1: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/25(日) 20:04:46.33 ID:S0GhkAjWO

陽乃「そうなのよ~。なんか面白そうじゃない?」

結衣「確かに、ちょっと気になるかも!」

八幡「いや、こんなもん怪し過ぎだろ」

陽乃「えぇ、そんなこと無いよ~。ちゃんとドラッグストアに売ってたんだよ?」

八幡「何故か一つだけ、でしたっけ?」

陽乃「細かいことは気にしないの」

雪乃「ところで、姉さんはなぜ部室にいるのかしら?」

陽乃「も~、さっき言ったじゃない。面白いもの見つけたから来ちゃった、って」

雪乃「だから、面白いものを見つけたからといって、奉仕部に来るのはなぜ、という意味の質問なのだけれど...」

コンコン

雪乃「誰かしら...。どうぞ」

いろは「失礼しま~す!」ガララ

小町「しま~す!」

結衣「いろはちゃん、小町ちゃん。やっはろ~」

い・小「「やっはろ~です~」」

雪乃「一色さんはともかく、なぜ小町さんがいらっしゃるのかしら?」

小町「今日、新入生対象の説明会があって、総武高に来てたんですよ。で、お兄ちゃんは春休みなのに部活行ってること思い出したんで、来ちゃいました!」

結衣「そうだ、小町ちゃん、合格おめでとう!」

小町「はい、ありがとうございます!」


2: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/25(日) 20:05:47.35 ID:S0GhkAjWO

陽乃「ねえねえお二人さん、『ケモミミの薬』って興味ない?」

いろは「なんですかそれ?」

小町「もしかして、動物さんの耳が生えてくるとか!?」

陽乃「そうなの。どうかしら?」

いろは「へ~、面白そうですね~!どんな耳が生えてくるんですかね?」

陽乃「うんうん。じゃあ生徒会長のお許しも得たことで...えい!」

雪乃「ちょ、姉さ...むぐむぐ...」ゴクン

結衣「ゆきのん、大丈夫!?」

八幡「乱暴だな...」

陽乃「雪乃ちゃん、なにか変化ある?」

雪乃「私が聞きたいくらいなのだけれど...。それに、そんなにすぐに変化が現れるわけが---」ピョコン

一同「!」

結衣「ね...ネコミミだ!」

小町「キャー! きゃ、きゃわわわわ可愛いです!」

雪乃「う、嘘...こんなことって...」

八幡「本当に生えるのか...」

陽乃「えっと~、説明書によると、その人の性格に最も似ている動物の耳が生えるそうよ。そして、その動物の気質が強調される、と...」

結衣「そう言われれば確かに、ゆきのんって猫っぽいかも」

小町「猫好きですしね~。ウチに来たら、かーくんのこと撫で回してますし」

いろは「猫に似るってことは...こういうのどうですか!?」

八幡「おま、なんで猫じゃらしなんか持ってんだよ」

いろは「偶然ですよ。さあほら、雪ノ下先輩」ユラユラ

雪乃「まったく、そんなものに惑わさる訳、無い...じゃな...い...」ヒョイヒョイ

一同「...」キュン

八幡「...はっ! お、お前なあ、手を伸ばしながら言っても説得力無いぞ」

いろは「そ、そうですよ! 可愛過ぎです」

結衣「ヒッキーの顔、ニヤケててキモイ...。でもゆきのん可愛い~」

陽乃「私もした~い! いろはちゃん代わって~」

小町「小町も! 小町もやりたいです!」

いろは「ま、待ってください! もうちょっとだけ...」ユラユラ

雪乃「あ、あんまり遊ばないで...」ヒョイヒョイ

結衣「とか言いつつ、猫じゃらしに夢中なゆきのん可愛い~!」ナデナデ

雪乃「ゆ、由比ヶ浜さん、頭を撫でるのは...」ヒョイヒョイ

八幡「...ガチゆり最高」


3: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/25(日) 20:06:26.14 ID:S0GhkAjWO

雪乃「はぁ、はぁ...疲れたわ」

小町「ふぅ~、満足です」

陽乃「雪乃ちゃん、ホンット可愛いよね~」

いろは「猫ちゃん飼いたくなってきました...」

八幡「俺もじゃらしてしまった...」

雪乃「まったく...で、この薬の効果はいつ切れるのかしら?」

陽乃「えっとね...一晩寝たら戻るらしいよ」

雪乃「つまり、今日はずっとこのまま、と...」

小町「いいじゃないですか! 猫乃さん可愛いです!」

雪乃「ナチュラルに混ぜるのは辞めなさい。それに、それなら小町さんも飲んでみてはどう?」

八幡「そうだ、小町も飲んだ方がいい」

結衣「ちょ、ヒッキー...」

小町「まったく、ごみちゃんは...」

八幡「え...」

陽乃「まあまあ。せっかく薬の効果が一日続くんだから、一日に一人ずつ飲んでいこうよ」

いろは「うーん、それが妥当かもしれませんね」

雪乃「...じゃあ、それでいいわ。不服ではあるけれど」


4: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/25(日) 20:07:08.68 ID:S0GhkAjWO

結衣「じゃあ、今日はずっとゆきのんを可愛がれるんだね!」

雪乃「流石にそれは勘弁して欲しいわ...」

八幡「...なあ小町」

小町「何? お兄ちゃん」

八幡「カマクラって、喉元をウリウリしてやると喜ぶよな」

小町「...だね」ニヤリ

雪乃「え、ちょっと...」

小町「お兄ちゃん、顎の辺りよろしく。小町はうなじの辺り撫でるから」サワサワ

八幡「おう」ナデナデ

雪乃「あっ、ちょっと、二人とも...んっ!」

八幡「カマクラの場合、人差し指の側面で撫でられるのが好きだよな」ナデナデ

雪乃「あぁっ、ダメっ...!」

小町「そうそう。あ、触るか触らないかぐらいの優しいタッチで撫でるともっと喜ぶよ」サワサワ

雪乃「ひうっ、小町さん、そこ!」

八幡「おお、そういやそうなだな」スリスリ

雪乃「比企谷君っ、ダメっ、それは...あぁ!」

結衣「ゆ、ゆきのん...なんかエッチぃ...」

いろは「って言うか、二人とも夢中になりすぎです! 雪ノ下先輩が可愛い...じゃない、可哀想ですよ!」

八幡「あ? でも...」

雪乃「んんっ、イヤ、そ...そこはっ!」

八幡「イヤとは言ってるけど、逃げる素振りも無いしなあ」

小町「嫌よ嫌よも好きのうちって奴ですね」

陽乃「雪乃ちゃん可愛い...」ハァハァ

雪乃「ね、姉さん...助けてっ、んんっ!」

陽乃「じゃ、じゃあ...子供の頃みたいに、『お姉ちゃん』って呼んで?」

雪乃「お、お姉ちゃん...」

一同「!」キュン

陽乃「ぐふっ!」バターン

いろは「はるさん先輩が鼻血出して倒れた!」

小町「こ、これは撫でがいがあるね...」

八幡「小町さんや、お主も悪よのう」

小町「いやいや、お兄ちゃん程では...」

結衣「ふ、二人が悪代官みたくなってる! 」

雪乃「も、もう...あっ、ああっ!」


5: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/25(日) 20:07:43.45 ID:S0GhkAjWO

雪乃「も、もう...ダメ...」ビクビクッ

八幡「ふぅ...満足した」

小町「かーくんも良いけど、雪乃さんも良いね...」

結衣「ゆきのん、大丈夫...?」

雪乃「ひっ...」ビクッ

結衣「え...」

雪乃「お姉ち...姉さん、助けて...」

いろは「今『お姉ちゃん』って言いかけましたね」

雪乃「い、言ってないわ。...姉さん」

陽乃「雪乃ちゃんがこんなに甘えてくるなんて...お姉ちゃん嬉しい!」ダキッ

雪乃「ちょっと、抱きついていいとは言ってないのだけれど...」

陽乃「まあまあ、こうして守ってあげるから...ね?」

雪乃「...分かったわ」

小町「そういえばアレだね。かーくんも、たまに無性に甘えてくるよね」

八幡「なるほど。雪ノ下は今その状態なのか」

小町「たぶんね」

結衣「ゆきのんに...ゆきのんに拒絶された...」

雪乃「由比ヶ浜さん...」スルッ

陽乃「あぁっ、雪乃ちゃんが...」

雪乃「その...さっきはごめんなさい」ギュッ

結衣「! ...ゆきのん!」ギュー

いろは「...もう一回猫じゃらししたい」ウズウズ


17: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/28(水) 23:09:23.64 ID:cbqzce0kO

雪乃「...それで、なぜ姉さんは今日もいるのかしら?」

陽乃「え? そりゃあ、もっと面白いもの見たいからに決まってるじゃない。昨日の雪乃ちゃんみたいに」

雪乃「やめて、言わないで...」

結衣「でも、本当に一日寝たら引っ込むんだね~」

八幡「なんか不気味だな...」

雪乃「全くだわ...」

陽乃「そんなことより、今日は誰が飲む?」

雪乃「そういえば、今日は小町さんはいらしてないのね」

八幡「ああ、昨日お前が脅すようなこと言ったから、ビビって引きこもってるぞ」

雪乃「そう...。ちなみに比企谷君、私はもう怒ってないから、小町さんにはそう伝えてね」

八幡「あ? いや、でも今のお前の目怖す---」

雪乃「余計なことを言ったら、次はあなたの番よ」

八幡「承知しました」

結衣「ゆきのん怖いよ...」


18: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/28(水) 23:09:56.69 ID:cbqzce0kO

コンコン

いろは「失礼しま~す」

めぐり「こんにちは~」

結衣「いろはちゃん、めぐり先輩、やっはろ~」

いろは「やっはろ~です~」

めぐり「? やっはろ?」

雪乃「城廻先輩は、もう卒業したはずでは...」

めぐり「えへへ、ちょっと遊びに来ちゃった~」

陽乃「めっぐり~、久しぶり...でもないか~」

めぐり「そうですね~。はるさんはどうして奉仕部に?」

陽乃「ふふふ、ちょっとね~...。あ、めぐりもこういうのに興味あるよね」

めぐり「えっと、『ケモミミの薬』...? けもみみって何ですか?」

雪乃「動物の耳の事です。獣の耳、略してケモミミです」

めぐり「ほえ~、なるほど~」

結衣「昨日のゆきのん、すっごく可愛かったんですよ~!」

いろは「ああ、もう一回だけ猫じゃらししたかった...」

めぐり「え、もしかして動物のお耳が生えてくるってこと?」

八幡「言い方あざといっすね」

陽乃「そういうこと。どう、興味ない?」

めぐり「飲んでみたいです~。えへへ」


19: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/28(水) 23:11:11.37 ID:cbqzce0kO

陽乃「それじゃ、ほい」

めぐり「は~い。いただきま~す」ゴクン

一同「...」

めぐり「...? 何も起こらないよ?」

いろは「あれ? おかしいですね...」サワサワ

めぐり「う~ん...」ピョコン

一同「!」

結衣「出た! 白黒で丸い耳!」

いろは「パンダですね! 可愛い~!」

八幡「確かに、そう言われるとしっくりくるな。おっとりしてたり、なぜか魅力的だったり」

雪乃「...でも、パンダの特徴って何かしら?」

結衣「う~ん...あ! あれ、竿!」

雪乃「竿...もしかして、竹のことかしら。確かにもともとは竹を指す言葉だけれど...」

結衣「そうそれ!」

陽乃「でも、ここらへんに竹なんかあったかしら?」

八幡「っていうか、食事の好みまで似るんだったら、昨日の雪ノ下なんかキャットフード食ってるぞ」

結衣「うう、そっか...」

めぐり「まあまあ、細かく考えてもしょうがないし、とりあえず落ち着こうよ」ギュッ

いろは「...めぐり先輩? なんで抱きついてるんですか?」

めぐり「うん? そういう気分だったから?」ギュ


20: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/28(水) 23:12:06.53 ID:cbqzce0kO

いろは「なぜ疑問系...まあ、構いませんが」

いろは(この人ホント可愛い)

雪乃「...パンダっぽいわね」

陽乃「パンダっぽいわ」

八幡「これで床に足伸ばして座ろうものなら完璧だな」

めぐり「」グー

一同「...」

めぐり「えへへ、お腹空いちゃった」

一同(可愛い...)キュン

結衣「そろそろお昼だし、ご飯にしよっか!」

雪乃「そうね。...城廻先輩と一色さん、それと姉さんはお昼を持っているのかしら?」

いろは「私達はお弁当持ってきてま~す」

陽乃「私もあるわよ~ん」

雪乃「...そう。それではお昼にしましょう」

めぐり「えへへ、それでは。合掌、いただきま~す」

一同「...いただきます」キュン

八幡(めぐりんマジパねえっすわ~。マジめぐりっしゅですわ~。...可愛すぎていつの間にか戸部になっていた)

雪乃(城廻先輩から、なにか可愛らしいオーラのようなものを感じるわ...。悔しいけれど、パンさんに似たものがある...)

結衣(美味しそうに食べてるな~。言われてみれば、パンダさんっていうのも納得...)

いろは(こういう天然ものはホント羨ましいです...。ああ、でも癒される...)

陽乃(ああ、この子はずっと変わらないな~...。な~んにも気を使わなくて済むし、可愛いし、可愛いし...。まあ、雪乃ちゃん程じゃないけどね~)

めぐり「...?」モグモグ ゴクン

八幡(首傾げながらモグモグするのやめなさい。鼻血出るから、俺の)

めぐり「みんな、もっとおしゃべりしながら食べようよ~」

一同「はい」キュン


21: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/10/28(水) 23:12:50.77 ID:cbqzce0kO

めぐりんは以上です
一人一人は短めに行こうと思います


30: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/01(日) 17:57:14.34 ID:zpe7x4nQO

八幡「たでーまー」

小町「おかえり、お兄ちゃん...」

八幡「お前、遂に本物のこたつむりになってしまったのか...。足の先と顔しか出てないじゃねえか」

小町「そんなことはどうでもいいんだよ、お兄ちゃん」

八幡「お、おう...?」

小町「実は小町、陽乃さんとメル友なのです」

八幡「なん、だと...? あの大魔王と...?」

小町「うん。それで、今日のお兄ちゃんがどんな様子だったか聞いたのです」

八幡「え...それで?」

小町「お兄ちゃんが、パンダの耳を生やした先輩に鼻の下伸ばしてたって」

八幡「いや、その、そういう訳では...」

小町「昨日の雪乃さんの時も、小町も一緒にやったとはいえ、可愛がってたし」

八幡「う...」

小町「だからお兄ちゃん」

八幡「お、おう」

小町「小町のことも...可愛がって?」ガバッ


31: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/01(日) 17:57:43.76 ID:zpe7x4nQO

八幡「お前、その耳...!」

小町「えへへ、嫉妬してるの陽乃さんにバレて、薬貰っちゃった...。図鑑で調べたら、多分ハムスターっぽい」

八幡「いろいろ納得だわ。ちっこいとことか、可愛いとことか」

小町「先に可愛いって言わずにちっこいって言うとこは、小町的にちょ~っとポイント低いよ」

八幡「あ、スマン...」

小町「でも、照れずに可愛いって言ってくれたのは、小町的にポイント高いよ」

八幡「お、おう...」

小町「...」

八幡「...」

小町「え、えっと...とりあえずご飯にしよっか!」

八幡「そ、そうだな...」

小町「もうできてるんだ! ほら、食べよ!」

八幡「おう、今日も美味そうだ」

小町「見た目だけじゃなくて味も補償するよ!」

八幡「いただきます」

小町「どうぞどうぞ」

八幡「...」モグモグ

小町「どう、美味しい?」

八幡「ああ、美味いぞ」

小町「良かった~...」

八幡「なんでそんなに安心してんだ? いつも美味いもん作ってくれてるのに」

小町「へへ、なんかね、今日の小町はお兄ちゃんにとっても褒められたい気分なんだ~」

八幡「いっつも褒めてるだろ」

小町「それ以上に誉められたいの!」

八幡「ああ、そうかい...」

小町「へへへ...小町も食べよ。いただきま~す!」

八幡「...」モグモグ

小町「...」モグモグ

八幡「...ふう、ご馳走様」

小町「え、もう食べちゃったの!?」

八幡「おう、すげえ美味かったからな。俺のほうが先に食べ始めてたし」

小町「ちょ、ちょっと待って!」パクパク

八幡「え、なんでそんな急いで食ってんの?」

八幡(頬張ってる姿とか、まさしくハムスターじゃねえか...可愛すぎだろ)

小町「あぐ、んぐ...。だってお兄ちゃん、すぐお風呂入っちゃうでしょ?」

八幡「おお、まあな」

小町「小町も一緒に入りたいから、こうして速く---」

八幡「なっ、ダメに決まってんだろ!」

小町「えぇっ、たまにはいいじゃん!」

八幡「それだけはダメ! 兄妹とはいえ、高校生同士の男女が一緒に入っていいわけ無いだろ!」

小町「え~、そんな~!」

八幡「お前はゆっくり食ってろ!俺もチャッチャと出てくるから!」

小町「ぶ~...」


32: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/01(日) 17:58:32.64 ID:zpe7x4nQO

八幡「出たぞ~」

小町「...うん」

八幡「ったく、小町~?」

小町「うん...」

八幡「風呂入ったらどうだ?」

小町「...」ボフボフ

八幡「? なにソファー叩いてんの?」

小町「ここ、来て」

八幡「あ、はい...」ストン

小町「ん」コテン

八幡「ちょ、近い近い...」

小町「ん」

八幡「あ~、はいはい...」ナデナデ

小町「えへへ...」

八幡「この耳、結構柔らかいのな」

小町「うん、みたいだね」

八幡「くすぐったかったり痛かったりするのか?」

小町「ううん、感覚はあるけど、特にどうってことはないよ」

八幡「へ~...ってか、お前も風呂行って来い」

小町「あ、やっぱそうなる?」

八幡「そうなるな」

小町「じゃあ、最後に強めにワシャワシャして」

八幡「はいよ」ワシャワシャ

小町「きゃふ~! うん、これで満足! じゃあ、小町はお風呂に行ってっきま~す」

八幡「おー、ゆっくり浸かれよー」

八幡「...」

八幡「ハムスターってどんな動物なんだろ」カチカチ

八幡「やっぱガラケーでネットやるの面倒だな...。パソコンの方が見やすい」

八幡「なになに...『人に懐きやすく、ストレスに弱い。また、縄張り意識が強い』か...」

八幡「この『縄張り意識が強い』ってのが主に似てんのかな?」

八幡「『ストレスに弱い』ってのも、気をつけてやんないとな...」


33: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/01(日) 17:59:06.05 ID:zpe7x4nQO

小町「お兄ちゃ~ん、出ったよ~!」ボフン

八幡「うおっ...突然隣に座るなよ」

八幡(あれだ、風呂上がりのシャンプーの匂いってやつだ。超そそるわ)

小町「まあまあ、そう言わず」スリスリ

八幡「だから、近づきすぎだっつの...」

小町「そうは言ってるけど、全然嫌がる素振り無いじゃん」

八幡「そりゃお前、世界一可愛い妹が隣にいて嫌なわけ無いだろ。照れ隠しだっつの」

小町「へへへへ...はっ! 今の台詞、小町的に超~ポイント高いよ!」

八幡「はいはい、そりゃ良かった」

小町「うわ~、適当に流した...」

八幡「いや、流してない」

小町「問答無用! 罰として、お兄ちゃんには小町をナデナデしてもらいます!」

八幡(え、それ罰なの?)


34: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/01(日) 17:59:50.50 ID:zpe7x4nQO

小町「ほらお兄ちゃん、早く早く~」

八幡「はいはい」ナデナデ

小町「んふ~ !...あ、そうだ」

八幡「ん、どうした?」

小町「ちょっと小町は良いことを思いつきました」

八幡「良いこと?」

小町「昨日の雪乃さんみたいに、喉の辺りをゴロゴロして欲しいな~」

八幡「え、別にいいけど...こうか?」スリスリ

小町「ひゃう...ん~?」

八幡「どうだ?」

小町「最初は良いかな~、と思ったけど、そうでもないね。動物によって変わるんだろうね」

八幡「そりゃそうだろ」

小町「やっぱいいや」

八幡「なんじゃそりゃ」

小町「代わりにお願いがあります」

八幡「おう」

小町「今日は一緒に寝ましょう」

八幡「馬鹿か」コツン

小町「いてっ! む~、いいじゃんたまには」

八幡「あのさ、さっきも言ったけど、俺らはもう高校生なの」

小町「そりゃ、お兄ちゃんからそういうこと言ってきたら超キモイけど、小町が言ってるんだからいいじゃん」

八幡「ちょ、キモイって...いつも思ってるから辛いぞ」

小町「えぇ...お兄ちゃんはホントごみいちゃんだね...。まあとにかく、今日は一緒に寝るの! ほら、行くよ!」グイッ

八幡「え、ちょ、うおっ!」


35: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/01(日) 18:00:21.87 ID:zpe7x4nQO

小町「えいやっ!」ボスッ

八幡「...」

小町「ほら、お兄ちゃんも早く早く~」

八幡(自分の部屋のベッドの上に妹が寝てて、早くと誘ってくる。魅力的な状況だけど...)

八幡「なあ、やっぱやめないか?」

小町「ダメだよ。小町の命令は絶対だも~ん」

八幡「ウゼェ...」

小町「ほーらー、おにーちゃーん」

八幡「う、う~ん...」

八幡(いやこれマズイだろ。年頃の妹と一緒に寝るとか、何てエロゲ?)

小町「...もしかして、本気で嫌?」

八幡「...ったく、そんな悲しそうな顔すんなっつの」

小町「だって...」

八幡「さっきも言ったけど、全然嫌じゃねえよ。むしろ一緒に寝たい。でもまあ、倫理的にって言うか、なんて言うか...」

小町「そんな、最後までしちゃうわけじゃあ無いんだし...」

八幡「あのなあ、冗談でもそういうこと言うな...」

小町「は~い」

八幡(う~ん、なんかいろいろマズイ気はするけど、さっきネットで見た『ストレスに弱い』ってのが気になるんだよな...)

小町「...」

八幡(まあ、いつも世話になってるし、俺も一緒に寝たいし...)

八幡「...よいしょ」ゴロン

小町「! お兄ちゃん!」

八幡「今日だけな...」

小町「うん!」


36: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/01(日) 18:00:55.22 ID:zpe7x4nQO

八幡「とはいえ、まだ時間が早いから眠くないな...」

小町「そう? 小町はもう結構眠いよ?」

八幡「若いなあ...」

小町「ぐええ、ジジくさ~...。まあ、それは置いといて、お兄ちゃん腕枕して~」

八幡「...ん」

小町「へへ、なんかこういうの久しぶりだね」

八幡「だな」

小町「なんか程よくガタイ良くなってるし。お兄ちゃんのくせに」

八幡「一言余計だ。それに、お前も女の人っぽい体つきになりかけてんじゃねえか」

小町「うわ~、お兄ちゃんイヤラシイ~。それに、なりかけって何さ」

八幡「え、まだなりきっては無いってこと」

小町「なんっかムカつく~...。なら、こうだ!」ムギュ

八幡「ちょ、抱きつくのは反則だろ!」

小町「どう~? これでもなりきって無い?」

八幡(いやなりきって無いけどさ、逆にそこがいいというか、いろいろマズイ! ってか、コイツ風呂上がりだから妙にしっとりしてるのがまた...)

八幡「ああもう、なりきってる! 大人っぽいですよ!」

小町「へへへ、ならよろしい」

八幡(くっそ、こうなったら俺も仕返ししてやる...)

八幡「...」ギュー

小町「うえっ、ちょ、どしたのお兄ちゃん!?」

八幡「...」

小町「え、えっと...やっとお兄ちゃんから抱きついてくれたのは嬉しいけど、恥ずかしいよ...」

八幡「...小町」

小町「へ?」

八幡「すっげえ可愛い」

小町「は、へ、はう...? ちょ、ちょっとお兄ちゃん...えっと、えっと...」

八幡(テンパってる小町マジで可愛い)


53: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/05(木) 23:57:50.27 ID:zfVKI0SkO

雪乃「さあ、今日は小町さんの番ね」

小町「えっ、と、突然何ですか?」

雪乃「あら、一昨日は私、昨日は城廻先輩...。そして、由比ヶ浜さん、一色さん辺りは最後の方にとっておくべきだから、次は必然的にあなたでしょう」

八幡「メタ発言やめろ」

小町「ええっと、その...」

陽乃「あ、それ無理よ」

雪乃「無理、というと?」

陽乃「えっとね~、薬の注意書きによると、『連続での服用はお控えください』って書いてあるもの」

雪乃「あら、小町さんはまだ使ってないじゃない」

小町「あの~、実は...昨日家で飲んじゃったんですよね...」

結衣「えっ、なんでなんで~!?」

小町「えへへ、その、なんて言うか...」

雪乃「...まあ、どうせ姉さんが手を回したのでしょう」

小町「いや~、その~...ふわぁ...」

八幡「くぁ...」

陽乃「あら、二人とも寝不足かしら? 何かあったの?」

小町「い、いえ~、何も無いですよ~...」

雪乃「それにしても、小町さんの欠伸は可愛らしいのに、比企谷君のそれはまさしくヒキガエルか何かかしら?」

結衣「確かに、カエルみたいだったかも!」

八幡「俺の扱い酷くないですかね...」

小町「...お兄ちゃん」ボソッ

八幡「お、何だ?」ボソボソ

小町「さっきの欠伸のシンクロ、小町的にポイント高いよ」

八幡「はいはい...」

陽乃「あら、二人で内緒話?」

八幡「そうですけど、別に聞かれても大したことないですけどね」

陽乃「ふ~ん...」

結衣「あ、ヒッキー首元に虫刺されあるよ」

八幡「え、マジで?」サスサス

八幡(おかしいな、この時期に虫なんて...あ)


54: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/05(木) 23:58:27.76 ID:zfVKI0SkO

----------
-----
---


八幡「...ったく、可愛いな、お前。オリャ!」ガシガシ

小町「ひゃ~、くすぐった気持ちい~!」

八幡(本当にコイツ可愛いわ...冗談抜きで世界一の妹です)

小町「やったな~。お返しに...」ズイッ

八幡「いてっ! ちょ、小町!」チクッ

小町「~~~っぷはあ! へへへ...」

八幡「お前、何したの?」

小町「内緒で~す」

八幡「...?」

八幡(さっきのチクチクする断続的な痛みは...? あ、なんか首筋が濡れてる)


---
-----
-----------


55: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/05(木) 23:59:04.12 ID:zfVKI0SkO

八幡(コイツまさか...)

雪乃「おかしいわね、この時期に虫なんて...。ダニか何かかしら?」

八幡「あ、ああ...何だろうな?」

八幡(クソっ、由比ヶ浜の奴、無駄なところで察しがいいからな...)

陽乃「...ふ~ん」

小町「陽乃さん、さっきから何となく悩ましげ? と言うか、大人っぽい? 表情ですね」

陽乃「うん、そう...かもね」

雪乃「あら、姉さんの割には煮えきらない態度ね」

陽乃「え~、そんなこと無いわよ~」


56: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/05(木) 23:59:31.58 ID:zfVKI0SkO

結衣「そんなことより、今日は誰が薬飲む?」

雪乃「そうね...そう言えば、今日は一色さんがいらしてないわね」

小町「そう言えばそうですね」

八幡「ま、あいつも生徒会長してる上に、サッカー部のマネージャーの仕事もあるから大変なんだろ」

雪乃「でもそうなると、今日薬を飲むのが由比ヶ浜さんになってしまうわ...」

陽乃「ガハマちゃんでいいじゃな~い」

雪乃「私の計画では、メインヒロイン二人で最初と最後を飾るつもりだったのに...」

八幡「だからメタ発言やめろ」

小町「でも、小町は結衣さんのケモミミ早く見たいです!」

陽乃「は~い、お姉さんも早く見た~い」

雪乃「そりゃあ、私もだけれど...」

結衣「えぇ! えっと...その、ひ、ヒッキーは?」

八幡「いや、まあ、なんだ...俺もだな」

結衣「へへ、そっか...うん、私飲んじゃうよ!」

陽乃「お~、流石ガハマちゃん! はい、どうぞ~」

結衣「い、いただきます...」ゴクン

結衣「...」ピョコン

一同「...え?」


57: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/06(金) 00:00:08.71 ID:0dp4N6ZaO

結衣「え、どうしたの、みんな?」

小町「な...なんでですか?」

結衣「え、何が?」

八幡「いや、お前...なんでうさ耳なんだよ」

雪乃「普通あなたは犬耳でしょう...」

陽乃「ガハマちゃんは絶対に犬耳だと思ってたのに...」

結衣「え、え...? な、なんかごめんなさい」

小町「謝ることじゃないですけど...なんだか歯痒いですね」

雪乃「まったくだわ...」

八幡「うさぎっていうと...やっぱあれか、人参か」

結衣「いやそうだけど、食べ物から攻めないで! もっと他にあるじゃん!」

陽乃「他って言うと...寂しいと死んじゃうってよく言うわね。嘘らしいけど」

雪乃「でも、寂しがり屋なのは確かね」

小町「あと、うさぎさんは可愛らしいですし、愛嬌たっぷりな結衣さんらしいですね!」

結衣「はう...そう、かな?」

小町「そうだよね? お兄ちゃん」

八幡「なんで俺に振るんだよ...」

結衣「...」

八幡「いや、お前も見つめてくんな...まあ、なんだ、可愛いんじゃないか?」

結衣「可愛い...えへへ、そっかあ...」

八幡(あ、やべえ。うさぎと言えばバニーガールだよな、なんて思ってたなんて言えない)

雪乃「あら、いつも以上に表情が引き攣っているわよ、引き攣り谷君」

八幡「いやだから、人の苗字を弄るのやめてくれませんかね、小町も居るのに」

雪乃「あ...その、ごめんなさい」

小町「いえいえ、大丈夫ですよ~」


58: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/06(金) 00:00:45.78 ID:0dp4N6ZaO

陽乃「比企谷君の苗字より、ガハマちゃんの方を弄ろうよ」

小町「そうしましょう!」

結衣「うう...なんだか緊張してきた」

陽乃「知ってる人もいるかもしれないけど、うさぎってスキンシップが好きなんだよね~。こんな感じに」サスサス

結衣「ふえ、陽乃さん...へへへ」

雪乃「いつもデレデレの由比ヶ浜さんが、背中をなでただけでもっとデレデレに...」

八幡「でも、撫でるの背中なんだな。頭だと思ってたからなんか意外だ」

陽乃「頭ももちろん良いよ~。あと、鼻も好きみたい」

小町「じゃあ、小町はお鼻を撫でま~す」ナデナデ

結衣「んん~、小町ちゃん、くすぐったいよ~」

八幡「とか言いつつ、喜んでニヤけてんじゃねえか」

雪乃「じゃあ、私は頭を...」ナデナデ

結衣「ゆきのん、気持ちいいよ~。耳とかも撫でて~」

雪乃「え、ええ...」

八幡(ガチユリってマジで最高だわ)


59: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/06(金) 00:01:18.44 ID:0dp4N6ZaO

結衣「ねえ、ヒッキーも撫でて~」

八幡「あ? いや、お前の周り人だらけだし、第一俺がどこだろうと撫でたりしたら、言葉の響きだけでヤバイ」

結衣「えぇ~、でも、ゆきのんのことは撫でてたじゃ~ん」

八幡「ったく...ダメだったらダメだっつの」ビシッ

結衣「ひうっ! ひ、ヒッキーにぶたれたあ...」

八幡「え...」

小町「うわあ...ごみいちゃん最低」

雪乃「女の子に手を出すなんて最低ね」

陽乃「比企谷君、流石にそれは私でもフォローできないわ...」

八幡「え、いや、えっと、軽くチョップしただけなんですけど...」

陽乃「あ、ちなみにうさぎって、叩かれたり大声出されるのが苦手の子が多いから、注意した方がいいわよ」

八幡「いや、言うの遅すぎっす」

結衣「ヒッキー...」

八幡「ん?」

結衣「優しく...シて?」

八幡(は...はああああああああああああああああああああああああああ!!!!!?????)

八幡「あ、えっと...はい」ナデナデ

八幡(こ、コイツ...今の台詞が、男にどれだけ期待を与えるか分かってないな...)

結衣「へへ、気持ちいい...ヒッキーだーい好き!」ギュッ

八幡「ちょ、やめろ、抱きつくな!」

結衣「嫌だも~ん」

八幡(クッソ、理性がああああああああああああああああああああああああああああああ!!!)


66: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/09(月) 18:26:42.33 ID:BMG3/IsAO

いろは「こんにちは~!」

雪乃「こんにちは」

結衣「やっはろー、いろはちゃん」

いろは「先輩、こんにちは」

八幡「名指しかよ...。うっす」

いろは「はあ...まったく、ツレませんねえ...」

八幡「はいはい」

八幡(そう言いながら頬を膨らませるとかあざと過ぎるわ)

いろは「あれ、そう言えば、陽乃さんと小町ちゃんは?」

八幡「小町は、突然今朝になって、友だちの家にお泊まりに行くって言って出てったぞ」

雪乃「姉さんも急用ができたと言っていたわ。...薬はしっかり持たされたけれど」

いろは「じゃあ、今日もケモミミゲームできるんですね! 残っているのは誰ですか?」

結衣「ゲームって...」

雪乃「残っているのは...一色さん、あなただけよ」

いろは「...ふえ?」


67: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/09(月) 18:27:11.61 ID:BMG3/IsAO

いろは「えっと、あ~...私ですか」

雪乃「あら、先程の威勢はどこへ行ってしまったのかしら」

いろは「あはは、いつかはその時が来るって分かってましたけど...いざ来たら、緊張しちゃって」

結衣「いろはちゃん...」

八幡(え、何この空気? 恋する乙女なの?)

いろは「ち、ちなみに、結衣先輩は何の動物だったんですか?」

結衣「私はうさぎだったよ~」

いろは「あ、え、犬じゃないんですね...」

結衣「みんなそれ言うね...なんで? サブレ飼ってるから?」

いろは「いや、イメージ的に...ですよね?」

雪乃「そうね」

八幡「だな」

結衣「なんか納得いかない...」

いろは「でも、うさぎって言われたら、それはそれで分からなくもないです」

八幡「どっちなんだよ...」

いろは「まあ、その話は置いといて」

八幡「おい」

いろは「雪ノ下先輩」

雪乃「ええ...どうぞ」

いろは「ありがとうございます」ゴクン

一同「...」

いろは「...」ピョコン

結衣「おお! これは...」

八幡「お前が犬耳かよ...」

雪乃「まあ、これまでの話でフラグ建てた感じはあったわね」

八幡「いやだからメタ発言やめろって」

いろは「私、犬っぽいんですか...」

結衣「この耳は...プードルかな?」

八幡「へ~、そんなん分かるのか」

結衣「えへへ、伊達に犬を飼ってるよ!」

雪乃「なんだか日本語がおかしい気がするけれど...まあいいわ」


68: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/09(月) 18:27:39.35 ID:BMG3/IsAO

八幡「犬というと...あれだ。忠誠心が他の動物より強いな」

結衣「あと賢いよね~」

雪乃「あとは嗅覚も優れているわね」

いろは「えへへ、私って万能ですね~」

八幡「賢くて嗅覚が優れている...あっ」

いろは「なんですか~、その反応は!」

八幡「いや、ずるがし...賢くてあざといとことかそっくりだろ」

いろは「まったく、全部素に決まってるじゃないですか~!」

八幡「はいはい、あざといあざとい」

結衣「あはは! でも確かに、犬って怪しい人以外は、誰にでも愛想いいよね」

いろは「えぇ~、結衣先輩まで...」

結衣「でも、本当に懐く相手は、結構限られてるんだよ」

雪乃「なるほど、一色さんで言うところの比企谷君のようなものね」

いろは「ふえっ!」

八幡「いや、コイツはそれこそズル賢く利用しようとしてるだけだろ」

いろは「そんなことないです! それに、仕方ないじゃないですか! 先輩って優しくてあざとくて、なにげにカッコイイんですから!」

一同「...え?」

いろは「え、あ...え?」


69: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/09(月) 18:28:19.02 ID:BMG3/IsAO

雪乃「一色さん、今のは...愛の告白かしら?」

結衣「いろはちゃん...だ、大胆だね」

いろは「あ、う...も、もう! からかわないでください!」

八幡「賢さはどこ行ったんだよ...」

結衣「あはは、感情的になると真っ直ぐだからね...」

いろは「せんぱ~い! 助けてくださいよ~!」

八幡「ちょ、後ろに隠れんな。犬かよ」

いろは「うぅ~、今はそうですよ~...」

八幡「っ!」

いろは「先輩?」

八幡「い、いや、なんでもない」

八幡(息が耳元に当たってヤバいんですけど...)

雪乃「あら、犬って果敢な印象があったのだけれど、随分と臆病ね」

結衣「中型犬や大型犬は気持ち強い子多いけど、小型犬だと少ないかな?」

雪乃「なるほど、一色さんは小型犬なのね。正直、犬はそれほど得意では無いのだけれど、一色さんなら可愛がれそうね」

いろは「うぅ~、やめてくださいよ~」

一同(なんだか、アブナイものに目覚めそうな気がする...)


70: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/09(月) 18:28:59.57 ID:BMG3/IsAO

いろは「そういえば...先輩も犬って苦手なんでしたっけ?」

八幡「いや、俺は無派閥だぞ。まあ、それでも強いていうなら猫派だな」

いろは「...雪ノ下先輩に負けました」

雪乃「あら、別に比企谷君に好かれようが好かれまいがどうでもいいけれど、勝ったというのは気分がいいわね」

いろは「雪ノ下先輩はどうでもいいかもしれませんけど、私は...」

八幡(え、なにそれ。今の台詞、俺じゃなかったら勘違いしてるよ?)

いろは「あの、先輩...」

八幡「お、おう」

いろは「猫と犬...いえ、猫と私だったら、どっちの方が好きですか?」

八幡「なっ...」

雪乃「それは、暗に私のことも指しているのかしら?」

いろは「ち、違います! 雪ノ下先輩に勝てないことは分かってます...でも! 単純に、動物の猫と比較して、ということです!」

結衣「まあまあ、二人とも落ち着いて...」

八幡「...一色」

いろは「はい...」

八幡「好きとかどうとかは分からんが...少なくとも、俺にとって、一色は大切な存在だ」ナデナデ

いろは「先輩...」///

八幡「...あっ、わ、悪い! つい撫でてしまった」

いろは「いえ、そのまま続けてくれると嬉しいです」

八幡「そ、そうか...」ナデナデ

いろは「...へへ」

結衣「いいなあ...」

雪乃「なんだか歯痒いわ...」

いろは「...」ニヤリ


71: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/09(月) 18:29:28.30 ID:BMG3/IsAO

雪・結「「!」」

八幡「どうした、二人とも?」

結衣「い、今いろはちゃんがニヤッて、なんかこう、悪い顔した!」

雪乃「ええ、悪代官の顔だったわ」

いろは「えぇ~、そんなことないですよ~」

八幡「いや、別にいつも通りだろ」

結衣「いや、それよりももっとこう...」

いろは「もしかして、結衣先輩も撫でてもらいたいんですか~?」

結衣「ふぇ!? いや、その...」

八幡「いや、由比ヶ浜はもう撫でたし」

いろは「...え?」

雪乃「そういえば、昨日一色さんはいらっしゃらなかったのよね...。うさ耳が生えた由比ヶ浜さんを、みんなで撫で回したのよ」

結衣「いや、撫で回すってほどはされてないよ!?」

いろは「えっと、じゃあどんな感じで...?」

結衣「どんなって...うーん、なんかこう、ふわ~って感じかな?」

いろは「...先輩」

八幡「...はい」

いろは「私にもそれしてください」

八幡「お、おう...」ナデナデ

いろは「あっ、これ...気持ちイイかも...」

八幡(何コイツエロすぎ...)


72: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/09(月) 18:34:22.93 ID:BMG3/IsAO

これにていろはす終了です
それで、これにて一旦一区切りです
ここから先は、パラレルワールド(?)みたいな、それぞれの人の後日談、みたいな感じです
キャラによってエロがあったり無かったりする予定です

説明になってるかどうか不安ですが、そんな感じでやっていきます


76: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:07:45.03 ID:2M+bXtPaO

はるのんルート行きます


77: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:08:17.32 ID:2M+bXtPaO

八幡「はぁ~、最愛の妹が居ないんじゃあ、こうして家に居ても落ち着かないな...」

八幡「...」

八幡(そういえば、飯とかどうしよう...。適当に作るか?)

ピンポーン

八幡(誰だ? 郵便か?)トタトタ

八幡「どちら様ですか?」ガチャ

陽乃「ひゃっはろ~、比企谷君」

八幡「...」バタン

陽乃「ちょっと、無言でドア閉めないでよー!」

八幡「ちょ、声大きすぎです...」ガチャ

陽乃「ふふふ~、ちょ~っとお邪魔するね~」

八幡「相変わらず強引ですね」

陽乃「褒め言葉として受け取っておくよ」

八幡「ポジティブですね...」


78: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:08:45.81 ID:2M+bXtPaO

陽乃「およよ? 思いの外キチンとしてる...。小町ちゃんの話だと、御両親は滅多にいらっしゃらないって聞いたけど?」

八幡「その小町が家事は概ねやってくれるんで、平穏に暮らしてますよ」

陽乃「出来た妹だね~」

八幡「全くです。...ところで、雪ノ下さん」

陽乃「なんだい?」

八幡「いろいろ聞きたいことが有るんですが」

陽乃「ふむ、なんだい?」

八幡「まず、その大きな荷物はなんですか?」

陽乃「お泊まりグッズだよ」

八幡「は?」

陽乃「お泊まりグッズだよ」

八幡「...何言ってるんですか?」

陽乃「え? 何って...まあ、比企谷君の家に泊まるってことだね。小町ちゃんはいないし、御両親も、深夜に帰ってこられて、早朝には出勤されるんだよね?」

八幡「リサーチ済みですか...」

陽乃「まあね~」

八幡「...とりあえずは置いときます。次に、今日は急用があったんじゃないんですか?」

陽乃「あぁ、雪乃ちゃんにそう伝えただけで、お泊まりグッズの準備をしてただけだよ」

八幡「はあ...最後に一つだけ」

陽乃「はいはい」


79: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:09:16.02 ID:2M+bXtPaO

八幡「...なんでずっと帽子を被ってるんですか?」

陽乃「いや~、やっと聞いてくれたね。待ち侘びてたよ~」

八幡「...」

陽乃「ご想像通り...じゃじゃーん!」ガバッ

八幡「...やっぱケモミミですか」

陽乃「そう! これはキツネの耳だよ~」

八幡(確かに、イタズラ好きで頭がいいとことかそっくりだわ)

陽乃「キミキミ~、な~んか失礼なこと考えてるでしょ~」

八幡「いや、別に...」

陽乃「ふ~ん。まあいいや。それじゃ、台所借りるから~」

八幡「は? え、ちょ、待ってください!」


80: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:09:47.90 ID:2M+bXtPaO

八幡「...ご馳走様でした」

陽乃「はいはい、お粗末様でした。どうだった?」

八幡「普通にうまかったです」

陽乃「それは良かった」

八幡「それと、飯も風呂も、何から何まで用意してもらってありがとうございます」

陽乃「いえいえ~...あ、それで思い出した」

八幡「何をですか?」

陽乃「実は、さっき比企谷君がお風呂行ってる間に、部屋の掃除させてもらってたの」

八幡(え、俺そんなに長風呂してないよね? 何この人、完璧超人?)

陽乃「そしたら、本棚の裏でこんなものを見つけてしまいました」

八幡「いやあんた、掃除してたんじゃなくて漁ってたんでしょ」

陽乃「あ、バレた?」

八幡「バレるとかそう言う事ではなく...」

陽乃「で、なにこれ? 同級生や先輩、後輩、先生、などなど...なかなか手広いね~」

八幡「ひ、人の性癖に口出ししないでください」

陽乃「いやいや、むしろ私は感心してるんだよ?」

八幡「何にですか?」

陽乃「だって、その中で一番数が多かったネタが...『同級生の姉』」

八幡「うっ...」

陽乃「比企谷君、もしかして...?」

八幡「...偶然です」

陽乃「ふーん...本当に?」


81: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:10:32.20 ID:2M+bXtPaO

八幡「...本当です」

陽乃「ふふ、さっきから表情硬いわよ~」

八幡(そりゃあ、同級生の姉と二人っきりで、自分のエロ本についての話なんかしてたら、ねえ?)

陽乃「私はそうであって欲しかったな」

八幡「どういうことですか?」

陽乃「ま~たまたトボケちゃって~。比企谷君が、私のことが好きであって欲しかった、ってこと」

八幡「...へ?」

陽乃「...」

八幡「...」

陽乃「...ぷっ」

八幡「なっ...」

陽乃「あっははは! はー、おかしい! 本気で照れてる比企谷君見るの初めてだよ~!」

八幡(本当にこの人は...)

陽乃「ふ~...。まあ、でも、比企谷君がお望みなら、相手してあげるっていうのは本当よ?」

八幡「っ! ...はいはい、もう引っかかりませんから」

陽乃「ちぇ~、連れないな~」

八幡「風呂でも入ってきたらどうですか?」

陽乃「そだね~。...あ」

八幡「なんですか?」

陽乃「一緒に入る?」

八幡「お、俺はもう入ったんで...!」

陽乃「じゃあ、明日は一緒に入っちゃう?」

八幡「は...入りません」

陽乃「え~、も~」

八幡(これだからこの人は苦手だ...。嫌いではないけど)


82: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:11:08.93 ID:2M+bXtPaO

陽乃「ふ~。お風呂ありがとね~」

八幡「ああ、いえ---」バッ

陽乃「ん? どうしたの? 目ぇ逸らして」

八幡「な...なんで下着しか着てないんですか!?」

陽乃「そりゃあ...比企谷君を誘惑するためだよ」ポスッ

八幡「ちょ、と、隣に座らないでください」

八幡(この前の小町の時と同じ...いや、それ以上にヤバイ! 別に胸を押し付けられたりしてる訳じゃないけど、体中がしっとりしてて、なんかもう...)

陽乃「あら、なに? 照れてるの?」

八幡「ち、違います...」

陽乃「ふうん...ね、比企谷君」

八幡「な、なんですか?」

陽乃「私の体、触りたくない?」

八幡「な、何言ってるんですか!?」

陽乃「比企谷君だって、理性の塊とはいえ、男子高校生の端くれだもの。そういう感情くらい持ってるわよねえ?」

八幡(ヤバイ、その理性の塊が吹っ飛びそうなんですが...)

陽乃「黙ってちゃあ分からないよ?」

八幡(ちょ、そんなに近づかれたら...)

陽乃「比企谷君...」


83: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:11:36.19 ID:2M+bXtPaO

八幡「...やめてください!」

陽乃「えっ...」

八幡「あんまり人の気持を弄ぶのはやめてください! やり過ぎにも程があります」

陽乃「...あ、あはは、そうだよね。度が過ぎちゃったよね」グスッ

八幡「!?」

陽乃「ご、ごめんっ...!」

バタン

ドタドタドタ バタン

八幡「あの雪ノ下さんが泣いてた...? あの強化外骨格が?」

八幡(いや、待て。確かに俺は言い過ぎた。怒鳴ってしまった。でも、そんなんで雪ノ下さんが泣くか?)

ムームー

八幡(携帯...メールだ。知らないアドレスだが...)


84: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:12:04.18 ID:2M+bXtPaO

どうも、雪ノ下よ。
由比ヶ浜さんから、貴方のメールアドレスを尋ねてメールしたわ。
貴方のメールアドレスが、私の携帯電話に残るなど、不愉快極まりなかったけれど。

ところで、今日は姉さんがお邪魔しているそうね
ごめんなさい。
私が帰宅したら、貴方の所に泊まりに行く、と言いながら、自慢げにキツネの耳を見せられたわ。
おそらく、貴方にちょっかい出しているのでしょう。

けれど、あまり邪険にしないであげて欲しいの。
この間まで、姉さんのちょっかいなんて、興味本位でしかないと思っていたわ。
でも、最近はまるで、普通に無邪気な女の子のようにイタズラしているの。
比企谷君に対してだけね。

私は、今の姉さんは、ただの興味本位で貴方と居るのでは無いと思っているわ。
だから、姉さんの気持ちに、しっかりと向き合って欲しいの。
お節介かもしれないけれど、妹として、少し心配になって口出ししてしまって、ごめんなさい。
言わんとすることは、分かるわね?


85: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:12:50.76 ID:2M+bXtPaO

八幡「...」ダッ

八幡(さっきの足音的に、俺の部屋に行ったんだろ)ドタドタドタ

ガチャ

陽乃「ひっく、うぅ...比企谷君」

八幡「...雪ノ下さん」

陽乃「ごめんなさい...ごめんね」

八幡「いえ、俺も言い過ぎました...すみません」

陽乃「ううん...」

八幡「...」

陽乃「...」

八・陽「「あのっ!」」

八・陽「「!」」

八幡「さ、先にどうぞ...」

陽乃「いや、比企谷君が...」

八幡「じゃあ、あの...さっき、雪ノ下から、メールが来ました」

陽乃「へ...?」

八幡「これ、見てください」

陽乃「あ、うん...。メール、読んじゃっていいの?」

八幡「えぇ」

陽乃「え、え...え、ほえ!?」

八幡「全部読みました?」

陽乃「あ、う、うん...」///

八幡「...」

陽乃「...」

八幡「雪ノ下さ---」

陽乃「待って!」

八幡「は、はい!?」

陽乃「私は...」

-

陽乃「私は、比企谷君のことが好き。キツネの耳を生やしながら言っても説得力ないかもしれないけど...好きだよ」

八幡「え、あ、えっと...」

陽乃「...」

八幡(あの雪ノ下さんが...でも、俺は...)

陽乃「あはは...信じてもらえない、よね? 一応、君の昔のことはなんとなく知ってるのに、こんなこと言っちゃって...」グスッ

八幡「...」

陽乃「はは...ごねんね、帰る、ね...」

八幡「待ってください!」

陽乃「!」ビクッ

八幡「正直、俺は...こ、好意とか、そういうのは結局、よく分かってません。でも、あの雪ノ下が、ここまで雪ノ下さんのことを心配してるってことは...分からないなりに、本気なんだって察しました」

陽乃「比企谷君...そんなこと言われたら、勘違いしちゃうよ?」

八幡「はは、気持ちはわかります。けど...勘違いじゃないんで...」

陽乃「...比企谷君!」ギュッ


86: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/11(水) 18:13:18.45 ID:2M+bXtPaO

八幡「えっと、雪ノ下さん...」

陽乃「ん? なあに?」ギュー

八幡「とりあえず...服着ましょう」

陽乃「...ひゃ!」バッ

八幡「あ、あれです。俺、下から雪ノ下さんのカバン持ってくるんで、ベッドの中に埋もれててください」

陽乃「...」

八幡「...雪ノ下さん?」

陽乃「服、いらないわ」

八幡「はい?」

陽乃「その、もういい時間だし...寝ましょう。一緒に」


92: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/12(木) 23:54:09.68 ID:cPY7/N5YO

八幡「...えっと」

陽乃「ダメ...かな?」

八幡(いや、涙目の上目遣いとかあんたのキャラじゃ無いだろ、クッソ...可愛いな。と言うか...)

八幡「あの、もう一回言いますけど、とりあえずベッドに入ってください」

陽乃「あ、は、はいっ!」///

八幡「なんで敬語なんですか...」

八幡(布団から顔だけ出してる雪ノ下さん...いや、この人は絶対にこんなキャラじゃない。)

陽乃「それで...どう、かな?」

八幡「えっと、流石にちょっと心の準備が...」

陽乃「...寝てくれないと、在ること無いこと雪乃ちゃんに言っちゃうよ?」

八幡「なっ!」

陽乃「...」

八幡(な、なんでこういう時だけこの人らしいんだよ...)

八幡「で、ですけど...それこそ、流石の俺も男子高校生なんで、色々ヤっちゃうかもしれませんし---」

陽乃「いいよ」

八幡「それに...え、なんて?」

陽乃「さっきだって、私から誘ったんだよ? 本気なんだよ? ...ここまで誰かのことを想うのなんて、初めてなのよ...?」

八幡「...」


93: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/12(木) 23:54:41.87 ID:cPY7/N5YO

八幡「え、えっと、じゃあ...お願いします」

陽乃「...うん」

八幡「でも、手は出さないように気をつけます」

陽乃「別にいいのに...」

八幡「いや、これでもかなり頑張ろうとしてるんで、勘弁してください...」

陽乃「まったく...君は理性しか持ってないのかな?」

八幡「いや、そんなことは無いですけど...」

陽乃「ふ~ん...ま、いいや。ほら、来て?」

八幡「し、失礼します」ガサゴソ

陽乃「ふふ、ひ~きが~や君!」ギュッ

八幡「ちょ、抱きつくのは本当にダメですって!」

陽乃「...」

八幡「...雪ノ下さん?」

陽乃「ねえ、比企谷君?」

八幡「は、はい...」

陽乃「私達って...えっと、これからは、こ...恋人同士になる、ってことだよね...?」

八幡「そ...そう、ですね...」

陽乃「ふふふ、そっか...」ギュー

八幡「ちょ、雪ノ下さん...」

八幡(雪ノ下さんの頭が鼻先にあって超良い匂いがするケモミミも可愛いしっていうか胸ムネむねぇぇぇ!!!)


94: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/12(木) 23:55:09.87 ID:cPY7/N5YO

陽乃「...比企谷君」

八幡「へ、は、はい」

陽乃「比企谷君も...ハグ、して?」

八幡「っ!? えっと、いや、その...」

陽乃「あ、あ~...流石に早いよね~、ごめんごめん。やっぱ大丈夫~」

八幡「...」ギュッ

八幡(いつも押しが強い雪ノ下さんに引かれると、なんか逆に押したくなってしまう...)

陽乃「あっ...」

八幡「その、えっと...天邪鬼ですみません」

陽乃「へへ、まったくだよ...」ギュー

八幡「雪ノ下さん...」ギュー

陽乃「...陽乃」

八幡「...え?」

陽乃「比企谷君...八幡は、私のこと、陽乃って呼んで。敬語も無し」

八幡「...陽乃さん」

陽乃「陽乃」

八幡「陽乃...さん」

陽乃「余計なものがくっつくなあ...」

八幡「な、名前呼びだけで勘弁してください...」

陽乃「はぁ、君は本当に臆病だねえ」

八幡「す、すみません...」

陽乃「いいよ。そういうとことも、八幡の魅力の一つだし...」ズイッ

八幡「え、陽乃さ---」

陽乃「...」

八幡「...」

陽乃「...はは、しちゃったね」

八幡「え、うあ、あの...」

陽乃「何? もう一回したいの?」

八幡「ま、待ってください」

陽乃「え~、なんで~。もしかして、八幡からしてくれるの?」

八幡「...はい」

陽乃「...え、ホントに? え、ふぁ、あ---」

八幡「...」

陽乃「...はう。も、もっと...しよ?」

八幡「...はい」


98: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 00:23:17.80 ID:ZebkSY8bO

陽乃「...ふぁ」

八幡(この人のキスした後の顔、エロ可愛い過ぎる...)

陽乃「もっと...」

八幡「ちょ、待ってください! もう何回目だと思ってるんですか?」

陽乃「分からないけど...ダメかな?」

八幡「うぐっ...」

八幡(流石にそろそろ我慢しきれなくなりそう...ここは心を鬼にして...)

八幡「...ダメです」

陽乃「...ケチ」

八幡(可愛いな、おい)

陽乃「じゃあ、代わりに頭撫でて」

八幡「え...は、はい」

八幡(目の前にキツネの耳が...)

陽乃「八幡~、早く~」

八幡(小町は大丈夫そうだったけど、念のため避けよう...)

八幡「えっと...こうですか?」ナデナデ

陽乃「ふふ、頭なでられるのって、結構いいね」

八幡「あ~、雪ノ下さんって、頭撫でられることとか無さそうですもんね」

陽乃「そうだけど...」

八幡「だけど?」

陽乃「...名前」

八幡「え? ...あ」

陽乃「八幡」

八幡「は、はい...なんでしょう、陽乃さん」

陽乃「よろしい。罰として、もっと頭撫でてね」

八幡(それって罰なのか...?)ナデナデ

陽乃「へへへ...」ギュー


99: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 00:24:08.57 ID:ZebkSY8bO

八幡「...」ナデナデ

八幡(キツネの耳を触ってみたい...)

陽乃「? 手が止まってるけど、どうしたの?」

八幡「あ、いや...なんでもないです」

八幡(...少しくらい大丈夫だろ)ナデナデ

陽乃「...んっ」

八幡(このくらいは小町も大丈夫って言ってたし、問題ないな)ナデナデ

陽乃「...あ、ふっ...ひゃ」

八幡(...ん?)

陽乃「あっ、んんっ...だ、あっ...」

八幡(え、もしかしてヤバイ?)

陽乃「んうぅ...は、八幡...」

八幡「は、はい...」

陽乃「なんか、もう...無理」グワッ

八幡「...は?」ドサッ

陽乃「...」

八幡「...」

八幡(う、馬乗りになられてしまった...あ、もしかしてアレか? 俺もしかして押し倒された? 逆に?)

陽乃「八幡...」ズイッ

八幡「え、あ---」

陽乃「...」

八幡「...」

陽乃「...しよ?」


100: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 00:24:44.20 ID:ZebkSY8bO

八幡(...え、なんだこれ? どうなってんの...?)

陽乃「...」

八幡(陽乃さんの顔、スゲエ色っぽい...)

陽乃「...」

八幡(...でも、何も起きねえな。なんか、徐々に陽乃さんの表情も曇ってきたし...あ)

八幡「...陽乃さん」

陽乃「へ、ひゃ、ひゃい!」

八幡「えっと...どうしたんですか?」

陽乃「へ? いや、えっと、あの...」

八幡「どうしたらいいのか分からないんですよね?」

陽乃「ちょ、分かってるのに聞くとか...」

八幡「あ、すみません...」

陽乃「...謝るならさ、八幡がリードしてよ」

八幡「え...」

八幡(いや、つまりそれは、その、もうヤっちゃうっていう意味じゃん...。それはマズイだろ)

八幡「...分かりました」グイッ

陽乃「ひゃ!」ガクン

八幡「...」ギュッ

八幡(あ、あれ? 思考と動作が一致しない...)

陽乃「...はは、ビックリしちゃった。急に抱きしめるなんて、ちょっと意外...」ギュー

八幡「...自分でも意外です」


101: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 00:25:12.16 ID:ZebkSY8bO

八幡「...なんかもう、我慢できそうにないです」

陽乃「...うん」

八幡「...」グイッ

陽乃「あっ...」ボスッ

八幡(...逆に陽乃さんを押し倒してしまった)

陽乃「ねえ、八幡」

八幡「はい...」

陽乃「その...好き、だよ?」

八幡「っ! ...お、俺だって...陽乃さんのこと、好きです」

陽乃「...やっと言ってくれた」

八幡「す、すみません...そういうガラじゃないんで...」

陽乃「分かってるって。でも...たまにでいいから言って欲しいな」

八幡「...はい」


102: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 00:25:49.75 ID:ZebkSY8bO

八幡「...陽乃さん」

陽乃「うん...」

八幡「...」

陽乃「...ふふ、何回してもドキドキする」

八幡「...俺なんか、未だに目も合わせられないですよ」

陽乃「およよ、そこまで? 恥ずかしがり屋だねえ」

八幡「...陽乃さん」

陽乃「ん、なに?」

八幡「暗いとはいえ、この距離なら相手の顔くらい見えますよね?」

陽乃「え? うん、そうだね。...あ」

八幡「...強がりっすね」

陽乃「う...うるさい」

八幡「可愛いですね」ナデナデ

陽乃「ひゃう...もう、焦らさないでよ」

八幡「...えっと、はい」

八幡(いい...のか?)


103: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 00:26:20.67 ID:ZebkSY8bO

八幡「...」フニ

陽乃「あっ...」

八幡(は、初めて女の人の胸触った...。ブラジャー越しなのに、弾力が...)フニフニ

陽乃「んんっ...はは、触り方...優しいね」

八幡「え?」

陽乃「もっとこう、乱暴なのかなとか思ってたけど...こういうの、好きかも」

八幡(え、何この人? 俺を萌え死なせたいの?)

八幡「えっと...なんか要望あったら言ってください」

陽乃「ありがと。んっ...今のままがいいかな? あ、でも、ガッツキたくなったら、あぁっ...言ってね?」

八幡「わ...分かりました」

八幡(喘ぎながら喋るのエロすぎ...)

陽乃「...やっぱり一つだけいい?」

八幡「? はい...」

陽乃「えっと...キス、して?」

八幡(何でこんなに可愛いんですか...)

八幡「...」

陽乃「...」


109: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 22:58:44.63 ID:6iAUFdbfO

八幡「...えっと、ブラジャー...外してもいいですか?」

陽乃「い、いいけど...流石に恥ずかしいな」

八幡「じゃ、じゃあ...失礼します。あ、背中浮かしてください」

陽乃「え、えっと、これでいい...?」

八幡(ちょ、この格好ヤバイ! 胸を突き上げるようなこの感じ...)

八幡「は、はい...失礼します」

陽乃「うん...」

八幡(えっと、背中に手を回して---! め、目の前に胸が...! 急がないと...)

八幡「あ、あれ? これがフックで...あら?」カチカチ

陽乃「い、急がなくてもいいよ?」

八幡「は、はい...」

八幡(そ、そうは言うけど恥ずかしすぎて...)

陽乃「...ふふふ」

八幡「す、すみません...」

陽乃「あ、違うの!」

八幡「え、違うとは?」

陽乃「まあまあ、いいからいいから」

八幡「は、はあ...」カチッ!

八幡(! あ、空いた!)

陽乃「ふふ...そーれっ!」ギュッ

八幡「ふぶっ!?」ギュム

八幡(陽乃さん、このタイミングでハグ!? か、顔に胸が押し付けられて...何だこれ!? 気持ち良すぎる!)ジタバタ

陽乃「もう、じっとして!」

八幡「ふぁ、ふぁい...」

陽乃「え、えっと、男の子はこういうの好き...なんでしょ?」

八幡(当然です)

陽乃「...無言ってことは違った?」

八幡「ひょんなふぉふぉはいへす(そんなことないです)」

陽乃「よかった...じゃあ、もう少しこのままでもいい? こ、心の準備を...」

八幡(あ、やっぱり緊張してるんだな...。確かに、心臓がバクバク鳴ってる...)


110: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 23:00:33.88 ID:6iAUFdbfO

陽乃「...えっと、もう大丈夫...だよ」スルッ

八幡(今もかなり良かったんだけどなあ...)

八幡「えっと、じゃあ...外します」

陽乃「...うん」

八幡「...」スッ

陽乃「あ...」

八幡(こ、これが陽乃さんの...)ゴクリ

陽乃「ちょ、あ、あんまり見ないでよ...」

八幡「あ、はい...。えと、じゃあ...行きますね」モミモミ

陽乃「んあっ...」

八幡(下着越しも良かったけど、やっぱ直は全然違う...)

陽乃「ふぅっ、んんっ...」

八幡「えっと、少し強くしてもいいですか...?」

陽乃「うん...八幡の好きなようにして?」

八幡「は...はいっ」ムニュ

陽乃「んうっ...つ、強い方が...あっ、気持ちいい...」

八幡「陽乃さん...綺麗、ですね」

陽乃「ふえっ!?」

八幡「...綺麗です」

陽乃「そんな...んんっ、こんな状況で言われたら、なんだか...あぁっ」

八幡(...あ、手のひらの中で、乳首が硬くなってきた...)

八幡「...」クリッ

陽乃「ひっ!」ビクッ

八幡「! ご、ごめんなさい! 痛かったですか!?」

陽乃「ううん、気持ち、よかった...でも、その...ち、乳首は、今みたいに...優しくしてね?」

八幡「は...はい」クリクリ

陽乃「うあっ、あっ...もっと、ひんっ...もっとしてぇ...」

八幡「...じゃあ」スッ

陽乃「へっ...?」

八幡「...」ペロッ

陽乃「ひゃ...な、舐めちゃうの...?」

八幡「それだけじゃ...ないですよ」チュー

陽乃「ふぅぅ...そ、そこばっかり...ふぁっ!」

八幡「...」ジュルジュル クリッ

陽乃「ま、待って、あっ、なにか、も、あ、あ...あっ---」ビクビクッ

八幡(...もしかして、イッた?)

陽乃「はあ、はあ...ふうぅ...はち、まん...」

八幡「何ですか?」

陽乃「き、キス...」

八幡「...」

陽乃「...」

八幡「...好きです、陽乃さん」

陽乃「私も...好き」


111: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/14(土) 23:01:33.84 ID:6iAUFdbfO

八幡「...こっちもいいですか?」スーッ

陽乃「あっ...」

八幡「ほ、本当に濡れるんですね...」

陽乃「うぅ...八幡のくせに」

八幡「くせに、の意味がわかりません...」クチュ

陽乃「んあっ...突然するのはやめてぇ...」

八幡「す、すみません...じゃあ、しますね」クチュクチュ

陽乃「あ、あぁっ、んう~...は、八幡...」

八幡「...はい」

陽乃「えっとね...直接触って?」

八幡「...分かりました」

八幡(ショーツをずらして...)

八幡「...うおっ」

八幡(すげ...ヌルヌルしてる。近いとはいえ、流石に暗くてよく見えないけど...逆にそれが興奮する)

八幡「あの...痛くないですか?」ヌチャ

陽乃「ひぁっ...大丈夫だよ。その、八幡に...もっとして欲しい。中に...入れて欲しい」

八幡「...はい」グチュッ

陽乃「あんっ...!」

八幡(中スゲエ...! ヌルヌルでブツブツで、痙攣してて...)

八幡「...」グチュグチュ

陽乃「あっ、はぁっ...気持ちいいよ、八幡...あんっ!」

八幡「陽乃さん...陽乃さん...」

陽乃「あっ、も、もう...ひあっ、ダメ、もう、あっ、あぁっ、イクッ、ふあぁっ---」ビクッ ビクッ

八幡「...陽乃さん」ギュッ

陽乃「は、八幡...」ギュー


119: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:05:54.74 ID:O343f4efO

陽乃「...あ」

八幡「どうしました?」

陽乃「...八幡のここ」

八幡「あ...」

陽乃「す...凄く硬いね」

八幡「まあ...そうですね」

陽乃「今度は...私がしてあげるよ」

八幡「いいんですか?」

陽乃「もちろん。でも、その...初めてだから、上手く出来ないかも」

八幡「俺も初めてでしたけど、なんとかなりましたし...大丈夫ですよ」

八幡(っていうか、陽乃さんにしてもらえるだけで感動してきた...)

陽乃「じゃあ...仰向けになって」


120: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:06:34.61 ID:O343f4efO

八幡(き、緊張してきた...)

陽乃「じゃあ、脱がすね...へ!?」

八幡「ど、どうしました?」

陽乃「何これ...大きいし、なんて言うか...エグイね」

八幡「ですかね...?」

陽乃「うん...えっと、握って上下に動かすんだっけ?」

八幡「は、はい...お願いたします」

陽乃「うん...」シコシコ

八幡「い...イイ感じです」

陽乃「ホントに!?」

八幡「はい」

陽乃「そっかそっか...」

八幡(なんでこんなに嬉しそうなのこの人...。ホント可愛い)

陽乃「...本当に気持ちいい? なんて言うか...上下に動かしてるだけだよ?」

八幡「いや、気持ちいいっすよ。男の体って単純なんで...」

陽乃「そうなんだ...」


121: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:07:01.91 ID:O343f4efO

陽乃「ここら辺は...どう?」ツツー

八幡「っ!」ビクッ

陽乃「ご、ごめん! 痛かった?」

八幡「いや、ビックリしただけです...先っちょの方も気持ちいいんで、お願いします」

陽乃「う、うん...」サワサワ

八幡(陽乃さんの手、柔らかくてスベスベで...自分でするのとは全然違う...)

陽乃「他の所も触ってみるね...」ツー

八幡「くぅ...」

八幡(裏筋の触り方もスゲエ...)

陽乃「な、なんかビクビクしてるけど...本当に痛くない?」

八幡「いや、全然大丈夫です...気持ち良すぎてヤバいです」

陽乃「そ、そっか...」

八幡「あの...陽乃さん」

陽乃「なに?」

八幡「俺もう...我慢できないです」ドサッ

陽乃「ひゃっ...じゃあ、シちゃう?」

八幡「はい...」


122: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:07:32.04 ID:O343f4efO

八幡「じゃあ...入れますね」

陽乃「うん...来て」

八幡「...っつ、くぅ」ズブブ

陽乃「うぅっ、い、痛っ...」

八幡「だ、大丈夫ですか!?」

陽乃「う、うん...大丈夫。好きに動いて」

八幡「...強がらないでください。涙目になってますよ」ギュッ

陽乃「はは...バレちゃったか」ギュー

八幡「陽乃さん」

陽乃「...」

八幡「...」

陽乃「八幡は優しいね」

八幡「別に、そんなことは...」

陽乃「謙遜しなくていいの。お陰で、凄く痛いけど、それ以上に幸せだもの」

八幡「なら...良かったです」


123: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:08:09.42 ID:O343f4efO

陽乃「本当にもう動いていいよ」

八幡「じゃあ...行きますね」ズチュ

陽乃「っ! あっ、つうぅ...」

八幡(やっぱまだ痛そうだな...)

八幡「...気分が変わったんで、やっぱこっち責めますね」ムニュ

陽乃「あっ、んんっ...おっぱい、気持ちいいよ...ひゃっ」

八幡(入れっぱなしだと難しいけど、やっぱ舐めたい...)レロレロ

陽乃「あっ、んんっ、あっ、あっ...もっと、もっとぉ...」

八幡(陽乃さん、感じてくると中がウネッて、こっちまで気持ち良くなる...)

陽乃「はっ、ふぅっ...」

八幡(もっと乳首を舐めた---)ズチュ

陽乃「ひゃうっ!?」

八幡(ヤバッ、動いてしまった...)

八幡「陽乃さん、大丈夫ですか!?」

陽乃「うん、今、すごく気持ちよくて...」

八幡「ほ、ホントですか...?」

陽乃「うん...ねえ、八幡」

八幡「なんですか?」

陽乃「今のも、私が強がってるのに気づいて、おっぱい責めてくれたんでしょ?」

八幡「...さっきも言いましたけど、気が変わっただけです」

陽乃「まったく君は...。じゃあ、今度は私からのお願い。両方...シて?」

八幡「...分かりました」


124: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:08:44.69 ID:O343f4efO

八幡「...」グチュ

陽乃「はう...あぁっ」

八幡「痛く、ないですか...?」

陽乃「うん、はぁっ...気持ち、いいよ...あんっ! ...八幡は?」

八幡「俺も、無茶苦茶気持ちいいです...」

陽乃「なら、もっと...ひゃっ、動いて...?」

八幡「はい...」グチュグチュ

陽乃「はんっ! あぁっ、ひゃう...あ、あっ...あんっ!」

八幡(足をM字に開いて感じてる陽乃さん...凄くエロい)

陽乃「はち、まん...あんっ! き...きすぅ」

八幡「...」

陽乃「...んむっ」

八幡「!」

八幡(陽乃さんの、舌が...)

陽乃「はむ、んっ、んんっ! んむ、うぅっ...」

八幡「んちゅ、ん、はむ...」

陽乃「...ぷはっ! はっ、はっ...気持ちいい...八幡...」

八幡「俺もです、陽乃さん...」


125: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:09:18.16 ID:O343f4efO

陽乃「八幡...」

八幡「なんですか、陽乃さん」

陽乃「私...上になりたい」

八幡「え...」

八幡(つまり、それって...)

陽乃「よい...しょ!」グイッ

八幡「うおっ...」ボスッ

陽乃「えへへ、今度は...私が責めちゃうから」

八幡(...騎乗位、じゃん)

陽乃「動くね...はっ、あっ...」クチュ グチッ

八幡「うあっ...これ、ヤバッ」

陽乃「はぁ、はぁ...八幡の感じてる顔、可愛い...」

八幡「あっ...これ、ホントに気持ちいいです...」

陽乃「私も...八幡のが、奥まで入ってきて...気持ちいい」

八幡(ジワジワ気持ちよさが押し寄せてくる...。騎乗位って、こんな感じなのか...)

陽乃「はぁ、はぁっ...八幡、八幡...」パンパン

八幡「ぐあっ...!?」

八幡(動きが速くなって...しかも、陽乃さんの胸が揺れてるのがすっげえエロい...)

八幡「俺も...動いていいですか?」

陽乃「あっ、はっ...うん、動いて...ひゃん!」ズチュ

八幡「はぁ、はぁ...」

陽乃「あっ、はうっ...ま、待って、もう、あう」ポス

八幡「ぐむっ」

八幡(陽乃さんが倒れて来て、胸が押し付けられて...)

陽乃「もっ、もう、あんっ...やば、イっちゃいそう...」

八幡「はい...イっちゃってください」

八幡(とか言いつつ、俺ももう...)

陽乃「はっ、あっ、ひゃうぅ...」ギュー

八幡「え、ちょ、陽乃さん、俺もイキそうなんで離してください」

陽乃「やだっ、な、中に...あっ、はっ...だ、出して?」

八幡「...いいんですか?」

陽乃「うん、八幡、中に...いっぱい...」

八幡「あっ、くっ...」

陽乃「は、八幡...あんっ、い、イク---」ビクビクッ

八幡「お、俺も...くぅっ---」ビュッビュビュ

陽乃「は、は...ふうぅ...中で...ビクビクしてる...」

八幡「はぁ...はぁ...陽乃さん...好きです」

陽乃「私も...八幡」


126: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/17(火) 21:11:43.49 ID:O343f4efO

はるのんはこれにて終了です


131: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/21(土) 18:33:20.95 ID:t60QiuPZO

ゆきのんルート行きます


132: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/21(土) 18:33:48.35 ID:t60QiuPZO

八幡(ぼちぼち帰るか...。にしても、あの薬ってどうなってんだろ?)

雪乃「んぐっ!?」

八幡「?」

八幡(雪ノ下の奴、変な声出してどうしたんだ...?)

雪乃「...」ピョコン

一同「あ...」

八幡「...また猫耳生えてんじゃねえか」

結衣「え、ゆきのん...なんで薬飲んじゃったの...?」

雪乃「いや、その...一色さんにやられっぱなしは、少々癪に障るものだったから...」

いろは「あ...ご、ごめんなさい」

雪乃「いえ、気にしないで...」

いろは「でも、雪ノ下先輩の顔色悪いですよ...? 気分悪いんですか?」

雪乃「ええ、少しだけ...」

八幡「陽乃さんが、『連日で服用したらダメ』って言ってたじゃねえか」

雪乃「ええ...でも、日も空いてたし...」

結衣「まあまあ、飲んじゃったんだから仕方ないよ」

いろは「雪ノ下先輩、一人で帰れそうですか?」

雪乃「ええ、そこまで酷くはないから。すぐに収まるはずよ」

結衣「もう、強がっちゃダメだよ。...ヒッキー、送ってってあげて」

八幡「え、俺? 由比ヶ浜が行けばいいだろ」

結衣「そうしたいんだけど、私今日用事があって...。それに、万が一の時、男の子がいた方が助かるはずだよ」

八幡「...そういうもんか」

雪乃「え、あの...いいのかしら?」

八幡「まあ、仕方ないだろ」

雪乃「...ありがとう」


133: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/21(土) 18:34:17.35 ID:t60QiuPZO

八幡「...」

雪乃「...」

八幡(一緒に帰っているとはいえ...こういう時、何話したらいいのか分からん)

雪乃「比企谷くん」

八幡「あ、なに?」

雪乃「その...本当にもう大丈夫だから、もうここでいいわよ」

八幡「え、そうか?」

雪乃「...ええ」

八幡(...とか言いつつ、そんな寂しそうな顔しないでくれませんかねえ)

八幡「...一応、ヤバそうな薬飲んだあとだ。何が起こるかわかんねえから、家まで送る」

雪乃「え...いいの?」

八幡「お、おう...」ドキッ

八幡(玩具買ってもらう子供みたいな顔されちゃあ困りますよ...)

八幡「...そ、そういえば、その薬ってどういう仕組みなんだろうな」

雪乃「そうね...想像もつかないわ。私たち、かなり危ないものを飲んでいるのね」

八幡「ああ。だから、あんまガンガン使うなよ?」

雪乃「...もしかして、心配してくれているのかしら?」

八幡「いや、別に...」

雪乃「素直じゃないわね」

八幡「ほっとけ。そうこうしてるうちに着いたぞ」

雪乃「...そうね」

八幡「俺はもう帰るけど、何かあったら、雪ノ下さんか誰かに連絡しろ。遠慮とかしたら---」

雪乃「比企谷くん」

八幡「え、あ、はい」

雪乃「その...夕食、一緒にどうかしら?」

八幡「え...」


134: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/21(土) 18:34:45.78 ID:t60QiuPZO

八幡(じょ、女子が一人暮らししてる家に上がってしまった...)

雪乃「急いで作るけど、時間がかかってしまうから、ゆっくりしてて」

八幡「いや、なんだ...お、お構いなく?」

雪乃「なぜ疑問系なのかしら? それと、挙動不信で気持ち悪さが引き立っているわよ」

八幡「笑顔でヘイト吐きまくるんじゃねえよ...」

八幡(にしても、俺が残るっていった瞬間からニコニコ何ですけど...)

雪乃「何かリクエストはあるかしら?」

八幡「え、なんでもいいぞ」

雪乃「なんでもいいが一番困るのだけれど...。まあ、冷蔵庫にあるもので頑張ってみるわ」

八幡「おう、頼んだ」

雪乃「ええ」

八幡「...」

八幡(さっきから耳がピンって立ってるな...外にいたときは、なんかこう、むしろを向いてたけど...)

八幡(ちょっと調べてみよ...)

八幡「...」カチカチ

八幡(ふ~ん、耳が後ろを向いてたらストレス溜まってて、ピンと立ってたらリラックスしてるのか...)

八幡(やっぱ、家の方が落ち着くのか...)

雪乃「...そういえば、比企谷くんって好き嫌いはあるのかしら?」

八幡「え、ああ。トマトが苦手。それ以外は特に無いな」

雪乃「...それ、本当かしら?」


135: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/21(土) 18:35:11.48 ID:t60QiuPZO

八幡「...」

雪乃「...」

八幡「ミートソーススパゲッティ、か...」

雪乃「ええ...」

八幡「しかも、ソースは市販のではなく、一から手作り...」

雪乃「昨日トマトが安かったし、前から挑戦してみたかったの...」

八幡「時間かかるんじゃねえの?」

雪乃「昨日から下ごしらえしてたの...」

八幡「...」

雪乃「...あ、無理しなくていいわ。今からでも作れるものはあるし...」

八幡「...」クルクルッ パクリ

雪乃「あ...」

八幡「...うまい」

雪乃「...え」

八幡「トロッとしてるけど、トマトの嫌な食感は無くて、全然いける。今まで食べた中で一番うまいぞ...」モグモグ

雪乃「ほ、本当に...?」

八幡「ああ...」ムッシャムッシャ

雪乃「そ、そんなに急いで食べなくても...」

八幡「...」ムシャムシャ

雪乃「...良かった」ホッ


149: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/23(月) 13:06:21.59 ID:O9ACz5ioO

八幡「ふう...ご馳走様」

雪乃「いえ...凄い食べっぷりだったわね」

八幡「ああ...つい、な...」

雪乃「そう...」

八幡(コイツ、すっげえニコニコしてんなあ...)

八幡「あ、俺皿洗うわ」

雪乃「いえ、いいわよ。私がやるわ」

八幡「いや、してもらってばっかじゃあ居心地が悪いしな」

雪乃「そう...じゃあ、お願いするわ」

八幡「おう」


150: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/23(月) 13:06:49.76 ID:O9ACz5ioO

八幡「ふう、終わった...お?」

雪乃「すぅ...すぅ...」

八幡「寝てんのか...」

雪乃「...」zzz

八幡(毒吐かなけりゃ、可愛い顔してんのになあ...)

八幡(ってか、これからどうしよ...。帰るにしても、コイツ起こさないと戸締りできないし、かと言ってすること無いし...)

八幡「とりあえず座るか...」ファサ

八幡「うお、吸収力スゲエ...流石、高そうなソファーなだけあるわ」

雪乃「...比企ぎゃやくん」

八幡(噛んだな)

八幡「起きたか。どうした?」

雪乃「...」ゴロン

八幡「は?」

八幡(な、なんで俺の太ももの上に頭載せるんですかねえ...)

八幡「お、おい、雪ノ下...」

雪乃「すう...すぅ...」

八幡「寝るの早っ」


151: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/23(月) 13:07:21.05 ID:O9ACz5ioO

八幡「...っと、もう9時半か。帰らないとな...おい、雪ノ下」

雪乃「...」zzz

八幡「お~い、雪ノ下~」

雪乃「ううううう...」

八幡「俺もう帰るぞ~」

雪乃「ん~?」

八幡「俺、もう、帰る」

雪乃「そんなの...許さないわ~...」ギュッ

八幡「ちょ、おま、雪ノ下!?」

雪乃「帰っちゃ嫌だ...」ギュー

八幡「いや、そういう訳にはいかんだろ」

雪乃「嫌だ...」

八幡「しかしだな...」

雪乃「...黙りなさい侵入谷くん。一度私の家に入ったからには、一晩は滞在してもらうわよ」

八幡「え、お前、寝惚けてる?」

雪乃「ええ、さっきまでは。でも、もう覚醒したわ」

八幡「してねえだろ」


152: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/23(月) 13:08:14.73 ID:O9ACz5ioO

八幡「...」

雪乃「...」

八幡「...え、なんで急に黙るの?」

雪乃「あなた、先程帰ろうとしたわね」

八幡「え、あ、うん...」

八幡(今もだけど)

雪乃「...」

八幡「...え、それで?」

雪乃「なんで帰ろうとしたのよ?」

八幡「いや、普通だろ...」

雪乃「...泊まっていくわよね?」

八幡「いかねーだろ」

雪乃「...」

八幡「突然どうした?」

雪乃「...この猫耳が生えると、なんだか変な気分になるのよ」

八幡「変な気分?」

雪乃「ええ...人がいる時は一人になりたい気分に、一人でいるときは誰かといたい気分に...」

八幡「あ、なんかカマクラっぽいな」

雪乃「そうなの...?」

八幡「ああ、あいつも結構ツンデレだ」

雪乃「ツンデレと言わないでくれるかしら...」

八幡「はいはい。...ってか、それだと、俺が泊まったら泊まったで、鬱陶しくなるんじゃね?」

雪乃「...その時はその時よ」

八幡「おい」

雪乃「それに、あなたはいつも鬱陶しいわ」

八幡「おい...」


153: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/23(月) 13:09:14.96 ID:O9ACz5ioO

雪乃「その、ごめんなさい。ワガママ言ってしまって...」

八幡「いや...なんだ。その、俺は良いんだけど、いや良くないけど、お前的によろしくないだろ」

雪乃「...ああ、なるほど。言いたいことはわかったわ。でも、どうせあなたに手を出す勇気なんて無いでしょう?」

八幡「...」

八幡(否定できないのが悲しい)

雪乃「ほら、大丈夫でしょう?」

八幡(やっぱコイツ頑固だな...あ、カマクラも頑固だわ。嫌な相乗効果...)

八幡「お前がいいんなら、別にいいぞ...」

雪乃「...」コクリ


160: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/28(土) 17:57:14.97 ID:5uyPgpb9O

雪乃「...と、とりあえず、私はシャワーを浴びてくるわ」

八幡「あ、俺風呂どうしよ...」

雪乃「まさか、私と一緒に入りたいということかしら?」

八幡「いや違うから...」

雪乃「まあ大丈夫よ、一日ぐらい入らなくても死にはしないわ。まだ春先だし、汗もかいてないでしょう?」

八幡「うーん、まあな。まあしゃーない」

雪乃「とりあえず、そこで大人しくしていなさい」

八幡(ツンに切り替わったなあ...)


161: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/28(土) 17:57:42.57 ID:5uyPgpb9O

雪乃「出たわよ」

八幡「早いな。ゆっくりしても良かったのに」

雪乃「あら、もしかして女子高生がシャワーを浴びている音を聞いて欲情していたのかしら?」

八幡「浴場だけに、ってか?」

雪乃「...」

八幡「...いや、すまん。それと欲情はしてない」

雪乃「そう」

八幡「...」

雪乃「...」

八幡「...あの、すみません」


162: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/28(土) 17:58:20.05 ID:5uyPgpb9O

雪乃「さあ、そろそろ寝ましょうか」

八幡「あ、おう」

雪乃「ちなみに、私は何も聞いていないし、比企谷君も何も言っていないわ。そうよね?」

八幡「...おう、そうしてくれ」

雪乃「日本語がおかしいわよ、比企谷君。国語だけがあなたの唯一の取り柄だというのに」

八幡「いや待て、他にも有るだろ」

雪乃「じゃあ、例を挙げてみなさい」

八幡「...」

雪乃「ほら、何も無いじゃな---」

八幡「頭なでなでスキル」

雪乃「...変態谷君ね」

八幡「いや、それは兄として、そして猫の飼い主としてであってだな...」

雪乃「なら、私のことを撫でてみなさい」

八幡「...え?」

雪乃「卑猥なことを考えないでちょうだい、変態谷君。頭に決まっているでしょう」

八幡「いや、分かっとるわ。でも、いいのか?」

雪乃「いいから早く」

八幡(何でそんなに目を輝かせてるんですかねえ...)


163: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/28(土) 17:58:48.09 ID:5uyPgpb9O

八幡「じゃあ、とりあえず隣に座ってくれ」

雪乃「分かったわ」ポスッ

八幡「じゃあ、いくぞ...」

雪乃「ええ」

八幡「...」ナデナデ

雪乃「はふ...」

八幡(こいつ、撫でられてる時の表情エロいな...)

雪乃「なかなかやるわね...もっと、もっと...」

八幡「お、おう...」ナデナデ

雪乃「あぅ...」

八幡(...この前みたいに、喉元もしてみるか)サワサワ

雪乃「ひゃっ...ちょ、頭じゃないじゃない...」

八幡「...」

雪乃「あぁっ、んう...待ってぇ...」

八幡「何を待つんだ?」

雪乃「うぅ...」

八幡「...雪ノ下?」

雪乃「もっと、してぇ...」


164: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/28(土) 17:59:16.53 ID:5uyPgpb9O

八幡「...え?」

雪乃「手を止めないで...もっと撫でて...」

八幡(え、いや、マジで? この前は嫌々言ってたよな...)

雪乃「比企谷君...」

八幡「...ああ」サスサス

雪乃「ふぁ...気持ち、いい...比企谷君...」

八幡「雪ノ下...」

雪乃「...」

八幡「...」

雪乃「...はっ、はぅっ...もっと...いっぱい、して...?」

八幡「おう...」

雪乃「あっ、そこっ、やぁっ...んんっ...」

八幡(体を捻りながら喘ぐコイツ、本当に...)

八幡「...可愛いな」

雪乃「んう...へ、変態...」

八幡「お前もな」

雪乃「ちが、私は...」

八幡「ほーん、耳だってヒクヒクしてて随分と気持ち良さそうだぞ」

雪乃「はう...だってぇ」


165: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/28(土) 17:59:49.68 ID:5uyPgpb9O

八幡(...耳って感じるのかな)

八幡「...はむ」

雪乃「ひゃあ!?」

八幡「ジュル、んむ...はむはむ」

雪乃「待って、おねが、あぁっ! それ、ダメ、あ、や、何か、何かが、来る、も、あ、あっ---」ビクビクッ

八幡「...イったか?」

雪乃「はあ、はあ...い、イク...?」

八幡(もしかして、イクとかそういうの知らないのか...?)

八幡「ああ...これからたっぷり、教えてやるよ」

雪乃「はあ、ふう...それは、どういう---ひゃん!」


166: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/11/28(土) 18:00:27.04 ID:5uyPgpb9O

ゆきのんはこれにて終了です


171: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:17:37.11 ID:c6ol5NJKO

ガハマさんルート行きます


172: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:18:04.90 ID:c6ol5NJKO

小町「ねえお兄ちゃん、ここ教えて」

八幡「ん? ああ、ここはな、ここがこうなって、こうなんだよ」

小町「むむ、そう来るか...」

八幡「分かったか?」

小町「うん...。はあ、高校は入学前にも課題を出して来るのか...」

八幡「まあ、一応進学校だしな。それ、いつ提出なんだ?」

小町「入学式の日」

八幡「明後日じゃねえか...。終わるのか?」

小町「うん。もうこのページで終わり」

八幡「おお、良かった...」

ムー ムー

八幡「お、携帯が...誰だ?」カチカチ

八幡(由比ヶ浜かあ...)


173: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:18:30.53 ID:c6ol5NJKO

やっはろー( ´ ▽ ` )ノ

だいたい一週間ぶりだね(`ω´)

ところで、明日会えるかな? |ω・`)

もしよかったら、返信ちょうだーい(≧ω≦)


174: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:19:00.06 ID:c6ol5NJKO

八幡(...面倒くさいなあ)

小町「お兄ちゃん、誰からメール?」

八幡「え、あー...」

小町「ま、お兄ちゃんにメールしてくれるのなんて、あのメガネの人か、結衣さんくらいだよね」

八幡「うぐっ...」

小町「あ、この反応は結衣さんだね」

八幡「なんで分かるんだよ...」

小町「小町はお見通しなのです」

八幡「まったく...」

小町「で、要件は?」

八幡「...黙秘権を行使する」

小町「許可しません」

八幡「...」


175: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:19:29.24 ID:c6ol5NJKO

八幡「...どっか行こうってさ」

小町「つ、遂にお兄ちゃんにもデートのお誘いが...!」

八幡「いや、デートか...?」

小町「男女が二人きりで居るんなら、それだけでデートなんだよ! これだからお兄ちゃんは...」

八幡「そう、なのか...」

小町「それで、どこ行くの?」

八幡「え、行かなきゃダメ?」

小町「...は?」

八幡「...え?」

小町「まさか、断ろうとかしてたわけ?」

八幡「お、おう...」

小町「...ちょっと携帯貸して」バシッ

八幡「あ、おい、ちょ---」

小町「はい、送信、っと」

八幡「お前な...何て打ったんだよ」

小町「履歴見たらいいじゃん」

八幡「...」カチカチ


176: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:20:04.99 ID:c6ol5NJKO

おう、分かった。
明日の朝十時に駅前に集合でいいか?
都合悪かったら連絡来れ。
おやすみ。


177: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:20:58.45 ID:c6ol5NJKO

八幡「...内容はともかく、文面は俺が打ちそうな感じにするあたりが悪質だ」

小町「てへぺろ!」

八幡(コイツ...うざいけどマジで可愛い...)

八幡「...じゃなくて、マジなのか?」

小町「マジだよ。じゃ、小町も手伝うから、明日もデートプラン決めちゃおう!」

八幡「え、それも必要?」

小町「当たり前じゃん! こういうのは男が引っ張るの!」

八幡「ええ...」


178: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/02(水) 18:23:01.71 ID:c6ol5NJKO

ムー ムー

八幡「...」カチカチ

小町「結衣さんから?」

八幡「ああ、了解だとさ」

小町「よーしよし、じゃあまずは、明日着る服から決めよう!」

八幡「...もう、お前に任せた」


184: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/03(木) 23:29:39.29 ID:/2jdoqW1O

小町「おはよう、お兄ちゃん」

八幡「おー、おはよう」

小町「いや~、遂に待ちに待った今日だね!」

八幡「昨日の今日だけどな。それに、そこまで待ち侘びても無い」

小町「またまた~、そんなこと言っちゃって~」

八幡「俺はこうして小町がおはようって言ってくれることが一番嬉しいぞ」

小町「...そういうことを結衣さんに言えばイチコロだと思うんだけどなあ」


185: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/03(木) 23:30:06.04 ID:/2jdoqW1O

ムー ムー

八幡「朝っぱらからメールか...しかも由比ヶ浜」カチカチ

小町「え、結衣さん何て?」

八幡「えーっと...え、風邪だとさ...」

小町「えぇっ!? 大丈夫なの!?」

八幡「いや、今日は無しだろ」

小町「いや、そっちじゃなくて、結衣さんの体調!」

八幡「ああ、そっちね。熱はあるけど、酷くはないらしい」

小町「...!」キュピーン

八幡(うわ、嫌な予感...)

小町「ねえねえ、お兄ちゃん」

八幡「なんだよ...」

小町「お兄ちゃん、結衣さんの家どこか知ってるよね?」


186: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/03(木) 23:30:40.16 ID:/2jdoqW1O

ピンポーン

ドタバタ ガチャ

結衣「どちら様で---どぅわ!? ヒッキー!?」

八幡「お、おう...」

結衣「え、えと...ど、どしたの?」

八幡「...見舞いだよ」

結衣「ふえ?」

八幡「風邪ひいてんだろ? だから、見舞いっていうか、看病というか...その、いきなり押しかけて悪い」

結衣「...ううん! ありがと!」ニコッ

八幡(笑うと可愛いなあ...いや、笑わなくてもか)

結衣「...へ、ヘックチ!」

八幡「っと、そうだ。上がらせてもらっていいか?」

結衣「あ、うん。ど...どうぞ」


187: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/03(木) 23:31:14.88 ID:/2jdoqW1O

八幡「...あれ、親御さんは?」

結衣「あ、あー...お父さんは出張で、お母さんはご近所さんと温泉旅行。あははー...」

八幡「な、なるほど...」

八幡(ふ、二人っきりかよ...)

結衣「で、でもアレだよ! 一人でも大丈夫だよ!」

八幡「...顔真っ赤にしてフラフラしながら何言ってんだ。病人はちゃんと看病されとけ」

結衣「で、でも、迷惑かけちゃうし...」

八幡「いつも世話になってるんだし、気にしねーよ。小町ので慣れてるしな」

結衣「そ、そっか...」

八幡「お前、朝飯食った?」

結衣「え、ううん」

八幡「じゃあ、昼食も兼ねてお粥でも作るわ。台所借りてもいいか?」

結衣「い、いや、だから悪い---クシュン!」

八幡「おら、いいから寝とけ。で、借りていいか?」

結衣「えっと...いいの?」

八幡「ダメなら来てねーよ」

結衣「...えへへ、じゃあ、お願いするね。ありがと」

八幡「おう。お前は部屋に戻っとけ」

結衣「うん!」


188: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/03(木) 23:31:41.05 ID:/2jdoqW1O

ガチャ パタン

結衣「えへへへへ...ヒッキーが私のために看病してくれるのか」

結衣「...はっ! 汗かいたパジャマのまま出ちゃった! はわわわ...」

結衣「と、とりあえず着替えよう!」


189: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/03(木) 23:32:08.79 ID:/2jdoqW1O

結衣「...よし、これで大じょ---ックシュン!」

コンコン

結衣「あ、ヒッキーだ。布団に入って...」モゾモゾ

結衣「ど、どうぞ~」

八幡「できたぞ~」ガチャ

結衣「おお、ちゃんとしたお粥だ!」

八幡「当たり前だろ。お前と一緒にすんな」

結衣「あう...ご、ごめん」

八幡「ちょ、そんな凹むなよ。...俺も、強く言っちまって悪かった」

結衣「ううん...」

八幡(うーん、やっぱ病気だとマイナス思考になるのか...?)

結衣「」グー

結衣「あ...」///

八幡「...とりあえず、飯食え」

結衣「うん...」


190: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/03(木) 23:32:38.48 ID:/2jdoqW1O

結衣「よいしょ」ガバッ

八幡「...は? なんで服着替えてんの?」

結衣「え、だってヒッキー来てるし...」

八幡「...くっ、なんだそりゃ」

結衣「ちょ、笑うなし!」

八幡「くくっ...悪い悪い。お前が気にするんなら仕方ないけど、せめてジャージとか楽な格好にしとけ」

結衣「うん...ありがと」

八幡「じゃ、俺はコンビニに飯買いに行ってくるから、その間にお前は食ったり着替えたりしとけ」

結衣「着替えはしとくけど、ご飯はヒッキーが帰ってくるまで待ってる」

八幡「いや、それじゃお粥が冷めるだろ」

結衣「それでもいいよ」

八幡(...なんでこういう時に頑固なんだろな)

八幡「分かった。帰ってきたらチンするから、着替えて待っといてくれ」

結衣「うん、分かった!」


193: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:40:22.75 ID:9PFbCwcdO

結衣「ご馳走様! 美味しかった~」

八幡「そうか。薬も飲んどけよ」

結衣「そだね。ごめんけど、そこの机の上のビン取って~」

八幡「ほい」

結衣「ありがと」ゴクン

八幡「体調はどんな感じだ?」

結衣「結構楽になってきた!」

八幡「そうか。まあ、どっちにしろ、今日は一日寝とけよ。さっきポカリ買ってきて冷蔵庫に入れてあるから、取ってくるわ」

結衣「うん...ごめんね」

八幡「謝るなっつの」ガチャ バタン


194: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:40:49.79 ID:9PFbCwcdO

結衣「...ヒッキーと二人っきりなのは嬉しいけど、迷惑かけてばっかり」

結衣「嫌われたりとかしないかな...」

結衣「...へ、ヘックション!」ピョコン

結衣「ちょっと寒くなってきちゃった...」モゾモゾ

結衣「...こんなふうに、弱ってる女の子と二人っきりなのに、全く手を出す様子がないなんて、本当にヒッキーはヒッキーだなあ」


195: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:41:29.32 ID:9PFbCwcdO

コンコン

結衣「はーい」

ガチャ

八幡「ポカリ持ってき---ちょ、由比ヶ浜!」

結衣「ふぇ!? な、なに!?」

八幡「なんでうさ耳が生えてんだよ!?」

結衣「え、嘘!? ...ホントだ」

八幡「まさかさっきのビン、ケモミミの薬...じゃねえのか」

結衣「え、え、なんで? 怖いよ...」ジワ

八幡「お、落ち着け。ちょっと陽乃さんに連絡してみる」

結衣「う、うん...」


196: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:41:58.92 ID:9PFbCwcdO

プルルルル ガチャ

陽乃『もしもーし』

八幡「...比企谷です」

陽乃『およよ、比企谷? どうしたの?』

八幡「えっと、ケモミミの薬について質問があるんですけど」

陽乃『ふむふむ。なんだね?』

八幡「あの薬を服用してないのに、ケモミミが生えるってことはあるんですか?」

陽乃『ちょっと待ってよ~...あ、分かった』

八幡「何がですか?」

陽乃『ガハマちゃん、風邪薬飲んだでしょ』

八幡「...どういうことですか?」

陽乃『大丈夫だよ~。それ、薬の注意書きに書いてあったから。心配せずに、ガハマちゃんとイチャコラしちゃってね~』ブツッ

八幡「...」


197: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:42:26.03 ID:9PFbCwcdO

八幡(なんで陽乃さんは由比ヶ浜といること知ってたんだ...?)

結衣「ヒッキー...」

八幡「お、おお、なんかよく分からんが、何かの薬飲んだら、ケモミミが生えることがあるらしい」

結衣「...大丈夫なの?」

八幡「ああ」

結衣「...良かったぁ~!」グワッ

八幡「お、おい抱きつくな!」

結衣「うぅぅ~、怖かったよ~!」グスッ

八幡(...今だけは許してやるか)


198: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:43:03.93 ID:9PFbCwcdO

八幡「...収まったか?」

結衣「うん...ありがとね、ヒッキー」

八幡「おう。さっきも言ったけど、いつも世話になってるしな」

結衣「そんなことないよ。いつもヒッキーに助けてもらってばっかり...」

八幡「...うさぎって寂しがり屋だな」

結衣「へ...?」

八幡「お前、体調悪い上にうさぎっぽくなってるから、ネガティブになってるだけ。いつもはそこまで悲観的じゃないぞ」

結衣「あう...」

八幡「...俺も雪ノ下も、お前がいるおかげで毎日楽しいよ。いつもありがとな」

結衣「ヒッキー...」グスッ

八幡「え、ちょ、泣くなって...」

結衣「嬉しくって...えへへ、こちらこそありがとう!」

八幡「お、おう...」

八幡(...柄にもないこと言っちまったなあ)

八幡「...と、とりあえず、病人は寝とけ」

結衣「うん...」

八幡(...トイレ行きたくなってきた)スクッ

結衣「え、ヒッキーどこ行くの...?」

八幡「え、トイレだけど」

結衣「そ、そっか...すぐ戻ってきてね?」

八幡「お、おう...」

八幡(ちょっとドキッとしちゃったじゃねえか...)


199: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:43:31.28 ID:9PFbCwcdO

ガチャ

結衣「! ヒッキー、おかえり!」

八幡「お、おう...」

八幡(そんなにニコニコするなよ...。勘違いするだろ)

八幡「...ってか、お前寝ろって」

結衣「う、うん...」

八幡「...」

結衣「...ヒッキー」

八幡「どうした? 寒いか?」

結衣「ううん。...手、握ってくれない?」

八幡「え、あ、おう...」ギュッ

結衣「...えへへ」


200: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/04(金) 18:44:04.61 ID:9PFbCwcdO

結衣「...」スー スー

八幡(手ぇ握ってからすぐ寝たな、コイツ)

八幡(...っつーか、男と二人っきりなんだから、もうちょい意識しろよ)

八幡「...ふわぁ」

八幡(俺も眠くなってきた、な...)


205: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:10:11.24 ID:NBS6Uu+3O

結衣「...んう、ヒッキー」

結衣「ふわあ...よく寝た。あ、でもまだ2時半か」

結衣「あ、ヒッキーも寝てる」

結衣「えへへ...手ぇ繋いだままだし」

結衣(なんだか、秘密の関係みたいで、こういうのドキドキするなあ...)

結衣(...ヒッキーはなんとも思ってないのかなあ)

結衣(アソコがジンジンしてきて、変な気分になってきちゃった...)

結衣「いやいや、ヒッキーが目の前にいるのに、何考えてるの、私は...」

八幡「...」スー スー

結衣「...ヒッキー」

結衣(...ちょっとだけ。ちょっとだけなら...いいよね)モゾモゾ


206: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:10:41.27 ID:NBS6Uu+3O

結衣「ん、はうぅ...」モミモミ

結衣(ヒッキーが目の前にいるのに、私、自分で自分のおっぱい触って興奮してる...。まるで、ヒッキーに...)

結衣「ヒッキー...ヒッキー」

結衣「もっと、いっぱい、直接触ってぇ...」モゾモゾ

結衣「あっ、先のほう...乳首、気持ちいい...」クリクリ

結衣(...そうだ。この握ってるヒッキーの手に、私のおっぱいを...)ムギュ

結衣「えへ、ヒッキーに触られちゃってる...」

結衣「あぁっ...もっと、もっとぉ...あぁっ!」


207: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:11:08.58 ID:NBS6Uu+3O

結衣「はぁ、はぁ...ヒッキー」

結衣「こっちも...触って」スルスル

結衣(あ...アソコ、糸引いちゃってる。一人でやっても、こんなにならないのに...)

八幡「...」スー スー

結衣「まだ、大丈夫...だよね」

結衣「ヒッキー、こっちも...」グイッ

結衣「あ、あぁっ、ヒッキー、ヒッキー...!」グチュグチュ

結衣(やだ、私...自分で腰動かして、ヒッキーの手に擦りつけてる)

結衣「ダメ、なのに...はぁ、腰、止まらな---ひゃうん!」グチッ

結衣(ヒッキーの指が曲がって、アソコに入っちゃった...)

結衣「あ、う、腰が...」ウネウネ

結衣(ダメだよ、流石に中は...ヒッキーの指が汚れちゃうし...)

結衣「でも、でも...我慢できないよぅ...」

結衣「...あ、はう...ヒッキー、もっと、もっとしてぇ」


208: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:11:35.00 ID:NBS6Uu+3O

結衣「---ッキー、ヒッキー」

八幡(...由比ヶ浜、呼んでる?)

結衣「あぁっ、ヒッキー...ヒッキー」

八幡(やっぱり呼んでる...。ちょっと寝すぎたな)

八幡「ふわ...由比ヶ浜、どうしたー?」

結衣「え...」

八幡(目が乾燥して上手く開かん...。あと、なんか右手が濡れてる?)

八幡「んん...なんだこれ?」グイッ

結衣「あぁっ!」ビクビクッ

八幡「あれ、動かん...」グイッ グイッ

結衣「あん! やぁ、ダメぇ!」

八幡「由比ヶ浜ー、声がデカいしエロいぞー。あと手ぇ離せー」グイッ

結衣「あぁっ、もうダメ---あぁっ!」ビクッ ビクビクッ

八幡(やっと目が開いてき---は?)

八幡「え、あ、え...は?」

八幡(なんで由比ヶ浜は半裸なの? なんで由比ヶ浜は惚けた顔してんの? なんで俺は由比ヶ浜のアソコに指入れてんの?)

結衣「はぁ、はぁ...ヒッキー、ヒッキー...」グイッ

八幡「ちょ、由比ヶ浜、近っ!」

結衣「ヒッキー...もうダメぇ」ギュッ

八幡(え、なんで俺は半裸の巨乳JKに抱きつかれてんの?)


209: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:12:12.73 ID:NBS6Uu+3O

八幡(...まさか俺、寝ぼけて由比ヶ浜を襲っちゃった? そんでもって、その気にさせちゃった...?)

結衣「はぁ、はぁ...」

八幡(耳元で聞こえる荒い息...でも、これに惑わさええたらダメだ)

八幡「...由比ヶ浜」

結衣「うん...何?」

八幡「...すまん」

結衣「ほえ...?」

八幡「俺、今の今まで寝ぼけてたんだ。それで、お前に何しちまったのか、全然覚えてない...。もちろん、だからって許されるとは思って---」

結衣「ちょ、ちょっと待って!」

八幡「え、お、おう...」

結衣「も、もしかして...ヒッキー、自分が私を、む...無理やり襲ったと思ってる?」

八幡「...え、違うの?」

結衣「ち、違うよ! 全然違う!」

八幡「え、じゃあなんでこんな...お前、とりあえず服整えろ」プイッ

結衣「へ...? うわあ! ヒッキー、マジ変態!」イソイソ

八幡「...やっぱり俺のせいなのか」


210: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:12:40.98 ID:NBS6Uu+3O

八幡「...で、本当はどっちなんだ? 俺のせい?」

結衣「だ、だから違うってば!」

八幡「じゃあどうなんだよ...」

結衣「うう...そ、そこは察して!」

八幡「はあ? 察しろって...ああ、お前がビッチっぷりを発揮して、逆レイプまがいのことをしてきたとか?」

結衣「あ、あう...」///

八幡(...え、マジなの? 冗談だったんですけど)

結衣「と、とにかく、ヒッキーのせいじゃないから!」

八幡「お、おう...」


211: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:13:39.41 ID:NBS6Uu+3O

結衣「...ふふふ」

八幡「突然笑い出してどうした。気持ち悪い...」

結衣「気持ち悪いって言うなし!」

八幡「はいはい。で、何だよ」

結衣「...普通の男子はさ、さっきみたいな状況だったら、流れでしちゃうと思うよ」

結衣「でも、そこで自分のせいかも、とか思って謝ってくれるヒッキーが...大好きだよ」

八幡「...え、何て?」

結衣「む~、好きなの! ヒッキーが! ...私だって恥ずかしいんだから、もう言わない」

八幡「...」

八幡(お、女の子に初めて告白されてしまった...)

結衣「...む、無言はやめてよ」

八幡「お、おお...なんていうか、頭の中が真っ白で、何言っていいのか分からん」

結衣「そ、そっか...」


212: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:14:28.58 ID:NBS6Uu+3O

八幡「...っていうか、俺なんかでいいのか?」

結衣「うん。ヒッキーがいい。第一、自分一人しかいない家に入れる男の子、好きな人以外ありえないよ...」

八幡「いや、そんなこと言うなら、好きな奴じゃないと、わざわざ見舞いなり看病なりに来ないから」

結衣「え...?」

八幡「あ...? あ...」

結衣「...本当に?」

八幡「...」

結衣「ねえ、ヒッキー!」

八幡「...ああ、好きだよ。お、俺だって恥ずかしいんだから、何回も言わせんな」

結衣「...よ、良かったぁ」

八幡「...なんか、なし崩しに告白されて、してしまった」

結衣「た、たはは...。でも、私はすっごく嬉しいよ、ヒッキー」

八幡「...おう」

結衣「えへへ、ヒッキー」ギュー

八幡「ちょ、抱きつくなよ」

結衣「え~、いいじゃ~ん。私達、これからは恋人同士なんだよ?」

八幡「そう、だな...いや、しかしだな。まずは...手を洗わせてくれ」

結衣「何で...あ」///


213: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:15:09.93 ID:NBS6Uu+3O

八幡「...ってことで、洗面所借りるわ」

結衣「...待って、ヒッキー」

八幡「あ?」

結衣「私が...綺麗にしてあげる。だから、行かないで」

八幡(どういうこと? 服で拭きとるとか、そういうことか? あ、ティッシュか?)

八幡「よく分からんけど、あんま気にすんな。ちゃちゃっと洗って---」

結衣「いいから、手ぇ貸して!」グイッ

八幡「うおっ!?」

結衣「えと...はむっ!」

八幡「!?」

結衣「んむ、ジュル...んんっ、んう」

八幡(ちょ、な、何でガハマさんは俺の指舐めてんの?)

結衣「ちゅ、ん~...ぷはっ」

八幡「おい、由比ヶは---」

結衣「ヒッキー、痛くない?」

八幡「お、おう...」

結衣「じゃあ、続けるね。...はむ、ん、んんっ...」

八幡(こ、これじゃ...まるでフェラじゃねえか...)


214: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/08(火) 21:15:45.86 ID:NBS6Uu+3O

結衣「ペロッ...ジュル、んむ...」

八幡(こいつ、何分舐め続けてんだよ。ってか、俺の下のほうも結構やばいんだけど...)

結衣「...っぷはぁ」

八幡「うお、指先がふやけてる...」

結衣「はぁ、はぁ...」

八幡「ゆ、由比ヶ浜、大丈夫か...?」

結衣「...もう、我慢できないかも」

八幡「え、由比ヶ浜...お前、なんか目が据わってるんだけど」

結衣「何言ってるのか分かんないけど...ヒッキー、キス...して?」

八幡「へ...?」

結衣「キス...」

八幡「えっと、本気か...?」

結衣「嘘でこんなこと言うわけ無いよ...」

八幡「...」

結衣「ヒッキー...」

八幡「...目ぇ閉じろ」

結衣「! うん!」

結衣「...」

八幡「...」

結衣「...えへへ、嬉しい」


220: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/11(金) 21:01:08.00 ID:hfXoPyQAO

結衣「...ね、もう一回しよ?」

八幡「...おお」

結衣「...」

八幡「...」

八幡(由比ヶ浜の唇、柔らかくて、少し粘ついてて...スゲエ気持ちいい)

結衣「...へへ。ねえ、ヒッキー」

八幡「なんだ?」

結衣「その...好き、だよ?」

八幡「お、おお...」

結衣「む~、何なの? その反応...」

八幡「いや、その...ちょっとテンパってます」

結衣「...それは私もだけどさ」

八幡「まあ、なんだ...俺も好きだよ」

結衣「もっと言って」

八幡「...嫌だ」

結衣「言って」

八幡「嫌だ」

結衣「言ってくれないなら...こうだ~!」グワッ

八幡「うお、ちょ!」

結衣「わ、ひゃあ!?」ドスッ


221: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/11(金) 21:01:38.20 ID:hfXoPyQAO

八幡「いってえ...お前、突然飛びかかってくんな---」

八幡(うわ、ちょ、顔近っ...)

結衣「あはは~、ごめんごめん...」

八幡「...」

結衣「? ヒッキー、どうし...た...」

八幡(潤んだ瞳、紅色の唇、少し染まった頬...)

結衣「...そ、そんな見られると、は...恥ずかしいよ」

八幡「...なあ、由比ヶ浜」グイッ

結衣「え、ひゃ---」

八幡「...」

結衣「...」

八幡「...由比ヶ浜」

結衣「...うん」

八幡「その、なんて言うか...好きだ」

結衣「へへへ...うん!」

八幡「あと、無理やりキスして悪かった...」

結衣「へ、いやいや! 謝んないでよ!」

八幡「いや、でもな...」

結衣「凄くドキドキしたし、嬉しかった...よ?」

八幡「そ、そうか...」


222: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/11(金) 21:02:05.04 ID:hfXoPyQAO

結衣「...ヒッキー、ちょっとお願いがあるんだ」

八幡「おう、何だ?」

結衣「私ね、もう我慢できない。もっと...シたい」

八幡「なっ...!?」

結衣「ヒッキーのココも...こんなに硬いし」

八幡「うっ...」

八幡(そ、そりゃあこんな状況だったら、健全な男子高校生はそうなりますよ...)

結衣「まずは...私が先に、ヒッキーのシてあげるね」

八幡「ほ...本気か?」

結衣「うん...本気。だから...ヒッキーのこと、襲っちゃうね」

八幡「な、なんじゃそりゃ...」

結衣「えへへ...じゃあ、下、脱がしちゃうよ」カチャカチャ

八幡「お、おう...」ゴクリ

結衣「よい、しょ!」

結衣「こ、これがヒッキーの...」

八幡(...ジロジロ見られると恥ずかしいんですが)

結衣「...」ペタペタ

八幡(その触り方はなんなんだよ)

結衣「...凄い反ってるね」

八幡「お、おお...」

結衣「ヒッキーも、興奮...しちゃってる?」

八幡「...まあな」

結衣「へへへ、そっか」


223: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/11(金) 21:02:31.73 ID:hfXoPyQAO

結衣「えっと...こうしたら気持ちいいんだっけ?」シコシコ

八幡「おお...気持ちいいぞ」

結衣「ホントに...?」

八幡「ああ。もっとして欲しい」

結衣「うん! 頑張るね!」

八幡(コイツ、ホント健気なんだなあ...マジで可愛い)

結衣「...あ、そうだ」

八幡「どうした?」

結衣「あのさ、その...口で、したら...良いんだよね?」

八幡「え...してくれるのか?」

結衣「して欲しい...?」

八幡「由比ヶ浜が嫌じゃないなら...」

結衣「ヒッキーのなら、全然嫌じゃないよ。だから...してあげる。んむっ」

八幡「っ!?」

八幡(あったかくて、湿ってて...フェラって、こんなに気持ちいいのか!?)

結衣「んむっ、んんっ、ふうっ」グチュ ズチュ

八幡(しかも気持ちいいだけじゃなくて、上目使いで頭を上下させてる由比ヶ浜が...スゲエエロくて、スゲエそそる...)


224: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/11(金) 21:03:06.91 ID:hfXoPyQAO

結衣「ぷはぁ! ...へへ、さっき指舐めた時みたいにしちゃった。...どうだった?」

八幡「...お前、無茶苦茶上手いな」

結衣「へ?」

八幡「俺がこういうのに弱いだけかもしれないけど...我慢しないと、速攻でイっちまいそうだった」

結衣「イってくれて良かったのに...。ってか、一応言っとくけど、初めてだからね?」

八幡「お、おお。いっつも自分から処女って言ってるしな」

結衣「いつもじゃないし! うぅぅ...」


225: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/11(金) 21:03:42.18 ID:hfXoPyQAO

結衣「...こうなったら、イカせちゃうから」

八幡「え...?」

結衣「ジャージをギリギリまで上げて...っと。こういうのも...好き?」ギュム

八幡「わ、ちょ...」

結衣「やっぱり、おっぱいで挟むのは難しいな...。でも、ヤっちゃうからね」

八幡(まだ挟まれてるだけなのに、スゲエ弾力...)

結衣「んしょ、んっ...」ズリズリ

八幡「うわっ...」

八幡(あの由比ヶ浜のメロンが、俺のをパイズリしてるなんて...)

結衣「感じてるかな...? なら、もっとしちゃうから」

八幡「おい、由比ヶ浜、早っ...」

結衣「えへへ、ヒッキー、イっちゃって良いんだよ?」

八幡「っ、ホントに、イキそう...」

結衣「...あ、でも待って」ピタッ

八幡「はぁ、はぁ...ど、どうした?」

結衣「最後は...口でイカせてあげる」

八幡「いや、それだとお前の口の中に---」

結衣「はむっ」

八幡「っ...!」

結衣「んっ、んむ、んんっ、んぐっ」

八幡「由比ヶ浜、ヤバ、あ、や、イクッ---!」ビュル ビュッ

結衣「んんっ...!?」ゴクン

八幡「はぁ...はぁ...」

結衣「ヒッキー、イっちゃったね」

八幡「...由比ヶ浜」

結衣「ん? 何、ヒッキ---んんっ...」

八幡「んむ、ジュル、はむ、んぐ」

結衣「んうっ、んんん...あむ、チュ...」

八幡「...っぷあ、はぁ、はぁ...」

結衣「はう...ヒッキー、突然積極的だよぉ...」///

八幡「あんだけされたら、俺だって...」

結衣「そう、なんだ...。っていうか、さっき、その...精子飲んじゃったから、へ、変な味しなかった?」

八幡「分かんねえ。だから、もっと...」

結衣「うん...」


232: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:37:00.95 ID:YRBfolaRO

八幡「---っぷはぁ! はぁ、はぁ...」

結衣「はっ、はふぅ...」

八幡「...由比ヶ浜」ドン

結衣「はう...」ポス

八幡(...押し倒してしまった。もう、後には引けない)

八幡「...触るぞ」

結衣「うう...い、言わなくていいよ...」

八幡「...」ムニ

結衣「あ、う...恥ずかしいよ...」///

八幡(顔赤くして、モジモジしてて、しかもうさ耳まで生やしてるコイツは...さながらバニーガールだな)

結衣「んん...ヒッキー、ジャージの上からだけじゃなくて...直接、触って?」

八幡「...おお」グイッ

八幡(ピンクのフリフリって、思いの外、可愛いブラしてんな...)

八幡「...こっちも、ずらすぞ」

結衣「あっ...」

八幡「...綺麗、だな」

結衣「恥ずかしいこと言わないで...。それに、あんまり見たらやだよ...」

八幡「そう言われたら、見たくなる」

結衣「ううう...」


233: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:37:26.16 ID:YRBfolaRO

八幡(...弱ってるこいつを見ると、なぜだか虐めたくなってくる)

八幡「どうされたい?」

結衣「へ...?」

八幡「どうやって責められたい?」

結衣「そ、そんな、恥ずかしいよ...」

八幡「...ってことは、されたいことがあるんだな?」

結衣「うぅ...ヒッキーの変態」

八幡「それでもいいよ。言ってくれ」

結衣「...そしたら、ヒッキー、喜んでくれる?」

八幡「ああ」

結衣「エッチな娘だって思わない?」

八幡「いや、お前はエロいだろ...」

結衣「むう...じゃあ、誰にでもじゃなくて、ヒッキーにだけこうなんだってことは分かってくれる」

八幡「ああ」

結衣「...嫌いにならないでくれる?」

八幡(健気過ぎて可愛いなコイツ...)

八幡「そんなことで嫌いにならねえよ」

結衣「えへへ...良かった。じゃあ...いろいろお願いするね?」

八幡「お...おう」


234: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:37:53.02 ID:YRBfolaRO

結衣「まずは、その...お、おっぱい揉むときに、最初はゆっくりで、だんだん強くしていって欲しい...かな?」

八幡「わ、分かった...」フニ

結衣「んっ、はふ...」

八幡(うお...ちょっと触っただけなのに、指が沈みこんでいく。でも、その後すぐに押し戻される弾力...スゲエな)

八幡「...」

結衣「んん、んう...」

八幡「...強く、するぞ」

結衣「うん、してぇ...」

八幡「...」ムニュ

結衣「ふん、あぁっ...いいよぉ、ヒッキー...」

八幡(身体を捻りながら喘ぐコイツ...エロい)

結衣「ん、はっ...ヒッキー...キス」

八幡「あぁ...」

結衣「...んむ、チュ、んぐ...はむ、んんっ」

八幡「はむ、レロ...ん、うむ...」

結衣「...ふわぁ。 ヒッキー、好きぃ」

八幡「俺も...好きだぞ、由比ヶ浜」


235: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:38:20.80 ID:YRBfolaRO

結衣「えへ...ねえ、もっと触ってね?」

八幡「お、おう...」モミモミ

結衣「い、あうっ...」

八幡(...改めて触って気づいたけど、コイツの乳首ビンビンだな。触っても...いいよな?)

八幡「...」キュッ

結衣「はうぁっ!?」ビクッ

八幡「わ、悪い! 痛かったか...?」

結衣「ううん、ビックリして、き...気持ちよくて、大きい声出しちゃっただけ」

八幡「そ、そうか...。じゃあ、続けるぞ...」クリッ

結衣「ひゃうん! あぁ、そこ、そこ、気持ちいい...!」

結衣「ヒッキー! そこ、いっぱい触ってぇ...!」

八幡「...こういうのも、良いか?」ペロッ

結衣「はうっ! んんっ、あっ、舐め...られるのも、感じちゃう...」

八幡「はぐ、ん...チュ、レロ...」

結衣「あっ、んん...いいよぉ、い...イっちゃいそうだよぉ...」

八幡(...ちょっと焦らしてみるか)

結衣「あぁっ、そこ、あ、やば...んんっ、あ、イク、あ、あ---」

八幡「...」ピタッ

結衣「あ、あ...え? ヒ、ヒッキー...?」

八幡「なんだ?」

結衣「なんで...やめちゃうの?」

八幡「やめないで欲しいのか?」

結衣「あう...」

八幡「どうなんだ?」

結衣「...ヒッキーのイジワル。やめないで欲しいに決まってんじゃん...」

八幡「何でだ?」

結衣「うう...い、イキたいから。それに...ヒッキーに、もっと触って欲しいから。触れていたいから」///

八幡「なっ...」///

八幡(な、何恥ずかしいこと言ってんだよコイツ...)

結衣「ね、ヒッキー...私のこと、イカせて...?」

八幡「...分かった」


236: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:38:47.50 ID:YRBfolaRO

八幡「じゃあ、続き...いくぞ」ペロッ

結衣「ふあっ...あっ、いい、気持ちいいよ、ヒッキー...」

八幡(なんでコイツは、こんなにも俺の気持ちを盛り上げるようなことを...)ムニュ

結衣「はっ、ヤバ...ヒッキーに、もっと...あんっ! 触って欲しいよ...」

八幡(...なら、下の方も責めるか)

結衣「あっ、そこは...!」

八幡「!?」

八幡(嘘だろ...? ジャージの上からなのに、びしょ濡れじゃねえか...)

結衣「あうぅ...」

八幡(...これなら、脱がさなくても十分そうだな)スリスリ

結衣「あっ、同時に責められたら...おかしくなっちゃうよぉ...」

八幡「...ぷはっ。 おかしくなったっていいんだぞ」

結衣「あう...お、おかしくなっても、ひゃん! き...嫌いにならない?」

八幡「ああ。大好きだよ、由比ヶ浜」

結衣「うん、私も好き。大好き...。だから、キス...」

八幡「ああ...」

結衣「ふん、ふぁ...クチュ、ぷわぁ...」

八幡「ん、チュ...はむ、んん...」

結衣「...あ、やっ! 突然、ダメ、ああっ...」

八幡「ダメっていいながら微笑むんじゃねえよ...。こっちも責めるぞ」チュー

結衣「ふあっ! おっぱいも、アソコも...んんっ、いいよぉ」

結衣「やば、イク、あ、や...んあっ、イクッ---!」ビクビクッ


237: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:39:13.13 ID:YRBfolaRO

結衣「ふわ、あぁっ...」

八幡「ふぅ...」

結衣「ヒッキー、キス...」

八幡「あぁ」

結衣「...」

八幡「...」

結衣「...えへへ、優しいキスも、好きぃ」

八幡「...そうか」プイッ

結衣「もしかして、照れてる...?」

八幡「ちげーよ」

結衣「えへへ...可愛い」

八幡(お前がな)


238: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:39:40.82 ID:YRBfolaRO

結衣「...ねえ、続きは?」

八幡「いや...まさかお前、最後までやるつもりか?」

結衣「...ダメ?」

八幡「...ダメに決まってんだろ」

結衣「えぇ~、なんでさ~」

八幡「妊娠とかしたらどうするつもりだよ...?」

結衣「うぅ...」

八幡「...ちゃんと責任取れるようになってからな」

結衣「...その時まで、一緒にいてくれる?」

八幡「あぁ」

結衣「その時は...責任、とってくれる?」

八幡「...その時はな」

結衣「ヒッキー...! へへへへへ...」///

八幡「とりあえず、お前は風呂入って来い」

結衣「はーい...」


239: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:40:07.64 ID:YRBfolaRO

結衣「...ねえ、ヒッキー」

八幡「なんだ?」

結衣「ヒッキーの身体も汚れてるよね?」

八幡「ん、あー...そうだな」

結衣「じゃあさ...一緒に、入ろ?」

八幡(ケモミミの薬...恐ろしいな)


240: いいいい ◆CcW4KPdZhU 2015/12/14(月) 17:40:53.04 ID:YRBfolaRO

これにて終了です
(やってないキャラもいますが...)

閲覧ありがとうございました



元スレ:八幡「『ケモミミの薬』...?」

他サイト様の最新記事