1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:28:24.08 ID:yvzUP/xU0

美希「プニプニ~」ツンツン

春香「?どうしたの?美希」

美希「……」

春香「……美希?」

美希「ぷにぷに~」ムニムニ

春香「ひょ、ひょっとみひ……」

美希「……」

春香「……」

美希「えへへ」

春香(あっ、かわいい)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:32:19.18 ID:yvzUP/xU0

美希「うーん柔らかいのー」ツンツン

春香「もう、美希ってば……」

ガチャ

千早「おはようございます」

春香「あっ千早ちゃ……」

美希「千早さーん!」

千早「あら、美希 おはよう」

美希「おはようございますなの!」

千早「ふふ、どうしたの?美希 今日は寝てないのね」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:36:22.15 ID:yvzUP/xU0

美希「ミキだっていっつも寝てるわけじゃないよ?」

千早「ふふ、ええ、そうね」

美希「ね、千早さん こっちでお話ししよ?」

千早「ええ、構わないけれど……」

美希「やった!じゃあ、こっちこっち」

春香「おはよう、千早ちゃん」

千早「春香、おはよう ……ねえ、美希、今日随分機嫌がいいわね」

春香「うん、そうみたいだね」

千早「何かあったのかしら?」

春香「うーん、さあ?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:43:41.81 ID:yvzUP/xU0

美希「ねえねえ、千早さん この前の美希の新曲どうだった?」

千早「新曲?そうね、良かったと思うわ」

美希「ホント?ね、ね、どんなところが?」

千早「どんなところ…… そうね、一口に言うのは難しいけれど……」

千早「歌が上手くなっているのは分かったわ、特に……サビの後の表現なんかがかしら」

美希「あ、そうなの!ミキ、そこのところはすっごい頑張ったんだよ!」

春香「あ!私もそこ好きだなー」

美希「そうなのそうなの!」

千早「ふふ、褒めてほしかったのかしら?美希」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:48:40.65 ID:yvzUP/xU0

美希「そうなの!ね、褒めて褒めて」

春香「よしよーし、頑張ったねー美希」ナデナデ

美希「えへへ……」

千早「ええ、本当に素晴らしかったわ、美希」

美希「何だか照れちゃうの……」

美希「……」

美希「あ!」

春香「わっ、どうしたの?」

美希「そう言えば、これから用事があるんだったの!ミキ、帰るね!」

ドタドタ…… バタン!

春香「……行っちゃった」

千早「一体、何だったのかしら……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:53:07.59 ID:yvzUP/xU0

次の日

美希「真クン、真クーン!」ガバッ

真「うわ、美希!」

美希「おはようなのー」ギュー

真「もう、いきなり抱き着かないでよ ビックリするじゃないか」

美希「うーん、真クンは今日もカッコいいの……」スリスリ

真「聞いてないし……」

雪歩「あ、美希ちゃん!」

美希「むむっ、雪歩……」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:57:58.09 ID:yvzUP/xU0

雪歩「もう、ダメだよ!いっつもそうやって真ちゃんに抱き付いて!」

美希「……」

雪歩「美希ちゃんばっかりずるい…… じゃなくて!」

美希「……」

雪歩「真ちゃんも……きっと……、そう!忙しいから!」

美希「……」

雪歩「だからあんまり真ちゃんに抱き付いちゃダメだよ!」

美希「……」

雪歩「……ってあれ?美希ちゃん?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:01:52.00 ID:yvzUP/xU0

美希「ねえ雪歩」

雪歩「な、なに?」

美希「ミキ、実はケッコウ雪歩のことも好きだよ?」

雪歩「へ?」

ギュ

美希「あ、雪歩もケッコウいい感じだね 抱きごごち?っていうのかな?」

雪歩「ええ!?み、美希ちゃん?」

美希「なんだか、こう、真クンとはまた違って、柔らかいの」

真「め、珍しい光景だな……」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:04:34.13 ID:yvzUP/xU0

美希「……」

雪歩「……」

美希「……」

雪歩「……」

美希「……」

雪歩「あ、あのう……美希ちゃん、もうそろそろ」

美希「ん……もうちょっと……」ギュウ

雪歩「ええ……」

真「ふーん、なるほどね……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:09:16.02 ID:yvzUP/xU0

美希「はい、もういいよ 雪歩ありがとうなの」

雪歩「あ、うん どういたしまして……」

美希「それじゃあミキ、今日はこれで帰るね?真クン、バイバイなの」

真「あ、美希ちょっと」

美希「なあに?」

真「ミキって、今日なんで事務所に来たの?」

美希「……」

真「……」

美希「……いやんなの♪」

真「へ?」

美希「それじゃあね!真クン、雪歩!」

バタン

雪歩「今日の美希ちゃん、何だか変だったね……」

真「うん、珍しかったね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:13:00.62 ID:yvzUP/xU0

また次の日

美希「ふー、1時間休憩っと」

響「へへっ、今のうちにお弁当食べよっと」

貴音「ふふ、それは良き考えですね」

美希「あ、じゃあ美希は……」

美希「ひびきー」

響「ん、何だ?」

美希「ここにおいでなの」ポンポン


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:18:51.86 ID:yvzUP/xU0

響「ええー、今から自分お弁当食べるんだぞ……」

美希「もう、堅いこと言わないの」

美希「お弁当ならミキに抱えられて食べれるよ?」

響「それ、すっごく食べにくいぞ……」

貴音「……ふふっ 良いではありませんか、響」

響「ええー」

貴音「それが嫌ならばわたくしがあーん、をして食べさせてあげましょう」

響「ええ、うーん…… それはそれで恥ずかしいぞ……」

美希「……」ニコニコ

響「……まあそれじゃあ、ちょっとだけ……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:23:39.29 ID:yvzUP/xU0

美希「うーん、雪歩も良かったけど響もサイコーだね……」ユラユラ

響「ちょ、美希 揺らしたら食べにくいよ」

貴音「ふふ、何とも微笑ましいではありませんか」

響「あー!そうやってバカにして!」

貴音「いいえ、別にバカになどしていませんよ」

響「もー……」ユラユラ

美希「あ、ねえ貴音」

貴音「何ですか?美希」

美希「それじゃあ貴音には、ミキがあーんしてあげるね?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:30:13.19 ID:yvzUP/xU0

貴音「ふむ、あーん、ですか……」

美希「そうだよ ね、こっち来て?」

貴音「……ふふっ 真、良き考えですね」

響「あれ、やるんだ」ユラユラ

貴音「ええ、断る理由がございませんゆえ」

美希「ええと…… それじゃあ、何が食べたい?」

貴音「そうですね…… それでは、まずはたまご焼きを一つ」

美希「たまご焼きだね?……はいあーん」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:35:12.41 ID:yvzUP/xU0

貴音「はむっ」

美希「どう、美味しい?」

貴音「ええ 美味しいですよ、美希」

美希「えへへ……」

響「ね、美希 今日はどうしたのさ」

美希「え?」

響「今日の美希は、なーんかちょっと変だぞ」

美希「えー、そうかな」

貴音「ふむ、確かに そうですね」

美希「うーん……」

美希「……あっ もう収録始まっちゃうの」

響「え?……うぎゃあ!ホントだ!」

貴音「いけません、早く準備をいたしましょう!」

ドタドタ…… バタン……


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:38:59.16 ID:yvzUP/xU0

またまた次の日

カァー…… カァー……

美希「……あれ、夕日だ……」

美希「いつの間にか、寝ちゃってたの……あふぅ……」

美希「……あ、毛布」

美希「お茶もあるの……冷めちゃってるけど」

美希「あれ、毛布、二枚重ねなんだ……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:44:00.82 ID:yvzUP/xU0

美希「通りで暖かかったの……」

美希「顔、洗おうかな」

ジャー… バシャバシャ……

美希「あっ…… んもう……」

美希「ほっぺにいたずら書きなの、きっと亜美と真美だね……」

……ガチャ

美希「あれ、そう言えば……、小鳥もいないのかな」

美希「小鳥ー……?」

シーン

カァー… カァー・・・

美希「……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:49:08.51 ID:yvzUP/xU0

美希「夕日が綺麗なの……」

美希「……」

美希「……」

美希「あ、ミキの新曲シングルだ」

美希「隣に……あ、クッキー……」

美希「春香と……千早さん?」

美希「……」

美希「はるかー、ちはやさーん……」

美希「まことクン、ゆきほー……」

美希「ひびきぃ、たかねぇ……」

美希「……」

カァー・・・ カァー・・・

美希「う、うえ」グスッ

美希「……うう」グスッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:52:17.02 ID:yvzUP/xU0

美希「皆どこ行っちゃたの……?」

美希「……」グスッ

美希「う、うえええ……」

ガチャ

春香「ただいまー」

美希「……!」

春香「あれ、電気ついてない……」

春香「誰もいないのかな……」

パチッ

美希「うっ、うう……」グスッ

春香「って、ええ!美希!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:56:45.58 ID:yvzUP/xU0

美希「は、はるかあああああ」ダキッ

春香「ちょ、ちょっと美希!?何でないてるの!?」

美希「はるかああああああ!うえええええん!」

春香「ちょっと美希、お、落ち着いて、落ち着いて、ね?」

響「たっだいまー!……って、え!?美希!?」

真「ど、どうしたのさ!一体!」

美希「ひびきぃ!まことクーン!」ダキッ

真「え、え?うわっ!」

響「どうしたんだ!?これ、春香!」

春香「わ、私にも何が何だか……」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:00:45.58 ID:yvzUP/xU0

美希「う、うう……」グスッ

春香「落ち着いた?」

美希「うん……」

雪歩「びっくりしたよ……美希ちゃん、帰ったらいきなり泣いてるんだもん」

千早「どうしたの?一体 何があったの?」

貴音「そうですよ、美希 何があったのですか?」

美希「……」

美希「何にもなかったの……」

春香「え?」

美希「ミキが、起きたら…… うう、だ、誰もいなくて……」グスッ

真「ああ!また……」

響「み、美希!大丈夫だぞ!ほら、もう皆いるからな!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:04:50.90 ID:yvzUP/xU0

千早「あの、美希」

美希「なに……?」

千早「もしかして、寂しかったの?」

美希「……」

貴音「そういえば、この頃美希の様子がおかしかったですね……」

美希「……」

響「ああ…… それで、起きても誰もいなかったからびっくりしちゃったのか……」

雪歩「確かに、何となくわかるかも……」

春香「そうなの?美希」

美希「……うん」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:11:13.82 ID:yvzUP/xU0

美希「ミキ、起きたらもう夕方で、誰もいなくって……」

美希「周りも暗いし、それでなんだか」

美希「ミキ、皆に置いていかれちゃったのかなって……」

春香「……」

春香「もう、美希ってば 私たちは美希を置いて行ったりしないよ?」

真「そうだよ美希!僕たち、ちょっとコンビニ行ってただけだからね?」

貴音「そうです あんまり美希が気持よさそうに寝ているものですから、忍びなかったのです」

美希「……ホント?」

千早「ホントよ」

美希「ミキのこと、置いて行ったりしない……?」

雪歩「うん、しないよ」

美希「……ね、雪歩」

雪歩「なあに?美希ちゃん」

美希「ちょっと、ちょっとだけぎゅってしていい?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:16:25.63 ID:yvzUP/xU0

雪歩「……ふふっ、はい、どうぞ」ギュ

美希「……えへへ、暖かいの」

春香「あー、美希、私も私も!」ギュッ

美希「あうっ 春香、重いの」

春香「いーのいーの」

真「あ、それじゃ、次ボクにね 美希」

響「その次自分な!」

美希「うん、順番にね」

春香「ほら、千早ちゃんも」

千早「……ふふっ、そうね それじゃあ少しだけ」

貴音「それでは、もちろんわたくしもですよ、美希」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:20:11.05 ID:yvzUP/xU0

美希「えへ、えへへ……」

ガチャ

小鳥「ふう、ただいまー ……あら」

美希「真クン、ぎゅー」ギュー

真「ちょっと美希、強いって……」

美希「愛のしるしなの!」

響「そうだぞー真 美希の愛は重いんだぞー」

小鳥「……ふふ 何だか楽しそうね」

美希「んー ミキ、今とっても幸せなの…… あふぅ……」

                      おわり


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:21:19.54 ID:yvzUP/xU0

はい、夜遅くまでありがとうございました

ちなみに美希のほっぺたにいたずら書きをしたのは真です

おやすみなさい



元スレ:美希「春香のほっぺプニプニ~」

他サイト様の最新記事