1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 02:28:16.76 ID:bp1MggBl0

朝倉「え、そう?」

キョン「お前、そのワイン二本目だよな」

ハルヒ「んー」

キョン「俺の記憶だと、お前、そのビール八本目だろ」

佐々木「ふふ、問題ないよ、僕はまだね」

キョン「お前ブランデー一本空けただろ」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 02:38:22.29 ID:bp1MggBl0

キョン「まずな、朝倉。メルシャンビストロがうまいのはわかった」

朝倉「これ、やすくておいしいのよ?」

キョン「だからって二本飲む理由にはならん。次、ハルヒ」

ハルヒ「おいしいんだもん」

キョン「だからって一ケース以上飲む馬鹿がいるか。あと、佐々木」

佐々木「ああ、僕は比較的理性は保っているよ。でも、これくらいはいいと思わないか?」

キョン「思わん」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 02:49:57.05 ID:bp1MggBl0

キョン「朝倉。まずな、ワイン二本は悪くない。しかし、宛はつけてるか?」

朝倉「んん、大丈夫、チョコレートとチーズを交互にやってるわ」

キョン「よし、まだいい。次、ハルヒはどうだ?」

ハルヒ「はあ? つまみなんか食べたらよいが回り難いじゃあない」

キョン「よし、問題外だ。で、佐々木はどうなんだ」

佐々木「僕かい? 僕は自家製のピクルスをあてにしているね。ジンジャーエールで割りながらだけど」

キョン「よし、お前は優等生だ、酒量」を除けばな


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 20:47:26.80 ID:D0exnj7u0

朝倉「そういうキョン君はどうなのよ~」

ハルヒ「そうよ!さっきから全然飲んでないじゃない!」

佐々木「くつくつ…僕達だけ酔わせてどうするつもりだい?」

キョン「別に飲んでないわけじゃない…お前らのペースが異常なだけだ」

朝倉「ね、ね、キョン君は何が好きなの?」

キョン「俺はコレを頂いてるぞ」ゴト

ハルヒ「何コレ…ボンベイ…サピ…サファイア…?」

佐々木「ジンだね…蒸留して香草などを通した物だよ」

キョン「お何でも知ってるな…」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 21:00:12.26 ID:D0exnj7u0

ハルヒ「あっ」

佐々木「どうかしたかい?」

ハルヒ「まだ乾杯してなかったわ!」

キョン「今さらってレベルじゃねえな…」

朝倉「じゃあ折角だからしましょうよ」

ハルヒ「ん、でもどうせなら鶴屋さんがきてからにしましょ!」

佐々木「そうだね、僕は鶴屋さんとは面識ないから楽しみだよ」

ハルヒ「そう言えば遅いわね…どこまで買い出しに行ったんだろ…」

朝倉「おつまみまだー?」

キョン「流石の鶴屋さんも酒盛りのために使用人は使えないよなあ…」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 21:11:24.30 ID:D0exnj7u0

鶴屋さん「おまたせっ!」

ハルヒ「あー、鶴屋さん!先に始めてるよ~」

鶴屋さん「ハルにゃんヒドイっさ…」

キョン「まあまあ、乾杯は取っときましたから…」

鶴屋さん「やあやあ、流石キョン君!」

佐々木「始めまして。いつもキョンがお世話になってます」

朝倉「今晩は」

鶴屋さん「ややっ!君達が朝倉さんと佐々木さん?こんばんわ!私服のキミが佐々木さんだねっ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 21:22:04.10 ID:D0exnj7u0

鶴屋さん「もう二人来るって両方女の子とは、キョン君もやるねえ!」

キョン「いや、やるって…」

ハルヒ「はいはい!じゃあ乾杯しましょ!」

朝倉「何に乾杯するの?」

ハルヒ「んっと…そうねえ…SOS団は関係ないし…えーと、えっと」

キョン「乾杯できることに乾杯」

朝倉「かんぱーい!」

鶴屋さん「乾杯っさ!」

佐々木「乾杯」

ハルヒ「こらっ!何アンタが仕切ってるのよ!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 21:32:38.36 ID:D0exnj7u0

キョン「ところで鶴屋さん遅かったですね…どこまで行ってたんですか」

鶴屋「いや~、この辺のお店みんなウチの息かかっててねえ、顔割れてたんさ」

ハルヒ「誰よ!鶴屋さんに行かせたのは!」

朝倉「あなたがくじにしようって言ったんじゃ…」

佐々木「えっと、ピスタチオ…あった」

鶴屋さん「キョン君のリクエストも買ってきたっさ!」

キョン「ありがたやありがたや…これが無きゃあな」

朝倉「なあに?それ」

キョン「ケッパーだ。花の蕾のピクルスみたいなもんだ」

佐々木「マリネに乗ってるアレだね」

ハルヒ「どれどれ…ん、酸っぱい…」

キョン「強い酒飲んでるとどうしても辛い物が欲しくなるんだ」

朝倉「味覚が麻痺するしね」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 21:45:28.02 ID:D0exnj7u0

鶴屋さん「あ、そうそう、お店のおじさんがコレくれたよっ」

キョン「ラベルの無い一升瓶…中身は何ですか?」

鶴屋さん「葡萄で造ったどぶろくだってさっ」

朝倉「どれ、では私めが……ふぅん、アルコールを感じないですね」

ハルヒ「葡萄ジュースみたいね…」

キョン「こりゃ飲みやすいな…売ってるのは見たこと無いが」

鶴屋さん「お酒として飲むのには早いっていってたっさ!」

佐々木「宮沢賢治の詩にも登場してたね」

ハルヒ「そんなのどうでもいいわ!鶴屋さん!おかわり!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 21:57:29.99 ID:D0exnj7u0

朝倉「あ、チョリソーがある…温めてこよっか?」

ハルヒ「ナイスよ涼子!ビールとチョリソーの相性は最高なのよねぇ」

キョン「確かにな…おいハルヒ、ビール出しっぱなしだけどいいのか」

ハルヒ「あたしは多少ぬるくても平気なの!本来は常温で飲むものなのよ」

キョン「そうなのか?佐々木」

佐々木「そうだね…ヨーロッパでは殆どが常温でビールを飲むそうだよ」

キョン「ふーん…変なの」

ハルヒ「何よ!あたしの言ったとおりでしょ」

鶴屋さん「あたしもビールはキンキンに冷やしたほうが好きっさ!キョン君と一緒~」ギュ

佐々木「僕もビールは冷えてたほうがいいね、ねえキョン?」コテ…

キョン「ちょっ…二人とも…」

ハルヒ「ちょっ…あ、あたしだってねぇ!そりゃ冷えてたほうが好きなのよっ!離れなさい!」

ハルヒ「まったく…今冷やしに行こうとしてたのよ…」ブツブツ

キョン(落ち着きのねぇ女だな…)

佐々木(聞きしに勝るかわいさ…侮れない…)
鶴屋さん(ハルにゃんカワイイにょろ~)


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 22:07:16.68 ID:D0exnj7u0

キョン「鶴屋さんソレ焼酎ですか?」

鶴屋さん「うんにゃ、日本酒~」

キョン「一杯いいですか…ん………ん?…うめえ…」

鶴屋さん「大吟醸特選越乃寒梅っさ!」

キョン「これがねえ…おい、ハルヒもどうだ?」

ハルヒ「ごめん、あたし日本酒とか焼酎ダメなのよ…」

朝倉「お酒は好み別れるよねえ…」

キョン「もったいねえ…じゃあ鶴屋さん、上等な酒に乾杯!」

鶴屋さん「乾杯っさ!」

朝倉「あっ、私も~♪」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 22:17:23.08 ID:D0exnj7u0

ハルヒ「何よ!もう…」

佐々木「ふはっ効くね…涼宮さん、本当に飲まないの?」

ハルヒ「いらないっ!」

朝倉(ほら、キョン君…)

鶴屋さん(ハルにゃんまだ乾杯してないっさ…)

キョン(やれやれ…)

キョン「おいハルヒ」

ハルヒ「なによ」

キョン「一口飲んで見ろって…ホントに爽やかで美味いぞ」

ハルヒ「いいってば!」

キョン「ハルヒ…乾杯」

ハルヒ「……しつこい…」

キョン「俺達の出会いに乾杯」

ハルヒ「あ、う、か、乾…杯…」チン

佐々木(くつくつ…相変わらずだね…)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 22:27:40.83 ID:D0exnj7u0

ハルヒ「ふぅ…案外イケるわね…」

キョン「だろ?お前が今まで飲んだ酒が安物だったんだろ」

ハルヒ「でかいペットボトルのなら何度か…」

佐々木「ああ、アレは正直微妙だね…」

キョン「変な酔い方するしな…」

朝倉(逆に飲んでみたいな…)

鶴屋さん「ところで今日集まるのはこんだけなのかい?」

キョン「他は都合付かなくて…」

ピンポーン

朝倉「あれ?誰か来た…誰だろう」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 22:34:35.34 ID:D0exnj7u0

朝倉「はいはーい…あれ?君、どなた?」

橘「ここに佐々木さんが来ていませんか?」

朝倉「え?君、佐々木さんの妹さん?」

橘「佐々木さん、いませんか…?」

朝倉「ちょっと待っててね、佐々木さーん!」


佐々木「呼んだかい?……おっととと…」フラ

橘「あっ!佐々木さん!」

佐々木「橘さん…どうしてここに…?」

橘「靴に発信機…じゃなくて、入っていくのが見えたのです!」

佐々木「この部屋に来たのは数時間前だが…まあいいか、君も上がりなよ…いいかな?朝倉さん」

朝倉「こんなに可愛い子なら大歓迎です!さ、どうぞ♪」

橘「お邪魔するのです!!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 22:47:52.38 ID:D0exnj7u0

橘「こんばんはー…ってクサッ!酒クサッ!」

佐々木「君もどうだい?」

橘「ななな何考えてるんですか!佐々木さん未成…」

朝倉「おっとそこは一応ぼかしてあるんだから空気読もうね~」

橘「もがっ…離すのです!離すのです!」

ハルヒ「カワイイわね…涼子!そいつをよこしなさい!」

朝倉「ほいさ」

ハルヒ「カワイイ~ビーバーみたい…ピコピコ!ピコピコ!」

橘「ひゃあ!髪をいじらないでください!」

キョン「何か飲むか?」

橘「私は大人になったら飲むのです!」

鶴屋さん「キョン君にオトナにしてもらうっさ!」

キョン「んなっ!?何言ってんですかアンタ!」

橘「へ?」

ハルヒ「あんたは解んなくていいの」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 22:59:21.48 ID:D0exnj7u0

鶴屋さん「丁度いいっさ!さっきのどぶろくの出番さ!」

朝倉「はいはーい、えっと、橘さんだっけ?」

橘「うう…橘京子と申します…」

ハルヒ「きょこちゃん!ホラ、お姉さんと一緒に飲みましょ?」

キョン(同い年だけどな…橘、そんな救いを求める目で俺を見るな…)

佐々木「くつくつ…」

橘「うう…お酒なんて飲んだこと無いのです…」

キョン「橘、無理して飲むことはないんだぞ?少し舐めて無理そうだったらやめとけ」

ハルヒ「バカ言いなさい!ほら、美味しいから一気に行っちゃいなさい!」

橘「えうう…」ウルウル

キョン「ハルヒ、酒を無理強いしちゃいかん」

ハルヒ「なによ!」

キョン「………」

ハルヒ「ぅ…わ、解ったわよ!もう!」

橘(うぅ…きょ、キョンさぁん…優しいのです…)


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 23:07:10.02 ID:D0exnj7u0

橘「うぅ…」クンクン…

朝倉(かわいい…)

橘「ううう…」ウルウル…

キョン(こっちを見るな…くそ、かわいい…)

橘「えうう~…」ペロ…

佐々木(かわいいよ…これだから君をいじるのはたまらない…)

橘「?」ペロペロ

鶴屋さん(ああっ…誘拐して着せ替えしたいっさ…!かわいいにょろ…)

橘「んっ…んっ…んっ…」コクコク…

橘「おいしいのです!」テーレッテレー

ハルヒ「きょこちゃーん!!」ガバッ

橘「ひゃあ!」

ハルヒ「かわいいわ!可愛すぎるわ!もう!こいつめ!ちゅっちゅっ」

橘「ひゃあ!ひゃあ!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 23:14:38.91 ID:D0exnj7u0

鶴屋さん「アタシもやるっさ!」ガバッ

ハルヒ「ヤルネェ!」

橘「ひゃあ!たす、佐々木さん!キョンさん!助けて!」

キョン「お前は行かないのか?」

佐々木「僕はもう少し陰湿な可愛がり方が好みなんだ…」

朝倉「涼宮さん!少し左に!きょこちゃんのお顔が隠れてる!映像に残さないと!」

キョン(こいつらかなり酔ってるな…)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 23:23:05.86 ID:D0exnj7u0

橘「はぁ…はぁ…はぁ…」グッタリ

ハルヒ「いい汗かいたわ!」キラキラ

鶴屋さん「堪能したっさ!」ツヤツヤ

キョン「大丈夫か橘…あーあー、キスマークだらけじゃねえか…」

橘「お、お嫁に行けないのです…」メソメソ

朝倉「はい、お疲れ様…さっきの葡萄ジュースでも飲んで、ね?」

橘「ありがとうなのです…」クピクピ

ハルヒ「!!」

鶴屋さん「ww!!」

キョン「二人ともやめい…」グ

ハルヒ「離しなさい!解ったわよ!」

鶴屋さん「うう~…キョン君真面目っさ…」

キョン「まったく…」

橘「ぷはー、おいしいのです!」キラキラ

キョン(俺もちゅっちゅしたいぜ…)


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 23:34:47.34 ID:D0exnj7u0

キョン「大丈夫か?」

橘「何がですか?」

キョン「いや、アレも一応酒だしな…体調とかは…」

橘「平気なのです!カラダがぽかぽかしていい気分なのです!」

キョン「そっか…あんまり無理すんなよ?」

橘「はいなのです!」



鶴屋さん「そろそろかな?」

朝倉「何がですか?」

佐々木「アレですね?」

ハルヒ「アレかあ~…久しぶりねぇ」

鶴屋さん「お~~~さまゲ~~~~ム!!」

キョン「なにぃ!?」

橘「ふぇ?」

朝倉「えええ~!?やるやる!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 23:47:10.50 ID:D0exnj7u0

鶴屋さん「その前に…はっ!」シュッ

??「むぐっ…酸っぱ…」

鶴屋さん「ケッパーのお味はどうだい?この鶴屋さんの眼は誤魔化せないよっ!」

キョン「だ、誰だ?誰かいるのか?」

??「うう…私です…」

佐々木「誰?」

朝倉「誰?」

ハルヒ「誰だっけ?」

??「なっ!涼宮さん酷い!」

キョン「森さん…」

森さん「きゃあ!さすがキョン君!!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/29(木) 23:57:02.40 ID:D0exnj7u0

キョン「森さん、どうしてここに…?」

森さん「……」クイクイ

キョン「?」

森さん(敵対組織の幹部を追跡してたんです…そしたら…)ヒソヒソ…

ハルヒ「何耳打ちしてんの?」

キョン「ハルヒ、憶えてないか?ホラ、合宿の時の…」

ハルヒ「え?あぁ、えっと…あ!」

森さん「お久しぶりです…」

ハルヒ「でも何でここに?」

キョン「えっと…えーと…酒の匂いにつられたらしい…」

森さん(キョン君のバカッ!何言ってるんですか!)

ハルヒ「なーんだ、最初からそう言えばいいのに」

佐々木「で、誰なんだい?」

キョン「ええっとだな、この人は俺達が以前…


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 00:02:31.39 ID:D0exnj7u0

キョン「…というわけだ…」

朝倉「始めまして、私のことは涼子ちゃんとお呼びください」

佐々木「佐々木と申します…キョンがお世話になったそうで…」」

森さん「あ、どうも始めまして…」

森さん「?」クイクイ

橘「お姉ちゃんもコレ飲むのです!おいしいですよ?」

森さん「あ、あぁ、どうもご丁寧に…」

森さん「…」コクコク…

橘「おいし?」

森さん「と、とても美味しいです…」

橘「えへへ…」

森さん(かわええ…)


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 00:16:56.55 ID:kzJUpO6l0

鶴屋さん「ぃよし!王様ゲームやるには丁度いい人数だねっ!おっぱじめるよっ!」

キョン「いや、流石に男一人は盛り上がりに…」

ハルヒ「多数決でもとる?」

キョン「……………いや…皆の顔見りゃ無駄だってわかるわ…」

朝倉「決まりね!じゃあクジ作ってくるから待っててね!」


橘「キョンさんキョンさん…」クイクイ

キョン「ん?」

橘「おうさまげーむって何なのですか?」

キョン「くじで王様を一人決めたら、みんなは王様の言うことを聞くゲームだ」

橘「楽しそうなのです…」

キョン「外れくじにも番号が振ってあってな、王様は番号を指示して命令するんだ」

橘「ということは…?」

キョン「王様も誰に命令を下すのか分からないのさ…お前顔赤いぞ?大丈夫か?」

橘「にへへ…安心御無用なのれす…」

キョン「大丈夫かよ…」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 00:26:56.71 ID:kzJUpO6l0

朝倉「おまたせ!くじ作ってきたよ!」

ハルヒ「ちょっと見せなさい」

朝倉「な、なによう!疑ってるの?」

ハルヒ「疑ってなんかないわ…」ジイイー…

佐々木「……」ジイイー…

鶴屋さん(プププ…二人とも王様くじの特徴探しに必死っさ…)

橘「頑張ろねぇ~お姉ちゃ~ん」コテン…

森さん「は、はぁ…」


ハルヒ「よっしゃあ!いいわ!」

佐々木「同じく」

朝倉「じゃあ鶴屋さん、そこのRootsの缶に…」

鶴屋さん「ほいさっ!」

佐々木「ゲームスタートだね…」ゴゴゴ…

ハルヒ「何見てんのよ…」ゴゴゴ…


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 00:36:39.51 ID:kzJUpO6l0

王様だーれだ!

ハルヒ「やったあ!あたしだ!」

キョン「…命に関わる命令は無しだぞ…」

佐々木(くそっくそっくそぉおおお…!!)

橘「ありゃー…」

森さん「……」ドキドキ…

ハルヒ「そうねえ~なに命令しよっかなあ~」

キョン「やれやれ…」

ハルヒ(キョン…!額に指を4本当てて…4番なのね!わかったわ!!)

ハルヒ「えっとぉ、4番がぁー、王様にぃー…、キスをする!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 00:41:51.15 ID:kzJUpO6l0

キョン「待て…王様は不可侵だ…番号だけで命令するんだよ…」

ハルヒ「えっ…え?」

佐々木(え?)

キョン「そういうもんだろ?」

朝倉「そういうもんでしょ?」

鶴屋さん「そういうもんっさ!」

ハルヒ「え…だって…あう…」

キョン「で?4番と誰がするんだ?」

ハルヒ「い…今の無し…」

朝倉「ダメよ!王様の発言は絶対なの!」

ハルヒ「うう…2番…」ガクリ

キョン「俺かよ!!」

橘「4番は?」




森さん「あ、わ…私です…」ドキドキドキドキ


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 00:58:56.64 ID:kzJUpO6l0

朝倉「きーす!きーす!首に腕回して!」パパンパパン
鶴屋さん「きーす!きーす!舌いれるっさ!」パパンパパン
橘「ひゃあ!いけないのです!みちゃいけないのです!」パパンパパン

ハルヒ「あうう…あう、あう…」パパンパパン
佐々木(こいつ…使えない…)パパンパパン

キョン「……森さん…」

森さん「キョン君…いけません…」

キョン「王様の命令なんです…すみません…」サワ…

森さん「そんな…私こそ…あっ、耳触っちゃ…ダメ…」キュ…

キョン「園生…目を見せて…」

園生「きょ…キョン君…」ウルウル…

キョン「行くぜ…園生…」

園生「…はぃ…んっ」クチュ…

朝倉「きゃあ~~~!10秒ね!じゅー!きゅー!…」
鶴屋さん「森さんもキョン君に腕回すっさ!ひゅーひゅー!」
橘「あわわ…あわわわわ…」////

ハルヒ・佐々木「んっぐふううううぅぅぅ~…」ギリギリギリギリ…


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 01:15:18.66 ID:kzJUpO6l0

朝倉「はーち!なな、ろく…ごぉ…よ、よん…さ…ん…」ドキドキ
鶴屋さん「す…凄いっさ…」モジ…
橘「ぅゎ…ぅゎ…ぁゎ…ぁぅ…」カー
ハルヒ佐々木「…………」ビクンビクン…

キョン「ん…ふ…」クチュリ…

森さん「んっ…ふんん……」レル…チュ…

キョン(園生の舌が…俺の舌に縋りついてくる…)

園生(恥ずかしい…いつの間にかキョン君の口に自分から舌を…はしたない…)

キョン「ぷはっ…はも…」レロ

森さん「あふっ…もっと…はむ…」チュク…

キョン(園生…唾液が溢れそうだ…)

園生(キョン君…もっと…体液を交換しよう…)


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 01:21:59.68 ID:kzJUpO6l0

朝倉「は、はいっ!おしまい!二人とももういいのよっ!?」
鶴屋さん「キョン君!半分以上森さんを押し倒してるっさ!これ以上はマズイにょろ!」
橘「はぁ…はぁ…はぁ…凄い…凄いぃ…」
ハルヒ・佐々木「」

キョン「だ、そうですよ」

森さん「もうですかぁ…?」

キョン「さ、立てますか?手を貸しますよ」

森さん「あ、ありがとうございます…」ガクガク

キョン「ふう…」

朝倉「きょ、キョン君やりすぎよっ!」

鶴屋さん「最後までイクかと思っちゃったっさ!!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 01:28:50.56 ID:kzJUpO6l0

キョン「まさか…そこまでは…」

鶴屋さん「いーやっ!あのままほっとけば確実に妊娠してたっさ!」

朝倉「そうよ!京子ちゃんもいるのに!」

橘「はぁ…はぁ…はぁ…」

キョン「いや、しかし王様の命令ですし…」


ハルヒ「そうよ」

佐々木「王の命令は絶対…」

朝倉「え…」

鶴屋さん「ハルにゃん!?」

ハルヒ「ゲームを続けるわよ…」ゴゴゴ…

佐々木「もう小細工は無しだ…」ドドド…

キョン(俺何か余計なコトしたかな?)

森さん「すみません…トイレ…お借りしても…」

橘(なんか…ここがムズムズするのです…)


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 20:15:16.94 ID:kzJUpO6l0

朝倉「と、とにかくキョン君!キミ、あんな性格じゃないでしょ!?ヤリすぎよ!どうしちゃったのよ!」ドキドキ

キョン「ああ、何かな、ゲームで命令されてると思うと何の疑いもなく実行しちまうんだ…」

鶴屋さん「それにしたってイキ過ぎっさ!森さんナニしにトイレ行ったか解ってるんだろっ!?」ドキドキ

キョン「まさか…普通に用を足しにでしょ…」


森さん『んっぐうううっ……!』


橘「ややっ?トイレから悲鳴が聞こえたのです…行ってみるのれす!」

朝倉「だ、ダメ!ダメよ京子ちゃん!」

鶴屋さん「そっとしておいてあげるっさ!」


ハルヒ(この女狐には負けない…)ゴゴゴゴ…

佐々木(何とか出し抜かなきゃ…)ゴゴゴゴ…


キョン「うーん…カオス…」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 20:24:09.18 ID:kzJUpO6l0

森さん「ふぅ…」ツヤツヤ

橘「おかえりなさいなのです!」

森さん「お待たせ致しました…ちょっと失礼…」グイグイ

朝倉「わっ、ちょ、森さんさっきまでアッチに座って…」

森さん「あれ?そうでしたっけ?いいですよね?キョン君」ベタベタ

キョン「ええ、まあ…」

朝倉「ま、まあ別にいいですけどぉ…」

ハルヒ(いいわけないでしょ…)

佐々木(キョン以外みんな敵だ…)

鶴屋さん「じゃ、じゃあ続けるよっ!みんなくじ引くっさ!」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 20:33:05.97 ID:kzJUpO6l0

佐々木「ん…僕が王だね」

佐々木「そうだなあ…どうしようかなぁ…」

キョン「お手柔らかに頼む」

朝倉「ドキドキする…」

ハルヒ(くっ…奴の思惑が読めない…)

森さん「……」チラチラ

鶴屋さん(森さん完全にキョン君の虜にょろ…)

橘「わくわくするね!」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 20:38:43.68 ID:kzJUpO6l0

佐々木「よし、じゃあ…二人分の携帯の画像大公開といこうか…くつくつ」

キョン「地味にキツイな…」

朝倉「プ、プライバシーに関するのはちょっと…」

ハルヒ「あ、あたしも嫌よ!」

キョン「お前の命令よりはマシだろ…」

橘「変な命令~」キャッキャ

鶴屋さん「う、ウチの機密も入ってるっさ…」

森さん(キョン君の…興味あります…)






佐々木(これならキョンに虫共は付かない…キョンの携帯にも興味あるし…)

佐々木(うまく行けば糞虫(ハルヒ)に赤っ恥かかせることも…くつくつ)


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 20:52:00.84 ID:kzJUpO6l0

キョン「で、誰と誰が公開するんだ?」

佐々木「おっと…そうだねえ、1番と…」

朝倉「!」ピク

佐々木「6番で!」

鶴屋さん「にょろ!?」ギク

佐々木(ちっ…)

キョン「だそうだ…二人とも」

朝倉「嫌よ!こんなのダメ!ダメ!絶対!」ブンブン

ハルヒ「隙あり!」シュパ

朝倉「ああっ!!」

ハルヒ「キョン!パス!」シュ

キョン「ほいきた」パシ


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 21:01:15.57 ID:kzJUpO6l0

朝倉「返して!返してぇ!」

ハルヒ「おっと!そうは問屋が卸さないわよ!」ガシ

橘「あははは!あはははは!」ガシ

朝倉「涼宮さん!離して!あっ!京子ちゃんまで!」ジタバタ

ハルヒ「画像フォルダだけだから!我慢なさい!」

橘「王様の命令なのです!」キャッキャ

朝倉「ねっ!キョン君!お願い!何でもするから!一生尽くすから!画像だけは!」ポロポロ

キョン「すまない…気が狂うほど魅力的な交換条件だが…王の命令には…逆らえない…」ポチポチ

朝倉「いやああああ~っ!!」

佐々木「どれどれ…うっ…これは…」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 21:13:15.94 ID:kzJUpO6l0

キョン「長門の隠し撮り…長門のコスプレコラ…文字入りのもあるぞ…」

佐々木「なになに…『有希ね、涼ちゃんと一緒に…』声に出すのもはばかられるね…」

森さん「うわ…こんな世界があったんですね…初めて知りました…」

ハルヒ「さすがのあたしでもコレは引くわ…」

朝倉「わーん!やめて!見ないでぇ!」

キョン「これ…長門のパンツか…?ちょっ…おま…」

佐々木「あ…朝倉さん…その…ごめん……」

ハルヒ「…へ…変態…」



朝倉「うわーん!わーん!だから言ったのにぃ~!キョン君のバカー!」ピャー



鶴屋さん「ヒィィ~~……」ガタガタ


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 21:24:09.60 ID:kzJUpO6l0

キョン「うん…朝倉…まあ…うん……な?」

佐々木「忘れることにするよ…うん、僕達は何も見てない…」

ハルヒ「暫く有希には近付かないで」

橘「朝倉さんはこの子が好きなの?」

森さん「社会勉強になりました…」

朝倉「ころして…もう…ころして…連結解除して…うっうっうぅ…」

キョン「まあ、誰にだって秘密はあるもんだ…そうだろ?朝倉のはたまたまアブノーマルだっただけで…」

朝倉「うっうっ…何よぅ…優しくしないでよう…」メソメソ


鶴屋さん「じゃ、じゃあキリのいいとこで次のくじ引きを…」

キョン「…鶴屋さん…」ポム

鶴屋さん「にょろ!?」ビク

キョン「……」フルフル…

鶴屋さん「にょ、にょろ…」ジワ


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 21:33:29.21 ID:kzJUpO6l0

佐々木「さあ、鶴屋さんの番ですよ…」ジリ…

鶴屋さん「あう…あう…」

橘「さ、お姉ちゃん!」ニジリ…

鶴屋さん「ダメっさ…無理っさ…」

ハルヒ「観念しなさい…」ニジリジリ…

鶴屋さん「~~~~~~ッ!!」

鶴屋さん「だあっ!」ブンッ

キョン「なっ!窓に!」

ハルヒ「森さん!」

森さん「お任せくださいッ!」パシ

橘「ナイスキャッチなのです!」

鶴屋さん「ぎにゃー!!」

キョン「鶴屋さん…ズルはいけませんぜ…あなたらしくない…」ペチペチ

鶴屋さん「あわわ…あわわわ…」ガタガタ…


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 21:54:17.23 ID:kzJUpO6l0

鶴屋さん「離すによろ!ハルにゃん!わーん!」ジタバタ

ハルヒ「往生しなさい!痛くしないから!すぐ終わるから!」ハァハァ

キョン「さて…ん?何だ、普通の画像ばかりじゃないですか…」

鶴屋さん「そ、そうにょろ!やましいのなんてないにょろ!にょろ!」

橘「この396フォルダってなんですかね…」

鶴屋さん「!!」ギクリ

キョン「どれ…ん?パスワードが…鶴屋さん」

鶴屋さん「わ、忘れちゃったにょろ!教えたいけど忘れちゃったからしょうがないにょろ!」


朝倉「めがっさにょろにょろ…ハイフン…スモチワールド…」ボソ…

鶴屋さん「なっ、な、何故それを!」

朝倉「へへへ…鶴屋さん…一緒に堕ちよう…ふへへ…」


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 22:13:28.74 ID:kzJUpO6l0

キョン「解析したのか…ナイス朝倉…」ポチチチチチチチ…

鶴屋さん「あーっ!あーっ!ダメにょろ!キョン君!」

キョン「よしっと…こっ……これは……」

森さん「えっ?…ちょ…うわ…」

鶴屋さん「あっ、あぁぁぁ…」ガクリ…

佐々木「何が写ってるんだい?キョン」

ハルヒ「なになに?見せなさい!」

橘「見えないのです!見えないのです!」ピョンコピョンコ

キョン「森さん!」

森さん「はいっ!」ガラッ

キョン「おおっと手が……」

キョン「滑ったァァアアア!!」ブンッ

ハルヒ「なっ!二人とも何してるのよ!!」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 22:28:01.62 ID:kzJUpO6l0

森さん「すみません、換気しようとしまして…」

キョン「スマン、手が滑った」

ハルヒ「嘘おっしゃい!何てことすんのよ!携帯を外に投げ捨てるなんて!」

キョン「そ、そうだな…すみません鶴屋さん…」

森さん「出来る限り補償いたします…」

鶴屋さん「うっ…うっ…キョン君…森さん…ありがと…ありがと…」グシグシ

キョン「鶴屋さん…コレ…多分犯罪ですから…」

森さん「これを機に…ね?」

鶴屋さん「うっ…ぐす…ウン…これからはもっとみくるに優しく遊ぶっさ…」

キョン「いや、そういう意味じゃなくて…」

ハルヒ「?」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 22:38:34.78 ID:kzJUpO6l0

朝倉「なによ…仕方ないじゃない…フフ…長門さんかわいいからなんだもん…」ブツブツ…

鶴屋さん「みくるの『あの時の声』がいつの間にか病み付きになっちゃってたっさ…」ゲッソリ…

キョン「誰にもいいませんから…朝倉も元気出せよ…」

橘「そうなのです!元気出すのです!特別に私の画像を見せてあげるのです!ほら!」パカ

朝倉「……綺麗な花ね…」

橘「お散歩の途中で撮ったのです!」

鶴屋さん「この白いのなんだい…?」

橘「おやつのお饅頭なのです!おいしかったのです!」

橘「あとですね、猫さんでしょ?めだかにー、とんぼにー…」キラキラ

朝倉(なんて曇りの無い笑顔…それに引き換え…私って奴ぁ…)

鶴屋さん(隠していた邪悪な部分が浄化されるみたいっさ…)


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 22:50:18.12 ID:kzJUpO6l0

橘「元気でましたか?」キュリンッ

朝倉「ありがと、京子ちゃん…私、この画像全部消してやり直すわ」ナデナデ

鶴屋さん「お姉さんももう大丈夫っさ!もうこんなコトはしないよっ」ナデナデ

橘「えへへ…」グリングリン

朝倉(かわいい…あとで写真撮って色々やろ…)

鶴屋さん(誘拐して思いっっっっきり可愛がりたいっさ…)

キョン「おーい、くじ引きますよ~」

橘「はーい!」

朝倉「うふふ…」

鶴屋さん「にょろ~…」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 23:03:25.47 ID:kzJUpO6l0

キョン「よっしゃ!俺が王様だ…お前ら頭が高いんじゃないのか?」

ハルヒ「調子にのるなっ!さっさと命令しなさいよ…」

朝倉「もう怖いものはないわよキョン君…」

鶴屋さん「でっかい壁を乗り越えたっさ!何でもこーい!」

橘「んっ…んっ……」ゴクゴク

森さん「……」ドキドキ

佐々木「で、君は僕達に何をさせる気だい?」

キョン「実はな…さっきすでに決めていたんだ」

キョン「これから俺の前でキスして見せてもらうとする!」

橘「ひゃあ!またアレなのですか!」ワクワク

森さん(あっ…思い出したら…また…)

ハルヒ「なによ!芸が無いわね!」

キョン「甘いなハルヒ…女同士でだぜ?これは外せないだろう」

朝倉(別にそういう方向の命令じゃなくてもいいんだけど…まあいいか)


187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 23:16:07.24 ID:kzJUpO6l0

佐々木「で?何番と何番がするんだい?」

キョン「おっとそうだったな…まずは…5番!」

佐々木「うぐっ…僕…か…」

ハルヒ(ぷくく…あんたキスしたことあるの?無いわよねえ…あんたの初めてはキョンでは無い…)

キョン「そして2番だ。」

ハルヒ(この、あたしだぁ!……って………ん?)

ハルヒ「ええ!?」ビク

キョン「お前か…フはは…こりゃいい…二人に乾杯!」

朝倉「いやぁ~外野は楽だねぇ!乾杯!」ゴッゴッゴ…

鶴屋さん「それきーす!きーす!さっきみたいな濃厚なやつ頼むっさ!」

橘「お姉ちゃん、さっきここがむずむずしたのです…なんなんですかね?」

森さん「え、ええっ!?」アタフタ


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 23:31:26.86 ID:kzJUpO6l0

キョン「首に腕回して舌入れながら10秒な。コレ以外は認めない」

ハルヒ「キョン…あんたキスが女の子にとってどんなに重要か解ってるの?」ゴゴゴゴ

キョン「いやお前が最初に」

佐々木「恥を忍んで言うが僕はキスの経験が無い…僕の初めてをこんなお遊びで散らせるつもりかい?」

キョン「女の子同士だろ?ノーカンノーカン」

ハルヒ(この唐変木が…くっ…あの間抜け顔…腹立つ…)
佐々木(君って奴のことを朴念仁と呼ぶんだろうね…)


朝倉「しかしまあ残酷な男ですね…キョン君って…」

鶴屋さん「自覚が無いってのがまた恐ろしいっさ…」


橘「私達もちゅーしましょうか?」

森さん「そっ、そんなっ!いけません!」


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 23:47:17.42 ID:kzJUpO6l0

キョン「はじめ」


ハルヒ「…………ちっ…」

佐々木「…………くっ…」

ハルヒ(なによこの佐々木って女…ちょっと整った顔してるだけじゃない…)

佐々木(くつくつ…涼宮さんね…今時リボン付きカチューシャが似合うなんて君くらいだよ…)

ハルヒ(こいつとキスしろ?冗談じゃないわ!小顔だからって調子に乗ってんじゃないわよ…)

佐々木(無駄に綺麗な肌だね…君みたいなガサツな子には宝の持ち腐れさ…)

ハルヒ(ふん…涼しげな眼しちゃって…見てんじゃないわよ…!しかも少し涙目じゃない!いい気味よ)

佐々木(目が大きければいいってものじゃないんだよ…くつくつ…今にも泣き出しそう…無理しないことさ…)

ハルヒ(近づいてみたら唇が震えてるじゃない!ほっぺたも熱くなって…なによ!目瞑るんじゃないわよ!もう!)

佐々木(柔らかそうな唇…余計な肉が付いてるんじゃないかい?顔赤いよ?耳も真っ赤…くつくつ…見ていられないね…)

ハルヒ(吐息が掛ってるわよ!アンタの吐くのがあたしの肺に溶け込んでるじゃない!やめてよ!)

佐々木(唇が接触するまであと数ミリ…息が荒いよ…空気を挟んで体温が伝わってくる…)


キョン「…ぬぅ…これは…」ドキドキ…


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/30(金) 23:58:37.19 ID:kzJUpO6l0

ハルヒ(ああっ…今、唇が触れ…あっ、バカ、もうこっちくるなっ!少しは引きなさいよ!)

佐々木(涼宮さん!今なら間に合う!後ろに飛び退いて…キス…しちゃう…)

ハルヒ(触れ合ってるとこが広がって…もうこれ完全にキスじゃないの…最低…)

佐々木(してしまった…これはもう完全に接吻状態じゃないか…キョンのバカ…)

ハルヒ(…あったかい…これが女の子の唇…佐々木はあたしの唇のこと、どう感じてるのかな…不安になってきた…)

佐々木(やわらかい…僕の唇が…包まれてるみたい…涼宮さんとキスする男の人は幸せだね…くつくつ…)

ハルヒ(頭がぼーっとしてきた…今何秒?何かもうキスして10分くらい経ってる気がするけど…)

佐々木(それでいてまだ一秒にも満たないような気もする…駄目だね…何も考えられない…)

ハルヒ(んっ…今、くちゅって音がした…聞かれたらどうすんのよ…聞かれちゃったら…あれ?聞かれたら…?)

佐々木(誰に聞かれると思ったんだっけ…?他に誰かいたっけ…もう…そんなの関係無いか…今は…)


朝倉「うわ…うわ…」ドキドキ


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 00:09:05.30 ID:IJEZAhTC0

ハルヒ(佐々木…閉じた目から涙が滲んでる…綺麗…綺麗であったかいなんて…反則よ…)

佐々木(それにいい匂いもして…あっ…零れちゃう…涙が零れちゃうよ涼宮さん…綺麗な涙が…落ちる…)

ハルヒ(ああ…儚い…あんなに綺麗なのに…落ちてく…どうして…?酷いじゃない…ひどいよぅ…)

佐々木(でも止めることができない…無力だ…離れられない…動けない…僕達は無力…なんて悲しい…)

ハルヒ(どうしようもないのよ…だからせめて今は…この温もりに溺れていたい…)

佐々木(でも…駄目だね…僕は…悲しみを埋めるために新しい喜びを渇望してる…もっと温度が欲しい…)

ハルヒ(熱が欲しい…生きてる証を…教えて…あんたの熱を…もっと奥のほうにある…あんただけの熱を…)


鶴屋さん「ふ、二人が舌を…舌を絡めはじめた……っさ…」ドキドキ


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 00:22:16.51 ID:IJEZAhTC0

ハルヒ「んっ…ふ…」

佐々木「はぅ…んちゅ…」

ハルヒ(佐々木の奥…温かい…いいの?佐々木はあたしを受け入れてくれてるの…?)

佐々木(僕は涼宮さんを求めてる…間違いない…僕も知りたいよ…君の奥の熱を…)

ハルヒ(ぁ…入ってきた…あたしの奥に…そうよ…あたしが捧げたんだから…あんたも…)

佐々木(全て捧げなきゃフェアじゃない…か…いいとも…僕は今気分がいいんだ…)

ハルヒ(人間て因果な生き物ね…こんな心地良いはずなのに…もう次の繋がりを求めてる…)

佐々木(どこで繋がったらいいんだろう…参ったね…考えたことも無い…)

ハルヒ(きっと頭で考えちゃダメなのね…そうすれば、ホラ…身体が…自分から…)

佐々木(…考えるだけ無駄だったね…身を委ねれば…ほら…身体が教えてくれる…)


森さん「二人が……申し合わせたかのように掌を取り合って…」ドキドキ


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 00:32:36.87 ID:IJEZAhTC0

ハルヒ「もむ…へぁ…はむ…」

佐々木「ぢゅっ…ぷはっ…れろ…」

ハルヒ(わかる…心が通じ合ってるのが…わかる…唇とてのひら…これだけで全てわかるよ…)

佐々木(空にういてるみたい…ちがう…あたたかくてやわらかい水につつまれて…)

ハルヒ(ふれてるの…くちびるとりょう手だけみたい…安心する…すごく…)

佐々木(あ…だんだん…三つが…ひとつに…なってく…しあわせ…これ…しあわせ…)

ハルヒ(もう…なにも…かん…じない…ひとつ…だけ…だから…)

佐々木(ぼくたち…ひとつ…ひとつに……)



橘「あ…愛…なのです…きれい…」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 00:36:06.08 ID:IJEZAhTC0

キョン「橘…」

橘「……」ボー…

キョン「おい橘…」

橘「は、はいっ」

キョン「もう10秒たったよな…」

橘「あ、そう言えば…」

キョン「いつまでやってるんだ…」

朝倉「ちょっと…止めづらいね…」

鶴屋さん「そっとしとくっさ…」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 00:39:39.04 ID:IJEZAhTC0

キョン「そうだな…朝倉、隣の部屋使っていいか?」

朝倉「うん…隣での飲もっか」

キョン「そうしよう」

森さん「………」ジッ…

キョン「ん?森さん?」

森さん「……キョン君…」ウルウル

キョン「な、なんですか…隣行きますよ…ほら…」

森さん「は、はい…」

キョン「やれやれ…えらいことになってきたな…」

森さん(キョン君…もう一度…キスして欲しいな…)





ハルヒ「はむっ…ちゅ…れろ…」

佐々木「ぷはッ…んむ…くちゅ…」


                   ハルヒ・佐々木……リタイア


264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 17:55:14.66 ID:IJEZAhTC0

森さん「……」ソワソワ…

キョン「何かあれだな…酒抜けてきたな…」

朝倉「酔いが醒めちゃったね…何か飲む?」

橘「あのぅ…葡萄のが無くなっちゃったのです…」

鶴屋さん「他にきょこちゃん飲めそうなのないかなっ?」

朝倉「ええっと…何かあったかな…」

森さん「……」チラチラ…

キョン「森さん…」

森さん「はっ、はいっ」

キョン「気になるんなら見学してくれば…」

森さん「そ、そんなことないです…」////


266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 17:58:24.54 ID:IJEZAhTC0

朝倉「いいのがあったよ!」

キョン「ドクターディームス…?」

鶴屋さん「レモンフィズだねっ」

キョン「ドイツ製か…うまいのか?」

朝倉「お値段以上よ!それは保障するわ」

森さん「味もいいけど京子ちゃん飲めそうですか…?」

橘「女は度胸!なんでも試してみるのです!」

キョン「アルコールは…7%か…意外と高いけど大丈夫かな…」


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:00:14.43 ID:IJEZAhTC0

橘「……」クンクン…

鶴屋さん(やっぱかわいいにょろ…)

橘「……」ペロペロ…

森さん(ああ…抱っこして寝たい…)

橘「んっ…んっ…」コクコク

キョン「飲めそうか?」
   (畜生かわいい…)

橘「おいしいのれす!」テーレッテレー

朝倉「きょこちゃーん!!」ガバッ

橘「ひゃあ!」


268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:05:20.35 ID:IJEZAhTC0

朝倉「もうっ!なんてカワイイの!ダメじゃない!ちゅっちゅ!」

橘「あははは!ちゅっちゅ!」

キョン「森さん…」

森さん「了解しました!」ガシ

鶴屋さん「は、離すにょろ!あたしもちゅっちゅしたいっさ!」

キョン「お前もその辺にしとけ…」ゴン

朝倉「くはっ…きょ、キョン君…中身入りの瓶は…洒落にならないよ…」

キョン(俺だってしたいんだよっ…!)


270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:11:17.62 ID:IJEZAhTC0

キョン「大人しく飲もうぜ…」

朝倉「はーい…」サスサス

鶴屋さん「キョン君は真面目だねっ」

橘「んっ…んっ…んっ…」コクコク

森さん「あの…そんなに飲んで大丈夫ですか…?」

橘「らいじょぶなのれす!!」ダン

橘「キョンさんキョンさん!」

キョン「どした?」

橘「王様ゲーム、もっとやるのです!」


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:15:08.59 ID:IJEZAhTC0

キョン「まだやるのか?もういいだろ…」

橘「私は王様も命令も無かったのれす!ズルイのれす!」

朝倉「そう言えばそうね…」

鶴屋さん「じゃあ一回だけやるっさ!」

森さん「あ、でもくじはまだ隣の部屋に…」

橘「取ってくるのです!!」ピュー

キョン「あっ!おいちょっと待て…行っちまった…」


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:23:08.70 ID:IJEZAhTC0

橘「ただいまなのです!持ってきたのです!」

朝倉「どうだった!?」

橘「どうって?」

鶴屋さん「あの二人っさ!」

橘「涼宮さんと佐々木さんですか?」

森さん「なにしてましたか!?」

橘「まだちゅーしてました」

朝倉「なーんだ」

橘「強いて言うならお互いに下着を外そうとしてたのです」

鶴屋さん「ぎにゃwwww!」

朝倉「ちょっと見学に…」

キョン「おい!そっとしといてやれって…」


274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:25:30.48 ID:IJEZAhTC0

キョン「また俺が王様か…」

橘「羨ましいのです…」ショボン

森さん(ね、キョン君…)

キョン(解ってますよ…)

キョン「あー、コホン…王様の権利を橘に譲渡するとする…」

橘「じょーと?」

朝倉「京子ちゃんに王様くれるってさ」

鶴屋さん「よかったねっ!」

橘「わーい!」


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:26:42.31 ID:IJEZAhTC0

橘「ええっと…うーんと…」

キョン「この際だから遠慮すんなよ」

橘「1番とぉ…」

鶴屋さん「にょ…」

橘「2番!」

朝倉「また!?」

森さん「何をさせるんです?」

橘「そうですねえ…そうだ!」

橘「さっき抜け出そうとした罰なのです!お互いにおしりペンペンの刑なのれす!」

キョン「何か展開が見えてきた…」


277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:31:01.69 ID:IJEZAhTC0

朝倉「まあ、さっきのよりはマシだけど…」チラ…

鶴屋さん「にょろ…」

橘「10回づつやるのです!まず朝倉さんからなのです!」

キョン「覚悟決めるしかなさそうだなw」

森さん「が、頑張ってください…」

朝倉「じゃ、じゃあ鶴屋さん…お手柔らかに…」

鶴屋さん「気が引けるっさ…」

橘「んっ…んっ…んっ…プハー!キョンさん!おかわりなのです!」

キョン「飲みすぎだぞ…」


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:33:50.87 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「じゃあ…行くっさ…」

朝倉「ど、どうぞ…」

橘「違うのです!朝倉さんは鶴屋さんの膝に乗ってお尻を突き出すのれしゅ!うぃっ!」

朝倉「そ、そんなぁ…パンツ見えちゃう…うう…こう?鶴屋さん重くない?」

鶴屋さん「確かに叩きやすいけど…うう…初対面の子じゃやりづらいっさ…」

キョン「鶴屋さんらしからぬ発言だな…」

森さん「普通だと思いますけど…」

橘「ゴーなのです!んぐんぐ…」ゴキュゴキュ…


279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 18:35:56.61 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「改めて…いくにょろよ?」

朝倉「よろしくお願いします…」

鶴屋さん「ほいっ」ペチ

朝倉「…!」

橘「そんな弱いのじゃお仕置きにならないのです!」

鶴屋さん「うう…ごめんっさ!」ペチーン!

朝倉「ぁうっ!」

橘「いい声なのです!あはははは!お姉ちゃんおかわり!」

森さん「はっ、はいっ!ただいま…」

キョン「お前性格変わってきてるぞ…」


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 22:16:01.99 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「大丈夫かいっ?次いくよっ!」パチーン!

朝倉「きゃぅっ!」ピクン

鶴屋さん「にょろっ!」シパーン!

朝倉「はふぅっ!」

鶴屋さん(ああ…みくるもいいけどこの子もいい声っさ…)

鶴屋さん「やっ!」パシーン!

朝倉「んきぃっ!つ、鶴屋さん…」

鶴屋さん「はぁ、はぁ、はぁ、ふん!」シパーン!

朝倉「ひぎっ…!や…やめ…」

鶴屋さん「はぁ、はぁ、興奮してきたっさ…!」

朝倉「そんなっ!ひいっ」


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 22:19:08.12 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「てやっ!」シュパーン!

朝倉「ああああっ!痛い…痛いぃ~…」


森さん「鶴屋さんの顔…いきいきしてきましたね…」

キョン「まあ…あの画像の件もありますし…」

橘「んっ…んっ…」コクコク

キョン「お前も少しペース落とせよ…」

橘「おいしいのです!」


鶴屋さん「ああっははははは!」

朝倉「ひいっひいい~…」


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 22:25:16.97 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「もっと鳴くっさ!」ペチーン!

朝倉「いたああああああい!痛いよう!やめて!」

鶴屋さん「言うことを聞くいい子にょろ!ご褒美っさ!」バチーン!

朝倉「わあああああん!痛い痛い痛いよう!」ポロポロ

鶴屋さん「気に入ったっさ!ウチでみくると並べて可愛がってあげるにょろ!」ピシーン!

朝倉「うわああお尻が、お尻が熱いぃ!許して!もう許してぇ!!」

鶴屋さん「これでトドメっさ!よーく噛み…締め……」ググググ…

朝倉「やぁ、やぁ、やめ、やめ…

鶴屋さん「なっ!!」バッチィン!!

朝倉「ぎゃひぃっ…!!はがっ…あ…か…」ピクピク…


キョン(こえー…鶴屋さんの笑顔こえー…)


311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 22:29:50.76 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「ふう…いい汗かいたっさ!」

キョン「姐さんと呼んでいいですか?」

鶴屋さん「あっはっは!いいともいいとも!」

森さん「朝倉さん…大丈夫でしょうか…」

鶴屋さん「ちょっとやりすぎちゃったかなっ?」

橘「う~…鶴屋さんをお仕置きする人がいなくなっちゃったのです…」

鶴屋さん「あっはっは!しょうがないっさ!」カラカラ

朝倉「……」ユラリ…

森さん「あ」

キョン「あの…姐さんの番みたいですよ…」

鶴屋さん「にょろ!?」ビク


313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 22:35:25.10 ID:IJEZAhTC0

朝倉「……」

鶴屋さん「あ…あ…」

朝倉「さ、膝の上に…お腹乗せて…ください…」

鶴屋さん「ゴクリ…い、いいとも!こうだねっ!」ドサ

朝倉「行きますよ…?」

鶴屋さん「く、来るなら来なっ!お尻ペンペンくらいで音をあげるつるy

朝倉「邪ッ!!」ビシャーン!!

鶴屋さん「ひぎゃああああああ!!いだっ、いだいっやめっ、ちょっ、やめっ…」

朝倉「うふふ…」バッヂーン!!

鶴屋さん「ぎに゛ゃーーー!!ひィ、ひィ、やめっ、もうやめ…」

朝倉「あっはははははっ♪」バヂーン!!

鶴屋さん「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!ごめんなさい!ごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃっ!!」


315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 22:43:25.92 ID:IJEZAhTC0

朝倉「私は怒ってないわよ?罰ゲームですもの」

鶴屋さん「さっきは調子に乗り過ぎたっさ!反省してるようっ!」

朝倉「喋ってると舌噛みますよ?」

鶴屋さん「ひっ…!」ギュ

朝倉「鶴屋さんもいい鳴き声してるわよ?もっと聞かせてね?」ピシャーン!!

鶴屋さん「んああ―――――――――っ!あーっ!あーっ!」

朝倉「もうすぐ半分だから、頑張ってね?」

鶴屋さん「あううう…あう…あうう…」

朝倉「このぱんつが邪魔ね…えいっ♪」ビリッ

鶴屋さん「わあっ!ひどいっさ!キョン君がいるのにっ!」

朝倉「いいじゃない?可愛いわよ?今の鶴屋さん…」


キョン「……」ゴク…


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 22:51:30.60 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「ふーっふーっ」

鶴屋さん「あたしは鶴屋家次期当主…次期当主…こんなことで…負けない…泣かない…まけ

朝倉「♪」ビシーーン!!

鶴屋さん「ぎゃああああん!やえてー!もうやめてー!うえっ、うえええ~…」ビクッビクッ

朝倉「あっああ~…なんて可愛いの…可愛いからお尻にキスしちゃう♪」チュ

鶴屋さん「んひゃあっ!」ゾワッ

朝倉「うふふ…」ペロペロ

鶴屋さん「あっああっああっああっ…あーっ!」チョロロロロロ…

朝倉「あら?何か出てますよ?私のお部屋に…」

鶴屋さん「違う…こんなの…違う…何かの間違いにょろ…今止め…にょふん…」チョロロロ…

朝倉「もう!悪い子ね…」

鶴屋さん「ごめ…ごめんなしゃい…ごえんなひゃい…」ポロポロ


321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 23:05:00.17 ID:IJEZAhTC0

朝倉「仕方ないわね…ほら、許してあげるから叩いて下さいってお願いして?」

鶴屋さん「いや…いあ…ごえんなひゃい…ごめんなしゃい…」ビクビク

朝倉「反省できない子にはお仕置きしないとね…」

鶴屋さん「やーっ!やーっ!やーなの!おしおきいやー!!」

朝倉「じゃあ、叩いてくださいって言ってごらん?ご褒美あげるから…」

鶴屋さん「ください!叩いてくらしゃい!お仕置きはいやっさ!叩いて!叩いてー!!」

朝倉「いい子ね…行くわよ?美味しいご褒美をあげる…」バチーン!!

鶴屋さん「に゛ゃあああああああっ!んに゛ゃあああああああ!」ガクガク

朝倉「お礼は?」

鶴屋さん「ありがとございましゅ!ありがとうございます!」

朝倉「いい子ね…ご褒美もっと欲しい?」

鶴屋さん「くださあい!ご褒美ください!もうお仕置きいや!ご褒美がいいにょろ!」

朝倉「本当にいい子…甘~~~いご褒美、いっぱいあげるね?」


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 23:14:17.39 ID:IJEZAhTC0

鶴屋さん「はやく!!はやくごほーび!ください!ください!」

朝倉「いやしんぼね…どうしよっかなあ~?」

鶴屋さん「なんでもするっさ!なんでも!だからお願いご褒美ぃ~!」

朝倉「私のペットにもなれる?」

鶴屋さん「なるからぁ!はやくごほーびくだしゃい!」

朝倉「うふ…いいよ…ほら」ビシャーン!!

鶴屋さん「うわあああああああ!あがあぁ、あぁ、」プシップシッ

朝倉「あれあれ~コレ、おしっこじゃないよね?どうしてえっちなお汁が出てるのかな?」

鶴屋さん「ご褒美がおいしいから!ごほーびがあまいから嬉しくて出ちゃうにょろ!」


327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 23:21:38.21 ID:IJEZAhTC0

朝倉「可愛いわ…ところで鶴屋さん、さっきみくるちゃんと私を並べるとか言ってたよね?」

鶴屋さん「あたしが馬鹿だったっさ!身の程を弁えてなかったにょろ!謝るっさ!だからお仕置きやめて!」

朝倉「うふふ…私のペットになったってことは、鶴屋さんのペットも私のペットよね…?」

鶴屋さん「差し上げるっさ!全部捧げるっさ!」

朝倉「明日から鶴屋さんのペットの隣で一緒に可愛がってあげるね?」

鶴屋さん「にょろっ!そんなの惨めすぎるっさ…」

朝倉「惨めなの好き?」

鶴屋さん「……」

朝倉「無様なの好き?」

鶴屋さん「…ッ」

朝倉「私は惨めで無様で救いようの無くて、浅ましくご褒美を乞う鶴屋さんが好きだなぁ」

鶴屋さん「あたし…は…」


331: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 23:34:50.89 ID:IJEZAhTC0

朝倉「仕方ないわね…言うこと聞かない鶴屋さんにはお仕置きが必要ね…」ポキポキ…

鶴屋さん「ひーっ!やめて!いや!いやだ!」

朝倉「口応え?はい♪お仕置き決定!」ビシャーーン!!

鶴屋さん「ひゃあああああっ!あ―――――っ!!」プシュップシュッ

朝倉「あれえ?あれあれあれ~?お仕置きしたのにえっちな汁が出てるよ?」

鶴屋さん「ぎ…ぎぼぢ…おじおき…ぎ…」ガクガク

朝倉「次はどうする?お仕置き?ご褒美?」

鶴屋さん「ごっ…ぶひっ…おじ…おひ…」ヒクヒク

朝倉「え?なーに?」

鶴屋さん「お仕置き…して…」


334: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 23:46:01.57 ID:IJEZAhTC0

朝倉「あーっはっはっは!傑作ね!何よ!ご褒美よりお仕置きのほうが好きなの!?変態ね!」

鶴屋さん「えへっえへへ…へへ…えっ…えぐ…ひぃぃ~ん…」ポロポロ

朝倉「あら~どうしたの?何が悲しいの?鶴屋さん?」

鶴屋さん「こんなの酷いっさ…こんなのあたしじゃない…夢…夢なら覚めて…」グスグス…

朝倉「可哀そうな鶴屋さん…いいわ!私が夢から覚ましてあげる!いっくよー!」

鶴屋さん「もう嫌!もうやめ…

朝倉「ちょいさ!!」ビチーン!!

鶴屋さん「ぎゃああああっひいっ!ひぃ!ひー!」プシュッ

朝倉「ざんねーん!夢じゃありませんでしたー!現実!コレが現実!これが鶴屋さんの正体よ!」

鶴屋さん「ひいぃいいぃぃぃいいいいぃぃいぃ~…ひいぃぃいいぃぃいいええ~…」ポロポロ


339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/31(土) 23:55:22.16 ID:IJEZAhTC0

鶴屋「…ブツ……ブツブツ…へへ…ブツブツ……へへへ…」

朝倉様「ん~?なぁに?どうかしたのかな~?」

鶴屋「もう…いい…もう…楽に…なりたい…えへ…えへへ…」

朝倉様「ん~…いいわ~…そうよ、貴女にはもう活力とか元気とかはいらないわ…」

鶴屋「あひ…ください…もう…終わらせて…ひひ…はやく…ください…」

朝倉様「よろしい…今までで最大の力でお尻を引っ叩いてあげる…お尻が爆ぜるようなのイクよ?」

鶴屋「えへ…えへへ…もういい…もう…どうでもいい…死なせて…殺して…」

朝倉様「すぐに何もかも吹き飛ばしてあげる…最後の一撃でね…」グググググググ…


341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 00:03:17.04 ID:IJEZAhTC0

鶴屋「あはっあははっ…楽に…やっど楽になれる…」

朝倉様「じゃあイクね?死ぬかもしれないけど、その時はゴメンね?」ググググ……ピタ

鶴屋「死なせて…殺して…きもちいのでころして…へへ…」

朝倉様「さようなら…鶴屋さん…」ビキ…ビキビキ…

鶴屋「あ゛ー…」

朝倉様「ふんぬぅおぅりゃあああああああああ!!」クワッ

鶴屋「ぁー…」



チュッ


鶴屋「――――――ッ!!―――――――――ッ!!」プシャアアアアア……

鶴屋「かかっ!!かっ!!かかかっ!!があっ!!あがっ!!」ビグンビグンビグンビグン

鶴屋「」ガクリ…

鶴屋「」  しーん


                  鶴屋さん……リタイア


347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 00:09:09.96 ID:9dUhTtJ90

森さん「きゅうり切ってきました~」

キョン「ねり梅ありました?」

森さん「すみません…代わりに信州味噌がありました」

キョン「そっか~…まあ塩辛い味噌と荒塩があれば上等か…」

森さん「私も好きなんですけどね…梅きゅー…」

橘「…ふぁ…」


朝倉「……」フラリ

キョン「お?終わったか?」

朝倉「……」コクリ…

森さん「お疲れ様です」

橘「んにゅー…」ウトウト…


349: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 00:12:51.27 ID:9dUhTtJ90

朝倉「キョ…キョ…んく…ん…」カク…カクカク…

キョン「ん?何か飲むか?」

朝倉「おおお願いが…あるの…」カクカク

森さん「私達に出来る事なら…」

朝倉「私…鶴屋さんで…もう…堪らなく…なっちゃって…」カクカクカク…

キョン「あー…確かにお前、目が逝ってるわ…」

森さん「えーと…具体的に何をすれば…?」

朝倉「わわ…私…にも、おし、おしりに…終わりお…とと、とど…めお…」カクカクカク…


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 00:21:31.69 ID:9dUhTtJ90

キョン「引っ叩いてくれってことか?」

朝倉「……」カクカクカクカク…

森さん「うなずいてるのか痙攣してるのか判別付きませんね…」

キョン「ちょっと今もろきゅーが出来ててな、それ終わってからでいいか?」

朝倉「……」カクカクカクカク…

キョン「すまんな」

朝倉「……」カクカクカクカク…

森さん「如何ですか?」

キョン「うん、素朴ながら日本酒に合いますね…」

森さん「うふふ…」

朝倉「……」カクカクカクカクカクカク…

朝倉「……!」カクカクカク……ピーン…

朝倉「」

朝倉「」バタッ
              朝倉涼子……リタイア


352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 00:27:57.15 ID:9dUhTtJ90

キョン「もう我々だけですね…」

森さん「はい…」

キョン「しかし驚きましたねぇ…」

森さん「ええ…」

キョン「みんな変態だったとは…」

橘「きょんさーん…」クイクイ

キョン「ん?どした?ゲロか?」

橘「もう眠いのれす…」コシコシ…

キョン「おねむか…その辺で横になってろよ」

森さん「タオルケット、借りてきますね」



森さん「お待たせしました…あら…」

キョン「しー……お休み…橘」

橘「すぅ…すぅ…むにゃ…」

             橘京子……リタイア


354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 00:32:51.88 ID:9dUhTtJ90

キョン「さて、まったり飲みますか」

森さん「はい♪お酌しますね」

キョン「ふー…森さんも如何ですか?」

森さん「じゃあ、少しだけ」

キョン「まあまあまあ」

森さん「あらあらあら」

キョン「じゃ、乾杯」

森さん「乾杯…うふふ…」

キョン「…」クイっ

キョン「ふぅ…うまい…」

森さん「……」ジッ

キョン「どうしたんですか?俺の顔、何か付いてます?」

森さん「…」ニコ

キョン「ははは、なんですか…そんな見つめないでくだ


357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 00:36:50.64 ID:9dUhTtJ90

キョン(ん…?)ムクリ

キョン「寝ちまったのか…あれ?…いつの間にベッドに…」

キョン「俺…なんで裸で…服は…全然覚えてねえ…プッツリと記憶が…」

キョン「あ」

森さん「すぅ…すぅ…」

キョン「…………」ガタガタガタ…

キョン「…………」ダクダクダク…

キョン「や…や…やっちまった……のか…」

森さん「んん…あ、お早うございます…キョン君…」

森さん「昨日は…私…嬉しかったです…それに…とても激しくて…」ポ

キョン「」

森さん「ずっと傍に置いてくださいね…」チュ

キョン「」

           キョン・森園生……ゴールイン

                                    おし まい


375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 01:46:58.69 ID:9dUhTtJ90

チンポーン…

チンポーン…チンポーン…

喜緑「あれ?」

喜緑「朝倉さーん!」

喜緑「あれえ?」

喜緑「飲み会があるって聞いたんだけど…」

喜緑「あ…開いてる…不用心ね…」

喜緑「朝倉さん?おじゃましますよぅ…」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 01:50:36.77 ID:9dUhTtJ90

喜緑「…」

喜緑「な…」

喜緑「なに…これ…」

喜緑「涼宮さんと…え?誰このこ…」

喜緑「クロスカウンターの状態で気絶してる…」

喜緑「…過去の状況を再現…%(’(&()(’%%&…」


378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 01:56:29.30 ID:9dUhTtJ90

ハルヒ「はあっ…れろ…くちゅ…」クリクリ

佐々木「はも…んひい…あっ…またイク…イク…んんっ!」ビクン

ハルヒ「はぁ、はぁ、んっ…んんっ…ダメ、あっ!ダメっ…んあっ」プシャアアア…

佐々木「はああ…あったかい…あったかいよ…」

『ぎにゃああああああ!!』

ハルヒ「!」ビク

佐々木「!?」ドキ

ハルヒ「…………」

佐々木「…………」

ハルヒ「う…うわああああああああああ!!」

佐々木「わあああああああああああ!!」

ハルヒ「ああああああああああああ!!」ブン

佐々木「ああああああああああああ!!」ブアッ


ガゴッ

・・・・・・・・・・・・・


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 01:58:40.23 ID:9dUhTtJ90

喜緑「再現しても何が何だか…」

喜緑「ていうか飲み会は昨日だったんですね…」

喜緑「失敗失敗…てへっ☆」コツン

喜緑「それよりさっきの悲鳴は一体…?」


382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 02:05:15.90 ID:9dUhTtJ90

喜緑「…………」

喜緑「ナニコレ…この子…確か鶴屋とかいう…」

喜緑「うわ…お尻が真っ赤…痛そー…」

喜緑「拷問でも受けたのかしら…」

喜緑「でも顔はやけに幸せそう…」

喜緑「いや…幸せそうっていうか…」

喜緑「なんかどっかのやりすぎエロ漫画で見たような表情ね…」

喜緑「一言で言うと…昇天って感じね…」

喜緑「あーあ、ヨダレが…」

喜緑「こりゃ当分意識を取り戻しそうにないわね」

喜緑「夢の中へ♪夢の中へ♪逝ってみたいと思いませんか~デュフッフー…」

喜緑「次次」


384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 02:12:42.46 ID:9dUhTtJ90

喜緑「あ…朝倉さん…」

喜緑「おーい、朝倉さーん…」

喜緑「ひっ!」

喜緑「思いっ切り白目ひん剥いて泡ふいてる…」

喜緑「く…クスリかしら…?」

喜緑「うわあ~…百年の恋も冷めるわ…」

喜緑「おーい!朝倉さん!大丈夫?」ペシペシ

朝倉「あ…へぁ…」

喜緑「こんにちは」

朝倉「…と…どめ…おね…が…」

喜緑「はあ?」

朝倉「」

朝倉「」カクン…

喜緑「だめだこりゃ」


385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 02:20:25.31 ID:9dUhTtJ90

喜緑「ん?」

喜緑「あらあらあら」

喜緑「まあまあまあ」

喜緑「かわいい~…」

橘「んちゅ…すぅ…すぅ…」

喜緑「指しゃぶりながら丸くなって…」

喜緑「こっちのゆーびはあーまいぞ♪」ツツ…

橘「んにゃ…ちゅ…ちゅぅ…」チューチュー

喜緑「wwwwwwww!!」

喜緑「……」キョロキョロ…

喜緑「んっ…」チュッチュ

喜緑「んん~!」チュッチュッチュッチュッチュッチュ…

喜緑「はふう」ツヤツヤ…

喜緑「次いってみよう」


388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 02:35:47.11 ID:9dUhTtJ90

パンパン…パンパン…

喜緑「ん?」

喜緑「なんだろ…」

喜緑「ぎょぎょっ!!」


キョン「森さん!いや、園生!園生!」パンパン

園生「キョン君!凄いっ凄いですぅっ」

キョン「うおお園生!もうどうにでもなれ!」スパンスパン

園生「キョン君!ください!園生の中に…いっぱい出してっ!」

キョン「んっぐううううっ!流石にそれはっ!」ビュルビュル

園生「ああっ熱いっ…背中に…ふうう…」ゾクゾク


喜緑「オウ…」


394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 02:45:44.59 ID:9dUhTtJ90

喜緑「うわあ…」ドキドキ


キョン「園生、掴まって…」グイ

園生「あっ!こんな体位…ああっ、んひいいっ」ユッサユッサ

キョン「しっかり掴まって!」パンパンパン

園生「キョン君!キス、キスっしてっ!」ガクンガクン

キョン「んっ…むっ…」レロレロ

園生「ぷはっ、中に、中にくださいっ!」ユッサユッサ

キョン「なんでそこに拘るんですか!!」パンパン

園生「キョン君と、キョン君の赤ちゃんほしいようっ!」ユッサユッサ…


喜緑「…ワオ…EKI-BEN…」

喜緑「ん~…あの女の人…なりふり構ってられないのね…」

喜緑「ま、若い時の苦労は買ってでもしろっていうし…」

喜緑「ほっとくか…」

喜緑「じゃ!しーゆー♪おやすみなさーい」
                              おや すみ


407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/01(日) 10:37:12.52 ID:DS2CAiK6O


いいエピローグだった



元スレ:キョン「ハルヒ、佐々木、朝倉。ちょっとばかり飲みすぎだろう」

他サイト様の最新記事