1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:02:46.71 ID:wXpNAITL0

幼照「咲、目を閉じて」

幼咲「え?なぁに」

幼照「いいから、目を閉じて」

幼咲「う、うん…」

幼照「……」

幼咲「お、お姉ちゃん…」フアンゲ

幼照「…いいよ、開けて」

幼咲「……」オソルオソル

幼咲「!!」

幼照「咲、誕生日おめでとう」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:04:33.81 ID:wXpNAITL0

幼咲「うわぁーすごいすごい!きれいな花!」

幼照「コスモスっていう花だよ」

幼咲「コスモス…へぇコスモスかぁ」キラキラ

幼照「うん」

幼咲「どうやって、こんなにたくさん集めたの?」

幼照「んー秘密」

幼咲「えー」

幼照「咲に、似合うと思って」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:10:01.44 ID:wXpNAITL0

幼咲「そ、そんな…///」テレテレ

幼照「ほら、よく似合ってる」

幼咲「えへへ、そうかな…?」

幼照「うん。可愛いよ」

幼咲「ありがとう!お姉ちゃん!」

幼照「……」

幼照「ねぇ、咲。咲って名前は…」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:15:22.07 ID:wXpNAITL0

--------------
-------
--

照「……っ!!」パチッ

照「ゆ、ゆめ…?」

照「……」キョロキョロ

照「まだ、6時…」

照「はぁー…」

どうして、こんな夢を見たのだろう?
もうずっと、幼いころの夢を見ていなかったのに。

照「あっ…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:17:22.28 ID:wXpNAITL0

照「10月27日…」

そうか、今日は咲の誕生日。
それであんな夢を見たのか。

幼いときの記憶。それは、あまり思い出したくない
でも、大切な記憶。

照「咲…」

咲は、私の妹は、あまり笑わない子だった。
別に、根暗なわけじゃない。ただ、とても人見知りをした。
親戚や近所の人にも、いつもおどおどとしていて
せっかく、親切な人にアメなんてもらっても、泣きそうな顔をする。


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:20:05.22 ID:wXpNAITL0

けれど、私には違った。
私が思い出せる咲の表情は
恥ずかしそうだったり、嬉しそうだったり、ときには泣きながらだったりしたけれど
どれも、笑っている。
咲は、私の前ではよく笑う、可憐な女の子だった。

そうだ。あの頃、咲を笑わせることができるのは私だけだった。
そのことが、なによりも誇らしかった。


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:23:40.13 ID:wXpNAITL0

あぁ、でも


「どうして、なにも言ってくれないの…?」


胸が、締めつけられる。


「お姉ちゃん!!」


あの笑顔を見ることは、もう、無い。


私が、母と一緒にあの家を出た日から。
ううん。あの出来事があった日から…


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:32:17.23 ID:wXpNAITL0

淡「テルー!!」ドンドン

照「」ビクン

ぼーっとしていた。
もう、みんな起きてくる時間か。

照「ど、どうしたの?日曜の朝から」

淡「なに言ってんのテルー?日曜だから起こしてあげたんじゃん!!」

照「ずっと、起きてたよ」

淡「え?そうなの?返事しないから寝てるのかと思った」

照「あぁ、ちょっと考え事してて」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:37:23.01 ID:wXpNAITL0

淡「まぁ、起きてたなら話は早いよ!遊びに行こう!」

照「え…休日に?」

淡「休日だから遊びに行くんだよ!」

照「あー…どうしようかな…」

誠子「行きましょうよ!先輩!」

照「え、誠子も?」

菫「そうだぞ、照。休みの日くらい麻雀のことは忘れろ」

尭深「茶葉を切らしていたので、ついでに…」

照「……」

淡「ほらーチーム虎姫全員集合だから!」

照「いや、ちょっと私は…」

淡「テルがサボりとかないよ!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:40:58.38 ID:wXpNAITL0

照「……」

照「あー…なんか、体がダルい…」

淡「えっ、大丈夫?テルー」

菫「ついていた方がいいか?」

照「いや、そこまでじゃ…」

尭深「季節の変わり目ですから、油断しない方が」

誠子「よし!今日は先輩の看病を…」

照「そ、それは大丈夫!!」

菫「そ、そうか?」

淡「気にしなくていいんだよ?テルー」

照「寝てればよくなるから。みんなは楽しんできて」

菫「照…」

照「じゃあ、そういうことで」パタン


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:45:10.15 ID:wXpNAITL0

---------

照「はぁーー…」ポフッ

照「サボっちゃったなぁ…」

ダルいのは、嘘じゃない。
頭が、いつもより重くて、とてもみんなと遊びに行く気分じゃない。

照「……」グゥーー

照「…お腹、空いた」

照「……」

人の誘いを断ると、なにもする気がおきないのはどうしてなんだろう?
布団の心地よさも手伝って、体を起こすことができない。

照「…いいや、もう一度、寝よう」

口に出してしまうと、すぅっと意識が遠のいていく。


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:52:43.07 ID:wXpNAITL0

宮永母「おかえり咲」

幼咲「ケーキだ!!」

宮永父「そうだよ。今日は、咲の誕生日だから」

幼照「ハッピバースデートゥーユー!ハッピバースデートゥーユー!」

宮永母「咲、誕生日おめでとう」

幼咲「えへへ、ありがとー!」

幼照「咲、何歳になったの?」

幼咲「5歳!!」

幼照「そっか、じゃあロウソクは5本だね」

幼咲「えー立てなくていいよー!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:56:56.02 ID:wXpNAITL0

幼照「どうして?」

幼咲「だって、ケーキが崩れちゃう…」

幼照「5本じゃ崩れないよ」

幼咲「崩れるよ!だって去年より多いもん!」

幼照「あはは、そっか」

幼咲「そうだよ!」

幼照「じゃあ、ロウソクはやめにしよう」

幼咲「うん!」

幼照「じゃあ、いただきます」

幼咲「いただきまーす」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 00:59:57.79 ID:wXpNAITL0

幼照「……」モグモグ

幼咲「……」モグモグ

幼照「…咲、おいしい?」

幼咲「うん!!」

幼照「……」モグモグ

幼咲「……」モグモグ

幼照「…あれ?咲、プレート食べないの?」

幼咲「ふぇ?」

幼照「これ、食べられるんだよ」パクッ

幼咲「あっ…」

幼照「あ…」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:05:55.85 ID:wXpNAITL0

幼咲「…っ…ぐすっ…」

幼照「ご、ごめん!悪気はなくて…」

幼咲「…えぐっ…うえーんー!」

幼照「か、代わりに!…は、ならないかもしれないけど、私のいちごあげるから…」

幼咲「えぐっ…いらない…」

幼照「そんなに好きだったんだ…」

幼咲「ち…ちがう…」

幼照「?」

幼咲「た、たべないで…とっておこうとおもったのに…ひっく」

幼照「え?どうして?」

幼咲「だって…『おめでとう』って…」

幼照「あー…」

幼咲「う、うれしかった…から…」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:12:47.19 ID:wXpNAITL0

幼照「…でも、食べ物だからくさっちゃうよ?」

幼咲「えっ」

幼照「大丈夫。そんなに大事にとっておかなくても来年があるよ」

幼咲「ほ、本当に…?」

幼照「うん。来年も再来年も、ずっと」

幼咲「そ、そっかぁ…」ホッ

幼照「…ごめんね。勝手に食べちゃって」

幼咲「ううん。もういいよ」

幼照「やっぱり、いちご、あげる」

幼咲「んっ…」

幼咲「……」ムグムグ

幼照「…おいしい?」

幼咲「うん!」

幼照「そう」ホッ

幼咲「ありがとう!お姉ちゃん!」パァァッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:20:11.52 ID:wXpNAITL0

--------------
-------
--

照「……っ!!」パチッ

照「…また…ゆめ…」

照「来年も、再来年も…か…」

無責任なことを、言ってしまったな。

照「……」ポフッ

照「……」

照「……」ガバッ

今日は、何度寝ても同じような夢を見る気がする。


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:22:32.85 ID:wXpNAITL0

照「…そうだ。来週までに返さなきゃいけない本」

照「……」ペラッ

照「……」

照「……」ペラッ

照「…あれ?この人誰だっけ?」パラパラ

照「…あぁ、そうだ、妹だ」

照「……」

照「……」パタン

本の内容が、全然頭に入ってこない。


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:25:58.75 ID:wXpNAITL0

照「麻雀でも…」

照「あ」

照「淡たち、いないんだっけ…」

照「…ネトマでいっか」

PC「対局を開始します」

照「……」カチッ

PC「……」コトッ

照「……」カチッ

PC「……」コトッ

照「……」カチッ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:28:44.58 ID:wXpNAITL0

PC「…ロン」

照「」ビクン

照「…ネトマ、嫌い」

だめだ。なにをしても集中できない。
原因は分かっている。

でも、だからって何かできるわけじゃない。

照「…散歩にでも、行こう」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:33:34.24 ID:wXpNAITL0

---------

照「あーあ、淡たちにあぁ言ったのに」テクテク

外に出たら、少し気が軽くなった。
ここには、あの場所を思い出すものがない。

白糸台は、思ったより田舎で、でも長野よりは都会だった。

高層ビルが立ち並び、歩く人はたくさんいるのに、目が合うことはない。
東京はそんなところだろうと、思っていた。

しかし白糸台は、東京でもなかなか外れらしい。
低い戸建はたくさんあるし、人懐っこいおばさんと目が合えば挨拶くらいする。
思っていたより、あたたかい町だった。


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:36:37.56 ID:wXpNAITL0

でも、星は見えないし、高い山々だってない。
野生のコスモスも、咲いていない。

そうだ。あのコスモスは、野生のコスモスを摘んだんだ。
まだ、咲が行けないような、少し遠いところに咲いていたから。

照「コスモスかぁ…」

照「…え?」

驚いた。
あのときみたいな、コスモスが咲いていたから。


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:41:20.38 ID:wXpNAITL0

花屋「いかがですか〜」ニコニコ

バケツの中でだけど。

照「…えっと、綺麗ですね」

花屋「ふふ、コスモスですか?」

照「は、はい」

花屋「やっぱり、この季節はコスモスですよね〜」

照「そうですね…地元では、よく咲いていました」

花屋「あれ?お客様はこちらの方じゃないんですか?」

照「はい。実家は長野の方で…」

花屋「へぇ、長野!田舎ですね〜」

照「……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:43:27.92 ID:wXpNAITL0

花屋「あ、ごめんなさい!悪い意味で言ったんじゃないんですよ」

花屋「ただ、そんなに自然が多いところに咲いてたなら、すごく綺麗だろうな〜って」

照「…えぇ、とても綺麗でした」

花屋「ですよね〜。見てみたいな〜」

照「あの、それ、全部ください」


なにを、言っているんだろう?


花屋「え、全部?」

照「はい、そこにあるコスモス、全部ください」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:48:49.65 ID:wXpNAITL0

花屋「は、はい、かしこまりました!」

照「プレゼント用でお願いします」


誰に、プレゼントするの?


花屋「はい!」

自分でも、よく分からなかった。
ただ咲が、この花に囲まれているところを想像したら、胸が高鳴った。

贈れるはずないのに。

そうだ、匿名でこっそり送れば?

いや、今日送っても届かない。
そもそも、花なんて送ったら萎れてしまう。

花屋「お待たせしました!」

照「…はい」ズシッ

なかなかの量だった。
本当に、どうするつもりなんだろう?

照「あの、やっぱりこれ…」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:53:04.38 ID:wXpNAITL0

淡「あ、テルーじゃん!!」

照「!?」

花屋「ありがとうございました〜」

しまった。
断るタイミングを逃してしまった。

淡「寝てるんじゃなかったの!?」

照「いや、これはその…」

淡「てか、なにその花束!!」

照「あ、えぇっと、これは…」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:56:37.01 ID:wXpNAITL0

菫「お、綺麗な花束だな」

尭深「コスモスですね」

誠子「コスモスの花言葉ってたしか『少女の純真ですよね〜」

淡「えっ!誠子って花言葉とか覚えてるタイプなの!」

尭深「…意外」

誠子「どういう意味だよー!」

照「……」

まぁ、いいか。
この花は、部室にでも飾ればいい。


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 01:58:29.86 ID:wXpNAITL0

淡「てか、テルー元気になったなら、ケーキ買いに行こうよ!」

照「ケーキ?」

尭深「近くに、有名なところがあるんですよ」

照「へぇ…」

誠子「結構前にできてたんですけど」

菫「部活が忙しかったからな」

淡「よーし!そうと決まったら、レッツゴー!!」

照「え、えぇ?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:03:04.57 ID:wXpNAITL0

----------

ケーキ屋「いらっしゃいませー」

淡「うおーおいしそう!」

尭深「本当だね」

誠子「どれにするか迷うなー」

照「私は、なんでもいい…」

淡「なに言ってんの!このお店といったら決まってんじゃん!」

淡「すみませーん、これ5個くださーい」

ケーキ屋「かしこまりました」

誠子「こら、なに勝手に決めてんだよ」

ケーキ屋「ただいま、こちらのケーキを5個以上お買い上げの方に、メッセージプレートをおつけしております」

淡「ほらー決まりだー」

誠子「う、ううん…?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:06:21.26 ID:wXpNAITL0

ケーキ屋「なにか、入れてほしい言葉があれば、お書きしますよ」

淡「うーんそうだなぁ…」

淡「あっ!!」

淡「『白糸台、優勝!』で」

ケーキ屋「えっ…」

菫「こら、淡。チョコペンで『優勝』はきついだろ!」

淡「えーいいじゃん、サービス業なんだしー」

菫「やな客だな、お前…」

照「あ、あの『おめでとう』でお願いします」


なにを、言っているんだろう?
この自問も本日2回目だけど。


ケーキ屋「あ、はい」ホッ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:09:01.20 ID:wXpNAITL0

菫「ん?なんで、おめでとうなんだ?」

照「え…ええと、『白糸台、優勝、おめでとう』のおめでとう?」

淡「なるほどー、ナイステルー」

照「きっと、おめでとうならケーキ屋さんも書き慣れてる」

菫「まぁ、たしかにな」

嘘だ。
『咲、誕生日おめでとう』のおめでとうだ。

ケーキ屋「お、おまたせしました」

淡「お、さすが早い」

誠子「淡!」

淡「〜♪じゃ、帰ろっか」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:11:44.81 ID:wXpNAITL0

-----------

コスモスの花束と、おめでとうが乗ったケーキ。
あのときと同じものが、私の部屋にある。

照「どうして、こうなったんだろ…」

淡「ん?なにか言った?」

咲はいないけど。

照「ううん。なんでも」

淡「じゃあ、早く食べようよテルー」

照「あぁ、うん」

分かってる。
自分で揃えたのだ。

忘れたわけじゃない。
とでも言いたいのだろうか。

誰に?


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:14:48.21 ID:wXpNAITL0

淡「じゃ、いただきまーす!」パクッ

照「いただきます」パクッ

淡「ん〜〜おいしい〜!」

照「……」

淡「どしたの。テルー?」

照「…しょっぱい」

淡「え?」

照「このケーキ、しょっぱい」

淡「あーこれ、そういうのなんだよ」

照「そうなの?」

淡「クリームの甘さと、キャラメルのほろ苦さと、隠し味の塩のしょっぱさが絶妙なバランスで云々みたいな…」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:18:08.91 ID:wXpNAITL0

照「……」

照「…甘いのが、よかった」

そうだ。甘いのが食べたかった。
ありふれた、しまりのない、ただただ甘いケーキ。

急に、悲しくなった。

届かないプレゼントを揃えることに、何の意味があるのだろう?

綺麗にラッピングされたコスモスも
食べ慣れない複雑な味のケーキも
急に白々しく感じる。

何をしたって、あの頃には戻れない。


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:20:58.60 ID:wXpNAITL0

淡「…テルー?」

照「…もう、いい」

淡「え?」

照「残り、食べていいよ」

淡「え!テルーが!?残すの!?えっ」

照「…プレートだけもらう」

淡「え、あぁ、うん。…こ、これは台風がくるぞー」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:21:35.79 ID:wXpNAITL0

照「……」ボフッ

眠ったら、また同じ夢を見るのだろうか?

二度と戻らない、あの頃の夢を。


はやく、日付が変わってほしい。


照「おめでとう…ね」モグ


今年も、その言葉を伝えることはできないのだから。



カン


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:23:17.95 ID:wXpNAITL0

咲「…今日はありがとう。和ちゃん」

和「いえいえ、私だけの力ではないですよ」

咲「でも、企画してくれたのは和ちゃんなんでしょ?」

和「それは、そうですが」

咲「私、こんなにたくさんの人に誕生日を祝ってもらうのは初めて!」

和「龍門渕さんたちの協力があってこそですよ」

咲「お屋敷、広かったもんねー」

和「料理も、豪華でした」

咲「ふふ、楽しかったなぁ…」

和「…さきたんイェイ〜」ボソッ

咲「…あ」

和「こ、これはその!つい!」カァアアッ

咲「あはは、分かる。頭から離れないメロディーだよね」

和「あんなに繰り返されれば、いやでも離れません」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:25:01.90 ID:wXpNAITL0

咲「さきたんイェイ〜♪」

和「自分で歌うんですか…」

咲「…和ちゃん」クルッ

和「な、なんですか、咲さん」

咲「今日は、すごく楽しかったよ。本当にありがとう」ニッコリ

和「…それは、よかったです」

咲「じゃあ、私は、こっちだから」

和「はい、ではここで」

咲「おやすみ、和ちゃん」

和「おやすみなさい、咲さん」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:29:13.66 ID:wXpNAITL0

咲「……」

本当に本当に、今日は楽しかった。

でも一方で、一日中そわそわと落ち着かなかった。

咲「……」タタタッ

はやく、家に帰りたい。

期待したって、きっと無駄だ。
去年も一昨年も、なにもこなかった。
がっかりしたことも、覚えている。

それでも。


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:31:09.93 ID:wXpNAITL0

咲「…ついた」

ポストの中を確認する。

咲「請求書」ゴソゴソ

咲「チラシ」

咲「学校からの手紙」

咲「……」

咲「だけかぁ…」


ほら、少し、がっかりした。


咲「お父さん!!」ガチャ

宮永父「あ、おかえり咲、今日はケーキを…」

咲「今日って、なにか届いたりした!?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:32:47.11 ID:wXpNAITL0

宮永父「えっと、なにも届いてなかったと思うけど…」

咲「そっか…じゃあ電話、鳴ったりしてない?」

宮永父「電話…も鳴ってないかなぁ…」

咲「そっかぁ…」

宮永父「あ、そういえば咲に電話が…」

咲「誰から!?」

宮永父「ほら、咲が欲しがってた本、入荷したって」

咲「あぁ、そう…」

宮永父「なんだ?嬉しくなさそうだな」

咲「そんなことないよ…」


やっぱり、今年も、なにもこなかった。


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:35:38.65 ID:wXpNAITL0

宮永父「誕生日に、そんな顔をするなよ。…それ、みんなからもらったのか?」

咲「う、うん…」

宮永父「よかったな」

和ちゃんたちからもらったプレゼント。

「咲さん、誕生日おめでとうございます」
「咲ちゃん、誕生日おめでとうだじぇ!」
「ワハハーおめでとう」
「リンシャ…咲さん、誕生日おめでとうっす」

今までで、一番たくさん言われたおめでとう。


でも

「咲、誕生日おめでとう」

一番その言葉を言ってほしい人からは
今年も何も言ってもらえなかった。


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:37:43.83 ID:wXpNAITL0

宮永父「ほら、お父さんからも、ケーキがあるぞー」

咲「あ、ありがとう」

宮永父「結構有名なところでなー、なんでも1号店が東京にあるとかなんとか…」

咲「そ、そうなんだ…」

宮永父「2個しか買ってないけど、一応プレートもつけてもらったんだ。ほら『おめでとう』って」

咲「っ…!お、おいしそうだね」

宮永父「おう、なんならお父さんの分も食べていいぞ」

咲「あはは、1個で足りるよ…いただきます」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:40:02.14 ID:wXpNAITL0

宮永父「ん」

咲「……」モグモグ

宮永父「…どうだ?」

咲「……」

宮永父「…あれ?口に合わなかったか?」

咲「…しょっぱい」

宮永父「え?あぁ、そうなんだよ。なんでも、クリームの甘さと、キャラメルのほろ苦さと、隠し味の塩のしょっぱさが絶妙な…だったかな?」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:40:50.32 ID:wXpNAITL0

咲「……」

咲「…甘いのが、よかった」

そうだ。甘いのが食べたかった。
ありふれた、しまりのない、ただただ甘いケーキ。

涙が、出そうになった。

複雑な味は、私の口にはよく分からなくて
東京との距離は、果てしなく感じる。

一番欲しいものが、一番遠いところにある。


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:42:14.79 ID:wXpNAITL0

宮永父「…どうかしたか?」

咲「…ごめんね。やっぱり、もういいや」

宮永父「え、ちょっ、咲…」

咲「プレートだけもらう」

宮永父「あっ…」

咲「……」パタン


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:43:03.00 ID:wXpNAITL0

------------

部屋に入ると、懲りずに何か届いていないか、探してしまった。
なにもなかったけど。

咲「おめでとう…か」パク

あのときのことは、よく覚えている。
結局、叶わなかったから。

咲「……」ボフッ

横になっても、全然眠気がやってこない。

ポストに、何か届かないか
玄関が、開かないか
電話が、鳴らないか

耳が、研ぎ澄まされていくだけ。


はやく、日付が変わってほしい。


今年もきっと、なにも届かない。



もいっこカン


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:46:02.39 ID:wXpNAITL0

後付けでもいっこ書くけど、無しのがいいかも


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:46:54.59 ID:wXpNAITL0

照・咲「…って思ってたのが去年のこと」

照「……」

咲「暗い顔しないで、お姉ちゃん」

照「…うん」

咲「私ね、今の話、聞けてよかったって思ってるよ」

照「どうして?」

咲「プレゼント、用意してくれてたんだなぁって」

照「…届かなければ意味がないよ」

咲「でも、今届いた」

照「咲…」

咲「数年なんて、たいした時間じゃないよ」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:50:38.93 ID:wXpNAITL0

照「思春期の数年でも?」

咲「……」

咲「…そうだね。思春期の数年は大きいね」

照「えっ…」

咲「どうしてくれるの?」

照「え、いや、それは私にも、いろいろあったし…」

咲「あはは、冗談…」

照「そ、それすらたいしたことじゃなくなるまで」

咲「えっ…」

照「ずっと、一緒にいる」

咲「っ…!///」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:52:57.11 ID:wXpNAITL0

照「…ということで勘弁してください」

咲「……くすっ」

照「?」

咲「おつりが出ちゃうなぁ」

照「そんなこと…」

咲「ありがとう、お姉ちゃん」ニコッ

照「…うん」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:55:27.34 ID:wXpNAITL0

照「え、えと、じゃあケーキ食べる?」

咲「あ、うん」

照「よくある、普通の、甘いやつ」

咲「…うん」

照「ろうそくは…いらないね」

咲「うん!」

照「じゃあ、改めて今日は」



照「咲、誕生日おめでとう」



もいっこカン!


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27(日) 02:59:39.40 ID:kf0gJpqE0


やっぱり甘いのがいいよね



元スレ:照「咲、誕生日おめでとう」

他サイト様の最新記事