1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:11:44.44 ID:A0jnHX5WP

智葉「は?」

ネリー「お願い!」

智葉「……これはアレか、強請でもされるのか」

ネリー「違うよ! お金が欲しいからサトハにお願いしてるの!」

智葉「お願いか……」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:15:03.56 ID:A0jnHX5WP

ネリー「うん、学校にバレないところを紹介して欲しいの」

智葉「……ん?」

ネリー「メグに聞いたら、そういうバイト先はサトハに聞くのがいいって!」

智葉「なるほどな、そういうことだったのか」

智葉「っていってもなぁ、なんで金が必要なんだ? 何か欲しいものでもあるのか?」

ネリー「お金が欲しいんだよ?」

智葉「いや、そういうことじゃなくてな……」

ネリー「兵器とお金はいくらあってもいいんだよ?」

智葉「…………」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:17:55.98 ID:A0jnHX5WP

ネリー「私に出来ることならなんでもするから、バイトを紹介して、ね?」ウワメ

智葉「っ……」ドキッ

智葉「そういうことならまぁ……ひとつやふたつ斡旋してもいいか」

ネリー「うわー! やったー!」

ネリー「サトハ大好き!」ギュ

智葉「っ! っ!」

ネリー「サトハ?」

智葉「あ、ああ……そうだな、なんのバイトがいいか……」

智葉「……そうだ、>>4のバイトが募集をしてたはずだ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:18:59.09 ID:HNjK1fU80

松実館


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:26:24.16 ID:A0jnHX5WP

ネリー「マツミカン?」

智葉「旅館のバイトだな。土日短期でのバイトを募集してる」

ネリー「何をすればいいのかな?」

智葉「布団敷とか掃除とかじゃないか?」

ネリー「わかった! じゃあやってみるよ!」

智葉「交通手段は用意しておいてやる」

ネリー「ありがとうサトハ!」

智葉「頑張ってこい」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


ネリー「ここでいいんだよね……」

玄「あの、もしかしてネリーさんですか?」

ネリー「え? はい、そうです」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:31:06.46 ID:A0jnHX5WP

玄「松実館の従業員で、松実玄と申します。ネリーさんを迎えに来ました」

ネリー「はじめまし……て、あれ? もしかして阿知賀の人?」

玄「はい、決勝で智葉さんと打たせてもらいました」

ネリー「なるほどー、それでサトハが紹介してくれたんだ!」

玄「そういうことです、じゃあ車を用意してありますから、こちらへ」

ネリー「はーい」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:34:37.70 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


玄「つきましたよ」

ネリー「うわー、温泉だー!」

玄「ネリーさんは温泉は初めて?」

ネリー「ううん、サトハが一回連れて行ってくれたよ」

玄「よし、じゃあ今からネリーさんの部屋に案内して、荷物を置いてもらってから業務の説明をしますね」


##########


玄「よし、では早速説明をば」

玄「ネリーさんには>>11のお仕事をしてもらいます」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:35:09.91 ID:XofeVBi30

   / :/  ...:/:′::/ :.:.:.....:./.:/:!:.:.:.i:..!:.:.....:{:.:.:.:.:.:ハ    /
.  /.〃/:...../:′'.::|:: i .::.:.:.:| :i:_{__|:.|:.:.:.i :|:.:.../  ̄`ヽ/      ふ
  '://:′::/斗:十 |::.::.::.:.:.:.: :}}ハ ::ハ:{:≧ト|:::/  な       な な  ぅ
 {//::{: /|i:八::{=从:{ i::::: :N孑弐{ミト∨:::|::′  る.     る .る (
.  i :从 ::::{イァ:う{ミト爪ト::::. ! ん):::::ハヽト、:{:|    ほ      ほ ほ  )
.  |.::| : \《 { ::::::: }  ヽ\{ { ::::::::: リ | :::ヽ!   ど     ど ど む
.  | ::!::|ハト.乂__ノ       ー '  | :::<    |
 八::| :|::::i /i, ,     ,     /i/ , }:::}i::人   __ ノ\
  (__):::l:::::.                 i.:/::::::::厂「{:::::::{    ` ー― ´
 / :{ | :V:入     { ̄`ソ      }/}::::}/::::::l.|:::::::|
 { ::|人::∨::::>...   `      . ィ升|:::/::::::::八::::::{


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:35:16.56 ID:HNjK1fU80

配膳


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:45:56.33 ID:A0jnHX5WP

ネリー「配膳?」

玄「厨房から料理を運んで、お客様の部屋や宴会部屋に並べる仕事です」

玄「並べ方や細かい指示は私が出しますから、それに従って動いてくださいね」

玄「今日はちょうど、地元の商店組合の方から宴会の予約が入っているので、今から会場のスタンバイをしてもらいます」

ネリー「ご飯を並べる仕事だよね、頑張るよ!」

玄「期待してますね、あとネリーさんは敬語はできますか?」

ネリー「はい、一応できます」

玄「お客様に何か聞かれたら敬語で受け答えしてくださいね。細かい注文とかは私が受けるから心配しなくてもいいですけど」

ネリー「分かりました!」

玄「じゃあまずはこっちに……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 17:52:56.59 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


ネリー「玄さん、ビール持ってきたよ」ガラガラ

玄「ありがとう、あとこの注文書をまた厨房へ持って行って頂戴」

ネリー「うん!」タッタッタ

オヤジ「新しいバイトの娘雇ったん?」

玄「はい、今日明日の短期なんですけど」

オバサン「外国の娘? よく働くわねぇ」

玄「おかげで助かってます」

穏乃母「そういえば娘がそんなこと言ってたような……」

玄「最初は穏乃ちゃんも誘ったんですよ」

穏乃母「あぁ、でもあの娘に和装は似合わないわよねぇ……年中ジャージだし」

玄「そんなことないと思いますよ?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:00:00.04 ID:A0jnHX5WP

##########


ネリー「じゃあ持っていきます」

板さんA「おっと、これも一緒に頼むよ」

ネリー「はい! わかりました」

板さんB「よく働いてくれますね、要領もいいし、愛嬌もある」

板さんA「な、本格的にうちに来てくれないかな」

松実父「はぁ……宥もあれくらい働いてくれたらいいんだけどな」

板さんA「ははは……」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:04:37.15 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

~バイト終了~


玄「短い間だったけど助かったよ、お疲れ様」

ネリー「うん、大変だったけど楽しかったよ!」

玄「じゃあこれ、お給料ね」

ネリー「わーい!」

玄「もしよかったら、今度は長期休暇の時に働きに来てくれると嬉しいな」

ネリー「うん、わかった。玄も今度遊びに来てね」

玄「うん、また会おうね」

ネリー「バイバイ、玄!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:11:18.86 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


智葉「お、帰ってきてたのか」

ネリー「うん、楽しかったよ!」

ダヴァン「サトハ、ネリーがお土産を買ってきてくれマシタよ」

明華「はむはむ」モグモグ

智葉「おいおい、せっかくのバイト代使っていいのか?」

ネリー「お金は使わなきゃただの紙切れなんだよ?」

智葉「…………」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:14:34.54 ID:A0jnHX5WP

郝「まぁ……ネリーがいいならいいんじゃないでしょうか」

智葉「うん……そうだな」

ネリー「それで、次はなんのバイト紹介してくれるの?」

智葉「は?」

ネリー「次のバイトはどんなお仕事なの?」

智葉「これは予想外だったな……」

ネリー「わくわく」キラキラ

智葉「そうだな、>>28なんてどうだ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:16:51.88 ID:Y115s3hm0

マグロ一本釣り


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:23:56.77 ID:A0jnHX5WP

ダヴァン「What!?」

ネリー「マグロってあの赤いお刺身の?」

智葉「そうだ」

郝「智葉……冗談ですよね?」

智葉「稼ぎはものすごくいいぞ」

ネリー「やる!」

智葉「そうか、じゃあ連絡しといてやる」ピッピ

ネリー「わーい、楽しみだなー」

明華「楽しそうですね……私もこんどご一緒させてもらおうかしら」

ダヴァン「やめておいたほうがいいデスよ……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:32:40.50 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

―港―


ネリー「…………」

誠子「うんうん、ツナギにあってるじゃないか」

ネリー「可愛くないよ……」

誠子「グダグダ言うんじゃない、マグロを舐めてると死ぬぞ?」

ネリー「うぅ……」

誠子「よし、じゃあ船内での生活について説明するから」

船長「おぉ、それが新入りか?」

誠子「はい、どうしてもお金が必要みたいで」

船長「うっし、かなりキツいけど、頑張ってくれよ! 代わりに金は期待していいからな!」

ネリー「! うん、私頑張るよ!」

誠子「じゃ、行こうか」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:38:25.05 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


誠子「いよっしゃあああああああ!」

ネリー「うわあああああああああああ!!」

マグロ「うわあああああああああああ!!」ビターンビターン

誠子「おっちゃん!」

おっちゃん「おう!」ドス

ビチャチャー

ネリー「血があああああ!!」

誠子「邪魔邪魔! ああもうそっちで見てろって言ったろ!」

おっさん「こっちも釣れたぞおおおおおお!!」

誠子「今行きます!」

ネリー「うぅ……サトハぁ……メグぅ……」メソメソ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:42:39.42 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

~2週間後~


ネリー「ロオオオオォォン!!」ザバァ

誠子「いいぞネリー!」

おっさん「よし、じゃあ……」

ネリー「大丈夫だよ! フン!!」ズボッ

おっちゃん「ぬ、抜き手で血抜きを……」ゴクリ

船長「こいつぁ……期待以上だな」

誠子「よし! この調子でもっと釣り上げるぞ!」

ネリー「おー!!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:48:30.61 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


ネリー「ただいまー!」

ダヴァン「おぉ! 無事に……え?」

郝「ネ、ネリー?」

明華「なんかこう……体つきが」

ネリー「なんかすっごくたくさんお金もらったよ!」

智葉「そうか、良かったな」

ネリー「うん! また今度来て欲しいって言われた!」

智葉「よし、じゃあそろそろ……」

ネリー「次のバイトだね!」

智葉「…………」

ダヴァン「ネリー、そろそろ麻雀に集中しなくてハ……」

ネリー「大丈夫だよ! 行く先々で麻雀の練習もしてるから!」

郝「そうは言っても……」

智葉「はぁ……わかった、>>43のバイトを紹介してやる」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:49:33.79 ID:OgXJ0nFVO

治験


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 18:58:14.65 ID:A0jnHX5WP

ネリー「チケン?」

智葉「実は私が知り合いに頼まれてたんだ。断るつもりだったが、お前がそこまでバイトをしたいというなら紹介してやろう」

ダヴァン「サトハ……それはまさかとは思いマスが……」

ネリー「お給料はいいの?」

智葉「ああ、はっきり言って破格だ」

ネリー「よぉし、私頑張るよ!」

智葉「あぁ、行ってこい!」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


憩「あらー、あなたが辻垣内さんの紹介の?」

ネリー「うん! ネリーだよ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:06:26.93 ID:A0jnHX5WP

憩「荒川憩ですぅ、よろしくお願いしますねー」

ネリー「よろしくおねがいします!」

憩「じゃあ早速ウチの病院に行こか?」

ネリー「はーい」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


憩「内容は簡単ですよーぅ、こちらの用意した薬を定期的に飲んでもらって、一定時間ごとに簡単な検査をするだけやから」

ネリー「それだけでいいの?」

憩「この建物の中で過ごしてもらうことになるんやけど、ゲームも本もあるし、楽にしてもらってええですから」

ネリー「わぁ、すごいね!」

憩「じゃあここに用意してあるお薬をのんでもらいますよーぅ」

ネリー「これはなんのお薬なの?」

憩「>>55のお薬ですよーぅ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:10:11.81 ID:6uU2ey4z0

豊胸


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:15:13.29 ID:A0jnHX5WP

ネリー「ホウキョウ?」

憩「おっぱいが大きくなるお薬やね」

ネリー「うわぁ! すごいね!」

憩「個人差がありますけど、効き目のある人だと2カップくらいの上昇が見込めるんですよぅ」

ネリー「飲む飲む!」

憩「はい、じゃあどうぞー」

ネリー「ゴクゴク」

憩「…………」

ネリー「ぷはぁ」

憩「じゃあ次の時間になったらまた持ってきますから、それまでゆっくり過ごしとってくださいね」

ネリー「はーい」

憩(といっても、この薬には>>61の副作用があるんですけどねー)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:16:03.68 ID:4dkm96/g0

エロくなる


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:23:26.91 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

~3日後~

ネリー「はぁ……」

ネリー(ずっと一人きりなのはさみしいなぁ……)

ネリー(せめて誰かとお話ができれば……)

ネリー(……サトハ、今何してるかなぁ)

ジュン

ネリー(ん……今の……)

ネリー(あれ……どうしちゃったんだろ……)

ネリー「ん……」スリスリ

コンコン

憩「はいりますよーぅ」

ネリー「あっ、は、はーい!」ガバッ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:30:24.61 ID:A0jnHX5WP

憩「これで最後の薬になりますよーぅ、明日の朝検査して、終わりということで」

ネリー「うん……」

憩「どうしたん? 元気ないように見えるけど」

ネリー「ううん……なんでもないよ」

憩「そう、ならええんやけど……」

ネリー「ん……」ゴクッ

憩「じゃあ今日はこれで。お休みなさーい」

ネリー「お休み……憩」

ガチャン

憩「……」ニヤリ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:34:19.90 ID:A0jnHX5WP

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


智葉「ふぅ……疲れたな」

ガチャ

ネリー「……」

智葉「ん? なんだ、帰ってきてたのか……って、おいその胸……」

ネリー「どうしようサトハ……」ポロポロ

智葉「ん、んん?」

ネリー「本当におっぱい大きくなっちゃって……苦しいの」

智葉「あぁ……うん、服を変えればいいんじゃないか」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:38:29.15 ID:A0jnHX5WP

ネリー「それにね……なんだか落ち着かないの……お腹のあたりがムズムズするし……」ハァハァ

智葉「そうか……」

ネリー「サトハっ、私変になっちゃったよ……」ギュ

智葉「」ムラッ

ネリー「サトハ……私……」スリスリ

智葉「ネリー」

ネリー「えっ……んむぅ!?」

ドサッ


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


prrr prrr

憩「はーい、憩ちゃんですよーぅ」

智葉『荒川か』


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:43:35.04 ID:A0jnHX5WP

憩「あら、辻垣内さんやないですか」

智葉『いい仕事をしてくれた、正直期待以上だったよ』

憩「こっちもいいデータが取れて助かりましたよーぅ」

智葉『金の方は振り込んでおいた』

憩「まいどどうもー」

憩「それにしても洋ロリ巨乳フェチとは、辻垣内さんもなかなか難儀な趣味を持ってて、大変でしょーぅ?」

智葉『私も困ってるんだが、こればっかりはな』

憩「ほな、今後もご贔屓に」

智葉『あぁ、またな』

ピッ




80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:49:28.05 ID:A0jnHX5WP

もうちょっとやろうかと思ったけど、飯の時間だしこれで
泡風呂のお仕事とかが出てこなくてよかった


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/03(日) 19:49:50.60 ID:F/YVXsQz0


ガイトさんの陰謀だったか



元スレ:ネリー「サトハ、お金!」

他サイト様の最新記事