1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 04:52:29.91 ID:GYWGUX4J0

桑田「舞園ちゃん! 今日こそ俺と」

舞園「お断りします」

桑田「はや!? つーかまだ何も言ってねーって!」

舞園「デートのお誘いですよね?」

桑田「ど、どうして分かったん?」

舞園「エスパーですから」

桑田「マジかよ!?」

舞園「なんて。桑田くんが分かりやすいだけですよ」

桑田「いや、それはそれでグサリとくるっての……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 04:58:02.44 ID:GYWGUX4J0

不二咲「ふぅ、こんな感じかなぁ?」

大和田「何やってんだ不二咲」

不二咲「あ、大和田君。今、みんなの写真データを整理してたとこなんだ」

大和田「へぇ……お、この写真、この前撮ったやつか?」

不二咲「うん、みんなで雪遊びした時の。楽しかったねぇ」

大和田「そうだな。だけど、あの後俺は風邪引いちまって……」

不二咲「えへへ、大和田君も風邪を引くんだねぇ」

大和田「オイコラ、どういう意味だ不二咲? このこの!」

不二咲「いたた、痛いよ大和田君!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:02:58.61 ID:GYWGUX4J0

山田「どうです石丸清多夏殿この本は! これぞ芸術! アートの中のアートですぞ!」

石丸「う、うむ……しかし、登場人物の露出が少し高くはないかね?」

山田「何をおっしゃいます! これはそんないやらしい目線で見るものではないのですよ!?」

石丸「しかしだな……」

山田「では石丸清多夏殿! 貴方は学校に制服を着て行かないのですか!?」

石丸「そんなことするはずがないではないか! 校則違反だ!」

山田「それと同じです! ご主人様の前では、これが彼女たちの制服なのです!」

石丸「なんと……それは失礼した! 僕の不徳の致すところ……!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:06:51.99 ID:GYWGUX4J0

セレス「……何をしていらっしゃいますの?」

山田「ゲェ!? セレス殿!」

石丸「今、山田くんに流行りの萌とは何かを教示して貰っているんだ」

セレス「そうですか、それは勉強熱心なことで。ところで山田くん」

山田「は、はひぃぃ……?」

セレス「わたくしのミルクティーも淹れずにこんなトコで何エロ本広げてんだこのビチグソが!!」

山田「し、失礼しましたぁぁぁぁ!!!」

石丸「な、何ぃ!? やはりこれは萌えの教科書では無かったのか!?」

セレス「石丸くんもご自分で気づいてください……まったく」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:09:06.17 ID:GYWGUX4J0

大神「……賑やかだな」

舞園「そうですね」

大神「こうしていると、コロシアイなど無かったかの様に思える」

舞園「? コロシアイ……?」

大神「いや、忘れているのならそれでいい……」

大神「我らにとっては、もう過ぎたことだ」

舞園「……変な大神さん」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:11:58.84 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「よーっす! 江ノ島盾子ちゃん登場ー!」

大和田「江ノ島! お前、随分遅かったじゃねーか」

江ノ島「ごめんごめん! ちょっと残姉と寄り道しててさ」

戦刃「みんなごめんね、遅くなっちゃって……」

石丸「寄り道!? みんなを待たせておいてなんと理由がそれとは、なんと……!」

江ノ島「はい、説教は後ー」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:14:06.16 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「それより、はいこれ」

石丸「これは…… !あしたのグローブ!!」

江ノ島「桑田にはこれ」

桑田「お、ブルベリの香水じゃん!」

江ノ島「舞園ちゃんはこれねー」

舞園「あ、可愛い! 子猫のヘアピンですか?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:18:43.16 ID:GYWGUX4J0

戦刃「大和田くんはこれ」

大和田「こ、こりゃ……高級チンチラシートじゃねーか!」

戦刃「山田くんはいつものお菓子セット」

山田「うはwwwwコラコーラと油芋キタコレwwwwww」

戦刃「セレスさんは……あれ? あれ?」

セレス「……わたくしにはありませんのね」

戦刃「そ、そうじゃなくて……あ、あったあった!」

セレス「あら、綺麗な指輪。ダイヤですわね?」

戦刃「ガラスだけどね!」

セレス「……」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:20:39.89 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「さくらちゃんにはこれね!」

大神「……武神のお守り、か」

大神「お守りなど、我には必要ないが……」

江ノ島「ま、この先の道中での安全祈願ってことで!」

大神「……そうだな。感謝する」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:23:36.09 ID:GYWGUX4J0

戦刃「はい、不二咲くん」

不二咲「わぁ、無限たんぽぽだ。僕、無限たんぽぽ大好き!」

不二咲「……でも、これどうしたの?」

江ノ島「言ったでしょ? ちょっと寄り道して取ってきたの」

不二咲「どこに……?」

戦刃「それは……」

江ノ島「はい、残姉ちゃんの発言権は現時点をもってなくなりました!」

戦刃「ええぇっ!? 酷いよぉ、盾子ちゃん……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:26:34.56 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「それにしても、全員勢ぞろいって感じね」

舞園「ちょっと待って下さい」

江ノ島「ん?」

舞園「何人か、足りない気がするんですが……」

山田「はて? ここにいる全員で78期生は全員のはずですが」

大神「……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:28:32.23 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「あー、そいつらなら、心配しなくても後から来るから」

舞園「そう、なんですか?」

江ノ島「そうなの。この私様の言葉が信じられないとでも?」

大和田「お前、そんなキャラだったか?」

江ノ島「そーだよ!! なんだ、学友の性格も忘れちまったってか!?」

大和田「べ、別にそういんじゃねぇけどよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:30:42.70 ID:GYWGUX4J0

不二咲「……なんだか、不思議な気分だね」

石丸「何がだね?」

不二咲「僕も舞園さんと同じで、誰かを忘れている気がするんだ」

不二咲「それだけじゃなくて、色々なことをどんどん忘れている気がするのに……」

不二咲「不思議と、心は落ち着いているっていうか……」

石丸「ふむ……言われてみれば、分かる気がするな……」

石丸「きっとこれも、日ごろの規則正しい生活の賜物だろう!」

桑田「それはねーよ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:33:56.93 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「んじゃ、ぼちぼち行くとしますか?」

桑田「は? 行くってどこにだよ?」

戦刃「……みんなは、天国、かな?」

山田「天国? それはつまり……性の楽園ということ……!?」

江ノ島「違います。気持ち悪いですね、早急に首をくくって体の液という液をまき散らしながら死んで頂けますでしょうか?」

山田「ツッコミが辛辣過ぎません!?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:38:18.31 ID:GYWGUX4J0

セレス「天国ですか。わたくしの人生を省みるに、とてもそのような場所に行ける気はしませんが……」

大神「……我も、同意見だな。我は罪を償わなければならない」

江ノ島「それはアンタたちじゃなくて、閻魔様が決めることだって」

江ノ島「まぁ……閻魔様がいれば……の、話ですが……」

桑田「天国だの閻魔だの、まるで俺たち死んだみたいな言い方だな」

江ノ島「………」

桑田「……アポ?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:41:41.26 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「ってそんなわけねーじゃん!!」

桑田「だよな! 変な間開けんじゃねーっての!」

石丸「君達! そんな悠長に話している場合かね!」

石丸「戦刃くん! その天国とやらには何時までに集合なんだ!?」

戦刃「え、えと……えと……30分後くらい?」

セレス(適当に言いましたわね)

江ノ島(マジ残念すぎて絶望する……)ビクビク


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:44:01.16 ID:GYWGUX4J0

石丸「あと30分!? こうしてはいられない! どのくらい掛かる場所かもわからないのに!」

石丸「僕は先に失礼させて頂く! みんな、また後で合流しよう!」

大和田「っと、待ってくれ兄弟。俺も行くぜ」

石丸「うむ! では、どちらが早く到着するか勝負だな!」

大和田「上等だ! 今度はゼッテー俺が勝つ!」

石丸「いいや、僕だ!」

スタスタスタ…


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:46:48.45 ID:GYWGUX4J0

セレス「……なら、わたくしも行くとしますか」

山田「お供いたしますセレス様!!」

セレス「……最期のお供が貴方とは、これも天罰なのでしょうか」

山田「はひ?」

セレス「なんでもないですわ。参りますわよ」

山田「はい喜んでー!!」

セレス「では、みなさん。今度こそ、来世でお会いしましょう」

スタスタスタ…


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:49:36.19 ID:GYWGUX4J0

不二咲「……大和田君達、行っちゃったんだね」

アルターエゴ「そうだね」

不二咲「!」

アルターエゴ「僕達も行こう、ご主人タマ」

不二咲「……うん、そうだね。みんなが待ってるもんねぇ」



不二咲「それじゃあみんな……必ず、また会おうね」

スタスタスタ…


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:53:22.09 ID:GYWGUX4J0

大神「……我も向かうとしよう」

大神(朝日奈よ……我は、お主に会えて本当に良かった)

大神(あの時、お主が居たから、我は我の中の絶望に打ち勝つことが出来た)

大神(あの時、お主が居たから……)

大神「さらばだ、友よ」

スタスタスタ…


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:55:18.30 ID:GYWGUX4J0

舞園「……私達も」

桑田「っと、その前に!」

舞園「?」

桑田「舞園ちゃん! 好きです、付き合ってください!!」

舞園「ごめんなさい」

桑田「最期まで即答って酷くね!?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:57:14.40 ID:GYWGUX4J0

舞園「でも、私……」

桑田「はぁーあ、どうせ居なくなるんだから、玉砕覚悟でと思ったけど……」

桑田「やっぱ苗木には勝てねーわ」

舞園「!? なんで……」

桑田「エスパーだから、つって?」

舞園「!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 05:59:41.80 ID:GYWGUX4J0

桑田「ま、次はスーパーシンガーになって、苗木よりずっとずっといい男になって告白すっから」

桑田「そこんとこヨロシク!」

舞園「……ふふ。期待してますね」

桑田「よっしゃ! じゃあ脈ありってことで……」

舞園「それは違います」

桑田「そんな、舞園ちゃーん……」

スタスタスタ…


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:01:27.55 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「……」

戦刃「みんな、行っちゃったね」

江ノ島「……」

戦刃「これからどうする?」

江ノ島「……」

江ノ島「決まってるでしょ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:04:40.92 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「地獄ってのがどんだけ絶望的なところか体験しに行くのよ!」

戦刃「あはは、そう言うと思った」

江ノ島「針地獄、釜地獄、砂地獄、灼熱地獄……ああ、もうたまんない……!」

戦刃「そうだね。でも、その前に」

江ノ島「なによ?」

戦刃「彼に、会いに行ったら?」

江ノ島「……残姉ちゃんのくせに生意気だっつーの」

江ノ島「ま、そうするつもりだったけどね」ドキン!


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:06:46.75 ID:GYWGUX4J0

江ノ島「ほら行くよ! とろとろしてたら置いてくからね!」

戦刃「あ、待ってよ盾子ちゃん!」

戦刃「……」クルッ

戦刃「……じゃあね、苗木君」

スタスタスタ…



ガチャン…

ピー


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:08:42.14 ID:GYWGUX4J0

霧切「……終わったかしら?」

苗木「うん。ごめんね、無理言っちゃって」

霧切「いいのよ。私も、みんなの姿を目に刻みつけて置きたかったから」

苗木「何人かは、もう死体も残っていなかったけど」

霧切「それでもよ」

苗木「そっか」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:12:05.84 ID:GYWGUX4J0

霧切「それにしても、みんなに最後のあいさつをしたいだなんてね」

霧切「お供え物までして、苗木君らしいわ」

苗木「みんなが好きなものを選んだつもりだから、喜んでくれてるといいんだけど」

霧切「そうね。きっと喜んでるんじゃないかしら」

霧切「それに、もし間違ったものを送っていても、向こうに行った時に怒られるだけよ」

苗木「あはは、そうだね」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:15:24.61 ID:GYWGUX4J0

苗木「……ねぇ、霧切さん」

霧切「何かしら」

苗木「江ノ島さんに言わせれば、こうして死者の事を案じるなんて馬鹿げてるんだろうけど……」

苗木「僕はそうは思わないんだ」

苗木「だって、生き残った僕らは死んだみんなの分の希望を託されてここにいる」

苗木「それって、みんなの希望は僕達の中で生きてるってことだよね」

苗木「そんなみんなに敬意を払うことは、やっぱり馬鹿げたことなのかな……?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:22:15.71 ID:GYWGUX4J0

霧切「……どうなのかしらね」

苗木「……」

霧切「みんなの死は、結果だけ言えば無駄だったかも知れない」

霧切「けれど、その死を貴方は悲しく尊いものだと思っている」

霧切「なら、死んだとしても、彼らには貴方のその想いを受け取ることの出来る権利がある」

霧切「言うなれば、それはこう言えるんじゃないかしら――」



霧切「去りゆく者達の権利」





45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/28(土) 06:26:06.93 ID:GYWGUX4J0

ED
http://www.youtube.com/watch?v=Lx2iuQ0UNoA

朝っぱらからお付き合いありがとうございました。
スレタイはお察しの通り、蒼穹のファフナーRIGHT OF LEFTから。



元スレ:霧切「去りゆく者達の権利」

他サイト様の最新記事