1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:11:53.63 ID:x1N3Anago

ハワイのライブツアーの時のお話


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:13:30.64 ID:x1N3Anago

ビーチ



愛海「待て待てー☆」

歌鈴「はわわ…愛海ちゃん止めて、あうっ!転んじゃった…うう」

比奈「大丈夫ッスか歌鈴ちゃん?捕まるとエロ同人みたいな事されちゃうから逃げるッスよー」





愛海「ディスイズジャパニーズコミュニケーション!」

アナスタシア「シトー…これが、日本の交流?…ヤー…私、不思議です」

イヴ「これが日本流なんですね~でもコンブ、じゃなくて水着がズレちゃう~」

みく「違うのにゃ!んな事言ってないで逃げるのにゃあ!」





愛海「はいはーい良い子も悪い子も集合してねー揉むとおっきくなるよーよっといでー」

舞「え?そうなんですか?」

拓海「騙されんな舞ちゃん!いいから逃げんぞ!」

里奈「あはははは、たくみんそれ以上おっきくなったらヤバイからねー☆」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:17:10.03 ID:x1N3Anago

………
……


愛海「うへ、うへへへへ、小さいのから大きいのまでより取り見取りぃ」

愛海「みーんなアタシが捕まえちゃ」

ガシッ

愛海「む?誰?アタシのエルドラドを邪魔する不届き者は?」

P「………………」

愛海「………………」

P「………………」

愛海「…………」

P「よう」

愛海「やっほー」

P「絶好調だな」

愛海「うん、生まれてきてから一番なくらいに☆」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:23:40.14 ID:x1N3Anago

P「そうかそうかそりゃ何よりだ、あんな声出して皆を追いかけ回すほどだものなあ」

愛海「これもプロデューサーのおかげだよ!」

P「俺が教え込んだみたいな言い方は止めてくれ」

愛海「プロデューサーがいたからあたしはここまで来れたの、感謝してるんだから」

P「コレ以上ないくらい嬉しい言葉のはずなのに胸に響かないなあ」

愛海「ま、そういうわけで、そろそろこの手離してよ、あたし忙しいからさ、何せまだ山は半分も制覇してな」

P「………………」
ググググ

愛海「うぐぐぐぐぐ」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:25:40.13 ID:x1N3Anago

愛海「こ、こんな可憐な女の子にアイアンクローするなんて」

P「誰彼構わず乳を狙う変人が可憐な女の子だったは驚きだ」

愛海「それは違う!」

P「うん?」

愛海「誰もが等しく素晴らしい乳の持ち主なんだよプロデューサー!誰彼構わずなんじゃない!全ての子を狙ってこそなの!つまりこれは博愛の心であって」

P「………………」
ググググググググググ

愛海「あだだだだだ」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:31:20.28 ID:x1N3Anago

愛海「体罰反対!」

P「痛くなければ覚えませぬ」

愛海「あたしの揉みテクにかかれば痛い事なんて絶対ないよ!両利きの腕はそのための訓練の」

P「……………」
ググググググググググググググググググ

愛海「ぐぎぎぎぎぎ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:34:58.81 ID:x1N3Anago

P「懲りたか?」

愛海「ううぅ…う………く、くっくくく」

P「ん?」

愛海「ふ、ふふふ、痛みなんかで屈するとでも思ったのプロデューサー…」

愛海「この胸に宿る情熱のためなら、あたしは痛み程度では決して屈し無い…っ!!!!」

P「やだ、馬鹿がいるわ」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:40:03.01 ID:x1N3Anago

P「(もっとキツくしめてやろうか?しかしこれ以上強くするのは流石に)」

愛海「こんなパラダイスでお預けはあたしの魂が許さないん!それに…」

P「それに?」

愛海「どうしても揉ませてくれないっていうならプロデューサーのでいいからの触ってやる!」
ガバッ!

P「おわぁっ!?」

愛海「おらおらーじたばたするんじゃなーい!」

P「血迷ったか!何考えてやがる!」

愛海「あははははは今のあたしは誰にも止められな…………ほう」

P「いや^いやいやお前俺の胸触って何が楽しい………ん?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:47:32.24 ID:x1N3Anago

愛海「………ふんふん」
ペタペタ

P「(急に真面目な顔に)」

愛海「………うーん」
ペタペタ

P「(今度は訝しげな顔に)」

愛海「……むむむ」
ペタペタ

P「(こいつがこれだけ真剣な顔を見せるとは、一体俺の胸に何があるというんだ)」

愛海「………………」
ペタペタ

P「(ところで中身が幾ら残念でも見た目は普通の女の子)」

愛海「うーん………」
ペタペタ

P「(この大の大人が好き勝手にされてる絵図面は駄目な気がする)」

P「(というか口閉じてるこいつに弄られるのは…そのちょっとクるものが)」

愛海「……………………」
ピタッ

P「あ、愛海?(…止まった?)」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:53:27.11 ID:x1N3Anago

P「…おい愛海、どうだ、満足したのか、だったら離れてくれよ」

愛海「…駄目」

P「いやそういうわけにもな…これ以上は俺が変な感じに、てかそんなに俺の大胸筋が気に入ったのか?」

愛海「違う…そうじゃない……やっぱりこれじゃ満たされない…っ!!!肉が足りないよプロデューサー!!!」
バチーン!

P「いってー!?」

愛海「あ、ごめん」

P「すき放題弄った後はビンタとか何考えてんだよお前は!!」

愛海「ちょっと勢い余っちゃった☆」

P「見ろよこの紅葉マーク!」

愛海「季節外れだねー」

P「そうだねぇ!!!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 17:59:29.97 ID:x1N3Anago

愛海「んーあたしもねー流石に男の人の胸を揉んだ経験は無かったから」

P「どっちとも無くていい」

愛海「で、プロデューサーの感触が中々新鮮でコレも悪くないかなーと思ったけど…やっぱり肉が足りないのよ肉が」

P「男に肉がついてたまるか…」

愛海「そう?ここのビーチ海外だけあってすんごい人が…ほら、あそことか筋肉もりもりマッチョマンみたいな人が」

P「ありゃ外人さんだからだ、一般的な日本人男子の俺と比べるな」

愛海「ふーんでも本当に一般的なの?ぷちどるのプロデューサーさんとか胸ぴくぴくできるみたいだよ?」

P「人間かどうか怪しい人と比べんな」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 18:05:22.77 ID:x1N3Anago

愛海「…だとしても、もうちょっと筋肉はほしいなあ」
サワサワ

P「っ!?いきなりタッチを変えるな、びっくりするだろ」

愛海「ピクピクできないの?ほらほら頑張ってよ」
サワサワ

P「ちょ、おまそんな所集中して…く、くすぐったいって!」

愛海「ん?何よその反応はーおらおらおらおらーうぶなネンネじゃないんだからさっ!」
サワサワサワサワサワ

P「うひゃひゃ…ちょ、やめコレ本気でくすぐったいというか、あっはは、ひっ…はははは!!」

愛海「うひゃひゃひゃ、プロデューサー反応面白ーい☆」

P「こんのアホ…!いい加減に…!!!」







巴「…おのれらは何をしとるんじゃ?」

P「っ!」

愛海「うひ?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 18:12:58.56 ID:x1N3Anago

巴「…………………」

愛海「あー巴ちゃんだー…………ふひひ…相変わらずその白ワンピ、眩しいねえ…うふふ」

P「と、巴…いつからいたんだ?」

巴「…二人が乳繰り合ってた所からかの」

P「」

愛海「(巴ちゃんと乳繰り合いたいなあ)」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 18:18:35.96 ID:x1N3Anago

巴「嫁入り前の娘がのぉ…気軽に男の体にベタベタとなぁ…!」

愛海「あははははお堅いなー巴ちゃん」

P「そ、そうだよ、これはちょっとした遊びだぞ、そういうのじゃないってば、愛海もこう言ってるじゃないか」

巴「黙れ、言い訳すんな」

P「はい」

愛海「(ほう?)」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 18:32:38.72 ID:x1N3Anago

巴「Pよ、プロデューサーとして、こげな事してええのか?」

P「そ、そりゃ良くないが、その、なスキンシップというか冗談というか」

巴「それでもじゃ、ああいう真似はそういう相手とだけにしとけや、そうでもない相手とか…不潔じゃ」

P「だから誤解だっての!」

愛海「(ほほう?)」

P「(硬派だなー巴は)」

巴「そ、それとも愛海はワレの…その…」

P「うん?巴?よく聞こえないんだが…」

愛海「(ほっほう…成る程成る程)」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 18:35:35.96 ID:x1N3Anago

愛海「まーまーそのくらいにしてよ巴ちゃん」

巴「あ?」

愛海「そんな怖い顔してたらせっかくの可愛い顔が台無しだよー☆」

巴「…いい度胸しとるのう、うちはワレにも言っとるんじゃぞ?」

愛海「うふふふふ」

P「(あ、愛海?)」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 18:45:14.59 ID:x1N3Anago

巴「うちに喧嘩売る気なら買ったるぞ」

愛海「そんなつもりじゃないってば…ただ」

巴「ただ?」

愛海「そんなに、お固くても疲れるだけだよ?プロデューサーも言ってたけどただのスキンシップだってば」

巴「だからのう…おのれらはそれが不謹慎じゃとなして気づいて─」

愛海「だったら試しに巴ちゃんもプロデューサーを揉んでみればいいよ☆」

巴「」

P「は?」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 18:52:43.58 ID:x1N3Anago

巴「……………………」

P「おい、本当に何言ってんだ」

愛海「巴ちゃんも自分で試してみれば解るよきっとこの心地よさを!それとあたしは巴ちゃんを揉んであげるね!これで仲間はずれもいなくて万事解決っ!」

P「お前後半の部分やりたいだけだろ?」

愛海「失敬な!コレはプロデューサーに甘えたいけど恥ずかしいっていう巴ちゃんのためでもあるよ!」

P「『も』?」

愛海「あっ」

P「やっぱりそれが目的か…誰か騙されるか、巴、ぼーっとしてないでさっさと逃げろ」

巴「P、動くなよ?」
ズイッ

P「えっ」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 19:05:19.68 ID:x1N3Anago

P「おい巴、どういうつもりだ」

巴「…愛海が良くてうちが駄目な理由は無いじゃろ?」

P「さっき嫁入り前とか言ってただろ」

巴「ただのスキンシップ…じゃ」

P「(いかん、さっきのが裏目に出た)」

巴「じゃけぇP、大人しくしろや」
ワキワキ

愛海「そうそう、大人しくしてよプロデューサー巴ちゃんに狙いがつけられないじゃん」
ワキワキ

P「落ち着け巴、愛海は止めろ」

巴「別にうちはPをいらいたいとかじゃ…コレは普通のスキンシップじゃから…」

愛海「プロデューサーも男なら受け止めてあげなよー」

P「お前は触りたいだけだろ!」

愛海「ほれほれ観念しなって、今更この状況をひっくり返せや───」





シュンッ
真奈美「…………………」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 19:08:41.71 ID:x1N3Anago

P「っ!」

巴「な…」

愛海「え────」

真奈美「他の皆からの苦情が届いてね…」
スッ

愛海「(強 速 逃げ できる?  無事に?)」

愛海「(否、死)」


コキャッ


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 19:12:04.58 ID:x1N3Anago

……… 
……



愛海「」

真奈美「では私はこれで、この子に灸を添えてくるよ」

P「あの、できれば、手心というか…その」

真奈美「痛くなければ、覚えないよ」

真奈美「それとP君、巴君も言っていたがね」

真奈美「仮にも成人男子の君が年端も行かない女子に好き放題に弄られるのは…うん、どうかと思うよ」
スタスタ




P「………………」

巴「………………」

P「………………」

巴「………………」

P「その」

巴「忘れろ、気の迷いじゃ」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 19:32:54.09 ID:x1N3Anago

巴「うちがあの色ボケに惑わされるとはの…」

P「…………………」

巴「…あ、あげな破廉恥な真似を」

P「そう言うなって、本当はお前も遊びたかったんだろ?」

巴「…………………」

P「あいつはいきすぎだとしても、ああいうのも適度にならいい物だと思うぞ?気楽に行こうぜ」

巴「そうか…のう」

P「おうとも、愛海と遊んでた時も何だかんだで楽ししかったな」

巴「………………」

P「………………」

巴「その、Pよ、うちは─」

P「だから触る?俺の胸…その、ぴくぴくできないけれど」

巴「」

P「アブドミナル&サイ!」
キュッ

巴「ふんっ」
ドスッ

P「ごふっ」

巴「ド阿呆が」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 19:34:30.25 ID:x1N3Anago

………
……




ザザーン…




砂山の中の愛海「出してー…誰か助けてー…」

サメ仁菜「……………………」

愛海「重いよー熱いよー…仁菜ちゃーんたっけてー…」

仁菜「ここにいるのはただのサメでやがりますよ」

愛海「そんな事言わないでさあ…サムバデヘルプミー…」

仁菜「のーでごぜーます、真奈美おねーさんに手を出しちゃ駄目と言われてるのです、それに今の仁菜はへるぷみーと言わす側の海の獣でやがります…!」

愛海「ううー…ああ、山が丘が…通り過ぎていくぅ…」

仁菜「ふっふっふ、サメ仁菜は哀れな獲物をじっくり待つのです」

愛海「あたしも獲物を捕まえたーい…」




おしまい


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 19:35:05.63 ID:x1N3Anago

読んでくれた方ありがとうございました
後半強引でごめんなさい


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/09(水) 00:27:03.28 ID:olDGxOp9o

おっつおっつばっちし!



元スレ:愛海「うひゃひゃひゃひゃひゃ」

他サイト様の最新記事