2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 11:23:47.15 ID:Fr749V/i0

ちひろ「どうしたんですかいきなり?」

音葉「プロデューサーさんは...本当に素晴らしい人...」

音葉「私に...今まで知らなかった世界...旋律...そして、この想いをくれる...」

ちひろ「はぁ...」

音葉「でも、あの人のことが...いまだによくわからないの...」

音葉「いつも私のことを気遣ってくれるけど...あの人は自分の心の音を聞かせてくれない...」

ちひろ「そうでしょうか?わりと見た目通りの人ですよ、無駄に体力だけはあって、ガチャをまわしてドリンク買ってくれて...」

音葉「ちひろさんは...よく知っているのね...」

ちひろ「まあなんだかんだで付き合いが長いですからね」

音葉「私には....まだ彼とユニゾンを組めるだけの...信頼感がない...」シュン...

ちひろ「仕方ないですよ、音葉さんはこの事務所に来て日が浅いんですから」

音葉「だから知りたいの、あの人が何をしたら喜ぶのか、笑ってくれるのか...」

音葉「あの人と和音を奏でたいの...」

ちひろ(へぇ、この人こんな顔もするんだ...)


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 11:33:06.42 ID:Fr749V/i0

音葉「どうすればいいのでしょう....」

ちひろ「まぁ、ようするにプロデューサーさんが喜ぶことを知って普段お世話になっているお返しをしたいって事ですか?」

音葉「ええ、その通りです...」

ちひろ「うーん、私もそこまであの人の好みを知っているわけじゃないので具体的に聞かれると...」

音葉「そうですか...」

ちひろ「こういう時は周りの人に聞いてみるのがいいと思いますよ」

音葉「周りの人?」

ちひろ「他のアイドルたちなら私や音葉さんの知らないプロデューサーさんの一面を知ってるかも知れませんから」

音葉「なるほど...私もプロデューサーさんが他の人とどんなハーモニーを産み出しているのか...興味があるわ...」

ちひろ「あまりお役に立てなくてすみません」

音葉「いえ、とても役に立ちました...行ってみます...音を拾いに....」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 12:17:24.82 ID:Fr749V/i0

------


雫「プロデューサーさんが喜ぶことですかー?」

音葉「ええ、なにか知っていればと...」

雫「そうですねー、プロデューサーさんは膝枕をしてあげると喜びますよー♪」

音葉「膝枕...?」

雫「はい、この前事務所で溜息をついてたのでー『どうしたんですかー?』って聞いたら...」

雫「『いや、最近ちょっと疲れててな...』って言ってたので、膝枕をしてあげましたー」

音葉「...喜んでいた?」

雫「はいー、最初はなんだか遠慮してたんですけどー、途中からはぐっすり眠ってましたよー」

音葉「そう...ありがとう雫さん...参考になったわ...」

雫「お役に立てたならうれしいですー!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 13:07:21.47 ID:Fr749V/i0

------



早苗「P君の好み?」

音葉「はい...」

早苗「うーん、そうねぇ...P君はタレよりも塩の方が好きなんだけど....」

音葉「...塩?」

早苗「そういうことじゃないわよねぇ...」

音葉「...?」

早苗「あんまり参考にならないかもしれないけど、P君は名前で呼んであげた方が喜ぶと思うわよ」

音葉「名前で...」

早苗「うん、大勢のアイドルたちをプロデュースして、みんなから四六時中プロデューサーとして見られてるから...」

早苗「音葉ちゃんから不意に名前で呼ばれるときっとあわてると思うわ」

音葉「それは...喜んでるのでしょうか?」

早苗「もちろん!機会があったらやってみるといいわ♪」

音葉「はい....ありがとうございます...」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 13:21:10.86 ID:Fr749V/i0

------


響子「プロデューサーさんはあっさりした味が好きです!」

音葉「あっさり...」

響子「私、よくプロデューサーさんに差し入れするんですけど...」

響子「栄養をいっぱい取ってほしいと思ってちょっと濃いめの味にしてたら...」

P『響子、作ってもらって図々しいんだけど、こんなにこってりしたものばっかり食べてたらその...胃が...』

響子「って言ってたので、それからちょっぴりあっさり系の味にしてるんです!」

音葉「私...料理とかは...あんまり...」

響子「手の込んだものじゃなくてもいいんです!たとえば...サンドイッチとか!」

音葉「サンドイッチ...」

響子「私が作り方をお教えします!プロデューサーさんの好きな食べ物とか!」

音葉「ありがとう響子さん...」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 14:34:49.86 ID:Fr749V/i0

------


美嘉「プロデューサーの好きな物?うーん、なんだろう...」

莉嘉「Pくんはね、のんびりするのが好きなんだよ☆」

音葉「のんびり...激しいのより落ち着いたものが好きということ...?」

莉嘉「この前ね、一緒にジェットコースター乗ったあとにグッタリしてたもん!」

美嘉「ああ、そういえばそうだったね」

莉嘉「そのあとに乗った観覧車はすごく楽しそうだったしね♪」

美嘉「だね★」

音葉「なるほど...ありがとう二人とも...」

莉嘉「おやすいゴヨーだよ!」

音葉「ところで...二人はいつジェットコースターに乗ったりしたのでしょう?」

莉嘉「うんとね、この前三人でデートした時に....モガッ!」

美嘉「アハハハ....なんでもない!なんでもないですから!」

音葉「?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 14:59:05.06 ID:Fr749V/i0

------


メアリー「ダーリンはキスが好きヨ!」

音葉「...キス?」

メアリー「そうヨ!いつもアタシのプロデュースをがんばってくれるからゴホービにキスをしてあげたノ!」

音葉「...どうでしたか?」

メアリー「すごく慌ててたワ!本当は口にしようと思ったんだけど、よけられちゃっタ!」

メアリー「それでね、『どうだっタ?嬉しい?』って聞いたら....」

P『嬉しいけど、いろいろとマズイ...』

メアリー「って言ってたノ!きっと照れ隠しネ!」

音葉「私にも...出来るでしょうか?」

メアリー「できるワ!好きな人を前にすると、気持ちが抑えきれなくなるものダカラ!」

音葉「気持ち....ですか...」

メアリー「ええ、そうヨ!」

音葉「わかりました...ありがとうございます...」

メアリー「でもあの後、サナエさんがスゴイ顔をしてたけど、なにがあったのカシラ?」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 15:42:58.04 ID:Fr749V/i0

------



クラリス「好み...かどうかはわかりませんが、私の歌は好きだとおっしゃっていただけました」

音葉「歌を...」

クラリス「そうです、『クラリスの歌は心が安らぐ』と...」

音葉「そうですか....」

クラリス「音葉さんは私などより素晴らしい歌を歌われますから、それを歌って差し上げたらいかがでしょう?」

音葉「...喜んでくれるでしょうか?」

クラリス「もちろんです、P様もきっとお喜びいただけると思いますわ」

音葉「クラリスさんにそう言っていただけて...嬉しいです...」

クラリス「上手くいくことをお祈りしてます♪」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 18:30:47.44 ID:znx2GPhO0

------


唯「Pちゃんはねぇ、抱きつくといいよ♪」

音葉「抱きつく...ですか...」

唯「そっ、ハグハグってね!Pちゃんはゆいが抱きつくとすーぐ真っ赤になるんだよ☆」

音葉「そうなんですか...」

唯「そのあと『こらー!』って怒るんだけどサ♪」

音葉「それは好みとは違うのでは...」

唯「そっかなぁ?でもなんだかんだで笑って許してくれるもん♪」

音葉「そういうものでしょうか...」

唯「意外とジュンジョーみたい、だから音葉さんの正直な気持ちを言うのもいいと思うな☆」

音葉「わかりました...難しいかもしれませんが、やってみます...」

唯「ガンバレー♪」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 19:30:35.77 ID:znx2GPhO0

音葉(あれから何人かにあの人のことを聞いてみたけど...)

音葉(みんなとても嬉しそうに話してくれた...)

音葉(顔には微笑みを浮かべて、そして口からは喜びの旋律を紡いで...)

音葉(どれも...みんなの大切な想い出...あの人との...)

音葉(私が...持っていないもの...)

音葉(私も...あんな顔が出来る...?)

音葉(わからない...こんなこと初めて...)


唯『音葉さんの正直な気持ちを言うのもいいと思うな☆』


音葉「そうね....」

音葉「私の...正直な気持ちか...」

音葉「私は....」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 19:35:04.94 ID:znx2GPhO0

------


音葉「...プロデューサーさん、ちょっといいでしょうか?」

P「んっ、どうした?」

音葉「私、今週末お休みをいただいているんですが...」

P「ああ、最近少し忙しかったからな、ゆっくりするといいさ」

音葉「その...プロデューサーさんはお仕事ですか?」

P「俺か?いや、俺も久しぶりの休みだよ」

音葉「だったら...その...」

音葉「私と...出かけませんか?」

P「音葉とか?」

音葉「ええ、もしも嫌なら...」

P「そうだな.....わかった、いいぞ!」

音葉「あ、ありがとうございます...」

P「どこか行きたいところでもあるのか?」

音葉「はい...ちょっと遠いんですけど好きな場所があって...私、お弁当作りますから...」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 20:06:29.15 ID:znx2GPhO0

------


P「へぇ、こんな所があったのか」

音葉「ここへは....時々来るの....」

P「周りは森、それに綺麗な小川....」

音葉「...素敵でしょう?」

P「ああ、たまにはいいかもしれないな、都会の喧騒を離れてって感じで...」

音葉「ここは...いろんな音で溢れている...」

P「そうか?静かな感じがするけど...」

音葉「耳を澄ませば聴こえる...川のせせらぎ...鳥たちの囁き...」

音葉「木々たちも風と共に歌っているよう...」

P「...なるほど、確かにな」

音葉「...そして今は...私とPさんだけ...」

P「んっ?」

音葉「...どうかしました?」

P「いや、いつもはプロデューサーって呼ぶからさ...」

音葉「...いや?」

P「いやじゃないよ、今日は二人だけだからな、音葉の好きなように呼んでくれ」

音葉「ええ...Pさん...」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 21:30:56.14 ID:znx2GPhO0

P「しかしここまで結構歩いたけど音葉は疲れないのか?」

音葉「最初は疲れたけど、今は平気...」

P「タフだなぁ...」

音葉「レッスンのおかげかしら...それにここに来るまでの間の森の音や光を浴びていたら、あっという間...」

P「すごいなぁ、俺は少し疲れたよ...」

音葉「ふふっ、じゃあお昼にしましょうか...」

P「おっ、音葉の手作りか」

音葉「口に合うかどうかわからないけど、まだ下手で...」

P「そんなことないさ、どれどれ...」

P「おおっ!旨そうなサンドイッチじゃないか!」

音葉「どうぞ、召し上がれ」

P「いただきます」パクッ

音葉「....どう?」

P「うん!美味しいぞ!」

音葉「ほ、本当に?」

P「ああ、なんていうか俺の好みにぴったりの味って感じだ!」

音葉「....よかった」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/28(土) 22:13:11.15 ID:znx2GPhO0

P「音葉は普段から料理するのか?」

音葉「あまりする方では...今日はPさんに食べてもらおうと思って....」

P「じゃあ音葉の作ったものを食べられる俺はすごくラッキーなんだな」

音葉「いえ、そんなことは...」

P「ラッキーだと思うぞ、こんなに美味しいものを食べさせてもらえるんだからな」

音葉「きっと響子さんに教えてもらったから...そう感じるのかも...」

P「響子に?」

音葉「ええ、響子さんがPさんの好きな味とか、好きな食べ物を教えてくれて....」

P「そうだったのか...」

音葉「それに...この森のおかげ....」

P「森が...か」

音葉「そう、大自然の中で木々や鳥、風や清流の音、たとえるならそう...大地のオーケストラ...」

音葉「それらを身体中で感じながら食べる事は、とても素敵な事...」

音葉「Pさんの身体が...それを感じ取った、だからとても美味しく感じるのだと思う...」

P「....ああ、すごく贅沢だな、この場所でこうして音葉のサンドイッチを食べられるのは...」

音葉「...たくさんあるから、もっとどうぞ」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 01:19:01.52 ID:RZV9T6TX0

P「ふぅ...ごちそうさま」

音葉「...お粗末さま」

P「ありがとな音葉、お腹いっぱいだ」

音葉「...喜んでくれて嬉しい...」

P「このあとはどうするんだ?また歩くのか?」

音葉「...いいえ、もう少しここでゆっくりしようかと...」

P「音葉がいいならいいけど、もっと行きたいところとかないのか?」

音葉「...今日はPさんとゆっくりするって決めてたから...」

P「俺とか?」

音葉「Pさんは...普段から私たちの為に頑張って働いてくれている...」

音葉「それはとてもうれしい事だけど...弦はかけたままでは傷んでしまうから...」

音葉「だからたまには...ゆっくりしてほしい...」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 01:36:07.11 ID:RZV9T6TX0

P「...じゃあ音葉の優しさに甘えるとするか」

音葉「ええ...なにも心配しないで...休んで...」

P「毎日パソコンとにらめっこしてるから、こういうのは久しぶりだ」

音葉「...Pさん」

P「んっ?」

音葉「...どうぞ」ポンポン...

P「...いいのか?」

音葉「...嫌じゃなければ」

P「いや、嫌とかとんでもないけどさ、お前こそ嫌じゃないのか?」

音葉「...全然」

P「そ、そうか....それでは失礼して...」


ポフッ


音葉「....どうでしょう?」

P「...うん、やわらかい...」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 01:50:33.07 ID:RZV9T6TX0

音葉「...気持ちいい?」

P「お、おお...」

音葉「...なんだかカチコチになってるような...」

P「き、気のせいだ!」

音葉「ひょっとして、私の膝枕ではゆっくりできないとか....」

P「そ、そんなことないぞ!断じてな!」

音葉「そう...」

P「もしかして、これ誰かから聞いたのか?」

音葉「...雫さんがPさんは膝枕が好きだ、と」

P「あいつ喋っちゃったのか...」

音葉(...なんだかゆっくりできていない?)


クラリス『音葉さんは素晴らしい歌を歌われますから、それを歌って差し上げたらいかがでしょう?』


音葉「....歌...」

P「音葉?」


♪~


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 02:12:28.11 ID:RZV9T6TX0

P(...綺麗な声だ)

P(...それになんだか引き込まれそうな感じ)

P(歌詞のないスキャットなのにすごく音葉の気持ちが伝わってくる...)

P(...とても心が安らぐ)

P(...なんだかこれを聞いてると...)

P(...とても...眠く...)


P「Zzz...」


音葉「....眠ってしまったのね」

音葉「私の歌声...私の気持ちは...」


音葉「...貴方の心の琴線に触れられたかしら?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 02:18:05.02 ID:RZV9T6TX0

P「Zzz...」

音葉「よく寝てる...」

音葉「カワイイ寝顔...」ナデナデ

音葉「ゆっくりできたみたい...」


メアリー『ダーリンはキスが好きヨ!』


音葉「....キス」

音葉(こんなに近く...しようと思えば....)

音葉「.....///」カアァァァァ

音葉「ダメ...ダメ...」フルフル...

音葉「今はこのままで...緩やかな旋律を奏でていたい....」

音葉「...でもちょっとだけなら...」ススッ

音葉「...やっぱりダメ...でも....」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 03:43:37.03 ID:RZV9T6TX0

------


P「んっ...」

P「あれ?寝てたのか...」

P「うぅーん....ここまでゆっくりしたのは久しぶりだなぁ...」

P「それより音葉はどこへ行ったんだ?」


♪~


P「音葉の声、水辺からだ...なんだろう....」


音葉「~~♪」


P「おおっいたいた、おーい音...」

音葉「っ!?」パシャッ

P「お、音葉!お前なんで服着てないんだ!?」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 11:50:13.03 ID:RZV9T6TX0

音葉「ゴメンなさい...清流に誘われるままに歌っていたらつい川の中に入ってしまって...」

P「だ、だからって!もし人に見られたら....」

音葉「ここは滅多に人が来ないので...だからつい...」

P「しかしだな....」

音葉「Pさんも一緒に入りませんか?冷たくて気持ちいいですから...」

P「バ、バカなこと言うな!」クルッ

音葉「あっ...」


唯『Pちゃんはねぇ、抱きつくといいよ♪』


音葉(でも...)


唯『音葉さんの正直な気持ちを言うのもいいと思うな☆』


音葉「.....」

P「お、俺向こうへ行ってるからな...満足したら声をかけて....」


ギュッ


P「お、音葉?」

音葉「....逃げないで...」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 12:56:31.52 ID:RZV9T6TX0

P(せ、背中に音葉の胸が...)

音葉「Pさん...一つだけ聞かせて...」

P「な、なんだ?」

音葉「今日、私と過ごして...嫌じゃなかった?」

P「...どうしたんだ?」

音葉「私が今日やったことは...全部事務所の人たちから教えてもらったことをそのままやっただけ...」

音葉「手料理を食べさせるのも、膝枕をしてあげるのも...みんな他の人が貴方にしてあげたこと...」

音葉「自分で考えてやったことは一つもないの....」

P「.....」

音葉「.....貴方はたとえるならそう...笛吹きのよう...」

音葉「とても魅力的な音色を奏でるから...みんながついて行ってしまう....」

音葉「....私もその一人...」

音葉「そしてとても優しいから...みんなあなたのことを好きになる...そして...一緒に音を紡ぎたいと考えるのね....」

P「音葉...」

音葉「Pさん...私はまだ事務所に来て日が浅い...ひょっとしたらまだ綺麗な和音にはなれていないのかもしれない...」

音葉「だけど.....心の音ははこう言ってるの...貴方と一つになりたい...貴方とともに音を聴いていたい、と...」

音葉「....好き...」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 13:13:14.61 ID:RZV9T6TX0

P「....音葉」

音葉「はい...」

P「正直に言うと、混乱してるよ....」

音葉「......」

P「お前は現役のアイドルだし素晴らしい素質を持ってる、これからもっと人気が出るはずだ」

P「それにひきかえ俺はただのプロデューサーだ...」

P「ひょっとしたら一時の気の迷いで俺なんかを好きになってるんじゃないのか、とも思う...」

P「だから....その...」

音葉「Pさんの鼓動の音....この位置からだとよく聴こえるの....」

音葉「...すごく高鳴っているわ...」

P「そうか...」

音葉「ねぇ...こっちを向いて...」

P「......」クルッ

音葉「私の胸も同じよ....ほら...」スッ...

P「ああ、本当だな....すごく早い...」


音葉「....」

P「.....」


音葉「キス...してもいい?」

P「ああ....」


チュッ


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 14:15:32.80 ID:RZV9T6TX0

音葉「んっ...」

P「....音葉?」

音葉「不思議ね....一度してしまうと...」

音葉「もっとしたくなってしまう....」

P「んんっ....音葉...」

音葉「Pさん...んちゅ...」

音葉「今は....森と光しか見ていないわ....」


ギュッ


音葉「だから...もっと貴方と一つになりたい....」

音葉「このまま....貴方とハーモニーを奏でたい...」



音葉「来て....」




--------

---


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 15:15:27.10 ID:RZV9T6TX0

------


P「音葉、大丈夫か?」

音葉「ええ...」

P「ゴメンな、その....優しくできなくて...」

音葉「いいの....やっと貴方の心の音が....声が聴けたから...」

音葉「それに...今はとても暖かくて...いい気持ち...」

P「そうか....」ナデナデ...

音葉「私....変じゃなかったでしょうか?」

P「い、いや!とんでもない!変どころか...その...」

音葉「?」

P「オ、オホン!音葉、その...この事は...」

音葉「ふふっ♪ええ...二人だけの秘め事...」

音葉「大丈夫...木々や鳥たちも口は堅いと思うから...」

P「そうだといいが...」

音葉「それに、あんな声を出してしまうなんて...恥ずかしくて他の人には...」

P「それとだな...」

音葉「どうかした?」

P「そろそろ服を着てくれないか...その格好は...目の毒だ...」

音葉「あっ...///」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 18:19:53.06 ID:RZV9T6TX0

------


音葉「今日は...本当にいい日...」

P「そ、そうか?」

音葉「貴方のことをもっと知る事ができたから...」

音葉「貴方の優しい声...優しい手つき....」

音葉「どれも貴方に出会う前までは知り得なかったこと....」

音葉「Pさんの音に包まれているだけで...夢見心地になってしまう...」

音葉「それはとても...幸せ....」

P「音葉...」

音葉「はい、着替え終わったわ...」

P「もういいか?」

音葉「どうぞ...」

P「....音葉、俺も嬉しいぞ」

音葉「...本当?」

P「音葉はミステリアスなイメージであまり表情を崩さないからな、正直どんな子なのかがわからなかったんだ」

P「だけど今ははっきりとわかる」


ギュッ


音葉「あっ....」

P「こんなにも表情豊かだってことをな、そしてそれを知っているのは俺だけだ」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 18:56:16.47 ID:RZV9T6TX0

音葉「...やっぱり貴方の声は...優しい声色...」

音葉「とても心に響く....」

P「音葉、もう少しここでゆっくりして行こう」

音葉「ええ...」

P「ひざを貸してくれないか?」

音葉「どうぞ...」スッ..




P「うん、すごく落ち着くな...」

音葉「よかった...」

P「...歌ってくれないか音葉、俺の為に...」

音葉「...喜んで」




音葉「♪~~」

P「....とても幸せだな...」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 19:19:39.73 ID:RZV9T6TX0

------



ちひろ「プロデューサーさん、音葉さんとのデートどうでした?」

P「なっ...誰から聞いたんですか?」

ちひろ「アイドルたちの間で噂になってますよ」

P「ど、どんな噂なんですか?」

ちひろ「音葉さんとプロデューサーさんが二人で森林浴に出かけたって...」

P「そ、それだけですか?」

ちひろ「それだけって....まさかなにかしたんですか?」

P「いやいや!全然!まったく!」

ちひろ「音葉さんあれから心なしか表情が豊かになりましたからね、よく笑うようになったというか....」

P「そうですね、最近ではグラビアの仕事も増えてきましたし...」

ちひろ「最初は難色を示してたのにプロデューサーさんが話をしたらOK出しましたもんね、どういう心境の変化でしょう?」

P「さ、さあ...とにかくこれで仕事の幅が広がりましたからいい傾向ですね!」

ちひろ「まっ、お世話になったお返しをしたいって言ってましたからそのせいもあるのかもしれません」

P「....そんなこと言ってたのか」

ちひろ「それで、デートはどうだったんですか?喜んでました?」

P「そうですね、喜んでましたよ.....何回も...」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 19:33:10.48 ID:RZV9T6TX0

唯「音葉さーん!」ダキッ

音葉「唯さん...」

唯「ゆいたちのアドバイス、効果テキメンでしょ☆」

音葉「ええ...ありがとう唯さん...」

唯「それで...どこまで行ったの?」

音葉「どこまで?」

唯「その....もしかしてチューとかしちゃった?」

音葉「そ、それは....」

唯「あー、赤くなった!ねえねえどうなの?教えてよー!」

P「こーら、なにやってるんだ唯」

唯「Pちゃん!音葉さんとチューしたの?」

P「チュー?」

唯「むぅぅ...Pちゃんとのチューだったらゆいもしたいー!」

P「バカなこと言ってないで、そろそろレッスン行って来い」

唯「ふーんだ!忘れないでね、戻ったらちゃんと聞くからねー!」バタン


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 19:48:00.55 ID:RZV9T6TX0

P「みんなに知られちゃったんだな...」

音葉「ええ、あまりにも熱心に聞いてくるからつい....」

P「もしかして森の中でのことも...」

音葉「そ、それは大丈夫!大丈夫だから....」

P「ほっ、よかった....」

音葉「私、あなたの隣にいてもいいのでしょうか....」

P「一般的にはあんまり歓迎されることではないな、いろんな意味で....」

音葉「......」シュン...

P「落ち込むな、あくまで一般的には、だ」

P「俺はお前に隣にいて、ずっと歌っていてほしい....」ギュッ

音葉「んっ...」

P「これじゃダメか?」

音葉「....いいえ、ダメじゃない...その言葉だけで...とても安心するわ...」

P「そりゃよかった...」

音葉「ねぇ...もう一度言って?」

P「....音葉、俺の隣でずっと歌っていてくれ」

音葉「はい...」

音葉「貴方も...私を離さないで...そして...」




音葉「貴方の音を...いつまでも一番近くで聴かせて.....」




おわり


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 19:51:19.46 ID:RZV9T6TX0

駄文失礼しました~
音葉さんは水着姿を一目見た時に心奪われました
前から書いてみたかったですけどこの人難しい....
自分の文才ではこれが精一杯でした
こんなの音葉さんじゃないとか言わないで....
今度は唯とかで甘々なのを書きたいです
ではまた~


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 19:57:10.56 ID:RZV9T6TX0

それとおとハニは関係無いのであしからず


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 20:01:23.98 ID:mJrRwxCX0

おとハニってなに?


59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/29(日) 21:02:25.97 ID:1B3CkbSx0

これじゃね

おとハニ



元スレ:ちひろ「プロデューサーさんの好み?」音葉「ええ...」

他サイト様の最新記事