1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:18:07.63 ID:U+mq7zaT0

晴「ちーっす」ガチャ

晴「おーい、P……っと」

晴「…………いないのか?」

晴「呼んどいていないってどういうことだよ」

晴「ったく……いいや、いないなら帰るか」クルッ

晴「……ん?」

こずえ「……」

晴「……ドアの前に人形なんか立ってたっけ?」

こずえ「こずえー……にんぎょうじゃー……ないよー?」

晴「うお、しゃべった!?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:19:06.14 ID:U+mq7zaT0

こずえ「しゃべるよー?」

こずえ「こずえはー……こずえだからー」

晴「あ、ああ、そうだよな……いきなり何もないところに人形が現れるわけないしな」

こずえ「うんー」

こずえ「こずえねー……このうしろでぇー……まってたー」

晴「……待ってたって、オレを?」

こずえ「あなたをー」

晴「……」

こずえ「ふわぁ……んー」

晴「オレ、お前と面識あるっけ?」

こずえ「ないよー」

こずえ「でもねぇー……まってたのー」

晴「……はぁ?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:19:35.02 ID:U+mq7zaT0

こずえ「んー?」

こずえ「どうしたのー?」

晴「オレと面識ないのに何で待ってたんだ?」

こずえ「えっとねー……ぷろでゅーさーがねー」

晴「Pが?」

こずえ「……いっちゃだめー」

晴「はぁ?」

こずえ「いっちゃだめー」

晴「……なあ、それは行動の「行っちゃ」か、それとも、言動の「言っちゃ」か?」

こずえ「どっちもー」

晴「……」

こずえ「いっちゃだめー……」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:20:18.88 ID:U+mq7zaT0

晴「……わかんねーけど、とりあえずここを通すなってPに言われてるんだな?」

こずえ「いっちゃだめー」

晴「……」

こずえ「こずえはー……ここでー……とおせんぼー」

晴「あーっと、用事があるからどいてくれよ」

こずえ「ぷろでゅーさーがー……あなたはー……ようじがないってー」

晴「……チッ」

晴「まあいいや、とりあえずここで待ってればいいんだな?」

こずえ「うんー」

晴「ちなみに、いつまで待ってればいいんだ?」

こずえ「じゅんびがー……おわるまでぇー」

晴「準備?」

こずえ「いっちゃだめー」

晴「……」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:20:50.44 ID:U+mq7zaT0

晴「なぁ、おい」

こずえ「うんー」

晴「普通に話してたけど、お前プロデューサーって言ったよな?」

こずえ「うんー……ぷろでゅーさー」

晴「んじゃ、お前もここのアイドルなのか?」

こずえ「えっとねー……いっちゃだめー」

晴(……まあ、ここのアイドルなんだよな、たぶん)

晴(なんでそんなことまで規制されてんだ)


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:21:21.86 ID:U+mq7zaT0

こずえ「ふわぁ……んにゅー」

晴「……眠いならソファーで寝ろよ」

こずえ「とおせんぼー」

晴「そうかよ」

こずえ「うんー……ふわぁ」

晴「……」

晴「……なぁ」

こずえ「なぁにー?」

晴「名前は?」

こずえ「なまえー?」

晴「そう、名前だよ、お前の」

晴「ここのアイドルなんだったら名前くらい覚えとかないとな」

こずえ「こずえはー……こずえだよー?」

晴「……そういえばさっきからそう呼んでたな」

こずえ「ゆさー……こずえー」

晴「……遊佐こずえ?」

こずえ「うんー」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:22:03.50 ID:U+mq7zaT0

こずえ「あなたは、だぁれぇー?」

晴「……ああ、オレは結城晴」

こずえ「ゆうきはるー?」

晴「ああ、結城が苗字で晴が名前だよ」

こずえ「うんー……ゆうきはるー」

晴「……」

こずえ「どうしたのー……ゆうきはるー?」

晴「いや、何でもねぇ」

こずえ「んー」

晴(……なんか調子狂うな)

晴「……」

こずえ「……ふわぁ」

こずえ「みてもー……なにもぉー……でないよー?」

晴「だろうな……でも帰らせてくれないんだろ?」

こずえ「とおせんぼぉー」

晴「……はぁ」

晴「いいや、とりあえずオレはそこのソファーで座ってるな」

こずえ「うんー」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:22:48.78 ID:U+mq7zaT0

晴「……」

こずえ「ふわぁ……」

晴「……」

こずえ「むにゅむにゅ……」

晴「なぁ」

こずえ「……なぁにー?」

こずえ「ゆうきはるー……よんだー?」

晴「こずえも座らねー?」

こずえ「すわる?」

晴「ここでもいいし、どこでもいいし」

晴「ずっと立ってりゃ疲れるだろ?」

こずえ「でもぉー……こずえ、とおせんぼー」

晴「別に逃げねぇよ……何か理由があるんだろ?」

こずえ「いっちゃだめー」

晴「それも聞かねぇから」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:23:31.86 ID:U+mq7zaT0

こずえ「えっとねー」

こずえ「おててー」

晴「……は?」

こずえ「おててつないでー……いっしょにねるー……?」

晴「いや、眠くねーし眠らねえけど」

こずえ「じゃあー……とおせんぼー」

晴「……」

晴「……んじゃ、つないでやるから、こっち来いよ」

こずえ「こずえー……おにんぎょうなのー……」

こずえ「とおせんぼー……」

晴「……わーったよ、ほら、ちょっと待ってろ」

こずえ「おにんぎょうー……おにんぎょうー」

晴「ほら」ギュッ

こずえ「ふわぁー……」

こずえ「ゆうきはるのー……おててー……へへー……」

晴「座ろうぜ?」

こずえ「つれてってー?」

晴「あいよ……っと」

晴(……つめてー手だな)


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:24:17.39 ID:U+mq7zaT0

晴「っしょっと」

こずえ「すとんー」

こずえ「ふわぁー……きもちぃー……」

晴「そりゃ、ずっと立ってたんだろ?」

こずえ「うんー……ぷろでゅーさーとー……はなしてからー……ずっとー」

こずえ「とびらのうらー」

晴「オレが勢いよく開けてたらどうしたんだよ……」

こずえ「どうしたんだろうねー……」

晴(……ゆっくり開けてよかった)

晴「その、Pがやってる準備ってどれくらいかかるんだ?」

こずえ「いっちゃだめー」

晴「……そうかよ」

晴(……準備)

晴(俺を避けての、準備)

晴(……)

晴(ばればれだよなー)

こずえ「いっちゃだめー」

晴「あー……んじゃ気長に待ってるよ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:25:04.74 ID:U+mq7zaT0

晴「……つってもずっとこうしてるのも暇なんだよな」

こずえ「いっしょにー……おひるねするぅー?」

晴「わり、オレ今眠くねーんだ」

こずえ「ふわぁー……」

こずえ「じゃぁあー……ゆうきはるー……どこかにー……つれてってくれるー?」

晴「ここから動けねーんじゃねーのかよ」

こずえ「ゆうきはるのー……なかー」

晴「……はぁ?」

こずえ「ゆうきはるー……つれてってー?」

晴「……わり、意味わかんねーんだけど」

こずえ「こずえ……11さい」

晴「ん……お、おう」

こずえ「……だっけ?」

晴「知らねーよ」

晴(……つーか、オレと一歳差かよ)

晴(しんじらんねー)


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:25:32.46 ID:U+mq7zaT0

こずえ「ゆうきはるはー?」

晴「オレは12、こずえの一個上だな」

こずえ「ふぅん」

こずえ「……」

晴「……ああ」

晴「もしかしてオレの話をしろってことか?」

こずえ「うんー」

こずえ「ゆうきはるのー……なかにー……つれてくのー」

晴「……まあいいけどよ」

晴「こずえのことも話せよ」

こずえ「らじゃー」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:26:00.15 ID:U+mq7zaT0

晴「んじゃ……何はなすかな……」

晴「いざ話すとなると……なかなか思いうかばねーな」

こずえ「こずえはねー」

晴「ん、ああ」

こずえ「ここじゃないところからー……きたんだってぇ」

晴「……ここじゃないって……ええと」

晴「別の県からってことでいいのか?」

こずえ「そうなのかなー?」

晴「まさか別世界なんてことはないだろうし、そうだろたぶん」

こずえ「ほぇー……」

晴「それなら、オレも一緒だな」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:26:27.69 ID:U+mq7zaT0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

晴「――んで、趣味はサッカー」

こずえ「さっかー」

晴「楽しいよな、サッカー」

晴「こう……相手をひょいひょいって抜いてって、思い切りシュート決めたときとかさ」

こずえ「うんー……そうなんだってぇー」

晴「……聞いてるか?」

こずえ「さっかー」

晴「……」

晴「こずえは、そういう趣味とかはねーの?」

こずえ「しゅみってなぁに?」

晴「は?」

晴「趣味は……趣味だろ」

晴「自分の好きな……やってて楽しいことだよ」

こずえ「ふぅん」

晴「ふぅんって……お前」

こずえ「さっかー?」

晴「それはオレの趣味だって」

こずえ「こずえのー……しゅみー……」

晴「……サッカーするのか?」

こずえ「さっかーやるぅー……で、なにするのー?」

晴「……」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:28:27.73 ID:U+mq7zaT0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こずえ「ゆうきはるー」

晴「……なんだよ」

こずえ「ゆうきはるはー……あいどるー?」

晴「そうだよ」

晴「オヤジが応募しなきゃこんなことになんなかったのによー」

こずえ「ふぅん」

こずえ「ねー」

こずえ「あいどるってー……なにするのー……?」

晴「何するか……」

晴「歌うとか踊るとかじゃねーの?」

こずえ「こずえー……おうたもー……おどりもー……しらないー」

晴「だから、それを習うんだろ」

こずえ「うんー」

こずえ「ぷろでゅーさーとかー……とれーなーとかー……おしえてくれるぅー」

晴「やっぱお前アイドルじゃねーか」

こずえ「いっちゃだめー」

晴「……」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:29:13.29 ID:U+mq7zaT0

こずえ「ゆうきはるはー……おしえるのー?」

晴「教えられるほどうまくねーし……そもそもベクトルがちげーよ」

こずえ「べくとるー?」

晴「オレは……まあ、なるんだったらかっこいいアイドルがいいけど」

晴「こずえは違うだろ?」

こずえ「そうなのかなー」

晴「どうみてもかわいいアイドルを目指してるようにしかみえねーよ」

こずえ「かわいいあいどるするのー?」

晴「するんじゃねーの」

晴「声もかわいいし、顔もかわいいしさ」

こずえ「うんー」

こずえ「ゆうきはるもー……かわいいよー?」

晴「ほめてくれるのはうれしいけど、どうせならかっこいいっていってくれよ」

こずえ「かっこいー」

晴「……」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:31:41.67 ID:U+mq7zaT0

こずえ「ねぇー」

こずえ「ゆうきはるは……かわいいこずえ……すきなのー?」

晴「まあ、かわいくないこずえよりは好きだろ、たぶん」

こずえ「ふぅん」

こずえ「……」

こずえ「こずえー……かわいいー?」

晴「真顔で言われてもなー」

晴「かわいいけどさ、もっと……こうするとか」ギュムッ

こずえ「うみゅ」

晴「もっとこう、頬を上げてさ」

こずえ「むいー……」

晴「ほら、笑顔」

晴「これだったらかわいいぜ」

こずえ「ほふへー……ははひいー?」

晴「ああ、かわいいかわいい」

こずえ「へへー」

こずえ「ひゅうひはふもー……ははひいー」ギュムッ

晴「いへっ!」

こずえ「ひゅむー」

こずえ「へへー……へはおー」

晴「……ふっほ、ひゃっはなほいふ!」グイグイ

こずえ「ひゃー」グイグイ


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:33:35.36 ID:U+mq7zaT0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


晴「――なにやってたんだ俺達」

こずえ「あいどるのー……れんしゅうー?」

晴「こんな練習あるかよ」

こずえ「でもー……かわいいあいどるにー……こずえー……なれたよー?」

こずえ「ほはー……ふひー」グイグイ

晴「自分で頬をひっぱるなっての」

こずえ「――あー」パッ

晴「ん?」

こずえ「えっとぉー……じかんー」

晴「時間?」

晴「……準備が終わったってことか?」

こずえ「うんー……」

こずえ「だからー……ゆうきはるー……つれてってー」

晴「……結局つれてくのはオレなんだな」

こずえ「こずえはー……おにんぎょうさんなのー」

晴「わかってるよ……どこにつれてけばいいんだ?」

こずえ「えっとぉー……あっち」

晴「……道案内はしてくれるんだな」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:34:29.87 ID:U+mq7zaT0

こずえ「ここー」

晴「……オッケ」

晴「おい、P――」

P「ハッピーバースデー、晴!」

『ハッピーバースデー、晴!』

こずえ「わぁー……いっぱいー」

晴「ああ、サンキュ、P」

P「驚かないんだな」

晴「あんなふうにあからさまに部屋に閉じ込められたら誰でも気づくっつの」

晴「つーか、自分の誕生日忘れるか、普通」

こずえ「ふつー」

P「……それもそうだな」

晴「サプライズしたきゃ、もっと後でオレを呼べよな」

P「あー……そうだったな、悪い」

晴「……なんでオレがアドバイスしてんだか


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:35:14.30 ID:U+mq7zaT0

P「それはともかく、だ」

P「とりあえず俺からプレゼント」

P「チャイナドレスとウエディングドレスとどっちがいい?」

晴「最悪な誕生日をありがとう、もう二度とここには来ない」

P「冗談だよ、まさかそんなことさせるわけないだろ」

晴「……嘘つけ」ボソッ

P「ほら、こっちが本当の誕生日プレゼント」

P「サッカーボール」

晴「ん、サンキュ」

P「と――」

晴「……と?」

P「こずえ」

こずえ「こずえー」

晴「……は?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:35:39.83 ID:U+mq7zaT0

晴「おい、P、大丈夫か、熱で頭やられたか?」

P「いたって普通だ」

P「安心しろ……別に何もこずえをお前にプレゼントするわけじゃない」

晴「万が一そんなことが起きたら間違いなく警察に通報するな」

こずえ「ゆうきはるにー……こずえをー……ぷれぜんとー」

こずえ「だよねー……ぷろでゅーさー?」

晴「おい」

P「誤解だ」

晴「どう誤解だっつーんだよ」

こずえ「ゆうきはるのなかにー……こずえ?」

晴「……」

P「……」

晴「……ようは、友人を一人プレゼントってことか」

P「まあ……そうなるな」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:38:34.18 ID:U+mq7zaT0

晴「おい、P、流石に怒るぞ」

晴「友達なんて作らせるもんじゃねーだろ」

P「もちろん、そんなつもりはない」

P「たった数日前にスカウトしたこの子とお前は会ったことがなかったからな」

晴「やっぱこいつアイドルか」

こずえ「いっちゃだめー……」

P「別にもういいよ、こずえ」

こずえ「うんー……あいどるだよー?」

晴「なんでこう規制させてたんだよ」

P「サプライズ、かな」

晴「……なんのサプライズだっつの」

P「ほら、俺の隠し子かと勘違いした晴の慌てる姿とか見れるかと」

晴「俺を何だと思ってるんだよ」

P「まだかわいい小学生だな」

晴「かわいくねー」

こずえ「……かわいいよー?」ソー

晴「おい、引っ張ろうとすんな!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:39:53.04 ID:U+mq7zaT0

P「これを機会に会わせようとして……予想外に仲良くなって帰ってきたお前たちがいたわけだ」

P「手を握ったりな」

こずえ「へへー……」

晴「……こんくらい普通だろ」

P「俺はほぼ初対面なのに手をつなげる程のコミュニケーションはとれないからな」

晴(……つーか、ほぼ無理やりつながされたようなもんなんだけどな、これ)

晴(別に悪い気はしねーけど)

P「まあ……要するにこずえのくだりは全部ジョークだよ」

晴「サプライズは」

P「マジだ」

晴「おいコラ」

P「んで……誕生日プレゼントはそのボールだけ」

晴「紛らわしいこと言うなよな」

P「はは、悪い悪い、つい思いついたからな」

晴「ったく」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:42:16.12 ID:U+mq7zaT0

こずえ「べつにー……ぷれぜんとでもー」

こずえ「こずえはー……おにんぎょうさんだからー……おかしくないよー?」

晴「おかしいっつの、いくら人形みたいにきれいな顔しててもこずえは人間だろーが」

こずえ「へへー」

P「……まあ、仲良くなってくれたみたいで本当よかった」

P「この事務所でこずえと年代が一番近いのはお前だからな……やっぱり年代の近い友人がいたほうがいいだろ?」

晴「……ま、な」

こずえ「こずえはー……11さいー……?」

晴「こいつ本当に11か?」

P「お前の一つ……今日で二つ下だよ、いくつだ?」

晴「11だな」

こずえ「でもー……さっきー……いっこしたってー」

晴「あー……まあ、あれは間違えたんだよ」

P「自分の誕生日なんて覚えていて当然だろ?……って言ってたのにな」

P「なのに自分の年齢を間違えるのか」

晴「……」

こずえ「まっかっかー」

晴「……うっせー」

晴「そもそも情報隠蔽してたんだから、あの地点ではオレはまだ11だったんだよ」

P「はいはい、そういうことにしとくな」

晴「……っこの」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:47:10.94 ID:U+mq7zaT0

P「まあまあ、時に晴」

晴「んだよ」

P「俺とばっかり話してていいのか?」

晴「Pがオレに話をめちゃくちゃふってくるんじゃねーか」

P「んじゃ俺の話はこれで終わりだよ」

P「ほら、他の奴のところにいってこい」

晴「オッケ」

晴「んじゃ……っと……あー」

晴「なあこずえ、いつまでつないでるんだ、この手」

こずえ「おててー……つないでー……ゆうきはるがー……どこかにつれてってくれるぅー」

晴「……」

晴「んじゃ、ついてこいよ」

こずえ「うんー」

P「んじゃ、また後で」

晴「ああ、また後で」

晴「サンキューな、P」

P「おう」

こずえ「さんきゅーなー」

晴「ほら、いこうぜ」

P「……」

P「……さて」

P「監視カメラの動画で、二人がどんな様子だったか確認するか」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:51:38.16 ID:U+mq7zaT0

晴「なぁ、こずえ」

こずえ「んー?」

晴「お前、つめてー手だな」

こずえ「うんー」

こずえ「てがつめたいひとはねー……やさしいんだってぇー」

晴「ふーん」

晴「んじゃ、オレはやさしくねーのか」

こずえ「ゆうきはるのてはー……あたたかいー」

晴「だろうな、オレが冷たく感じるんだから」

こずえ「だからねー……ぽかぽかしてー……やさしぃー」

晴「……なんだそれ」

こずえ「ふわぁ……」

こずえ「だからー……ゆうきはるもー……やさしいよー」

晴「……」

こずえ「おててー……つないでー……どこいくのー?」

晴「……別に、他の奴と話しにいくだけだ」

「なら目の前で話さないでほしいんだけど」

晴「……ああ、悪ぃ」

「まあ、会話が終わらなかったのもわかるけどさ」

「なにはともあれ、誕生日おめでとう、晴」

晴「サンキュ――」


おわり


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:53:16.87 ID:U+mq7zaT0

晴の誕生日で、沖縄に天使がいて、これはこの二人を組み合わせるしかないって電波を受信したから
急いで書き上げて、登校しようとしたら落ちてて泣いた昨日

一日遅れでごめん晴、お誕生日おめでとう!
そして、こずえちゃんかわいい!

途中、若干ミスがありました、申し訳ございません
読んでくださった方、ありがとうございました


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:54:29.70 ID:uNOyOgXDO

乙乙
こずえちゃん早速大人気ですなぁ



元スレ:こずえ「いっちゃだめー」晴「はぁ?」

他サイト様の最新記事