神「朝日奈ここは我が話そう。江ノ島よ、お前のやつに対する一途な想い、我らの心に響いた」

大神「だが我はお主の想いも、そして舞園の想いも知っている。故にどちらに肩入れする事もできぬが・・・」

大神「せめて、悔いの無い恋をするがよい。我らも見守っておるぞ」

江ノ島「うん・・・」



江ノ島「・・・あのさ」

舞園「え?」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:01:46.24 ID:KZrtRqv00

江ノ島「正直言うと彼が好きな人ってあんたでよかったっても思ってんだよ」

舞園「え・・・?」

江ノ島「まあ、その、他のやつに取られるよりは」

江ノ島「でも・・・そんなの関係無いからね。私だって諦めて無いから」

舞園「・・・はい」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:04:37.46 ID:KZrtRqv00

モノクマ「なにこれ」

モノクマ「なにこれなにこれなにこれーーーー!!!」

モノクマ「つまんねーよ!お前らもっとドロドロしろよ!それでも万年発情期の高校生ですか?!」

大和田「うるせーモノクマ!兄弟と江ノ島の姿をバカにしてんのか!」

モノクマ「うるさいうるさいうるさーい!」

モノクマ「じゃもうさっさと次!はい次は誰?!」

桑田「俺だ!俺にいかせろ!」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:07:46.49 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はい桑田君ね!はいじゃ前に来て!」

桑田「よっしゃ行くぜ!おらぁ!」

不二咲「す、すごい気合だねぇ」

大和田「何あいつ盛り上がってんだ?つかあいつの好きなやつって・・・」

桑田「よっしゃいくぜ!俺が好きな人は・・・」






桑田「舞園ちゃんだ!!」


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:10:23.98 ID:KZrtRqv00

舞園「え?!」

苗木「え?!」

腐川「ば、馬鹿じゃないのあいつ。さ、さっきの忘れたの?」

大和田「何言ってんだあの馬鹿!」

朝日奈「ちょっ、ちょっと桑田ぁ」

モノクマ「ん?これはちょっと面白くなりそうかな」

モノクマ「ささ舞園さんどうぞ前に」

舞園「・・・・・・」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:12:29.96 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はいじゃ告白スタート!」

舞園「あ、あの桑田君・・・」

桑田「待ってくれ舞園ちゃん!何も言わないでくれ!」

桑田「おいモノクマ!ちょっと時間もらうぞ!」

モノクマ「はぁ?」

桑田「俺は・・・告白する前にどうしても謝らねえといけねえ事があるんだ!」

桑田「舞園ちゃんと!あと江ノ島ちゃんに!」

江ノ島「え?」


180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:15:18.18 ID:KZrtRqv00

桑田「ぶっちゃけ俺!最初は江ノ島ちゃんに告白しようとしてました!!」

江ノ島「え、ええ?!」

大和田「お前さっきから何やってんだこの馬鹿!ひっこめ!」

桑田「うるせー!だってよ!舞園ちゃんどう見たって苗木の事が好きだろうが!」

桑田「だから俺は次に好きな・・・ごめん嘘だ!ぶっちゃけ軽そうな江ノ島ならなんとかなると思ってた!」

江ノ島「・・・・・・」

桑田「だけどよ!・・・だけどよ・・・」

桑田「二人とも・・・すごすぎんだろ・・・」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:20:15.76 ID:KZrtRqv00

桑田「二人ともよ・・・好きなやつがいてよ・・・片方はそいつに告白されてんだぜ?」

桑田「それなのによ。好きだからダメってなんだよ・・・意味わかんねえよ俺」

桑田「江ノ島ちゃんもさ、好きなやつが別のやつが好きでよ。そいつふられたけど実質両思いだってのによ」

桑田「それでも諦めねーって、関係ねーて本人の前で言うかよ・・・」

桑田「俺さぶっちゃけ喜んだんだぜ?二人がふたれたときに」

桑田「二人・・・いやちげー、四人に比べてなんなんだよ俺は・・・ダサすぎんだろ」

桑田「こんな俺によ。二人が振り向いてくれるわけねーわな・・・」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:25:44.98 ID:KZrtRqv00

桑田「だからよ。これぶっちゃけ告白じゃねーんだわ。俺のケジメなんだよ!」

桑田「・・・つか、ごめんこれも嘘だ。今ここに立ってわかったわ」

桑田「俺、舞園ちゃんの事すげー好きだ」

桑田「あんなすげーとこ見せられてよ惚れねーわけねーよ・・・」

舞園「桑田君・・・」

桑田「ごめんな舞園ちゃん。こんなアホに付き合わせちまってよ」

桑田「せめて、壮大にふってくれや」

桑田「舞園ちゃん。俺お前の事好きだわ」


200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:31:13.17 ID:KZrtRqv00

舞園「ごめんなさい桑田君。私、苗木君が好きなんです」

桑田「オッケー!わかったわかった!ちくしょー残念だなーこれ!けっこーきくわー」

舞園「桑田君」

桑田「いいんだよ舞園ちゃんつれー事させちまってごめんな」

桑田「あ、言っとくけど俺まだ諦めてないから!アイドルだってよ今は彼氏作ったら問題だろうけどよ」

桑田「むしろ心配だからさっさと結婚してくれって思う人だっているんだぜ?つーわけでその時を気長に待つとするわ」

桑田「ずっと待ってるからよ俺も、たぶんあいつもよ」

舞園「桑田君・・・ごめんない・・・ありがとう・・・」

桑田「・・・・・・」

桑田「やっぱきくわこれ・・・」


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:34:41.05 ID:KZrtRqv00

桑田「よー今帰ったぜー」

苗木「桑田くうわっ!」ガバッ

桑田「言っとくがな苗木!俺はてめにー白旗上げたわぜゃねーぞ!お互いふられてんだからおあいこだ!」

桑田「だからてめーは俺のライバルだ!ふぬけんしゃねーぞ!俺と舞園ちゃんに恥かかせんなよ!」

苗木「うん・・・ありがとう桑田君」

桑田「・・・けっ」

不二咲「皆・・・すごいよ」

大和田「ああ、そうだな」

山田「・・・あー」

十神「・・・・・・」

十神「ふん、くだらん」


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:38:10.46 ID:KZrtRqv00

舞園「・・・・・・」

セレス「舞園さん」

舞園「セレスさん」

セレス「お見事でしたわ」

舞園「・・・」

セレス「・・・モテる女は、ツラいですわね」

腐川「・・・な、なによ。ふん」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:41:35.78 ID:KZrtRqv00

モノクマ「なんか僕のやる気がドンドン失われて行くんだすけど~」

大和田「いちいち茶々いれんじゃねー!もっとやる気出しやがれ」

モノクマ「はいはい、じゃ次だあれ?」

山田「む、むう否が応でもそろそろ順番ですな」

不二咲「・・・」

十神「・・・」

大和田(あーこのメンツじゃあと俺くらいしかいねーか)

大和田「しゃーねえ。じゃあ俺が」

不二咲「ま、待って!」

大和田「不二咲?」

不二咲「僕に!僕にいかせて!」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:44:44.29 ID:KZrtRqv00

大和田「お前・・・」

不二咲「お願い大和田君。僕、告白したいんだ!」

モノクマ「あー不二咲君?」

不二咲「な、なに?」

モノクマ「いや僕が言うのもなんだけどさあ、不純異性交遊ならまだしも不純同性交遊はちょっと今後の生活響きますよ?」

不二咲「な、何言ってるのさ!僕は男の子なんだか、当然女の子に告白するよ!」

大和田「ホッ」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:49:26.41 ID:KZrtRqv00

山田「せ、僭越ながら不二咲千尋殿。膝が笑っておりますぞ」

大和田「・・・おい、大丈夫なのか?」

不二咲「う、うん。怖いよ。怖いけど・・・大丈夫、皆から勇気をもらったから」

不二咲「み、皆の姿見てたら、僕も勇気を出さないとって・・・思ったんだぁ」

不二咲「ここで逃げたら僕、皆の仲間って言えないと思うから」

苗木「不二咲君・・・」

不二咲「だからさ、僕やるよ!」


221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:52:43.23 ID:KZrtRqv00

モノクマ「えーはいはいじゃ前に出てきて」

不二咲「う、うん」カタカタ

石丸「不二咲君、まだ震えているぞ」

桑田「ちょ、ちょっと緊張しすぎじゃね。いくら告白するって言ってもよ」

苗木「不二咲君?」

不二咲「じゃ、じゃあ言います!僕が、好きな、人は・・・」





不二咲「大神さん・・・です!」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:55:05.15 ID:KZrtRqv00

大神「な?!」

朝日奈「やったあ!」

霧切「不二咲君?」

桑田「うおっ?!マジかよ?!」

大和田「大神だと・・・」

山田「こ、これは・・・また!」

モノクマ「ささ大神さん。前に出て来て」

朝日奈「ほら!さくらちゃん!」

大神「ま、待て!」ズルズル


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 17:57:26.57 ID:KZrtRqv00

不二咲「ごめんね大神さん。急に・・・」

大神「い、いや・・・しかし不二咲よ」

大神「何かの間違いでは無いのか?我はこの様なナリだ。とても女性として見る事など・・・」

不二咲「それはっ・・・違うよっ大神さん!」

大神「ぬぅ・・・」


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:01:08.98 ID:KZrtRqv00

不二咲「僕知ってるよ。大神さんの繊細で、優しくて、・・・それで可愛い所とか!」

大神「不二咲・・・」

不二咲「それに強くて、かっこよくて、大神さんは僕の理想なんだ!」

不二咲「だからお願いします!僕と付き合ってください!」

大神「ぬ、ぬう・・・」

朝日奈「うんうんそうだよそうだよ。不二咲ちゃんさくらちゃんのいい所ちゃんとわかってる」

霧切「・・・でも」

朝日奈「なに?」

霧切「大神さんには好きな人がいるわ」


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:28:07.99 ID:KZrtRqv00

大和田「そういやぁ・・・!!」

山田「た、たしかケンイチロウ殿でしたか」

苗木「だから不二咲君。あんなに震えて」

桑田「あいつ・・・まさか」

朝日奈「さくらちゃん・・・」

霧切「・・・・・・」

不二咲「大神さん・・・」

大神「不二咲よ。すまぬがお主の言葉を受ける事はできぬ」

大神「我にはすで操を立てた相手が・・・」

不二咲「うん。知ってます。でも・・・」

不二咲「でも僕!その人に負けたくない!」


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:31:02.95 ID:KZrtRqv00

不二咲「僕!強くなります!大神さんが強い人が好きって言うなら、僕も強くなる!」

大神「不二咲」

不二咲「今は弱いけど・・・でも体も鍛えて、空手とか習って・・・」

不二咲「いつかケンイチロウさんより強くなる!大神さんを守れるくらい強くなる!」

不二咲「だから・・・」

不二咲「強くなるから・・・強くなるから・・・」ポロポロ

大神「不二咲・・・」


247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:35:41.18 ID:KZrtRqv00

大神「すまぬ不二咲。お前の気持ちは伝わった。しかしそれでも受ける事はできん」

不二咲「うっ・・・うっ・・・」ポロポロ

大神「すまぬな・・・」

不二咲「僕が・・・弱いから?」

不二咲「僕が・・・こんな・・・すぐ泣くくらい・・・弱いから・・・」

不二咲「僕が・・・もっと強ければ・・・」

大神「そんな事は無い。不二咲、お前は強い、我などよりもずっとな」

不二咲「うぅ・・・」

大神「我にお前ほどの強さがあれば、ここでこんな想いをさせる事もなかったろうに・・・」

不二咲「えっ・・・?」


248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:44:50.66 ID:KZrtRqv00

大神「実は我はケンイチロウに告白をした事が無いのだ。最強の座を奪ってからと思っていたが・・・」

大神「それは我が逃げていたからなのかもしれぬ」

不二咲「大神さんが、逃げる?」

大神「そうだ。我は怖かった。先ほども言ったがこのナリだ。誰も女として見てくれぬと思っていた。諦めていたのかもしれぬ」

大神「だから我は求道心を隠れ蓑として想いを伝える事から逃げていたのかもしれぬ」

大神「だがお前は逃げなかった。そして我よりも、ケンイチロウよりも強くなると言ってのけた」

大神「先程の言葉に偽りは感じられなかった。お前は自分の弱さを知りつつも我らを超えると言った。」

大神「お前は諦めず立ち向かった。大した男だ」

不二咲「大神さん・・・」


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:48:18.02 ID:KZrtRqv00

大神「だがすまぬ不二咲。我はこの通り自分の想いに決着をつけていない。そんな時にお前の気持ちを受ける事はできぬ」

大神「乙女心と言うやつだ。わかってくれ」

不二咲「うん・・・」

大神「だが・・・うむ、これはここだけの話だがな」

不二咲「え?」

大神「先程のお前の眼差し。ケンイチロウが居なければ受けていたかもしれぬ」

不二咲「・・・そっか。ちょっと嬉しいな」


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:52:53.28 ID:KZrtRqv00

不二咲「あはは、ダメだっ・・・」

大和田「不二咲いいいいいい!!!」ガバッ

石丸「不二咲くんんんんんん!!」ガバッ

不二咲「うわっ!大和田君?石丸君?」

大和田「よくやった・・・よくやったぞ不二咲!お前はもう立派な男だ!」

石丸「ああそうだとも!もう誰にも君を女だなどと言わせないぞ!」

不二咲「あ、ありがとう・・・二人とも・・・僕もちょっとは強くなれたかな?」

苗木「もちろんだよ不二咲君!君は・・÷本当に強いよ・・・」

不二咲「あ、ありがとう。皆・・・で、でも・・・さ、」

不二咲「やっぱり・・・僕・・・悔しいよ・・・」

苗木「不二咲君・・・」


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:54:43.15 ID:KZrtRqv00

朝日奈「さくらちゃん・・・」

大神「不二咲は我には過ぎた男だった。それだけの事だ・・・」

朝日奈「うん・・・やっぱりさくらちゃんはすごいね」

腐川「な・・・なんなのよ、どいつもこいつも・・・」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:56:32.19 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はい次」

桑田「あいつもう完全にやる気ねえな」

大和田「んーあと残ってんのは・・・」

山田「でででででは!僕が!僕が行きます!」

苗木「山田君?」


261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 18:59:47.80 ID:KZrtRqv00

山田「も、文句はありませんね?!」

大和田「お前がいいならいいけどよ・・・」

十神「好きにしろ」

山田「わ、わかりました!では行ってまいります!」フンスー

桑田「・・・あいつめちゃめちゃ気合入ってるけど誰に告るんだよ?」

苗木「んー山田君が親しくしてる女性って彼女くらいしか思いつかないけど」

桑田「いやそうだろうけどよ。あいつルール忘れてねえか?成功したらなんでも言う事きかないといけねーんだぞ」

苗木「あ・・・」


263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:03:58.69 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はいスタート」

山田「え、ええーでわぁ!不詳この山田一二三。こ、告白させていただきますぅー!」

石丸「や、山田君!声が上ずっているぞ!リラックスしたまえ!」

大和田「ありゃ何も聞こえてねーな」

山田「ぼ、僕が想いを告げる相手はあなたしかいません!セ、セレスティアルーデンベルク殿ぉ!」

桑田「あの馬鹿!」

苗木「山田君・・・」


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:08:15.20 ID:KZrtRqv00

モノクマ「じゃセレスさん来て」

セレス「・・・・・・」スタスタ

山田「セ、」セレス「山田君?わかっておりますか?この告白が成功したら私達はお互いに言う事をきかねばならないのですよ?」

山田「は、はい」

セレス「あなたは、私に何を命ずるつもりなのでしょうか?」

山田「ぼ、僕は・・・」

山田「命令する権利などいりませぬ!その権利もお譲り致します!ですので!どうかお願いします!!」ガバッ

桑田「土下座しやがった・・・」

大和田「くそっ・・・もう見てられねえよ」


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:12:18.91 ID:KZrtRqv00

セレス「モノクマさん?それは可能なのですか?」

モノクマ「うーん・・・まあいいよ。この場合は僕が立ち会いって事でオーケーしてあげる」

セレス「そうですか」

桑田「馬鹿野郎ブーデー!お前どんな無茶振りされるか想像できんだろ!」

大和田「その女がどういうやつかわかってんだろ!一生奴隷としてこき使われんぞ!」

山田「うるさーーい!わかってるよそんな事ー」

山田「でも・・・でもしょうがないじゃないか!こんな僕じゃこんな事しかできないんだよ!」


272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:17:11.06 ID:KZrtRqv00

山田「僕だって!僕だって皆みたいにやりたかったさ!だけど僕は皆みたいにかっこよくも可愛くもないよ!」

山田「いつも、いつも女の子からは嫌な顔ばっかりされて・・・だから僕は、僕の持ってる物全部上げるくらいしかできないんだよー!」

山田「無茶苦茶だってわかってるさ・・・でも僕みたいなやつは・・・」

セレス「山田君」

山田「はい?」

セレス「まず、顔を上げなさい。それでは声が遠くて聞こえませんわ」


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:19:19.99 ID:KZrtRqv00

山田「あ、はい・・・」ムクッ

セレス「背筋を伸ばしなさい、胸も張って」

山田「あ、は、はいこうでしょうか?」グイッ

セレス「ええ、最後に目を見なさい。私の目をね」

山田「え?」

セレス「そしてしっかり告白なさい。それが礼儀という物ですわ」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:21:33.72 ID:KZrtRqv00

山田「あー・・・」キョトキョト

セレス「まだ目が泳いでいます。しっかりと見なさい」

山田「う・・・」

セレス「では、どうぞ」

山田「ぼ、ぼくとーつきあってーください・・・」

セレス「お断りします」ニッコリ

山田「ですよねー」


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:24:19.82 ID:KZrtRqv00

桑田「」

大和田「」

苗木「」

山田「はぁ・・・」

セレス「山田君。何故ふられたかわかりますか?」

山田「い、いえその・・・正直心当たりがあり過ぎてー」

セレス「まずあなたはCランクにすらなっていない。という事で問題外なのですわ」

セレス「ですのでまず運動をなさい、いくらなんでもその体型は見苦し過ぎますわ」


285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:29:01.86 ID:KZrtRqv00

セレス「それと毎朝あれるロイヤルミルクティー、あれもまだまだ修行が必要です空き時間に練習なさい」

セレス「あとお風呂にも小まめに入ること、あなたは他の方より汗をかくんですから」

セレス「それと最後に」

山田「は、はい」

セレス「自分の事を僕みたいなやつなんて貶めるのはやめなさい、あなたは超高校級の同人作家なのでしょう?自信を持ちなさい」

セレス「わたくし身の程を知ってる人は好ましいと思いますが、卑屈な方は大嫌いですの」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:31:44.14 ID:KZrtRqv00

山田「セ、セレスティア・ルーデンベルク殿・・・」

山田「わかりました・・・この山田一二三、次告白する時は必ずあなたのお眼鏡に合う物になっておきましょう!」

セレス「せいぜい頑張ってください」

セレス(まあ無理でしょうけど)


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:34:41.29 ID:KZrtRqv00

山田「うおー燃えて来たー!ついでにセレスティア・ルーデンベルク殿のツンデレにも萌えてキターー!!」

桑田「お、おう・・・とりあえず無事でよかったなブーデー」

大和田「山田よぉ・・・今度不二咲とトレーニングする事になってんだがお前も来るか?」

山田「な、なぬっ?!ちーたんと?!行きます!行きます!イカせていだだきます!」フンスー

不二咲「や、山田君、頑張ろうねぇ」

苗木「セレスさん・・・」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:39:39.07 ID:KZrtRqv00

朝日奈「セ、セレスちゃん!」

セレス「なんですか?」

朝日奈「その・・・ごめん!」

セレス「?」

大神「セレスよ我らを許してくれまいか、お主の事を疑っていた」

朝日奈「うん、セレスちゃんきっと山田に変な事させるつもりかもって・・・」

大神「その場合止めようと思っていたが・・・我の目が曇っていたようだ」

セレス「ああ、それでしたら謝罪には及びません。・・・本当は、そうするつもりでしたから」

大神「・・・ならば、何故?」

セレス「なんとなく・・・この場を汚したくなかった」

セレス「それだけですわ」


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:42:31.72 ID:KZrtRqv00

モノクマ「あ、終わった?」

桑田「余所見してんじゃねーよ!てめーが言い出した事だろうが!」

モノクマ「うるさいなぁ・・・で、次誰が残ってるの?」

苗木「えっと、十神君と、大和田君だね」

大和田「おい十神どうする?」

十神「くだらん、お前が行け、さっさと終わらせろ」

大和田「はぁ・・・しゃあねえなあ」

大和田「ぃよし!じゃあ行くか!」パァン!


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:46:48.75 ID:KZrtRqv00

不二咲「大和田君かぁ。誰が好きなんだろ」

石丸「うーむそう言えば兄弟とはその手の話をした事がなかったな」

苗木「大丈夫?大和田君。たしか大和田君って告白する時緊張して大声になるって・・・」

大和田「あーそれなんだがな」

大和田「なんか俺すっげー気分いいんだわ。自分でも信じられねーけどすっげー落ち着いてる」

大和田「ま、おめーらの間抜けな告白をずーっと聞かされて緊張してたからな。それに比べりゃどうって事ねーよ」

桑田「うっせアホ!さっさとふられちまえ!」


319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:48:51.74 ID:KZrtRqv00

大和田「つーわけで朝日奈ーー!俺おめーの事好きだわ俺と付き合ってくれー!」

朝日奈「え?!あ、あたし?!ちょっと、ちょっと待って何それ?!」

大神「ふふっ、よかったな朝日奈」

桑田「てか軽っ!」

不二咲(すごいや大和田君)


326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:52:08.45 ID:KZrtRqv00

モノクマ「あーあ、僕の進行無視しちゃって。ま、いいやほらどうするの朝日奈さん?」

朝日奈「う、うう~~、は、恥ずかしいよ~」

大和田「まぁそう緊張すんなよ。恥ずかしいのはお互い様だ」

朝日奈「うっさい!てか私なんか軽く無い?い、いったい私のどこが好きなのよ?!」

大和田「あーまあ色々だが・・・まぁ一番は胸がでかいって事だな」

朝日奈「は?」


331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:54:09.87 ID:KZrtRqv00

大和田「俺実は巨乳派なんだ!あ、もちろんそれだけじゃないぞ!」

大和田「明るくて胸がでかくて性格も悪くねえし胸はでけえし・・・」

朝日奈「こ・・・・・・」

大和田「ん?」

朝日奈「こんの馬鹿ぁーーーーー!!」バチーーン!


332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 19:57:12.58 ID:KZrtRqv00

大和田「何すんだこら!」

朝日奈「うっさい馬鹿!もう死ね!死んじゃえ!誰かに殺されろ!」

モノクマ「ん?」ムクッ

大和田「おいおいそんな言い方はねーだろ。俺は俺なりにだな・・・」

朝日奈「うっさいうっさい!あーんもう・・・告白なんてはじめてだったのにー!さくらちゃーん!!」ダダッ

大和田「おーい朝日奈ー俺もよ、苗木達みてーに諦めねーから、たまには声かけてくれよな!」

朝日奈「うっさいバカーーー!!」


341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:04:05.57 ID:KZrtRqv00

大和田「よーうお前ら。今日はダメみてーだが・・・ま、明日なんとかするさ」

石丸「きょ・・・兄弟・・・」

大和田「あーしっかしなんでダメだったんだ?緊張もしてなかったし結構うまくできたよな?」

苗木「大和田君・・・それ本気で言ってるの?」

大和田「あ?あたりめーだろ。俺はいつとマジだ。な、兄弟?」

石丸「・・・」

大和田「あ?どうした兄弟?」

石丸「・・・・・・い、いや」プッ

石丸「あ、あれは・・・ククッ無いだろうプッ兄弟・・・ククッ」

不二咲「ごめんね大和田君・・・僕も・・・プッ」

不二咲「あれは、無理だと思うっ!」クスクス

桑田「アーハッハッハッ!つーかアポだろてめー何考えてんだよおめー」

大和田「な、なんだおめーら何笑ってんだよ?!俺は別におかしいことしてねぇだろ!」


345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:06:36.50 ID:KZrtRqv00

苗木「アハハハごめん大和田君、僕も、もう無理だ」

大和田「おいこら苗木てめー!」

石丸「ま、まあみんなよしたまえ!あの方が実に兄弟らしいじゃないか!」

石丸「おめーも笑ってんじゃねえか!」

桑田「バーカ!バーカ!俺よりひでえふられかたしやがって今のだけは一生忘れねー!」

大和田「てめえらあああ!」


346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:09:09.80 ID:KZrtRqv00

朝日奈「さくらちゃ~~ん」ギュッ

大神「ふっ・・・よいではないか。あれはあれで本気なのだろう」

朝日奈「そうは思えないよ~」

セレス「まったく、騒がしい人達ですね」


348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:11:07.56 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はぁ、懐かしいワードにときめいたと思ったらこれだよ」

苗木「えっとこれで最後だよね?」

石丸「うむ、あと残るは・・・」

十神「やれやれ、やっとこの茶番も終わりか」

苗木「十神君・・・」


351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:13:21.61 ID:KZrtRqv00

モノクマ「十神君ねぇ・・・気になる様な気にならない様な」

十神「さっさと始めろ」

大和田「あいつ好きなやつなんかいんのか?」

桑田「あいつはさっぱり読めねえなー」

不二咲「う、うんでも、できれば彼女だったらいいな・・・」

苗木「うん・・・」


358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:15:04.62 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はいじゃスタート」

十神「おい腐川。来い」

腐川「え?」

大和田「なにぃ?!」

朝日奈「やった!」

不二咲「わぁ!」

桑田「ええ?!」

大神「ほほう」

苗木「・・・十神君?」


362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:18:00.91 ID:KZrtRqv00

腐川「え?!ええええええええええ?!」

朝日奈「やったじゃん腐川ちゃん!」

腐川「う、うそようそよ!こんなの!そうでしょ?!白夜様?!」

十神「いいから来い、二度言わせるな」

腐川「は、はい・・・只今・・・」

桑田「あいつあんなのが好みなのか」

大神「ふむ、一緒にいる時間も長いからな」


365: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:21:56.37 ID:KZrtRqv00

モノクマ「はいじゃやっちゃって」

十神「初めに言っておくが、これはあくまで便宜上だこれがルールだから従ってるだけだ」

十神「俺がお前に好意をよせているなど勘違いするなよ。まぁ・・・他のやつよりはまだマシだから選んでやった」

十神「だから腐川俺と付き合え、命令だ」

腐川「びゃ、白夜・・・様」

朝日奈「・・・なんかひどくないあいつ」

山田「ツンなのかデレなのか判断に困りますな」

苗木「十神君・・・」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:24:49.22 ID:KZrtRqv00

大神「うむ・・・まぁ歪んだ愛と言うのもある」

セレス「と言うか、腐川さんにはあの言い方でもご褒美なのではないですか?」

山田「あ、今すごい理解できました」

十神「命令はなんでも好きに言え、俺はその命令を撤回しろと命令するだけだ」

腐川「びゃ、白夜・・・様・・・」






腐川「ごめんなさい!!」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:28:18.94 ID:KZrtRqv00

朝日奈「ええ?!」

大神「なに?!」

セレス「あら?」

桑田「はぁ?!」

不二咲「ええぇ?」

苗木「腐川さん?!」


十神「なんだと・・・?」

腐川「ご、ごめんなさい・・・白夜様・・・お気持ちはすごく、すごく嬉しいんです」

腐川「例え、形だけでも、嘘でも、仕方なくでもすごく嬉しい・・・でも・・・」

腐川「ここじゃ・・・ダメなんです」


396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:30:16.62 ID:KZrtRqv00

朝日奈「ここ?」

大和田「なんのこった?」

十神「・・・説明しろ」

腐川「は、はい・・・」

腐川「だ、だ、だってこんなの・・・こんなの・・・全然・・・」

腐川「美しくない・・・」


417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:49:24.31 ID:KZrtRqv00

十神「・・・どういう意味だ」

腐川「わ、私には夢が、思い描いてた理想の光景があるんです・・・」

腐川「こんな所に閉じ込められて、何度も危ない目にあって、でも、それでも・・・白夜様と一緒に切り抜けて」

腐川「さ、最後に脱出するその時に、」

腐川「扉の前で告白して・・・結ばれるって・・・夢が・・・」

十神「・・・何を言っている?」

山田「ええー・・・」

朝日奈「腐川ちゃん・・・?」

大神「むぅ・・・」


420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:52:02.52 ID:KZrtRqv00

腐川「そ、それなのにここは・・・た、体育館で、わけのわからないやつらも沢山居て・・・おまけに・・・」

腐川「白夜様は・・・モ、モノクマに言われて無理矢理告白なんて・・・」

腐川「そんなの全然ロマンチックじゃない!そんな全然文学的じゃない!」

十神「・・・・・・」

苗木「腐川さん・・・」


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:56:44.02 ID:KZrtRqv00

桑田「いやいやいや!何言ってんだ腐川!」

大和田「そんな夢みてーな事言ってんな!そいつがそんな事言うのあと百年はねーんだから大人しく受けとけって!」

大神「腐川よ、理解できぬわけではないがそれは・・・」

山田「ふ、腐川殿・・・たしかにシチュエーションは大事ですがそれは二次元の話で・・・」

セレス「いくらなんでも現実的ではありませんわ」

舞園「腐川さん・・・」

腐川「う、うるさい!うるさいわね!」

腐川「わ、私だって・・・私だって本当は・・・」

腐川「で、でも・・・でも!しょうがないじゃない!それもこれも全部あんたらのせいなんだから!」

苗木「・・・え?」


431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 20:59:43.74 ID:KZrtRqv00

腐川「なんなのよあんた達?!好きだったら付き合いなさいよ!何が夢よ!何がアイドルよ!」

腐川「どうせ笑顔が本物かどうかなんてわかりっこないわよ!なのになんで付き合わないのよ!!」

舞園「えっ・・・?」

苗木「あ・・・」

腐川「せっかくのチャンスなのに・・・ほんと馬鹿よ!」


435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:03:46.95 ID:KZrtRqv00

腐川「ふられたんならさっさと諦めて次探しなさいよ!何が諦めないよ未練たらしいのよ!!」

腐川「どっか適当なとこで折り合いつけて傷でも舐め合えばいいじゃない!それでも充分でしょ!」

桑田「・・・っ!」

江ノ島「え・・・?」

石丸「・・・」

腐川「あんたらがふったやつだってさ、そこまで悪くないじゃない。だったらさっさとそいつの方行きなさいよ。」

腐川「そいつに昔の事なんか忘れさせてもらえばいいじゃない・・・それなのに・・・ほんと馬鹿よ」


437: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:08:30.09 ID:KZrtRqv00

腐川「まだ告白もしてないないから付き合えないって・・・そんなのいつ出られるかわからないんだから適当にキープしとけばいいじゃない」

腐川「強くなるって何よ。あんたにそんな事できるわけないでしょひょろひょろのくせに」

大神「む・・・」

不二咲「え・・・?」

腐川「それなのに・・・何が強さよ・・・何が強くなるよ!」

腐川「そんな強さ・・・私だって持ちたかったわよ!でも・・・そんなうまく行くわけないのよ!」

腐川「なのになんであんた達は頑張るのよ・・・ほんと・・・こいつらも馬鹿」


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:12:34.21 ID:KZrtRqv00

腐川「ど、奴隷にしてくださいって言ってんだからしてあげればいいじゃない。そ、その方が喜ぶでしょ?」

腐川「てかさ馬鹿じゃないの相手にしてくれるわけもないのに告白なんて」

セレス「・・・」

山田「あー・・・」

腐川「それなのに何よあんた!なんでこんな時ばっかり空気読むのよ!あんたそんなキャラじゃないでしょ!」

腐川「せっかくの機会を無駄にするやつも!無理とわかってるくせにやろうとするやつも!」

腐川「ほんとに・・・呆れ果てた馬鹿よ・・・」


443: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:16:14.27 ID:KZrtRqv00

腐川「あと水泳馬鹿!あんたはどうせ胸しか取り柄なんかないんだから胸が好きってんならちょうどいいじゃないの!」

腐川「あと、ヤンキーも!あんたは本当に馬鹿よ!あんな告白でうまくいくわけないでしょ!脳みそあんなの?!」

大和田「おいこらてめーどういうこった!あれは俺の本気だ!」

朝日奈「私別に胸だけが取り柄じゃないよ!!」

腐川「うっさいわね馬鹿コンビ!あんたらお似合いなんだからさっさと付き合いなさいよ!」


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:19:30.98 ID:KZrtRqv00

腐川「どいつもこいつも本当に馬鹿よ!馬鹿!馬鹿ばっかり!」

腐川「なんで妥協しないのよ!なんで折り合いつけないのよ!なんで適当にやんないのよ!」

腐川「どうせ・・・馬鹿なんだから・・・本なんか全然読まないくせに・・・」

腐川「なんで・・・私の書いた小説の・・・主人公みたいな事してのよ・・・」

苗木「・・・」


458: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:23:40.43 ID:KZrtRqv00

腐川「あんなの・・・小説なんて・・・嘘に決まってんでしょ。だから書いてんのよ。せめて小説の中だけは・・・って」

腐川「それなのに・・・それなのにさ、め、目の前であんな事されたら・・・」

腐川「私が妥協なんてできるわけないでしょ!!私が折り合いなんてつけてどうすんのよ!!」

腐川「わ、私は、こう見えても超高校級の文学少女なのよ?!私にだって・・・意地があるのよおおお!!」

苗木「腐川さん・・・」

十神「・・・」


465: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:28:56.14 ID:KZrtRqv00

十神「わかった・・・」

腐川「ひっ!!」ビクッ

十神「つまりお前は自分の下らん妄想のために俺を拒むと言うわけか」

腐川「あ、い、いえ、それは・・・その」

腐川「うう・・・せめて、白夜様が、自分の意思で・・・告白・・・してくれるなら・・・」

十神「ありえん。未来永劫な」

腐川「うう・・・」

十神「ふん、まあいい。これでこれからもいつも通りだ」

十神「・・・・・・いや、お前に対する評価を改めねばな。当然、悪い方向にな」

腐川「う・・・」


467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:31:43.89 ID:KZrtRqv00

十神「お前はこの中ではまだマシと思っていたが俺の目が節穴だった。マシどころか最底辺だ」

腐川「・・・・・・」

十神「喜べ、お前が馬鹿だ馬鹿だと言った連中の中で、お前は一番の馬鹿の称号を与えてやる」

腐川「はい・・・」

十神「・・・ただまあ」

十神「プライドだけは、認めてやろう」

腐川「え・・・?」


468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:34:53.72 ID:KZrtRqv00

十神「ふん・・・」コツコツ

十神「ん?」

大和田「よーお、お疲れ十神ィ!」

不二咲「お疲れ様、残念だったね十神君」

十神「触るな愚民、なんの真似だ」

桑田「まあまあそう硬い事言うなってほらこっちこいよ!」

山田「むふふふ。とうとう十神白夜殿もコッチ側の人間と言う事ですな・・・」

十神「・・・なん・・・だと」


475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:39:30.20 ID:KZrtRqv00

桑田「いやさーなんて言うかぶっちゃけ俺十神の事嫌いだったけどよ。なんかこれでようやく仲間になれたって気がするわー」

十神「なに・・・?」

石丸「うむそうだな!互いに同じ辛い経験を経て育まれる友情。実に素晴らしい!」

十神「待て!俺は!」

苗木「そうだね。十神君とも、これでやっと仲間だ」

十神「ふざけるな!俺は正確にはふられたわけでは・・・」

大和田「ま、そう恥ずかしがんなよ白夜!」

不二咲「一緒だね。白夜君!」

桑田「ダハハハ!いいなそれ俺もこれから白夜って呼ぶわ!」

十神「いい加減にしろ!」


480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:43:24.08 ID:KZrtRqv00

腐川「あ、ああ・・・わ、私のせいで、白夜様があんな事に・・・」

朝日奈「腐ー川ちゃん!」

腐川「ひっ!な、何よ!触んないでよ!」

朝日奈「まあまあそんな事言わずに~」ベタベタ

大神「腐川よ・・・お主の肩書きに恥じぬプライド、見せてもらった。感服したぞ」

セレス「ふふっ文学少女と言うには儚さが足りなかったですけどね」

江ノ島「う、うん。よかったと思うよ。あれで」

舞園「腐川さん・・・すごかったです」

腐川「や、やめなさいよあんた達!気持ち悪いのよ!」


485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:45:59.43 ID:KZrtRqv00

モノクマ「んーあーもう終わったの?」

山田「寝てた様な言い方ですな・・・」

大和田「実際寝てたんだろ。まー別にいいや」

大和田「おいモノクマ!全員終わったから早く終了宣言しやがれ!」

モノクマ「はいはい。まったくもう、こんな展開絶望的だよ」

モノクマ「えーじゃあこれにて・・・」

霧切「待って」


496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:48:53.92 ID:KZrtRqv00

モノクマ「んん?どうしたの?」

朝日奈「霧切ちゃん?」

苗木「霧切さん・・・」

霧切「まだ終わりじゃないわ」

大和田「ん?誰かまだいたか?」

石丸「い、いや心当たりはないが」

モノクマ「んーん?でも確かに全員・・・」

霧切「私がまだ告白されてない」

モノクマ「ええー・・・」


512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:51:57.83 ID:KZrtRqv00

朝日奈「え?ええっと・・・舞園ちゃんでしょ、江ノ島ちゃんでしょ・・・ええっと・・・」

大神「むぅ・・・確かに・・・だが・・・」

舞園「・・・」

江ノ島「・・・」

桑田「い、いやでも、しょうがねえだろそれは・・・」

石丸「う、うむこればかりは・・・」

苗木(どうしたんだろぅ・・・霧切さんらしくないよ・・・)


517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:55:20.79 ID:KZrtRqv00

霧切「納得がいかないわ」

モノクマ「いやー流石の僕もまぁ同情はするけどさぁ・・・」

十神「おい霧切見苦しいぞ。俺はさっさと帰りたいんだ」

霧切「黙ってて十神君。モノクマ。乙女に恥をかかせてどうするつもりなのかしら?」

モノクマ「いやいやどうしようもないじゃん!僕にだって出来ない事くらいあるよ!」

霧切「そうでしょうね。だから私から提案があるの」

モノクマ「提案~?」

霧切「私にも、告白させなさい」


529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 21:58:13.55 ID:KZrtRqv00

モノクマ「ほえ?」

舞園「!!」

江ノ島「?!」

朝日奈「ええっ?!」

不二咲「えっ?」

桑田「あぁ?」

大和田「おいおい・・・」

石丸「むっ?」

山田「おおっ?!」

セレス「あら」

腐川「はぁ?」

十神「・・・」

大神「霧切・・・」

苗木「霧切・・・さん」

霧切「どうかしら?モノクマ」


544: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:02:33.75 ID:KZrtRqv00

モノクマ「いや、別に僕はいいけど」

朝日奈「ええ・・・で、でも霧切ちゃんの好きな人って・・・」

霧切「決まりね。じゃぁ・・・」

大神「待て霧切よ!」

霧切「・・・何かしら」

大神「お前のしている事、しようとする事、我に止める気はない。だがせめて、理由を教えてくれぬか」

大神「お前を動かしているのは桑田の様なケジメをつける覚悟か?それとも不二咲の様に乗り越えようとする決意か?」

霧切「・・・どちらでもないわ」


552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:11:14.35 ID:KZrtRqv00

霧切「ただ・・・このまま終わりたくなかっただけ」

霧切「彼が舞園さんの事を好きって事は知ってる」

霧切「そして舞園さんが彼の事どれだけ好きかも知ってる」

霧切「だから私がやろうとしていることは無意味なのかもしれない、彼を苦しめるだけなのかもしれない」

霧切「でも、それでも伝えたいの」

霧切「知っておいて欲しいの」

霧切「だからこれは・・・」




霧切「私の、わがままなの」


553: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:12:37.50 ID:KZrtRqv00

大神「そうか・・・」

霧切「ええ」

霧切「じゃあ・・・」



霧切「苗木君、ここまで言えばわかるわね?」

苗木「霧切・・・さん」


567: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:18:21.06 ID:KZrtRqv00

霧切「苗木君、私、あなたの事が好き」

苗木「・・・・・・」

霧切「見た目は頼りないのに、いざという時は誰よりも前向きなあなたが好きだった」

霧切「いつも一人でいる私にしつこく声をかけて来て、仲間に引っ張り込もうとするおせっかいだけど、優しいあなたが好きだった」

霧切「そして・・・」

霧切「舞園さんに話しかけられて、顔を真っ赤にしてうろたえてる、そんな可愛いあなたが好きだったわ」

苗木「霧切さん・・・」

霧切「私の気持ち、受け入れてくれる?」

苗木「・・・・・・」

苗木「ごめん・・・」


573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:20:04.69 ID:KZrtRqv00

苗木「僕は、舞園さんが好きなんだ」

霧切「そう、残念だわ」クルッ

苗木「え・・・」

霧切「コツコツコツ」

苗木「霧切さ」大神「苗木」

大神「やめよ」

苗木「・・・」


576: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:21:32.34 ID:KZrtRqv00

霧切「モノクマ」

モノクマ「は、はい?」

霧切「終わりよ、この長かったゲームも」


583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:27:15.18 ID:KZrtRqv00

結局終ってみたらこの告白大会。告白した者全員が玉砕という悲惨な結果になった。

けど、僕達は決して絶望なんかしてない。むしろ今までよりもずっと強く希望で結ばれた気がする。

不二咲さんと大和田君、朝日奈さんと大神さんはいつもトレーニングしてる。
ただお互いがお互いに気を使うみたいで、不二咲と大神さん、朝日奈さんと大和田君のペアでトレーニングしてるみたいだけど。

セレスさんと山田君は相変わらずの関係・・・
だけど少しセレスさんがやさしくなったみたいだと、山田君が怖がりながら教えてくれた。

反面まったく変わらないのが葉隠君。
正直何か思うところあって欲しかったんだけど・・・まぁそれが彼らしいのかもしれない。


594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:37:35.94 ID:KZrtRqv00

十神君と腐川さんも変わらないけど、どっちかっていうと他の皆の彼らに対する態度が変わった。
大和田君や桑田君はよく十神君に話しかける様になったし、腐川さんも朝日奈さんや大神さんとよく何か話してる。
二人とも微妙に迷惑そうなんだけど・・・それは今後変わっていく事を祈ろう。

石丸君は江ノ島の恋を影ながら応援すると言っていた。
で、その江ノ島さんなんだけど・・・
なんか時々気がついたら僕の事を見てるんだ、話しかけようとしたら真っ赤になって逃げってちゃうんだよね
石丸君はそんな江ノ島さんを影で見守ってるわけだから・・・

僕←江ノ島さん←石丸君

と、言う奇妙な位置関係ができてしまった
これ、どうすればいいんだろう・・・

桑田君とはあの件以来すごく仲良くなった。
なんか・・・変な話だよね
僕と彼は見た目も趣味も全然違うタイプだと思ってたのに。
あ、いや。ただ一つ、女性のタイプだけは同じだった。
本当に何が起こるかわからない。


603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:46:00.15 ID:KZrtRqv00

それで、僕と舞園さんと霧切さんは
うん、これもまたいつも通り
いや、霧切さんと舞園さんはなんだか前よりよく話す様になったと思う

皆最初はヒヤヒヤ見守ってたし、僕も不安だったんだけど・・・

舞園「苗木君、心配しなくても大丈夫ですよ私と霧切さんは友達ですから」
舞園「え?なんで心配してる事がわかったって?わかりますよ。エスパーですから」

霧切「まったく・・・つまらない事を心配するんじゃないの」
霧切「苗木君のくせに、生意気よ」

だ、そうで・・・
まあ、僕も桑田君と仲はいいし、そう言うものなのかな?

で、モノクマなんだけど・・・

なんか最近絶望がどうのとか言って元気ないんだよね。
あいつが元気あってもろくな事にならないからいいと思うけど・・・


614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:53:48.85 ID:KZrtRqv00

僕らの本音をぶつけ合った告白大会。
それこそ皆ダンガンの様な勢いで自分の気持ちをぶつけたけど、そこにロンパなんてなくて。
皆自分の全力で、相手の気持ちを受け止めた。

一人一人の想いは眩しいくらい輝いて、
この狭く薄暗く、絶望しかない学園の中で、

前に進む道を照らす超高校級の希望となった。


608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:52:54.99 ID:KZrtRqv00

おしまい


630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 22:59:54.73 ID:Iu+2V69k0

面白かった乙!


641: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 23:05:46.57 ID:ymha+RHNi

超高校級の乙



元スレ:苗木「告白大会?」

他サイト様の最新記事