1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 15:50:02.59 ID:S+HA1V+90

P「……」カタカタ

律子「……」カタカタ

小鳥「お茶入れましたよー」スッ

律子「あぁ、ありがとうございます」

小鳥「いえいえ」


P「……」ズズッ

P「ふー……」




P「事務所に突然テロリストが乱入してこないかなぁ……」

律子「はい?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 15:52:21.98 ID:S+HA1V+90

P「いや、だって……そう思わないか?」

律子「突然何言ってるんですか、まったく……」

P「だって律子、お前テロリストだぞ?危険だぞ?」

律子「その思想の方が危険ですね」


小鳥「分かりますよ、その気持ち」

律子「小鳥さん?」

小鳥「暇なときによく妄想するんですよね……テロリスト、来ないかなって」

P「ですよね!」

律子「……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 15:54:18.82 ID:S+HA1V+90

律子「……まぁ、残業続きで疲れてるっていうのも分かります」

律子「妄想は自由ですけど、仕事に影響出さないで下さいね」

小鳥「はーい」

P「……」



P(律子は、テロリストの恐怖を知らない)

P(まだ19歳、若すぎるのだ……)


P「……」



――――

――


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 15:56:19.66 ID:S+HA1V+90

――翌日――


雪歩「おはよう、真ちゃん!」

真「おはよう雪歩、どうしたの?やけに嬉しそうだけど」

雪歩「実は……ジャジャーン!」

真「えっと、これは……スコップ?」

雪歩「お父さんに買ってもらったんだ。それも、ただのスコップじゃなくて……」


春香「おっはよー、二人とも!」

真「おはよう、春香」

雪歩「うぅ……話の腰を折られたよぉ……」

春香「って雪歩、どうしたの!?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 15:58:28.08 ID:S+HA1V+90

春香「ごめんね、雪歩……」

真「だからさ、機嫌直してよ……ね?」

雪歩「うん……」


ガチャッ


雪歩「おはようございm」

律子「はぁ!?」

雪歩「!?」ビクッ


律子「はい……はい、分かりました、それじゃ」ガチャン

真「で、電話だったみたいだね……」

春香「ビックリしたぁー……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:00:15.08 ID:S+HA1V+90

真「どうしたの、律子?」

律子「今日……プロデューサーが休みですって」

春香「プロデューサーさんが?」

律子「どうせ、遅くまでテロリスト妄想でもして風邪引いたんでしょ……」

雪歩(なんか、今日の律子さん……怖いですぅ)


小鳥「いえ、律子さん」

律子「?」

小鳥「妄想をいくらしても体調に異変はきたしません……私が証明します」

律子「……」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:02:17.24 ID:S+HA1V+90

――765プロ事務所・屋上――


P「……」

P(律子は、テロリストの恐怖を知らない)

P(この問題に対し……俺ができることは……)





P(俺自身が、テロリストになることだ)


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:04:27.41 ID:S+HA1V+90

P(昨日、一晩中駆け回って装備を集め……ここに潜伏した)

P(朝から屋上を使おうとする奴はいないし、仮にいても……フフッ)



P(この黒革のバッグには、様々な道具が入っている)

P(某探偵アニメのように、全身に黒タイツを纏った)

P(これだと前が見えないので、目の辺りに細かく穴を開けた)

P(おっと、ヘリウムガスの吸引も忘れちゃいけないな)

P「……」シュー




P「…………ジカンダ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:06:13.48 ID:S+HA1V+90

春香「テロリスト……って、何のことですか?」

小鳥「プロデューサーさんが、よくテロリストが乱入してくる妄想をしてるのよ」

律子「現実と妄想の区別がついてないみたいだけど」

真「あぁ……でも、ボクもそういう妄想したことありますよ!」

雪歩「そうなの?」

春香「あはは、真ならテロリストにも勝てそうだけどね……」





P「ラッシャアァアアアア!!!!」パリーン



一同「「!?」」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:08:13.52 ID:S+HA1V+90

春香「え……え……?」

雪歩「………ぁ……」ブルブル

小鳥「……」ゴクリ

律子「もう、何の音……で……」


P「……」パリッ

P「ウゴクナ……ウゴケバ、キサマラノ、イノチハ、ナイ」


律子「」

春香「……えっと……テロ、リスト……さん?」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:10:13.80 ID:S+HA1V+90

P(今日のみんなのスケジュールは、把握している)

P(この時間を選んだのは、人数が多すぎると失敗する可能性があったからだ)

P(……しかし、それでもなおリスクはある)



真「うぉおおおおお!!!」ダッ

春香「真!?」


P(765プロ最強のアイドル、真の存在だ――)

P(が、その対策も済んでいる)


ガキン!


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:12:19.28 ID:S+HA1V+90

P(俺とて、無駄に全身タイツに身を包んでいる訳ではない)

真「……………え?」

P(真の打撃技対策として、タイツの中には全身を守るアーマーがあるのだ)

P(ちなみにこのアーマー、体格をごまかして俺だとバレないようにする役割もある)


P「ウゴクナ、ト、イッタハズダ」バチィッ

真「うぐっ……」ドサッ

雪歩「真ちゃんっ!」

P「シャベルナ」


P(後で、真には特に謝っておかないとな……)


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:14:12.18 ID:S+HA1V+90

小鳥「要求は……何です……?」

P「……ソウダナ」

P(テロリストが要求しそうなことは……)


P「カネダ、コノフクロニ、カネヲ、ツメロ」

春香「……」

律子「……」

雪歩「……」ブルブル

P「オイ、ナニシテル、ハヤク――」


ガチャッ


P「!?」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:16:21.03 ID:S+HA1V+90

P(この時間……他のアイドルが来るのは有り得ない!)

P(警察にしては早すぎる……一体)


「ウゴクナァ!!」


P「!?」

小鳥「なっ……!?」

黒タイツ「ウゴケバ、イノチハ、ナイ」


P(全身黒タイツに、ヘリウムボイス……)

黒タイツ「……」

P(……ど、同業者……?)


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:18:17.27 ID:S+HA1V+90

律子「……」

P(律子の表情が、心なしか険しい)

黒タイツ「……」

P(とはいえ、この状況は俺も初めてだ)

黒タイツ「オイ、オマエ。ナニモノダ?」

P「……」

P(ここは、余計なことをするべきじゃないな……)


P「アンシンシロ。オマエノ、テキジャ、ナイ」

黒タイツ「ソウカ」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:20:17.90 ID:S+HA1V+90

黒タイツ「オイ、ソコ……ノ、ミドリ」

小鳥「あっ、はい!」

黒タイツ「…………カネヲ、ツメロ」

小鳥「はい……」


黒タイツ「ソレカラ……」チラッ

律子「?」

黒タイツ「ヨケイナ、コトヲ、スルナヨ。サモナクバ、コイツガ……」

P(あっ、律子が人質に)



ドスン


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:22:18.52 ID:S+HA1V+90

黒タイツ「ァ……ガ……」

P「……!?」

黒タイツ「ドウイウ……コトナノ……」ドサッ

律子「全く……馬鹿らしいな」

P「エ?」

P(何だ……一体……)



ベリベリッ

黒井「下らん……全くもって下らん」



P「ナン……ダト……!?」

春香「く、961プロの……!?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:24:15.08 ID:S+HA1V+90

黒井「さて、と」

黒タイツ「」

黒井「この愚か者の顔を、拝んでやるとするか……」



ベリベリッ

小鳥「」



P「!?」

雪歩「ぇ……こ、小鳥さん……が、二人……?」

黒井「……フン」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:26:18.52 ID:S+HA1V+90

春香「え?ど……ど、どうなってるの?」

小鳥「」

小鳥「……仕方ないな」



ベリベリッ

高木「私だよ」



P(もはや驚きがないな)

黒井「高木……貴様のところの事務員は何をしているんだ」

高木「いやはや、すまない……音無君が、こんなことをするとは……」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:28:17.42 ID:S+HA1V+90

P「……ドウシテコウナッタ」


P(何故だか知らないが、音無さんもヘリウム全身タイツでやって来ていた)

P(俺が音無さんだと思っていた人は、高木社長だった)

P(そして、律子は黒井社長だった……)


P(恐らく、あの二人は本物のテロリストだ)

P(二人の生足なんて見たくないし……何より、春香と雪歩が危ない)


P(どうする……)


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:30:20.36 ID:S+HA1V+90

黒井「で……結局、貴様は何者だ?」

高木「落ち着くんだ黒井、剥がせば解る」

P「……」


黒井「なら……やるか」

高木「あぁ」

P「……クソッ!」バシュン


黒井「なに……っ!?」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:32:22.24 ID:S+HA1V+90

高木「これは……ゴホッ、煙玉か……」

黒井「ふざけた真似を……!」



雪歩(もう……何がなんだか……)

P「ユキホ」ボソッ

雪歩「ひうっ!?」

P「チョット、コレ、カリルゾ」


雪歩「……え?」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:34:12.59 ID:S+HA1V+90

春香「煙が……晴れた」

高木「よく考えれば、窓が割れているんだ。煙はそう長く持たん」

黒井「……いや」

高木「む?」

黒井「どうやら、逃げられたようだ」

高木「これは……穴を掘ったのか」

黒井「追うか?」


雪歩「……や、やめておいた方が……いいと思います」


高木「……何故だね、萩原君」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:36:18.76 ID:S+HA1V+90

雪歩「今の人が使ったのは……わ、私のスコップです」

雪歩「『WJQ-308』っていうんですけど……」

雪歩「その辺りは、いつも私が掘ってて柔らかくなってて、それで……」


高木「もう今頃は逃げただろう、ということかね?」

黒井「……フン、床に穴など掘ったところで無駄だ」

黒井「そんなもので、逃げられる訳がないのだからな」

雪歩「……っ」

春香「雪歩……」




黒井「どうせ、奴はこの穴の中で」ヌルッ

高木「!?」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:38:13.84 ID:S+HA1V+90

黒井「な、なんだとぉおおおおおおおぉぉぉぉぉ」ヒューン

高木「黒井っ!」


春香「これは……ローション?」

高木「ま……まさか、奴はこれが狙いで」



P「ソウイウ、コトダ」



高木「なっ……」

春香「………えっ?」

雪歩「プロデューサー!?」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:40:21.53 ID:S+HA1V+90

P(小回りを利かせた動きをする場合、重い荷物は必要ない)

P(タイツを脱いだことで、俺だとバレてしまったが……仕方ないだろう)


P「ヨッ、ト」

P(雪歩のスコップをアンカー代わりにして、本日二度目の窓から出勤である)


高木「ふむ……キミだったのか」

P「シャチョウ……ハヤク、キガエテクダサイ」

高木「……」ジャキッ



P「…………エ?」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:42:17.06 ID:S+HA1V+90

P「シャチョウ……ナンデス、ソノピストル……ジョウダンガ、キツイデスヨ」

高木「冗談だと思うかね?」

P「……」


春香「……えっと」

高木「春香くん、萩原くん。キミたちもだ、余計な真似はしないでくれ」

雪歩「……」


高木「安心したまえ、すぐに終わるさ……」スッ

P「ソレハ……マサカ」

春香「…………ば、爆弾?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:44:18.98 ID:S+HA1V+90

高木「私はね、もう、嫌になったんだ。この世界が」

春香「……」


高木「キミが乱入してきたときは、どうなることかと思ったがね」

P「……」


高木「まぁ、菊地くんを処理してくれたことは感謝するよ」

雪歩「……」



高木「……最期に、女装ができてよかった」

高木「似合っているだろう?物真似も練習したんだよ」

P「……」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:46:07.12 ID:S+HA1V+90

高木「この日のために、音無君と律子君には休暇を与えていたんだ」

高木「……まぁ、こんな形で音無君と再会するとは思わなかったがね」

春香「……」


P(これは……まずいな)

P(社長のニーソもさることながら、ピストルと爆弾が厄介だ)

P(対抗できる武器は下に置いてきてしまったし……)

P(……いや、待てよ?)


高木「それでは――お別れだ」



P(武器なら、あるじゃないか)


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:48:27.83 ID:S+HA1V+90

P「ウォオオオオ!!」ブンッ

高木「むっ!?」


ガキンッ


高木「……今のは、ひやっとしたぞ」パキュン

P「グアッ!」ドサッ

春香「プロデューサーっ!」

高木「しかしだねキミ、スコップというのは投擲武器ではないんだよ」

P「……」

高木「大人しく、私と道連れに――」


P「…………シャチョウ」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:50:16.18 ID:S+HA1V+90

高木「なんだね?」

P「シャチョウ……アナタハ、ワカッテイナイ」

P「オレガ、ナゼ、スコップヲナゲタノカ……」

高木「知ったことか。行き当たりばったりのキミとは違うんだ」

P「……シャチョウ、オレハネ」

春香「……」



P「パス、シタンデスヨ」



高木「なに?」

雪歩「…………たぁああああっ!!!」



ザシュッ


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:52:10.00 ID:S+HA1V+90

高木「がっ…………」


春香「ゆ、雪歩!?」

雪歩「はぁ……はぁ……」


高木「馬鹿な……こんな、ところで……私、は」ドサッ


P「アリガトウユキホ、タスカッタ」

雪歩「プロデューサー、怪我は……」

P「アァ、アシヲウタレタ……ダケダ。…………モンダイナイ」

春香「強がらないで下さい、今救急車呼びますから」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:54:28.02 ID:S+HA1V+90

雪歩「え、えっと……それで」

P「ドウシタ?」


ピッ ピッ ピッ ピッ


雪歩「この……爆弾は……」

P「……」

雪歩「……」


春香「大丈夫、任せて」

雪歩「……は、春香ちゃん?」

春香「雪歩、そのスコップ貸して!」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:56:15.20 ID:S+HA1V+90

春香「これを……こうして……」ガチャガチャ


雪歩「す、すごい……」

P(スコップを工具代わりにしてるのか……)


春香「……」ガチャガチャ

P(まさか、春香に爆弾解体スキルがあったとはな)

雪歩「……」ゴクリ



春香「今日は……これで決まりっ!」ジャキン


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 16:58:15.20 ID:S+HA1V+90

P「……」

雪歩「……」

春香「……」


P「トマッ……タ」


春香「ふぅー……」

雪歩「すごい!すごいよ春香ちゃん!」

春香「イヤー、それほどでも……」


ウウゥー ピーポー ピーポー


P「……オワリ、ダナ」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:00:35.96 ID:S+HA1V+90

P「ハルカ、ユキホ」

春香「?」

P「マコトニ、ツタエテクレ……ビックリサセテ、ゴメン、ッテ」

雪歩「……はい」

P「ソレカラ、リツコニ、イットイテクレ」

P「カッテナコトシテ、スマナカッタ……マドハ、ベンショウスル、ッテ」


春香「……大丈夫ですよ、プロデューサー殿」

P「エ?」




ベリベリッ

律子「全部、分かってますから」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:04:45.17 ID:S+HA1V+90

―――――


雪歩(765プロに、四人もテロリストがやってきた事件は……終わりました)


雪歩(小鳥さんは、突然暇になったからテロリストごっこをしようと思ったとか)

雪歩(律子さんは……突然の休暇に違和感を覚えたらしく、春香ちゃんのフリをして事務所に来ていたんだそうです)

雪歩(当の春香ちゃんは……)


春香「おっはよー、雪歩!」

雪歩「おはよう、春香ちゃん」

春香「ねぇ、聞いた?昨日の事件!テロリストだよ、テロリスト!」

雪歩「うん……当事者だからね……」

春香「いいなぁ……私、気付いたら夜だったんだよ?」


雪歩(何も、覚えていないみたい)


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:06:53.97 ID:S+HA1V+90

雪歩(社長は逮捕されてしまったけど、プロデューサーと小鳥さんはもうすぐ復帰できるそうです)

雪歩(その辺りは、伊織ちゃんが頑張ってくれたらしいんだけど……)



真「おっはよー、雪歩!」

雪歩「あ、おはよう真ちゃん!」

真「アレ、そのスコップ……なんか汚れてない?」

雪歩「えへへ、なかなか落ちなくて……」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:08:24.10 ID:S+HA1V+90

真「それにしても大変だよね、社長が逮捕だなんてさ」

雪歩「うん」

春香「ここで、私たちが踏ん張らなきゃ!」

雪歩「そうだね……」



真「それにしても、悔しいなぁ~!」

春香「え?」

真「あの時、安易に蹴りにいかずに、転ばせることができたら……」

雪歩「ま、真ちゃん?」

真「いや、あの場合は……金的を……」ブツブツ

雪歩「……」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:10:07.96 ID:S+HA1V+90

雪歩「……」


雪歩(あんな事件が、テロリストに襲撃されるなんて事件があったのに)

雪歩(真ちゃんには、まるで危機感がないよぉ……)

雪歩(どうにかしないと………あっ、そうだ)





雪歩「私が、テロリストになればいいんだ……」





真「え?」


おわり


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:11:17.12 ID:S+HA1V+90

以上です。
高木社長に救いがなくてすいません!


雪歩のスコップ参考動画↓

http://www.youtube.com/watch?v=b60OZhrTB6o


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 17:13:23.04 ID:zLiPsT7oo

面白かった 乙



元スレ:P「765プロ・テロリスト襲撃事件」

他サイト様の最新記事