1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:30:24.14 ID:AtWwtgL30



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:31:54.10 ID:AtWwtgL30

杏「ラジオネーム『ベテランルーキー』さんからだよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
6月21日、たまたま早起きしたので、MOCO'Sキッチンを見てみる。

この人は本当に料理が好きなんだなぁ。

なんだか、僕も料理がしてきたくなってきた。

よーし、折角早起きしたんだし、今日は何か凝った料理でも作ってみよう!

冷蔵庫の中身は…麦茶、ハイチュウ(グレープ味)、ウコンの力

えのき、『お願い!シンデレラ』のCD。

調味料は、賞味期限が2年過ぎてる醤油と油と、溶けて一つの塊になってる砂糖。

輝子ちゃん、この食材で何か作れるかな?レシピを教えてください。

え、買出し?ニートの僕が外に出るわけないじゃないですか!
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「だそうだよ、輝子」

輝子「フヒッ!?わ、私…?え…えっと……」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:33:19.57 ID:AtWwtgL30

杏「杏」

輝子「輝子…」

小梅「小梅の…」

小梅「シ、シンデレラジオー…!」

輝子「シンデレラジオォォーー!!ヒャッハァ!」

杏「シンデレラジオ~…ふわぁ」

小梅「始まりました…杏・輝子・小梅のシンデレラジオ、第12回目…です」

小梅「この番組は…CGプロのアイドルの、最新情報を…お届けしたり」

小梅「ゲストを呼んで…お話したりする、番組です」

小梅「パーソナリティは…私、白坂小梅と」

杏「双葉杏と~」

輝子「星輝子…の3人で、お届け…するよ、フヒッ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:35:31.57 ID:AtWwtgL30

杏「12回目だよー」

杏「輝子、料理は思いついた?」

輝子「い、いや…この…ハガキに書いてる…材料じゃ…む、無理過ぎる…」

小梅「調味料は…これ…もう、ダメ…だよね…」

輝子「と、というか…なんでCDを…冷蔵庫に入れてるんだろう…」

小梅「ひ、冷やしてから…再生すると、音が…良くなるとか…?」

杏「あー…そういえば、なんか冷蔵庫で冷やすと」

杏「長持ちするとか調子が良くなるとか聞いたことがあるような…」

小梅「えっ…そ、そうなの…?」

杏「あくまでも気持ち程度らしいけどね」

輝子「ちょ、ちょっとした…豆知識だね…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:37:14.66 ID:AtWwtgL30

小梅「ふ…二人は…りょ、料理とか…する……?」

杏「いやー、全然。家で1人だとカップ麺しか食べないし…」

小梅「えっ…か、体に…悪いよ…?」

杏「お湯沸かすのすら面倒なんだよ~」

輝子「わ…私は…ちょ、ちょっとだけ…なら」

小梅「私も…少しぐらい…なら…」

杏「小梅はメイドコレクションの時にケーキ作ってたもんねぇ」

杏「輝子は…キノコ料理的な?」

輝子「せ、正解…フヒヒ…」

杏「『SHOCO'Sキッチン』とか面白そうだねぇ」

杏「本家がオリーブオイル使いまくるなら、輝子はキノコを使いまくる方向で」

小梅「お…面白そう。み、見てみたい……」

輝子「フヒヒ…い、いいね…どんな料理にも…無理矢理、キノコを…使う…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:38:58.68 ID:AtWwtgL30

輝子『ヒャッハァ!!グッモーニン野郎どもぉぉ!!』

輝子『…あ、はい、すいません、おはようございます…星輝子です…』

輝子『きょ、今日も…よろしくお願いします…フヒヒ…』

輝子『さ、早速…お便りの方を…見てみましょう…』

――――――――――――――――――――――――――――――――
輝子ちゃんおはようございます。

私には好きな人がいるのですが、彼は中々その想いに気付いてくれません。

それに、彼の周りには可愛い女の子が沢山いて

いつ、彼が他の女の子に取られてしまうかと不安でしょうがありません。

そこで輝子ちゃんにお願いです。

彼が一口食べただけで私にメロメロになる

そんな素敵な愛情たっぷりのキノコ料理を教えてください!

まゆまゆ(16歳)
――――――――――――――――――――――――――――――――


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:40:40.62 ID:AtWwtgL30

輝子『じゃ、じゃあ、今日は…そんな、彼を…あなたのものにする…』

輝子『キノコ料理を…作りたいと思います』

輝子『早速…作っていきましょう…フヒヒ…』

『今日作りたくなる、簡単レシピを紹介!SHOCO'Sキッチン!』

輝子『ま、まずは…熱した…フライパンに…サラダ油を…』

輝子『つ、次に…具材を…切っていきます…』

輝子『キャベツ…ピーマン…タマネギ…豚肉…ドクツルタケ…』

輝子『き、切った具材と…もやしを…フライパンに…じゅ、順番に…入れていきます…』

輝子『ヒャッハー!燃えろ燃えろォ!!スピキュゥゥゥゥゥル!!!!うおー!あっちー!』

輝子『あ、はい、すいません…えっと…酒と…塩と…コショウを…忘れずに…』

輝子『さ、最後に…醤油を…軽く…入れて…今日は、これで決まり…』

輝子『簡単…ドクツルタケ入り肉野菜炒めの…完成です…』


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:42:46.81 ID:AtWwtgL30

『邪魔な女はこれで抹殺☆』

『簡単かつ効果絶大、ドクツルタケ入り肉野菜炒め!輝子ちゃん、出来栄えはいかが~?』

輝子『…え、いや、食べないですよ…毒キノコ入りだし…』


杏「打 ち 切 り 不 可 避」

輝子「て、テレビ番組で…ど、堂々と…毒キノコを使うとか…」

小梅「た、食べられる…キノコ、沢山…あ、あるのに…」

小梅「い、いきなり…毒キノコ…使うなんて…」

杏「彼を振り向かせるための料理を教えてくださいっていうリクエストなのに」

杏「周りの女を消すための料理を作るっていう」

杏「リクエストを無視してるのも本家をリスペクトしていていいね」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:45:56.21 ID:AtWwtgL30

杏「さてさて、料理トーク…って言っていいか分からないけど」

杏「盛り上がったところで、今回のゲストを呼ぼうじゃないかー」

輝子「フヒヒ…今日は…ついに、あの伝説のアイドルが光臨するよ…」

小梅「今日の…ゲストは…この方です…」


紅に染まったこの俺を慰める奴はもういない♪


小梅・輝子「!?」

杏「えぇぇ…」

小梅「ま…また…知らない…曲が…」

輝子「ゲ…ゲストに…関係ある曲…っていうこと…?」

杏「ま、まぁ…関係あるといえば…あるのかなぁ…」

小梅「わ…私は…ぜ、全然…分からない…」

輝子「私も…」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:48:57.82 ID:AtWwtgL30

李衣菜「どーもー!多田李衣菜でーす!」

輝子「ど、どうも…李衣菜さん…」

小梅「こんにちは……」

杏「やっほー、李衣菜ー」

李衣菜「やっほー、杏ちゃん!それに輝子ちゃんと小梅ちゃんも!」

李衣菜「今日は呼んでくれてありがとー!」

杏「いやいや、杏達も、李衣菜が来てくれるのを待ってたからね~」

杏「ところで、入ってくる時に流れてたあの曲、知ってる?」

李衣菜「えっ…?」

李衣菜(あれ、これもしかして、知ってないと不味いパターン!?)

李衣菜「あー、も、もちろん!ロック好きなら常識だよね!」

杏「うんうん、そうだよねぇ」

杏(これ絶対知らないな)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:50:38.22 ID:AtWwtgL30

杏「さて、ツイッターの方は…」

――――――――――――――――――――――――――――――――
だりーなきたー!
――――――――――――――――――――――――――――――――
ついに伝説が来ましたね…
――――――――――――――――――――――――――――――――
ウッヒョー!
――――――――――――――――――――――――――――――――
伝説の女、伝説の女じゃないか!
――――――――――――――――――――――――――――――――

李衣菜「え、なになに?伝説って!」

小梅「え…えっと……」

輝子「な、なんて…説明…するべきか…」

杏「まぁ、ウチの番組で何度か李衣菜が話題に挙がってね」

杏「李衣菜は凄いなー伝説のアイドルだなーって」

李衣菜「えー?いやー、伝説だなんて、そんな照れちゃうなー!」

杏(嘘は言ってないもんね、うん)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:52:14.33 ID:AtWwtgL30

杏「今日は本人も来てるし、放送中にまた新しい伝説が生まれるかもね」

李衣菜「生放送の番組で伝説を作るなんて、凄くロックっぽいよね!」

李衣菜「よーし、私に任せて!」

輝子「う、うん…期待してる…フヒヒ……」

小梅「じゃ、じゃあ…提供、言うね」

小梅「え…えっと、杏・輝子・小梅のシンデレラジオ」

小梅「この番組は…ARIAカンパニーの提供で、お送りします…」

杏「未来の火星からとは驚いた」

李衣菜「バック・トゥ・ザ・フューチャー!」

杏「うん、全然関係ないからね」

李衣菜「あ、あれっ?」

輝子「い、いってみよー…フヒ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:53:36.98 ID:AtWwtgL30

小梅「今回は…ゲストに、李衣菜さんが…来てくれてるよ」

李衣菜「夜露死苦ー!」

輝子「そ…それ、ロックじゃなくて…ヤンキー…」

李衣菜「うっ…ちょ、ちょっと言ってみたかっただけだから!」

小梅「こ、今回も…ゲストへの…質問メールが、沢山来てるよ…」

李衣菜「ウッヒョー!みんなありがとー!」

杏「ロックな回答を期待してるよー」

李衣菜「お、おう、任せて!」

李衣菜(難しい質問とか来たらどうしよう…!なつきち居ないし…!)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:54:59.71 ID:AtWwtgL30

杏「ラジオネーム『綺羅星』さんからだよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
李衣菜ちゃんに質問です。

ギターだと思って弾いていたものが、よく見たら三味線だったことはありますか?
――――――――――――――――――――――――――――――――

李衣菜「さ、流石にギターと三味線の区別ぐらい付くし!」

杏「では、そのギターと三味線の違いとは?」

李衣菜「猫の皮で作られてるのが三味線で、それ以外がギター!」

杏・輝子・小梅「えっ」

李衣菜「えっ?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:56:37.23 ID:AtWwtgL30

杏「つ…次いってみよう。ラジオネーム『LOCK』さんから」

李衣菜「いいラジオネームだね!」

杏「李衣菜、このLOCKは鍵って意味だよ…。李衣菜の言うロックはROCKだから…」

李衣菜「し、知ってたし!本当だし!」

――――――――――――――――――――――――――――――――
李衣菜ちゃんに質問です。

ライブで、マイクスタンドに生肉をビッシリ巻きつけた事はありますか?
――――――――――――――――――――――――――――――――

李衣菜「えっ、なにそれ…」

杏「随分と生臭そうなマイクだね…」

小梅「ちょ…ちょっと、いい…かも……」

李衣菜「え゛っ…」

輝子「わ…私は、キノコが生えた…マイクスタンドで…」

杏「じゃあ、杏はボイスレコーダーが付いたマイクスタンドで」

李衣菜「杏ちゃんそれCDの時に似たようなことやってたよね?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:58:37.78 ID:AtWwtgL30

杏「次~。ラジオネーム『まったり』さんから」

――――――――――――――――――――――――――――――――
李衣菜ちゃんに質問です。

ヘッドホンだと思って着けていた物が、よく見たら今川焼きだったことはありますか?
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「出来立てかな?」

李衣菜「熱い熱い!」

輝子「い…今川焼き…お、美味しいよね……」

小梅「う、うん…私も…好き…」

杏「場所によって呼び方が違うよね」

輝子「か、回転焼きとか…大判焼きとも…言うね」

杏「二重焼きとか、杏の地元だとおやきとも言うかな」

李衣菜「なんか、今川焼き食べたくなってきちゃった…」

小梅「ちょ…チョコパイ…なら…」

杏「形だけなら似てるね、うん。まぁ、折角だから食べよう」モグモグ

李衣菜「おいしー!」モグモグ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 00:59:54.11 ID:AtWwtgL30

杏「質問メールはこんな感じかな?」

李衣菜「なんか変な質問ばっかりだったなぁ…」

輝子「い…いつも、こんな感じだから…」

李衣菜「じゃあ、他の子がゲストの時もこんな感じだったの…?」

小梅「う、うん…そうだよ…」

杏「みんな、なかなか面白い反応してくれてよかったよー」

李衣菜「へ、へぇ…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:01:31.47 ID:AtWwtgL30

杏「さて、次はこのコーナーいくよー。『ブラック★ロックシンデレラ』~」

杏「このコーナーは伝説でロックでアイドルな李衣菜の」

杏「ロックでクレイジーな日常を妄想したものを紹介していくよ」

李衣菜「えっ、なになにこのコーナー!」

小梅「い、いつもは…『ブラックシンデレラ』っていう…コーナーを、やってるんだけど…」

小梅「きょ、今日は…李衣菜さん用に…アレンジ……」

李衣菜「すごーい!私の為のコーナーってことだね!」

輝子「で…でも、元の…コーナーが、コーナー…だからね…」

輝子「ま、また、カオスなことに…なりそう…」

杏「みんなはどんな妄想をしたのかな。早速紹介していこう~」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:03:53.35 ID:AtWwtgL30

杏「ラジオネーム『ぴこまり』さんから」

――――――――――――――――――――――――――――――――
李衣菜ちゃんが、夏樹さんと電話で話していました。

李衣菜『あ、もしもし?なつきち?今度のライブの事でちょっと話があるんだけど…』

李衣菜『ライブでやるパフォーマンスのことなんだけどね』

李衣菜『私はギターに火を点けてそれを弾くから』

李衣菜『なつきちは、しめ鯖の着ぐるみを着て客席にダイブしてくれる?』

李衣菜『え?『意味が分からない。何でアタシがそんな事をしなきゃいけないのか』って?』

李衣菜『分かってない。なつきちは分かってない!』

李衣菜『あえてなつきちがする事によって、サプライズ感を…もしもし?もしもーし!』

李衣菜『電話切られた…。もー!今度会ったらなつきちのギターにわさび塗りたくってやる!』
――――――――――――――――――――――――――――――――


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:06:00.76 ID:AtWwtgL30

李衣菜「私なつきちにそんな事言わないよ!?」

杏「いやー、でも李衣菜ってそういうところちょっとあるような…」

李衣菜「えー!?」

輝子「し…しめ鯖の着ぐるみって…なに…?」

小梅「そ…そんな着ぐるみ…あるの……?」

杏「鈴帆なら持ってるかも…」

李衣菜「ギターにわさび塗るとか酷すぎるよね」

杏「弾く度に鼻にツーンときそうだね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:07:30.97 ID:AtWwtgL30

杏「次ー、ラジオネーム『アンダーソン』さんからだよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
李衣菜ちゃんが、雑誌の取材を受けていました。

李衣菜『最近ハマってること?そうですねぇ…』

李衣菜『有名人のブログのコメント欄にデマを書き込んで炎上させることですね!』

李衣菜『休日は何をして過ごしているか、ですか?ん~、最近多いのは…』

李衣菜『他のCGプロのアイドルの家の前に、わらび餅をばら撒くことですかねぇ』

李衣菜『ファンの皆へ一言?あー、ちょっと違うんですよねぇ』

李衣菜『私の場合、ファンじゃないんです。皆、『家族』なんですよ』

李衣菜『あ、ごめんなさい、いきなり良い事言ったからビックリしちゃいました?』

李衣菜『ん?ちょっと、どこに行くんですか?まだ取材は終わってな…ちょっと、おーい!』

李衣菜『帰っちゃった…。私の放つオーラに恐れをなしたのかな?仕方ないね!』
――――――――――――――――――――――――――――――――


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:08:59.00 ID:AtWwtgL30

杏「酷い」

李衣菜「ホントに酷いよ!?私、絶対こんな事言わないし!」

杏「杏の家の前に、なんかわらび餅が散らばってると思ったら…」

李衣菜「えー!?そっち!?」

輝子「わ、私の家の前にも…わらび餅、あった…」

小梅「わ…私も……」

李衣菜「輝子ちゃんと小梅ちゃんまで!?」

杏「最近、有名人のブログやツイッターが炎上してるのも、李衣菜が犯人だったんだね」

李衣菜「ぬ、濡れ衣だー!?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:10:45.37 ID:AtWwtgL30

杏「次ー、ラジオネーム『スパッツ』さんからだよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
先日、李衣菜ちゃんが出演した『MUSIC FAIR』を見ました。

全員正装で出演している中、1人だけ世紀末な衣装で出演する李衣菜ちゃん。

司会の恵さんと他のゲストがトークをしている最中に

恵さんの頭の上でジェンガを始めたりと自由奔放な李衣菜ちゃん。

李衣菜ちゃんが歌う時間になり、THE ALFEEの高見沢さんのエンジェルギターを奪い取り

持ち歌を歌わずにロシアの国歌を歌いだしたりとやりたい放題。

そんな李衣菜ちゃんを見て、他の出演者は全員涙を流しながら微笑んでいました。
――――――――――――――――――――――――――――――――


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:12:06.96 ID:AtWwtgL30

輝子「こ、これは酷い…」

杏「ダメだよ李衣菜。人の頭の上でジェンガなんてしちゃ」

李衣菜「わ、私はやってない!無実だぁ!」

杏「それに、高見沢さんからエンジェルギターを奪い取るとか」

杏「春菜からメガネを奪い取るようなものだよ」

李衣菜「そんなに!?」

李衣菜「…で、でも、もしこの通りにやったら…ロックって認めてもらえるかな…?」ゴクリ

杏・輝子・小梅「えっ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:13:22.77 ID:AtWwtgL30

杏「これで皆も李衣菜の事がもっと分かったかな?」

李衣菜「いやいやいや!嘘しか無かったじゃない!?」

杏「いやいや、リスナーの皆は分かってくれてるよ、ほら」

――――――――――――――――――――――――――――――――
だりーなはモノホンのロックスターやったんやな…
――――――――――――――――――――――――――――――――
次のライブで是非ギターに火をつけてください!
――――――――――――――――――――――――――――――――
ロックの頂点に立つ女、多田李衣菜
――――――――――――――――――――――――――――――――

李衣菜「あ、あれっ…」

輝子「み、みんな、李衣菜さんが…ロックだって、言ってる…」

小梅「よ…よかった…のかな…?」

李衣菜「そっかぁ、ロックかぁ…へへへ…」

杏(ちょろいなー)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:14:47.67 ID:AtWwtgL30

杏「それじゃ次のコーナーいくよー」

杏「『目指せご褒美!アイドルバトル』~」

杏「パーソナリティチームとゲストでバトルをして、ご褒美ゲットを目指すコーナーだよ」

杏「杏達が勝てば、勝った人数に応じたポイントが貰えて、それが一定数溜まればご褒美ゲット」

杏「ゲストが杏達に勝てば、その場でご褒美が貰えるよ~」

杏「杏達全員に勝てば、豪華なご褒美が貰えるから、ゲストも頑張ってね~」

杏「現在パーソナリティチームのご褒美ポイントは5。ご褒美獲得まであと5ポイントとなってるよ」

李衣菜「おー、バトルかぁ!よーし、ロックスターだしここは華麗に勝ってみせないと!」

小梅「この、シンデレラボックスに…お題が、入ってるから…どうぞ…」

李衣菜「オッケー!何がでるかな~何が出るかな~…じゃあ、これ!」ガサゴソ

輝子「こ、今回の…バトルの、内容は……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:16:35.42 ID:AtWwtgL30

李衣菜「モバマスクエスト!」

李衣菜「勇者、武闘家、僧侶、魔法使い、魔王の配役を決めてください」

李衣菜「スタッフとツイッターの票を沢山獲得した人の勝ち、だって!」

杏「お、今回はこのパターンか」

小梅「ま…前は、戦隊もの…だった、よね……」

輝子「あ、杏さんに…期待……」

杏「まぁ、頑張ってみるよー」

李衣菜「よーし、私も頑張るぞー!」

杏「それじゃ、シンキングタイムスタート~」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:18:14.11 ID:AtWwtgL30

杏「李衣菜はゲームとかするの?」カキカキ

李衣菜「うーん、あんまりしないかなぁ。携帯のアプリとかでちょっと遊ぶくらい?」カキカキ

杏「なるほどね~」

李衣菜「あ、でも、前ゲームセンターでギターのゲームやったよ!」

杏「あぁ、アレね~。どうだった?上手く出来た?」

李衣菜「い、いやぁ、1曲目を簡単なのにしたら余裕だったから」

李衣菜「2曲目を調子に乗って難しいのにしたら…」

杏「惨敗した、と」カキカキ

李衣菜「あははは…」カキカキ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:19:34.65 ID:AtWwtgL30

李衣菜「輝子ちゃんと小梅ちゃんはゲームとかするの?」

小梅「わ…私は…あんまり…」

小梅「で、でも、杏さんが…ホラーゲームするの…見てるの、楽しい…」

輝子「私は…す、少しだけ…やる、かな…」

輝子「全然、上手じゃないし…や、やりこみとかも…しない、けどね…」

李衣菜「なるほど~」

杏「そろそろシンキングタイム終了だよー。みんな書けた?」

小梅「な、なんとか…」

輝子「だ…大丈夫…」

李衣菜「私もいいよー!」

杏「それじゃ、誰から発表するー?」

小梅「え…えっと、私…いい……?」

杏「オッケー。それじゃ、小梅の考えたモバマスクエストの配役は~?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:21:12.01 ID:AtWwtgL30

――――――――――――――――――――――――――――――――
勇者:三好紗南

武闘家:中野有香

僧侶:クラリス

魔法使い:横山千佳

魔王:神崎蘭子
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「あー、これはもう間違いない配役だね」

輝子「鉄板…だね」

李衣菜「蘭子ちゃんの魔王とかもうそのまんまだもんね」

小梅「す…すぐに、この…5人が、浮かんだから…」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:22:50.02 ID:AtWwtgL30

蘭子『ククク…よく来たな、勇者紗南。だが、貴様はここで終焉を迎える…』

蘭子『仲間諸共、塵にしてくれるわ!』

紗南『みんな、これが最後の戦いだよ!』

紗南『まぁ、多分クリア後の隠しダンジョンとかあるだろうけど、本編はこれがラストだよ!』

蘭子『やめろォ!』

有香『ここまで来たら、最早死力を尽くすのみ!押忍!』

千佳『千佳の本気の本気、見せてあるからね!いっくよー!』

クラリス『ニフラム』

蘭子『えっ…あっ』サァァァ

『魔王蘭子をやっつけた!』

クラリス『悪は滅びました』

紗南・有香・千佳『』


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:24:25.28 ID:AtWwtgL30

杏「多分こんな感じだよ、きっと」

輝子「く、クラリスさん…最強伝説……」

李衣菜「本気を出すときは、目を開くのかな…やっぱり」

小梅「クラリスさんが…目を開いてるところ…みたこと、ない…」

杏「見てしまったら最期、不思議な呪文で浄化されてしまうという…」

李衣菜「えええ!?」

杏「いや、冗談だからね」

輝子「つ…次は、私が…発表しても、いいかな…?」

杏「いいよいいよー。輝子の考えたモバマスクエストの配役は~?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:25:39.68 ID:AtWwtgL30

――――――――――――――――――――――――――――――――
勇者:高垣楓

武闘家:姫川友紀

僧侶:川島瑞樹

魔法使い:柊志乃

魔王:安部菜々
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「これは酷い」

李衣菜「これ、絶対途中で酒場で飲んだくれてるよね…」

小梅「い…いつまで、たっても…魔王のところに…いかないと…思う…」

杏「杏はこれ好きだなぁ。見たい」

輝子「フヒヒ…ど、どうも…」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:27:17.61 ID:AtWwtgL30

友紀『今日はあたしの奢りだよ!どんどん飲もう!』

瑞樹『急に奢りだなんてどうしたの?』

友紀『いやー、それが闘技場で大勝ちしちゃって!』

友紀『あたしは信じてたよ!ケンタウルスホイミ!』

瑞樹『な、何?そのモンスター…』

志乃『まぁ、奢ってくれるって言うなら、お言葉に甘えようじゃない』

志乃『店員さん、ワイン持ってきてくれる?』

楓『うふふ、そうですね。今日は沢山飲みましょう』

友紀『それじゃ、かんぱーい!』

楓・瑞樹・志乃『かんぱい~!』

―その頃魔王の城では―

菜々『え、この人達何してるの…』

菜々『羨まし…じゃなかった、菜々はリアルJK魔王だからお酒飲めないんだった!』

菜々『キャハ☆』


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:28:35.34 ID:AtWwtgL30

輝子「菜々さん…」

杏「1人でも勝手に自爆する菜々さんに涙を禁じ得ない」

李衣菜「にしても、このパーティでモンスターと戦う時ってどうするんだろう…」

杏「一緒にお酒飲んで、仲良くなってそう」

輝子「え、エンカウントする度に…お酒、飲むのか……」

小梅「お…お酒は、世界を…救う…?」

杏「この4人ならやってくれるかもしれないね」

杏「それじゃ、次はどっちが発表しようか?」

李衣菜「じゃあ、私が発表しようかな!」

杏「オッケー。李衣菜が考えたモバマスクエストの配役は~?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:29:56.62 ID:AtWwtgL30

――――――――――――――――――――――――――――――――
勇者:東郷あい

武闘家:木場真奈美

僧侶:諸星きらり

魔法使い:高峯のあ

魔王:輿水幸子
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「幸子終了のお知らせ」

輝子「ゆ、勇者サイドの…威圧感が、凄い…」

小梅「か…勝てない…」

李衣菜「もし自分がこの4人に囲まれたらと思うと…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:31:18.02 ID:AtWwtgL30

幸子『ふふふ、この世界は可愛い可愛い魔王のボクによって支配されるんです!』

幸子『愚民どもは皆、ボクを崇め奉るんです!』

???『そんな勝手を許すわけにはいかないな』

幸子『…ふん、勇者の登場というわけですか』

幸子『ですが、この可愛くて完璧なボクに勝てると思って…』

あい『それは、やってみなければ分からないだろう?』

幸子『え』

真奈美『素直に君が謝罪すると言うのであれば、こちらも平和的な解決を望むが…』

のあ『そうでないのなら、それなりの対応を取らせて貰うわ』

幸子『ちょ…』

きらり『悪い子はきらりんぱわーで良い子良い子にしてあげゆ☆』

幸子『すいませんでした(震え声)』


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:32:43.93 ID:AtWwtgL30

小梅「ま…魔王が、ちょっと、可哀相……」

輝子「あ、相手が…悪すぎるね……」

李衣菜「幸子ちゃん頑張って!」

杏「最近勇者と魔王もののアニメ多いし、これもアニメ化しよう」

小梅「え…えっと、最後は…杏さんの、発表…?」

杏「だねー。今回はちょっと自信ないかなぁ。まぁ、とりあえずいってみよ~」

杏「杏の考えた、モバマスクエストの配役~」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:34:01.16 ID:AtWwtgL30

――――――――――――――――――――――――――――――――
勇者:浜口あやめ

武闘家:浜口あやめ

僧侶:浜口あやめ

魔法使い:浜口あやめ

魔王:難波笑美
――――――――――――――――――――――――――――――――

輝子・小梅・李衣菜「!?」

杏「今回はお題を無視してないよ!」

輝子「た…確かに、そうだけど……」

小梅「こ、今度は…配役の方が…」

李衣菜「何故あやめちゃん…」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:35:26.46 ID:AtWwtgL30

笑美『ウチの名前はドクロ魔王!不思議な魔法でお前の肌年齢を10歳引き上げてやるわ~!』

瑞樹(一般人)『いやー!誰か助けてー!きゃー!!!』

???『待てー!』

笑美『!?』

あやめ(勇)『ドーモ。マオウ=サン。ハマグチアヤメです』

あやめ(武)『ドーモ。マオウ=サン。ハマグチアヤメです』

あやめ(僧)『ドーモ。マオウ=サン。ハマグチアヤメです』

あやめ(魔)『ドーモ。マオウ=サン。ハマグチアヤメです』

笑美『アイエエエ!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?』

笑美『…って、言うとる場合か!なんで同じのが4人やねん!』


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:36:44.05 ID:AtWwtgL30

あやめ(勇)『勇者は万能。ニンジャも万能。つまり勇者はニンジャ』

あやめ(武)『武闘家は武術を用いて戦う。ニンジャもカラテを使う。つまり武闘家はニンジャ』

あやめ(僧)『僧侶は回復呪文を使う。ニンジャもチャドー呼吸を使う。つまり僧侶はニンジャ』

あやめ(魔)『魔法使いは攻撃呪文を使う。ニンジャもカトン・ジツ等を使う。つまり魔法使いはニンジャ』

あやめ(勇)『そしてニンジャならブンシン・ジツを使えて当然』

あやめ(勇)『よっておかしなところは一切ない。いいね?』

笑美『アッハイ』

笑美『って、んなわけあるかい!出直して来い!』


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:38:15.66 ID:AtWwtgL30

輝子「ぼ、暴論過ぎる……」

小梅「え、笑美さん…毎回、ツッコミで…大変そう……」

李衣菜「忍者が何なのか分からなくなってきたよ…」

杏「今度3人にニンジャスレイヤーを貸してあげよう」

杏「じゃ、そんな感じで投票いってみようー」

杏「リスナーの皆は、一番面白かったと思うものを呟いてねー」

杏「ハッシュタグを忘れずにー」

輝子「こ、今回は…どうなるかな…?」

小梅「ど、どう…かな……?」

李衣菜「ご褒美欲しいなぁ~!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:39:30.09 ID:AtWwtgL30

杏「結果が出たよー」

――――――――――――――――――――――――――――――――
1位:小梅(スタッフポイント4+ツイッター票約3割)

2位:輝子(スタッフポイント3+ツイッター票約3割)

3位:杏(スタッフポイント3+ツイッター票約2割)

3位:李衣菜(スタッフポイント3+ツイッター票約2割)
――――――――――――――――――――――――――――――――

小梅「あ、あれっ…わ、私が…1位…?」

輝子「わ、私は2位…よ、予想外……」

杏「おー、こうきたかぁ」

李衣菜「なかなか接戦だったね!惜しかったなぁ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:41:07.55 ID:AtWwtgL30

杏「小梅と輝子が李衣菜に勝ったから、ご褒美ポイント2だね。これで合計7ポイントかな」

小梅「あ、あと…3ポイント…」

輝子「もうちょっと…フヒヒ…」

杏「そして、李衣菜は3位だったのでノーマル賞のご褒美をゲットだよー」

李衣菜「ノーマルかぁ。何が貰えるんだろ」

杏「ノーマル賞は…これか。はい、どーぞー」

李衣菜「ありがとー!んー?この形…重さ…本、かな?」ガサゴソ

小梅「な…何の本…だろう?」

李衣菜「えーっと…『サルでも分かるロック入門』…」

輝子「お、おう……」

杏「よかったね、これを読破すればもうにわかとは言われないよ!」

李衣菜「う…うん、ありがとう…」ホロリ

杏「というわけで、『目指せご褒美!アイドルバトル』でした~」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:42:29.31 ID:AtWwtgL30

小梅「つ、次は…お知らせのコーナー、です」

小梅「新イベント『アイドルLIVEツアーinラクーンシティ』が開催中です…」

小梅「…あ、あれ…また、ち、違う…」

杏「ゾンビ相手にライブ?」

輝子「ら、ライブしてる場合じゃ…ないと、思う……」

杏「早く脱出しないとミサイルで跡形もなくなっちゃうもんね」

小梅「え、えっと、本当は…『アイドルLIVEツアーinバリ島』です…」

小梅「今回も…イベントの様子が後日、テレビ放映されるので…お楽しみに…」

杏「川島さんと巴のユニットは驚いたなぁ」

輝子「う、うん…最初、聞いたとき…ビックリした…」

杏「シンデレラガールズ劇場の40話でフラグが立ってたのかな?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:43:44.45 ID:AtWwtgL30

小梅「限定ガチャ、アイドル浴衣祭り2013ガチャが開催中です…」

小梅「智絵里さんと…私…の、コスト18、思い出エピソード、肩書き、ボイス付き」

小梅「早苗さんの、コスト17、思い出エピソード、肩書き付きの新SRが登場です…」

杏「みんな、小梅の可愛い思い出エピソードはもう見れたかな?」

小梅「あう、は、恥ずかしい…」

輝子「フヒヒ…」

杏「ところで、李衣菜さっきからずっと黙ってるけど…って」

李衣菜「………」

輝子「さ…さっき、貰った本を読んでる……」

杏「おーい、李衣菜ー?」

李衣菜「ハッ…!ご、ごめん、つい夢中になって!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:45:18.93 ID:AtWwtgL30

小梅「第2回シンデレラガール総選挙で、上位5名に選ばれた」

小梅「蘭子さん、アナスタシアさん、楓さん、幸子さん、凛さんのCDの発売がついに決まりました…」

小梅「タイトルは『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 輝く世界の魔法』」

小梅「曲名は『輝く世界の魔法』、発売日は2013年8月14日、です…」

小梅「現在放送中の、TVCMでも使用されてるので、是非聞いてみて下さい…」

小梅「さらに、新CDアルバムシリーズ「jewelries!」の発売も決定しました…」

小梅「内容は…シンデレラガールが、色々な曲をカバーするCDアルバムとなってます…」

小梅「『Cute jewelries!』は卯月さん、美穂さん、菜々さん、杏さん、みくさん」

小梅「『Cool jewelries!』は凛さん、楓さん、蘭子さん、李衣菜さん、美波さん」

小梅「『Passion jewelries!』は未央さん、きらりさん、みりあちゃん、莉嘉ちゃん、美嘉さん」

小梅「以上の15名が…参加します…」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:46:46.26 ID:AtWwtgL30

李衣菜「私のカバーソングは何になるかなぁ!」

杏「ホタテのロックンロールとか?」

李衣菜「えっ…ほ、ホタテ?」

李衣菜(ホタテってどういうこと…?なんか、凄く間抜けな響きなんだけど…)

李衣菜(でも、ロックンロールって言ってるし、私に関係あるはず…!)

李衣菜「あー、い、いいね!そういう曲こそ私に相応しいっていうか!」

杏「じゃあ、着ぐるみの準備しとかないとね」

李衣菜「えっ」

杏「ん?」

小梅「え…えっと、李衣菜さんの曲…流すけど…きょ、曲紹介…い、いい…?」

李衣菜「えっ、あ、う、うん!勿論、多田李衣菜で『Twilight Sky』!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:48:07.70 ID:AtWwtgL30

小梅「え、エンディング、です……」

杏「李衣菜今日はありがとねー。面白かったよ」

李衣菜「私も楽しかったよ!ありがとー!」

李衣菜「それに、皆のおかげで、ロックとは何なのか本当の意味で分かった気がするよ!」

李衣菜「あとは、帰ってこの本を読めば完璧だよ!」

杏「う…うん、それはよかった」

杏(うわあ、これは完全に間違った方向に進むよ…)

輝子(プ、プロデューサーと…夏樹さん、ドンマイ…)

小梅(だ、大丈夫…かなぁ…)


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:49:24.32 ID:AtWwtgL30

杏「さて、感想のメールを紹介するよ~」

杏「ラジオネーム『モロキュウ』さんから」

――――――――――――――――――――――――――――――――
今までにわかにわかと言われてきた李衣菜ちゃんだけど

今日の放送で、ついにロックになることができましたね!
――――――――――――――――――――――――――――――――

李衣菜「うん、ありがとー!」

杏「こんなメールも来てるね。ラジオネーム『七本槍』さんから」

――――――――――――――――――――――――――――――――
いっそのこと、李衣菜 THE ROCK★とかに改名したらどうですか?
――――――――――――――――――――――――――――――――

李衣菜「なにそれかっこいい」

輝子「え…!?」

李衣菜「ちょっとプロデューサーに相談してみるね!」

小梅(ど、どんどんおかしな方向に…)

杏(李衣菜 THE ROCK★って、どっかのガンギマリじゃないんだから…)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:50:42.40 ID:AtWwtgL30

小梅「じゃ、じゃあ…杏・輝子・小梅のシンデレラジオ、今日は…ここまで…です」

小梅「お相手は、白坂小梅と」

輝子「星輝子…と」

杏「双葉杏と~」

李衣菜「多田李衣菜でしたー!」

小梅「また来週…」

輝子「ヒャッハァーー!!終了だァーーー!!」

杏「ばいばい~」

李衣菜「李衣菜 THE ROCK★」

杏「それ、気に入ったの?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:51:41.19 ID:AtWwtgL30

―番組終了後―

小梅「お疲れ様でした…」

輝子「お疲れ様…フヒヒ」

杏「おつかれー」

李衣菜「お疲れさまー!」

李衣菜「へへへ、なんかもう、今の私凄いよ。超ロックだよ!」

李衣菜「アイデアが色々浮かんでくる!」

杏「う、うん、そっか…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:52:53.67 ID:AtWwtgL30

李衣菜「ウッヒョー!こうしちゃいられない!」

李衣菜「事務所に戻ってアイデアをまとめなきゃ!」

李衣菜「それじゃ、お先です!お疲れ様でーす!」

小梅「あっ…ま、待って……」

輝子「い…行ってしまった……」

杏「強化しすぎたか…」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:54:24.36 ID:AtWwtgL30

―その頃事務所では―

P「あー…美味い」モグモグ

ちひろ「プロデューサーさんお昼ご飯中ですか?」

P「えぇ、ちょっと奮発して鰻丼を」

ちひろ「わ、美味しそうですね」

P「これからどんどん暑くなりますからね、鰻でも食べてスタミナを付けようと思って」

ちひろ「………」

P「ちひろさんどこ行くんです?ちひろさんも鰻丼を買いに行くとか?」

ちひろ「ちょっと鰻を根絶やしにしてきます」

P「は?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:55:35.15 ID:AtWwtgL30

―さらに別の日の事務所にて―

李衣菜「なつきちー!なつきちー!」

夏樹「おー、だりー、どうした?」

李衣菜「今度のライブの事で、ちょっとアイデアがあるんだけど!」

夏樹「へー?なんだよ、言ってみ?」

李衣菜「ライブ中に、ギターでステージのセットを破壊するの!」

李衣菜「あと、私の事は今度からだりーじゃなくて、李衣菜 THE ROCK★って呼んで!」

夏樹「よし、だりー、とりあえず正座しろ」


おしり


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 01:56:31.28 ID:AtWwtgL30

鰻の不作はチッヒが原因

見てくれた人ありがとう


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/08(月) 02:19:26.59 ID:0AMKkhkf0

だりーな!だりーなおつ!



元スレ:輝子「そして伝説へ…」

他サイト様の最新記事