1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 17:51:57.15 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「……そろそろ我慢の限界だ」

ルル「……同じ部屋に居るだけで吐きそうになる」

ルル「……」

ルル「なんとかしないとな……あの――」

ルル「――チーズ臭を」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 17:53:34.01 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「C.C.にピザを食べるのをやめさせるか?」

ルル「……いいや、それは不可能に近い」

ルル「C.C.にピザを食べさせない方法は48パターン」

ルル「……だが、そのどれもが俺の命が危険に晒される」

ルル「……」

ルル「くそっ! どうしたら良いんだ……!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 17:56:27.77 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「何か、別の匂いで誤魔化すか?」

ルル「例えば、そうだな……日本のお茶のような消臭効果があるもの」

ルル「そういったものを一緒にとるようにさせれば良い」

ルル「他にも、コーヒーなどでも良いかもしれん」

ルル「……」

ルル「駄目だ……奴はコーラしか飲まん」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 17:58:41.88 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「常に歯を磨かせるように指示するか?」

ルル「……」

ルル「いいや、それは無意味だろう」

ルル「何せ、C.C.は常にピザを食べている状態だからな……」

ルル「上手く空白の時間に挟めれば良いのだろうが、肝心の空白が無い」

ルル「……ええい! 何か……何か良い手は無いのか……!?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:00:18.65 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「奴の……C.C.の臭いを抑える方法は――」

コンコン

ルル「む? 誰だ」

C.C.『私だ、ルルーシュ』

ルル「!」

C.C.『入るぞ』

ルル「待っ――」

ガチャッ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:02:23.01 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「っ……!」

C.C.「ん? どうした、ルルーシュ」

ルル「……な、なに、お前がノックをするとは珍しいと思ってな」

ルル(くっ……あまりの臭いに思考が纏まらん……!)

C.C.「ふふっ、そういう日もあるさ」

ルル「そうか……っ!」

ルル(おっ、おおおぉっ……!)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:04:47.93 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.「……」

ルル「……」

C.C.「……」

ルル「……何だ? 何か用があったんじゃないのか?」

ルル(早く……早くどこかに行ってくれ……!)

C.C.「……少し、聞きたいことがある」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:06:22.46 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「だったら早く言え。俺はこれでも忙しいんだ」

ルル(そして、この臭いをどうにかしてくれ!)

C.C.「……なあ、ルルーシュ」

ルル「何だ?」

C.C.「……」

ルル「……」

ルル(どうした!? 早く言え! 言うんだ!)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:08:36.48 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.「ルルーシュ、お前は……」

ルル「……」

ルル(ナナリー、俺をこの臭いから守ってくれ……!)

C.C.「……最近、私のことを避けていないか?」

ルル「ああ。何せ、くs」

ルル(ちいっ! 思わず普通に答えようとしてしまった!)

ルル「……そんな事は無い」

C.C.「今、“ああ”と言ったぞ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:11:14.09 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.「……やはり、私を避けているのか」

ルル「いや、今のは――……」

C.C.「ふふっ、そう気を遣われるとかえって落ち込む」

ルル「C.C.……」

ルル(……!)

ルル(この流れを利用して、何とか柔らかくC.C.に伝えられないか!?)

ルル(『お前はチーズ臭い』と!)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:14:16.13 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.「確かに、お前が私を避けるのもわかる」

ルル「C.C.、何を言っている」

ルル(まさか……自分のチーズ臭さに気付いているのか!?)

C.C.「憎んでいるんだろう? 私を」

ルル(正直……チーズを見るだけで怒りがこみ上げてくる)

C.C.「お前に、ギアスを与えたのは私だからな……」

ルル「――違うなC.C.、その考えは間違っているッ!」

C.C.「ルルーシュ?」

ルル(単にチーズ臭いだけだ!)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:16:26.19 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「俺は、お前にギアスを与えられて感謝している」

ルル(ギアスではなく、チーズなんだ……!)

C.C.「……だが」

ルル「言っただろう、C.C.」

C.C.「……」

ルル「俺とお前は共犯者だ、とな」

C.C.「……ふふっ、そうだったな」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:19:29.92 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「共犯者であるお前をその程度の理由で避けると思うか?」

ルル「……だとしたら、お前の俺への見方を改めさせる必要があるな」

ルル(そんな事はどうでも良い……チーズ臭を何とかして欲しいんだ)

C.C.「ほう? どうするつもりだ?」

ルル「……」

C.C.「……やれやれ、これだから童貞坊やは――」

ルル「!?」

ルル(何故……ここで目を閉じる……!?)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:22:25.41 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.「……わかるだろう?」

ルル「……いや……だが、それは……!」

ルル(このチーズ臭を至近距離でだと!?)

C.C.「ルルーシュ。お前は男で、私は女だ」

ルル「っ……!」

ルル(ええい! どうする!? どうすればこの状況を脱する事が出来る!?)

C.C.「さあ――答えを聞かせてくれ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:25:29.17 ID:Bm3N7kMJ0

ルル(ここでC.C.の望みに応えない事は可能だ)

ルル(だが、それでは……C.C.を傷つける事になる)

ルル(そうなっては……コイツが笑って死ねるようにはならん)

ルル(どうする……考えろ、考えるんだ……!)

C.C.「……」

ルル「っ――」

コンコン

スザク『僕だよ、ルルーシュ』

ルル「! スザクっ!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:28:01.60 ID:Bm3N7kMJ0

スザク『ちょっと良いかい?』

C.C.「……やれやれ、邪魔が入ってしまったか」

ルル「C.C.、悪いが……」

ルル(これで最悪の状況は回避する事が出来た!)

C.C.「ああ。――答えは、後でゆっくり聞かせてもらうとしよう」

ルル「……」

ルル(先送りにされただけか……)


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:30:46.34 ID:Bm3N7kMJ0

スザク『誰か居るのかい?』

ルル「ああ、C.C.が居る」

C.C.「入って良いぞ」

スザク『本当に良いのかい? お邪魔虫になるのは御免だよ』

ルル「良いと言っているだろう」

スザク『そうかい、なら安心したよ』

ガチャッ

スザク「話っていうのは――臭っ!! えっ!? 臭い!!」

ルル「!?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:33:59.42 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「この臭いは何だい!? くっ、うううっ!?」

ルル「おっ、落ち着けスザク!」

C.C.「? 何の臭いもしないが……」

ルル(ちいっ! やはり、C.C.本人は気付いていないのか!)

ルル(だが、このままではまずい!)

ルル「スザク、お前の気のせいじゃ――」

スザク「僕は『生きる!』」キュィィン

C.C.「ギアスが発動しただと……?」

ルル「……」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:37:48.71 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「僕は『生きなきゃいけない』んだ!」キュィィン

C.C.「ギアスが発動する程、この部屋が臭うという事か……?」

ルル「!」

ルル(まずい! このままではC.C.が気付いてしまう!)

ルル「とにかく、部屋の外に出r」

スザク「おおおおおおっ!!」

プシュプシュプシュプシュプシュプシュ!

C.C.「! 冷たっ! やめろ、冷たいっ!」

ルル「何故ファブリーズを持っているんだスザクッ!!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:41:08.78 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「そんな事はどうだって良い!」

プシュプシュプシュプシュプシュプシュ!

C.C.「わっ、あぷっ! やめろ、やめろっ!」

ルル「やめろスザク! このままでは――!」

スザク「止めないでくれルルーシュっ!」キュィィン

ドンッ!

ポキポキンッ

ルル「おぐうっ!? ほっ、骨が……!」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:44:02.66 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「おおおおおっ!」

プシュプシュプシュプシュプシュプシュ!

C.C.「やめろ、やめてくれ……!」

ルル「スザク……もうやめるんだ……!」

スザク「この臭いは、何とかしなきゃ――」

プシュプシュプシュ……カシュカシュカシュ!

スザク「ちいっ! ここでエネルギー切れだなんて!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:47:31.39 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「こうなったら仕方ない……!」

スザク「ハッチ開放!」

ガラッ!

スザク「ルルーシュの部屋の臭い、出ます!」

ルル「ただ窓を開けただけだろうが……!」

スザク「……これで、僕は『生きる』事が出来る」キュィィン…

スザク「――うん、とにかくひどい臭いだったね!」

ルル・C.C.「……」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:50:41.14 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「驚いたよ……まさか、あんな臭いが待ち構えてるなんて」

ルル「ああ、いや――」

スザク「ルルーシュ、あれは新しい兵器かい?」

ルル「別に、そういう訳じゃ――」

スザク「……だとしたら、あまりにも非人道的すぎる」

ルル「……」

スザク「実用化は、絶対にやめるべきだ」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 18:53:40.27 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「僕達が目指すのは、皆が笑顔でいられる世界だ」

ルル「ああ、そうだ。とりあえず、もうこの話はやめn」

スザク「あんな兵器があったら!
     ……誰も微笑むことなんで出来やしない!」

ルル「おい、人の話を聞k」

スザク「最低の臭いに、未来はない!」

スザク「君もそう思うだろう? C.C.」

C.C.「……」

ルル「!」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:16:13.56 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「待て、スザク!」

ルル(ここでC.C.に話を振られるのはまずい!)

スザク「何をだい、ルルーシュ」

ルル「あ、ああ……とりあえず、お前がここに来た理由を言え」

スザク「ああ、その事か」

C.C.「……先に、私に今の行動を謝r」

スザク「『生きる』!!」

ルル「!?」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:19:34.68 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「どこだ! どこに臭いが潜んでるんだ!?」キュィィン

ルル(C.C.が話した途端ギアスが発動した……)

ルル「っ――!」

ルル(……口臭かッ!!)

ルル「C.C.、口を開くなッ!」

C.C.「? 何故――」

スザク「そこかああああっ!!」

ボフッ!

C.C.「わぷっ!?」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:22:45.23 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「……丁度ベッドに腰掛けていてくれて助かった」キュィィン

スザク「これで……僕達は『生きて』いける」キュィィン…

ルル「……」

ルル(……終わった、な)

ルル(C.C.に布団をかぶせるなど、C.C.が臭の元だと言っているようなものだ)

ルル「……くくくっ……くははははっ……!」

スザク「どうして笑っているんだいルルーシュ。
     意味がわからないよ」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:25:47.25 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.『……おい、今度は一体何だ』

スザク「ん?」

C.C.『ファブリーズをかけたり、布団をかぶせたり……』

ルル「……」

ルル(――いや、まだだ! まだ勝機は残されている!)

ルル(直接“臭い”と言っていないため、最悪のケースは免れている!)


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:27:36.03 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「それは――」

ルル「――なに、ちょっとした遊びのようなものだ」

C.C.『……遊び?』

ルル「ああ、そうだ」

ルル「……スザク、昔はよくこうやって布団で遊んだよな」

スザク「そういえば……確かにそんな事もあったね」

C.C.『……ふむ』


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:30:19.35 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「夜もお話をしたいとせがむナナリーに頼まれて……」

スザク「そうそう! 布団を並べて、遅くまでしゃべってたっけ」

ルル「それで、朝起きられなくてお前は怒られてたっけな」

スザク「あったあった。ルルーシュとナナリー、僕をおいて起きちゃうんだもの」

ルル「寝坊するお前が悪いんだろう?」

スザク「……まあ、確かにそうだけど」

C.C.『……』


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:32:47.44 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.『……それで?』

ルル「C.C.。お前は、俺が避けていると思っていたんだろう?」

C.C.『……ああ』

ルル「お前は、避けている相手とこうやって騒ごうと思うか?」

C.C.『……いや、私だったら絶対に御免だな』

ルル「だろう? つまりは……そういう事だ」

C.C.『……』

C.C.『ふふっ、そういうことなら仕方ないな』


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:35:51.37 ID:Bm3N7kMJ0

ルル(――よし! これで第一ステージはクリアーされた!)

ルル(……続いて第二ステージ!)

C.C.『……なら、ファブリーズをかけたのはどうしてだ?』

スザク「それは――」

ルル「――夏の暑い日は、水鉄砲を使っても遊んだな」

スザク「そういえば……確かにそんな事もあったね」

C.C.『……ふむ』


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:37:43.28 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「覚えてるか?」

スザク「忘れるはずがないさ」

ルル「ナナリーに応援されながらの水鉄砲の撃ちあい」

スザク「勝つのはいつも僕だったよね」

ルル「そうだったか?……ははっ、なんにしても懐かしい」

C.C.『……』


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:40:09.61 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.『……それで?』

ルル「C.C.。俺とスザクは幼馴染だが、お前だけは違う」

C.C.『……まあ、そうだな』

ルル「だが、もしかしたらお前はそのことを気にしているかもしれない」

C.C.『……別に、そうは思っていなかったぞ』

ルル「だが、俺は気にしていた。
    ……だから、今からでも幼い日の思い出を作ろうと思ったんだ」

C.C.『……』

C.C.『ふふっ、中々可愛いことをするじゃないか、ルルーシュ』


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:44:18.73 ID:Bm3N7kMJ0

ルル(第二ステージもクリアー!)

ルル(……くははははっ! 俺のプランは完璧だ!)

ルル(残すは最終ステージのみ!)

C.C.『ルルーシュ……気を遣わせてしまってすまなかったな』

ルル「気にするな。俺達は共犯者なんだからな」

C.C.『……ああ、そうd』

スザク「えっ? 僕がC.C.にああしたのはC.C.が臭かったからだよ?」

ルル・C.C.「『……」』

ルル「――スザアアアァァァクッ!」


159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:49:14.69 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「ルルーシュ、こういう事はハッキリ言うべきだ」

ルル「それにしても、言い方というものが……!」

スザク「だったら、チーズ臭くてたまらないとで言えば良かったのかい」

ルル「そうじゃない! 例えそれが真実でも、
    それをゆっくりと理解しなければならない時もある!」

スザク「でも、今はそうじゃない。だって凄く臭いもん」

ルル「語尾に“もん”をつけるな!」

C.C.『……』


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:51:52.12 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.『……ふふっ、そうか』

ルル「し、C.C.……?」

C.C.『私は……とんだピエロだったという訳か』

もぞもぞっ…

スザク「C.C.。丸まるのはいいけど、それじゃあ臭いは解決しない」

スザク「――いや! 布団の中が大変になるだけだ!」

ルル「ええい! お前はもう黙っていろ! スザクっ!」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:55:24.28 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.『……』

ルル「くっ……!」

ルル(どうすれば良い……どうすれば……!)

スザク「ルルーシュ、とりあえずはだけど……」

ルル「?」

スザク「C.C.を布団ごとカプセルに入れるのはどうだろう」

ルル「スザク、黙ってろ」キュィィン!

スザク「ルルーシュ、僕にもうギアスは効かないよ」

ルル「ああ、悪い。つい」


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 19:57:34.51 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「……C.C.」

C.C.『……』

もぞもぞっ

スザク「お饅頭みたいだよ、C.C.」

ルル「っ!……悪いが、実はそういう事だったんだ」

C.C.『……やはり、私は臭かったんだな』

スザク「うん、そうだよ」

C.C.『……』

もぞもぞっ


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:01:12.53 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「恐らく、毎日食べているピザが原因だろう」

スザク「毎日!? うわぁ、さすがに驚くね」

ルル「……だから、しばらくピザを控えれば良いだけの事だ」

C.C.『……』

もぞもぞっ!

ルル「それが嫌なら、香りがしないチーズを使用したピザを食べれば良い」

スザク「うん、僕が『生きる』ためにも是非そうして欲しい」

ルル「……」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:04:33.44 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「だからC.C.、そんなに気にするな」

スザク「僕としては、かなり気にしてくれると助かる」

C.C.『……一つだけ聞く』

ルル「……何だ?」

ルル(よし! 後もう一押しといった所まで辿りついた!)

C.C.『――私の臭いが取れなかったら……どうする?』

ルル「何……!?」


192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:07:17.38 ID:Bm3N7kMJ0

C.C.『臭いが取れなかったら、避け続けるのか?』

C.C.『私の存在は、チーズ臭があっては疎まれるものか?』

C.C.『……教えてくれ、ルルーシュ』

ルル「それは……」

スザク「すまないが、僕は君を避けるだろう」

ルル「! スザクっ!」

スザク「――けれど、ルルーシュはそんな奴じゃないよ」

ルル「すっ、スザクっ……?」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:09:45.41 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「僕は、ルルーシュの事をよく知ってる」

ルル「いや、その……何を……?」

スザク「君もそう思ってるんだろう? C.C.」

C.C.『……』

スザク「ルルーシュは、チーズ臭なんかで君への態度は変えない」

ルル「えっ、いや……」

スザク「そうだよね、ルルーシュ?」

ルル「……」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:12:44.48 ID:Bm3N7kMJ0

ルル(何だ……一体どうなっている……!?)

スザク「C.C.。僕はルルーシュの剣で、君は盾だと言ったね」

C.C.『……ああ』

スザク「剣も盾も、それを持つ手が必要だ」

C.C.『……』

スザク「だからルルーシュは――君から手を離すことなんてないよ」

C.C.『……ふふっ、まさかお前に教えられるとはな』

ルル「!?」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:15:46.32 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「――ごめんよルルーシュ、黙ってられなかったんだ」

ルル「……何をだ……」

スザク「C.C.が、君の事を誤解してたからだよ」

C.C.『誤解? スザク、それは一体何のことだ』

スザク「……もしかして、君はルルーシュを試してたのかい?」

C.C.『ふふっ! さて、どうだろうな?』

ルル「……」


213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:18:03.54 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「なんだ、それじゃあ結局僕は要らなかったんじゃないか」

C.C.『いいや、お前達の絆というものを見せてもらったよ』

もぞもぞっ

スザク「それはどういたしまして」

ルル「……」

ルル(俺は……C.C.がチーズ臭をさせている間も――)

ルル(――一緒にいなければならないのか……!?)


216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:21:19.61 ID:Bm3N7kMJ0

ルル(あの刺激臭と常に行動を共にするだと……!?)

ルル(馬鹿なっ! そんな事が出来るはずがない!)

ルル「何か……良いプランは――」

C.C.『……』

もぞっ!

C.C.「ルルーシュ、お前の口から答えを聞きt」

スザク「おおおおおっ! 僕は『生きなきゃいけない』んだああっ!」キュィィン

ドンッ!

ルル「なっ――!?」


222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:23:52.58 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「くっ……!? 急に押すな、スザク!」

ルル(状況はどうなっている!?)

ルル(スザクに押されて、それから――)

ふにっ

ルル「……む?」

C.C.「どこを触っている……ルルーシュ」

ルル「ほわあっ!?」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:26:43.36 ID:Bm3N7kMJ0

ルル(C.C.が目の前に居るという事は……)

ルル(――布団の中かっ!?)

ルル「――かひゅっ!?」

ルル(い……息が……出来ん……!)

C.C.「まさか……今、ここで答えを聞かせてくれるのか?」

ルル「あ……あぁ……!?」

ルル(体が……何かに拘束されているように動かんっ!)


233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:28:50.47 ID:Bm3N7kMJ0

スザク「僕は『生きる』!」キュィィン

がしっ!

スザク「だから、ここで君達を布団の外に出す訳にはいかないっ!」キュィィン

もぞもぞもぞっ!

スザク「無駄だよ。どう足掻いても、そこからは出られない」キュィィン

がしいいっ!

スザク「――さあ、ルルーシュ。答えを出してあげるんだ」


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:32:00.50 ID:Bm3N7kMJ0

ルル(ははは……どうやら、もう逃げられそうにない)

C.C.「……」

ルル(目の前のC.C.がどんな顔をしているかわからん……)

ルル(目も見えなくなってきたし……なんだか眠くなってきたな)

ルル(……)

ルル(……愛しているよ……ナナリー……)

C.C.「――さあ、ルルーシュ……」


254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/10/22(木) 20:35:59.08 ID:Bm3N7kMJ0

ルル「……C.C.」

C.C.「……」

ルル「俺はお前に会えて……良かったと思っている」

C.C.「……そうか」

ルル「ああ……そうだ。だから、笑って――」

ちゅっ

C.C.「ふふっ、このキスで何度目になるかな?」

ルル「」


C.C.「……なあ……ルルーシュ――?」


おわり



元スレ:ルルーシュ「……C.C.が臭すぎる」

他サイト様の最新記事