1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:37:38.73 ID:e6HWQFNp0

~生徒会室~

千歳「 」

綾乃「千歳?どうしたの?」

千歳「い、いや、綾乃ちゃん、いま、とんでもない事、口走っとったよ?」

綾乃「え?え?」

千歳「歳納さんに監禁されたい、て」

綾乃「い、いってないわよ!そんな事!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:38:39.22 ID:e6HWQFNp0

綾乃「た、ただ、あの…ほら、私って歳納京子の事が好きなのに…」

綾乃「……本人を前にすると、素直になれないでしょ…?」

千歳(今は異様に素直やけどな)

綾乃「だ、だから、あの、歳納京子が私を監禁したりしてくれれば…」

綾乃「そう、例えばこんなふうに…」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:39:33.78 ID:e6HWQFNp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

綾乃「と、歳納京子!これはどういう事なの!?」

京子「ふふふ、綾乃が悪いんだよ、無防備に私の家に来たりするから…」

綾乃「じょ、冗談はやめにして、この鎖を早く解いて!」

京子「いやだよ、綾乃、鎖解くと逃げるつもりでしょ?」

綾乃「そ、そりゃ、逃げるわよ、今の歳納京子…怖いもん」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:41:12.10 ID:e6HWQFNp0

京子「じゃあ、鎖外すわけにはいかないね」

綾乃「ど、どうして?私、何か悪い事した!?」

京子「したよ、綾乃」

綾乃「え…」

京子「綾乃、何時も、私を誘惑してた…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:42:14.63 ID:e6HWQFNp0

京子「何時も娯楽部に来て、私に迫って、誘惑してたでしょ」

綾乃「ゆ、誘惑なんて…」

京子「してたよ、私、ずっと我慢してた…」

京子「本当なら、最後まで我慢するつもりだった」

京子「けど、けど、綾乃が」

京子「綾乃があっさり、私の家についてきちゃうから…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:42:42.91 ID:e6HWQFNp0

京子「あ、綾乃が、悪いんだよ、綾乃のせいなんだよ…」ガバッ

綾乃「と、歳納京子、や、やめて///」

京子「本当は止めてほしくない癖に…」サワッ

綾乃「あっ…や、胸、触らないで///」

京子「綾乃ってさ、わりと、胸大きいよね…」モミ

綾乃「///」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:43:20.14 ID:e6HWQFNp0

京子「ふふ、柔らかいなあ…」モミ

綾乃「と、歳納京子、や、やめて、お願い///」

京子「本当にやめてほしいの…?」ピタッ

綾乃「あ…」

京子「……あって、言ったね、綾乃」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:43:44.91 ID:e6HWQFNp0

綾乃「う、うう…」モジモジ

京子「綾乃、正直に言って?」

京子「どうされたいか、言ってくれたら、わたし…」

京子「綾乃の望む事を全部してあげるから…」

綾乃「わ、わたしは…私は///」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:44:39.36 ID:e6HWQFNp0

綾乃「これくらいされれば、私も素直になれると思うのよね…」ポー

千歳「あ、綾乃ちゃん…」

綾乃「そ、それでね、それでね」

綾乃「私は歳納京子に正直に『胸に触れてほしいです』って言うんだけど…」

千歳「綾乃ちゃん!」

綾乃「もう、千歳、今いい所なんだから邪魔しないで」

京子「///」

綾乃「それでも歳納京子は許してくれずに、こんな感じて…」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:48:10.52 ID:e6HWQFNp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

綾乃「わ、わたし、わたし、歳納京子に…触ってほしいの…」

綾乃「胸を触ってほしいの///」

京子「綾乃は、えっちな子だなあ…」

京子「誰にでもそんな事、言ってるの?」

京子「私、ちょっとガッカリしちゃった…」

綾乃「え…?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:54:19.88 ID:e6HWQFNp0

京子「私、綾乃はもう少し、純粋な子だ想ってたのになあ…」

京子「まさか、こんないやらしいだけの子だなんて…」

京子「何か、触ってあげる気が削がれたよ」

綾乃「そ、そんなぁ…と、歳納京子、わ、わたし、もう、身体が火照って…」モジモジ

京子「知らないよ、自分で慰めたらいいんじゃない?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:54:59.82 ID:e6HWQFNp0

綾乃「だ、だって、そんな…私、縛られてるし…」

綾乃「そ、それに、私…誰にでもこんな事、言う訳じゃ…ないの…」

京子「へえ?」サワッ

綾乃「ひゃっ///」

綾乃「あ、あの、私、歳納京子だから、触ってほしいの…」

綾乃「他の子じゃ駄目なの…歳納京子が、いいの///」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:55:32.67 ID:e6HWQFNp0

京子「じゃあ、認める?」

綾乃「な、なにを…?」

京子「何時も、娯楽部に来てたのは、私に会いに来てたんだって、認める?」

京子「私を毎日、誘惑してたんだって、認める?」

綾乃「う、うん…み、認めるわ…私…私…歳納京子に会いに娯楽部に行ってたの///」モジモジ


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:56:26.44 ID:e6HWQFNp0

綾乃「プリントとか、テストの順位とか、どうでもよかったの…」

綾乃「私は、歳納京子にしか興味がなかったの…」

綾乃「だって、だって、私は、歳納京子の事が好きだから…」

綾乃「お、お願い、信じて…」ウルッ

京子「……うん、信じるよ、綾乃」

京子「私、綾乃を信じる…」チュッ

綾乃「と、歳納京子///」

京子「私も、綾乃の事…綾乃の事…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 13:57:01.53 ID:e6HWQFNp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

綾乃「って、感じで、あの、うふふふふ///」

千歳「あ、綾乃ちゃん、綾乃ちゃんて」クイクイ

京子「////////」

綾乃「そ、それでね、私達の監禁生活はまだ続くの…」

綾乃「こ、こんな感じで…」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:11:13.87 ID:e6HWQFNp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

京子「私も、綾乃の事、大好き、大好きだよ…」ギッュ

綾乃「と、歳納京子…ありがとう…ありがとう///」

京子「だから、ね?」

京子「私、綾乃の事、めちゃくちゃにしてあげたいの…」

綾乃「え、え…?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:11:33.19 ID:e6HWQFNp0

京子「綾乃…いいでしょ?」スッ

綾乃「あ、と、歳納京子、服脱がす前に…鎖、解いてほしいな…」

京子「だーめ」チュッ

綾乃「あう///」

京子「今日から綾乃は、私の物なの」

京子「だから、鎖は取ってあげない…」ゴソゴソ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:11:52.61 ID:e6HWQFNp0

綾乃「え、け、けど、それだと、私、何もできないわよ…」

京子「綾乃は、何もしなくていいよ…」

京子「私が、全部やってあげるから…」

綾乃「え、そ、そんな///」

綾乃(あ、いつの間にか…私、服を剥ぎ取られてる///)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:12:06.00 ID:e6HWQFNp0

京子「綾乃…綺麗…凄く、綺麗…」

綾乃「う、うう、そ、そんな見ないで///」モジモジ

京子「恥ずかしがってる綾乃も、凄く可愛い…」ピトッ

綾乃「ひゃっ///」

京子「綾乃のお腹…スベスベだよ」フリフリ

綾乃(う、うう、歳納京子が私のお腹に…頬擦りしてる///)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:24:25.82 ID:e6HWQFNp0

京子「……」ペロッ

綾乃「ひゃんっ///」

京子「もう、ちょっと舐めただけなのに…」

京子「そんな可愛い声で鳴かないで?」

京子「これから、もっと凄いことしてあげるんだから…」

綾乃「と、歳納京子///」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:24:49.63 ID:e6HWQFNp0

綾乃「って感じで、私の身体に迫ってくるのよ、歳納京子が」

綾乃「こ、これが何日も何日も続くの///」

綾乃「と、当然、お風呂とかは入れないんだけど、歳納京子が毎日拭いてくれるの///」

綾乃「あ、トイレの話題とかは無しね、興が殺がれるから」

綾乃「け、けど、そういうのも、いいのかしら///」

綾乃「本当に愛し合ってるなら///」

京子「///////////////////////」タッ

千歳「あ、歳納さん!待って!」タッ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:25:16.33 ID:e6HWQFNp0

綾乃「そ、それから監禁生活が1カ月くらい続くんだけど…」

綾乃「そのうち、私は気付くのよ…」

綾乃「歳納京子が私を監禁してるのは、不安だからだって」

綾乃「鎖を解いたら私が離れていっちゃうんじゃないかって、不安に想ってるんだって」

綾乃「だから、私は、鎖をといても平気だって言ってあげるの…」

綾乃「そ、それでね、あれ?千歳?」

綾乃「もう、千歳ったら、放置して行かないでよ…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:36:22.44 ID:e6HWQFNp0

~屋上~

千歳「はぁ…はぁ…と、歳納さん、ちょっと、話を聞いて…」

京子「はぁ…はぁ///」

千歳「と、歳納さん、気ぃ悪うせんといてな?」

千歳「あ、綾乃ちゃん、悪気があってあんな事、言うてたんやないさかい…」

京子「……うん」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:36:41.35 ID:e6HWQFNp0

京子「あ、あそこまでハッキリ言われると…私でも、綾乃の気持ちに気付くよ///」

京子「全然悪い気はしないし…寧ろ、嬉しいんだ///」

千歳「歳納さん…」

京子「け、けど、あの、綾乃は、ああいうのが…趣味なのかな…監禁とか」

京子「私は、全然そういう趣味はないんだけど…」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:37:06.85 ID:e6HWQFNp0

千歳「綾乃ちゃん、わりと、特殊な性癖持ってるさかい…」

千歳「歳納さんまでそれに付き合う必要はないけど」

千歳「認めてあげるくらいはしてあげてもいいかもしれへんね…」

京子「そっか…そうだよね…」

京子「ま、まあ、認める認めない以前に、まだ、私達、付き合ってもいないんだけどさ///」

千歳「ふふふ、そやねえ」クスクス


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:37:41.70 ID:e6HWQFNp0

千歳「で、どないする?歳納さん」

千歳「歳納さんの方から、綾乃ちゃんに告白する?」

京子「う、うう…ど、どうしよう///」

千歳「綾乃ちゃんは、さっきのを歳納さんに聞かれたって気付いてないみたいやったし」

千歳「歳納さんから動いてあげんと、ずっと今の関係が続くと思うけど…」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:38:01.04 ID:e6HWQFNp0

京子「……よし、わかった…」

京子「千歳、私、覚悟を決めたよ」

千歳「流石、歳納さん…」

京子「私、綾乃の気持ちに応えたい」

京子「綾乃の全てを受け止めてあげたい」

京子「だから、千歳、ちょっとお願いがあるんだ…」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:40:18.54 ID:e6HWQFNp0

~翌日~

~生徒会室~

綾乃「ええ、歳納京子が風邪をひいて自宅でダウンしてる?」

千歳「せやねん、船見さんもちょっと用事があって動かれへんみたいやし」

千歳「綾乃ちゃん、ちょっとお見舞い行ってあげたらどうやろ?」

綾乃「そ、そうね、歳納京子には前にお見舞いに来てもらった事があるから…」

綾乃「そ、そのお返しをしてあげないとね!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:43:12.09 ID:e6HWQFNp0

千歳「うちは、生徒会の書類整理があるさかい」

千歳「悪いけど、綾乃ちゃん一人で行ってあげてな」

綾乃「え、え、え、わ、わたしひとりで!?」

千歳「大丈夫やて、綾乃ちゃん、大分強うなったさかい」

千歳「ひとりでも、きっと失敗せずにお見舞いにいけるはずや」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:43:33.17 ID:e6HWQFNp0

綾乃「ち、千歳……ありがとう…」

綾乃「そうよね、お見舞いくらい、一人でいけるようにならないと…」

綾乃「じゃ、じゃあ!早速、行って来るわ!」

千歳「頑張ってなあ~」フリフリ

千歳(綾乃ちゃん…それに歳納さんも…頑張ってな…)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:43:53.97 ID:e6HWQFNp0

~京子宅~

綾乃「と、歳納京子ー」ピンポーン

綾乃「……」


カチャッ


京子「あ、綾乃、来てくれたんだ…」

綾乃「と、当然でしょ!生徒会副会長なんだから!」

京子「と、取りあえず…上がってよ…」

綾乃「わ、わかったわ///上がらせてもらうわよ///」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:47:15.96 ID:e6HWQFNp0

綾乃(う、うう、歳納京子の部屋で歳納京子と二人きり///)

京子「あ、あの、今からお茶出すから///」

京子「の、残さず飲んでね///」

綾乃「あ、ありがとう、歳納京子///」

綾乃「と、いうか、風邪は大丈夫なの?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:47:40.64 ID:e6HWQFNp0

京子「え、あ、もう、大丈夫だよ///」

綾乃「そ、そう、良かったわ///」

京子「じゃ、お茶、入れて来るね///」

綾乃「い、い、い、いれて来てちょうだい///」

綾乃(う、うう、異様に緊張する///)

綾乃(やっぱり、千歳に一緒に来てもらえば良かった///)


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:48:01.42 ID:e6HWQFNp0

綾乃「それにしても…ここが、歳納京子の部屋か…」

綾乃「そ、そして、あのベッドが歳納京子のベッド…」

綾乃「……」

綾乃「お茶入れるのって、どれくらい、時間がかかるのかな…」

綾乃「た、多分、五分くらいかかるわよね…」

綾乃「五分…それなら…」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:50:08.61 ID:e6HWQFNp0

京子「あ、綾乃、お茶…」カチャッ

綾乃「はぁ、はぁ、歳納京子の布団、歳納京子の布団」ゴロゴロ

綾乃「いい匂いがする、歳納京子ぉ…」ゴロゴロ

綾乃「さ、さっきまでこの中で寝てたのかな」ゴロゴロ

綾乃「体温が残ってる、歳納京子の体温…」ゴロゴロ

綾乃「た、多分、風邪をひいてるからこの中で汗とかかいてたわよね…」ゴロゴロ

綾乃「歳納京子の汗に、私、包まれてる…包まれてるの…!」ゴロゴロ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:59:07.08 ID:e6HWQFNp0

京子「……」カチャッ

京子「…スーーーハーーー」

京子「……」

京子「あ、綾乃~、入るよ~」コンコン

綾乃「え、あ、ちょっと待って…!」

綾乃「い、いいわよ!入って!」

京子「お邪魔しまぁす…」カチャッ


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:59:21.70 ID:e6HWQFNp0

綾乃「あ、ありがとうね、歳納京子///」

京子「い、いえ、どういたしまして///」

京子「さ、さ、綾乃、お茶、飲んで?最後まで飲んで?」

綾乃「え、ええ、いただくわね///」ゴクン

綾乃「うわあ……美味しい…」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:59:38.22 ID:e6HWQFNp0

京子「そ、そう?べ、別に普通のお茶なんだけど…ありがと///」

綾乃「……普通のお茶でも、美味しいな…」

綾乃「歳納京子が入れてくれたからかな…」ボソッ

京子「え…?」

綾乃「あ、い、いや、何でも無いのよ!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 14:59:57.34 ID:e6HWQFNp0

『大丈夫やて、綾乃ちゃん、大分強うなったさかい』

『ひとりでも、きっと失敗せずにお見舞いにいけるはずや』


綾乃(……だめよ、私)

綾乃(千歳は、私を信じて一人で送り出してくれたんじゃない…)

綾乃(ここで、誤魔化しちゃ…だめ…)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:08:13.05 ID:e6HWQFNp0

綾乃「…歳納京子」

京子「え、な、なに」

綾乃「お茶、ありがとう」

綾乃「例え普通のお茶でも、歳納京子が入れてくれたから、美味しかった」

京子「綾乃…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:08:32.49 ID:e6HWQFNp0

綾乃「歳納京子って、何時も優しいわよね…」

綾乃「私、あれだけ、キツい事を言ってるのに、全然怒らないし…」

綾乃「何時も私を優しく迎え入れてくれる…」

綾乃「本当に、ありがとう」

京子「そ、そんな、お礼言われるほどの事じゃ…」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:09:06.17 ID:e6HWQFNp0

綾乃「貴女にとってはそうでも、私にとっては、凄く特別な事なの」

綾乃「歳納京子に、優しくされるって言う事は…特別なの…」

綾乃「と、歳納京子…正直に、言うわね」

綾乃「わ、わたし…わたし、あ、あなたの…あれ…」フラッ

綾乃(な、なんだろ、凄い眠気が…)

綾乃「わ、わたし、としのうきょうこのことが…」

綾乃「すきな……」コロン


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:23:42.26 ID:e6HWQFNp0

京子「綾乃…」

綾乃「……」zzzz

京子「ごめんね、あやの…」

京子「折角、勇気出してくれたのに…」

京子「ごめんね…」ナデナデ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:24:07.03 ID:e6HWQFNp0

綾乃「…と、としのうきょうこ、これはどういうことなの…」zzz

綾乃「わ、わたしをしばったりして、こ、こんな…むにゃ」zzz

綾乃「や、そ、そんなところ…や、らめ…」zzz

京子「綾乃…」ユサユサ

綾乃「だ、だいじょうぶよ、としのうきょうこ…」zzz

京子「綾乃ったら」ユサユサ

綾乃「くさりなんてなくても、わたし、わたし…」zzz


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:24:29.33 ID:e6HWQFNp0

京子「……」

京子「……」チュッ

綾乃「ふご……」パチッ

京子「綾乃、目、覚ました…?」

綾乃「あ、あら、歳納京子…」

綾乃「私いったい…」

京子「綾乃、寝ちゃってたんだよ?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:24:48.85 ID:e6HWQFNp0

綾乃(あ、そうか、わたし、歳納京子が出してくれたお茶飲んだ後…)

綾乃(突然眠くなって…)

京子「綾乃」

綾乃「え…?」

京子「私も、綾乃が好きだよ」

綾乃「へ、え、な、何を言ってるのよ歳納京子///」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:25:11.26 ID:e6HWQFNp0

京子「だって、綾乃、寝る直前に告白してくれたじゃない」

綾乃「え、そ、そんな///」

綾乃(た、確かに、告白っぽい事をしてた気もするけど…)

京子「私、嬉しかったよ、綾乃」

京子「私も、ずっと綾乃を意識してたから」

京子「何時も、綾乃が娯楽部に来てくれるの、楽しみにしてた…」

綾乃「と、歳納京子///」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:26:08.56 ID:e6HWQFNp0

京子「だから、もう一度言うね、綾乃」

綾乃「は、はい///」

京子「私は、綾乃の事が、好き、大好き」

綾乃「と、歳納京子…」

綾乃「……」

綾乃「わ、私も…」

綾乃「私も、歳納京子の事が、好きです」

綾乃「さっきの告白は、曖昧だったから…私ももう一度言うわ…」

綾乃「歳納京子…大好き、愛してるの…」

京子「ありがとう、綾乃…」ギュッ

綾乃「う、うう///」ギュ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:26:45.55 ID:e6HWQFNp0

京子「けどね、綾乃」スッ

綾乃「と、歳納京子?」

綾乃(か、顔が近い///)

京子「私、その、やっぱり、監禁とかは、無理みたいなの…」

綾乃「え、監禁って…」

京子「綾乃、監禁されて無理やり…とかが、好きなんでしょ?」

綾乃「ちょ!?」

綾乃「べ、別に好きじゃないわよ///どうしてそんな///」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:27:11.51 ID:e6HWQFNp0

京子「綾乃…嘘突かなくてもいいから…」

綾乃「な、なに///」

京子「本当は、好きなんでしょ?」

綾乃「……」

綾乃「//////」コクン

京子「私も、実は、さっき綾乃を監禁しようとしてたんだけど…」

綾乃「え…?」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:27:35.31 ID:e6HWQFNp0

京子「さっきのお茶に、ちょっと睡眠薬を入れたんだ」

綾乃「え、えええ!?」

京子「け、けど、綾乃ったら寝る直前に、あんな可愛い事、言ってくれるんだもん///」

京子「そんな事されたら、やっぱり、酷いことなんてできないよ…」

綾乃(と、歳納京子…私の為に、そこまでしてくれてたんだ…)

綾乃(ほ、本来なら怒る所なのに…凄く、嬉しい///)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:46:28.22 ID:e6HWQFNp0

綾乃(ど、どうしよう、歳納京子の気持ち、無駄にしたくない…)

綾乃(私に何か出来る事は…)

綾乃(……あれは、鎖…?)

綾乃(あ、そうか、歳納京子、こんな物まで用意してくれてたんだ…)

綾乃(わ、私の為に///)


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:46:43.68 ID:e6HWQFNp0

京子「あ、綾乃?ごめん…やっぱり引いちゃったかな…」

綾乃「そんな事、ないわ、歳納京子…」

綾乃「私、私凄く嬉しかった」

綾乃「歳納京子が私の為に、頑張ってくれたの、凄く嬉しかった///」

京子「綾乃…」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:47:20.49 ID:e6HWQFNp0

綾乃「だ、だからね、あの…」チャリッ

京子「綾乃…?」

綾乃「///」カチン

綾乃「わ、私なら大丈夫だから、つ、続き、してほしいな///」

京子「あ、綾乃…く、首輪を///」

綾乃「え、えへへ、歳納京子からの、初めてのプレゼントだもん///」

綾乃「無駄にはできないわ///」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:47:32.94 ID:e6HWQFNp0

綾乃「に、似合ってるかな///」

京子「う、うん、凄く可愛い///」

綾乃「あ、ありがとう///」

綾乃「じゃあ、あの、歳納京子///」

綾乃「私を、いっぱい、いっぱい、可愛がってね///」

京子「う、うん///」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:47:56.01 ID:e6HWQFNp0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

綾乃「って感じでね、うふふふ///」

千歳「綾乃ちゃん…」

綾乃「ん?どうしたの、千歳」

千歳「……うちは綾乃ちゃんが幸せやったら、それでええわ」ニコ

綾乃「え、なんだか知らないけど、ありがとうね、千歳」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:51:37.09 ID:e6HWQFNp0

京子「おーい、綾乃~、プリンちょうだーい!」

綾乃「もう、歳納京子、私のプリンなのよ?判ってる?」

京子「えー、だって綾乃のブリンは私のプリンでしょ?」

綾乃「そ、そうだけど///」

京子「綾乃」

綾乃「な、なに?」

京子「今日も、首輪似合ってるよ」チュッ

綾乃「ふあ///」

綾乃「あ、ありがと///」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 15:52:40.88 ID:e6HWQFNp0

綾乃「あの、歳納京子…」

京子「ん?どしたの、綾乃」

綾乃「鎖がなくても…あの、ずっと、私と一緒に居てね…」

京子「……うん!」







87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/22(火) 16:04:08.06 ID:i/NTGkRuO

乙だよぉ



元スレ:綾乃「歳納京子に監禁されたい」

他サイト様の最新記事