1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:00:49.26 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「なんやろこの気持ち」

漫「…」

赤阪「末原ちゃんの事考えると胸が苦しくて夜も寝られへん」

漫「…」

赤阪「動機も激しくなる一方やし」

漫「…」

赤阪「もしかして恋!?いくのん恋しとるん!?」

漫「歳の差考えろよ」ボソッ

赤阪「殺すぞ」

漫「」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:05:44.95 ID:JlAX7Gkc0

漫「あと多分それ恋じゃなくて嗜虐心です」

赤阪「んなわけないやろ」

漫「じゃあ具体的にどんな事したいんですか?」

赤阪「んーとなぁ…泣くまで虐めたい」

漫「嗜虐心丸出しじゃねーか!!」

赤阪「冗談やって!」

漫「冗談やなかったら通報もんですよ…」

赤阪「とりあえずウチの子孕ませたいなーとは本気で思ってるけど」

漫「警察の人!!警察の人来てー!!」

赤阪「あ、妥協して漫ちゃんでもええかなーって思っとるよ?」

漫「私妥協とかよくないと思います」

漫「そういえば末原先輩ってめっちゃ安産型ですよね。マジで」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:10:58.35 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「よっし。誰かに聞かれたら社会的に死んでまう話はここらで止めとこか」

漫(どの口が…)

赤阪「あー末原ちゃん犯したいわー」

漫「前言撤回すんの早すぎやろ!!」

赤阪「しゃーないやん犯したいもんは犯したいんやし」

漫「普通思っても口に出しませんけどね…」

赤阪「いくのんは常識にとらわれへん」ドヤッ

漫「法は守ってくださいよ!」

赤阪「大丈夫やって。ちゃんと動画撮っとくから」

漫「それダメなやつやろ!下衆すぎるやろ!!」

赤阪「漫ちゃんにもデータは売ってあげるから安心してな」

漫「金取るんすか!?」

赤阪「そっち!?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:16:10.79 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「でもなー。1つだけ問題あんねん」

漫「逆に問題が1つしかないってどういうことですか…」

赤阪「末原ちゃんなー善野さんのことめっちゃ好きやん?」

漫「まあアレは完全にラヴの方ですよね」

赤阪「そこひっかかんねんな」

漫「いやむしろ好物でしょそういうの」

赤阪「そりゃモチロン」

漫「否定しろよ」

赤阪「だからちゃんと自分を抑えれるかなって」

漫「心底どうでもいいわ!!」

赤阪「でもカメラワークとか重要やし」

漫「マジで撮る気かい!!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:21:19.91 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「でなー、一応流れとかもう考えてあんねん」

漫「え…何それめっちゃ怖い」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~

赤阪「末原ちゃんはイケナイ子やな~」

末原「んっ…んん…」

赤阪「無理矢理されて感じてるなんて…もしかして変態なん?」クスクス

末原「ち、ちがっ…」

赤阪「違わんやろ」グイッ

末原「んあっ!」ビクン

赤阪「あーあ…こんな末原ちゃん知ったら善野さんどう思うんやろなぁ」

末原「い…嫌!!善野監督には言わんといてください!!何でもしますから!!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:26:29.79 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「ホントに何でもするんやな?」

末原「そっそれは…」

赤阪「じゃあ~おっきい声で『私は身も心も赤阪監督のモノです』言うたら考えてあげるわ」

末原「うっ…ううっ…」グスッ

赤阪「ホラ。はよせんと気ぃ変わってまうかも」

末原「わ…私はっ!身も心も赤阪監督のモノですっ!!」

赤阪「はい。よくできました。じゃあ考えといてあげるな。考えとくだけやけど」

末原「えっ!?」

赤阪「ちなみにビデオ回してるから。言うこと聞かんかったら編集して…わかっとるよな?」

末原「あっ…ああああっ…」ポロポロ

赤阪「じゃあ続きしよか。ウチが満足するまで…な」

末原「ううううっ…ぐすっ…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:31:35.05 ID:JlAX7Gkc0

漫「ガチでクズじゃないですか!!」

赤阪「でもめっちゃ興奮するやん」

漫「していいことと悪いことがありますよ!!」

赤阪「いくのんの辞書にはやりたきゃやれの選択肢しかない」

漫「代行の脳内選択肢は全力でまっとうな人生を邪魔してますよ!?」

赤阪「敷かれたレールの上を走る人生なんて…つまらんやろ?」ドヤ

漫「人の道脱線したらアカンやろ!!」

赤阪「ウチが通った跡が道になるんや」

漫「レ○プ魔増やしてどうするんすか!」

赤阪「とか言って漫ちゃんも『ちょっとアリかな』って思っとったくせに」

漫「…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:36:59.18 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「いくのんは知っとるんやで~…実は漫ちゃんも末原ちゃんにそういうことしたいって思っとるって」

漫「そ、そんなこと…」

赤阪「多分こんなこと考えとるんやろ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~

末原「っ!漫ちゃん!これはどういう事や!!」

漫「すみません。あまりにも気持ちよさそうに寝てたんで縛っちゃいました」

末原「いやいやいや!!意味分からん!!」

漫「先輩コレ見てください」スッ

末原「えっ?…マジック?」

漫「そうです。いつも私のデコにいろいろ書いてくれちゃってるヤツです」

末原「…それが?」

漫「ふふふ。わかりませんかね先輩。この状況がどういう事か」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:42:19.75 ID:JlAX7Gkc0

末原「ま、まさかっ!」

漫「そのまさかですよ…覚悟してください」ククク

末原「まて!漫ちゃん待て!!」

漫「私はもう…引き返せない!!」

末原「や、やめぇぇぇぇぇぇ」


キュッキュッキュ


漫「ふふふ…先輩。これであなたは私のモノです」

末原「『漫専用』…?」

漫「どうです?屈辱でしょう?これでもう先輩は私に逆らえんのです」ドヤァ

末原「…アホ」クスクス

漫「だ…だから私と…」/////

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:47:44.58 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「って感じやろ?」

漫「私かわいいな!!」

赤阪「えっ…違うん?」

漫「あっ…いやっ…なんか流れ的に『先輩の下のお口にマジックでお礼せんとなグヘヘ』っての想像しとったんで」

赤阪「引くわー」

漫「どの口が!!」

赤阪「上」

漫「…」

赤阪「流石のウチでも末原ちゃんの全身に卑猥な落書きするくらいしか思いつかんかったのに」

漫「大差無いわ!!」

赤阪「でもウチのキャラでは許されるけど漫ちゃんのキャラじゃ許されない事ってあるやん?」

漫「そういう自覚はあるんですね…」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:53:01.55 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「さて漫ちゃんが変態ということが分かったところで」

漫「おい」

赤阪「いつ実行に移すかの相談なんやけど…」

漫「正気か!?しかもなんで私巻き込む!?」

赤阪「逆にここまで話してタダで帰すわけないやろ」

漫(確かにー!!)

赤阪「まあウチは別に漫ちゃんが相手してくれてもええんやけど」

漫「全力でお手伝いします」

赤阪「素直な子、好きやで」

漫「か、勘違いしないでください。別に代行の為とかそういうんじゃないんですからねっ!!」

赤阪「それ嫌われよう思ってるなら逆効果だから止めた方がええで」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 20:58:21.66 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「じゃあちょっとシュミレーションするから手伝ってな」

漫「マジで嫌なんですけど…」

赤阪「犯すぞ」ゴッ

漫「いやめっちゃ手伝いたくなってきましたわーなんか今日めっちゃ手伝いたいですわー」

赤阪「じゃあ漫ちゃん末原ちゃん役頼むで。シチュエーションは『初めてのデートでお互いどうしていいかわからないあの初々しい感じ』」

漫「純粋か!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~

赤阪「ごめんな待たせて」

末原(漫)「あと3分遅れとったらデコに油性でしたよ」

赤阪「もーそんな拗ねんといて!ランチ奢るから!」

末原「当たり前です。じゃあ…」グイッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:03:55.88 ID:JlAX7Gkc0

末原「年上なんですから…エスコートしてください」

赤阪「ん。じゃあ映画でも観る?」

末原「うわぁ~ベタ」

赤阪「…あかん?」

末原「別にいいですけど。じゃ行きましょ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~

漫「ストップストップ!」

赤阪「?」

漫「なんすかコレ!!」

赤阪「ええやん青春やん」

漫「つまんないっすよ!コレ映画見てご飯食べて終わりっすよ!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:09:03.40 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「は?そっからが本番やろ?」

漫「未成年がホテル入れるわけないですよね!?」

赤阪「夜景を見に行こうと思ってただけなんやけど…今の子って怖い」

漫「ちくしょー!!」

赤阪「まあもう飽きたからええわ」

漫「何がしたかったんだよぉぉ!!」

赤阪「ヤバい…漫ちゃん虐めるのも中々…」

漫「」

赤阪「やっぱこの際漫ちゃんでもええか」

漫「勘弁してくださいマジで。土下座でも何でもしますんで」

赤阪「そこまで行くとさすがに凹むわ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:14:32.05 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「でももう遅いで」ガバッ

漫「ぎゃー!!」ドサッ

赤阪「ああその顔…たまらんわぁ」

漫「嫌っ!!やめ!!離せっ!!」

赤阪「無駄やで…いくのんの握力、何キロやと思う?」

漫「えっ?」

赤阪「13キロや」

漫「赤子か!離せ!!」バシッ

赤阪「あん!酷い…」

漫「てかその程度で強く出るとかどんだけですか!」

赤阪「いやほら…いくのん友達と握力とか比べた事とか無いし」

漫「…なんかすんません」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:20:00.72 ID:JlAX7Gkc0

末原(本物)「う、うわあああああ!!!!」バタン!!

漫「うおあああああ!!びっくりした!!」

末原「ううううちはどうなっても構わん!漫ちゃんを離せー!!」ガタガタ

漫「…」

赤阪「…」

末原「ってあれー!!??」

漫「いろいろ聞きたいことあるんですけど…なんでロッカーに?」

末原「そ、それは…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:25:23.51 ID:JlAX7Gkc0

末原「いやーヒマやわぁ」

末原「部室に誰も来んし…何して待ってよかな」

末原「!!」

末原「そういや清澄の部長がなんか言っとったな…部長ならロッカーが鉄板とかなんとか」

末原「つまりロッカーの中に入っとって、みんなが来たタイミングでこうドーンと…」


末原『部長ギャグ!ロッカー!!』バタン!!


末原「いける」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~

漫「いけねーよ!!!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:31:08.43 ID:JlAX7Gkc0

漫「てかんな下らんことのためにロッカーに!?」

末原「くだらっ!?…ドッカンドッカン間違いなしやと思ったのに」

漫「どんだけ自信あったんすか!!」

末原「まあそんなこんなで末原インサイドしてから30分くらいした頃に代行が来てな」

漫「結構待ったな!!」

末原「まあ代行と2人っきりとか死んでもごめんやし目的果たせそうになかったから出てかなかったんやけど」

赤阪「おい」

末原「そしたら…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:37:47.39 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「おっはよ~ん!ってアレ?誰もおらんのかいな」

赤阪「しゃーない…本でも読んで待ってよ」

赤阪「でも末原ちゃんのために買った『SMプレイ入門編~応用編は』読み終わったからなぁ」

赤阪「やっぱ『輪廻編』まで買っとくべきやったなぁ…いくのん痛恨のミス」テヘッ

赤阪「あ~末原ちゃん犯したいわ~」

赤阪「…」

赤阪「あ~末原ちゃんとチョメチョメしたいわ~」

赤阪「…」

赤阪「あ~末原ちゃんと子づくりしたいわ~」

赤阪「…」

赤阪「あ~…etc」


末原「」ガタガタ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:43:07.96 ID:JlAX7Gkc0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~

漫「キチ○イじゃないですか!!」

赤阪「誰がキ○ガイじゃ犯すぞ」

漫「アンタそれ言っとれば私が黙ると思ってへん!?黙るけど!!」

末原「漫ちゃん!?」

赤阪「よ~し!ぶっちゃけ末原ちゃんがロッカーにインサイドしてたのは知っとったけど知らんかった体で末原ちゃんにいろいろしちゃうぞ~」

末原「えっ!?何ソレ!?」

赤阪「まさかあんなこと聞かれとったなんて…これはもう口封じに犯すしかないわな」

末原「2行前!!2行前に本人の前でぶっちゃけてますよ!!」

漫「まあレ○プから始まる恋もあるって言いますし…」

末原「スイーツ!!」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:48:40.25 ID:JlAX7Gkc0

末原「漫ちゃんマジで助けて!!私の純潔こんなトコで散らしたくない!!」

漫「いやでもホラ…私先輩の下のお口にマジックでお礼したいとか考えてますし」

末原「それ聞かんかった事にしたげるから!!…ってガチか!?」

赤阪「ウチなら落書きで済むで~」

末原「そういう問題や無いやろ!!てかアンタが一番やばいのは変わらんわ!!」

赤阪「かっち~ん。いくのんスイッチ入りました~」

末原「いやいやいやいや!!」

赤阪「いくのんのヤる気スイッチ入りました~」

末原「知らんがな!」

赤阪「おおおおおおおお!!」

末原「うわ!なんかキモイ!!」

赤阪「ちょっと外走ってくる!!」ダダダダダダダ

末原「…は?」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 21:54:16.89 ID:JlAX7Gkc0

<ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛
<ウワァァァ!!!メッチャキモイ!!!メッチャハヤイ!!!

末原「…」

漫「一難…去りましたね」

末原「やかましいわ!」

漫「なんか私もう部活やる気分と違いますわ…」

末原「私も」

漫「今日の部活休んでいいっすか」

末原「…今日は自主練にしよ」

漫「賛成です…」

末原「…」

末原「あ、そういや漫ちゃん放課後空いとる?」

漫「はい。たった今部活が休みになったもんで」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 22:00:06.50 ID:JlAX7Gkc0

末原「じゃあ偶にはデートでもしよか」ハハハ

漫「えっ!?」//////

末原「なんや…私と2人っきりも嫌か?」

漫「とんでもないです!是非是非!!」

末原「うむ。じゃあ校門で待ち合わせな」

漫(や、やった!デートやデート!!)

漫「じゃあ先行って待ってますね!!」ダッシュ

末原「はいはい。私もすぐ行くよ」

漫(なんや今日…厄日かと思ったら最後にこんなご褒美があるなんて)

漫(いや~生きててよかった~)








赤阪「と、思うやんか~」

漫「」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 22:05:47.69 ID:JlAX7Gkc0

漫「詰んだ」ドサッ

赤阪「ちょっ!?」

漫「持ち上げといて落とすかどんだけ鬼畜やねん!!もう煮るなり焼くなり好きにしろや!!」ウワーン

赤阪「…」

赤阪「アホ」コツン

漫「いてっ…」

赤阪「いくのんを何やと思っとるんや」

漫「レ○プ魔」

赤阪「お前本人目の前にして勇気ありすぎやろ」

赤阪「…ったく。ええか?あんまり遅くまでウロウロすなよ?親御さん心配しはるから」

漫「えっ?」

赤阪「せっかくのデートやろ?楽しんでな」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 22:11:14.97 ID:JlAX7Gkc0

漫「代行…」

赤阪「お礼は漫ちゃんの純潔でもええで?」

漫「それは遠慮します…けど、ありがとうございます」

赤阪「ん」

漫「じゃあ…行ってきます」

赤阪「頑張ってな!」

漫「…はい!」

――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 22:16:47.46 ID:JlAX7Gkc0

-後日-

漫「あの…先日はどうも」

赤阪「ん。楽しかったん?」

漫「はい!」

赤阪「じゃあ次はいくのんも誘ってな~」

漫「それは無いです」

赤阪「酷い」

赤阪「…」

赤阪「…で、どうなん?」

漫「?」

赤阪「つきあったり…しとらんの?」

漫「は、はぁっ!?」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 22:22:26.98 ID:JlAX7Gkc0

赤阪「何やその反応…まだかいな」

漫「い、いや…だって…」

赤阪「あのなぁ…本人が頑張ってくれんとこっちも応援し甲斐がないわ」

漫「応援してくれとったんですか!?」

赤阪「もちろん」

赤阪「ちなみに漫ちゃんが末原ちゃんを好きなんはと~っくの昔に気づいとったからな」

漫「うっ…」

赤阪「いくのんもそういう青春したいわ~」

漫「でも歳が…」

赤阪「おい」

漫「でもそうですね…私、もっと頑張りたいと思います!」

赤阪「うん。それでこそ漫ちゃんや」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 22:28:28.14 ID:JlAX7Gkc0

漫「でもなんで代行は私の事応援してくれるんです?」

赤阪「それな…ウチは漫ちゃんも末原ちゃんも大好きやから」ニコッ

漫「ふぇっ!?」

赤阪「それにな…」











赤阪「NTRも好物やし」

漫「もうええわ」

2人「どうも、ありがとうございました~」


洋榎「長いわ!!」



カン!


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/23(土) 22:31:04.49 ID:Z04ugl1+0

乙やでー



元スレ:赤阪「末原ちゃんとピーしたいわぁ」

他サイト様の最新記事