1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:19:14.65 ID:hGKac+fLo

麻雀部 部室

竜華「おつかれー」ガラガラ

船Q「あ、お疲れ様ですー」

竜華「今日はまだ浩子しかおらんねな」

船Q「なんか補習あってるらしいですよ…あ、そや、せっかく2人やから」ゴソゴソ

竜華「ん?」

船Q「はい、誕生日おめでとうございます」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:19:54.89 ID:hGKac+fLo

竜華「えー!覚えててくれたん!?」キラキラ

船Q「まぁ、当然ですね」キラリ

竜華「おおきにー!めっちゃ嬉しい!開けていい?」

船Q「どうぞどうぞ」

ガサガサ

竜華「……………なに、これ」

船Q「見ての通り、手錠ですけど?」

竜華「いや、それはわかるんやけど」

船Q「手首が痛うならんよう柔らかい素材で出来てますが、拘束力はバッチリです」

竜華「まてまてまてまて!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:21:06.89 ID:hGKac+fLo

船Q「なんですか?」

竜華「いや、なんで、手錠?」

船Q「先輩と園城寺先輩、付き合ってますやん?」

竜華「えっ」

船Q「もう長いですやん」

竜華「え、あ、そうやけど…」テレッ


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:21:44.87 ID:hGKac+fLo

船Q「そやから、ええ加減普通のプレイ飽きとりますやろ?」

竜華「はっ!?そんな、ぷ、プレイとかっ……」カアアア

船Q「拘束プレイは高まるって福岡の知人が言うとりましたよ」

竜華「でも、こ、拘束てっ…」

船Q「まぁさすがにアブノーマルですよね…そやからもう1つは普通ですよ」

竜華「あ、ホンマー?」ゴソゴソ

竜華「…………何これ、栄養ドリンク?」

船Q「媚薬です」

竜華「はっ?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:22:26.03 ID:hGKac+fLo

船Q「水に溶かせないし苦いので、飲ませるのは大変ですが」

竜華「え?」

船Q「1瓶飲んだら発情も発情」

竜華「いやいやいや」

船Q「一晩中園城寺先輩もヨガり続けること間違…」

竜華「待て!ひ、浩子!待って!」

船Q「え、なんですか?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:23:28.22 ID:hGKac+fLo

竜華「ふ、普通のプレゼントって言うたやんっ!」

船Q「ええ、媚薬プレイごとき普通です」

竜華「いやいや、そんなん、普段使わんわっ!」

船Q「あ、使わないプレイはしとるって事ですか?」

竜華「………………」カアアッ

船Q「…沈黙は、肯定ですかね?」

竜華「いや…えっと、うん」カアア

船Q「そーですよね、普段あんなにイチャイチャしてますもんね」

竜華「えぅ……誰にも言わんといてや?」

船Q「わかっとりますよ」

船Q「(部員みんな知っとる事ですけどね)」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:24:06.35 ID:hGKac+fLo

船Q「そや、せっかくやから、普段誰にも相談出来ない性の悩みとか聞きますよ?」

竜華「…えっと」

船Q「あ、あるんですね」

竜華「…誰にも言わんよ、ね?」

船Q「当然です、遠慮なさらずどうぞ」

竜華「えっと………」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:24:38.47 ID:hGKac+fLo

竜華「ほら、怜って、病弱やんか」

船Q「そうですねぇ」

竜華「やっぱり、無理させられへんから…その、あんまり…………」

船Q「していないと?」

竜華「うっ………うん」

船Q「実際もっとしたいと?」

竜華「あ、アホ言いなや!」

船Q「ここ誰も居ませんよ?正直になってください」

竜華「………………」

船Q「もっとしたいんですよね?」

竜華「………うん」カアアア


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:25:30.68 ID:hGKac+fLo

船Q「それなら、ご安心下さい」

竜華「へ?」

船Q「この媚薬、催淫作用に加えて滋養強壮もあります」

船Q「飲んだら園城寺先輩でも八連荘は余裕にいけますよ」

竜華「………そ、そか」

船Q「ふふふ、興味出てきましたね」

竜華「そそ、そんなことないわっ!」

船Q「まぁ先輩らの性活がうまく行くことを祈ってます」

竜華「(生活はうまくいっとるけど…)うん、ありがと」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:25:57.97 ID:hGKac+fLo

ガラガラ

怜「おつかれー」

竜華「!」ドキドキ

船Q「お疲れ様ですー」

怜「何の話してたんー?」

竜華「な、なんの話もしてないで!?」

怜「?何慌ててんの、竜華」

船Q「まぁ、色々あるんですよ、先輩にも」

竜華「…………」ダラダラ


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:26:32.93 ID:hGKac+fLo

怜「…あ、竜華っ」

竜華「え、なななな何?」

怜「今日練習終わったら泊まり来てくれへん?」

竜華「え、えぇ…?」

怜「おかーさん達が実家戻ることになって…1人やし寂しいんよ」

竜華「えっと……」

竜華「(あんな話したあとやから…)」カアア

怜「…………あかん…?」ジッ

竜華「い、いや、そんなことないでっ!!」

怜「なら、ええよな~?」ギュ

竜華「えぁ……あう」ドキドキ

怜「んー?」

船Q「(グッド ラックです!)」 グッ

竜華「(……ええ顔でガッツポーズ、やめっ!)」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 21:48:35.72 ID:hGKac+fLo

園城寺邸

竜華「おじゃましまーす」

怜「誰もおらんで?」

竜華「まぁ、なんとなく言わんと落ち着かんやん」

怜「んー……確かに、そうかもな」

竜華「(……どっちにしろ、落ち着かんけど)」ソワソワ

怜「………?」

怜「あ、先に部屋行ってて?」

竜華「う、うん」

――

竜華「(えっと…コレ飲ませるんか)」

竜華「(でも、水に溶けん怪しいモノ飲ませるとか…難易度高いな)」ウーン

竜華「(…口移し、しか思いつかん)」カアアア

竜華「(……怜が戻ってきたら、不意討ちで飲ませよっ)」

竜華「(口に含んでっ…と)」


21: ルート分岐1 2013/10/14(月) 21:56:48.65 ID:hGKac+fLo

怜「りゅうかー?」バタン

竜華「!?」

ゴクン

怜「なにしてんの?…あ、ご飯作る?」

竜華「(飲んでもうた……苦っ…て)」カアアア

怜「竜華、どしたん?」

竜華「(うっ……即効やん、コレ)」バクバク

怜「何赤くなってんの」プニ

竜華「!」

怜「へへ、可愛いー、竜華」プニプニ

竜華「……怜っ…」ギュッ

怜「へ?どしたん、竜華」

怜「(竜華から抱きついてくるなんて珍し…)」

ガチャン

怜「……ホンマに、どしたん?」

竜華「…ごめん、怜」

怜「(後ろ手に……手錠?)」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:09:30.68 ID:hGKac+fLo

竜華「怜……」ヒョイ

怜「竜華っ……目、怖いで……?」

竜華「ごめんな?先に謝っとく」

怜「りゅ、竜華……?」

竜華「優しく、出来へん」ドサッ

怜「きゃっ!…い、嫌っ!」

竜華「」ング

怜「え、りゅ、竜華…何飲んでるの?」

竜華「……」チュー

怜「んんぅっ!?」

怜「(なんか…流し込まれてるっ……)」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:16:40.74 ID:hGKac+fLo

怜「んぅ……んんっ」ゴク

竜華「…飲んだ?」

怜「はっ……な、なに飲ませたん?」

竜華「ふふ…お裾分け、や」

怜「おすそ……?」

竜華「怜…愛してる」ギュッ

怜「い、嫌っ!今言われてもっ…」ジタバタ

竜華「(手ー拘束するだけやと、抵抗が激しいな)」

カチャ

怜「……?外して、くれるん……?」

竜華「…ううん、」

ガチャン

竜華「完全に、動けなくしてあげる」

怜「!」

怜「(ベッドのパイプに拘束された…って)」

ドクン

怜「んっ!?」ピク


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:23:12.37 ID:hGKac+fLo

竜華「……効いてきた?」

怜「ふぁっ…んっ…な、何、これぇっ」

竜華「幸せになれる、お薬、や」チュッ

怜「んっ………ぁ」ピクピク

竜華「ふっ……ちゅ…んん」

怜「ひゃっ………ぁっ…ひゅぅ、かぁ…」

竜華「(アカン、まだキスだけやのに…)」バクバク

怜「ん…ぷはっ」

竜華「……怜」

怜「竜華ぁ…」トロン

竜華「(…でも)」フニ

怜「ひゃあっ」

竜華「………服越しに、胸触っただけやで?」

怜「そっ、やけどぉ………んぁっ…あっ」

竜華「(…怜んが、ヤバそうやな)」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:30:53.77 ID:hGKac+fLo

竜華「可愛いで、怜…」フニフニ

怜「あっ、あっ、……な、りゅう、か」

竜華「何?」

怜「その……んんっ…ち、直接…触って?」

竜華「えー?このままでも充分気持ち良さそうやん」ムニッ

怜「あっ…ぃ、いじわるっ……触ってやぁ…」クネクネ

竜華「…触って欲しいなら、自分で脱いでや?」

怜「………この状況、見たらわかるやろ、脱げんことくらいっ…」

竜華「えー、わからんわ」ムニムニ

怜「やぁっ…」

竜華「脱がして欲しい?」

怜「………」コクコク

竜華「…なら、『脱がせて』って、言うてや?」

怜「やっ…誰が、そんなっ」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:36:00.90 ID:hGKac+fLo

竜華「あ、嫌ならええけど?」スッ

怜「えっ……」

竜華「『脱がせて』って言うまで、待っとくわ」ゴロ

怜「っ」ガチャガチャ

竜華「ふふ、外れへんで、それ」

怜「(こんな状況で放置って…)」

怜「(じ、自分で触ることも出来へんし)」

竜華「♪」

怜「……ぅか」

竜華「ん?」

怜「竜華ぁ…お願い、脱がせて、触って?」

竜華「!」

竜華「(まさか、ホンマに言うとは…)」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:42:14.72 ID:hGKac+fLo

怜「りゅうかぁ…はよぉ……」モジモジ

竜華「…しゃーないな」バクバク

シュル

怜「んんっ」ビク

竜華「(リボンとっただけで…この反応か)」

怜「りゅうか…?」ハァハァ

竜華「…脱がす前に」ギュッ

怜「!?」

竜華「リボンで…目隠しや」

怜「えっ……竜華、待って」

怜「(体も下半身くらいしか動かせられへんし…目も見えへんとか、不安すぎる…っ)」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:45:59.84 ID:hGKac+fLo

プチッ

怜「あっ!」

……プチッ

怜「りゅ、竜華…一気に、脱がしてや」

竜華「こっちの方が、恥ずかしいやろ?」

怜「…た、たしかにそやけど」ドキドキ

プチッ

怜「ふぅっ………」ピクン

竜華「可愛いで…怜」チュッ

怜「んんっ………」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 22:54:06.04 ID:hGKac+fLo

竜華「(最後の1つ……)」

プチッ

怜「(あっ…全部、外されっ…)」

竜華「…綺麗やで?怜」

怜「い、言わんといて……」

竜華「可愛い、ホンマに……」クニ

怜「ああああっ!」ビクンッ

竜華「ふふ、先触られるの好きやなー?」クニクニ

怜「あっ、りゅ、そっ、ホンマにっ…あかんっ……ふぁっ!」

竜華「変態」

怜「へん、たいはっ…どっちやっ」

竜華「怜やろ」ピンッ

怜「あっ……」ピクッ

竜華「その証拠に」ゴソッ

怜「!だめ、そこはっ」

くちっ

怜「…んぁ…………!」カアアア

竜華「…ぐっしょりやん、変態」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:04:51.12 ID:hGKac+fLo

竜華「縛られて襲われてるのに、そんなヨガって…変態」クニッ

怜「……っ」ピク

竜華「…何か、言うてや」

怜「……その、下に置いてる左手やけど」

竜華「ん?これー?」クチッ

怜「んひゃっ……う、うん」

竜華「え、ホンマにこれ?」

竜華「(かるーく、指でスジを撫でてみよっ)」クチュ

怜「やぁっ……そ、それ以外、どこがっ…」

竜華「で、これがどしたん?」

怜「…………その」

竜華「んー?」

怜「もっと……はげしくっ…触って……?」カアアア

竜華「!」バクバク


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:12:30.98 ID:hGKac+fLo

怜「なあ、お願いっ…」

竜華「……ふふ、確かに、欲しがってるな?ここ」サワッ

怜「んっ………?」

竜華「ぐっしょり濡らして…ヒクヒクしとって……やーらしい」グチュ

怜「やっ…そんなっ……」

竜華「ん?否定するん?」ピタ

怜「えっ…?」

竜華「否定するような嘘つきさんには、ご褒美あげられへんなぁ?」

怜「(指当てられてるのに…動かしてくれへん)」ハァハァ

竜華「…イきたいなら、自分で動けば?」

怜「っ!」

竜華「(ヤバい……涙目の怜見てると…ウチも限界がっ……)」ジュン


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:21:04.21 ID:hGKac+fLo

竜華「………………」ジッ

怜「………………」ジッ

竜華「(ど、どないしよ、無反応や)」

竜華「(イジめすぎたかな…?)」

怜「………」クイ

ツプ

竜華「!」

怜「あっ!」ビクッ

グチュグチュ

怜「はっ………やぁっ」クイクイ

竜華「(怜が、ウチの指でっ……)」ゾクゾク

怜「(竜華、引くかな……?でも、止められへんっ…)」ビクンッ


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:31:28.26 ID:hGKac+fLo

怜「りゅっ……かっ……ああんっ」グチュグチュ

怜「おねがっ……触って……?」ハァハァ

竜華「………あかん、理性が限界や」プチン

竜華「…怜っ!」グチュッ

怜「ひゃあんっ!?」

竜華「怜……怜」クニクニグチュグチュ

怜「や、激しっ………りゅうかっ!」

竜華「(イかせずにもっと焦らそうと思ってたけど…無理や、ウチが無理や)」

怜「やめっ、りゅう、イッ、ちゃっ……」ビクンッビクンッ

竜華「……ええで、イきや」

竜華「怜っ…」チュー

竜華「(胸と、下も)」グッチュグッチュ

怜「んぅ、んっ、ぁっ………~~~~!」ビクッビクッ


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:38:48.99 ID:hGKac+fLo

怜「はぁっ………はぁっ……んっ」ピクッ

竜華「………気持ち、良かった?」

怜「んっ………」コクン

竜華「それならええわ……やけど」

グチュッ

怜「ー!?」ビクッ

竜華「……ウチ、まだ満足しとらん」

怜「…うん、ええよ、もう一回、しよ?」

竜華「ふふふ……可愛い、怜」

―――

―――

怜「はぁっ……あああ!」ビクンッ

竜華「怜……もう一回」

怜「やっ、もう、いやっ!」

竜華「なんで………?」

怜「も、10回もっ……!」ビクビク

竜華「…無理、ウチ我慢出来へん」

怜「っ!」ガチャガチャ

竜華「大丈夫、力抜いて……?」

怜「いや、壊れてまうっ……ひゃっ…んあああっ!」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/14(月) 23:46:06.14 ID:hGKac+fLo

――

竜華「………」スーピー

怜「っ………あ、ほ」ピクンッピクンッ

怜「やっと手自由になった…ホンマ、手錠が金属やったら今頃傷だらけやで」

竜華「んー………」ゴロリ

怜「たまには激しくされたいからって、船Qに媚薬預けたん、間違いやったわ…」ハァ

怜「なんや手錠て!聞いてへんよそんなんっ!」

怜「もう………」

竜華「ん…ときぃ……」スウスウ

怜「……りゅうかぁ」ギュー

怜「…」チュッ

怜「今日はやりすぎやけど…普段は、もっといっぱいしよな?」

竜華「んっ………♪」

おわり


41: ルート2 ヘタレ竜華 2013/10/15(火) 21:20:35.41 ID:WYoKUxJyo

怜「…ぼちぼち船Qから媚薬取り出して悶々としとる頃やなぁ」

怜「竜華のことや、口移しくらいしか思い付いてないやろ」

怜「不意打ちで入って竜華にうっかり飲み込ませよっ」トタトタ

怜「りゅうかー?」バタン

竜華「!あ、あ、怜」アタフタ

怜「(あれ…飲んでなかったか)」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:22:43.59 ID:WYoKUxJyo

竜華「あ、あのねっ!怜!」ポン

怜「どうしたん?竜華」

竜華「ひ、浩子からな?栄養ドリンク貰ったんだけど、要らん?!」オドオド

怜「…………(思った以上に下手くそやった)」

竜華「えっと…ど、どう?」

怜「いらんわ…船Qの栄養ドリンクなんて、怪しすぎるで」

竜華「そっか…だよね、ごめん」シュン

怜「(わ、犬みたい。可愛い)」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:26:00.22 ID:WYoKUxJyo

怜「…飲んで欲しいなら、竜華が先に毒味、して?」

竜華「え……」

怜「なんや、自分やと飲めへんモン飲ませようとしとったん?」ジトッ

竜華「い、いえ!飲みます!」アセアセ

竜華「…………」

怜「なぁ、飲まんの?」ワクワク

竜華「(っ……しゃーないか)」クイッ


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:30:50.82 ID:WYoKUxJyo

怜「(今やっ!)竜華っ……」 チュー

竜華「んんぅっ……!?」

怜「(ちょっと口からこぼれたけど…気にしてられへん)」チュル

竜華「っ………や」

怜「んんんぅ…(飲まつつ…ウチも、飲むー)」

ゴクン

怜「…………飲んだ?」

竜華「はぁっ…………う、うん」

怜「へへ、ウチも…飲んだよ」

ドクッドクッドクッ

怜「!(さっそく、ヤバそうやな…)」カアアア


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:31:39.11 ID:WYoKUxJyo

竜華「と、怜………?顔赤ない?」

怜「…わかっとる癖に」ドサッ

竜華「きゃっ!」

怜「ウチの体…熱うなってるで、触ってみ?」グイ

竜華「えっ………いやいや」

怜「これ、ただの栄養ドリンクやないよなぁ?」

竜華「あ………ぅ」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:34:35.63 ID:WYoKUxJyo

怜「ふふ…ウチにこんな薬飲ませて、何したかったん?」

怜「変態竜華」

竜華「………えっと、お、落ち着いて?怜…ね?」

怜「(あれ…竜華、興奮してないんかな?)」ハァハァ

――

船Q「園城寺先輩、すごいですねぇ…媚薬って発想とは」

船Q「まぁ……そんなにうまくいかせませんよ?」キラン

船Q「清水谷先輩に、貰った媚薬の解毒剤仕込んでおきました」

船Q「今頃、大変になっていますかねぇ……?」フフ


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:38:25.74 ID:WYoKUxJyo

竜華「(部屋明るいし、乗られてるし、恥ずかしっ…)」カアアア

怜「なぁ…変態竜華のせいで、ウチ」ヌギヌギ

竜華「!ちょっと、怜!?」

怜「…竜華の前で裸になってしもたやん。責任とってや?」

竜華「えっ、ぬ、脱いだんも、押し倒してるのも自分やんっ」

怜「(……なんで、ウチだけ発情してんねやろ…)」バクバク

竜華「(あ、あの媚薬効きすぎやろっ……)」カアッ


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:39:14.88 ID:WYoKUxJyo

怜「なぁ、竜華………抱いて?」

竜華「あ………あ」パクパク

怜「ほらっ……無茶苦茶にしてやぁ…」

竜華「っ…怜、お願い」ギュッ

怜「…あっ」ピクッ

竜華「おっ…落ち着いて、怜」

怜「やっ…耳元でっ………んぁっ」ビクンッ

竜華「ご、ごめん」パッ

怜「(…なんで、こんな、ウチだけっ)」ムラムラ


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:40:35.27 ID:WYoKUxJyo

怜「ゆっ…許さ、へん」

怜「竜華……手、上げて?」

竜華「え…こ、こう?」ヒョイ

怜「そうそう…んしょ」

ガチャン

竜華「…え?」

怜「手錠まで貰ってたんやな、変態っ」

竜華「え、え?」

怜「ふふふ…」ギシッ

竜華「(怜が上に跨ってきた…)」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:42:00.66 ID:WYoKUxJyo

怜「……りゅうかぁ……」

竜華「(上気しとるし…涙目だし)」

竜華「(ど、どないしよっ…)」

怜「んっ…」クチュ

竜華「へっ?」

こしゅこしゅ

怜「ん……あっ……」ビクン

竜華「(ふ、太ももに…擦り付けてっ……)」バクバク

竜華「と、怜…何をっ……」

怜「……竜華のふともも、気持ちええ…」ハアハア

竜華「いや、やめって!」

怜「…ん…やっ…め、られへんっ……んぁっ」ビクン


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:51:14.10 ID:WYoKUxJyo

竜華「ちょっ…怜、離れっ……」モゾ

怜「ひゃあっ!」ビクッ

竜華「!あ、ご、ごめん……」

怜「んーん……もっとっ…してっ……!」

竜華「(……き、効きすぎやろっ……)」ドキドキ

怜「……ぼちぼち、抱いてくれる気になった?」


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:51:43.49 ID:WYoKUxJyo

竜華「と…怜、」ガチャガチャ

怜「……外さんよ?」

竜華「…だ、抱くのに、邪魔やし」

怜「へへ、その気になってきたん?……んっ」

竜華「う、うん……そやから、早く」

怜「……んー、どーしよっかなぁ…」

カチャ

竜華「(!やった、逃げれるっ……)」モゾモゾ

怜「…何逃げようとしてんの」

ガチャン

竜華「えっ……?」


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:53:17.02 ID:WYoKUxJyo

怜「竜華に片っぽ付けてー」

ガチャン

怜「……もう片っぽはウチの手や」

竜華「あ…」

怜「りゅうかのおもっとることなんて…お見通しやで?」フフ

竜華「…………(どないしよっ…)」

怜「……抱いてくれるまで、離さんよ?」

竜華「(…も、腹括るしかないかっ……)」


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 21:58:40.92 ID:WYoKUxJyo

竜華「……ごめん、怜」ドサッ

怜「んっ……」

竜華「ふ、……普段通りでええやんな?」サワッ

怜「やっ…嫌やっ…いつもより、激しくっ………」ビクン

竜華「う……じゃ、辛かったら言ってな?」ニギッ

怜「んっ……あっ………うん、あ、その前に」

竜華「………?」

怜「………キス、して?」

竜華「…………うん」

ちゅっ

―――

―――


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 22:00:41.37 ID:WYoKUxJyo

怜「っー!」ビクンビクン

竜華「………イッ…た?」

怜「んっ………はっ…まだ、や」

竜華「え、でも…」

怜「………足りんっ……」コシュコシュ

竜華「!」

怜「んっ………お願いっ…!」

竜華「…………わ、わかった」

―――

―――

怜「ひゅうかぁ………も、いっかいぃぃ…」ウルウル

竜華「………(お、終わりが見えんっ…)」ドキドキ

怜「あああっ……あっ…あ」ガクガク

竜華「怜…体が、もう、アカンやろ…」

怜「ううんっ……もっとぉ…あっ」ビクビク

竜華「ううぅ……」


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 22:04:56.06 ID:WYoKUxJyo

怜「……ん?朝か…」

竜華「あ、と、怜!おはよう!」カチコチ

怜「……?どしたん、竜華」

竜華「え…あ………昨日の、忘れた…?」

怜「え……あぁ…思い出すと、恥ずいなぁ…」カアアア

竜華「……ウチも、大概恥ずかしかったっ…」カアアア

怜「……でも、な?竜華」

竜華「…………?」

怜「普段もっ……あのくらいでっ……ええで?」

竜華「………え…」

怜「…………っ」フイ

竜華「………わ、わかった、もっと、頑張るな?」ギュッ

怜「んっ………あ、りがと」


おわり


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 22:06:24.66 ID:WYoKUxJyo

もう終わりでいいよ、な…?
乱文、読んでくれてありがとう


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/15(火) 23:00:26.74 ID:stmBTJd0o

乙ー!すばらな竜怜や!
せやけど槍槓や!



元スレ:竜華「手錠を貰った」

他サイト様の最新記事