1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:49:24.48 ID:dQLIJ182i

愛宕家

絹恵「お姉ちゃんそのからあげどうしたん?」

洋榎「おー絹!実はな…お姉ちゃん手からからあげ出せるようになってん」

絹恵「へー凄いやん」

洋榎(…あれ、ツッコミ無し?)


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:50:15.01 ID:dQLIJ182i

洋榎「もー絹、ボケてんやからちゃんとツッコんでや」

絹恵「ごめんお姉ちゃん、あんまりにもコテコテすぎたから…」

洋榎「そうか…まーええわ、からあげ出せるんは本当のことやしな」

絹恵「えっ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:51:03.26 ID:dQLIJ182i

絹恵「…ってなんでやねん!今度はちゃんとツッコめたで」

洋榎「いやいや、ほんまのほんまに手からからあげ出せるねん」

洋榎「ほれっ」ポンッ

絹恵「!?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:52:00.33 ID:dQLIJ182i

絹恵「ええぇぇぇ!!ほんまに出たっ!凄いやん!!」

洋榎「せやろー!流石お姉ちゃんやろー!」

絹恵「どうして出せるようになったん?」

洋榎「わからん」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:53:15.34 ID:dQLIJ182i

洋榎「今朝起きたら急にできるようになっとってん」

洋榎「なんかな、右手がムズムズしだしてな…」

洋榎「そんでな、こう手にぐ~~っ!と力を入れたらな」ポンッ

洋榎「あ、また出た」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:54:18.95 ID:dQLIJ182i

絹恵「なんや可笑しな事もあるもんやな…」

絹恵「ところでそのからあげ、ほんまに食えるん?」

洋榎「おう!さっき食ったけどイケるで!絹も試してみぃや」

絹恵「じゃあ一口…」サクッ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:55:07.88 ID:dQLIJ182i

絹恵「!?」

絹恵(外のサクサクの衣と中のジューシーな肉、その二つがお互いを否定することなく主張し合い、見事に調和しとる!美味い!!)

絹恵「シェ、シェフを呼んでくれ!」

洋榎「うちの右手や」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:56:42.32 ID:dQLIJ182i

絹恵「ご、ごめんあまりの美味しさに、つい興奮してもうた…」

洋榎「しかしほんまに美味いなーこれ、商売できるレベルやで」

絹恵「確かになぁ…これだけの品質なら、大手食品メーカーとかともええ商売できそうやな」

洋榎「いや、直に売ろうや」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:57:17.32 ID:dQLIJ182i

洋榎「この能力を活かして、からあげ専門店を開くんや」

絹恵「ああ~いいなぁそういうんも」

洋榎「絹に似合うウェイトレスの衣装考えなあかんな」

絹恵「うちがそこで働くんは前提なんやね」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:58:35.22 ID:dQLIJ182i

絹恵「でもその能力があれば商売繁盛間違いなしやな!」

洋榎「なんたってコスト0やからな」

絹恵「その能力ってデメリットはないん?」

洋榎「デメリット?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 00:59:38.41 ID:dQLIJ182i

洋榎「デメリットか…うーん…」

絹恵「な、無いなら無いでええで」

洋榎「世間から奇異の眼差しで見られることとか…?」

絹恵「いや、そういう社会的なデメリットやのうて」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:00:49.52 ID:dQLIJ182i

絹恵「なんか体に負担がかかるとか、そういう身体的なことや」

洋榎「うーん…なんやろなぁ」

洋榎「そう言えば左手の薬指がジンジン痛むんやけど」

絹恵「それこないだ突き指したゆーてた所やん」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:06:41.44 ID:dQLIJ182i

絹恵「凄いなぁ、じゃあほんまにデメリットなしでからあげ出せるんや!」

洋榎「まぁそういうことになるな」

絹恵「無から有を生み出す…まるでからあげの錬金術師や!」

洋榎「もうちょいかっこいい呼び名がええな」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:11:25.87 ID:dQLIJ182i

洋榎「インハイにはえらいごっつい能力を持った選手がゴロゴロおるやろ?」

絹恵「おるな」

洋榎「お姉ちゃんも今日からその一人ってことやな!」

絹恵(ま、麻雀関係あらへん!)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:30:29.17 ID:dQLIJ182i

洋榎「確かに麻雀にはこの能力は活躍できひんかもな」

絹恵「びっくり人間コンテストとかには出られるんちゃう?」

絹恵「っていうか、そんだけの特技持っとったら、あっという間に有名人になれるで」

洋榎「それや!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:31:07.15 ID:dQLIJ182i

洋榎「芸能界デビューして周りからチヤホヤされるんも悪くないなぁ」

絹恵「勢い余って人間国宝に認定されちゃったりして」

洋榎「何個までからあげ出せるかギネスに挑戦したりして…」

絹恵「いや、からあげ出せる時点で載るでギネス」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:47:35.87 ID:dQLIJ182i

洋榎「ギネスに載ったらいよいようちも世界デビューやなぁ」

絹恵「なんや遠い人になってまうなぁお姉ちゃん」

洋榎「何言ってるん?どこまで行ったって、絹はいつも一番身近な妹やで?」

絹恵「…」///


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:48:11.11 ID:dQLIJ182i

洋榎「そんでなそんでな、世界デビューの後は会社を立ち上げるんや」

絹恵「なんや妄想がどんどん先走っとるなぁ」

洋榎「からあげ会社、世界中にからあげを届ける会社や!」

絹恵「からあげだけを!?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:48:40.88 ID:dQLIJ182i

洋榎「そんで億万長者になってな、今度は世界一周の旅に出てな」

洋榎「世界の恵まれない子供たちにからあげを配って回るんや」

絹恵「だからなんでからあげだけなん!?」

洋榎「"からあげは地球を救う"やで」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:49:54.39 ID:dQLIJ182i

………
……


愛宕家

洋榎「やった~億万長者や~ムニャムニャ」Zzz…

絹恵「お姉ちゃん!昼寝も程々にしないと、夜寝らんなくなるで」

絹恵「ほら起きて!今日の夕飯お姉ちゃんの好きなからあげやて!」

洋榎「ほんまか!?」ガバッ


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 01:50:58.83 ID:dQLIJ182i

夢から覚めた洋榎はからあげと幸せなキスをして終了


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30(水) 02:07:41.35 ID:yyjnUVBg0

乙でー
ちょっとからあげくん買って来る



元スレ:洋榎「手からからあげを出せる能力?」

他サイト様の最新記事