1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:00:43.46 ID:N7yEdoQ+0

咲「もうっ京ちゃんのバカッ!もう出て行ってやるんだから!!」

京太郎「何をいきなり馬鹿な事を言ってんだ咲?」

京太郎「お前と俺は…大学を卒業してすぐ結婚してから三年……」

京太郎「ケンカもしたけど今までここで、一つ屋根の下で一緒にやってきたじゃないか」

咲「それはそうだけどっ――――」

京太郎「それによぉ。俺はさ…お前の事だけは一日たりとも忘れた事も無かったって言うのによ……」

咲「よくそんな事言えるね…京ちゃん!いつもいつも私の事を騙してばかりで……」

京太郎「騙すって……人聞きの悪い事を言うな!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:05:05.06 ID:N7yEdoQ+0

咲「どうせ私が何にも知らないとでも思ってるんでしょ?!!」

京太郎「何の事だよ?」

咲「私聞いたんだからね!京ちゃんが和ちゃんと浮気してるって!!」

京太郎「!?」

咲「ふんっ…知ってるんだからね!」ぷい

京太郎「お…俺がのど――原村先生と……?そ…そんな根も葉もない嘘をよく言うよ」

京太郎「良くそんなゲスい妄想出来るもんだよ?流石…文学少女だな」

咲「……妄想じゃないよ…教えて貰ったんだもん。京ちゃんが麻雀雑誌の編集記者であるのをいい事に……」

咲「プロ雀士の和ちゃんに言い寄って、夜の密着取材をしてるって……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:10:31.66 ID:N7yEdoQ+0

京太郎「だ…誰がそんな事を……」

咲「お姉ちゃん…だよ。ほら…証拠の写真もあるよ……」す…

ぱらぱら

京太郎「!?」

京太郎<こっこれは…前に和と入ったホテルの、入る時と出る時の写真……?でも……ど…どうやって?>

咲「驚いた?私も最初は信じられなかったけど、お姉ちゃんが探偵さんを雇って調べて貰ったって」

京太郎「くっ……どうしてお義姉さん……宮永先生がこんな事を……」

咲「お姉ちゃんねぇ……何年か前にあったか~い詐欺の女に好きな人を盗られたて。凄く辛い想いをしたんだって……」

京太郎<なんだよ?…あったか~い詐欺って……>


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:15:37.91 ID:N7yEdoQ+0

咲「それ以来…私にはそんな想いをさせたくないって、その為なら手段を選ばないって、私を見守ってくれてるの」

京太郎<何?だとすると俺は……俺と和はずっと…あの人に監視されていたのか……>ゾー

咲「どう?ぐうの音も出ないでしょ?あはは…ゲスいのは京ちゃんの方だったね?」

京太郎「……俺や…原村先生を監視(ストーキング)してるお前らにだけには、言われたくねーよ」けっ

咲「で…どうなの?これでも認めないつもりなの?」ずいっ

京太郎「……くっ―――ああそうだよ!俺は原村先生と浮気しましたよ!!」

咲「認めたね?認めましたね?京ちゃん」

京太郎「そうだよ。認めたよ!で、どうしたいんだよ…お前は?俺と別れたいとでも言うのか?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:20:19.03 ID:N7yEdoQ+0

咲「そ…それは……」

京太郎「フン…結局お前はどうなっても俺と離れようとはしないんだ。結局は惚れたお前の負けなんだよ」

咲「京ちゃん…私は……」

京太郎「ええ?お前がモテない俺が好きって言うなら、考え直してやるけどな?まぁそんな俺は俺とはいえないけどな」ニヤリ

咲「ばっ…馬鹿言ってないでよ!京ちゃん」

京太郎「馬鹿言ってるのはお前だよ?咲」

咲「京ちゃん……京ちゃんは和ちゃんに遊ばれている事にも分からない様な、可哀想な人なんだね!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:26:47.01 ID:N7yEdoQ+0

京太郎「はっ!何を言っていんだよ?咲」

咲「私…お姉ちゃんから聞いたんだよ。和ちゃんは男も女もお構いなしの、おしりが大きいのに軽い女なんだって」

咲「だから、他の女流プロ雀士からはバイパイピンクなんて言われてるんだよ?」

咲「そんな人が京ちゃんなんかに本気になる訳が無いよ?」

京太郎<バイパイピンクって……バイで倍のパイで頭の中も外もピンク色の色情魔だって事かよ!!>

咲「おまけにPMなんて呼ばれてもいるんだよ!言っとくけど午後の事じゃないよ?」

京太郎<ピンクホルスタインって事かよ!?もう言いたい放題!貶め放題だな!!>

京太郎<…………やっぱ女子プロの世界って怖えー…………知ってたけど……>しみじみ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:30:36.89 ID:N7yEdoQ+0

咲「どう?目が覚めた、モテモテのモテ男の京ちゃん?」

京太郎「くっ…だったら……三年目の浮気ぐらい大目にみろよ」

咲「はっ!?」カチン

咲「京ちゃんのその…ひっ…開き直るその態度が気に入らないの!!」

京太郎「じゃあ…どうすりゃいいんだよ?」

咲「ふんだっ!もうっ……両手をついて謝ったって許してあげないんだからねっ!!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:40:09.52 ID:N7yEdoQ+0

…………。

京太郎「で…結局、お前はどうしたいんだよ?」

咲「もうっ!京ちゃんがそんな態度を取るんだったら、私から荷物をまとめて出て行ってやるんだからっ!!」

京太郎「は?出てく?お前が?」ぷぷ…

咲「なっ何よ!?」

京太郎「お前…俺が出張に行く時も、帰った時も泣いて見送る様な寂しがり屋じゃねーか」

咲「//////うっ…それは……」

京太郎「そんなお前が、荷物をまとめて涙も見せずに出ていけるのかよ?」

咲「で…出来るもんっ!!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:45:27.56 ID:N7yEdoQ+0

京太郎「ふーん。じゃ、出てくってドコに行くんだよ?」

咲「お…お姉ちゃんのトコ……」

京太郎「お義姉さん…宮永先生は今、地方に遠征中だよ」

咲「じゃ…じゃあ和ちゃんの家……」

京太郎「お前自分が何言っているのか判っているのか?」

咲「うう……わ…分かってるもんっ」たじ…

京太郎「転がり込むとか以前に原村先生も宮永先生と一緒に遠征中だよ」

京太郎「それに、あの二人は同じチームだってお前だって知ってるだろうが?」

咲「…………だったら…優希ちゃん家……」

京太郎「アイツは少し前に結婚したばかりじゃないか。お前は別居する為に新婚家庭に突撃する心算かよ?」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:50:40.76 ID:N7yEdoQ+0

咲「……た…確かに……もうこうなったら末原さんに頼んで……」

京太郎「末原さん……?もしかして俺達より二つ上で関西出身の?」

咲「うん…その末原ナンとかさん」

京太郎「てか、お前あの人とは、高校、大学何度か打ってるぐらいで、殆んど面識はないじゃねーか」

咲「うっ!?」ぎくっ

咲「で…でも何度もゴッ倒してるし、今度もゴッすれば言う事を聞いてくれる様な気がして……」

京太郎「はぁ…なぁ咲さん…もうそろそろ適当に思い付きで言うのは止めろよ?」

咲「うっ!!」どきっ


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:55:47.08 ID:N7yEdoQ+0

京太郎「それにあの人は大阪在住だろ?脅して押し入ろうとしたって、追い返されるのがオチだぞ?」

京太郎「まったく尼崎じゃないんだからさ。そんな無茶苦茶がまかり通る訳ないだろ?」京太郎「……ま、大阪も似た様なもんだろうけどな?知らんけど」

咲「ううう……」

京太郎「はぁ…だいたい交友関係の狭いお前g―――――」

咲「―――――はっ!!」

咲「……じゃ…じゃあっ!実家に帰らせて頂きますっ!!」

京太郎「実家?ああ…それなら出来そうじゃないか?」

咲「えっ!?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:00:43.72 ID:lBpdRbqM0

京太郎「いや、なに…こうなったら暫くの間。お互いに距離を置いた方が良いんじゃないかって」

咲「きょっ…京ちゃんは私と離れたいの!?」

京太郎「お前…何言ってんだ?お前から先に自分から出て行くって、言ったんじゃないか?」

咲「うっ…それは……」

京太郎「まぁ…お前が言う様に、俺が和に遊ばれているって言うんなら……」

京太郎「まぁ俺もそれなりに浮気みたいな事もするけどさ……俺だって本気になれないだから、可愛いもんだと思わないか?」

咲「!!」ピキッ

咲「よくそんな事が言えるね京ちゃん!!」

咲「いくら京ちゃんでも、こんな勝手な言葉が出てくるとは思わなかったよ!!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:05:32.72 ID:lBpdRbqM0

京太郎「そうか?」

咲「そうだよ!!最早!京ちゃんの性根を…人格を疑うレベルだよ!!」

京太郎「言ってくれるじゃねーか咲さんよ?だがな、俺がこうなったのも元はと言えばお前にも原因はあるんだぜ?」

咲「どう言う事よ?」

京太郎「どうもこうもねーよ。そりゃ…お前が沢山あったプロチームや実業団、強豪大学の誘いを全部蹴って……俺と同じ大学を受けるって聞いた時は、そりゃ嬉しかったさ」

咲「そうだよ。京ちゃんと一緒の大学に行く為に、たくさん勉強したんだからね」

京太郎「それで大学の麻雀部に入って、最初の挨拶の時にいきなりお前が、お嫁さん違いますけど彼女です――――」

京太郎「――――なんて言い出して、いつも俺にくっついているもんだから、みんな妙に気を遣って俺は大学時代、殆んど遊べなかったんだからな!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:10:55.76 ID:lBpdRbqM0

咲「付き合っているんだから、それは当り前の事だよ?」

京太郎「お前の場合は束縛し過ぎなんだよ。結婚した今でも、一日にニ十回以上もメールして来るし……」

京太郎「俺はキャンパスライフをもっとエンジョイしたかったんだよっ!!」

咲「…………」

京太郎「それで大学を卒業して、少し羽を伸ばせるようになったから――――」

咲「ふーん。すっごく自己中心的な考えだね。京ちゃんらしいよ」

京太郎「お前にだけは言われたくはないよっ!」

咲「私はただ一途ってだけだよ……」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:15:41.38 ID:lBpdRbqM0

京太郎「一途って……物は言い様だな。全くお前は、何時も俺に甘えてばかりでさ……」

京太郎「今でも…ちょっと俺が他の女の子と話そうもんなら、すぐ焼きもち焼くし……」

京太郎「もうそんな事しても可愛くないんだよ。もっと大人になれよ?」

咲「――――!!京ちゃん馬鹿な事言ってないでよ!!」

京太郎「ふん。俺だって男だ、羽目を外したら、ハメたくなるってもんだろ?」

咲「……………」

京太郎「……………」

咲「京ちゃん…………サイテー……」

京太郎「確かに今のだけは最低だった」ぺこり


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:21:36.05 ID:lBpdRbqM0

咲「そうだよ!今のは麻雀で言ったらチョンボ並みにサイテーだよ!」

咲「まったくこんなサイテーな京ちゃんのキョウチャンなんかチョンボしちゃうんだからね!!」

京太郎「咲……お前…本気で俺のオレをチョンボしたいのか?」

咲「うっ…………」じー

咲「……………」ごくり…

咲「……やっやっぱりそれだけは赦してあげる////////」

京太郎「フフン。やっぱりお前は『俺』と『オレ』なしじゃいられないんだよ」

咲「うっ……自惚れないでよっ!京ちゃん!!」

咲「―――――それに…私にだって、その気になれば相手はいるんだからね!!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:31:11.48 ID:lBpdRbqM0

京太郎「へー。どこのどいつだよ?いいから言ってみろよ?」

咲「の…和ちゃん……」

京太郎「だから和だったら本末転倒だろうが!?何度も同じ事を言わすなよ、咲さん?」はぁ

咲「うっ…それはそうだけど……」

京太郎「まったく…大学時代、俺にくっ付いてばかりで、殆んど他の知り合いを作らなかったからこうなるんだぞ?」

咲「うう……だって京ちゃんがいれば、もういいって…他に何も要らないって……思ってたんだもん……」うー

京太郎「!!」どきっ

京太郎「そ…そうかよ……」

京太郎<やべっ一瞬、どきってしちまった…もう結婚して3年にもなるのにな……>


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:35:51.52 ID:lBpdRbqM0

京太郎<……てか、こうは言ったものの、もし咲が本気で和に近づいたら、和は喜んで受け入れそうだな……>

京太郎<なんたってバイパイピンクとかPHとか言われてるくらいだからな……>

京太郎<しかも、和がそうなったきっかけは、どうも咲によるものらしいしな……>

京太郎<はっ!!もしかして和が俺と寝たのは…これを狙って……俺と咲を別れさせて、咲を俺から取り返す心算とか……>

京太郎<つまり俺は当て馬で…本命は咲だと言うなのか……?>

咲「?」

京太郎<……いや…それよりも…それ以前に俺にとってこいつは…咲は……>

京太郎<特別美味い物でもないけど、毎日食べても飽きない、一口食べるとほっとする…ご飯の様な存在なんだよな……>

京太郎<分かっていたけど俺はやっぱりこいつの事が――――――>

咲「ど…どうしたの京ちゃん……?急に黙りこんで……」

京太郎「……咲…………」じっ

咲「京ちゃん……?」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:40:29.75 ID:lBpdRbqM0

京太郎「……今回の事は色々あったとはいえ、俺が悪かった…俺がバカだったよ……」

咲「そっそうだよ京ちゃんが悪いおばかさんなんだからね……」

京太郎「今になって俺にはやっぱりお前が必要だって思った」

咲「京ちゃん……」じーん

京太郎「だから咲……謝るから許してくれるか?」

咲「…………ゆるs――――――やっぱり両手をついて謝ったって許してあげないっ」

京太郎「じゃ…じゃあどうすれば……」

咲「私……今すっごく欲しいものがあるの……」

京太郎「欲しいもの?お前が俺に強請るなんて珍しいな……それを用意したら許してくれるのか?」

咲「うん…許してあげる」にこ

京太郎「よし!俺が用意出来るモンだったらなんだって用意してやる!!」

咲「ほ…ほんと?京ちゃん……//////」

京太郎「ああ。男に二言は無いぜっ!!で。何が欲しいんだ?」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:45:15.15 ID:lBpdRbqM0

咲「じゃあ…じゃあ言っちゃうね……私ね……」

京太郎<……………余り高い物じゃなければいいが……>ごくり



咲「私……京ちゃんの赤ちゃんが欲しいなっ」



京太郎「え?」

咲「えっ!?」



京太郎<…………ある意味…俺が用意出来るモノの中で一番高く付くモノだった……>



おしまい。

おあとがよろしい様で。


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:48:05.17 ID:lBpdRbqM0

王道中の王道の二人の事が書けて良かったです
やっぱりなんだかんだ言っても王道が一番なんじゃないかと思います

ありがとうございました。


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:49:53.59 ID:IWB5z8D5i

乙ー
京咲は安心して見れるな



元スレ:京太郎「三年目の浮気」

他サイト様の最新記事