1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 17:55:23.05 ID:yPWET2dL0

P「もちろん回らない寿司で黒井社長の奢りですよね」

黒井「そうしたいが生憎今は金欠でな」

翔太「だから回るお寿司だよ!」

P「そうか……使えない人だな」

黒井社長「聞こえているぞ」

P「って冬馬が言ってましたよ」

冬馬「馬鹿なこと言ってんじゃねーよ……それより大食い対決しようぜ」

黒井「食い物で遊ぶのはやめておけ」

冬馬「遊ぶんじゃなくて勝負だぜ社長」

P「どうせなら貴音とラーメンで対決してくれ」

冬馬「わざわざ負けに行く馬鹿がいるかよ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:01:04.05 ID:yPWET2dL0

P「しかし寿司も久々だなぁ」

P「これで回らなかったら最高なんだが」チラッ

黒井「金が入ったら連れて行ってやるから今日は我慢しろ」

翔太「やった!約束だよクロちゃん!」

P「夢が膨らむな!」

冬馬「プロデューサーなら寿司なんて食い放題じゃねーの?」

北斗「あれだけのアイドルを管理してるんですから、それなりに貰ってるのでは?」

P「給料日過ぎると全員に奢らされるからな……」

黒井「その程度なら安いものだろう」

P「この前は亜美にゴチみたいなご飯食べたいって言われて……」

翔太「うっわ」

冬馬「きついな……全員連れて行ったのか?」

P「なぜか音無さんもいたな」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:05:37.18 ID:yPWET2dL0

P「その月は塩ごはんか、響に食わせてもらってたよ」

黒井「最後に問題発言をした気がするがスルーするぞ」

P「そ、そうですね……話し変えるが皆は何のネタが好きなんだ?」

北斗「俺はカニミソが好きなんですよね」

冬馬「やっぱサーモンだろ」

翔太「僕はいくらかなぁ」

黒井「私は茶碗蒸しだ」

P「それメインで食べるものじゃないでしょう」

黒井「何を食べるかなど自由だろう」

冬馬「まぁそんなわけだからよ、現地で合流な」

北斗「一旦765プロに戻るんですよね?」

P「そうだな。それじゃまた店で」

黒井「ウィ。迅速に行動しろよ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:10:09.60 ID:yPWET2dL0

P「あぁ楽しみだなぁ」

P「戻りましたよーっと」

あずさ「お疲れ様です~プロデューサーさん~」

小鳥「お帰りなさい。なんだかご機嫌ですね?」

P「えぇ、ちょっと」

真美「兄ちゃーん!タックルー!」ダッ

P「甘いぞ!不意打ち以外で俺を倒せると思うな!」ギュッ

真美「むぐっ」

P「俺も日々進化してるからな」ギュー

真美「ぎゃー!痛い痛いギブギブ!兄ちゃんもうギブだってば!」

P「毎日忙しいプロデューサーに攻撃してきた罰だ」パッ

真美「ぐぇ……」ドテッ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:15:48.23 ID:yPWET2dL0

律子「そういえばプロデューサー最近どこ行ってるんですか?」

P「え?ど、どこって仕事に……」

伊織「その割には楽しそうに戻ってくるわね」

P「し、仕事は楽しいからな!勤労最高!社畜万歳!」

小鳥「じゃぁたまには残って事務処理手伝ってくださいよ……」

P「おっともうこんな時間だ!それじゃアデュー!」

律子「ちょっと!……誘う暇すらなかったわね」

伊織「あの変態サボって遊んでるんじゃない?」

あずさ「それはないと思うけど……」

真美「りっちゃんまだー?」

亜美「亜美達も早く行こうよーうあうあー!」

律子「はいはい、それじゃ切り上げて行きますか」

貴音「小鳥嬢は?」

小鳥「私は事務処理残ってるから……しくしく」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:20:28.70 ID:yPWET2dL0

P「あ、そうだ」ピッ

黒井《合言葉を言え》

P「王者でなければ、生きている価値がない」

黒井《ウィ。へっぽこプロデューサーだな。どうしたのだ》

P「ちょっとお願いがありまして、どうせ寿司行くなら一人追加してもいいですか?」

黒井《ダメだ》

P「えっ」

P「あ、あの……」

黒井《今日は私達だけで食事だ。これはもう決定事項なのだ。ではな》プツッ

P「あっ黒井社長!」

P「切れちゃったよ……そんなに男だけのほうがいいのか……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:25:03.96 ID:yPWET2dL0

黒井「プロデューサーはまだのようだな」

北斗「先に入っときますか?」

黒井「そうだな」

冬馬「寿司って何皿くらい食える?」

翔太「最低25皿くらいかなー」

冬馬「食いすぎだろ」

黒井「翔太は無駄によく食べるからな」

翔太「燃費悪いんだよね!へへっ」

冬馬「自分で言うことじゃねーな……」

北斗「俺は15皿くらいが平均かな」

冬馬「今日の目標は20超えだぜ!」

黒井「ここで騒いでも仕方ない。入るぞ」

翔太「ウィ」

黒井「真似をするな!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:30:11.51 ID:yPWET2dL0

翔太「結構混んでるねー」

黒井「回る寿司など久しく来てないからよくわからん」

冬馬「まず機械から整理券とらないとダメだぜ社長」

黒井「うむ……む?……おい北斗、お前がやれ」

北斗「はいはい。人数は6人でテーブル席ですね」

翔太「15分待ちだってさ」

黒井「それくらいならいいだろう。その間にプロデューサーも来るだろうしな」

冬馬「いっせーのーで!ってやろうぜ」

北斗「親指の本数当てるゲームか」

翔太「僕これ強いんだよ!」

黒井「くだらんが付きあってやる……行くぞ!いっせーのーで3!」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:35:07.89 ID:yPWET2dL0

翔太「4!……はいまた冬馬君の負けー!」

北斗「お前ほんとに弱いな……」

冬馬「うるせーな!」

翔太「クロちゃんは全部1位抜けとかすごすぎでしょ」

黒井「私はセレブだからな」

冬馬「関係ないと思うぜ……」

北斗「じゃぁ罰ゲームだな」

冬馬「おい聞いてねーぞ」

翔太「今決めたんだもんっ」

黒井「他のお客様のご迷惑になるようなものは避けろよ」

モブA「やだ……あの集団イケメンすぎ?」

モブB「あれってジュピターじゃない?」

モブC「天下のジュピターが一皿100円の寿司なんか食わないだろ……」

モブB「それもそっか」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:40:22.87 ID:yPWET2dL0

31番のお客様ー

冬馬「お、やっと俺達の番だな。はーい」

黒井「結局あの男は来なかったな……何をしているのだ」

翔太「道に迷ってたりしてねー」

北斗「あずさちゃんじゃあるまいし、それはないだろ」

黒井「何かあれば連絡がくるだろう」

冬馬「おい早く来いよ!店員さん困ってるだろうが!」

北斗「っとそうだな。行きましょう社長」

黒井「ウィ。案内するがいい」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:44:59.96 ID:yPWET2dL0

冬馬「さぁーて後はプロデューサー待つだけだな」

翔太「一皿だけ食べてもいい?」

黒井「皆が揃うまで待つのだ翔太よ」

翔太「ちぇっ」

北斗「しかし遅いな……少し心配になってきますね」

黒井「うむ……む、本人からの電話だな。我が社の資本金は?」

P《9億6千100万》

黒井「ウィ。遅いではないか。こちらはもう席についているぞ」

P《あぁやっぱり。今着いたんですけど》

黒井「では……」

翔太「お腹減ったー!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:50:00.07 ID:yPWET2dL0

P「お待たせしました」

黒井「遅いぞ」

P「ちょっと道に迷っちゃいまして……」

冬馬「翔太当たってるじゃねーか」

北斗「今日は女の子連れて来れなくて残念でしたね」

P「全くだよ……まぁ次の機会だな」

冬馬「ほら、茶だ」

P「サンキュ」

翔太「ねぇもう食べてもいい?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:54:39.53 ID:yPWET2dL0

P「あぁ待っててくれたのか?ごめんな、腹減っただろ」

翔太「ペコペコだよっ!」

黒井「では始めるか。おい翔太、茶碗蒸しを頼むのだ」

翔太「ほんとに最初から食べるんだ…」

北斗「カニミソは……今日はないのか……」

冬馬「レギュラー商品じゃなくなっちまたんだよなあれ」

北斗「美味しいのにな……」

P「あれって偽者っぽい味するよな」

北斗「それがいいんですよ。仕方ない……冬馬、今流れてきたイカ頼むよ」

冬馬「おう」

翔太「僕何食べよっかなーいくら流れてこないかなー」

P「あ、冬馬鉄火巻き取ってくれ鉄火巻き」

翔太「ほらよ」

P「サンキュ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 18:59:44.81 ID:yPWET2dL0

冬馬「今のもしかして俺の真似か?」

翔太「へへっ似てたでしょ?」

冬馬「アホくさ……んじゃ頂きますっと」

黒井「冬馬よ。そこのセレブなオニオンサーモンを頼む」

冬馬「……俺まだ一口も食ってねーんだけど」

P「流れてくるほうに座ったのが運の尽きだったな」

冬馬「皆なかなか座らなかったのはこれが理由かよ……」

翔太「こんなの常識だよ冬馬君っ!」

北斗「冬馬、ウニ取ってくれ」

冬馬「ちっ……ほら」

北斗「悪いな☆」

冬馬「その笑顔がムカつくぜ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:03:26.69 ID:yPWET2dL0

冬馬「こーいうところのデザートって食う?」

P「基本寿司がメインだしなぁ」

翔太「でもパフェ美味しいよね」

黒井「ほう……後で頼んでみるか」

冬馬「おっさんがパフェ食べるのはきついもんがあるぜ」

P「絵的にはティンとこないな……」

北斗「まぁ俺達なんて誰も見てないし、いいんじゃないですか?」

P「それもそうだな」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:10:35.82 ID:yPWET2dL0

冬馬「そういえばよ、プリンに醤油かけたらどうなるか知ってるか?」

北斗「ウニの味になるんだろ?」

翔太「ほんとに!?帰りにコンビニ寄ろうよ!」

P「いや、あれはダメだ」

黒井「試したのか?」

P「以前やよいがウニ食べてみたいって言うんで」

冬馬「なんでよりにもよって高槻なんだよ」

P「伊織のゴージャスセレブプリンに刺身醤油かけて目隠しして食わせたんだが」

北斗「それもう闇鍋じゃないですか……」

P「しょっぱいプリンじゃねーか!って心臓にきつい一発もらったよ。一瞬時間止まったと思った」

翔太「現実はプリンみたいに甘くないんだね」

P「その後伊織にバレて1日家畜にされたよ」

黒井「ほう……」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:20:26.38 ID:yPWET2dL0

冬馬「しかし回転寿司ってうるさいよな」

P「若い子が多いからな。茶いれてくれ」

北斗「俺も」

冬馬「くそっこれがなけりゃ楽しめるのによ……」

黒井「翔太、茶碗蒸しだ」

翔太「また食べるの?」

黒井「ウィ。王者の味だからな」

P「どんな味ですか……」

冬馬「おっ!サーモンきやがったな!」

冬馬「頂き、だぜ!」スカッ

冬馬「あ、あれ?消えた?」

貴音「あぁ申し訳ありません。この魚も気になってしまい……」

冬馬「あ、いいんすよ。また流れてくるん……で……」

貴音「……」

冬馬「……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:24:33.14 ID:yPWET2dL0

P「どうしたんだ?」

冬馬「……い、いや、何でもねぇ。ちょっと疲れてるみたいだ」

翔太「すごい汗かいてるよ冬馬君」

冬馬「茶が熱かったのかもな……はは」

北斗「冬馬、サーモン流れてるぞ」

冬馬「あ、あぁ」

黒井「翔太、もうひとつ追加だ」

翔太「卵って食べ過ぎたらコレステロールがアレなことになるらしいよ」

黒井「セレブな私には関係ないな」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:28:48.73 ID:yPWET2dL0

貴音「面妖な……」モグモグ

亜美「どったのお姫ちん?」

真美「お化け見たみたいな顔してるYO!」

貴音「むしろ怪異の類のほうが良かったのかもしれません」

あずさ「お寿司屋さんにいるお化けなんて、お魚かしら?」

伊織「半漁人かもしれないわよ」

律子「何の話?」

貴音「後ろの席を」

亜美「後ろぉ?……あ、アホ毛が生えてる」

真美「我々はこのアホ毛を知っているッ!」

亜美「真美君!」

真美「GO!」

律子「ちょっ」

亜美「そぉい!」バブチィ!!

冬馬「ぎゃぁああああああ!!!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:33:57.34 ID:yPWET2dL0

P「ど、どうした!敵襲か!」

冬馬「」

北斗「冬馬!……ダメだ、息をしてない」

冬馬「っっっ痛ぇええええええ!!」

翔太「あ、生き返ったね」

黒井「何が起こったのだ!」

P「お、お前……アンテナがなくなってるじゃないか!」

翔太「ほんとだ!冬馬君の本体が!」

冬馬「本体は俺だアホ!くそっこんなことするのはアイツらしかいねぇ……!」

黒井「あいつらだと?」

冬馬「横からくるぜ!気をつけろ!」

律子「すみません!うちの子がとんだ失礼を!」

P「あ」

律子「え?」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:38:47.38 ID:yPWET2dL0

律子「プロデューサー……?」

P「プロデューサー?そんな知的でティンときそうな人は知らないな」

P「僕の名前はぴゅう太。人違いですよ」

律子「あ、そうでしたか……これは失礼しました。知り合いによく似ていたので」

P「いえいえ。それじゃお食事楽しんでくださいね」

P「……ふぅ、間一髪だったな」

冬馬「いや、ダメだろ……いてぇ……」

北斗「プロデューサーさん、俺の後ろ見てください」

亜美「にやにや」

P「あ……」

黒井「また騒がしくなるのか……」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:42:30.13 ID:yPWET2dL0

貴音「なんと……あなた様もいらっしゃったのですね」

あずさ「こんばんは~プロデューサーさん~」

P「い、いや俺はパワプロって言いまして……」

真美「そんなんに引っかかるお馬鹿さんなんていないっしょー」

P「くっ」

律子「……」

亜美「隣失礼してよろしいかしらーん!」

P「わっ!おい、他のお客さんに迷惑だろ」

亜美「裏切り者の兄ちゃんにそんなこと言う権利あるのかな?」

P「う、裏切り者?俺は政治家くらい真っ白だぞ。今日だってたまたま黒井社長と……」

亜美「何も知らないとでも思ってるのかね?」

P「ぐぬぬ」

亜美(まぁ何も知らないんだけどNE!)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:46:39.49 ID:yPWET2dL0

黒井「おい」

律子「あぁ黒井社長……あなた達も来てたんですね」

北斗「どうも、律子ちゃん☆」

律子「ちゃんはやめてください」

翔太「今日は人少ないんだね」

真美「竜宮小町と真美とお姫ちんだけなんだZE!」

伊織「男だけで回転寿司って寂しいことしてるわねー」

P「お前達も似たようなもんだろ」

黒井「静かにできんのかこいつらは……」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:50:57.13 ID:yPWET2dL0

P「こっちはなんか険悪だし……」

冬馬「さすがバカ食いの四条は回転寿司が似合うな」

貴音「……」チラッ

冬馬「なんだよ」

貴音「僅か10枚程度の男が何を言うのかと思えば……ふふ、ふふふ」

冬馬「へっ胃袋が火力発電所の妖怪はガリでも食って食費節約しとけよ」

貴音「ふふふ」

冬馬「ははは」

真美「何が可笑しい!!」

冬馬「決着つけるか」

貴音「いいでしょう」

真美「あれ?もしかして真美すべった?」

伊織「意味わかんないわよ」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:55:25.24 ID:yPWET2dL0

貴音「ここでは被害が広がります。かうんたぁ席に移りましょう」

冬馬「店員に声かけてくるぜ」

翔太「あれどうするの?」

P「もう放っておくしかないさ」

律子「というかこの通路に群がってる状況って不味くないかしら」

あずさ「私達は戻りましょうか」

伊織「あんたこっち来なさいよ。貴音のスペース空いたんだから」

P「今日は黒井社長達と来てるし遠慮しとくよ」

伊織「な、なによ!私より男がいいってわけ?」

P「物騒なこと言うな!あくまで先約を優先するだけだ!」

律子「やましいことは無いみたいですし、今回は見逃してあげましょう」

あずさ「伊織ちゃん、行きましょ~」

伊織「仕方ないわね……今度は私誘いなさいよ」

P「気が向いたらな」

伊織「向かなくても誘うのよ!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:59:47.27 ID:yPWET2dL0

貴音「制限時間は1時間」

冬馬「その間に食った皿の枚数で勝負だな」

冬馬「俺が勝ったらプロデューサーをもらうぜ」

貴音「面妖な……小鳥嬢の言うとおり、やはり男色家でしたか」

冬馬「ちげーよ!961プロでプロデューサーとして働いてもらう」

冬馬「961初のプロデューサー誕生だぜ!」

貴音「……いいでしょう」

冬馬「すんなり受けやがったな」

貴音「私が勝てばここの代金全員分を支払っていただきます」

冬馬「負けなんてありえねーしどうでもいいぜ。……じゃぁ始めるか」

冬馬「向こうのレーンに玉子が入ったら開始だ」

貴音「では……いざ!」

冬馬「尋常に!」

貴音「勝負!」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:04:31.70 ID:yPWET2dL0

黒井「始まったか」

翔太「見て見てっ冬馬君のほうが食べてない?」

北斗「ほんとだ。貴音ちゃん調子悪いのかな」

P「あれは……いつもの貴音の戦い方だ」

P「ここ一番の勝負ではわざと先行させ勝負どころでぶち抜くんだ」

黒井「詳しいな」

P「まぁ……」

北斗「じゃぁ賭けますか?どっちが勝つか」

P「貴音に今月の給料全部」

北斗「結果は見えてそうだな……」

P「俺ちょっと見てきますね」

黒井「人様に迷惑はかけるなよ」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:08:13.13 ID:yPWET2dL0

P「ん?」

伊織「あら」

P「伊織もここにきたのか」

伊織「えぇ。食べ始めた時からここしかないと決めてたわ」

P「ま、素人はいかにもってところでギャラリーしたがるけどな」

伊織「そうそう。2人の後ろなんかじゃ勝負は見えないわ……」

伊織「2人が勝負を仕掛けるポイントを見るにはここしかない」

P「伊織もそう読んだか……流石と言っておくよ」

伊織「あんたもね……でも食べてるの見てるだけだと飽きてくるわねぇ」

P「盛り上がるわけでもないしなぁ、やっぱ戻るか」

伊織「そうね」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:12:32.25 ID:yPWET2dL0

P「ただいまです」

黒井「早かったな」

P「飽きちゃいまして……あっちすごいことになってましたよ」

北斗「ギャラリー沸いてますね」

黒井「食べ物で遊ぶとは愚かなやつらだ……翔太、茶碗蒸しだ」

翔太「またぁ?クロちゃんお寿司食べてないんじゃないの?」

黒井「しめにマグロを食べようかとは思っているぞ」

翔太「もうお寿司屋さんに来る意味ないよねそれ……」

真美「兄ちゃん兄ちゃん」

P「ん?また来たのか。なんだ?」

真美「帰りみんなでカラオケ行かない?」

P「カラオケ?俺はいいけど」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:17:36.05 ID:yPWET2dL0

黒井「私はパスだ」

P「あれ?行かないんですか?」

黒井「帰ってからやることもあるのでな。セレブは多忙なのだ」

真美「ほくほくは?」

北斗「今日は喉使ったし俺もパスかな。ごめんね真美ちゃん」

翔太「じゃぁ僕もやめとこっかな」

真美「んじゃ兄ちゃんだけだNE!」

P「あぁ、そっち食べ終わったら声かけてくれ」

真美「了解!では報告に行ってきますであります!」

P「頼むぞ真美曹長」

真美「真美は少佐がいいであります!兄ちゃん殿!」

P「曲がTOP20入りしたら名乗ってもいいぞ」

真美「うあうあー!撤退だー!」

北斗「活発な子ですね」

P「毎日元気有り余ってるよ」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:21:00.67 ID:yPWET2dL0

北斗「しかし冬馬もよく食べるな……」

P「あのペースで食い続けたら死ぬよな」

黒井「死にはしないが腹は壊すだろうな」

翔太「貴音さんは顔色変えずに食べてるね」

P「最初はそんな食うような子じゃないと思ってたんだけどなぁ……」

北斗「そうなんですか?ラーメン何杯も食べてたと思いますが」

P「いつの間にかよく食べるようになってたんだよな」

翔太「へぇー」

黒井「翔太」

翔太「はいはい……注文したよ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:26:33.78 ID:yPWET2dL0

真美「ただいまー」

律子「おかえり、どうだった?」

真美「兄ちゃんだけ来るって」

あずさ「あら?伊織ちゃんもう戻ってきたの?」

伊織「途中で飽きちゃった。貴音は余裕の顔して食べてたわよ」

亜美「そういえばお姫ちんは行くのかな」

律子「あれだけ食べた後はきついと思うわ」

伊織「まぁ出るときにメール入れときましょう」

亜美「そうだNE!」

伊織「小鳥は呼ばないの?まだ事務所にいるんじゃない?」

律子「さっき電話したら、今いいところなんで!って切られちゃったわ」

あずさ「どういう意味かしら?」

伊織「どうせろくでもないことよ」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:31:07.47 ID:yPWET2dL0

P「おっハマチきたな……俺これで最後かな」

北斗「俺ももうお腹一杯ですよ」

翔太「最後にいくらとウニとろっと」

黒井「翔太。マグロを注文してくれ」

翔太「やっと食べるんだね」

P「回転寿司で茶碗蒸ししか食べない人なんて初めて見ましたよ」

黒井「セレブだろう?」

P「まぁ普通ではないですね……」

北斗「冬馬達はどうなったかな」

P「無言で食べ続けてるな……あ、貴音がこっち見てる」

貴音「……」モグモグ

黒井「今私に向かってウィンクしたぞ」

翔太「いやどうみてもプロデューサーさんにでしょ」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:35:28.28 ID:yPWET2dL0

律子「プロデューサー、私達もう出ますけど」

P「待ってたら黒井社長が奢ってくれるぞきっと」

律子「敵の施しは受けませんよ」

P「それもそうか……金ここに置いときますね。次は回らない寿司お願いしますよ」

黒井「期待せずに待っておけ」

北斗「今度は俺達ともカラオケ行きましょうね」

P「あぁ」

翔太「事務所にカラオケ置こうよクロちゃん!」

黒井「そうだな……考えてみるか」

P「いいですね!それなら俺毎日……」

伊織「……」

律子「……」

P「毎日がエブリディ、だぜ!ということで行ってきますね!お疲れ様でした!」

黒井「あまり遅くまで遊ぶなよ。アデュー!」

翔太「またねー」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:40:01.40 ID:yPWET2dL0

北斗「行っちゃいましたね」

黒井「まったく女共は騒がしくていかんな」

翔太「あーあ、食べた後事務所で人生ゲームしたかったのに」

北斗「いつでも呼べばやってくれるさ」

黒井「私はモノポリーのほうが得意なんだがな」

翔太「クロちゃんとやるとすぐ破産に追い込まれるから嫌だよ」

北斗「社長はボードゲームも得意ですもんね」

黒井「一人チェスは楽しいぞ」

翔太「寂しいよそれ……」

黒井「さて、私達もそろそろ帰るか」

翔太「冬馬君どうするの?」

北斗「放っておくしかないな。どうせ止めても無駄だろう」

黒井「ウィ。おあいそボタンを押してくれ」

翔太「はーい」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:45:00.85 ID:yPWET2dL0

冬馬「くっそ……視界が霞んできやがった……」

貴音「……」モグモグ

冬馬「俺はここまでみてぇだな……」

冬馬「すまねぇ、プロデューサー」バタッ

店員A「倒れたわ!」

店員B「誰か救急車呼んで!」

店員C「もう呼んでる!大丈夫か君!うっわ超イケメンだ!」

店員A「写メとっとこ!」パシャパシャ

店員B「イケメンが倒れたなう。十円ハゲがなければ完璧だった……と」

貴音「天ヶ瀬冬馬……あなたもまさしく強敵(とも)でした」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:49:30.88 ID:yPWET2dL0

ピーポーパーポー

貴音「さて、では私も帰ると……」

貴音「……」

貴音「天ヶ瀬冬馬がいない……!」

貴音「律子嬢達は!」チラッ

おっさん「美味い寿司だ……掛け値なしに」

貴音「あなた様!」チララッ

子供「お寿司だよーーーーー!!!」

貴音「面妖な……」ウルウル

貴音「……」ガサゴソ

貴音「四千円、ですか」

貴音「お願いします……!40枚未満であってください!」チラッ

90

貴音「あなた様……」ポロポロ


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:04:06.65 ID:yPWET2dL0

律子「それじゃ駅まで歩くわよ」

真美「えぇー!お腹一杯で動けないYO!」

亜美「兄ちゃんおんぶして!」

P「俺だって苦しいんだ。我慢してくれ」

あずさ「何歌おうかしら~」

伊織「あずさと行くと自信無くしちゃうのよね……」

P「凄まじく上手いもんな」

あずさ「そんなことないですよ~私なんてまだまだ……」

律子「あずささんでまだまだじゃ他の子はどうなるんですか……」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:09:15.77 ID:yPWET2dL0

P「ん、メールだ」

亜美「だれだれ?」

P「貴音からだ……写真だけ添付されて本文なしか」

伊織「ダイイングメッセージみたいね」

P「こ、これは……」

律子「どんな画像だったんですか?」

真美「表示された90の数字と4枚の千円札……!」

亜美「そしてお姫ちんの申し訳なさそうなピースサイン……!」

真美「これの意味するものはひとつ……!」

P「財布の限界を突破したのか……」

伊織「アイドルが何やってんのよ……」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:14:00.03 ID:yPWET2dL0

P「仕方ない、迎えに行ってくるよ」

律子「じゃぁ私達は先に行っときますね」

伊織「さっさと行って連れて来なさいよね」

P「はいはい……それじゃな」

亜美「りっちゃんおんぶー!」

律子「私と体重ほぼ一緒でしょうが……潰れちゃうわよ」

真美「じゃぁ真美はあずさお姉ちゃんに……あり?あずさお姉ちゃんは?」

伊織「え?」

律子「この短時間で迷子になったの!?」

伊織「まだ遠くに行ってないはずよ!手分けして探して見つけたらメール!」

亜美「お腹ん中がパンパンなのに困ったちゃんだYO!」

真美「見つけたらおっぱい枕の刑だNE!」

律子「バカ言ってないで探すわよ!」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:17:49.10 ID:yPWET2dL0

P「あ、すみません連れが中にいまして……えぇ銀髪で面妖な感じの」

店員A「あぁそこのカウンターのお客様ですね」

P「どうも……おい貴音!」

貴音「あなた様……」

P「待たせたな。迎えに来たぞ」

貴音「あ、あの」

P「とにかく出よう。伝票くれ」

貴音「それが……」

P「なんだ?何か問題でもあるのか?」

貴音「天ヶ瀬冬馬も会計をしていませんでしたので……」

P「……何皿食ったんだ」

貴音「47枚です……」

P「回転寿司でよかった……」

貴音「申し訳ありません……」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:21:56.60 ID:yPWET2dL0

アリガトウゴザイマシター

P「明日から暫くまた響の家で食わせてもらおう……」

貴音「あの、私が責任を持って……」

P「でも貴音の家はトップシークレットなんだろ?」

貴音「でしたら、あなた様のお部屋に」

P「貴音は目立つしな……できるだけ危険は避けたいんだ」

貴音「……そうですね」

貴音「お、お金は明日にでもお返ししますので」

P「いいよ。一度払った金を後で返してもらうのも恥ずかしいし」

P「俺だって大人なんだからな!」

貴音「響に頼っているようですが……」

P「それはそれだ。あいつの飯は美味いんだ」

貴音「豚肉やハム蔵殿の食事も作っていたと聞いています」

P「最近ドライフードに切り替えてブーイング食らったらしいけどな」

貴音「なんと」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:26:29.82 ID:yPWET2dL0

P「あ、そうだ律子達カラオケ行ってるんだが貴音も来るか?」

貴音「今日は少々無理をしたので遠慮しておこうと思います」

P「まぁ合計100皿以上食ってるしな」

貴音「負けられない戦いでしたので」

P「一方の冬馬は病院送りか……体調管理もプロの仕事なのに何やってんだ」

貴音「天ヶ瀬冬馬も今日は粘りを見せていましたよ」

P「みたいだな。でも倒れるまで食い続けるとか尋常じゃないぞ」

貴音「彼にも思うところがあるようです」

P「明日もまだ入院してるようなら見舞いに行ってやるか……」

貴音「それでは私はこれで。ありがとうございました」

P「あ、駅までは送るよ。今日は俺もこのまま帰るからさ」

P「これくらいはいいだろ?」

貴音「……感謝の言葉もありません」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:32:27.75 ID:yPWET2dL0

伊織「あいつ遅いわねぇ」

亜美「もう勝手に歩いたらダメだよあずさお姉ちゃん」

あずさ「ごめんなさいね~」

真美「あ、兄ちゃんからメールだ」

亜美「えぇーなんで亜美じゃないのさ!」

真美「姉よりすぐれた妹などいないのだよ亜美君」

律子「なんて書いてあるの?」

真美「えーっと……お姫ちん送るから今日はこのまま帰るって」

伊織「はぁ?そんなの認められるわけないじゃない!却下ってメール送りなさい」

真美「ほーい」

律子「じゃとりあえず私達は始めときましょうか」

亜美「送り狼になってたりしてNE!」

あずさ「あ、亜美ちゃん?どこでそんな言葉覚えたの?」

亜美「ぴよちゃんがくれた本に書いてたよ」

伊織「あんのから揚げ……中学生に何教えてんのよ!」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:36:28.29 ID:yPWET2dL0

P「はぁ予想外の出費だった……」

P「黒井社長にたかろうと思ってたら俺の財布が軽くなるとは」

P「まぁいいや寝よ……あ、メールきてたのか」

sub:(●`ε´●)
本文:勺〃乂T=〃∋兄(C)!来ゑッτ言ッT=ωT=〃ヵゝらちゃω`⊂来τ∋Йё!レヽぉレ)ωм○怒ッτT=∋!

P「やっべ……届いてから2時間以上経ってるぞ……謝っとかないと」

sub:( ̄◇ ̄;)
本文:悪レヽ今乂→儿見T=∋もぅ家レニ帰ッちゃッT=U、伊織K謝ッ`⊂レヽτ<れ

P「明日が怖いな……もう電源切っとこう」

P「おやすみー」


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:41:11.20 ID:yPWET2dL0

P「おはようございまーす」

伊織「裏切り者が出勤してきたわね」

P「な、なんだよ。メールで謝っただろ?」

亜美「送り狼はどうだった?兄ちゃん」

P「意味がわからん」

響 「自分も昨日暇だったのに……」

律子「元々竜宮小町の打ち上げに2人がついてきただけなのよ」

P「あ、響!悪いんだが今日お願いできるか?」

響 「え、もうお金なくなっちゃったの?」

P「すまん……予想外の出費があってさ」

貴音「申し訳ありません……」

P「あ、いいんだよ。俺の家にいきなりピザ10枚頼むやつよりはマシだよ」

真美「可愛げのあるイタズラじゃーん」

響 「し、仕方ないなぁ、プロデューサーがそんなに困ってるなら助けてやるぞ!」

P「恩に着るよ……お前がいなけりゃ毎日塩とご飯になるところだ」


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:46:24.54 ID:yPWET2dL0

伊織「何の話してるのよ」

P「ちょっとな」

響 「ペットの話だぞ」

伊織「ふーん。興味ないわね」

P「ペットて……まぁいいや、俺今日ちょっと病院行ってきますんで」

小鳥「え、仕事はどうするんです?」

P「律子なら……律子ならきっとなんとかしてくれる」

律子「え?」

P「見舞い終わったら戻るから、それまで頼んだ!それじゃ!」

律子「私も忙しいんですけど……」

美希「あふぅ」

響 「プロデューサーは自分がいないとダメだなぁ、ははっ!」

貴音「律子嬢今日の予定は」

律子「はぁ……」

小鳥「あ、あはは……ファイトですよ!ファイト!」


174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:51:13.15 ID:yPWET2dL0

北斗「大丈夫か冬馬」

冬馬「まぁ昨日よりは楽かな」

黒井「病院に運ばれるまで食べるとは何を考えているんだお前は」

翔太「何皿食べたの?」

冬馬「40枚くらいまでは食ったと思うけど途中から記憶があやふやで……」

北斗「よく胃に入ったな……」

P「天ヶ瀬、天ヶ瀬……っとここか。あれ、北斗達も来てたのか」

北斗「あぁプロデューサーさん。昨日はどうも」

冬馬「あんたまで来てくれるとは驚きだぜ。気を使わせちまって悪いな」

P「こっちこそ貴音が迷惑かけたな」

翔太「貴音さんは平気なの?」

P「全く普通だったよ。腹も出てなかったし」

黒井「それに比べてお前は……」

冬馬「面目ねぇ……」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:55:11.12 ID:yPWET2dL0

P「天ヶ瀬冬馬ダイエット企画とかで連続放送できないかな……」

翔太「達成前にジュピターが解散しそうだね」

黒井「これからは無理をするなよ。体調管理は徹底するのだ」

冬馬「わかってるぜ。昼に診察してもらってOK出たら退院だからよ」

P「はぁ……たまにはのんびり飯食いながら話したかったんだけどな」

北斗「中々難しいですね」

黒井「今度は落ち着いた場所に行けば問題ないだろう」

翔太「回らないお寿司だね」

P「腹が鳴るな」

冬馬「じゃぁもう帰れよ。皆仕事あるんだろ?」

黒井「そうだな。ではまたなプロデューサー」

P「あ、冬馬。寿司代自分の分は払えよな。5千円いつもの口座に振り込んでくれ」

冬馬「げぇ……最後の最後でテンション下がるぜ」

ちなみにアホ毛は3日後しっかり復活しました

おわり


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:55:42.95 ID:yPWET2dL0

まずはこの画像を見て欲しい
ときめき

この画像を見たとき、皆はきっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
リアルに叫んだ後、気づいたらメモ帳にカタカタ打ち込んでいた。
後悔はしていない。26話楽しみだなぁ。保守ありがとうございました。お疲れ様でした



元スレ:冬馬「寿司食いに行かね?」P「いいな」

他サイト様の最新記事