12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:10:24.35 ID:+Cqhph8H0

P「(音無さんとテレビを見ているわけだが…)」

小鳥「やよいちゃん可愛いですね~」

P「(ちょいちょい見えるバニューダトライアングルをどうにかしてほしい…)」

小鳥「春香ちゃんのボケと千早ちゃんのツッコミがwwwwww」

P「(そしてタプンタプン揺れる胸が…もうね…)」

小鳥「プロデューサーさん、どうかされたのですか?」

P「はっ!えぇと、現場で見ていてどうかなって思ってましたけれど、テレビで見ると面白いなって」

小鳥「プロデューサーさんは一度見ているんですよねー」

P「(俺は音無さんの胸を見てますけれどねー)」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:21:26.04 ID:+Cqhph8H0

小鳥「さて、お仕事再開しますか~」

P「音無さん仕事してくださいよ」

小鳥「わかってますよ。席に戻りますぅ」

P「どうして雪歩調ってgybふんj!!!!」

小鳥「プロデューサーさん!どうしちゃったんですか!?」

P「いえ、大丈夫です!問題ありません……」

小鳥「本当ですか?」

P「(いえない…見せパンしてるなんて言えない…いや、無意識ならパンチラか)」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:33:35.15 ID:+Cqhph8H0

小鳥「本当ですか?プロデューサーさんちょっと疲れていませんか?」

P「(その原因は貴方です…)」

小鳥「コーヒーをいれてきますね」

P「ふぅ…やっと一息入れられる。最近、音無さんが過激すぎて困ったもんだな。この前なんて…」

……

@居酒屋
小鳥「プロデューしゃーしゃん~」

P「音無さん飲みすぎですって。どこに芋を5杯頼む人がいるんですか」

小鳥「魔王5杯ですよ~」

P「あぁ…割り勘でしたね…」←あんまり飲めない

小鳥「プロrrrr…」

P「あー、もう何エンジン回しているんですか。燃料飲みすぎですよ」

小鳥「はぅ~あついですね~」パタパタ

P「(って…胸チラですか!!)」

小鳥「プロデューサーさん、どこ見てるんですか~」

P「(なぜブラをしている、が…普通服を引っ張るのにどうしてブラを引っ張ってるんですかー!!痴女じゃないですか!!)」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:43:21.87 ID:+Cqhph8H0

……

P「まぁあの出費も見れたという点では等価だが…」

小鳥「なにが見れたのですか?」

P「あっ、いえ先日のイベントの事ですよ。コーヒーありがとうございます!!」

小鳥「いまいれたばっかりだから、カップもあつ…」

P「あつっ!!」

小鳥「ちょっと待っていて下さい!!タオル持ってきますね」

P「はぁ…なにやってんだ、俺…」

小鳥「いまふきますね」

P「いえ、自分で拭きます…(こんなお約束展開誰が予想できた!!予想してたYO!!)」

小鳥「でもズボンにしかこぼしてませんから不幸中の幸いですね」

P「ちょっ!そこはまずいですって!」

小鳥「動かないでください」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:47:33.86 ID:+Cqhph8H0

小鳥「プロデューサーさん本当に疲れているなら言ってくださいね。私だってみんなを送り迎えするくらいできますから」

P「いえ、本当に疲れていませんから、むしろ元気というか、元気になったというか」

小鳥「もう、何言っているのですか?早く拭かないとシミになっちゃいますよ」

P「(p→P)」

小鳥「……」フキフキ

ガチャッ

千早「…………」(机越しに見てるので、拭いているのはわからない)

P「千早おかえり」

千早「まあ、なんでも、いいですけれど。綺麗にしておいてくださいね。」

P「(か、完全に誤解された)」

小鳥「どうされたのですか?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 20:52:39.93 ID:+Cqhph8H0

小鳥「これでよしっと」

P「ありがとうございます…おっと千早からメールか…」

TO:天海春香,菊池真,萩原雪歩...
CC:プロデューサー
Sub:
プロデューサーが音無さんに事務所でフェラさせていたわ

P「終わった…」

小鳥「プロデューサーさん!終わったなんて言わないでください!プロデューサーさんの快進撃はまだまだこれからです!」

P「ははは…元気出てきました。残りのお仕事がんばっちゃうぞー」

小鳥「その調子ですよ!!」

P「(ありったけの笑顔に励まされたが…あぁ、事実確認のメールが…返信しなくちゃ)」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:03:58.17 ID:+Cqhph8H0

小鳥「それじゃあお先に失礼します」

P「お疲れ様です」

小鳥「本当にお手伝いしなくて大丈夫ですか」

P「大丈夫ですよ。それに律子やあずささんと飲みがあるんですよね?」

小鳥「はい、それじゃあお言葉に甘えて」

P「はい、お疲れ様です」

P「さて、暇だな」←取引先のメール待ちという仕事

P「メール待ちに手伝うもなにもないからな」

P「さて、俺もゆっくりと…

我建超世願 必至無上道
斯願不満足 誓不成正覚
我於無量劫 不為大施主
普済諸貧苦 誓不成正覚……」

貴音「ひ、響…事務所からあやしげなこ、声が…」ガクブル

響「またプロデューサーが煩悩退散してるだけだぞ。あと2時間はこのままだから、今日は寄らずに帰ろ」


P「はぁ~煩悩退散煩悩退散。メールの確認も返信もすんだことだし、俺も帰るとする」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:07:14.33 ID:+Cqhph8H0

律子『プロデューサー殿、助けてください~』

P「待て、当ててやろう。あずささんと音無さんが手が付けられなくなったんだろ」

律子『そうなんです~って、あずささんメガネ返してください~』

P「はぁ、わかった。いまから車でそっちに向かう」

律子『ありがとうございます…って』

小鳥『ぷろrrr』

P「燃料満タンというわけですか」ピッ


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:15:14.48 ID:+Cqhph8H0

P「おーい、迎えに来たぞー」

律子「プロデューサー殿ぉ~」

小鳥「はいっ~おかわりがー聞こえないっ!!」

あずさ「おかわり~」

律子「まさかこんなに飲む人だとは…」

P「あー、ここは俺が支払っておくから、車にぶちこんでおいてくれ」

律子「後で必ず返します」

P「はぁ~カードで」

@車内
P「酒臭い…煙草臭い…うるさい」

律子「プロデューサー殿って意外ときれい好きですね」

P「俺の車だからなそりゃ」

律子「とりあえず、一番近いあずささんからで…その次は私ですか」

P「最後に音無さんを送る」

律子「送り狼にならないでくださいよ」

P「あれを?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:24:45.29 ID:+Cqhph8H0

小鳥「どうしてそんなに大きいんですか~」

あずさ「うふふ~プロデューサーさん、揉みます~」

P「……ないな」

律子「安心しました」

P「それはよかった」

律子「それでも千早から変なメールが来ないように心掛けてください」


@小鳥宅
P「はぁ…完全に泥酔してたせいで、ベッドまで運ぶことに…家キー鞄からあさるとか…心臓に悪すぎる」

小鳥「Zzz…Zzz…」

ザァッー

P「っと、雨か。いきなりだな」

洗濯物たち「お部屋に入れてよ―」

P「……はぁ…なにやってんだおれ」

P「うぅ…音無さんの下着を入れるなんて」

P「はぁ…これなんて真っ黒レースだなんて」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:31:02.35 ID:+Cqhph8H0

P「って音無さんがいない…トイレの電気がついてるな」

小鳥「ぐぁ~」

P「トイレに顔面突っ込んでる音無さんなんて見たくなかった。確かに居酒屋でもたまに見るけれど」

P「頭隠して尻丸出し…きれいなおしりだな。前にみた貴音の尻よりも綺麗かもしれん。見てると無性にひっぱたきたくなる」

小鳥「はぁ~」

P「音無さん~起きてください」

小鳥「あ、プロデューサーしゃん~」

P「仕方がない、あつあつタオルで目覚めてもらうか。電子レンジ君の出番だ。900W5分、君に決めた」


小鳥「あつっ!あつっ!熱いですっ!!」

P「目が覚めましたか?」

小鳥「プロデューサーさん?え?どうしてですか?」

P「やっぱり覚えてませんか…カクカクシカジカ」

小鳥「ほうほう、ダイハツムーブと」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:34:55.93 ID:+Cqhph8H0

小鳥「ごめんなさい!!」

P「音無さん、いいですよ」

小鳥「その、今日はもう遅いですし…泊まっていってください!」

P「あふぅ?」

小鳥「せめてもの償いです!いまからプロデューサーさんにご飯作ってあげますね」

P「いやいや、もう俺食べましたし」

小鳥「それじゃあ二回戦に」つビール

P「反省してください」

小鳥「すいません」

P「とりあえず、お風呂にでも入ってきてしっかり目を覚ましてください」

小鳥「わかりましたぴよぉ…」


P「あれ?俺さりげなくシャワー浴びてこいよてきな発言をしてしまったか?」

P「恥ずかしすぎる…というか音無さんが無防備すぎる。俺って異性にカウントされていないのか?」

※スレタイは絶対です


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:43:50.93 ID:+Cqhph8H0

小鳥「は~さっぱりしました」

P「って、どうしてすっ裸なんですか!?」

小鳥「え?あぁっ!すいません、いつもの癖で!服着てきます!」

P「やれやれ…って音無さん剃ってたよな?見間違えか?アイドルには剃るように指導しているが」

小鳥「プロデューサーさん、すいませんでした」

P「はぁ…いいですよ。それじゃあもう意識もはっきりしているみたいですし、帰りますね(パジャマ姿がエロすぎる…ノーブラばいんばいん~)」

小鳥「え~せっかく来たんですから泊まっていってくださいよ~」

P「まだ若干酒が残っていますね」

小鳥「もし泊まってくださらないなら、みんなに送り狼されたって嘘ついちゃいます」

P「なんだか本末転倒な気が」

小鳥「ということで、お風呂に入ってきてください」

P「着替えは?着替えはどうするんですか?」

小鳥「プロデューサーさんが車に予備の着替えおいてるの知っています」つ車のキー

P「わかりました」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:50:08.04 ID:+Cqhph8H0

P「はぁ~人の下着を持ってくるなんて、どれだけ無自覚なんだよ~」

P「しかも風呂場に脱いだものが置きっぱなしというか…夕方見たバミューダトライアングルの正体はこれだったのか」

小鳥「プロデューサーさん、お風呂入っている途中に着替えとバスタオル置きますねー」

P「はいはい」

小鳥「置きますよー」ガララッ

Pのp「やぁ」

小鳥「ご、ごめんなさいっ!!」

P「いやちょっと音無さん?」

小鳥「そ、そうでした。はいこれを」

P「いやいやそうじゃないですよね」

小鳥「~~っ///ごめんなさい~」


P「自分は平気で人のはダメなのか…本当に鈍感というかなんというか…年?」

小鳥「プロデューサーさん?いまとっても失礼なこと考えませんでした~」

P「いえいえ、考えていませんよ。お風呂いただきます」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 21:58:56.29 ID:+Cqhph8H0

P「いいお湯でした」

小鳥「それじゃあ寝ますか?朝までトークしますか?」

P「疲れたので寝かしてください」

小鳥「わかりました」

P「はぁ…それで寝るところは?」

小鳥「ここです」ポンポン

P「音無さんの寝るベッドじゃないですか」

小鳥「奮発してダブルベッド買ったんですよ!ダブルですよ!」

P「今度は春香調ですか。流石にまずいでしょ?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 22:05:02.99 ID:+Cqhph8H0

小鳥「シングルをダブルで使う!!」

P「ダブルをダブルで使ってます」

小鳥「はぁ~プロデューサーさんはノリが悪いです」

P「音無さん、反省」

小鳥「すいません」

P「俺は床で寝ますから」

小鳥「そんなことしたら私も床で寝ちゃいます!」

P「……わかりました」

小鳥「こっちへ」ポフポフ

P「はぁ~」

小鳥「ふっふふ~」

P「ご機嫌ですね」

小鳥「それはプロデューサーさんがお泊りしてくれるからじゃないですか」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 22:09:21.35 ID:+Cqhph8H0

P「音無さん、それってどういう意味で?」

小鳥「女の子に全部言わせちゃうんですか?」

P「……」

小鳥「いまは酔っているから言っちゃいますけれど、プロデューサーさんのこと好きだからうれしいに決まっているじゃないですか」

P「音無さん」

小鳥「だから」ギュッ

小鳥「音無さんはもうお別れで、小鳥って呼んでほしいです」

P「……小鳥」

小鳥「プロデューサーさん、大好きです」

P「俺も大好きです」

小鳥「フフフ…やっと言ってくれましたね」

P「え?」

小鳥「プロデューサーさんを落とすために無自覚を演じるのは難しかったですけれど、ようやく目的が達成されました」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 22:14:42.17 ID:+Cqhph8H0

P「それってどういう?」

小鳥「全て嘘ってことです。処女好きのプロデューサーさんを落とすために、無自覚処女を演じてあげただけです」

P「え?」

小鳥「ここまでくればあとは既成事実をつくるだけですから、タネ明かししても問題ないですし」

P「それじゃあいままでのは?」

小鳥「だから、全部演技ですよ…プロデューサーさん、私がいっぱい気持ちいことしてあげますね…」

P「音無さん、痛いです!抱きしめる力が強すぎます!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 22:23:42.82 ID:+Cqhph8H0

P「はっ…」

小鳥「Zzz…Zzz…」

P「音無さんに思いっきり抱きつかれてこんな夢を…悪夢だったな」

小鳥「えへへ」

P「それにしてもそんなわがままボディで抱きつかれたら、さすがに朝勃ちが隠しきれない」

P「4時か、お経の時間だ」スクッ

P「我建超世願 必至無上道」チーン←マイお鈴

P「斯願不満足 誓不成正覚
我於無量劫 不為大施主
普済諸貧苦 誓不成正覚……」


小鳥「え?なんですか?え?え?」

P「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏」

小鳥「プロデューサーさん!京都に行きましょう!」

京都デートEND


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 22:25:12.87 ID:0xwLsrq90

乙ピヨ



元スレ:P「音無さんの無自覚エロがやばい」

他サイト様の最新記事