1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:16:52 ID:Bto5mL.k

キリト「痛かった」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:24:20 ID:Bto5mL.k

キリト「……まさかあんなに怒るとは」

クライン「そら怒るだろ……勝手にやったのか?」

キリト「いやぁ、普通に大丈夫かなーと思って」

エギル「アホだな、せめて許可とれ」

キリト「許可は申請したんだが認可されなくて……」

クライン「で、無理矢理?」

キリト「そうなるな」コクリ

エギル「そりゃ蹴られるぜキリト、当たり前だ」

キリト「……そうなのか」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:33:09 ID:Bto5mL.k

キリト「前と後ろ両方に指突っ込んでぐりぐりしてみたかったんだ……」

クライン「……まあアダルト動画とかじゃ定番だしなぁ……ア●ル」

エギル「AVじゃ普通でも実際にゃ異常な事の代表例だろあれは、そうそうやらして貰えるもんじゃねえよ」

キリト「マジかよ俺てっきり当たり前に使えるのかと」

クライン「当たり前ではねーなぁ……いや気持ちはすげぇ分かるがな?」

キリト「………マジかよ…」ズーン

エギル「どんだけショックなんだよお前は…」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 19:47:43 ID:Bto5mL.k

キリト「……嫌がってるけどいざやってみればアスナも気に入ってくれるとばっかり……」

クライン「ないない」ブンブン

エギル「見た目ほど簡単じゃねえしな、準備からしてめんどくせぇ」

キリト「……めんどくさいのか、俺はてっきり普通に出来るのかと」

クライン「興味あったんならせめて調べろよ……」

キリト「PCの履歴アスナにチェックされたらまずいし調べろと言われても」

エギル「チェックされてんのかよ」

キリト「この前のアレで定期的に見せろって言われるようになって……「ホントはここまでするのはダメだと思うけどキリト変な事ばっかり私にさせようとするから仕方ないんだからね?」って言ってた」

クライン「警戒されてんじゃねーか」

エギル「お前の要求ハードル高ぇからなキリトよ」

キリト「そんなに変なんだろうか…」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 20:58:26 ID:Bto5mL.k

クライン「ま、男からしたら興味ある事だが女の子にゃ受け入れ難い事ってのはあるからな」

エギル「でこ今度はどんな感じになるって勘違いしてやがったんだ?」

キリト「………勘違いかよ、まあそうなんだが、えーと……俺的にはこんな反応が返って来るんじゃないかとな……」

……………

…………

………


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:06:45 ID:Bto5mL.k

…………

アスナ『やっ………そっちはおしり……だ、だめ……』

アスナ『やだって言ってるのにキリトくんのいぢわる……あっ……』

アスナ『………あう…っ……やっ!?』ビク

アスナ『……キリトくんのばか……おしりはじめてなのに……』ピクンピクン

…………

キリト「……と、こんな感じで嫌なのに感じちゃう的な?」

クライン「ないわー」
エギル「ないわー」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:10:09 ID:Bto5mL.k

キリト「えっ、なんでだよ」

クライン「ああうん、まあそれは後で言ってやるよ」

エギル「とりあえず実際はどうだったか聞いてみるか、どうなんだ?」

キリト「……なんだよ一体、えーと実際は………」

…………

………

……


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:18:07 ID:Bto5mL.k

…………

アスナ『あ……ちょっとキリトくんやだ……!!』

アスナ『い、いいからじゃなくて止めてってば…!?きゃっ!?』

アスナ『いっ!?ちょ……やめっ……痛っ!?』

アスナ『……だからやめてって言ってるでしょいい加減にしなさい!!』ドゴォ!!

………

キリト「……いやぁあの蹴りは鋭かった……キレイに入って数分意識無くなったし」シミジミ

クライン「………十分可愛くね?」

エギル「そうだな、まあそれは良いとして調子乗り過ぎなだけじゃねーか」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:29:42 ID:Bto5mL.k

キリト「……調子乗り過ぎか、まあそうだったのかもなぁ……アスナなんだかんだで最後はお願い聞いてくれるし」

クライン「羨ましい野郎だなちくしょう、そんな女そうそう居ねーぞ?」

エギル「そうだぜキリト、ありゃいい女なんだ、もうちょい大事にしてやれ」

キリト「してるつもりなんだがな……」

エギル「つもりじゃダメって事だな、せめて興味本意で無理強いはやめとけ」

キリト「……そっか、分かったよ」

アスナ「…………」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:38:02 ID:Bto5mL.k

クライン「だいたいよ、おめぇちょっとAVだのエロゲーだのに影響され過ぎなんだよ、話聞いてて気持ち悪いぜ正直よ」

キリト「……マジで?」

エギル「マジだよ、だいたいア●ル弄られて気持ちいいとか何処の次元の話だよ」

キリト「えっ?気持ちよくないの?」

アスナ「…………」

クライン「んなわけねーだろ、ありゃ二次元だけだし三次は錯覚らしいぞ、気持ちよくなるまでに相等仕込まないとダメなんだとよ」

キリト「マジかよ!?ショックなんだけど!?」ガーン

エギル「つーか何故今まで知らなかったんだお前は、そっちが驚きだよ」

アスナ「…………」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 21:50:16 ID:Bto5mL.k

アスナ「………」ジトッ

キリト「えっ、じゃあア●ルはマ●コの四倍締まるっていうのもでたらめなのか!?」

クライン「知識の片寄りが半端ねぇよ」

エギル「そりゃマジだ、考えてもみろケツの穴だぞ?締まり悪い訳ねぇだろ」

キリト「だよな?それは大丈夫だよな?良かった俺アスナがユルユルだったらどうしようかと……」

クライン「いやぁでもキリトよぉ、ア●ルで気持ちよくなるまで開発するならユルくなるんじゃね?」

エギル「やり過ぎるとオムツ必須らしいな」

アスナ「」

キリト「マジかよ……いや、でもアスナのオムツ姿ならアリか?でもずっとか、悩むな……」ムゥ

アスナ「…………キリトくん」

キリト「」ビクッ

クライン「あっ」

エギル「おぉう…」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 22:01:54 ID:Bto5mL.k

アスナ「…………」

キリト「あ、アスナ……」カタカタ

アスナ「………」ジワッ

キリト「」

クライン「………」

エギル「………」

キリト「………え、えと…」オロオロ

アスナ「……もうしらない、ちょっとくらいなら我慢しなきゃって思ってもキリトくんぜんぜんちょっとじゃないんだもん」ウルウル

キリト「………あ、アスナ!?」オロオロ

アスナ「もういい!!キリトくんの変態!!へんたいヘンタイ!!」タタッ

キリト「アスナ!?待ってアスナ!!あ、謝るから待って!?」タタタッ

アスナ「しらないもん!!バカ!!スケベ!!変人!!」

キリト「あ、アスナーーー!?!?」

バタン


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/03(火) 22:07:34 ID:Bto5mL.k

クライン「………」

エギル「………」

クライン「……しかし、あれだな」

エギル「……ん」コクッ

クライン「あいつら楽しそうだな」

エギル「幸せなんだろ、良いことだ」

おわり


14: しょーちゃん ◆uJYBeFyhic 2015/02/03(火) 22:14:03 ID:Bto5mL.k

(´・ω・`)気をつけなはれや


と、これ以上はワンパターンだしやめとこう、ネタはバイブ挿入野外散歩とかいろいろあるんだがね(´・ω・`)ではサラダバー



元スレ:キリト「アスナのお尻の穴を弄ったらマジギレされて顔面蹴られた」

他サイト様の最新記事