1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 21:47:37.17 ID:5wCZ5MJh0

ちひろ「遊んでないで仕事してください」

P「息抜きですって。おーい幸子ー」

幸子「なんです?可愛いボクを呼ぶなんてよっぽどのことでしょうね?」

P「遊ぼうぜ」

ちひろ「仕事しろ」

幸子「いいですよ!!」

ちひろ「仕事しろ!!」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 21:51:03.67 ID:5wCZ5MJh0

P「うーん……なににしようかな……」

ちひろ「考えてなかったんですか?」

P「いやー……面白いと思ったけど……」

幸子「なんかとんでもないことをされそうになってる感じになってるんですけど……」

P「あ、そうだ。幸子に催眠術をかけよう」

幸子「!?」

ちひろ「催眠術ぅ?出来るんですかそんなの」

P「まぁまぁ遊びなので。ね?」

ちひろ「勝手にしてください!どうせ出来ないでしょうし、終わったら仕事してくださいよ!」

幸子「だだだ大丈夫なんですか!?」

P「……あ、うん。大丈夫」

幸子「嘘つかないでください!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 21:56:52.67 ID:5wCZ5MJh0

ちひろ「ていうか何で催眠術なんですか?」

P「ほら、友人からこんな本を借りたんですよ。」スッ

ちひろ「……初心者のための催眠術……うさんくさい……」

P「まぁあいつが貸してくれたんだから、大丈夫でしょう」スルッ

幸子「……ん?なんか紙が落ちましたよ?」ヒョイッ

『実験結果報告書(記録係:ピヨ)』
『美希→ツンデレ(成功)』
『伊織→デレデレ(成功?)』
『律子→チャランポラン(成功)』

幸子「……」

P「……まぁあいつの貸してくれた本だから……」

幸子「確実に友人に問題があります!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 21:59:46.22 ID:5wCZ5MJh0

P「手始めに動物にしてみましょう」

幸子「うわぁ……怖いですよプロデューサーさん……」

P「大丈夫だ。俺がついてる」

幸子「そっか……そうですよね!良かった!」

ちひろ「え?何が?」

P「うーん……そうだなぁ……幸子ってすばしっこくないですか?」

ちひろ「そうですかねぇ……」

P「リスにしたらもっと速くなると考えました!」

幸子「どんな理屈ですか……」

ちひろ「じゃあ最初はリスに?」

P「はい!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:02:56.46 ID:5wCZ5MJh0

P「えーっと……五円玉を見てくれ幸子。でも五円玉が揺れ始めたら真っすぐに見てくれよ」

幸子「わかりました!」

P「そーれ……リスだ……お前はリスだ……」ユラユラ

幸子「…………」クルクル

ちひろ「……あれ?幸子ちゃんの目が……」

P「どこかにいっちゃってますね。なんでしょう」

P「んー……そろそろかな。はい1お前はリスだ!」

幸子「」ヒ゛クンッ

ちひろ「ひっ」

P「………」ト゛キト゛キ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:05:23.77 ID:5wCZ5MJh0

幸子「………」ヒュッ

ちひろ「あれ?幸子ちゃんどこに行くの!?」

幸子「………」シ゛ー

P「……お茶菓子見てますよ」

幸子「」ヒョイッ ハ゜クッ

ちひろ「あ、食った。客用のお茶菓子」

幸子「……」ムク゛ムク゛

P「ああ!見てください!頬いっぱいにもぐもぐしてます!」

幸子「………」キョロキョロ

ちひろ「周りをうかがってますね……なんなんでしょう……」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:07:15.85 ID:5wCZ5MJh0

幸子「………」コ゛ソコ゛ソ

ちひろ「あ!こら!お茶菓子パクっちゃダメ!」

幸子「!」ヒュッ

P「あ、逃げた。はやっ」

幸子「………」シ゛ッ

P「あーあー。警戒しちゃったじゃないですか」

ちひろ「くっ……なんで私が悪いみたいな感じに……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:09:24.78 ID:5wCZ5MJh0

幸子「………」ソロソロ

P「……なんか自分のロッカーに近づいてますね」

ちひろ「どうするんでしょう……」

幸子「……」カ゛チャッ コ゛ソコ゛ソ

P「お茶菓子しまってますね……エサを隠すのと同じなんでしょうか」

ちひろ「ていうか後で回収しますからねアレ」

幸子「………」キョロキョロ ホッ

P「安堵した顔になりました」

ちひろ「……可愛いですね」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:13:02.44 ID:5wCZ5MJh0

P「うーん……後はソファでゴロゴロしてるだけだし、戻しますか……」

P「カムバック幸子!」ハ゜チン

幸子「………」クルクル

幸子「ふぁぁぁぁ!!充電器の接触悪くなってるぅぅぅぅ!!」カ゛ハ゛ッ

ちひろ「なにその地味に嫌な夢」

幸子「あれ……ボクはリスになってたんですか?」

P「ああ、成功だ。もっと試してみよう」

ちひろ「あとお茶菓子返せ」

幸子「な、なんですかそれ!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:16:19.78 ID:5wCZ5MJh0

幸子「ああ嫌な夢見てた……」

P「次はどうしようかなぁ……」

ちひろ「プロデューサーさんの友人のメモによると人格の変化に成功してるみたいですね」

幸子「……見なきゃ良かったです……」

ちひろ「どうします?」

P「そうだなぁ……アイドルの人格コピーみたいなのどうですか?」

幸子「ああ、それは楽しそうですね」

P「どっす?」

ちひろ「ふーん……それは悪くなさそうですね。お菓子盗みそうにないし」

幸子「だからなんなんですかそれ!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:20:06.01 ID:5wCZ5MJh0

P「そうだなぁ……変化がわかりやすい奴かぁ……」

ちひろ「……まゆちゃんとか」ホ゛ソッ

幸子「!?」

P「あ、それはいいですね」

幸子「!?!?ちょ、勘弁してください!ボク見つかったら殺されます!」

P「大丈夫だって。あいつ今は仕事で県外だし」

P「それに俺がついてる」

幸子「そうですか。それなら安心です」

ちひろ「幸子ちゃんの基準てどこなの?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:23:45.60 ID:5wCZ5MJh0

P「よーし……さっきと同じ要領でいくぞ……」

幸子「はい!」

P「お前はまゆだ……お前はまゆだ……」ユラユラ

幸子「………」クルクル

ちひろ「あ、かかった」

P「……」コ゛クッ

幸子「……ちひろさぁん……」ユラッ

ちひろ「どうしたの?」

幸子「そこをどいてください!プロデューサーさんの横はボクの指定席なんです!一生!」クワッ

ちひろ「ご、ごめん!」サッ

幸子「うふふふふ………プロデューサーさぁん……」スリスリ

P「これは……良い……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:27:50.04 ID:5wCZ5MJh0

ちひろ「でも……これはまゆちゃんとはちょっと違いますね」

P「人によって程度は変わるものでしょう」

幸子「もう、ボクが横にいるんですから、ボクと話してください」

P「ああ、ごめんな幸子」

幸子「うふふ、いいですよ。許してあげます……」スリスリ

P「……」ナテ゛ナテ゛

幸子「!」ヒ゛クッ

幸子「え、えへへへ……」ク゛リク゛リ

P「ああー……」

ちひろ「なに恍惚の表情してるんですか!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:30:42.66 ID:5wCZ5MJh0

ちひろ「えーっと解き方は……確か、」

ちひろ「カムバック幸子!」ハ゜チッ

幸子「」ヒ゛クッ

P「うわっ、ビビった」

幸子「……」クルクル

幸子「ふぁぁ!?ケーキ入刀はまだ早いですよ!!」カ゛ハ゛ッ

ちひろ「一体何の夢見てたんだ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:36:10.20 ID:5wCZ5MJh0

P「はっはっは。元に戻ったか幸子」スリスリ

ちひろ「何でまだ撫でてるんですかプロデューサーさん!」

幸子「な、なにやってるんですか!このボクの頭を撫でるなんて!」

P「ごめんごめん。嫌だったか」

幸子「も、もっと雰囲気とか、ロマンチックな時に……やってくれれば……」ホ゛ソホ゛ソ

P「んー?なんだ?」

幸子「な、なんでもないです!」

ちひろ(こいつ絶対聞こえてた……最悪だ……)

P「さーて次はどうしようかなー」

ちひろ「人格変えるのは成功でしたね」

P「次もその路線でいこう」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:40:15.73 ID:5wCZ5MJh0

P「多少似てるとは言え個人差が出るっぽいな」

ちひろ「わかりやすいと言ったら、杏ちゃんとかどうです?」

P「そうだな、動きたくなくなること間違い無し」

幸子「はぁ……もう何でも良いです……」

P「よーし始めるぞー……」ユラユラ

P「お前は杏だ……動きたくなくなるんだ……貧乳になれ……俺好みの……」

ちひろ「無理ですよプロデューサーさん」

幸子「………」クルクル

ちひろ「お、かかりましたね」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:43:58.91 ID:5wCZ5MJh0

幸子「……ふぁーあ……」

P「最初っからあくびとは、なかなか掴みが良いな」

ちひろ「何の採点ですかそれ」

幸子「あー……ボク動きたくないんで、ちょっとベッドつれてってくれますかー……?」

P「なんてだるそうな口調……いい……」

ちひろ「なんなんですかさっきっから……杏ちゃん好きなんですか」

幸子「……!」ヒ゜クッ

P「いや、杏はもうペットとして飼いたいかな。嫁とは別」

幸子「………」ホッ

ちひろ「………安易に聞いた私も悪いけど杏ちゃんが泣くわね……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:48:30.02 ID:5wCZ5MJh0

幸子「とにかくボクは動きたくないんです。連れてってください」

P「連れてくって言ってもなぁ……どうやって?」

幸子「だっこしてください!」

P「おお、そこは杏と同じなんだな」ヒョイ

幸子「ぁっ……」キ゛ュッ

ちひろ(ちょっと甘い声を漏らした……)

P「………」ハァハァ

ちひろ(プロデューサーさんも聞こえてたか……気持ち悪いなぁもう)


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:50:45.28 ID:5wCZ5MJh0

P「ほらとーちゃくー」トスッ

幸子「うぅ……」キ゛ュッ

P「ほら着いたぞ?」

幸子「むぅ……」ハ゜ッ

P「そうだ、何か食べたいものあるか?」

幸子「そうですね。ボクはビスケットが欲しいです!食べたいです!」

ちひろ「へー……幸子ちゃんはビスケットを食べたがるのね……」

P「なるほど……」サラサラ

ちひろ「メモしないでください」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:52:55.06 ID:5wCZ5MJh0

幸子「ふぁーん……」コ゛ロコ゛ロ

P「……なんかリスと同じ状態になりましたね」

ちひろ「杏ちゃんとリスを同じにしないでください」

P「そろそろ……」

P「カムバック幸子!」ハ゜チン

幸子「」ヒ゛クッ

幸子「………」クルクル

ちひろ「解け始めましたね……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 22:56:29.06 ID:5wCZ5MJh0

幸子「ふぁぁぁぁぁぁ!!ボクのナプキンとらないでくださいプロデューサーさん!!」カ゛ハ゛ッ

ちひろ「この最低ド下衆経血フェチロリコン野郎!」ト゛カッ

P「いだぁっ!違いますよ!こいつの夢じゃないですか!」

幸子「ふぇっ!?ぼぼぼぼボクは……」

ちひろ「な、何にも聞こえなかったわよ!ね?プロデューサーさん!ね?」

P「あ、ああ。そうだな。何も言ってなかった」

幸子「そ、そうですか……変な夢見て……」

ちひろ(ひでぇ夢だな……)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:01:59.51 ID:5wCZ5MJh0

P「うーん……変化が激しい奴も思いつかないなー」

ちひろ「きらりちゃんとかやったらどうでしょう?」

P「………いや、何かそれは俺が嫌だ」

ちひろ「ですよね……ちょっと人類の想像力に追いつかないといいますか……」

幸子「随分勝手にやってくれてますね」

ちひろ「ていうか、プロデューサーさんの友人は人格じゃなくて性格自体変えてるみたいですけど……」

P「それだ!属性だよ!追加すればもっと幸子は可愛くなる!」

幸子「それはいいですね!やってみましょう!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:05:23.32 ID:5wCZ5MJh0

P「うーん……ツンデレっていうのがありますね。あいつのメモには」

ちひろ「ああ、うちにも一人いますけど……」

P「え?いるっけ?」

ちひろ「そこは天然なのかよ」

幸子「どういう風になるでしょう?」

ちひろ「たぶんあんま変わらないかと……」

P「じゃあ……チャランポラン」

ちひろ「しっかり者の幸子ちゃんにさせないでください!」

P「なんだよ後は。お前らはどうしたいんだ」

ちひろ「別にメモに書いてあるだけが属性じゃないんですし、もっと手広くやってみましょうよ!」

P「それもそうだな…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:10:51.23 ID:5wCZ5MJh0

幸子「もっと可愛くなりたいです!」

P「じゃあ純粋な可愛さがいいと」

ちひろ「……なに考えてるかだいたいわかりますよ」

P「ありすみたいになりたいと!」

ちひろ「やっぱりだよこの野郎」

P「と、なると……なにデレなんだありすは」

ちひろ「ツンデレか……クーデレですかね」

P「なるほど、実験台として十分だ」

ちひろ「後で一回ありすちゃんに謝ってきてください」

P「へーへーわかりましたよ」

幸子「クーデレって、なんですか?」

P「なってみたらわかる」ユラユラ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:14:56.13 ID:5wCZ5MJh0

幸子「………」クルクル

ちひろ「よっし!なったなった」

P「お前はありすだ……」

幸子「……はい、どうしました?」

ちひろ「おお!」

P「口調そっくり」

ちひろ「やっぱり催眠術ですね!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:17:48.01 ID:5wCZ5MJh0

ちひろ「幸子ちゃん!幸子ちゃん!」

幸子「むっ……輿水って呼んでください!まったく……」

P「そんなに怒るな幸子」

幸子「そうは言っても、プロデューサーさん……」

ちひろ「あれー?プロデューサーさんはいいのー?」

幸子「プロデューサーさんはいいんです」

ちひろ「あらーかわいいー」ニヤニヤ

P「あー可愛い……」

幸子「ぐぐぐ……バカにされた気分です……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:19:49.72 ID:5wCZ5MJh0

P「一緒にお菓子食べるか?ん?」

幸子「子供扱いしないでください」

P「ああ、食べないのか」

幸子「いや、食べますけど」

P「なんだ食べるのかー」

幸子「ボクは一言も食べないなんて言ってません。一緒に食べましょう」

ちひろ「ああ……冷静な態度でも言葉はデレデレだ……」

P「……ちひろさんクーデレ好きですか?」

ちひろ「そ、そそそそんなわけないじゃないですか!」

P「ああ、好きなんだ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:23:11.48 ID:5wCZ5MJh0

P「美味しいか幸子」

幸子「ふぁい……とっても美味しいでふ」

P「そんなに口いっぱいで喋るな幸子」

幸子「すいません」コ゛クッ

幸子「そういうプロデューサーさんだって、口についてますよ。ほら」フキフキ

P「おっ、すまんな」

ちひろ「ハァハァ……」

P「カムバック幸子!」ハ゜チン

幸子「」ヒ゛クッ

ちひろ「ああっ!!」

幸子「………」クルクル


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:26:57.35 ID:5wCZ5MJh0

幸子「ふぁぁぁぁぁぁぁぁ!!プロデューサーさんの使用済みスプーン!!」カ゛ハ゛ッ

ちひろ「……幸子ちゃんも大概変態ですよね」

P「ああ、だから大好きだ」

幸子「うーん……また変な夢見てました……」

ちひろ「一回でいいから聞きたいわぁ……夢の内容……」

P「うふふふへへへ、そうかそうか間接キスが好きか……」サラサラ

ちひろ「メモらないでください!!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:30:34.24 ID:5wCZ5MJh0

幸子「ど、どうでした?クーデレなボク!」

ちひろ「最高だったわ!」

P「うん。俺も好きだったわ」

幸子「ふぇっ!?す、好きですか!?」

P「うん。」

幸子「そ、そうですか……えへへ……」

P(かわいい)

ちひろ「……ちょっと待ってください」

P「ん?どうした?」

ちひろ「重要なことに気付きました私」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:33:01.54 ID:5wCZ5MJh0

ちひろ「……~デレって付く前に、原点があるじゃないですか」

幸子「……原点?」

P「なるほど……『デレデレ』、か……」

幸子「なっ、そっ、そんな……」

ちひろ「どうなるのかしら……って、思っちゃったわけよ」

P「よーし、いくぞ幸子ー」ユラユラ

幸子「は、はい!頑張ります!ちょっと恥ずかしいですけど……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:37:07.91 ID:5wCZ5MJh0

P「お前は俺にベタ惚れだ……ガンガンアプローチしろ……そして貧乳に……」

ちひろ「なりませんから」

幸子「……」クルクル

ちひろ「きたきたきたぁぁぁぁぁぁ!!」

幸子「………ふぁぁ、プロデューサーさん」

P「どうした幸子」

幸子「も、もっと近くに寄っていいですか……?」

P「なんだ今更。いいぞ。こっち来い」

幸子「あ、ありがとうございます……」ニコニコ

ちひろ(おおっとこれはぁ……?)

P(ちょっとした変化球で来たな)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:39:38.52 ID:5wCZ5MJh0

幸子「うふふ……」

P「なーに笑ってんだ幸子」

幸子「ボクって幸せ者ですね……こうして大好きな人の隣に座れるなんて」ニコニコ

ちひろ「………」ホ゜カーン

P「…………か」

幸子「?」

P「かわいいいいいいいいいいいいいいいい!!」タ゛キッ

幸子「ふぁっ!?ぷ、プロデューサーさん!恥ずかしい、ですよぉ……」ハ゛タハ゛タ

ちひろ「………ピュアすぎて失神しそうだわ…」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:43:25.97 ID:5wCZ5MJh0

幸子「もう!びっくりするじゃないですか!それに、ちひろさんのいるところで……」

P「ごめんな。もう耐えきれなくて……」

幸子「それに……後でいっぱいしてあげますから、ね?」コソッ

P「ああぁ……溶けるぅ……」

ちひろ「もうなに?キュンキュンして止まらないんだけど」

幸子「プロデューサーさんになら、ボク、なんだってしちゃいますよ……?」

P「な、なに?」

幸子「ボクだって、何でもされていいですし……ボクはプロデューサーさんのものなんだから……えへへっ、恥ずかしいですね……」

ちひろ「ガボロシャァァァ」

P「吐血した!!ちひろさんが吐血した!!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:46:25.84 ID:5wCZ5MJh0

P「もう無理!もうこれ以上続けると俺の理性の鎖が放たれて早苗さんの鎖にかかってしまう!」

P「カムバック幸子!」スカッ

P「……あれ」

P「カムバック幸子!カムバック幸子!」スカッスカッ

ちひろ「……まさか、指パッチンできないんですか!?」

P「き、季節のせいで空気が……」

ちひろ「もう情けない!カムバック幸子!」スカッ

ちひろ「……あれ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:49:13.01 ID:5wCZ5MJh0

P「ちょ、ちょっと待って、指パッチンが終了の合図になるよう暗示してますから、これ……」
ちひろ「どうしよう……」
P「ああもう!ずっと催眠術がかかりっぱなしだと大変なことに……」
ちひろ「ヒィィィィ!まゆちゃんが怖いよぉぉぉ!」

ーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーーーーー


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:52:41.68 ID:5wCZ5MJh0

翌日

P「………」カタカタ

幸子「プロデューサーさん♪」

P「……なんだ、幸子」

幸子「へへへー。呼んだだけです!」

P「……そうか。楽しそうだな幸子」

幸子「ええ、毎日とっても楽しいですよぉ。なんでだか知ってます?」

P「……さぁな……」

幸子「プロデューサーさんが一緒いてくれるからですよ…」ヒソッ

P「そうかそうか……ありがとな幸子……」

幸子「こっちがお礼を言いたいです!ありがとうございますプロデューサー♪」

P(……)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/08(火) 23:57:02.91 ID:5wCZ5MJh0

凛「ちひろさん!!カッター!!カッター返して!!!」
ちひろ「やめて凛ちゃん!!綺麗な手首を傷つけないで!!」

まゆ「プロデューサーさんまゆのことスキ、キライ、スキ、キライ」フ゛チフ゛チ
ちひろ「まゆちゃん!もうやめて!花瓶のお花全部……」
まゆ「アハハハハハ!!ヤッパリプロデューサーサンハマユノコトダイスキナンダッテ!ウフフフフフ」

杏「次の仕事はなんですか……バリバリ働きます……休日出勤いいですよ部長……」
ちひろ「杏ちゃん!幻覚!幻覚よその部長!ていうかどこの会社よ!」

きらり「お仕事行って来ます。みなさんも頑張ってください」
ちひろ「きらりちゃん口調が変よ!?」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09(水) 00:02:00.74 ID:Xl3OfsE80

早苗「もうあの頃には戻れないんだ……ずっと戻れないんだ……」フ゛ツフ゛ツ

ちひろ「助けてください早苗さぁぁん……助けてくださいよお……」

かな子「青酸カリってアーモンドの匂いらしいし食べても大丈夫そう……」

ちひろ「大丈夫じゃないから!かな子ちゃんしっかり!」

凛「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」

ちひろ「ヒィィ!発狂した!!」

P「もうやめよう……プロデューサーやめてアイドルやろう……」

ちひろ「プロデューサーさんまでおかしくなった!!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09(水) 00:05:08.69 ID:EI0VbeK60

ハ゜チン

ちひろ「……あれ?」

ハ゜チン

ちひろ「こ、この音!指パッチン!やった!ようやくこの悪夢から脱出出来る!」

「おーいちひろさーん、大丈夫ですかー」

ちひろ「……ふぇ?」

ちひろ「!?」カ゛ハ゛ッ

P「ちひろさんってけっこう解けるまで時間かかるんだな」

幸子「やっぱり催眠術ってかかりやすい人とかいるんですよねぇ」

ちひろ「……あれ?アイドルになったんじゃ……」

幸子「ああ、やっぱり変な夢見たんですね。もうやめたほうがいいですよ」

P「そうだな。悪夢見てもらうのもやだし」

ちひろ「……え?」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09(水) 00:09:02.53 ID:EI0VbeK60

ちひろ「ど、どういうことですか?」

P「あれ?覚えてません?ちひろさんにも催眠術かけようってなったじゃないですか」

幸子「脳に影響が出たようでもなさそうですけど、大事をとってちょっと医者に行ったほうがいいですよ」

ちひろ「……な、なんだ……幸子ちゃんの催眠術は解けてたんだ……」

ちひろ「あ、あはは…なーんだ……」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09(水) 00:11:42.73 ID:EI0VbeK60

幸子「さーて!もうこんな時間ですよ?プロデューサーさん、帰りましょう!」

P「ああ、そうだな。」

幸子「後でいっぱいギューってしてあげますから、覚悟しておいてくださいよ?ふふっ」

P「……ああそうだな。期待してる」

幸子「で、でも、キスとかは、その……優しく、してくださいよ?」

P「可愛いなぁ幸子は。わかってるって」

P「あ、じゃあ先帰りますね。お疲れさまです」

幸子「お疲れ様ですちひろさん!」カ゛チャ ハ゛タン

ちひろ「………え?」


ちひろ「…………え?」


終 わ り


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/09(水) 00:13:31.88 ID:EI0VbeK60

ありがとうございました。見てくれた人に感謝します。

幸子Pとして催眠術なくても家ではデレデレな幸子を提案します



元スレ:モバP「幸子に催眠術をかけてみよう」

他サイト様の最新記事