1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:28:26.19 ID:BE9RvVJD0

美希「ねえでこちゃん」

伊織「でこちゃんゆーな」

美希「でこちゃんは事務所のみんなのことどう思う?」

伊織「どうって…何が?」

美希「ミキ的には油断ならないって思うな」

伊織「だから、何がよ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:30:22.89 ID:BE9RvVJD0

美希「油断しているとかっさらわれるの」

伊織「全く伝わらないんだけど。その目的語を抜かす感じやめなさいよね」

美希「だから、ハニーを事務所のみんなが狙ってるって話なの」

伊織「ああ、そういうこと……。そう?」

美希「虎視眈々と狙ってるの」

伊織「…あんたがでしょ?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:32:31.62 ID:BE9RvVJD0

美希「ミキ?狙ってないよ?」

伊織「じゃあそのハニーとかいうのやめなさいよ」

美希「なんで?」

伊織「いや、だから狙ってないんでしょ」

美希「うん」

伊織「じゃあ何であいつのことハニーって呼ぶのよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:34:25.93 ID:BE9RvVJD0

美希「ハニーはミキのハニーだからなの」

伊織「はぁ?狙ってないんでしょ?」

美希「うん」

伊織「だから、何であいつのことハニーって呼ぶのよ」

美希「だから、ハニーはミキのハニーだからなの」

伊織「いや、だから…あーもう!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:36:25.63 ID:BE9RvVJD0

美希「でこちゃんが何を言っているのかわからないの」

伊織「私のセリフを取るんじゃないわよ…あんた本当に疲れるわ。私帰る。あとでこちゃんゆーな」

美希「待ってよでこちゃん。こんな話でこちゃんにしかできないの」

伊織「……何で私が選ばれちゃったのよ」

美希「だって、でこちゃんハニーのこと好きなんでしょ?」

伊織「は、はぁ!?ていうか、何でそういうときだけ直球なのよ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:38:18.49 ID:BE9RvVJD0

美希「ミキ、でこちゃんはハニーをめぐるライバルとして認めるの」

伊織「何で認められちゃったのよ。勝手に認定しないでほしいわ」

美希「でも、でこちゃんは絶対ハニーのこと好きなの」

伊織「べ、別にあいつなんか好きじゃないわよ」

美希「でこちゃん、嘘つきは泥棒のはじまりなの」

伊織「嘘つきじゃないし、泥棒するほどお金に困ってないわよ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:40:17.28 ID:BE9RvVJD0

美希「ミキ、そうやってお金をひけらかすの、良くないって思うな」

伊織「何で私がダメみたいな流れになってんのよ」

美希「でこちゃんが嘘つきで、泥棒だからなの」

伊織「百歩譲って嘘つきはいいとしても、泥棒認定するんじゃないわよ。名誉棄損で訴えるわよ」

美希「あわよくば泥棒猫になろうとしてるの」

伊織「そのドヤ顔やめなさいよ。大して上手くないわよ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:42:09.68 ID:BE9RvVJD0

美希「じゃあでこちゃんはハニーが好きってことでいいんだよね?」

伊織「はいはい…もうめんどくさいからそれでいいわよ…」

美希「認めたの」

伊織「ニタァってするのやめなさいよ。怖いんだけど」

美希「でね?誰かのせいで大分遠回りしちゃったんだけど」

伊織「間違いなくあんたのせいよ」

美希「?」

伊織「…はいはい。私が悪ぅございました」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:44:16.74 ID:BE9RvVJD0

美希「事務所のみんなもハニーを狙ってるって思うな」

伊織「みんなって具体的に誰よ」

美希「みんなはみんななの」

伊織「765プロのアイドルのみんなってことかしら」

美希「違うの」

伊織「はぁ?」

美希「765プロのみんなのことなの」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:46:02.85 ID:BE9RvVJD0

伊織「まどろっこしいから名前を挙げるわ」

美希「うん」

伊織「春香、千早、雪歩、やよい、真、あずさ、貴音、響、亜美に真美、でいいのかしら」

美希「違うの」

伊織「……ああ、律子もってこと?」

美希「小鳥もなの」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:48:12.10 ID:BE9RvVJD0

伊織「765プロの女全員じゃない。ハーレムアニメの主人公でもなかなかこうはいかないわよ」

美希「凡百のハーレムアニメと一緒にしないでほしいの」

伊織「あんた、ハーレムアニメに関わる全ての人に謝りなさいよ」

美希「なんで?」

伊織「あんたがなんで?って聞くと話が進まないから、以後禁句にしなさい」

美希「なんで?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:50:09.89 ID:BE9RvVJD0

伊織「みんながプロデューサーを狙ってる根拠って何よ」

美希「むー。無視しないで、ミキの疑問に答えてほしいな」

伊織「知らないわよ。で、どうしてみんなが狙ってるって思ったのよ」

美希「でこちゃんはしょうがないの。じゃあここはでこちゃんに譲って、ひとりずつ見ていくの」

伊織「はいはいありがたいわね。……もう既に疲れたんだけど。あとでこちゃんゆーな」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:52:19.98 ID:BE9RvVJD0

美希「まずは春香なの」

伊織「……あの子は狙ってるかもね。初っ端で認定して悪いけど」

美希「ハニーの前で転ばなかったことがないの」

伊織「そこ?…あの子どこでも転んでるじゃない。キャッチフレーズが「1日1回転びます♪」よ?」

美希「ハニーに『ああ、こいつは俺がついてやらないとな』って思わせる作戦なの」

伊織「プロデューサーがいないところで転んでるのは何なのよ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:54:10.72 ID:BE9RvVJD0

美希「どこでハニーが見てるかわかんないから、定期的に転んでるんだよ、きっと」

伊織「そこまで見てたらプロデューサーが完全にストーカーよ。どれだけ念入りなのよ」

美希「世の中では『備えあれば憂いなし』って言うの。あ、でこちゃんにはちょっと難しかった?」

伊織「難しくないし、得意気になるんじゃないわよ。ていうかあんた私を何だと思ってるのよ」

美希「でこちゃんはでこちゃんなの」

伊織「水瀬伊織よ。この機会にちゃんと覚えなさい」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:56:18.86 ID:BE9RvVJD0

美希「うん、わかった。それで、でこちゃん」

伊織「……聞こえない」

美希「でこちゃん、耳まで遠くなっちゃった?」

伊織「まで、って何よ。あんたいい加減にしなさいよ?」

美希「それで、春香は狙ってるってことでいい?」

伊織「……私、最初に認定したじゃないのよ」

美希「でこちゃんはせっかちなの」

伊織「はいはい、次行くわよ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:58:06.99 ID:BE9RvVJD0

美希「次は千早さんなの」

伊織「千早はそういうの興味ないんじゃないかしら。歌バカって言ってもいいくらいよ?」

美希「でこちゃん、本当に千早さんのこと見てるの?」

伊織「いちいち突っかかるわねあんた」

美希「千早さんはすごいんだよ?腹筋」

伊織「……ちょっと待ちなさいよ。腹筋?」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:00:15.23 ID:DcJSuDqt0

美希「あれはハニーを惑わす魔性の腹筋なの」

伊織「何でプロデューサーが筋肉マニアになってるのよ。あんた本当にプロデューサー好きなの?」

美希「毎朝腹筋200回とかやってるんだよ?」

伊織「そうね。ちょっと真似できないわね」

美希「それが千早さんの狙いなの。腹筋でオンリーワンを狙ってるの」

伊織「いや、歌のためでしょ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:03:04.30 ID:DcJSuDqt0

美希「…でこちゃんの、分からず屋!!」






伊織「えぇー…何で私怒られたのよ…」

美希「誰にも真似できないこと。それはもう個性なの。個性でアピールなの」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:05:03.63 ID:DcJSuDqt0

伊織「あんた千早のこと『さん』付けして尊敬してるみたいだけど、千早イコール腹筋なの?」

美希「いくらでこちゃんでも千早さんを馬鹿にするのは許さないよ?」

伊織「いや、私は馬鹿にしてないでしょ?」

美希「歌バカって言ったの」

伊織「……それは別に馬鹿にしてるわけじゃないわよ。もういい、次よ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:07:05.10 ID:BE9RvVJD0

美希「次は雪歩なの」

伊織「あの子男の人が苦手ですぅって言ってるじゃない」

美希「そう思っちゃったらもう雪歩の思う壺なの」

伊織「あんたどれだけ疑り深いのよ」

美希「男の人が近づくだけでビクビク怯えちゃう雪歩を襲わせる作戦なの」

伊織「プロデューサー完全に犯罪者じゃない。変態大人どころの騒ぎじゃないわよ。警察沙汰よ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:09:08.70 ID:DcJSuDqt0

美希「でこちゃん、男の人はああいうタイプを組み敷きたいって思ってるんだよ」

伊織「ちょ、組み敷くとか生々しいからやめてよ」

美希「それで雪歩は既成事実を…ごくり」

伊織「生唾飲むんじゃないわよ。こんなこと言ったらアレだけど、雪歩は真がいいんじゃないの?」

美希「真くん?」

伊織「いつも一緒にいるじゃない。男の人が苦手なんだし、あり得ない話じゃないと思うけど」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:11:03.57 ID:DcJSuDqt0

美希「でこちゃん、雪歩が女の人しか愛せない人だと思ってるの?」

伊織「そうは言わないけど、プロデューサーより可能性あるんじゃないかしら」

美希「ミキ的には女の人同士っていうのもアリだと思うな。……どお?」

伊織「ちょ、あんたなんで私を熱く見つめるのよ」

美希「………」

伊織「な、なに…?」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:13:02.63 ID:DcJSuDqt0

美希「…ミキ的にはでこちゃんはライバルだって思うけど、そういうのはあんまり…」





伊織「……いま何で私フラれたのよ?」

美希「じゃあ雪歩も狙ってるってことでいいよね」

伊織「適当に結論付けるんじゃないわよ。今の会話何だったのよ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:15:18.38 ID:DcJSuDqt0

美希「次、やよいなの」

伊織「ないわ」

美希「…早すぎるの」

伊織「あんた、やよいについて適当なこと言ったら本当に怒るわよ」

美希「え……?もしかしてでこちゃん、やよいとそういう関係……?」

伊織「さっきの話を引きずるんじゃないわよ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:17:02.63 ID:DcJSuDqt0

美希「冗談なの」

伊織「今までの話全部が冗談ならいいわね…」

美希「やよいは純粋無垢なの。あ、でこちゃんには難しい言葉だった?」

伊織「その流れやめなさい。で、純粋無垢の何が悪いのよ」

美希「純粋無垢なやよいが、上目遣いで見つめてくる…これはやばいの」

伊織「可愛いのは認めるわ」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:19:04.36 ID:DcJSuDqt0

美希「プロデューサーもガバーって行っちゃうの」

伊織「万が一そうだとして、やよいがプロデューサーを狙ってる根拠は何なのよ」

美希「でこちゃん、そんなこともわからない?」

伊織「ほんっと腹立つわねあんた」

美希「狙ってるとか狙ってないとかじゃないの。やばいの」

伊織「いや、狙ってるからやばいって話じゃないの?」

美希「フゥー……」

伊織「金髪だからってアメリカンに両手広げるのやめなさいよ。ぶん殴るわよ」

美希「でこちゃんには難しいみたいだから、次なの」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:21:05.68 ID:DcJSuDqt0

伊織「真ね」

美希「真くんは男の子っぽくて、かっこいいの」

伊織「それで?」

美希「ハニーの好みド真ん中の可能性があるの」

伊織「もういちいち突っ込むのも面倒だから、真がプロデューサーを狙っている根拠を言いなさいよ」

美希「真くん、こないだね」

伊織「何よ」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:23:06.42 ID:DcJSuDqt0

美希「ハニーと遊園地デートしてたの」





伊織「……何でここにきてガチなのよ」

美希「ミキはいつでも全力投球なの」

伊織「そういうことを言ってるんじゃないわよ。遊園地デート?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:25:06.05 ID:DcJSuDqt0

美希「あ、でこちゃん気になる?なっちゃう?」

伊織「いちいち腹立つわね。気になる気にならない以前に、今そういう話をしてるんでしょ?」

美希「やっぱりでこちゃん、ハニーのこと好きなんだねー」

伊織「ニヤニヤするんじゃないわよ。真の話はどうすんのよ」

美希「デートしたんだから狙ってるに決まってるの」

伊織「何いきなりまともなこと言ってるのよ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:27:15.71 ID:DcJSuDqt0

美希「ついでに言うと、遊園地デートはでこちゃんもしてるよね」

伊織「…あ、あんたなんでそれ知ってんのよ」

美希「でも美希はハニーと一緒にスイーツフォレスト行ったから互角なの」

伊織「!? ちょ、ちょっとそれ詳しく…」

美希「じゃあ次なの」

伊織「ちょ、ちょっと…」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:30:27.27 ID:DcJSuDqt0

美希「次はあずさなの」

伊織「…まあ、可能性はあるかもね」

美希「そうなの?」

伊織「その返しはおかしいでしょ」

美希「ミキ的には、あずさは年齢的に厳しいって思うな」

伊織「何言ってるのよ、年齢的には一番健全でしょ?」

美希「ミキ、そういう常識とかってキライなの。21歳と15歳なら15歳なの」

伊織「犯罪を助長するようなこと言うんじゃないわよ」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:32:59.22 ID:DcJSuDqt0

美希「で、なんであずさ?」

伊織「いや何でって、あんたが名前挙げたんじゃない」

美希「?」

伊織「…はいはい。あずさがアイドルになった理由が『運命の人』を探すことだからよ」

美希「へぇー」

伊織「へぇー、じゃなくて。だからプロデューサーが運命の人って思ってたら、狙うんじゃないの?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:35:04.90 ID:DcJSuDqt0

美希「あはっ、アイドルになったからって運命の人が見つけられたら苦労しないの」

伊織「……そういう無慈悲な突っ込みはやめなさいよ。私まで悲しくなるじゃない」

美希「まあでも、あずさは胸おっきいし、もし狙ってたら負けを認めざるを得ないかもしれないの」

伊織「それ私には負けを認めないってことなの?」

美希「でこちゃん、負けないよ!」

伊織「そういう好敵手みたいなのはいいから。もう、次よ」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:37:08.19 ID:DcJSuDqt0

美希「貴音なの」

伊織「あんたの胸の大きさ理論で行けば貴音にも敵わないわね」

美希「そんなことはどうでもいいの。大事なのは貴音がハニーを狙ってるってことなの」

伊織「…何で私が軌道修正されたのよ」

美希「貴音はよく月を見上げて物憂げな表情をしてるの」

伊織「そうね」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:39:05.15 ID:DcJSuDqt0

美希「あと、よくラーメン屋の前でも物憂げなの」

伊織「それはお腹が減っているだけじゃないの?」

美希「いやー、あれはハニーのことを想ってると見たね」

伊織「何でちょっとキャラ変わったのよ。で、物憂げな表情がプロデューサーに結びつくのは何でよ」

美希「ミキ気になったから、こないだ貴音に聞いたんだー」

伊織「なんて?」

美希「貴音はいつも好きな人のことを考えてるの?って」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:41:07.15 ID:DcJSuDqt0

伊織「それで?」

美希「『ふふっ、それはとっぷしーくれっとです』って言われたの」

伊織「全然似てないわよ」

美希「乙女のトップシークレットと言えば恋の話なの」

伊織「誤解だと思うけど」

美希「貴音がまともに接点のある男の人といったらハニーしかいないの。どう?これ」

伊織「表面上筋が通ってるように見えるけど、たぶん全然通ってないわね」

美希「えー?絶対そうだと思うよ?」

伊織「あんたがそう思うならそうなんでしょ。あんたの中ではね。次行くわよ」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:43:01.02 ID:DcJSuDqt0

美希「次は響だねー」

伊織「なんかあの子、プロデューサーをよく『ヘンタイだー!』とか言ってるんだけど」

美希「でこちゃん、キャラ被ってるね」

伊織「被ってないわよ。仮に被ってたとしても、あっちが被せてきたんでしょ」

美希「でもね、ミキが仕入れたマル秘情報によると」

伊織「そんな情報があるのね」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:45:41.75 ID:DcJSuDqt0

美希「ハニーと響のお兄ちゃんがそっくりらしいの」

伊織「あらそう。響とプロデューサーは別に似てないけど」

美希「ミキだって菜緒お姉ちゃんと似てないよ?主に胸が」

伊織「あんたの胸押しは私に喧嘩を売ってるのかしら」

美希「お兄ちゃん大好きっ子が、お兄ちゃんと似た人を好きになることもあるって思うな」

伊織「まあ、そうかもしれないわね」

美希「でこちゃん、どうなの?」

伊織「はぁ?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:47:56.85 ID:DcJSuDqt0

美希「ミキにはお兄ちゃんはいないの。でこちゃんならお兄ちゃんが2人もいるし」

伊織「私、別に兄さん大好きっ子じゃないわよ」

美希「出た!出たの!でこちゃんの伝家の宝刀ツンデレ!」

伊織「出てないわよ。ついでに言うと伝家でも宝刀でもないわよ。何でテンション上がったのよ」

美希「むー。でこちゃんノリ悪いの」

伊織「これだけ私付き合ってあげてるのに、その物言いは何なのよ。ほら、次」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:50:05.70 ID:DcJSuDqt0

美希「次は亜美なの」

伊織「真美はいいの?」

美希「でこちゃん、ひどすぎるよ!」

伊織「え?」

美希「いくら双子だからって、ひとくくりにして語ろうなんて…!」

伊織「…そうね、今のは失言だったわ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:52:29.22 ID:DcJSuDqt0

美希「わかればいいの。で、真美なんだけど」

伊織「いや、亜美でしょ?」

美希「?」

伊織「?じゃなくて。あんたが一番ひとくくりにしてるんじゃないの?」

美希「細かいことはいいの」

伊織「あんた数秒前に何て言ったのよ」

美希「むー。亜美の話をすることの何が悪いっていうの?」

伊織「自分の間違いをなかったことにするんじゃないわよ」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:54:27.99 ID:DcJSuDqt0

美希「で、亜美は子供なの」

伊織「年齢的には一番下だけど、あんたに子供って言われる亜美も可哀想ね」

美希「その子供らしい無邪気な表情の裏で、いつハニーをモノにするか舌なめずりしてるの」

伊織「うちのアイドルを邪悪な存在にするんじゃないわよ」

美希「にいちゃん呼びしながら未発達の胸をあててるの」

伊織「それは抱きつかれて邪念を抱く方が邪悪よ」

美希「でこちゃん、良かったね」

伊織「あんたさっきから私の胸見ながら薄ら笑い浮かべるのやめなさいよ。蹴り飛ばすわよ」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:56:16.17 ID:DcJSuDqt0

美希「で、真美は亜美よりちょっぴりお姉さんなの」

伊織「まあ、髪も伸ばしてちょっと大人っぽくなったわね」

美希「色気づいた子供ほど手に負えないものはないの」

伊織「全国の真美ファンに謝りなさいよ。ていうか、下手したらそれあんたの評判よ」

美希「こないだね」

伊織「何よ」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:57:59.78 ID:DcJSuDqt0

美希「ハニーに亜美がじゃれてて」

伊織「ええ」

美希「ミキもガバーって抱き付きに行ったんだー」

伊織「そう。それで?」

美希「?」

伊織「いや、それで真美はどうしたのよ」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:59:32.49 ID:DcJSuDqt0

美希「え、何で真美が出てくるの?」

伊織「え、じゃないわよ。真美いじめないでよね」

美希「ああ、そう!真美はじゃれあいに来なかったんだよねー」

伊織「そういう日もあるんじゃないかしら」

美希「………」

伊織「………」

美希「…あの日なの。あはっ」

伊織「『あはっ』じゃないわよ。あんたそれ今日一番の最低な発言だわ…。もう、次よ」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:01:49.57 ID:DcJSuDqt0

美希「次、律子なの」

伊織「『さん』を付けなさいよ」

美希「ミキでこすけ野郎じゃないの。どっちかっていうとでこちゃんなの」

伊織「ドヤ顔されても釣られてないわよ。あとめんどくさいから省略してたけど、でこちゃんゆーな」

美希「律子はミキに『さん付けろ』とか『ハニーって呼ぶな』とかうるさいの…」

伊織「まあ、口うるさいところはあるけど。それが何の関係があるのよ」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:03:33.36 ID:DcJSuDqt0

美希「きっとハニーとミキがラブラブなのが気に入らないの」

伊織「違うわよ。私が言うのもなんだけど、律子があんたに期待してるからじゃない」

美希「期待?ハニーとミキがダメになるのを?」

伊織「それじゃただの陰険メガネじゃないのよ」

美希「こないだ美希がおしごとで遅くに事務所帰ってきたらね、ハニーと律子が2人きりでね?」

伊織「何よ」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:05:21.26 ID:DcJSuDqt0

美希「2人でおにぎり食べてたんだよ!ひどいでしょ?」

伊織「遅くなんだからお腹くらい減るでしょ」

美希「あれはミキに対するあてつけなの!ミキの目の前でおにぎりを…たらこおにぎりを…」

伊織「あんたお腹減ってきたの?」

美希「ミキをなめてもらっちゃ困るの。おにぎりは別腹なの」

伊織「お米を別腹にするんじゃないわよ。主食は何なのよ」

美希「おにぎりなの」

伊織「磯くさいわねあんた」

美希「海苔なしのおにぎりもイケる口だよ?」

伊織「もう律子の話全然関係ないじゃない。次よ」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:07:48.47 ID:DcJSuDqt0

美希「小鳥なの」

伊織「リアルすぎるからあんまり触れたくないんだけど」

美希「どころがどっこい…!これが現実…!」

伊織「そういうのはいいのよ」

美希「でこちゃんが小鳥の立場だったらどう思う?」

伊織「どうって、何が」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:09:59.23 ID:DcJSuDqt0

美希「カレシいない歴イコール年齢なんだよ?29歳なのに」

伊織「ちょ、ちょっと、あんたそこは伏せて言いなさいよね」

美希「29歳のところ?」

伊織「連呼するのやめなさいよ。誰か部外者に聞かれたらどうすんのよ」

美希「でもね、前に制服着たのが10年ぶりって言ってたの」

伊織「根拠を持ち出すんじゃないわよ」

美希「あれ言ってたのミキたちが14歳のときだから、11年前に18歳なの。だから今は29歳なの」

伊織「逆算するのやめなさいよ。それに中学まで制服で高校は私服かもしれないじゃない」

美希「あの焦り方は20代半ばのそれじゃないの」

伊織「15歳の小娘が20代半ばを語るんじゃないわよ」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:12:17.88 ID:DcJSuDqt0

美希「むー。わかったの。じゃあでこちゃんが2X歳の小鳥の立場だったらどう?」

伊織「……。小鳥には悪いけど、そりゃ焦るんじゃないかしら」

美希「ミキにはそんなことあり得ないからわかんないなー」

伊織「何ひとりだけ逃げてんのよ。ちょっとは想像力を働かせなさいよ」

美希「でも何でカレシいないんだろうねー。かわいいのに」

伊織「そんなの知らないわよ」

美希「ミキだったら、押しまくって捕まえちゃうって思うな」

伊織「そういうところで押し切れないウブなところがあるんでしょ」

美希「そっか。じゃあそんなウブな小鳥はハニーを落とせないの。安心だね」

伊織「え、それでいいの?」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:14:29.29 ID:DcJSuDqt0

美希「これで全員だけど、やっぱりみんな狙ってるよね?」

伊織「何でそうなるのよ。わかったのはあんたが事務所のみんなをどう見てるかってことくらいよ」

美希「どう見てるかって?」

伊織「あんた事務所のみんな嫌いなんでしょ、ってこと」

美希「えー!ミキ事務所のみんな大好きだよ?」

伊織「とてもそうは聞こえなかったけど」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:16:25.93 ID:DcJSuDqt0

美希「ミキ、そんなつもりじゃなかったの」

伊織「つもりじゃなくてもそう伝わるんじゃしょうがないでしょ」

美希「ご、ごめんなさいなの…」

伊織「な、何いきなりしおらしくなってるのよ」

美希「ミキ、ほんとにみんなのこと大好きなの…でこちゃんもだよ?」

伊織「でこちゃんゆーな。もう、落ち込むくらいならちょっとは考えて物を言うことね」

美希「うん、ごめんね?」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:18:40.25 ID:DcJSuDqt0

伊織「そろそろ時間だし、私帰るわ。やよいとご飯食べる約束あるから」

美希「う、うん…ばいばいなの」







伊織「もしもし、やよい?今から出るから、……」

美希「………」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:20:32.35 ID:DcJSuDqt0

伊織「……あーもう!ほら、あんたも来なさいよ」

美希「……え?」

伊織「ご飯食べるでしょ?あんたお腹すいてるんじゃないの?」






美希「…うん、行く行く!わぁー!」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:22:24.97 ID:DcJSuDqt0

伊織「あっ、こら!くっつくんじゃないわよ」

美希「やっぱりでこちゃんいい人なの!」

伊織「い、いきなり何なのよ」

美希「でも、ハニーは渡さないの!」

伊織「…だから、あんたプロデューサー狙ってないんじゃないの?」

美希「狙ってないよ?だって、ハニーはもうミキのものだもん!あはっ」

伊織「はぁ?……あー……そういう……」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:24:32.71 ID:DcJSuDqt0

美希「ハニーはでこちゃんにもあげないよ?」

伊織「…ふふん、そのうち私のものにするから、覚悟しておきなさいよねっ」

美希「でこちゃん、負けないの!」






おしまい


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:29:39.53 ID:DcJSuDqt0

おつかれさまでした。
美希と伊織で漫才やらせたかった。反省はちょっとしている。
やよい曰く「伊織ちゃんはみんなに優しい」とのことですが、真理だと思います。

そんなわけでやよいおりSSはよ


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:30:25.93 ID:D60IMKoG0

よかった



元スレ:美希「事務所のみんなが油断ならないの」伊織「はぁ?」

他サイト様の最新記事