1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:10:52.30 ID:bhu2QgjPo

小鳥「これは非常事態ですよ、律子さん!」

律子「そうですか」

小鳥「いつかこの日が必ず来ると分かってましたけどね……」

小鳥「暖かい思いやり、聖女の如き慈しみ、奥深い包容力を持ち合わせた……」

小鳥「この私を、パクるなんて!」



律子「え?何がです?」

小鳥「だから、パクられたんですよ!」

小鳥「暖かい思いやり、聖女の如き慈しみ、奥深い包容力を持ち合わせた……」

小鳥「この私の、キャラが!」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:13:18.97 ID:bhu2QgjPo

律子「一応聞いときますけど、誰にパクられたんです?」

小鳥「もちろん、他社にです!」

律子「他社に?」

小鳥「はい!」





律子「小鳥さんみたいなキャラは、他にいないと思いますけど」

小鳥「そっか……律子さんは、知らないんですね。律子さんともあろう人が……」

律子「……最近忙しくてゲーム触ってられないんです。小鳥さんと違って」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:15:08.51 ID:bhu2QgjPo

小鳥「亜美ちゃん亜美ちゃん」

亜美「何ー?ピヨちゃん」ピコピコ

小鳥「その携帯ゲーム機、ちょっと貸してくれる?」ヒョイ

亜美「えっ?……あぁっ!」



律子「そのゲームに、小鳥さんをパクったキャラが?」

小鳥「そうなの、このゲームに私のキャラをパクったとんでもない野郎が……」カチカチ

亜美「あああああああああ!な、何すんのさピヨちゃん!!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:18:25.78 ID:bhu2QgjPo

『あみ村長、お疲れ様です!』



小鳥「こいつよ!」

律子「えっ?」

小鳥「ほら!画面中央にいるでしょう、この犬畜生が!」

律子「い、犬畜生って……」

亜美「返してよ~、それ亜美の3DS……」

P「何だなんだ、何の騒ぎだ?」

亜美「あっ、兄ちゃん!聞いてよ~、ピヨちゃんが~!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:20:37.27 ID:bhu2QgjPo

P「全然似てません。ハイ論破」

小鳥「なっ……!?」

P「ほら、持ってけ亜美」

亜美「ありがと~、兄ちゃん!」



小鳥「ど、どうしてなんですか、プロデューサーさん!」

P「………」

小鳥「緑の事務服!プレイヤーに優しくチュートリアル!一々仕草がカワイイ!」

小鳥「こいつぁ~もう完全に私とクリソツですよ!100%パクってるんです!!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:22:25.45 ID:bhu2QgjPo

P「……小鳥さん」

小鳥「何でしょう」

P「去年の冬コミは、如何でした?」

小鳥「例年通り豊作でしたけど……やっぱりアレが痛かったですね~」

律子「アレ?」

小鳥「私の好きな漫画のサークルが、参加見合わせちゃったんですよ。すごくガッカリです」

P「………」

小鳥「……あ、もしかしてプロデューサーさん、見たいんですか?私の同人誌」

P「いえ」

小鳥「?」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:25:25.26 ID:bhu2QgjPo

P「それで……正月休みの間、小鳥さんは何をしてました?」

小鳥「えっと……家で半纏を着て、お餅を食べてましたね!」

小鳥「やっぱりお正月にお餅と言えば、海苔と砂糖醤油がピッタリですよ」

小鳥「あ、でも最近おしるこも結構イケて……」



P「もういいです」

小鳥「え?」

P「もうね……失礼ですよ、ホントに」

小鳥「ですよね!私に対してホント失礼し……」

P「小鳥さんが失礼なんですよ!」

小鳥「えぇっ!?」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:28:10.03 ID:bhu2QgjPo

P「小鳥さんが自分に似てると言うキャラはですね、年中仕事場にいるんです」

小鳥「そ、それはゲームだかr」

P「少なくとも!仕事場に同人誌を持ってくるような人ではありません!」

小鳥「うぐっ……!」

P「正月休みの間、家の中で一日中餅を食っちゃ寝するような人でもなければ……」

P「下半身こたつに沈めて涅槃のポーズで同人誌読み漁ってるような人でもありません!!」

小鳥「な、なんでそんな事まで知ってるんです!?」

律子「当たってるんですか」

P「俺だって当たって欲しくなかったよチクショーォ!!」バンッ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:32:15.67 ID:bhu2QgjPo

P「百歩譲って似てるとしてもですね!彼女はきれいな小鳥さんなんです!」

小鳥「えっ!?」

P「何度でも言いますよ。きれいな小鳥さんです」





小鳥「わ、私がきれいって……そんな、唐突に言われても困っちゃいますよ~」

律子「……あの……それ、違います小鳥さん」

小鳥「え?」

律子「えっと……プロデューサーはですね、あのキャラの事を」ゴニョゴニョ


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:38:02.25 ID:bhu2QgjPo

小鳥「は……はぁぁぁぁぁ!?」

小鳥「あのシーズーがぁ!?きれいにした私ぃ!?」

P「はい」

小鳥「な、何なんですかそれ!……そんな、そんな言い方って……!」

小鳥「まるで元の私が汚いみたいな言い方じゃないですか!!」



律子「……あー」

小鳥「わかるわー、みたいな反応やめて律子さん!」

小鳥「とにかく!パクった方の出来がいいなんて、私は断じて納得しませんからね!」

小鳥「……ふーんだっ」プイッ

律子「あらら……小鳥さん、拗ねちゃいましたよ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:42:50.58 ID:bhu2QgjPo

P「はぁ……いいですか、小鳥さん」

小鳥「………」プイッ

P「そう言われても仕方ないんですよ。これまで小鳥さんが、どんな行いをしてきたか……」

P「自分の胸に手を当てて、考えてみて下さい」

小鳥「……自分の胸に、手を?」

P「そうです」



小鳥「……こうですか?」グイッ

P「俺の手を胸に当てようとしないで下さい」スッ

小鳥「えへへ……」

P「えへへじゃありませんよ。ったく……」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:45:14.41 ID:bhu2QgjPo

小鳥「クソが……あのシーズー、プロデューサーさんをたぶらかしやがって……」

小鳥「こうなったら、私も本気を出すしかなさそうね……見てなさいよ」グッ





小鳥「えっと、確か4年前のコミケで使ったアレが……」ゴソゴソ

小鳥「……あ、あったあった。うわ、懐かし~」ゴソゴソ



小鳥「そうよ……コレさえあれば、プロデューサーさんもきっと……ふふふ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:48:13.67 ID:bhu2QgjPo

~翌日~

P「よーし。今日もアイドルプロデュース、頑張るかー」

小鳥「プロデューサーさん!プロデューサーさん!」

P「あ、小鳥さん、おはようござ……」





小鳥「おはようございますワン!」キャッピピピピーン


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:51:43.19 ID:bhu2QgjPo

P「………」

小鳥「(犬耳型インカム……は無かったから、猫耳型を間に合わせに)」ピコピコ

小鳥「(やっぱり動物と言えば、肉球よね。手首までの長さしかなかったのが残念だけど)」ムニュムニュ

小鳥「(そしてこれが無くちゃ話にならねぇ、サルベージしてきた一品!魅惑の尻尾!)」フリフリ

小鳥「(ウフフ……プロデューサーさんはもう、私の尻尾にイチコロのようね)」フリフリフリフリ



P「………」

小鳥「(……まぁ、ホントは狼の尻尾なんだけどね。同じイヌ科だし、大丈……)」

P「ケモナー舐めんじゃねぇよ、キメラが」ボソッ

小鳥「えっ!?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:54:13.78 ID:bhu2QgjPo

P「いえ、何でもないです。ところで、そのコスプレ……」

小鳥「プロデューサーさん、今日も一日頑張りましょうワン!」

P「………」

小鳥「頑張りましょうワン!」フリフリ





P「あくまで『ソレ』を『犬』で通すつもりですか?」

小鳥「な、何のことだか分からないワン」ピコピコ

P「……分かりました。おーい、雪歩ー」

小鳥「わふ?」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 22:58:31.99 ID:bhu2QgjPo

雪歩「何ですか、プロデューサー?」

P「小鳥さんを見てほしい。どう思う?」

雪歩「え?小鳥さんを……?」



小鳥「ゆ、雪歩ちゃん、おはようワン!」フリフリ



雪歩「………」

P「正直な感想を言ってくれ、雪歩」

雪歩「いいんですか?」

小鳥「(……一体何が始まるんです?)」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:01:57.42 ID:bhu2QgjPo

雪歩「私、犬がダメなのは知ってますよね」

P「あぁ」

雪歩「昔、両親がそれを何とか克服させようとした事があるんですよ」

P「ほう」

雪歩「お母さん達が、必死に考えて考えて考えて考えて考えて考えて考えて、考え抜いた結果……」

雪歩「何をトチ狂ったのか、コスプレ作戦で克服させようと思い立ったそうです」

小鳥「えっ」

雪歩「お母さんが、私に言うんです。お家にカワイイ子犬が来るよ。大丈夫、怖くないんだよって」



雪歩「……全っ然、怖くないんだよって」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:05:48.74 ID:bhu2QgjPo

雪歩「あの日の夕暮れもそう言って、怯える私ににじり寄って来たんですよ」

雪歩「普段から作りもしない癖に、無理した笑顔が余計不気味で」

雪歩「あんなバカみたいな着ぐるみを着て、バカみたいに私の周りで犬のマネなんかして」

雪歩「そんな事で克服できるはずなんか、ないのに……」

小鳥「ゆ、雪歩ちゃん?」



雪歩「ああいう、ふざけた格好で人のトラウマを上塗りしようとする人って」

雪歩「……嫌いなんですよね、私」クスクス

小鳥「(あれ?……もしかして私、地雷踏まされてる?)」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:08:56.06 ID:bhu2QgjPo

P「だがなぁ、雪歩。今の小鳥さんは、犬らしいから……」

雪歩「あ、そうでしたね。じゃあ、ご主人様は誰なんですか?」

小鳥「え?」

雪歩「小鳥さんは犬なんですよね?だったら、ご主人様がいないと駄目なんじゃないんですか?」

小鳥「え、えっと……プロデューサーさんが、ご主人様だワン!」

雪歩「そうですか。プロデューサー、私が小鳥さんを躾けてもいいですか?」

小鳥「えっ……あ、いや、あの」

P「あぁ、いいぞ。思う存分やってくれ」

小鳥「プロデューサーさん!?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:12:48.08 ID:bhu2QgjPo

雪歩「それじゃあ小鳥さん、おすわり」

小鳥「ね、ねぇ、雪歩ちゃん?これって、冗談……」

雪歩「おすわり」

小鳥「ゆ、雪歩ちゃ」

雪歩「……おすわりは?」

小鳥「わ、ワンッ!」ゾクッ



雪歩「お手」スッ

小鳥「ワンッ!」スッ

雪歩「よーしよーし、イイ子だね……」ナデナデ

小鳥「(完全にスイッチ入ってるじゃないですかー!やだー!!)」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:16:51.33 ID:bhu2QgjPo

雪歩「ふぅん……ご丁寧に首輪まで付けてるんですか。誰に媚びたんです?」

小鳥「こ、これで、プロデューサーさんを、魅了しようと……」

雪歩「……考えることが、汚らわしい雌犬みたいですね。おかわり」

小鳥「わ、ワンッ!」スッ

雪歩「ふせ」

小鳥「ワンッ」



雪歩「ツィンツィン」

小鳥「!?」

P「(来たか……)」ガタッ


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:19:52.48 ID:bhu2QgjPo

小鳥「ち……い、今、何て……?」

雪歩「ツィンツィンですよ、ツィンツィン」

小鳥「だ、駄目よ雪歩ちゃん!アイドルがそんな、おちん」

P「小鳥さんが思ってるような卑猥な言葉を、雪歩が言う訳ないじゃないですか」

小鳥「でも……!」

P「雪歩はツィンツィンと言ってるんですよ。ツィンツィンと」

雪歩「もちろん、そのまま立っても面白くないですから。ちゃんと駄犬らしい姿勢でお願いしますね」

小鳥「駄犬!?」

雪歩「えっと、下半身は蹲踞の姿勢で……両手は、顔の前に」

小鳥「そ、そんきょ?……えぇーっと……」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:24:43.52 ID:bhu2QgjPo

小鳥「ふっ……ぅぅ……!」プルプル

雪歩「まだ脚が開き切ってませんよ、小鳥さん」

P「これでもまだ見えないのか……どんだけ絶対領域なんだ」

小鳥「これ以上はっ……き、キツ……!」

雪歩「え?」

小鳥「お、お願い……もぉ、許してぇ……」

雪歩「だそうですけど、プロデューサー」



P「小鳥さん!」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん……!」

P「レッツ、ツィンツィン!」

小鳥「」

P「チーン・チン!チーン・チン!チーン・チン!」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:30:26.13 ID:bhu2QgjPo

雪歩「ほら。プロデューサーが、やれって言ってるんですよ」

小鳥「ひっ……!」

雪歩「ご主人様の言う事が、聞けないんですか?」

小鳥「……で、でもぉ……!!」プルプル



ビリリッ



雪歩「?」

小鳥「あ」

P「ん?今何か……」

小鳥「あ、ああぁっ!ちょっ、た、タイトスカートが」

P「何ですって!?」ガタッ


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:37:12.45 ID:bhu2QgjPo






春香「  そ  こ  ま  で  で  す  !」ババァーン






30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:40:56.82 ID:bhu2QgjPo

雪歩「……春香ちゃん?」

春香「プロデューサーさん!私達は健全なアイドルを目指してるんです!全年齢対象なんです!」

春香「ですから、エッチなことはいけません!これは立派なセクハラです!!」ビシッ

P「サラッとウソをつくな、春香!スペシャルBOXはCERO:Cだったろうが!!」

P「つーか邪魔をするんじゃない!今チラッとだけ紫が」

春香「千早ちゃんバリヤー!!」バリバリバリ

千早「ディーフェンス、ディーフェンス、ディーフェンス、ディーフェンス」シャッ シャッ シャッ

P「!?」

春香「小鳥さん!今の内に早く、この替えのタイトスカートを!」

小鳥「あ、ありがとう、春香ちゃん!」

P「ぬぅぅぅ……こ、これでは何も見えん!クソッ!覚えてろよ!!」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:45:36.18 ID:bhu2QgjPo

P「チックショー、千早の奴……あと少し、あと少しだったのに……!」

小鳥「うぅぅ……わ、私のお気に入りが、無残な姿に……」シクシク



チリン



P「?今何か……」

小鳥「……鈴?」



律子「あ、おはようございます、プロデューサーと小鳥さん」チリリン


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:48:52.35 ID:bhu2QgjPo

P「……おい律子。お前から何か、変な音が聞こえるんだが」

律子「あ、分かります?髪留めにアクセサリ、付けてみたんですけど」チリン

小鳥「(律子さん……こ、ここでまさかの二番煎じ狙い!?)」

P「そうか……律子」

律子「な、何です?」ドキッ





P「付けるのは構わないが、その……仕事中にチリンチリン鳴らすのは、止めてくれよな」

律子「………」チリリーン


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:55:25.19 ID:bhu2QgjPo

小鳥「で・す・よ・ねー♪鈴なんて、うるさいだけですもんねー♪」

律子「……小鳥さん?事務所の中でコスプレ、辞めてくれません?ふざけてるんですか?」

小鳥「くぅ~ん……ご主人様ぁ~、律子さんがいじめるワーン」

律子「……プロデューサー殿。こんなバカな大人に構ってないで、ちゃんと仕事を」

小鳥「だ、誰がバカですか、誰が!」

律子「いい歳して猫耳付けて尻尾振ってる事務員さんの事です!」

小鳥「い、いい歳で悪かったですね!プロデューサーさんに言い寄れる私が羨ましい癖にー!!」

律子「は、はぁぁ!?」ガタッ

P「なぁ二人とも、そろそろいい加減にしないと、またもう一度雪……歩、を……」





高木「………」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/15(火) 23:59:33.69 ID:bhu2QgjPo

律子「フシャアアアアア……あっ」

小鳥「ガルルルル……る!?」



小鳥「え、えっと……」

P「………」

律子「……し、社長?……いつから、いらして?」

高木「見てたよ。割と、最初から」





P「……な、生っすか?」

高木「もちろんだ」ニコッ


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 00:03:27.67 ID:cNs+ac5Jo

ザワザワ……ザワザワ……



高木「えー……ゴホン」

高木「諸君にこうして集まってもらったのは、他でもない」

高木「実は君達に向けて、新年早々、重大な発表があってな」

真美「えー?なになにー?」

伊織「事務所移転でもするわけ?」





高木「本日より、君達の給料が……ちょっぴり、上がることになった!」グッ


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 00:07:13.52 ID:cNs+ac5Jo

響「えっ!ほ、ホントに!?」

亜美「ま、マジっすか、社長!?」

高木「あぁ、本当だとも」

真「ヒャッホー!やーりぃー!」グッ

やよい「うっうー!ありがとうございますー!」



美希「……それじゃあ、みんなのお給料が上がったってことなの?」

あずさ「そうみたいね~」

伊織「少しは私達の価値が認められたって事かしらね」

千早「お金なんて関係ない。私は歌を……ディーフェンスするだけ」

貴音「新年にまこと、面妖なことですね」

雪歩「そうですね、四条さん」クスクス


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 00:18:18.85 ID:cNs+ac5Jo

春香「プロデューサーさん!私達昇給ですよ、昇給!」

春香「ねぇ、プロデューサー……さん?」

P「ん?……あ、あぁ、そうか。良かったな、春香」

春香「……嬉しくないんですか?」

P「いや、そういう訳じゃないんだ……そういう訳じゃ……」



小鳥「……律子さん」

律子「何です」

小鳥「これってもしかして……キャラじゃなくて、私達のギャラがパクr」

律子「お願いですから黙ってて下さい、小鳥さん」



おわり


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/01/16(水) 02:08:31.68 ID:CekwLSzio

それはパクられたんやない、ただの減給や



元スレ:小鳥「私のキャラがパクられました!」律子「えぇ?」

他サイト様の最新記事