1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:36:34.41 ID:yCvap8io0

ニャル子「あ、あの…」

真尋「なんだ?早くよこせよ…」チッ

ニャル子「真尋さん…そろそろ仕事を…探すとか…その…」

真尋「あ…?」

ニャル子「っ!」ビクッ

ニャル子「ご、ごめんなさいっ…」

真尋「…」

真尋「仕事、探しに行くから交通費くれって言ってるんだ」

ニャル子「ほ、ホントですか!?」パァッ

真尋「あぁ、だから早く金くれよ」

ニャル子「は、はいっ!頑張ってくださいねっ!真尋さんっ!」スッ

真尋「…じゃ、出かけてくるから」パタン

ニャル子「いってらっしゃい!真尋さんっ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:46:20.77 ID:yCvap8io0

真尋「あー…」

真尋「また負けた…」チッ

真尋「あと三千あれば大当たりくらい出たはずなのにっ…クソッ…」

真尋「どーするかなぁ…公園で時間潰してよう…」フラフラ

真尋「はぁ…仕事かぁ…」

真尋「…」

真尋「ま、いっか、アイツ公務員だし」アハハ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 19:54:44.81 ID:yCvap8io0

―――――

真尋「ただいまー…」ガチャ

ニャル子「!」ピコーン

ニャル子「真尋さん!どうでしたかっ!?」ソワソワ

真尋「あー…ダメだったよ、頑張ったんだけどさ、うん」

ニャル子「そう…ですか…で、でも次がありますよ真尋さんっ!」

真尋「…」

ニャル子「真尋さんが本気になれば仕事の一つや二つすぐにでも見つかりますからっ!」

真尋「…」イラッ

真尋(クソッ…うるさいんだよお前は…ただでさえ負けてイライラしてるってのに…)

真尋「晩飯」

ニャル子「はい…?」

真尋「腹減ったから飯!」ガンッ

ニャル子「ぁ…すいません、すぐ作りますねっ…」トテテー

真尋(チッ…飯くらい作って待ってろよ…)イライラ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:33:06.35 ID:yCvap8io0

真尋(あー…イライラする…)

真尋(最近ストレス溜まってるのかな…やっぱり…)

真尋「発散しないとな…」ボソッ

ニャル子「まっひろさーん!ご飯の用意ができましたよっ!」

真尋「…」

真尋「あぁ、今行くよ…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:40:19.60 ID:yCvap8io0

ニャル子「どうですか真尋さん!」ジャーン

ニャル子「今日は張り切って作りましたからねっ!」

ニャル子(真尋さんが仕事見つかったお祝いのつもりで準備してたので豪華にしちゃいましたが…仕方ないですし、前祝いですね!)

真尋「ふーん…」

ニャル子「どうぞ、冷めないうちにっ!」ソワソワ

真尋「…」モグ…

ニャル子(美味しいって言ってくれますかね…?)ドキドキ

真尋「マズイ」

ニャル子「…えっ…?」

真尋「…」スタスタ

ニャル子「ま、真尋さん…どこに行くんですか…?」オロオロ

真尋「…」ポイ

ニャル子「っ!?」

真尋「ダメじゃないか、生ゴミ増やしちゃ」

ニャル子「えっ…えっ…?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 20:55:16.05 ID:yCvap8io0

真尋「こんなの食べられたもんじゃないよ…全く…」

ニャル子「ぅ…」

真尋「…」

ニャル子「あ、あははっ…ごめんなさいっ…お口に合わなかったですか…次は頑張って作りますからっ…」

真尋「いいよ、食材もったいないし」

ニャル子「…っ」

真尋「ゴミ増やされても困るだけだから」

ニャル子「…」

ニャル子「わかり…ました…」グッ

真尋「じゃあ僕は外で食べてくるから」

ニャル子「…」

真尋「おい」

ニャル子「は、はいっ…!」ビクッ

真尋「金ないと外食できないだろ?ほら、早く」

ニャル子「~~~っ!」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:01:16.51 ID:yCvap8io0

ニャル子「…」スッ

真尋「じゃあ、出かけてくる」

ニャル子「あ、あのっ…真尋さんっ…」

真尋「なんだよ?」

ニャル子「ぁ…いえ…」

真尋「言いたいことあんなら言えよ」

ニャル子「…」

ニャル子「…美味しいもの、いっぱい食べてきたくださいねっ…」ニコッ

真尋「…」パタン

ニャル子「…」

ニャル子「頑張って…お料理したのに…私っ…真尋さんにっ…喜んでもらいたくてっ…」

ニャル子「ひっく…うぁ…うぇぇ…っく…」ポロポロ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:11:58.24 ID:yCvap8io0

―――――

真尋「…」テクテク

真尋「ぷっ…くくっ…」

真尋「あははっ!あー…スッキリした!」

真尋「これから食べるご飯が一層美味しくなるよ」

真尋「あはは、廊下まで泣き声聞こえてきたな…泣き顔見れなかったのは惜しいけどね」アハハ

真尋「…」

真尋「…クソッ!」

真尋「気分いいはずなのにっ…」

真尋「なんでこんなにイライラするんだよっ…!」イライラ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 21:26:35.21 ID:yCvap8io0

―――――

ニャル子「ひぐっ…うぅ…」ゴシゴシ

ニャル子「なんで…こんなことになったんでしょうねぇ…ひっく…」

ニャル子「以前はあんなに優しかった(?)真尋さんが…」

ニャル子「…」

ニャル子「そう…でした…私の所為でした…あはは…ダメですねぇ…私がちゃんとしないから…」

ガチャ

ニャル子「ぁ…お、おかえりなさいっ…真尋さ…」

クー子「…」

ニャル子「クー子…?」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 00:54:08.13 ID:TEwp3eBT0

クー子「……ニャル子、久しぶり」

ニャル子「どうしたんですか、いきなり」

クー子「……私もニャル子のひもになりたい」

ニャル子「どうやら死にたいようですね」

クー子「……ニャル子はお金を、わたしは身体を差し出すギブ&テイク」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:02:05.32 ID:TEwp3eBT0

ニャル子「今夜の私は手加減しませんよ」

クー子「……かまわない。ニャル子とならどんな激しいプレイでも受け入れる」

ニャル子「相変わらず気持ち悪い女ですね」

クー子「……褒めてもなにも出ない」

ニャル子「褒めてませんよ脳みそ固形燃料」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:09:17.15 ID:TEwp3eBT0

クー子「……邪神は傷つけ合わないとわかりあえない、悲しい生き物」

ニャル子「あにが言いたいんですか?」

クー子「……ぶってほしい」

ニャル子「おーけー、流れ星になりなさい」

ハス太「ちょっちょっと待ってニャル子ちゃん!」
ハス太「んもう、クー子ちゃんもふざけてないで」

ニャル子「ハス太くんじゃありませんか。なんで今日は懐かしい顔が揃ってるんですか」

クー子「……ニャル子に伝えたいことがあってきた」

ニャル子「伝えたいこと?」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:12:32.70 ID:TEwp3eBT0

クー子「……少年の事」

ニャル子「真尋さんがどうしたんですか?」

クー子「……ニャル子、今幸せ?」

ニャル子「ッ! そりゃあ幸せに決まってるじゃないですか!」
ニャル子「なんて言ったって真尋さんと同棲してるんですからね!」

ハス太「ニャル子ちゃん……」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:17:57.47 ID:TEwp3eBT0

クー子「……隠さなくてもいい。ニャル子達の事は宇宙盗聴器でわかっている」

ニャル子「さりげなく凄い事をカミングアウトしましたね」

ハス太「僕は盗聴器なんて使わなくても風を操れば聞こえるもん!」

ニャル子「もっと性質が悪いじゃないですか」

クー子「……ハス太くんはチートすぎる」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:25:56.18 ID:TEwp3eBT0

ニャル子「あとで覚えておきなさいよ」

クー子「……ニャル子、少年と同棲する時に決めた私との約束覚えてる?」

ニャル子「約束?」

クー子「……もし少年がニャル子を悲しませる様なことをしたら少年を消し炭にする約束」

ニャル子「んなもんした覚えがないんですが」

クー子「……それも無理はない。ニャル子が寝てる時にした約束」
クー子「……誓いのキスもした」

ニャル子「よしわかりました、女に産まれてきた事を後悔させてやります」


166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:34:24.19 ID:TEwp3eBT0

ハス太「クー子ちゃん! また話がそれてきてるよ!」

クー子「……うっかり。ハス太くんは名司会」

ニャル子「あんだってんですか、私は料理の練習をするのに忙しいんですからね」
ニャル子「用事があるならちゃちゃっと済ませてくださいよ」

クー子「……少年が、いま悩んでる。」
クー子「……半分はニャル子のせいで悩んでる」

ニャル子「私の……せい?」


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:37:35.88 ID:TEwp3eBT0

ハス太「ニャル子ちゃんのせいっていうか! ……あのね」
ハス太「ニャル子ちゃんは昔からなんでも出来たでしょ? 初めての事でも」

クー子「……それが少年にはプレッシャーになっている」
クー子「……言うなればニャルコンプレックス」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:43:43.31 ID:TEwp3eBT0

ニャル子「そんな……じゃあどうすればいいっていうんですか!?」

クー子「……私が少年と同棲する。元ダメ人間もといダメ邪神の私なら少年の事を理解できる」

ニャル子「そんなの嫌に……ダメに決まってるじゃないですか!」
ニャル子「やっとやっと真尋さんが私の事を好きになってくれたのに」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:52:36.68 ID:TEwp3eBT0

クー子「……冗談。弱ってるニャル子は良い反応をする。解決方法は2つある」
クー子「……少年を消し炭にするか私が同棲するか私とちゅっちゅするか……」

ニャル子「3つじゃないですか、どれも嫌ですよ」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 01:55:43.27 ID:TEwp3eBT0

クー子「……ニャル子がダメ人間になるか」

ニャル子「私がダメ人間に?」

クー子「……そう。少年がこうなったのはいつからか思いだしてほしい」

ニャル子「真尋さんが大学生になって私と同棲するようになってからですが……」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:05:33.56 ID:TEwp3eBT0

クー子「……その時、ニャル子はなんて言った?」

ニャル子「真尋さんは私が養ってあげます! 真尋さん激マブにラブってます!」

クー子「……少年は大学に入って同棲してと一片に環境が変わり追いつくだけで精一杯」
クー子「……同棲してからニャル子は少年になんでもしてあげるようになった」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:12:13.66 ID:TEwp3eBT0

ハス太「真尋くんはね、ニャル子ちゃんに甘えるのがすごく苦しかったと思うんだ」
ハス太「なんとかしなきゃ!って思ってもニャル子ちゃんがあの手この手と触手を伸ばしてなんでもしちゃうし」

クー子「……少年は本来、すごく面倒見のいい子。面倒を見られる事に慣れていない」
クー子「……少年はどこまで甘えていいのかがわからなかった」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:22:49.87 ID:TEwp3eBT0

クー子「……人間は慣れる生き物。だんだん感覚が麻痺して以前の少年なら言わない事やらない事もするようになった」
クー子「……その結果がさっきのニャル子達」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:26:16.89 ID:TEwp3eBT0

真尋「あー腹立つ。そういえば今日って僕らが同棲始めた日だよな」
真尋「ケーキでも買ってって記念日だからとか言いながらニャル子に見せたら驚くよな」
真尋「それでそのケーキをニャル子の顔にぶつけたらなんていうかな。あははっ楽しみ」


184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:35:48.76 ID:TEwp3eBT0

クー子「……まだニャル子達はやり直せる。ニャル子達の同棲は始ったばかり」

ニャル子「少年誌の打ち切りみたいで不吉だから辞めてください」

クー子「……私にいいアイディアがある。英語で言うとグッドアイディア」
クー子「……少年の母性本能を呼び起こす」

ニャル子「母性本能って。真尋さんは男の子です。それはそれは立派なおちんち」

ハス太「ニャル子ちゃん><///」

クー子「……ニャル子耳貸して。……ごにょごにょごにょ」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:38:02.77 ID:TEwp3eBT0

真尋「ニャル子ー! ただいまー」
真尋「今日ってさ、僕らが同棲始めた日だろ?」
真尋「お祝いしようと思ってケーキ買って来たんだ」

真尋「ってあれ? ニャル子ー? どっか出掛けたのか?」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:45:43.35 ID:TEwp3eBT0

真尋「ちっ。ケーキを冷蔵庫にしまっておくか」

真尋「出掛けるなら食器を水に漬けて洗ってから出かけろよ。」
真尋「ご飯粒がカピカピなると洗いにくくなるだろ」

真尋「いつもなら出掛けるにしても全部完璧にこなしててからいくのに……」
   「……なにかあったのか?」

真尋「なにかあったとしても邪神だしなんとかなるか」
真尋「テレビでも観よ」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 02:52:15.87 ID:TEwp3eBT0

真尋「……ニャル子が居ないと静かだな」
真尋「明日も朝からパチンコ行くし寝るか」

真尋「やっぱベッドは落ちつくなー。ニャル子が隣に居ないとベッドが広くていい」

真尋「っと、メールだ。ニャル子かな」

真尋「クー子からだ。珍しいな」

クー子メール文面「 そ し て だ れ も い な く なっ た 」


真尋「なんだこれ? もしかしてアニメ最終回と関係あるのか?」


193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:01:57.40 ID:TEwp3eBT0

真尋「こんな事言う位だし、クー子ならなにか知ってるかも知れない。聞いてみるか」

真尋メール文面「そしてだれも居なくなった? ニャル子がどこ行ったか知ってるのか?」

真尋「送信っと」
真尋「早いな。もう返事が返ってきた」

クー子メール文面「ミスリードを誘ってみただけ。ニャル子? ニャル子なら私の隣で寝てる」

真尋「相変わらず何j考えてるかわからないな、さすが脳みそ固形燃料」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:04:56.96 ID:TEwp3eBT0

真尋「ったく、どこに行ったんだよニャル子のやつ」
真尋「別に心配してるわけじゃないぞ。ニャル子がいないと明日のパチンコ代が貰えないからな」
真尋「ほんとにそれだ……け……zzz」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:08:28.23 ID:TEwp3eBT0

真尋「朝か。いつの間に寝てたんだ」

真尋「おーいニャル子ー。朝ご飯はー?」

真尋「ニャル子ー? おーい」











真尋「……ニャル子……まだ帰って来てないのか」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:15:16.89 ID:TEwp3eBT0

真尋「ニャル子が居なくなって1週間か」

真尋「生活費はニャル子がいざっていう時のために貯めていたお金があるからなんとかなるけど……」

真尋「ニャル子が家事をしないからどんどん家が汚くなっていくな。」


真尋「そういえば一週間もパチンコ行ってないな。不思議とこのお金はパチンコで使う気になれないんだよな」




真尋「汚れているものを見るとなんかもやもやする。久しぶりに掃除でもするか」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:24:28.96 ID:TEwp3eBT0

真尋「ふぅ。一通り掃除したかな。だいぶ綺麗になった」
真尋「なんだか懐かしい気分だ」

真尋「それにしても掃除してる途中で額縁に入ってるフォークを見つけた時はびっくりしたな」


真尋さんが初めて私を刺したフォーク(はぁと)


真尋「あいつも変な所律儀だよな。こんな物を大事そうにとっておくなんて」


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:33:45.33 ID:TEwp3eBT0

真尋「ニャル子にろくなプレゼントって渡したことなかったっけ。」


真尋「働こうかな。ふふっニャル子のやつ僕が働いてるの知ったら驚くぞ」



真尋「ハローワークって邪神ハンターの求人なんてあるのか」
真尋「……ツッコんだら負けだよな。」


真尋「すいません、この求人に応募したいんですけど!」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:45:26.14 ID:TEwp3eBT0

真尋「とんとん拍子で仕事が決まり、初仕事でアマゾンの奥地に住む、アグネスという邪神を狩りに来たんだが……」
真尋「居ないな」

真尋「さっさと狩って報酬を貰ってそれでニャル子にプレゼントを渡すんだ」



???「グタタン!」

真尋「グタタン! 久しぶりだな。また迷子になったのか?」

グタタン「えへへ、おにいたん久しぶり!」

真尋「グタタン、アグネスって邪神見なかったか?」

グタタン「おにいたん、たぶんあれじゃないかな」


アグネス「ポルノぉおおおおおお ジドウポウルノぉおおお」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:51:16.42 ID:TEwp3eBT0

グタタン「えへへ戦闘シーンは、自主規制っておにいたんがいってたよ!」
グタタン「D・VD! D・V・D!」



真尋「結構手間取ったな。報酬も貰ったしプレゼントも買ったし家に帰ろう」




真尋「……ニャル子帰ってきてるかな」


214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:55:10.44 ID:TEwp3eBT0

真尋「ただいまー! ニャル子居るか? 渡したい物があるんだ」


真尋「おーいニャル子ー?」 


真尋「……居ないか。来た時も突然なら居なくなるのも突然だよな」

真尋「それもこれも自業自得か。ニャル子にずいぶんひどいことしてきたしな。嫌気がさして出ていくのも当たり前だよな」


217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 03:57:33.34 ID:TEwp3eBT0

真尋「もうどれくらい会ってないんだろな、会いたいな」

真尋「……はぁ。疲れたし今日は眠ろう。」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:09:42.38 ID:TEwp3eBT0

真尋「もう朝か。疲れてたのにあまり眠れなかったな」
真尋「お腹すいたな。朝ご飯食べよう」


クー子「……少年、朝ご飯まだ?」

ニャル子「あっ真尋さんおはよーございます! いやー真尋さんは今日も素敵ですね!」

ハス太「真尋くん、おはよっ」

真尋「ん、ああ。おはよう。今、朝ご飯作るからな」

クー子「……ごっはん、ごっはん」

ニャル子「ちょっクー子よそ見してないで閃光玉投げなさいよ。まったく使えない奴ですね」


真尋「ほら、朝ご飯で来たぞって、えええええええええええええ!」
真尋「ニャル子どこ行ってたんだよ! 心配したんだぞ!」

ニャル子「ちょっと仕事の引き継ぎとかがありましてね! ばたばたっとしてました」

真尋「引き継ぎって、まさか」

ニャル子「ええ、仕事辞めちゃいました! それで自堕落な生活を送ってたんですけどニートっていいもんですね!」

クー子「……私も自宅警備員にジョブチェンジ」

ニャル子「ネトゲがこんなに面白いものなんて思いませんでしたよ!」


226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:21:09.08 ID:TEwp3eBT0

ハス太「僕はちゃんと働いてるからね!」

ニャル子「ネトゲの世界でも頂点に立つ這いよる混沌ですよ私は!」
ニャル子「それはそうと、真尋さん働き始めたんですね! 素敵です! 子供を作りましょう!」

真尋「いやその理屈はおかしい」
真尋「いやおかしくないか」

クー子「……少年、ニャル子へのプレゼントは?」

真尋「ん? ああ、寝室に置いてある。ってなんでクー子、プレゼントの事知ってるんだ?」

クー子「……宇宙盗聴器で全てまるっとお見通し」

真尋「今回の伏線はそこか! 僕が居ない所で変な伏線を張るんじゃない!」

ニャル子「うっふふまっひろさぁん! プレゼントってなんですか? もしかして真尋さんの子種ですか! うっはぁー! きゃー!」

真尋「はぁ。なんでこんなやつの事好きになっちゃたんだろ」

ニャル子「えっ! 真尋さんなんですか? ばっちり聞こえてますけど もっと大きな声で!」


229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:25:27.62 ID:TEwp3eBT0

真尋「ニャル子好きだー! 結婚してくれー!」

クー子「……デジャブ?」

ニャル子「もちろんです! それはそうと真尋さん」

真尋「なんだ?」

ニャル子「お金くださいお金! ネトゲの課金するんで!」
ニャル子「課金しないとこのけしからん装備を買えないんです!」

真尋「ほら、ニャル子。お前は僕が養ってやるぞ!」




終わり


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:30:42.58 ID:TEwp3eBT0

保守ありがとうございました!

初めてSS書いたのですが、難しいですね。、

いきあたりばったりで書いたので矛盾が出たりして大変でした。


真尋さんは面倒を見られるより見る方が好きだと思うので
ニャル子のだらだらした姿を見て幸せを感じていると思います


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 04:36:47.86 ID:KkwseWZN0

超乙
最後に救済されて良かった



元スレ:真尋「ニャル子、金」ニャル子「は、はい…真尋さん…」

他サイト様の最新記事