1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/27(月) 23:50:59 ID:SVHYEzOI

ライナー「どこにでも来るんじゃないか?例えばこの兵舎にも」

エレン「いきなりなんだよ?」

アルミン「(なぜ賢明な君がそんな面倒になりそうなことを)」

ベルトルト「ちょっと呼んでみてよ」

アルミン「(お前もか)」

エレン「なんでだ?」

ジャン「どういうことだよ!?」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/27(月) 23:56:50 ID:SVHYEzOI

ライナー「二人はいつも一緒にいるだろ?」

アルミン「(というよりミカサがエレンに付いてるんだけど)」

ベルトルト「訓練中もエレンを気にかけているようだしね」

ジャン「はっ。そりゃあこいつが危なっかしいからな。エレンの保護者として不安なんだよ(笑)」

エレン「なんだと!?」

ベルトルト「まあまあ」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/27(月) 23:58:52 ID:SVHYEzOI

ベルトルト「二人は一緒に住んでたんだよね?」

エレン「家族が一緒に住むのは当たり前だ」

ジャン「くそ!羨ましい!」

アルミン「煩いよ。ジャン」

ライナー「ミカサも本当はエレンと同じ兵舎がよかったんじゃないか?」

ライナー「しかしこればかりは男女で別れるから無理だ」

ライナー「だがもしエレンに呼ばれたら、そんなの関係なく飛んで来るんじゃないか」

ジャン「けっ。なに言ってんだお前ら」

アルミン「(うん。本当になに言ってるんだ)」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:00:24 ID:oYpwp6JU

エレン「言ってることがよくわからねえが」

エレン「でもどうやって呼ぶんだ?」

ライナー「教官にバレない程度に声を出すだけでいい」

ジャン「そんなの聞こえるわけねえ」

ベルトルト「ま、とにかくやってみてよ」

エレン「わかったよ」





「ミカサー!」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:01:49 ID:oYpwp6JU

ビュイーン










ミカサ「なに?」スチャ

ライナー「ほら」

ベルトルト「きた」

ジャン「おうふ」

アルミン「知ってた」

ミカサ「エレン。どうしたの?」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:03:47 ID:oYpwp6JU

エレン「いや、ちょっと呼んでみただけだ」

ミカサ「そう」

ライナー「訓練中以外の立体機動の使用はまずいんじゃないか?」

ミカサ「エレンに呼ばれたから仕方がない」

ライナー「お、おう」

ミカサ「じゃあ私は戻る」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:06:28 ID:oYpwp6JU

ミカサ「エレン。暑いからってお腹出して寝たら駄目」

エレン「わかったわかった」

ミカサ「おやすみ。エレン」

エレン「おう」

ミカサ「アルミンもおやすみ」

アルミン「うん、おやすみ。ミカサ」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:08:19 ID:oYpwp6JU

ジャン「ミ、ミカサ!俺は?」

ミカサ「おとといきやがれ」

ジャン「」

ミカサ「なんて」

ミカサ「おやすみなさい」

ジャン「ああ!おやすみ!ミカサ!」パァア

ビュイーン


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:10:46 ID:oYpwp6JU

「「「「…」」」」

ライナー「な?来ただろ」

エレン「うん。あいつ耳いいんだな」

アルミン「エレン…」

ジャン「うへへ。ミカサがおやすみって。今夜はいい夢が見れそうだ」ニヨニヨ

ライナー「こいつはほっといて」

ライナー「エレンと二人のときのミカサはどんな感じなのか気になってな」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:14:28 ID:oYpwp6JU

ベルトルト「僕たちはほとんどミカサと直接話したことがないからね。優秀な訓練兵としてのミカサしか知らないんだ」

ライナー「今のはそのちょっとした確認だ。見事に思った通りだったが」

ベルトルト「だからミカサの意外な一面とかあれば教えてよ」

エレン「別にあいつはあの通りだぞ」

エレン「な、アルミン?」

アルミン「えっと…どうだろ」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:19:16 ID:oYpwp6JU

ライナー「アルミンも幼馴染みとはいえ、エレンん家でのミカサは知らないよな?」

アルミン「確かに知らないね」

ライナー「だろ?だからなにか無いかエレン?」

エレン「うーん。そうだなあ」

エレン「ミカサって結構ケチだぞ」

「「「ケチ?」」」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:20:33 ID:oYpwp6JU

エレン「ああ」

アルミン「僕はそう思ったことないけどな」

ライナー「どういうことだ?」

エレン「えっとだな」

ジャン「『おやすみ(裏声)』だってエヘヘ」ニヨニヨ

ベルトルト「(なんだこいつ)」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:22:09 ID:oYpwp6JU

----------------------

エレン(10)『わっしわっし』シャコシャコ←歯磨き中

エレン(10)『がらがら』ペッ

ミカサ(10)『…』ジー

エレン(10)『この歯ブラシも古くなったな。そろそろ母さんに新しいものを買ってもらうか』

ミカサ(10)『エレン。その歯ブラシ捨てるの?』ササッ

エレン(10)『わっ、いきなり出てくるなよ』


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:23:30 ID:oYpwp6JU

ミカサ(10)『ごめんなさい。で、その歯ブラシ捨てるの?』

エレン(10)『ん、ああ。古くなったからな』

ミカサ(10)『それは勿体ない。まだ使える』

エレン(10)『でもボロボロだぞ。ほら』

ミカサ(10)『ちょっと貸してみて』


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:26:08 ID:oYpwp6JU

エレン(10)『はい』

ミカサ(10)『わっしわっし』シャコシャコ

エレン(10)『おいおい』

ミカサ(10)『ほわ。まら使うる』シャコシャコ

エレン(10)『そうか?』

ミカサ(10)『うん』シャコシャコ

エレン(10)『変わった奴だな。ならやるよ』

ミカサ(10)『わっしわっし』ニコニコ


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 00:29:09 ID:oYpwp6JU

----------------------

エレン「ってことがあったんだよ」

アルミン「…」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

ジャン「おうふ」

エレン「それ以来俺の使い古しがミカサの歯ブラシになってる」

エレン「な、ケチだろ?」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 23:45:24 ID:oYpwp6JU

ライナー「(思ったよりハードだな…)」

ベルトルト「(想像を超えてた)」

アルミン「…エレンは本当にそうとしか思ってないの?」

エレン「なにがだ?」

ライナー「(こいつ…)」

ジャン「へ、へっ!さすがはミカサだ!ただでさえ資源不足なんだ。物を大切に使うのは良いことだよな!」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 23:47:26 ID:oYpwp6JU

アルミン「(うん。ジャンの言うことは別に間違ってはいないよ)」

ジャン「まったくだからお前は子供っぽいんだよ!」

エレン「なに!?やっぱり喧嘩売ってんのか?」

ライナー「(だがお前は既に負けている)」

エレン「ぐぬぬ」
ジャン「ぐぬぬ」

ベルトルト「はいはい。落ち着いて」


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 23:52:17 ID:oYpwp6JU

ベルトルト「ところでエレン。もう一度ミカサを呼んでみない?」

エレン「またかよ」

アルミン「(ベルトルトってこんなキャラだっけ?)」ヒソヒソ

ライナー(いやこんな自発的なベルトルトは初めてだな)ヒソヒソ

ジャン「なに!?またミカサが来るのか!!?」

ライナー「(こいつは単純だな)」ヒソヒソ

アルミン「(バカともいうね)」ヒソヒソ


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 23:54:11 ID:oYpwp6JU

ベルトルト「もう一回だけだからさ」

エレン「ったく。しゃーねえな」




「ミカサー!」








ビュイーン

ミカサ「なに?」スチャ


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 23:55:29 ID:oYpwp6JU

ライナー「ぶふっ」

ベルトルト「ぶはっ」

ジャン「ぶはらあほへ!」ブシャー←鼻血

ミカサ「?」

アルミン「な、なんでバスタオル一枚なの?」

ミカサ「入浴中だったから」←バスタオルのみ

ジャン「」バタッ


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 23:59:23 ID:oYpwp6JU

ライナー「ジャンが気絶したぞ!」

ベルトルト「し、仕方ないよ。これは僕たちでも刺激が強い(僕もちょっと鼻血出たよ)」ツー

ライナー「(実は俺もだ)」ツー

アルミン「(不覚にも僕もだよ)」ツー

ジャン「」ドバドバ

ミカサ「それでどうしたのエレン?」←ボディラインがくっきり

エレン「また呼んでみただけだ。悪かったな」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 00:04:44 ID:tyVYsn/w

ミカサ「そう。別に構わないけど」

ミカサ「じゃあ私は……くしゅん」

エレン「おいおい風邪引くぞ」

アルミン「誰のせいだよ」

ライナー、ベルトルト「(あっ俺たちのせいだな)」

エレン「ちょっとこっちに来い。頭拭いてやるよ」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 00:06:46 ID:tyVYsn/w

ミカサ「いいの?」

エレン「ああ。俺が呼んだせいもあるしな」

ミカサ「嬉しい。でもここではちょっと恥ずかしい」

エレン「ん?そうか。なら風呂場に行くか」

ミカサ「うん」

スタスタ


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 00:08:30 ID:tyVYsn/w

ガラガラ←脱衣所の戸

~~~~~~~~~~~

<じゃあ拭くぞ>

<うん>

<あっ>パサッ

<お、おい!バスタオル落ちたぞ>

<うっかり>

<まったく。早く巻き直して頭をだせ>フキフキ

<わかった>

<しかしお前腹筋すげんだな>フキフキ


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 00:09:49 ID:tyVYsn/w

~~~~~~~~~~~

アルミン「…」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

ライナー「ジャンは気絶しててよかったな」

アルミン「うん。聞いてたら発狂してたろうね」

ベルトルト「正直僕もイラッときてるよ。エレンに」

「「「うん」」」

ガラガラ


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 00:12:34 ID:tyVYsn/w

ミカサ「エレン。ありがとう。気持ち良かった」

エレン「そうか」

アルミン「あれ、それエレンの服?」

エレン「バスタオルのまま帰ると本当に風邪引くかも知れないからな。俺の服を貸した」

ミカサ「エレンは優しい」

ライナー「(ここは普通ブカブカの服を着ていて興奮するところだが)」

ベルトルト「(それどころかちょっと窮屈そうだね)」

ミカサ「じゃあ私は戻る」

ビュイーン


43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 00:13:51 ID:tyVYsn/w

エレン「ふう…もうこれでいいだろ?」

ライナー「ああ。もう十分だよ」

ベルトルト「エレンが呼べばミカサは来るってことで」

エレン「なんだそれ」

ジャン「」ハッ!?

ジャン「あ、あれ?ミカサは!?」

アルミン「もう帰ったよ」

ジャン「なにか物凄いものを見たような…」


44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 00:15:30 ID:tyVYsn/w

「「「(覚えてないのか…)」」」

エレン「そういえば」

アルミン「どうしたの?」

エレン「さっきミカサに服を貸したときに思い出したんだが、あいつのケチなエピソードがまだあるんだよ」

ライナー「なんかもう予想出来るな」

ジャン「服?なんの話しだ?」

ベルトルト「さてね」


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 01:00:49 ID:tyVYsn/w

----------------------

エレン(10)『はあ~。いいお湯だった』

エレン(10)『母さんってば一緒に入ろうだなんて。俺はもう10才なのに』ハキハキ←着替え

ミカサ(10)『…』ジー

エレン(10)『ん?このパンツもう古いな。母さんに新しいのを買ってもらうか』

ミカサ(10)『エレン。その下着捨てるの?』ササッ


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 01:02:20 ID:tyVYsn/w

エレン(10)『わっまたか、いきなり出てくんなって』

ミカサ(10)『ごめんなさい。で、その下着捨てるの?』

エレン(10)『古くなったからな』

ミカサ(10)『それは勿体ない。まだ使える』

エレン(10)『でもヨレヨレだぞ。ほら』

ミカサ(10)『ちょっと貸してみて』


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 01:04:46 ID:tyVYsn/w

エレン(10)『はい』

ミカサ(10)『くんかくんか』

エレン(10)『おいおい』

ミカサ(10)『うん。まだ使える』

エレン(10)『お前がそのパンツ穿くのか?』

ミカサ(10)『違う。ハンカチにする』

エレン(10)『ハンカチ?』

ミカサ(10)『うん。ハンカチにして私が使う』

エレン(10)『本当に変わった奴だな。ならやるよ』

ミカサ(10)『くんかくんか』ニコニコ


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 01:08:11 ID:tyVYsn/w

----------------------

エレン「どうだ!?やっぱケチだろ?」

アルミン「ふふ。なんかもうどっちもいいよ」

ライナー「そうきたか」

ジャン「ぐぐぐぐ…ささささすがミカサだ。ささ裁縫まで出来るなんて」

ベルトルト「震えてるよ。ジャン」

エレン「あっ、そうそう。これはミカサの使い古しのパンツで作ったハンカチだ」ス


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 01:11:36 ID:tyVYsn/w

ジャン「なんと!!?」

エレン「俺はあいつの使い古したパンツで作ったハンカチを使ってるんだ」ヒラヒラ

ライナー「(ピンクか…意外と派手なんだなミカサは…)」ツー

ベルトルト「(黒やベージュのイメージだったけど)」ツー

アルミン「(なぜその異常な交換になんの疑問も持たないのかな)」ツー


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:56:14 ID:tyVYsn/w

ジャン「」プルプル

エレン「?」

ジャン「エレン!!」クワッ

エレン「なんだ?」

ジャン「そのハンカチを俺にくれ!いやください!!」ガバッ

アルミン「うわあ…」

ライナー「土下座かよ…」

ベルトルト「人としてどうだろ」


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:58:00 ID:tyVYsn/w

エレン「え、やだよ」

ジャン「なんでだよ!頼むよ!?」

エレン「だってハンカチこれしかねえし」

ジャン「だったら俺のやるから!!?」

エレン「別にいらねえ」

ジャン「頼む!頼むよ!」グイグイ


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:59:24 ID:tyVYsn/w

エレン「おい!引っ張るなよ!破けちゃうだろ」

アルミン「…」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

ジャン「お前羨ましいんだよ!」

エレン「意味わかんねえよ!」

エレン「そんなに欲しけりゃミカサに頼めよ」

ライナー「なに言ってたんだこいつ」

ジャン「!」


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:01:07 ID:STir.Qjo

ジャン「そ、そうだよな!ミカサから貰えばいいんだよ!」

エレン「そうしろ」

ベルトルト「もうだめだ」

ジャン「それとなエレン!ミカサはケチじゃなくて倹約家なんだよ!」

ジャン「きっといいお嫁さんになるずだ!」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:07:15 ID:STir.Qjo

ジャン「な!?アルミン、ライナー、ベルトルト」

アルミン「うんそうだね」←棒読み

ライナー「そうだな」←優しい眼差し

ベルトルト「きっとそうさ」←哀れみ

エレン「そうなのか」

ジャン「そうなんだよ!」

ジャン「じゃあ早速明日頼んでみるぜ!」


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:08:18 ID:STir.Qjo

【翌日の朝食】

エレン「ばくばく」

ミカサ「エレン。頬っぺたについてる」ヒョイ

エレン「む」

ミカサ「とれた」パク

エレン「子供じゃねえっての」

アルミン「…」ムシャムシャ


「ミカサー!!!」


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:10:29 ID:STir.Qjo

ドタタタタ


ミカサ「?」


ジャン「はあはあ」フゥ



ミカサ「なに」








ジャン「俺の歯ブラシやるからお前のパンツくれないか!?」


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:13:11 ID:STir.Qjo

ライナー「(本当にいいやがった)」

ベルトルト「(しかも色々とすっ飛ばしてるし)」

アニ「…キモ」

サシャ「変態ですね」

クリスタ「怖いよ…」

ユミル「てめえ死ね!」


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:15:26 ID:STir.Qjo

ジャン「わくわく」キラキラ

ミカサ「…」





ミカサ「さいてい」



ジャン「え」



アルミン「(さよならジャン)」


BADEND


70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:17:04 ID:STir.Qjo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この世界は残酷だ



「エレン。新しいハンカチ作ってきた」

「おお。サンキューな」

「俺も歯ブラシ持ってきたぞ」

「ありがとう」

「わっしわっし」シャコシャコ

「うん。まら使うる」シャコシャコ

「お前いいお嫁さんになれる(らしい)ぞ」

「え//」


71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:22:37 ID:STir.Qjo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして


「なんだジャン。泣いてるのか?」

「うるせー」グスッ

「…」

「しゃーねえな。このハンカチ使えよ」

「さっきミカサから貰った新しいやつだ」スッ

「…」

「ふん」ゴシゴシ





とても美しい




おわり


72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/30(木) 00:24:00 ID:STir.Qjo

おわりです。

読んでくれた方、コメントしてくれた方ありがとうございましたm(__)m



元スレ:ライナー「ミカサってエレンが呼べば」

他サイト様の最新記事