1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 01:20:34.96 ID:roRdcd1m0

清姫「」

ぐだお「やっぱり、清姫の前では正直に言っておかなくちゃだめだなと思って。隠そうとも思ったけど、それじゃあ嘘と変わらないし」

清姫「な、なぜ!?よりにもよって何故エリザベートなのです!?理由を正直に仰って下さい!他の女性に現を抜かすならまだしも、よりによってあんな品のない未通女に……!」

エリザベート「こらぁああああああ!誰が未通女よ誰が!大体この歳で開通してる方が色々と犯罪チックだって分からない!?」

清姫「マスター。こんな餓鬼にも劣る女で本当に良いのですか?この清姫をお嫁に貰って頂ければ美味な食事は勿論の事、お風呂もベッドの上もお手の物ですのよ?」

エリザベート「ふんっ、そりゃあ開通もするわよね。そうやって男が相手なら誰にだって簡単に脚開いちゃうんでしょ?子ブタにしてメスブタ。あんたにぴったりの俗称ね」

清姫「……口を慎んでいただけます?このゲームバサカゲーですから、ランサー如きの貴方なんて瞬時にこんがり焼き上げて差し上げますわよ?」

エリザベート「何よR。SRの私に歯向かう気?」

清姫「ぐぬぬ・・・」

エリザベート「ぐぬぬ・・・」

ぐだお「やめるんだ二人とも。僕の為に喧嘩なんてやめてくれ」

清姫「そうです。わたくし、マスターの為に……」

エリザベート「バ、バッカじゃないの!?あんたの為に争ってなんかないし、そ、そう!これは仕方なく、言い寄ってきたあんたに寛大に接してあげてるだけなんだから!」

ぐだお「はっはっは。エリザベートはツンデレだなぁ。ま、そういう所が良いんだけど」

エリザベート「聞いた?今はツンデレがホットらしいわよ。ヤンデレなんて時代遅れってことね」

清姫「……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 11:45:27.02 ID:roRdcd1m0

清姫「しゃあああああああ!」

エリザ「あら?そうやって言いなりにならなかったら何でも力で捩じ伏せようとするのね。やっぱりあんたは人間じゃないわ。蛇だし、竜だし、ただの獣よ」

清姫「……!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

黒清姫「貴方の愛は重すぎる」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



清姫「……」

エリザ「ほーら、正論言われて黙っちゃった。力押しなら相手になるわよ。あんたみたいな野蛮なメスブタ、この場でブラッドバスの入浴剤にしてあげるわ」

清姫「……しばらくお暇を頂きます。マスター」ダッ

ぐだお「あ、ちょ!ちょっと!」

エリザ「ほっときなさいよあんなの。人の事は言えないけどとびきりキケンなやつなんだから。あいつ、遅かれ早かれ、付き合い続けたらいつか殺されるのは貴方よ、仔ブタ」

ぐだお「……」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 12:01:22.92 ID:roRdcd1m0

醜い執着心と、嘘を嫌う女心だけで人間を辞めてしまったわたくし。

竜と化したその逸話のみが肥大され、失礼な事に、気付けば英霊の域にまで昇華していたみたいです。

けれど、主となった少年はいつか見たあの人の様に優しくて――正直者でした。

もし彼が安珍様の生まれ変わりならば。――いえ、例えそうでなかったとしても。

この清姫の心を奪ってしまったあの方に、全てを捧げて尽くすと誓ったのに。



わたくしが最も嫌う女に、あの人の心は盗まれていました。



やはりこれは罰なのでしょうか?

戦う力など一切持たぬわたくしが、それでも戦う者としてあの方に召喚された時、確かに神の奇跡を信じたのに……。

獣に過ぎないわたくしが。生前にあれ程の醜態を晒したわたくしが。

今更やり直しを願うなど、不届きな事なのでしょうね。



清姫「はぁ……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 13:25:55.62 ID:roRdcd1m0

ハサン「見つけましたぞ」

清姫「!?……曲者ですか!?」

ハサン「落ち着きなさいバーサーカー。この身はアサシン。貴方と同じ主に仕える仲間です」

清姫「ぐだお様の……?貴方の様なサーヴァントに見覚えはありませんが」

ハサン「敵を欺くにはまず味方からと言いましてな。我らが主は三つの手綱しか所有していないにも拘らず、飼いならす猟犬は数十に渡る。サーヴァントの謀反に備えるべく、マスターにのみ認知を許された懐の短剣の様なサーヴァントも必要という事ですよ」

清姫「そう……ですか。ならば最も裏切る確率の高い私の前に姿を現しても良いのですか?」

ハサン「そう持ちかけたのですがな。貴方を連れ戻すには私ほどの気配遮断スキルがなければ不可能だと仰る。そこまで執着する程度には、貴方がマスターから受けている寵愛は大きいという事です」

清姫「……いいえ。マスターにはもう相応しい女性がいます。私では戦闘面においては宝具以外役に立ちません。このまま捨て置いてください」

ハサン「困りましたなぁ。このハサン、我欲に走る卑しさこそ在れど、主に対する忠義だけは絶対です。なのに貴方は主を拒むと仰る」

清姫「老翁にわたくしの気持ちは分からないでしょうね」

ハサン「恋の悩みですか?」

清姫「女心はそう単純ではありませんよ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 13:38:23.35 ID:roRdcd1m0

ハサン「フフ。山の老翁もこうなっては形無しですな。うら若き乙女の心理すら察せぬとは」

清姫「どうして、男とは恋に関して不器用なのでしょうね」

ハサン「男女共に得手不得手があるのですよ。女心という言葉と共に、男心という言葉もまた」

清姫「知った風な口を利きますわね」

ハサン「英霊と言えど、これに関しては何も分かりませんとも。我々祀られる側の者共などこの程度。万民を理解するは愚か、人の気持ちが分からない者の方が多い」

清姫「それは……何故?」

ハサン「ただの人間が、英雄になれますかな?いわゆる"普通"と呼ばれるものと何か違えたものが我々なのです。人間は理解出来ない者を架空に夢想し、架空は決して人の手に余る領域を外れる事はない。それが事実であろうと、英雄などと呼ばれるほどに人間離れした連中は架空とそう変わりますまい」

清姫「……」

ハサン「我々は英雄である限り、決して常人の手に届く事はないでしょう。相容れぬからこそ希少さに価値を見出された我々が。普通の人間と肩を並べるなど――」

清姫「不可能?」

ハサン「ではありません」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 13:57:08.42 ID:roRdcd1m0

清姫「???」

ハサン「そう難しい事ではありますまい。英霊として、サーヴァントとして主に接するからこそ主従関係の域を出ない」

清姫「む」

ハサン「"伝説の清姫"ではなく、"齢十三のただの少女"としてぐだお殿に近付いてみるのはどうか」

清姫「耳にゴミでも入ってます?マスターには既に女性が――」

エミヤ「何を手間取っているアサシン。相手は少女一人だぞ。早急に連れ戻さねばマスターの士気に関わる」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 18:39:45.91 ID:roRdcd1m0

ハサン「む、お迎えが来た様ですな」

清姫「わたくし、行くとは一言も言っていませんけど」

ハサン「……あまり長話も難でしょう。なので最後に一つだけ」

清姫「?」

ハサン「最近の男児はとかく弱い。例え既に伴侶が在ろうとも、貴方の責め具合では陥落の可能性もある。……寝取り、でしたかな。流行らしいですぞ」

清姫「……寝取り?」

エミヤ「アサシン」

ハサン「やれやれ、少しの会話も許されませんか」

エミヤ「そうではない。貴様、何かロクでもない事を吹き込んでいないか?」

ハサン「女難に悩まされているのでしたか。その幸運値の低さと悪運の良さは最早保有スキルの域ですな」

エミヤ「斬って捨てられたくなければ退け。過去を引き摺る気もないが、貴様の役目はマスターの護衛だろう」

ハサン「……おや?何故それを?」

エミヤ「千里眼、と言ってな。この目利きでお前がサーヴァントとして召喚された事には気付いていた。……なに、此度に謀反の意は無いから安心しろ」

ハサン「ふむ……一人とはいえ、勘付かれるとはまだまだ未熟。精進せねば」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 18:56:22.33 ID:roRdcd1m0

ハサン「どうやらバーサーカーの捜索にかなり大勢を使役している様ですな。では、後は貴方方に任せましょう。御免」シュバッ

清姫「寝取り……」

エミヤ(不穏な言葉が聞こえたが気のせいか?)

ジャンヌ「エミヤさん、清姫さんは見つかりましたか?」

エミヤ「遅いぞセイバー。何をやっていた」

ジャンヌ「え」

エミヤ「すまない、間違えた。……全く、今回は同じ貌のサーヴァントが多くて混乱するな」

ジャンヌ「遅れた事に関しては謝罪します。ルーラークラスとしての性質上、私情よりも裁定を重視しなければならないので……」

エミヤ「また世界の崩壊でも願う馬鹿に足止めされたのか。そのクラスも不憫なものだな」

ジャンヌ「知覚能力は重宝してますけどね。お陰で予想より早く清姫さんに会えました」

エミヤ「結局ここまで辿り着いたのは、千里眼持ちのオレとルーラー、アサシンだけか」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 19:44:22.00 ID:roRdcd1m0

ジャンヌ「さぁ、帰りましょう清姫さん。悩みがあるのなら相談に乗りますし、何より貴方は私達にとって掛け替えのない仲間です」

清姫「ふん、私達英霊は本体の影に過ぎませんわ。言わばこの身そのものが贋作だというのに、"掛け替えがない"なんてどの口が仰るのやら」

ジャンヌ「っ……それは、その――」

清姫「貴方が嘘を吐いているとは思いません。でも嫌いです。綺麗事ばかり言う聖人に私の気持ちなんて分かりませんわ」

ジャンヌ「……すみ、ません」

エミヤ「バーサーカー」

清姫「何ですか?お得意のオカンスキルで説教でも?」

エミヤ「違う。だが……」

ジャンヌ「……」

エミヤ「彼女に対する発言だけは撤回しろ。君が心に深い傷を負っている事は私も知る所だ。だから――そんな言葉が出る事も人間なら仕方ない」

清姫「あ……」

エミヤ「だが彼女が綺麗事だけの聖人でないことは君にも分かるだろう?これ以上、傷付く者を増やすのは建設的じゃない」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 19:51:25.65 ID:roRdcd1m0

ジャンヌ「……」

清姫「謝りませんわよ、わたくし」

エミヤ「何だと?」

清姫「蝶よ華よと愛でられてきた者がわたくしです。聖女と言えど、生臭い田舎娘ごときが偉そうに説教などと反吐が出ますわ」

エミヤ「貴様……いい加減に……」

ジャンヌ「やめてください!」

清姫&エミヤ「!?」

ジャンヌ「エミヤさんも、清姫さんも、争いはやめてください……。綺麗事でもなんでもなく、私はただ――」

清姫「……」

ジャンヌ「哀しそうな清姫さんを見ているのが辛かったから、少しでも力になりたくて……」

清姫「……見損なったでしょう」

ジャンヌ「……?」

清姫「わたくしは大切な仲間にこんな醜い言葉を投げかける程に穢れているのです。見損なったでしょう?……だから、だから……!」

ジャンヌ「清姫さん……」

清姫「もうわたくしになんて関わらないで下さい……!」ポロポロ

エミヤ「……バーサーカー」

清姫「?」

エミヤ「君は何故、マスターの召喚に応じたんだ?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 20:05:57.36 ID:roRdcd1m0

清姫「それは……っ、あの方がきっと安珍様の生まれ変わりだと思ったから……ぐすっ」

エミヤ「なんだ、じゃあ君の願いは召喚された時点で叶っているじゃないか」

清姫「……!?」

エミヤ「マスターは、お前の事を嫌っていると思うか?」

清姫「……いえ、もしそうなら直接仰るはずですし」

エミヤ「そうだ。君の懸念等全て杞憂だ。曲がりなりにも英雄ならば、欲しい男の一人容易く奪ってみせろ」

ジャンヌ「私はどちらか一人の味方……になる事は出来ませんけど、概ねエミヤさんと同じ意見です。ここで諦めてしまったら、きっと貴方は後悔してしまう」

清姫「……どうして私一人にそこまで。私がいなくたって、戦力的にも何の問題もない筈なのに」

エミヤ「先程アサシンも言っていたな。我々英霊は、英雄であるが故に常軌を逸し、常人に理解される事はないと」

清姫「聞いていたのですか?」

エミヤ「アーチャークラスだからな。スキルとして具現するほどではないが、基本的に遠距離の探知には長けているよ。……で、話を戻すが――」

ジャンヌ「誰かに見上げられ、或いは見下げられる事はあっても、肩を並べられる相手はそう多くありません。だからこそ、英霊として同じ域に達した私達はみんな大切な仲間なんです。勿論、清姫さんもそうですし、その姿が影でもこの場限りの尊さはきっと本体にも引き継がれる」

エミヤ「良い所を持っていかれたが、そういう事だ。我々も八百長にまでは徹せられないが、出来る限りの協力はしよう」

清姫「……本当に、お人よし、ですわね」ポロポロ

エミヤ「今日の君は泣いてばかりだな」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 20:09:22.81 ID:roRdcd1m0

<カルデア>

清姫「決めました」スゥウウウウウ

アマデウス「うわっ!なんだなんだ!?今夜中の三時だぞ!こんな時間に実体化だなんて敵襲かい?」

清姫「いえ、ジャンヌさん達に連れ戻されてから、今までずっと考え込んでいました」

マリー「あら、恋バナかしら?」

アマデウス「マリー、乗るな。触らぬ竜に祟りなしと言うだろう」

ジークフリート「竜……?」

アマデウス「君はお呼びじゃないから霊体化してくれるか。これ以上、いたずらにマスターの魔翌力を減らす訳にはいかないだろう」

ジークフリート「すまない」スゥウウウウウウウウウ


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 20:15:21.43 ID:roRdcd1m0

清姫「わたくし、ハサンさんとエミヤさんに勧められた"寝取り"というものを実行しようと思うのです」

マリー「まぁ!NTRね!今の時代で大流行と聞いてるわ」

アマデウス「寝取りが大流行だなんてやめてくれ。世のカップルに氷河期が訪れるよ」

マリー「もう!アマデウスったら、女の子同士のラブトークに口を挟まないでくれるかしら」

アマデウス「僕の耳を知ってるだろう。不快な音のせいで寝るに寝れないんだ」

清姫「はっ!」ボォオオオオ

アマデウス「うわぁっ!あちっ!あちゃちゃちゃちゃ!」

清姫「部屋を変えましょう」

マリー「そうね、誰にもバレない様にこっそりと作戦会議が必要だわ」





ハサン「……楽しそうで何よりですな」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 20:31:07.08 ID:roRdcd1m0

清姫(二人だけの会議と言いながら、結局タマモさんも交えてのどんちゃん騒ぎに)

マリー「えっと、以前マスターは、"つんでれ"っていうのが好きだと言ってたのよね?」

清姫「はい、"つんでれ"です。私の記憶が正しければ、本当はデレデレなのにつんつんと棘を示す態度のことだとか」

タマモ「嘘をつけないと話にならないのだな。ワン!」

清姫「わたくし……嘘は」

マリー「逃げる為のものだけが嘘じゃないわ」

清姫「そうでしょうか」

マリー「ええ、愛する男の子の為に恋する女の子が一生懸命に恥ずかしさを偽ってぶつかっていく……。素晴らしいロマンだと思うわ。決して恥じる事のない美しい嘘だもの」

清姫「……」

マリー「まぁ、貴方にトラウマがあるなら無理にやる事も――」

清姫「やります」

タマモ「お?」

清姫「この清姫、見事にっくきエリザベートからマスターを取り返してみせますわ」

タマモ「フラグなのだな、ワン!」

清姫「転身火小三昧!」ボォオオオオオオオオオオ

タマモ「あはははは~!補足すると君の制服は裸エプロンだ!ニャア!」

清姫「ブレブレですわよ!」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 20:41:37.03 ID:roRdcd1m0

<翌日>

清姫(何故か裸エプロンでつんでれっぽく夜這いするという作戦に落ち着きましたが……これは///)

清姫「……」キョロキョロ

清姫(誰も見ていなくても周囲を確認してしまうぐらい恥ずかしいですね)

ぐだお「ぐがー。くかー」

ハサン「む、マスターの部屋に用か。何奴」

清姫「私で……!?すっ!?」

ハサン「――」

清姫「……」

ハサン「失敬。どうやら見てはならぬものを見てしまったようだな」

清姫「転身火生三昧!」ボォオオオオオオ

ハサン(マスター、どうかご無事で)


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 20:46:01.22 ID:roRdcd1m0

清姫(この姿はマスター以外の誰にも見せないつもりだったのに……)ムカムカ

ぐだお「ぐがー。くかー」

清姫「けどまぁ、これで邪魔者はいなくなりました。後は二人きりでじっくりと……ふふふふふ」

ぐだお「ん?」

清姫「ま・す・た・ぁ」

ぐだお「」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 20:52:49.20 ID:roRdcd1m0

ぐだお「清姫……」

清姫「マスター、ふふふ。私の魅力に声も出ませんか?」

ぐだお「かわいい」

清姫「」

ぐだお「めちゃくちゃかわいい。その格好ムラムラする。直球に言うとヤりたい」

清姫「な///な///」

ぐだお「恥ずかしがってる?」

清姫「そ、そんなことないですっ!」プイッ

ぐだお「はは、それがツンデレっていうものだよ。それに――清姫、今初めて嘘を吐いたよね」

清姫「あ……」

ぐだお「負い目に思うこともないよ。だって、僕も嘘を吐いていたんだから」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 21:02:04.17 ID:roRdcd1m0

清姫「どうして」

ぐだお「……」

清姫「どうして、私が嫌う嘘を。マスターなら絶対に嘘なんて」

ぐだお「嘘なんだ、エリザと付き合ってたのは演技」

清姫「……」

ぐだお「ごめんなさい」

清姫「そんなに」

ぐだお「?」

清姫「そんなに私に好かれるのが嫌なのですか?」

ぐだお「違うよ」

清姫「私が目障りだったから、もう近寄れない様にあんな演技を?今になって身体目当てで心変わりしたのですか?」

ぐだお「違う」

清姫「ひどい……」

ぐだお「……」

清姫「あまりにも酷過ぎます……安珍様……」ポロポロ

ぐだお「違うよ、僕はただ」

清姫「良くも悪くも、やはり貴方は安珍様だったのですね……」

ぐだお「清姫……!」

清姫「もう誰も好きになったりしません……いつだって裏切られてばかりのわたくしなんて……わたくしなんて……」ボォオオオオ


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 21:12:08.36 ID:roRdcd1m0

ぐだお「ごめん」ギュッ

清姫「ます……たぁ?」

ぐだお「ごめん、本当にごめん」

清姫「離れてください。焼け死にたいのですか?」

ぐだお「僕が悪いんだから、その結果死ぬなら仕方ないよ」

清姫「……」

ぐだお「僕は清姫の事嫌いじゃないし、寧ろ好きだよ。清姫が誠実で一途な女の子だってことも分かってる。だから、だからこそ――」

清姫「マスター……」

ぐだお「嘘を吐いてほしかった」

清姫「!」

ぐだお「何もかも赤裸々に晒して、お互いに包み隠さずに見せ合って。でもそれじゃあ、清姫自身の自由意思だってないようなものだ。清姫はどんな嫌な事だって正直に話すんでしょう?辛い過去の事も、あの時対峙した自分自身との事も」

清姫「だって……そうしなければ傷付くから。傷付くのは哀しい事ですから」

ぐだお「大丈夫だから」

清姫「……」

ぐだお「傷付けたくないから、好きだからこそ吐きたくない嘘もある。僕は自分の口から清姫が傷付くことを正直に言うなんて嫌だ」

清姫「……マスター」

ぐだお「嘘を吐いてごめんなさい、清姫。でも、僕はこんなにもとんでもない大嘘を吐いたんだ。だから清姫だって、言いたくない事を誤魔化したっていいんだよ」

清姫「……」

ぐだお「これだけは本当だから。僕は清姫の事好きだよ」

清姫「///」

ぐだお「恥ずかしい?」

清姫「うぅ……卑怯ですよマスター」

ぐだお「嘘を吐いてもいいんだよ」

清姫「ぜ、全然恥ずかしくなんてありません」

ぐだお「うそつき」

清姫「もう!」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 21:24:44.53 ID:roRdcd1m0

<翌日>

清姫「転身火生三昧!」

ギルガメッシュ「おのれおのれおのれおのれおのれ!此度は退いてやる!」ダッ

エミヤ「慢心していたとはいえ、最強のサーヴァントを下すとはな。いつになく本調子じゃないか」

清姫「ええ。昨夜はマスターの健康たっぷり特濃ミルクをいただきましたから。ちょっとお腹いっぱいで動きづらいことを除けば何の問題もありません」

エミヤ「魔力供給したと率直に言ってくれ。その言い回しは男を惑わせるぞ」

マリー「成功して良かったわね清姫ちゃん!」

清姫「これもマリーさんとタマモさんの協力のお陰ですわ」ニコッ

タマモ「やはり裸エプロンに萌えない男はいないのだな。こんこん」

エリザ「ふん、随分ちょーしに乗っちゃって。私の女優並の演技に騙されてわんわん泣いてたメス豚のクセに」

清姫「あらエリザベート。まだ未通なの?悪いわね、私は一足お先に安珍様の寵愛に預かるとしますわ。おほほほほ」

エリザ「ほんっとムカつくわね。そのボテ腹から精子抉り出すわよ!」

清姫「やってみなさい。今の私の魔力は絶大。誰が相手でも負ける気がしませんわ」

ジークフリート「やめろ。喧嘩は良くない」

エリザ&清姫「引っ込んでろ!」

ジークフリート「すまない」いそいそ

アマデウス「全く、今回の戦いは僕にとって苦痛の音色に溢れてそうだな」







ぐだお「ふぅ……」テカテカ

ハサン「清姫殿の調子が戻られて何よりで御座います」

ぐだお「ありがとうハサン。これで少しは清姫もトラウマを拭えたんじゃないかな」

ハサン「清姫殿とはこれからも共に行動を共にするつもりですかな?」

ぐだお「……未熟な僕でも、一人のサーヴァントぐらいは従えられるだろう。というかしてみせる。今はカルデアの召喚サークルとイレギュラーに助けられてるけど、全ての定礎が復元された後だって彼女とは行動を共にするよ」

ハサン「いやはや。幸先が良いですな。願わくば、貴殿の生涯に追い風の加護がある様、祈りましょう」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 21:31:30.84 ID:roRdcd1m0

ジャンヌ「あ」

清姫「あ」

ジャンヌ「……」

清姫「その、以前はすみません。これでもわたくし、少しは反省しているんですのよ?」

ジャンヌ「分かっています。今はただ、貴方が幸せそうな顔をしているのが堪らなく嬉しい」

清姫「ありがとう。他人の幸せが糧になるだなんて良い性格をしてますわね」

ジャンヌ「こちらこそありがとう。そうやって褒められるのは私も嬉しいです」

清姫「貴方も、彼氏の一人ぐらい作らないのですか?」

ジャンヌ「さて……///今は戦いで、それどころではありませんから」

清姫「ふふ、祈っていますわ。貴方に、神の加護がある事を」

ジャンヌ「私もです。清姫さん……幸せになってくださいね」

清姫「はいっ」ニコッ




FIN


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 21:32:25.54 ID:roRdcd1m0

これにて完結です。最後まで見てくれた方、ありがとうございましたm(_ _)m


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/17(土) 21:40:24.20 ID:MwyxK6bmo

乙しか能の無い読者ですまない



元スレ:ぐだお「エリザと付き合う事にしたんだ」清姫「」

他サイト様の最新記事