1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 21:35:11.46 ID:FhSwXx2o0

ー個室居酒屋ー


菫「久しぶりだな、照」

照「ん。久しぶり」

菫「突然誘って悪いな」

照「ううん。会えて嬉しいよ」

菫「ははは。全然そんな顔じゃないぞ」

照「え?本当にそう思ってるよ」

菫「相変わらず、愛想がないな…」

照「無理に笑うのは疲れるの」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 21:38:26.50 ID:FhSwXx2o0

菫「よく言うよ。昔からカメラの前じゃ完璧な愛想のよさだっただろ」

照「私のことをよく知らない人には、あのくらい分かりやすくしないと伝わらない」

照「菫は、そんなことをしなくても分かるでしょ?」

菫「ははは。それは喜んでいいのか?…とりあえず、なにか頼もう」

照「あー…じゃあ烏龍茶で」

菫「なんだ、飲まないのか」

照「あんまりお酒、強くなくて」

菫「そうか。まぁ、気がのってきたら遠慮するなよ。すみませーん」

照「うん」

店員「はーい!」

菫「生と烏龍茶、1つずつ。あと、枝豆と焼き鳥も」

店員「はい、よろこんで!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 21:42:54.18 ID:FhSwXx2o0

照「…手馴れてるね」

菫「え?なにが」

照「注文が」

菫「いや、普通だろ」

照「そうなの?私だったら噛みそう」

菫「頼りないな…ファンが知ったらがっかりするぞ」

照「…バレないようにする」

菫「しかし、すごいよな。こないだ、お前の笑顔が張り付いた電車が走ってたぞ。ここじゃこんなに無愛想なのに」

照「もう、その話はいいって」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 21:47:47.97 ID:FhSwXx2o0

菫「いや、本当にすごいよ。トッププロだもんな」

照「菫だって、なれるよ」

菫「馬鹿言え」

照「菫だって、三年間一緒にインハイを戦ったでしょ?」

菫「学生時代に多少いい成績を残したって、プロになれるのはほんの人握りだよ」

照「そうかな?」

菫「そうだよ」

照「……」

菫「……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 21:51:28.39 ID:FhSwXx2o0

店員「おまたせいたしましたー!生のお客様ー!」

菫「あぁ、私だ」

店員「こちら、烏龍茶と枝豆と焼き鳥になります。ごゆっくりどうぞー!」

照「あ、美味しそうだね」

菫「よし。じゃあ、乾杯でもしとくか」

照「なにに?」

菫「旧友との再会に、とか」

照「…そうだね」

菫「それじゃ、乾杯」カツン

照「乾杯」カツン


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 21:55:08.30 ID:FhSwXx2o0

菫「んぐんぐ…ぷはぁー!そういや、淡はどうしてるんだ?」

照「あーなんか今は、海外の大会を荒らしてるとかって噂を聞いたけど」

菫「全く、あいつは…」ヤレヤレ

照「淡らしいけどね」

菫「プロになった当初は、お前より注目を浴びてたのにな」

照「私より、有名なとこに入ったからね」

菫「お前が随分地味なところに収まったってのもあったが…」

照「淡はやることが派手なんだよ。大きいところに入って、大きい成績残して…」

菫「すぐやめた…な」

照「まあ、あそこは厳しいしね。高校では好き勝手やってた淡には合わなかったんじゃない?」

菫「お前も、それが嫌で、地方の小さなチームに入ったのか?」

照「私はそういうわけじゃ、ないけど」

菫「ふーん…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:00:17.15 ID:FhSwXx2o0

照「まぁ、淡が楽しそうなら私はいいと思うけど」

菫「今はいいだろうが、この先どうするんだあいつは…」

照「さぁ?ふらっとまた戻ってくるんじゃない?」

菫「いい加減なやつめ」

照「それでも許されちゃうんだよ。淡には、そういう魅力がある」

菫「…羨ましい話だ」

照「菫は、そういうことができないところがいいんだよ」

菫「照は、どっちも上手く持ち上げるな」

照「そんなんじゃないって…」

菫「分かってるよ」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:05:13.83 ID:FhSwXx2o0

照「もう…。尭深や誠子はどうしてるの?菫はなにか知ってる?」

菫「尭深…は、こないだ手紙がきたぞ」

菫「今は、実家で農家を継いでるらしい」

照「農家!すごいね」

菫「ハーベストタイム(肉体労働)って書いてあったよ」

照「ふふ。想像できないね…」

菫「お世話になったので、と箱いっぱいに野菜や果物も送ってきた。美味かったなぁ」

照「なにそれ、菫ばっかずるい」

菫「お前にお世話になった覚えはない、ってことじゃないか」

照「尭深…そんな薄情な後輩だったの…」

菫「冗談だよ。気を遣ってるじゃないか?」

照「え、なにに?」

菫「なんていうか、照はちょっと近寄り難い雰囲気だったからなぁ…」

照「え、そんなつもりは…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:08:22.73 ID:FhSwXx2o0

菫「分かってるさ。今度言っとくよ。照にも送ってやれって」

照「それじゃ私が、催促してるみたい」

菫「だってそうだろ?」

照「違う。手紙とか、そういうのが羨ましいな…って」

菫「そうだ!手紙と言えば今朝、誠子からもきてたんだ!」

照「え」

菫「なんでも誠子、結婚するらしいぞ」

照「!!」

菫「驚きだよな」

照「…うん」

菫「おめでた婚だとか…お子さんももうすぐ産まれるらしい」

照「へぇ」

菫「…私たちも、そんな歳になったんだな」

照「そうだね」

菫「……」ゴクッ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:12:05.02 ID:FhSwXx2o0

照「…菫は?」

菫「は?」

照「菫は結婚とかの予定、ないの?」

菫「っ!」

照「……」

菫「…あいにく、全然縁がないんだ」ゴクッ

照「そうなの?菫は、しっかりしてるし美人だから、いくらでも相手がいそうだけど」

菫「そういうことだけじゃないんだよ。結婚っていうのは」

照「?…そう」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:14:57.44 ID:FhSwXx2o0

菫「…照は?」

照「私は、ないよ」

菫「…そうか」

照「うん」

菫「まぁ、忙しそうだしなぁ」

照「そうでもないよ」

菫「……」

照「……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:17:17.92 ID:FhSwXx2o0

菫「…なぁ照?」

照「なに?」

菫「お前の照魔鏡って、麻雀のことしか見えないのか?」

照「そうだよ。どうして?」

菫「…ずっと、不安だったんだよ」

照「なにが?」

菫「お前が、私のなにもかもを見透かしてるんじゃないかって」

照「……」

菫「…あのさ、私は同性しか好きになれないんだ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:19:54.08 ID:FhSwXx2o0

照「え」

菫「…本当に驚いたって顔だな」

照「うん。今、驚いてる」

菫「…そうか」

菫「はぁーっ、ヒヤヒヤしてた高校時代が馬鹿らしいな…」

照「う、うん」

菫「…で、どう思う?」

照「どうって…?」

菫「なんでもいいよ。気持ち悪いでも、そんなのおかしい、でも」

照「そんなこと、思うわけ無いよ」

菫「そ、そうだな」

菫「お前は、そんなこと言う奴じゃないよな…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:23:06.73 ID:FhSwXx2o0

照「ただ…」

菫「ただ?」

照「…つらいだろうなって思う」

菫「?」

照「菫の気持ちは、菫にとって、自然なことなんでしょ?」

菫「…あぁ」

照「だったらそれは、他の人と変わらない恋なんだと思う」

菫「……」

照「でも、菫は自分のことをおかしいと思ってる」

照「恋愛の悩みって誰にでもあると思うけど、菫は、余計なものまで抱え込んでいるんじゃない?」

照「世間が、菫の周りが、そうさせているのなら、それは悲しいことだと思う」

菫「照…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:28:25.29 ID:FhSwXx2o0

照「だって今、このことを私に話すのだって躊躇したでしょ?」

菫「…そうだな」

照「そんな思いを、今まで何度もしてきたんだろうなって考えると」

照「つらかっただろうな、って思うよ」

菫「……」

照「ごめんね、急だったから、上手く言えてないね」

菫「…いや、充分だよ」

照「そう?」

菫「すごいな、お前は。やっぱりその照魔鏡で、全てを見透かしてるんじゃないかって思う」

照「そんなことないって…」

菫「…ありがとな」

照「…うん」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:32:29.80 ID:FhSwXx2o0

菫「っしかし、なんで話しちゃったんだ?私は」

照「酔ってるんじゃない?」

菫「まさか、一杯で?」

照「私は一口でも、酔うよ」

菫「嘘だろ?試しに飲んでみてくれよ」

照「え、いいよ…」

菫「いいから」

照「うーん…じゃあ、一口だけ」コクッ

菫「…どうだ?」

照「別に…」

菫「なーんだ」

照「なんだ、って…」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:36:39.16 ID:FhSwXx2o0

菫「ま、そりゃそうか」

照「ちょ、私が話を大きく言ったみたいじゃ…」

菫「まぁ照だって大人だ。多少話くらい膨らますよな?」

照「だからやめてってー」

菫「ははは。お前の周りの人は、こんな軽口言わないだろ?」

照「うーん。それはまぁ…」

菫「…なぁ照。今、好きな人はいないのか?」

照「だから、言ったじゃない。全然だって」

菫「好きと結婚は違うよ」

照「…でも、いないよ」

菫「ならさ」

照「何?」

菫「!…ごめん。ペース早かったのかな。お手洗いに行ってくる」

照「あぁ、いってらっしゃい」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:40:48.34 ID:FhSwXx2o0

ートイレ個室ー

菫「…さっき、なんて言おうとした?」

菫「ならさ」

菫「…ならさ、私と付き合わないか?」

菫「いや、お前が私をそういう目で見てないのは分かってるよ」

菫「でも相性いいと思うんだ私たち」

菫「私は、ずっと照のことが好きだから、いつかお前が私を見てくれればいい」

菫「それまでの、お試しでさ」

菫「…バカみたいだな。高校のときに考えた告白だろ」

菫「…本当に、酔ってるのかもな」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:44:02.50 ID:FhSwXx2o0

照「あ、おかえり」

菫「あぁ」

照「菫…さっきの話なんだけど」

菫「えっ!?あ、あぁ、それはもういいんだ。たいした話じゃないし」

照「好きな人が、って話」

菫「…え?」

照「ごめんね。嘘ついた」

菫「え、なにが」

照「ずっと、好きな人が、いるんだ」

照「言うつもり、なかったんだけど。菫が言ってくれたから」

菫「え…」

照「それとも、酔いがまわってきたのかな…」

菫「……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:45:29.25 ID:FhSwXx2o0

照「あのね」

菫「あぁ」ゴクリ

照「私、妹のことが…咲のことが、好きなの」

菫「…は?」

照「いつから、好きなのかは分からない。ずっと昔からかもしれないし、ここ数年かもしれない」

照「でも今は確実に、咲のことが好き」

菫「…それは、恋愛感情で?」

照「うん」

菫「家族愛の延長かも、しれないだろ?」

照「それはないよ」

菫「どうして?」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:47:04.26 ID:FhSwXx2o0

照「私、咲と一緒にお風呂に入れない」

菫「はぁ…」

照「夢を見たの。私も咲も裸だった。すごく幸福で、でも切ない夢」

照「そのことを思い出すから、咲の裸を今までみたいには見れない」

照「これはもう、家族愛じゃないでしょ?」

菫「……」

照「自覚したら、もう咲の全てが愛おしくて咲以外のことは考えられなくなって」

照「大きなチームに入らなかったのは、咲と離れたくなかったから」

照「それでよかったと思ってる」

照「咲は、いつか私から離れてしまうかもしれないけど、それでも…」

菫「…おかしいだろ」

照「…菫?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:49:00.99 ID:FhSwXx2o0

菫「おかしいだろ!そんなの…」

菫「実の妹が、好きだなんて、そんなの絶対かえってこないにきまってるのに…」

照「……」

菫「お前は有名人で、そんなことが知れたら世間が許さないに決まってる」

菫「お前の気持ちはきっと自分も、妹も苦しめる…」

菫「お前にはもっと、普通で、まっとうで、幸せな…」

照「…分かってるよ」

菫「分かってない」

照「…分かってるの。私も、菫も」

菫「……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:51:12.44 ID:FhSwXx2o0

照「このつらさは同じでしょ?」

菫「あ…」

照「…やっぱり酔ったのかもしれない。今日はもう、帰るね」

菫「て、照…ごめん!」

照「じゃあ」

菫「ま、待って」

照「…なに?」

菫「…また飲もうな」

照「…うん」ニコッ

菫「あ…」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/22(金) 22:52:31.22 ID:FhSwXx2o0

パタン

菫「……」

菫「なつかしい笑顔だな」

菫「いや、ついこないだも見たか」

菫「…照」

菫「全然、同じじゃない。私とお前は、違いすぎる」



カン



元スレ:菫「久しぶりだな、照」

他サイト様の最新記事