1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:36:03.84 ID:SLOLcvir0

貴音「離婚、しましょうか」

響「は?」

貴音「お別れです、響」

響「……ちょっと待て、貴音」

響「それはできない」

貴音「何故です!」

響「んーとな、貴音」



響「離婚ってのは、結婚してないとできないんだぞ」

貴音「なんと」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:36:26.17 ID:SLOLcvir0

響「というか、どうしたんだ貴音!? 急に、お別れだなんて」

響「もしかして自分、貴音に何か悪いことしちゃったか……?」

貴音「いえ、そうではないのです」

貴音「ただ、男もすなる離婚といふものを、一度してみたかっただけで」

響「そ、そっか……離婚って、基本的に男女揃ってするものだけどな」

響「それにしても、離婚ねぇ……ドラマの役作りとか?」

貴音「ええ、そんなところです」

響「ふうん、貴音も大変なんだなあ」

響「というか、貴音は相変わらず変わってるな」

貴音「はて」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:36:57.35 ID:SLOLcvir0

響「いくら仕事のためとはいえ、進んで離婚をしようだなんて」

響「そもそも離婚なんてのは、しない方がいいものなんだぞ?」

貴音「しかし、私には他に手立てが……」

響「ま、そうだよなあ……」

響「実体験を聞いて回るにしても、離婚経験者なんてそうそういるもんじゃないし」

響「うちの事務所の女性陣に至っては、離婚どころか結婚すらしてな――

響「!?」ビクッ

貴音「響、どうしました?」

響「……いや、今しがた背後に殺気を感じたんだけど」チラッ

響「気のせいか……?」

貴音「?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:37:27.42 ID:SLOLcvir0

響「あー……こういう時は、律子に相談するのが一番なんだろうけど」

響「いないしな、今」

貴音「打つ手無し……ですか」

響「いや、心当たりならあるぞ」

貴音「なんと!」

響「この時間なら、まだ事務所にいるだろうし」

貴音「して、それは一体……!?」

響「蛇の道は蛇、だ」

響「演技のことは、演技のプロに聞けばいいんだよ」

貴音「!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:38:03.99 ID:SLOLcvir0

伊織「それで、私のところに来たってワケ?」

響「ああ、よろしく頼むぞ」

響「自分完璧だけど、演技のこととか正直よくわからないし」

伊織「随分と欠けた完璧だこと……それにしても」

伊織「あんたも馬鹿ね、役作りのために離婚だなんて聞いたこともないわよ」

貴音「真、その通りでございます……」

伊織「あんた、宇宙人の役にキャスティングされたら宇宙人になるの? 無理でしょう?」

貴音「返す言葉もありません……」

伊織「ちょっとはイメージしなさいよ、考えたらわかるでしょうが」

貴音「はい……」

響「おお、なんというセイロンティー」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:38:46.04 ID:SLOLcvir0

伊織「演技はね、イメージすることが大切なのよ、わかる?」

伊織「イメージして初めて、役作りってものができるの」

伊織「そのための材料として、何冊か本を貸してあげるから」

伊織「きちんと読み込んで、ちゃんとイメージするのよ」

伊織「いいわね?」

貴音「はい!」

響「伊織って、中学生なんだよな……?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:39:14.09 ID:SLOLcvir0

貴音「水瀬伊織、本日は真にありがとうございました」

伊織「どういたしまして」

貴音「この御恩は、いつか必ず」

伊織「Dar y recibir」

貴音「?」

伊織「困ったときはお互い様、よ」

伊織「そうだ、その辺に転がってる双子達のゲーム機」

伊織「あんたが、なおしといてあげて」

貴音「ふふ、かしこまりました」スタッ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:39:43.41 ID:SLOLcvir0

響「なあ」

伊織「ん、何よ」

響「貴音って、機械に詳しいのか?」

伊織「はあ、そんなわけないでしょ? あの娘、携帯ですら上手く扱えないのに」

響「だよな、そうだよな……?」

伊織「それより、響」

響「うん?」

伊織「あんたって、テレビ見る方?」

響「んー……いや、みんなが出てるのは見てるつもりだけど」

響「他はさっぱりだな」

伊織「そ、ならいいわ」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:40:11.86 ID:SLOLcvir0

伊織「じゃ、私はそろそろ仕事だから」

響「今からか? ああ、ラジオのゲストだっけ」

伊織「ええ、聞き逃すんじゃないわよ」

響「おう、気をつけるよ」

響「伊織も気をつけろよ、道が滑りやすくなってるから」

伊織「そうね、用心するわ」

伊織「いってきます」

響「いってらっしゃい、今日はありがとなー」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:40:42.01 ID:SLOLcvir0

貴音「響、お待たせしました」

響「お、早かったな」

貴音「? そうですか?」

響「それよりどうする?」

響「一旦、本置きに家に帰るか?」

貴音「ええ、そうしましょう」

響「ん、わかった。 持つよ、本」

貴音「ふふ、ありがとうございます」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:41:14.73 ID:SLOLcvir0

貴音「今日は、とても寒いですね」

響「そうだな、足元凍ってるから気をつけるんだぞ」

貴音「その心配はありませんよ、響」

響「? 何でだ?」

貴音「私は、少し浮いていますから」

響「浮いてるの!? 宙に!?」

貴音「いえ、存在が」

響「ああ、浮いてるってそういう……いやいや、それもどうなんだ!?」

貴音「足元どころか、空気をも凍らせてみせましょう」

響「最悪だー!!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:41:42.67 ID:SLOLcvir0

響「というか、貴音は別に浮いてないだろ」

貴音「そうでしょうか」

響「うん、むしろ浮いてるのは自分のほうさー」

響「この前のライブ、なぜか自分以外みんな中学生だったし」

響「ぼっちだとか、よく言われるしな」

貴音「いいえ、響は決して浮いてなどいませんよ」

貴音「私が保証します」

響「貴音……」

貴音「響には、浮いた話の一つもありませんもの」

響「やかましいよ!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:42:23.48 ID:SLOLcvir0

貴音「時に、少し寄りたい所があるのですが」

貴音「よろしいでしょうか」

響「うん? 別にいいけど、どこ行くんだ?」

貴音「それは、とっぷしぃくれっとでございます」

響「……シークレットもなにも、これから行くんだろ?」

貴音「ええ、着いてからのお楽しみということで」

響「お楽しみなら、いいんだけどな?」

貴音「不幸せはー歩いてこない、だーから歩いて行くんだねー」

響「不吉な歌を口ずさむな!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:43:03.58 ID:SLOLcvir0

貴音「さあ、到着しましたよ響!」

響「こ、ここは……!」











響「……区役所?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:43:37.52 ID:SLOLcvir0

貴音「さあさ、中に入りましょう」

響「ちょ、ちょっと待って」

響「何、なんで区役所?」

響「一体これのどこが楽しいんだ?」

貴音「はあ……みなまで言わないとわかりませんか、響は」

響「自分が悪いのか……?」

貴音「仕方がありませんね、みなまで言いましょう」

貴音「響」

貴音「私達は、今から――」





貴音「離婚します」

響「は?」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:44:13.86 ID:SLOLcvir0

貴音「離婚、しましょうか」

響「…………いやいやいや、それはおかしいって」

響「ドラマのことなら、伊織に解決してもらっただろ?」

貴音「あれは嘘です」

響「なっ!?」

貴音「ドラマに出演する予定は、今の所ありません」

貴音「私はただ、男もすなる離婚といふものをしてみたいだけなのです」

響「うぐっ……ま、まあそれはいい」

響「でもな貴音、さっきも言ったと思うが」

響「離婚ってのは、結婚してないとできないんだぞ?」

貴音「ええ、承知しております」

貴音「なので、響」

貴音「結婚しましょう」

響「!?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:44:47.61 ID:SLOLcvir0

響「……なあ貴音、ちょっとイメージしてみようか」

響「常識的に考えてさ、無理だろ?」

貴音「ふふ、心配はご無用ですよ」

貴音「この度18になった私が、夫を務めますので」

響「そういう問題では無く!」

響「あー、それにな。 結婚するにも、色々と必要なものが――

貴音「響の分も含めて、全て用意してあります」

響「」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:45:27.63 ID:SLOLcvir0

貴音「響の印鑑と、それから……」ゴソゴソ

響「そ、それ! 自分の戸籍謄本じゃないか!?」

貴音「ええ、必要とのことでしたので」

貴音「わざわざ沖縄から郵送してもらいました」

響「そんな、簡単に取れるもんじゃ……」

響「!」

響(ちょっと待てよ)

響(戸籍って確か、生まれた場所とかも書いてあるんだよな……)

響(貴音の、いわゆる『トップシークレット』の部分)

響(気になる)

響「なあ、貴音」

響「そっちの書類も、見せてくれよ」

貴音「!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:45:59.60 ID:SLOLcvir0

貴音「そ、それは……とっぷしぃくれっとです故に、お見せできません」

響「なんだよ、婚約者にも見せられないってのか?」

貴音「…………どうぞ」

響「ん、ありがと」

響「えーっと……」

響「!」

響「貴音、お前――

貴音「響」

貴音「それ以上は、いけません」

響「あ、ああ……」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:46:28.52 ID:SLOLcvir0

貴音「さて、秘密を知ったからには」

貴音「私と、結婚してもらいますよ」

響「お、おう」

響(ま、どうせ通らないだろうしな)

響(だって自分たち、女同士だし)

響(……………………)

貴音「どうしました、浮かない顔をして」

響「いや、別に……貴音は、浮かれてるな」

貴音「ええ、もちろん」

貴音「だって、夢が叶うわけですから」

響「……そっか」

貴音「さあ、行きましょうか」

――――
――


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:47:08.83 ID:SLOLcvir0

P「二人とも、結婚おめでとう!」

 「「「「おめでとー!!」」」」

貴音「ありがとうございます!」

響「な」

伊織「それにしても、急な話よねえ」

律子「まったく、結婚するなら相談してくれれば……」

小鳥「まあまあ、いいじゃないですか」

響「なな」

春香「いやー、先越されちゃいましたね~あずささん!」

あずさ「春香ちゃ~ん、ちょっとこっちに来てくれるかしら~?」

春香「嫌ですー」

響「ななな」

雪歩「ふふ、響ちゃんと四条さんってお似合いだよね」

千早「ええ、本当にいいカップルだと思うわ、掛け値なしに」

美希「なの!」

響「なななな……」

響「なんでやねん!!!」

 「!?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:47:40.95 ID:SLOLcvir0

真「ど、どうしたの響!? 突然、関西弁になって……」

真美「あいでんててー崩壊の危機だよ、ひびきん!」

響「な、なんでこんなに、すんなり結婚できたんだ!?」

亜美「と言いますと?」

響「だって自分たち、女同士なのに――!

P「なんだ、そんなことか」

響「そんなことって!」

P「おいおい、これでも俺はプロデューサーだぞ?」

P「法一つ変えられないで、お前達のプロデュースができるかよ」

響「」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:48:33.97 ID:SLOLcvir0

貴音「響」

響「た、貴音」

貴音「そう深く考えることはありません」

貴音「私と響は結婚することが出来た、それでいいではありませんか」

響「そうは言ってもな……どうせ、この後すぐに離婚するんだろ?」

貴音「いいえ、そんなことはしません」

響「!?」

貴音「だって、離婚というものは――」

貴音「しない方がいいもの、なのでしょう?」

響「……はは、貴音には敵わないな」

貴音「おや、今度は浮ついたような顔をしていますね」

響「そうか? まあ、そりゃそうだろうな」

響「だって――夢が叶ったんだから」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 05:49:24.60 ID:SLOLcvir0

――――
――

小鳥「という話を、考えてみたんだけど」

小鳥「どうかしら?」

伊織「あんた、真面目に仕事しなさいよ……」


春香「千早ちゃん、離婚しよう!」

千早「は?」

-fin-


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/23(水) 08:49:23.15 ID:sAviPqPPo

乙 ひびたかはいいものだ



元スレ:貴音「離婚します」

他サイト様の最新記事