1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:01:41.80 ID:vtpXJNQk0

P「……なんとか間に合ったな。これで三人を送り届ければ今日は終り、か」

ぐー、

P「はあ……昼から何も食べてないから、さすがに堪える。もうコーヒーはいらないな」



美波「Pさんっ!」

美優「あっ……Pさん、お疲れさまです」

文香「……お疲れ様です」



P「お、タイミングばっちりだったな……みんな、お疲れ様」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:03:26.70 ID:vtpXJNQk0

美優「Pさん、お待たせしてすみません……」

美波「ごめんなさい、シャワーと着替えをしながら反省会やっていたら、時間掛かっちゃって」

文香「すみません……プロデューサーさん、私が至らないばかりに、お二人の足を引っ張っています」

P「そんなことないぞ、文香。そりゃあまだまだ改善出来るところは残っているだろうが、デビューからの時間を考えたらびっくりするくらいの成長だ」

文香「いえ、そんな……」

P「今日はちゃんと収録に付き添えなくて申し訳なかった。文香をちゃんと見てあげたかったよ」

文香「…………は、はい」カァ

美優「そうよ、文香ちゃん……ふふっ、プロデューサーさん、もっと誉めてあげてください」

美波「ええ、さっきからどうにも不安みたいで……Pさんに自信を付けてもらわなきゃって、ずっと考えていたんです」

P「ははは、なるほどな――先輩2人もこう言ってるんだ。なにより俺が保証する。文香はどこまでもいけるようになるさ」

文香「わかりました……その、がんばります……」カァ

美優(うつむいちゃった……恥ずかしそうだけど、嬉しそう……)

美波「む……Pさん?」ギュー

美優「あっ……」

P「お、おい美波、手なんか握ってどうした?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:05:25.05 ID:vtpXJNQk0

美波「私は、どうでしたか?」

P「え?」ドキドキ

美波「私は、Pさんと出会ってからしばらく経ちましたけど……今もちゃんと、Pさんをドキドキさせていますか?」ムギュー

美優「ちょ、ちょっと美波ちゃん……」

文香「……………!」ブワッ

美優(文香ちゃんが真っ赤に!)

P「お、おう……勿論だ」アセアセ

美波「ふふっ、よかったぁ……あっ、ご、ごめんなさいっ! すぐ離れますっ」バッ

P「い、いや……」

文香「……………」ジー

美優(文香ちゃん……耳まで真っ赤のまますごい見てる!)

P「あ……み、美優さん、すごい真っ赤ですよ? 大丈夫ですか?」

美優「え……えっ?」

美優(――私もすごい見てましたっ!)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:07:57.61 ID:vtpXJNQk0

美優「だ、だ、大丈夫ですっ! きゃは、ははは……は」

美優(は、恥ずかしい……)ズーン

P「そ、そうですか……じゃ、戻ろうか、みんな」



ブロロロ……

P「なあ、ちょっとお腹空かないか?」

美優「ええと、その……正直、かなり」

美波「私もおなかペコペコなんです。文香ちゃんは?」

文香「…………私も、です」

P「よーし、じゃあ戻る前にどこか寄ろうか。次の仕事への景気づけも含めてな」

P「さて……」


インド人「イラッシャイマセー」ニッコリ


美優「…インドカレーのお店、ですか?」

P「ああ、何か月か前に出来てから、けっこう通っててな……4人です」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:10:08.43 ID:vtpXJNQk0

店員「ドウゾ」ニッコリ

P「洒落たところは、この時間帯だと予約なしじゃ厳しそうだし、かといってファミレスは周囲が大騒ぎになりそうだし……ひっそりやってるところは便利だよな」

美優「でも、ここもすごくおしゃれですよね。きれいな柄のタペストリーとか、木彫りの象とか……」

文香(象の顔の神様は、ガネーシャ……と言いましたか)

P「俺は文化的なことには全然詳しくないが、雰囲気はけっこう好きだ」

美波「……いい香り。ますますおなかが空いちゃいます」クンクン

P「現場にしろ事務所にしろ、仕出し弁当ばかりじゃ味気ないし」

美波(Pさん、遠い目してます……)

美優(……Pさんが一度、まゆちゃんにお弁当作ってもらったら、翌日『愛妻弁当』が殺到したことが昨日のことの様に)

文香(それ以来、手作りのお弁当は控えさせているとか……)

P「おっ、ラッキーだな。今はお客さんいないみたいだから、ちょっと広いテーブル使っちゃおうか。ほら、掛けた掛けた」

文香「…………」

美波「…………」

美優「…………!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:11:22.97 ID:vtpXJNQk0

文香(4人で……座るということ、は)

美波(2対2の向かい合わせ……よね)

美優(……Pさんの隣、誰が座ることになるのかしら?)


「「「……………………」」」


P「おや……どうしたんだ? みんなボーっとしちゃって」

文香「ええと……」チラッ

美波「……その」チラッ

美優「あは、は……」チラッ


「「「じゃあ」」」


P「あっ、そうだ。みんなは壁側に三人並んで座ればいい。俺が通路側で荷物を見とくから」

「「「…………」」」ズルッ

P「ど、ど、どうした? 揃ってクールさの欠片も無い漫才みたいなズッコケ方して……あっ、窮屈だったか?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:12:55.10 ID:vtpXJNQk0

文香「……座りましょう」ショボーン

美波「はい……」ショボーン

美優「……そうね」ショボーン

P(揃ってテレビではお見せできないカンジに!)


美優(……いけない、気を取り直さなきゃ。せっかくPさんに誘っていただいたんだもの)

P「こっちはドリンクメニューで……こっちがディナーのメニューだ」

文香「あ……ありがとう、ございます……」

美優(美波ちゃんや文香ちゃんもPさんの隣が良かったんだろうし、このカタチが一番よかったんだわ)

P「今日は俺のおごりだからな。たくさん食べてくれ」

美波「ふふっ、それじゃ遠慮なく……あ、これおいしそう。でも、こっちも……」

美優「美波ちゃんも言っていたけど……スパイスの香りだけでも、本当においしそう」クンクン

P「そう言えば――カレーは香りが強いから気にするかもしれないが、まあ、今日はもう帰るだけだし、それに、俺とみんなの仲だ。恥ずかしがることはないよ」

美波「うふふっ、私たちとPさんの仲なんて……なんだか、イケナイ関係みたいですね」

美優「そ、そうかしら……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:15:41.74 ID:vtpXJNQk0

文香「い、イケナイ、関係……」

P「ところで、飲み物は? セットに付いてるみたいだからな」

美波「いただきます……何から何まですみません」

P「気にしないでくれ。俺はラッシー」

美波「ありがとうございますっ! じゃあ、私もラッシーで」

文香「え、えと……すみません、ごちそうになります……ホットのチャイを」

美優(インドビールに、インドウィスキー、ネパールラムなんてものもある……)

P「美優さんは?」

美優「あっ……わ、私も同じので!!」

P「ははっ、ラッシーもチャイも頼みましたよ」

美優「はえ? や、そ、その……」アタフタ

P「お酒か何か頼みましょうか?」

美優「い、いいえ……美波ちゃんも文香ちゃんもまだダメだし、Pさんに運転してもらって、私だけお酒を飲むというのも……」

美波「気にしないでいいですよ? ほろ酔いの美優さん、艶っぽくて素敵ですし」

文香「…………」コクン


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:17:08.58 ID:vtpXJNQk0

美優「や、やだ、恥ずかしい……あの、それじゃお言葉に甘えて、このインドのビールっていうのを……」

P「わかりました」

美波「でも……お酒飲めるようになったら、負けませんよ?」クスッ

美優「うふふ……楽しみね」


P「すみませーん、注文いいですか?」

インド人「ドウゾー」

P「シーフードカレーと、ほうれんそうとチーズのカレー、あとマトンカレーと、バターチキンカレーを、全部Cセットでお願いします」

インド人「カラサハ?」

P「あ、聞いてなかったな……みんなどうする?」

文香「…………あまり、辛いのは」

美波「うーん……じゃあ、みなさん中辛にしておきますか? まずはお試しってことで」

美優「そうね、美波ちゃんに賛成」

P「中辛……なんだが」チョイチョイ

文香「…………『スパイス、50段階』」

美波「細かいんですね、ちょっとびっくり」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:20:24.63 ID:vtpXJNQk0

美優「中辛だけでも10段階あるなんて……」

P「……とりあえず、中辛の中くらいにしとくか」

P(これ50辛だと、一体どれくらい辛いんだ? 火を吹ける様になったりするのか? というか――)

文香「すごい、ですね……」

美波「少し怖いかも……でも、わくわくしちゃう、ふふっ」

美優「味をみて、次は、もっと辛いのを試してみようかしら」

P(お尻が大丈夫だろうか、とは、このメンバーではとても話題に出来ないな。同じクール路線でも、比奈とかなら大丈夫な気がするが――)


比奈「……ふえっくしょん! ずずー、ん……なんかどこかでひどく不当な扱いをされている気がするッス」ッターン

紗南「あーっ?! くっそー、どこからでもウルコン入るヴァイパーのどこが不当な扱いなのー?」

比奈「セビ滅持ちがそれ言っちゃあおしまいッスよ……ちょっとキャラ変えるッス。ヘンなクセが付いちまうッスからね」

紗南「よーし次は……ねえ比奈さん、インドの人ってみんな腕が伸びたり火を吹いたりするのかなぁ?」

比奈「カ〇コンの罪は重いッス」

紗南「やっぱりゲームはバン〇ムだよね!! 次は3D格闘もしようよっ!!」


P「カレーはそういう注文で」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:23:04.47 ID:vtpXJNQk0

店員「ナン、ライス、ドッチカオエラビクダサイ」

P「ええと……ナンにします?」

美波「……くすっ、はい、ナンで」

文香「私も……その、ナンでお願いします」

美優「あ、え、えと……私も」

P「ん? なんか微妙な反応――っ?!」ガタッ

P(し、しまった――『何(なん)にします?』と『ナン(かライスかどちら)にします?』を掛けたと思われてる?!)

P(違うっ、俺はそんな浅はかな洒落を得意げに言ったりしない……そ、そんな可哀想なモノを見る目で見ないでくれ)


~~~~(Pの脳内イメージ)~~~~

文香「じゃあ」ニヤニヤ

美波「Pさんは」ニヤニヤ

美優「何にして、ナンにしますか?」ニヤニヤ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:24:55.78 ID:vtpXJNQk0

P「はー、はー、はー、はー、っくぅ…………」←過呼吸

美優「あっ、Pさん、これナンにも色々種類があるみたいですよ」

文香「挽肉入り、ポテトとチーズ……ドライフルーツ入りも?」

美波「迷っちゃいますね。ねえ、Pさん?」


~~~~(脳内イメージ)~~~~

美波「じゃあ」ニヤニヤ

美優「Pさんは」ニヤニヤ

文香「ナンは何にしますか?」ニヤニヤ

???「ふふっ」

~~~~~~~~~~~~~~~~


P「」←脳死


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:27:03.73 ID:vtpXJNQk0

P(再起動)「そう言えば、最近学校の方ははどうだ?」

文香(急に面談みたいに……)

美優(混じれない……)ショボーン

美波「……最近は、お仕事の方が忙しくて。学業に響かないように頑張ってるんですけど、そうするとなかなかラクロスには……」

P「んー、申し訳ない、と言っていいものか……俺の仕事は美波の仕事を増やすことだからなぁ」

美波「いいえ、その分Pさんと一緒に居る時間が増えてるっていうことだから、その……嬉しいです」テレテレ

P「そう言ってもらえると……俺も、その、嬉しいよ……こほん、そ、そう言えば美波はラクロスの他に、資格取得も趣味にしてたな。何か勉強したりしているのか?」

美波「んー、もともと私、何がしたいのかよくわからなくて資格の勉強をしていたところもあったみたいで……あ、でもひとつ頑張ってるものがあるんですよ」

P「へー、なんだ?」

美波「これです!」ドン

『Pさんの嫁 四段』

P「え」

美波「最近やっと四段に認定してもらえたんですよ。中々難しくて」

P「え? え?」

文香「美波さん……すごい。私、まだ初段です……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:28:58.98 ID:vtpXJNQk0

P「?!」

美優(どうしよう……言いたい、師範代って言いたい……!!)チラッチラッ

P(美優さんが何か取り出したそうな感じですごい鞄の辺り見てる)

P「そ、それはなんなんだ? 誰が設立して誰が審査して誰が認定して誰に認知されているんだ? どうにも千川っぽいにおいが漂うぞ?」

美波「審査基準はこんな感じです!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

九級  その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも(中略)Pさんのみを愛することを誓いますか?(過去現在未来)

八級  交(中略)

七級  (自主規制)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P「九級でそれ?」

美波「お嫁さんなら当然のことですよ? 七級より上はここでは……うふふっ!」

文香「八級も……言えませんけど……身に覚えはあるはずです」マッカ

P(はやく、カレー、はやく……!!)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:30:34.49 ID:vtpXJNQk0

P(謎資格は見なかったことにしよう)

美波「お腹空きましたぁ……でもそろそろ、お皿に盛りつけてるのかな?」

美優「文香ちゃんも待ちきれないんじゃない?」

文香「…………そんなこと」

P「そういえば、文香ってものを食べてるイメージがあんまり沸かないよな」

文香「そう……ですか?」

美波「もう、Pさんったら。文香ちゃんもちゃんと食べるんですよ? さっきからお腹がきゅうきゅうなってるみたいですし」

文香「?!」

美波「Pさん、なんだったら直接聞いてみたらどうですか? 文香ちゃんのカラダに……さ、どうぞどうぞ」グイグイ

文香「か、身体、に?」

美波「二人とも逃げちゃダメですよ―」グイグイ

P「あ、コラ引っ張るな……うわっ!」

文香「…………きゃっ!」

美波「これで、ひざまくらみたいにすれば……」

――ふにゅん


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:34:47.35 ID:vtpXJNQk0

文香「はぁっ……ぅ」

美優(文香ちゃんのおひざ元に突入した―っ!)

文香(プロデューサーさんの頭、お腹で包むみたいに……)ドキドキ

美優(顔は真っ赤にしてるけど決して押し退けない……すなわち、もっとも恥ずかしい部分をPさんに占領させるという覚悟のあらわれ……っ!)ジリッ

P(耳が文香のお腹にあたって、鼻が文香の腿の間で……後頭部に、文香の胸が……い、いかん、こんなところで……顔を放さなければ……?!)

――きゅきゅう、くう

文香「うあ……くぅ…………っ」ギュー

美波「あっ、文香ちゃんまっかっか……」

P(文香……文香も、お腹、空くんだな……)ホワホワ

美優(Pさんがなんか普通のことに感動して浄化されている顔をしている気がするっ!!)

くぱぁ……

文香「~~~~~~~~~~~~~~~~っ」

P(?! なんだ、なんの音だっ! 何がひらいたっ?!)

美波「文香ちゃん文香ちゃん、お腹なってるんですね?」

文香「はい……くうくうお腹がなりました」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:36:11.37 ID:vtpXJNQk0

P(俺取り込まれる?)


文香「お店の飾りに……いろいろな神様があらわされていますね」

P(真っ赤になったままモジモジしながら言われると、どうにもさっきの膝枕の照れ隠しトークみたいに見えて申し訳ないな)

美優「文香ちゃんは文学部だから、そういうのも研究対象だったりするの?」

文香「インド文学という研究もありますし、人文学のジャンルでは歴史や民族、宗教など、幅広くを対象としていますが……私自身は、教養の域を出るものでは」

P「謙虚だなぁ」

美波「んー、見たことあるような優しい顔の神様もいれば、手足がいっぱいあって、こわい顔の神様もいるんですね……あ」

P「どうした?」

美波「この神様の格好、この前の美優さんの衣装によく似ていますねっ!」

P「確かに……女神さまとは、よく言ったものだよな」

美優「や、やだ、美波ちゃんもPさんも上手なんだから……」

P「いえいえ、本当のことを言ったまでで……はっ!」

美波「どうしまし……あ」カァッ

文香「……っ、ぁ」カァッ

美優「え? え?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:38:17.61 ID:vtpXJNQk0

美波(美優さんみたいな格好の神様)

文香(連続した絵柄の最後で)

P(全裸になってる)


美優「……??」

美優「…………」

美優「……はうあっ!!」ドカーン



店員「オマタセイタシマシター」

P「どうもです……」

P(なんだかどっと疲れたな……)

美優「わぁ……おいしそう」

文香「…………」ゴクリ

美波「大きなお皿に、カレーとナンとサラダとチキンと、これは、ピラフ……? とっても豪華ですね!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:40:14.03 ID:vtpXJNQk0

P「じゃあ飲み物をとって……美優さん、美波、文香、お疲れ様」

美優「お疲れ様です」

美波「お疲れさま」

文香「お疲れ様です……皆さん」

P「ふぅ……さて、さっそくカレーを、と言いたいところだが……先にサラダを」

美波「どうしたんですか? 熱いうちに食べた方が……」

P「まあそうなんだが……ナンが火傷するくらい熱いんだよ。経験上、3分間は手で持てない。でもナイフやフォークで食べるのもちょっとな……」

美優「どうせなら、手で食べた方がそれらしいですよね」

文香「…………」オソルオソル

P「おっ、文香、チャレンジしてみるか?」

文香「…………」ツンツン

文香「…………っ!」パッ

P(かわいい)

美波(かわいい)

美優(かわいい)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:42:15.38 ID:vtpXJNQk0

P「まったく、文香は食いしん坊だな……どれ、あちちっ」

文香「ぷ、プロデューサーさん」

美波「大丈夫ですか?」

P「なに、こーやって叩いて……」パンパン

文香「あ、あの……すみません」

P「ふー、ふー」

美波「!!」

美優「?!」ガタッ

文香「あ……」

P「よし……これで少しは食べやすくなっただろ、ほら。ちぎって食べるんだぞ」

文香「あ、ありがとう、ございます……」ドキドキ

美波「Pさん!!」

美優「P、Pさん?!」

P「は、はいっ?!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:43:10.36 ID:vtpXJNQk0

美波「私にもふーふーしてくださいっ!!」

美優「ふ、ふふっ、ふーふー、しましょうか?!」

美波「私もふーふーしてあげますからっ!!」

美優「そ、そそそ、それで私にも、その……」

文香「…………」ハムハム


美波「ピラフもスパイスが効いていておいしいですね……この、ポテトチップスみたいなのはなんていうんですか?」

P「豆で作ったおせんべい、だったかな……名前は」

店員「パーパル」

P「だ、そうだ。チリソースを付けて食べるとつまみとしては最高だな」

文香「ぱりぱりしているけれど、しっとりもしていて、小気味良いです……」

むしっ、むしっ……

P「ナンをちぎるこの音、クセになるなぁ……美優さんどうですか? インドビールは」

むしっ、むしっ……

美優「こくん……はい……さっぱりした味わいが、カレーの辛さとマッチして、とてもおいしいです。マトンカレーもお肉が丁度柔らかくて……」ホワホワ

美波「Pさん、こっちのシーフードも、おいしいですよ。辛くないかなって心配していたんですけど、エビやアサリ、イカの甘味が、辛さをマイルドにしてくれてます」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:45:47.46 ID:vtpXJNQk0

P「よかったよかった。美波は、俺の食べてるバターチキンもおすすめかもな。一口どうだ?」

むしっ、むしっ……

美波「は、はいっ! いただきますっ」ズイッ

文香「?!」

P「ど、どうした?」

美波「……あーん、って、してくれるんじゃなかったんですか?」

P「その発想は……いいだろう、今日頑張ったご褒美だ。それ」

美波「はぁむ、んむっ、むっ、ん……はぁ……っ、舌でお肉がほどけて……おいしいです」モグモグ

文香「…………プロデューサーさん」

むしっ、むしっ……

P「おっ? 文香も食べたいか……ってうわっ?!」

P(緑色の何かを突き付けられたかと思ったらカレーだった。何を言っているんだと思うかもしれないがそれはほうれんそうとチーズのカレーだった)

文香「あ……あ、ああんっ!」

美優(『あーん』のことよね……何故かいやらしい感じに……)

P「あ、ありが……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:46:45.30 ID:vtpXJNQk0

文香「……っ」ギュー

P「んぐっ?!」ギュー

文香「あ、す、すみませんっ、熱くて手元が……んみゅっ?!」

P「んぐ……っ、ふぅ。ありがとう文香。お返しにこっちも、あーん、だ」

文香「んあっ、あむっ、んちゅ……っ」

P「ほら、ちゃんと冷ましてはあるから怖がらないでいい……ただし、はしたない音を立てちゃだめだぞ」

もきゅもきゅ、もきゅ……

文香「んは、ん、んくっ、ん……ごっくん」

P「どうだった?」

文香「んはっ……とても、おいしかった、です……」ポワポワ

P「気に入ってもらえてなによりだよ。こっちも、文香のカレーおいしかったよ。ほうれんそうって、見た目はちょっとびっくりするけどな」

ちょいちょい、

P「?」


美優「あ、ああん……」

P「」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:48:52.36 ID:vtpXJNQk0

美優「あの……Pさん、私にも、ください……Pさんの……」

P「もう、仕方ありませんね」

むしっ、むしっ……

美優「ふぁぁ……ん、んっ、ん……あ、Pさん、手にカレーが付いてますよ……ふふっ」

ぺろっ

P「うおっ……すみません」

美波(美優さん……ちょっと大胆に)

文香(お酒のせい、なのでしょうか?)

美優「うふふっ、おいしかったです」ポワポワ

P「からかわないでくださいよ……あ、そうだ。ナンのおかわりは?」

美波「え? おかわりまでできるんですか?」

P「ああ。大体のカレー屋はサービスしてくれるみたいだ。じゃあ、二枚くらい注文して、それを四人で分けようか」

美優「はい……また、食べさせあいっこしましょうね。今度は文香ちゃんも、美波ちゃんも……」

文香「…………」ムシャムシャ

P(タンドリーチキンを両手で持って、むしゃむしゃ食べてる……)


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:55:19.53 ID:vtpXJNQk0

店員「オカワリノ、ナンデース」

P「ありがとうございます」モグモグ

店員「トコロデオキャクサン……アナタハニホンノ、マハラジャデスカ?」

P「ま、マハラジャ? 王様かって? いえいえまったく。しがないサラリーマンですよ」

店員「ソレニシテハ……イツモ、チガウオンナノヒト、ツレテイマス。ソレモ、ビジンバカリ」


「「「……!!」」」ピクッ


P「はは、彼女達は……そうですね」

P(仕事上の関係……というのも、なんかつれなくてイヤだな……)

P「家族というか、パートナーみたいなものですよ」

美優「!!」カァッ

美波「!!!」カァッ

文香「!!!!」マッカ

店員「ナルホド……ゼンインガ、オクサマダナンテ……ヤハリ、マハラジャニ、チガイナイ」

P「?」モグモグ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:56:56.14 ID:vtpXJNQk0

P「あー、食べた食べた」

美波「ごちそう、さまでしたぁ……」

文香「ごちそうさまです……ふぅ」

美優「Pさん、ありがとうございましたぁ……ふふっ、私たち三人とも、お腹、膨らんでますよ。アイドルなのに……だらしないカラダ、しちゃってます……」

美波「うふふ、Pさんから、いっぱいいただきましたから……」

文香「…………」サスサス

P「やめてー」

美優「それにしても……カラダ、火照っちゃいますね」パタパタ

美波「はい……カッカして、汗が止まらなくなっちゃいました……」タラタラ

文香「アツい、ですね……」ジワジワ

P「そうだな、後を引く辛さだから、刺激はそんなになくてもいっぱい汗を……っ?!」


美優「ああ……帰ったらシャワー、浴びなくちゃ……」ピトッ

美波「はい……すんすん、汗臭くなければいいけれど……」ピタッ

文香「…………はぁー、はぁ……」ジワァ……


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 04:58:48.13 ID:vtpXJNQk0

P(三人の下着が……汗で透けてる……胸の形がモロに)モワモワ

P(今度から気を付けるように言っておかないと……今度から……)ムラムラ

P「よ、よーし、そろそろ行くか! みんなは先に行っててくれっ!!」ガタッ

美波「すみませんっ、入り口でお待ちしてます!」

文香「ごちそうさまです……先程も言いましたけど、改めて」

美優「今度は、私に奢らせてくださいね?」

P「は……はい……」

P(前を見なければいいと思ったが……忘れてた)


美波「ああ……もう、汗だく……」スリスリ

文香「はい……風が気持ちいいですね」フリフリ

美優「びっしょりね……風邪ひかないようにしなくちゃ」プリプリ


P(お尻にも、汗、かくよな)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 05:05:15.87 ID:vtpXJNQk0

P「ただいまー」

ちひろ「お疲れ様でした……あら?」クンクン

比奈「どもッス……ん? なんかカレーの匂いが、プロデューサーさんとお三方から」

美優「……やっぱり、お洋服の匂いは誤魔化せないみたいね」カアッ

美波「汗よりも、そっちの方が問題でしたね」スンスン

文香「…………」コソコソ


――がちゃん


千秋「さ、三人から……」フルフル

留美「か、カレのにおい……?」ブルブル

あい「こ、こんな早晩に……?」ガタガタ

P「ワイングラス落とすほどのことですか? っていうか事務所で酒盛りしないでくださいよ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 05:07:15.11 ID:vtpXJNQk0

――ぼとっ

美嘉「か、かかか、カレの匂い? プロデューサーのにおいが、美優さんたち三人から?!」ビクッ

莉嘉「あー! Pクンたちカレー食べたのー? いいないいなーっ!!」

美嘉「か、カレー……? そ、そそ、そうよね! カレーのにおいよね、ああなんだ脅かさないでよー」

莉嘉「4人とも同じ匂いさせてズールーいーっ!!」

――ぼとっ

美嘉「4人の匂いが混じり合ってるーっ?!」ビクンビクン

P「ケータイとテレビのリモコン二つとも落とすほどのことか?」


まゆ「でも確かに――カレのにおいもカノジョのにおいも混じり合ってますねぇ、みなさん」スンスン


P「」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 05:14:28.70 ID:vtpXJNQk0

美優「あの……Pさん、こっちに」チョイチョイ

P「はい?」

美優「実は……店員さんに無理を言って、ビールとウィスキー、もらってきたんです……よかったら、今晩一緒に」カチャン

P「ええっ? 全然気づかなかったな……重たくなかったですか?」

美優「Pさんのためなら、これくらい……」モジモジ

P「……本当に、ありがとうございます。せっかくですから、ご厚意に甘えようかな」

美優「それでは……女子寮でお待ちしていますので」

P「はい……」


P「買い出しして、他の大人組も呼んでおきますね!!」

美優「」ズルッ


笑美(……ええスベリやな)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/06(日) 05:19:03.95 ID:vtpXJNQk0

これでおしまいです。
同じタイトルのスレを、ちょっと目を離した隙に落としてしまい再度立てさせていただいたものです。
支援くださった方、画像を上げてくださった方、読んで頂いた方、ありがとうございました。
ちなみに、当方インド的な知識はほとんどございませんが、ただカレー屋が好きなのでこういう展開となりました。



元スレ:モバP「幕間」

他サイト様の最新記事