1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 20:56:27.03 ID:7uhmMNt60

あのインターハイから早5年。
相変わらず、父と母の仲は険悪だ。
しかし、私たちももう両親の諍いに巻き込まれるほど子供ではない。
咲が高校を卒業したのを期に、私たちは二人きりで会うようになった。

昔は、仲の良かった妹だ。
息苦しい両親の存在が無い安堵感。
両親に隠れて会っているという背徳感。
それも手伝って、私たちは驚くほど短い時間で親密さを取り戻した。

月に2回ほどの密会。
そう、いつも通りの、少し刺激的でなによりも穏やかな時間。


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 20:59:21.95 ID:7uhmMNt60

照「じゃなかったの…?」


ホテル ドラゴン&ドラゴン

休憩 5000円
宿泊 10000円



咲「ね?入ろ?」

照「でも、ここは…」

咲「……」ジワアッ

照「っ!そうだよね、咲も歩き疲れたよね?」

照「別にやましいことは無いし、入ろうか」

咲「……」コクン


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:06:19.99 ID:7uhmMNt60

ーホテル受付ー

照(うわ…部屋ってこんなに種類があるんだ…)

咲「……」ソワソワ

照「なにか、希望ある?」

咲「…なんでもいいよ」

照(なんでもいいが一番困る…)

照(でも、ここは私が姉としての余裕を見せないと)

照「じゃあ、ここで」ポチッ

咲「うん」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:13:35.77 ID:7uhmMNt60

ーホテルの部屋ー

照(部屋、適当に選んだけどこれは…)

照(なんだろう、ムーディというかアダルティというか)

照(…まずい。姉妹で入るところじゃなかった)

照「えっと、暗いね?」

咲「…そうだね」

照「大丈夫?」

咲「うん」

照「……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:18:33.84 ID:7uhmMNt60

咲「お姉ちゃん、暑くない?」

照「えっ、どうだろ?」

咲「あはは、自分のことなのに分からないの?」

照「…うん」

咲「変なのー」ペタッ

照「ひぁっ」ビビクン

咲「やっぱり暑そう」

照「そ、そうかな」

咲「服、脱がせてあげるよ」サワッ

照「!!いいよ自分で脱ぐ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:22:24.65 ID:7uhmMNt60

咲「でも…」スルッ

照「ちょ、咲、どこ触って…」

照(まずい)

咲「やっぱり汗かいてるよ」スルスル~

照「ぅあっ」

照(まずいまずいまずいまずいまずい)

咲「お姉ちゃん…」

照(この雰囲気はまずい!)

照「咲」ギュッ

咲「んっ」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:30:24.09 ID:7uhmMNt60

照「ダメだよ。こんなことしちゃ」

咲「…へ?」

照「咲は冗談のつもりなのかもしれないけど」

照「こんなところで、そんな態度とったら何されても文句言えないよ?」

咲「……」

照「咲は、無防備すぎ」

咲「…されもいいから、してるんだよ?」ボソッ

照「え」

咲「ううん。されたいから、してるの」ギュッ

照「咲…?」

咲「気づいてよ、お姉ちゃん…」ウワメヅカイ

照「!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:36:35.94 ID:7uhmMNt60

咲「……」フアンゲ

照「…気づいた」グッ

咲「きゃ!」

照「気づいた。私の気持ちに」スルスル

咲「ひゃ…お、お姉ちゃん?」

照「ん」チュ

咲「んむっ」

照(咲に気づかせてもらうなんて、お姉ちゃん失格だな)

咲「ん…んむっ…んんん!」

照(だからせめて)

咲「っはぁ…ん…ぁ…んんっ」

照(今はリードさせて?)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:45:11.63 ID:7uhmMNt60

咲「ぷはっ…お、ねえちゃん…」

照「咲…さわるよ?」

咲「う、うん…」

照「……」フニフニ

咲「ひぁっ///」

照「やわらかくて、気持ちいい」フニフニ

咲「うぅ…は、恥ずかしい…」

照「恥ずかしくないよ」ペロッ

咲「ぅあっ///」

照「ん…れろ…んんんっ」モミモミ

咲「ひゃっ…や…それ…」

照「さき…さき…」ギュッ

咲「っ!…んん…」

照「んー…んむっ…っちゅ…」モミモミ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:52:22.26 ID:7uhmMNt60

咲「お、お姉ちゃん…」

照「んっ…んんんっ」ギュゥッ

咲「お姉ちゃん!」

照「…なに?」

咲「も、もう少しやさしく…」

照「!!」パッ

照「ご、ごめん!!」

咲「いいよそんなに…」

照「ううん。つい夢中になってて」

照「ごめんね。咲だって初めてなのに、そんな風にされたらこわいよね?」

照「私、お姉ちゃん失格だ…」シュン

咲「大丈夫だよ、気にしてないから」ニコッ

照「咲…」

咲「それに私、初めてじゃないし」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:58:47.55 ID:7uhmMNt60

照「…え?」

咲「だからそんなに…」

照「咲は、初めてじゃないの?」

咲「う、うん…」

照「……」

咲「……」

照「そ、そうだよね。咲ももう二十歳だし、初めてのわけないよね」

照「こういうことは、田舎の方が早いっていうし」

照「私が麻雀漬けだったときに、咲はもう大人になってたんだ…」

咲「そ、そんなんじゃ…」

照「お姉ちゃんだからリードしなくちゃ、なんて」

照「リードされるのは私の方ばっかりだね…」

咲「お姉ちゃん…」

照「…どうして」

照「どうして処女じゃないんだ!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:05:11.25 ID:7uhmMNt60

照「どうして処女じゃないんだ!」ガバッ

照「……」ダラダラ

照「夢か…」ホッ

淡「うるさい!!」バタン!

照「あ、あわい…どうしたの?」

淡「どうしたのじゃないよ!テル、うるさい!」

照「ご、ごめん。寝言で」

淡「寝言が隣の部屋まで聞こえてくるってなんなの!!」

照「ごめん…」

淡「白糸台の寮はあれですか!?今流行りの脱法シェアハウスですか!?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:10:40.64 ID:7uhmMNt60

照「本当にごめん…こわい夢をみて」

淡「…へ?今なんて?」

照「こわい夢」

淡「あははは!こわい夢!高校生にもなってこわい夢!」

照「うっ…」

淡「あはは…バカらしくなっちゃった…おやすみテルー」

照「えっ…」

淡「こわい夢なんて、また寝れば忘れるよ。じゃぁねー」パタン

照「なんだったの…」

照「また寝れば…か」

照「……」スヤァ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:19:15.26 ID:7uhmMNt60

--------
----


咲「ひっ…」ジワァ

照「……」

咲「ごめんね…ごめんね…」グスグス

照「…咲が悪いわけじゃ、ないけど」

咲「ううん。私が悪いの」

照「違うって」

咲「私はずっとお姉ちゃんのことが好きだったのに、それを、認めたくなくて」

咲「自分を試すようなことをして、本当の気持ちに気づいたの」

咲「きっと、これは、自分に嘘をついた天罰なんだ…」

照「咲…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:24:14.82 ID:7uhmMNt60

咲「ごめんなさい…ごめんなさいお姉ちゃん…」ワァアアン

照「……」ギュッ

咲「!」

照「…ごめんね。謝るのは私の方だった」

咲「お姉ちゃんは、悪くないよぉ…」

照「ううん、悪いのは私」

咲「違うよ、私だよ」

照「ううん、私」

咲「……」

照「……」

咲「…くすっ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:29:53.55 ID:7uhmMNt60

照「じゃあ、お互い様で」

咲「うん!」

照「…ねぇ、咲の初めての人ってどんな人?」

咲「えっ、いいよそんな話」

照「聞きたい」

咲「えー…」

照「教えて」

咲「う、うーん…優しい人?だったかな…?」

照「そっか、よかった」

咲「う、うん…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:35:29.97 ID:7uhmMNt60

照「いくつのとき?」

咲「じ…十四歳…」

照「…早いね」

咲「…ごめんなさい」

照「ううん、責めてないよ。どのくらい付き合ってたの?」

咲「えっ」

照「……」ニコニコ

咲「えーと、付き合ってたわけじゃ…」

照「…ん?」

咲「もう!この話はやめにしよ!」

照「…付き合ってない人と、するの?」

咲「もうこの話はやめって…」

照「答えて」

咲「…うん」

照「そうなんだ…」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:42:11.19 ID:7uhmMNt60

咲「だって、だってお姉ちゃんが振り向いてくれるわけないって!」

照「!!」

咲「…あの時は、そう思ってたから」

照「……」

咲「お姉ちゃんは、私にずっと孤独でいろっていうの…?」

照「っ…」

咲「……」フルフル

照(…最低だ)

照(最低だ。昔の私)

照(あの時、私が咲のそばを離れなかったら、咲は辛い思いをしなくて済んだのに)

照(時間を戻したい)

照(あぁ…どうして)

照「どうして処女じゃないんだ…」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:50:47.60 ID:7uhmMNt60

照「どうして処女じゃないんだ…」ガバッ

照「……」

照「また同じ夢…」

尭深「あの~先輩…」カチャッ

照「!?た、尭深か…」

尭深「あの、声、隣まで聞こえてますよ」

照「うっ、また…ごめん」

尭深「もし、勘違いだったら申し訳ないんですけど『処女』がどうのって…」

照「!!い、言ってない!!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:54:58.02 ID:7uhmMNt60

尭深「そうですか…すみませんでした」

照「いい、別に」ダラダラ

尭深「では、おやすみなさい」カチャッ

照「あぁ、おやすみ」

照「びっくりしたぁ…」

照「そんなに聞こえるなんて、やっぱりここ脱法シェアハウスなんじゃ…」

照「……」

照「…寝よう」

照「今度こそは、いい夢が見られますように」スヤァ


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:58:21.04 ID:7uhmMNt60

--------
----


咲「……」

照「…ごめん。今の、忘れて」

咲「…お姉ちゃん。今度は私がしてあげる」ギュ

照「えっ」

咲「ん…んむっ」チュッ

照「ん…ん…」

咲「ぷはっ…昔の話は、やめよう?」

照「……」

咲「ね?」

照「…うん」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:04:16.99 ID:7uhmMNt60

咲「えへへ、はりきっちゃうなぁ」

照「…咲、おじさんくさい」

咲「だって、ずっと、ずぅっとこうしいなって思ってたんだよ?」スルスル

照「…っあ」

咲「お姉ちゃん…」サワッ

照「っ!!咲、そこは…」

咲「わっ…ぬれてる…」ヌルヌル

照「ひぁっ…///」

咲「お姉ちゃんのそんな声、初めてきいた…」ヌプヌプ

照「ぅあっ…さき…本当そこは…」

咲「嬉しいなぁ」ツプッ

照「んんんっ!!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:10:12.98 ID:7uhmMNt60

咲「んっ…お姉ちゃん…」ペロッ

照「!?」

咲「ちゅ…れろっ…んんむっ…」

照「や…さきっ…きたな…」

咲「ちゅ…じゅるるっ…」

照「ーーーー!!!」ビビクン

咲「…っはぁ」ハァハァ

照「はぁ…はぁ…」

咲「…お姉ちゃん、かわいい」ギュウッ

照「……」

咲「大好きだよ、お姉ちゃん」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:14:29.33 ID:7uhmMNt60

照「…触らないで」

咲「えっ…」パッ

照「…!ごめん。そんなつもりじゃ…」

咲「う、うん」ホッ

照「咲、上手だね」

咲「ふぇ!?///」

照「…それは、初めての人に教わったの?」

咲「…え?」

照「その人にも、同じことしたの?」

咲「ど、どうしたのお姉ちゃん…?」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:18:01.27 ID:7uhmMNt60

照「ごめんね…こんなことが言いたいわけじゃないのに…」

照「気持ちよかったよ、ありがとうって言いたいのに」

照「くだらないことばっかり気になっちゃって…」

照「ごめんね、お姉ちゃん失格だね」

咲「そんな…」

照「本当にごめんなさい…」

照(過去は変えられない。分かってはいるのに)

照(どうして…)

照(どうして処女じゃないんだ!!)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:21:35.04 ID:7uhmMNt60

照「どうして処女じゃないんだ!」ガバッ

照「……」

照「もうやだ…」グスン

菫「照!何時だと思ってるんだ!!」バタン!!

照「ひっ…菫…」

菫「廊下を挟んで斜向かいの私の部屋にまで聞こえてくるとは何事だ!!お前は声優の卵か!?あぁん?」

照「ご、ごめんなさい…寝言を言ってたみたいで…」

菫「は?寝言?」

照「はい…」

菫「なるほど、嘘をついている目ではないな…ということはあれか、この寮に欠陥が…まさか脱法シェアハウス!?」

照「そうですそうです、きっとそうです」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:27:40.02 ID:7uhmMNt60

菫「しかし、随分と鬼気迫る声だったが、どんな夢を見ていたんだ?」

照「えっ、それは…」

菫「答えろ」

照「実はその…かくかくしかじか」

菫「っ!///お前!そんなAVみたいな夢を…」

照「え、菫ってAVとか見るの?」

菫「へ?」

照「うわぁ…」

菫「なんで私が変態みたいになってるんだよ!!」

照「ひっ…」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:33:10.47 ID:7uhmMNt60

菫「…こほん。お前、そんな夢で動揺してちゃ情けないぞ」

照「でも…」

菫「もし、そんなことが本当に起きたらどうするんだ?」

菫「同じ台詞を、実の妹に吐くのか?」

照「それは…」

菫「処女か処女じゃないかにこだわるのはな、自分に自信が無いからだ」

菫「よく考えてみろ、本当に失うのがこわいものはなにか」

菫「そうすれば、経験の回数など気になりはしない」

照「菫…!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:34:34.69 ID:7uhmMNt60

菫「分かったなら、さっさと寝ろ」

照「さすが、AVを見腐ってるだけある…」

菫「見腐ってない!」クワッ

照「ひっ…」

菫「今度、起こしたらただじゃおかないからな」バタン

照「こわい…」

照「…よし、今度こそ」

照「……」スヤァ


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:40:40.97 ID:7uhmMNt60

--------
----


照「……」

咲「…分かったよ」

照「…なにが?」

咲「今日のことは、忘れて」

照「…は?」

咲「私が、お姉ちゃんと一緒にいて幸せでも」

咲「お姉ちゃんが辛いなら、意味がないよ」

照「え、え、何言ってるの咲…?」

咲「できれば、今までどおり普通の姉妹でいたいけど」

咲「それも辛いなら、もう会わない方がいいかもね…」

照「なにそれ…」

咲「さようなら、お姉ちゃん」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:45:48.71 ID:7uhmMNt60

「よく考えてみろ、本当に失うのがこわいものはなにか」


照「!!」

照(そうだ、本当に失うのがこわいものは…)

照「咲!」ギュッ

咲「!?」

照「咲、違う。分かったの」

咲「え、え、なにが?」

照「本当に失うのがこわいものが」

咲「???」

照「私、咲を失うのがこわい」ギュゥッ

咲「!!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:48:29.97 ID:7uhmMNt60

照「私、こわかった。咲に経験があるって知って、もう、お姉ちゃんとして尊敬してもらえなくなるんじゃないかって」

照「私には、なかったから」

照「私は、咲のお姉ちゃんという立場を、咲に尊敬される立場を」

照「失うのがこわかった…」

咲「お姉ちゃん…」

照「でも、本当に失うのがこわいのは咲、咲自身」

照「やっと分かった」

咲「私も…」

照「咲」

咲「は、はい」

照「私の、そばにいて」

咲「…はい」

照「…ありがとう」

咲「…うん」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:53:01.44 ID:7uhmMNt60

照「咲」チュ

咲「んっ」

照「さっきの続き、しよう?」

咲「うん!」

照「さき…さき…」レロッ

咲「んっ…おねえちゃ…」

照「…やっぱり咲、上手い」ジトー

咲「ち、ちがうの!それ!」

照「?」

咲「私、お姉ちゃん以外にこんなこと、したことないの!」

照「っ…!///」

咲「だから、だから…」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:56:26.36 ID:7uhmMNt60

照「元からの才能なんだね…」

咲「…え?」

照「下手くそなお姉ちゃんでごめんね…」

咲「そ、そんなこと言ってないよー!」

照「もういい、私ネコになる」

咲「な、なに言ってるの///」

照「嘘」サワッ

咲「ひゃっ」

照「最初は様子見。これから打点があがるの」クチュクチュ

咲「んぁっ…ちょ…そんな…」


「グォオオオオオオオ!!」


照「!?なんの音!?」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 23:59:35.55 ID:7uhmMNt60

「グォオオオオオオオ!!」

照「なんの音!?」ガバッ

「グォオオオオオオオ!!」

照「夢じゃない…」

照「一番、いいところで…」

照「…許さない」バタン!

照「淡、尭深、菫…」

淡尭深菫「……」

照「やっぱり、この音の主は…」

淡尭深菫「……」コクン

照「せーの」

淡尭深菫「誠子!うるさい!!」

誠子「…ふぇ?」


カン!


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/18(月) 00:00:25.74 ID:YQPtHhKA0

お疲れ様でした。
元ネタあります。「メイド諸君」という漫画の「どうして処女じゃないんですか!」という台詞です。
あと、脱法シェアハウスには気をつけてください



元スレ:照「どうして処女じゃないんだ!」

他サイト様の最新記事