1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 10:50:46.52 ID:0kgp7krbO

アーチャー「は?」

イリヤ「だから、おつかいに付き合ってって言ってるの」

アーチャー「急に家に来て、何をしに来たのかと思えば…」

アーチャー「リズとセラはどうした?」

イリヤ「いま家事やってる」

アーチャー「それでも言えばやってくれそうだが」

イリヤ「だからこっち来たのよ」

アーチャー「なるほど…、ならば小僧で良かろう。今なら夕飯を作る前の時間だろう?空いてるんじゃないのか?」

イリヤ「士郎なら、凛と桜とセイバーといっしょに買い物行ってるわ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 10:57:21.24 ID:0kgp7krbO

アーチャー「凛め、朝からいないと思ったら…」

アーチャー「…バーサーカーはどうだ?」

イリヤ「ランサーが死んでもいいの?」

アーチャー「別にそれは構わんが、確かに破壊跡を片付けるのがめんどくさそうだな」

イリヤ「でしょ?だから行こ」

アーチャー「…他のサーヴァントかマスターに頼むという選択肢は無いのか」

イリヤ「んー…、ないわ。だってアーチャーなら引き受けてくれると思ったもの」

アーチャー「………フゥ」

アーチャー「…しょうがあるまい。小僧と出かけているということは、凛も今日は帰ってこないだろう。いくらでも付き合うさ」

イリヤ「やったー!」ピョンピョン


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 11:05:07.05 ID:0kgp7krbO

アーチャー「この姿で外をうろつくわけにもいくまい。着替えて来るから待っててくれ」

イリヤ「わかったわ」




アーチャー「待たせたな」

イリヤ「……」ポカーン

アーチャー「どうした?イリヤ」

イリヤ「う、うぅん!なんでもないわ!」ブンブン

アーチャー「?そうか」

イリヤ(黒のタンクトップにサングラス…。筋肉質な高身長と黒肌が合間ってヤクザにしか見えない…)

アーチャー「では行こうか」

イリヤ「ん」スッ

アーチャー「ん?なんだ?イリヤは繋がなくては外も歩けないのか?」

イリヤ「ちーがーうー!淑女をエスコートするのは紳士の務めでしょー!」プンプン

アーチャー「ははっ、これは失礼した」ギュ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 11:12:26.71 ID:0kgp7krbO

アーチャー「ここが目的のスーパーか?こんな所にスーパーがあるなんて知らなかったな…」

イリヤ「セラが穴場のスーパーって言ってた。後この時間帯は安いんだって」

アーチャー「ホゥ、それは良いことを聞いたな。今度からは食材はここで買うことにしよう」

イリヤ「でも、争いが必死だからご新規さんはあまり来ないみたい」

アーチャー「争い?」

イリヤ「えぇ、アーチャー。干将莫耶を装備しといた方がいいわ」

アーチャー「なぜ?」

イリヤ「アレって装備すると防御力が上がるんでしょ?鞘と一緒に投影して、腰にでもぶら下げといたら?」

アーチャー「まてまてイリヤ。何故スーパーで防御力を上げる必要がある?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 11:25:41.66 ID:0kgp7krbO

イリヤ「…じきに解るわ」

アーチャー「まて!君の口から説明したまえ!」

アナウンス「…え〜只今より卵のタイムセールです!一パック10円!早いもの勝ち!滾れ主婦共!」

アーチャー「なに!?卵が10円だと!?それは買うしか……」

主婦共「うぉおおおおおおおおおお!!」ドドドドドドドド

アーチャー「うおっ!?」ビクッ

ジャマダアアアアアアアア!ゴシャア!ドガッ ガスッ!ドガアアアアアアアア





アーチャー「……」ピクピクッ

イリヤ「ね?だから言ったでしょ?」

アーチャー「だから言ったではあるまい!なんだコレは!食材を買うだけで人を再起不能にさせる気か!ココは!」ガバッ

イリヤ「甘い!」

アーチャー「!?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 11:34:05.34 ID:0kgp7krbO

イリヤ「いい?アーチャー!これは聖杯という名の食材を求めて戦う戦争よ!そう、これは一種の聖杯戦争なのよ!」

アーチャー「ちょっと待てイリヤ、君を何を言っている」

イリヤ「それを三騎士の一人ともあろうものが、命をかけないで戦争に挑む!?笑わせるなーー!」ウガー

イリヤ「主婦にも勝てない筋力だからいつまで経ってもDなのよ!」

アーチャー「」ピキッ

アーチャー「ふ、ふふ……。言ってくれるなイリヤ。いいだろう、コレを戦争とみなし本気で行こうか」

イリヤ「ふん、貴方に聖杯がとれるのかしら?」

アーチャー「侮ってもらっては困るな。この身において、ただの一度も敗走は無い!!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 11:41:43.14 ID:0kgp7krbO

アナウンス「はいはい〜大根5円ー!」

弓&主婦共「うぉおおおおおおおおおお!」ドドドドドドドドド

アナウンス「白滝10円〜」

弓&主婦共「うあぁあああああああああ!」ドドドドドドドドド

アナウンス「餅巾着15円〜」

弓&主婦共「だらぁああああああああああ!」ドドドドドドドドド






アーチャー「どう、だ。イリヤ……」ハァハァ

イリヤ「うん、このくらいあれば形にはなるわね。後ははんぺんくらいかしら?」

アナウンス「はんぺん12円〜」

イリヤ「ッ!まずい、距離が遠い!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 11:51:09.21 ID:0kgp7krbO

アーチャー「いや、まだだ!あそこに群がる主婦共を私の宝具で蹴散らす!」ブォオオオン

アーチャー「偽・螺旋剣!!」ドヒュウウウウウ!

イリヤ「いっけぇええええ!」

SYUFU「合・体!!」

ドガアアアアアアアアアア!!

アーチャー「なっ…!?群がっている主婦全員の力を合わせて、私の宝具を防いだというのか!」

イリヤ「アレは【全て安き理想郷】!!正当な手段以外で奪いに来る攻撃を無効にする、最強の結界宝具だわ!」

アーチャー「くっ、ここまでか…」ドサッ

イリヤ「げ、元気出してアーチャー!ほ、ほら!いままで買った物でも充分おでんにはなるわ!」

アーチャー「無理だ…。はんぺんのないおでんなど、乖離剣が無い英雄王ではないか……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 11:58:16.80 ID:0kgp7krbO

イリヤ「あわわ…」アタフタ

キャスター「…あら?誰かと思えばアインツベルンの娘と」

アーチャー「………」

キャスター「ヤク……んんっ。アーチャーじゃない」

イリヤ「キャスター?なんでここに?」

キャスター「なんでって、私も買い物に来たからに決まってるじゃない。それはそうと貴方達、はんぺんが欲しいのならあげてもいいけど」

イリヤ「ほんと!?」パアアアアア

キャスター「その代わり、今日宗一郎さまが家にいないから、私も夕食お邪魔していいかしら?」

イリヤ「もっちろん!歓迎するわ!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 12:03:20.15 ID:0kgp7krbO

アーチャー「…キャスター助かった。礼を言おう」

キャスター「いいわよ、礼なんて。私もお邪魔するんだし」

アーチャー「まぁそういうな、コレを受け取ってくれ。投影、開始」

キャスター「こ、コレは…!」

アーチャー「フッ……」

キャスター「セイバーの昼寝姿やバッティングシーン等、激レア物ばかり!」

アーチャー「この前小僧の家に行った時にアルバムを見ててな」

キャスター「ありがとうアーチャー、家宝にするわ……!」

アーチャー「そこまで喜んでもらえてなによりだ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 12:10:29.10 ID:0kgp7krbO

イリヤ「用はすんだ?じゃあ帰ってご飯にするわよ!」

キャスター「えぇお邪魔します」

アーチャー「イリヤ、帰りは肩車をしてやろう。こっちに来い」

イリヤ「ん!」タッ

アーチャー「よっと」ヒョイ

イリヤ「うわぁ…!」

アーチャー「どうした?いつもはバーサーカーに乗っているんだ、このくらいはそんなに高くもないだろう」

イリヤ「んー、バーサーカーは高すぎて乗り物に乗ってる気分になるの。だから今すっごい懐かしい気分」

アーチャー「フッ、切嗣の固有時制御と私の敏捷。どっちが速いか試してみるか?」

イリヤ「うん!全速前進!!アーチャー号発進!」

アーチャー「任せるがいい…!」ダッ


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 12:18:20.79 ID:0kgp7krbO

イリヤ「ただーいま!」

セラ「心配しましたよ!どこに行っていたんですか!」

イリヤ「夜ご飯、今日はおでん食べたくて、買いに行ってきた!」

セラ「一人でですか!?」

アーチャー「そんなわけあるまい」ヌッ

セラ「ヒィ!?ヤク……って、アーチャーさんでしたか」

アーチャー「他に誰がいる」

キャスター「私もいるわよ」ヒョコ

セラ「……なんというか」

リズ「凄い組み合わせ」

セラ「はい…」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 12:25:14.49 ID:0kgp7krbO

イリヤ「んー!出汁がよく出てて美味しい!」

アーチャー「フッ、当然だ」

セラ「ちょっリズ!?私の皿から卵を取らないでください!ていうか貴女いくつ卵を食べるつもりですか!」

リズ「5個目」モグモグ

セラ「半分食べてるじゃないですか!」

キャスター「…ねぇアーチャー、このおでんの作り方、後で教えてもらってもいいかしら?」

アーチャー「あぁ構わんよ」

イリヤ「アーチャーアーチャー」クイクイ

アーチャー「ん?なんだイリヤ」

イリヤ「なんか、すっごく楽しい!」ニパッ

アーチャー「まぁ、こういうのも、たまにはな…」フッ

イリヤ「ふふーん、また付き合ってね!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/28(日) 12:26:53.25 ID:0kgp7krbO

終わりです!暇が有ればまた書き込むことにします!何分、弓とイリヤって動かしやすいから書きだめ無しで書ける!



元スレ:イリヤ「アーチャー、おつかいに付き合って」

他サイト様の最新記事