1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:17:27.24 ID:XCHjIWFyo

―――事務所


P「…………」カタカタ…


李衣菜「…………」ヒョコッ


P「うーん……。ここは……」カタカタ

李衣菜「Pさん、Pさんっ」

P「んー? なんだ李衣菜か。どうした?」

李衣菜「お願いがあるんですけど……ちょっとこっち向いてくれます?」

P「あぁ、こうか?」ギシッ

李衣菜「はい、そのままで」トコトコ

P「なんだなんだ」

李衣菜「よいしょ」チョコン

P「え」

李衣菜「えっと……」ゴソゴソ スチャ


李衣菜「えへへっ」

P「」



P(……李衣菜が突然膝の上に座ってきて音楽聴き始めた)

多田李衣菜 多田李衣菜


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:31:07.55 ID:XCHjIWFyo

P「えーっと……」

李衣菜「~♪」

P「……あの、李衣菜?」

李衣菜「ふんふんふ~ん♪」シャカシャカ

P「聞こえちゃいない……李衣菜っ」ヒョイッ

李衣菜「わ! あれ、あっ、返してくださいよヘッドホン~!」

P「返してくださいよ、じゃないだろ……なんなんだいきなり」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:34:28.69 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「なんなんだって……うーん」


李衣菜「なんとなく?」

P「おいこら」

李衣菜「まぁ減るもんじゃないですしいいじゃないですか。ね?」

P「俺、仕事中なんだけどな……」

李衣菜「じゃあ休憩にしましょう! 朝からずっとデスクに向かってるじゃないですか」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:37:09.21 ID:XCHjIWFyo

P「……見てたのか」

李衣菜「私が朝スタジオ行く前も、帰ってきた後も。ずーっとおんなじ姿勢でしたし」

李衣菜「たぶん休憩も取ってないんじゃないかなーって思っただけです。当たってます?」

P「う……悪い。当たりだ」

李衣菜「やっぱり。散々私たちには自己管理しっかりしろって言うくせに……」

李衣菜「本人が守れないんじゃ、全然ダメじゃないですか」

P「返す言葉もございません……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:40:36.71 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「ま、そんなわけで、お仕事は中断! 私とコミュニケーションしましょう!」

P「コミュニケーションか……うん、分かったよ。ありがとな、心配してくれて」

李衣菜「いえいえ! さ、なにしましょう?」

P「まずは……そうだな」

李衣菜「はい?」

P「とりあえず、俺の上からどいてくれないか?」

李衣菜「えー。いやです」

P「いやいやいや……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:42:59.89 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「なかなか座り心地いいんですよ、Pさんの太ももっ」

P「あのな……お前自分がアイドルだって自覚してるか?」

李衣菜「もちろんです。ただのアイドルじゃなくて、ロックなアイドルですけどね!」ドヤァ

P「はいはい……はぁ、どうせ今は俺たちしかいないし、いいか」ナデナデ

李衣菜「えへへ、やった♪」

P「ったくもう……少しだけだからな?」

李衣菜「はーいっ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:45:40.23 ID:XCHjIWFyo

P「さて。休憩って言っても誰かさんのせいで椅子から動けないしなぁ」

李衣菜「えっへっへ。私はPさんとくっついてるだけでいいんですけどー」

P「……こんにゃろ」ブニッ

李衣菜「ぅにゃぅっ!? にゃ、なにひゅるんれふかっ!」

P「こうして李衣菜をおもちゃにするくらいしかやることないな~」ムニムニ

李衣菜「ぷゅぅ、やめえぇー!」ジタバタ

P「おーおー、よく伸びるほっぺだ。はっはっは!」ウニョーン

李衣菜「ぃに、くゃぁ~! Pしゃ、にぅー!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:47:53.53 ID:XCHjIWFyo

P「はい、おしまーい」パッ

李衣菜「はぁ、はぁ……うぅ、Pさんにけがされちゃったよぉ」

P「またまたオーバーな」

李衣菜「うー、Pさんなんて嫌いですっ」

P「あはは、ごめんごめん。そんなこと言わないでくれ」

李衣菜「じゃあ好きです!」

P「極端だな!?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:50:07.47 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「まぁまぁ、いいじゃないですか。好きってのはホントですしねっ」

P「はぁ……なに言っても聞きそうにないな……」

李衣菜「あ、お菓子あります? ちょっと小腹が……」

P「それに自由ときたもんだ……えっと、お菓子な。確かこの引き出しに」

がらっ

お菓子(おっす)

李衣菜「うわ、こんなにいっぱい! Pさんって欲張りですね」

P「ちがーう。お茶請けまでみんなに食べられたら困るから、俺が管理してるの」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:53:00.06 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「私は食べませんよ?」

P「んー、本当かー?」

李衣菜「本当ですよーだ、嘘じゃないです~」

P「ふふ、一応このことは秘密な。みんなにバレたら連日催促されそうだから」

李衣菜「はい、分かってますよ! 私達だけの秘密、ですねっ」

P「よしよし、ほーらご褒美の源氏パイだぞー。あーん」

李衣菜「わーい♪ あむーっ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:55:50.99 ID:XCHjIWFyo

P「どうだ、美味いか?」

李衣菜「んぅっ、さくさくで美味しいですっ!」

P「そかそか、よかった。ほれもうひとつ」

李衣菜「もむもむ……んふふー」ニコニコ

P「なんかペットに餌付けしてるみたいだなぁ」

李衣菜「もぐもぐ、それなら私のこと、飼ってみます?」

P「えー。毎日ロック聴かせろーってうるさくて近所迷惑になりそう」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 21:59:03.57 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「そんなことありませんよー。Pさんの癒やしになりますよ、きっと」

P「まぁ退屈はしないだろうな」

李衣菜「それだけでなく、炊事洗濯身の回りのお世話までできちゃいます! お買い得ですよっ」

P「えっ、洗濯はともかく炊事って……李衣菜お前、料理できるのか!?」

李衣菜「……むしろなんでできないと思ったんです?」ムスー

P「いや、だって李衣菜だし」

李衣菜「どういう意味ですか!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:04:55.40 ID:XCHjIWFyo

P「どういうもなにも……李衣菜が台所に立ってる姿が想像できないんだよな」

李衣菜「むかっ。いいです、じゃあいいですよ、証明してやります!」

P「証明?」

李衣菜「明日お弁当作ってきますから、Pさんに食べてもらいます!」

P「弁当って……そんな、李衣菜に迷惑だろ?」

李衣菜「……この際言いますけど」

李衣菜「私知ってるんですからね。Pさん、この頃カップ麺ばっかり食べてるの」

P「げ……バレてたのか」

李衣菜「もう、そんなんじゃ栄養偏っちゃいますよ。それで体壊したら、そっちのが迷惑です」

P「うぐ、面目ない……」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:09:24.32 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「だから、私に任せてください。お昼くらいいいもの食べてもらいたいですからねっ」

P「それじゃ……お言葉に甘えようかな。頼むよ、李衣菜」

李衣菜「へへ、了解! よっし、頑張るぞー!」

P「なぁ、確認なんだけど……」

李衣菜「なんですか?」



P「本当に料理できるんだよな?」

李衣菜「だからぁ! できるって言ってるでしょー! なんなんですかもーっ!」ペシペシ

P「いててっ! ご、ごめっごめん痛い痛い! 冗談だから、冗談っ!」

李衣菜「このこのこのーっ!」

P「ゆ、許してくれ李衣菜ぁー!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:12:04.71 ID:XCHjIWFyo

―――
――



P「……なー、いつまで撫でてればいいんだー?」ナデリナデリ

李衣菜「つーん」

P「悪かったってば……そろそろ足も痺れてきた」ナデナデ

李衣菜「あ、もうすぐレッスンの時間だ」

P「そ、そうそう。李衣菜の好きな歌唱レッスンだぞ」

李衣菜「もっともっと上手にならなきゃ、うん!」

P「き、聞いてる?」

李衣菜「手が止まってますよ?」

P「……すんません」ナデナデ


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:14:19.02 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「……ふふ、Pさん」クルッ

P「あ、な、なんだ李衣菜?」

李衣菜「こういうの、またしましょう。やっぱりPさんと一緒だと楽しいですから」

P「また膝の上にくるのか……」

李衣菜「今度は膝枕でもします?」

P「お、してくれるか?」

李衣菜「いいですよ、もちろん。子守唄も歌っちゃおうかな!」

P「あはは。そりゃ、よく眠れそうだな」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:19:23.15 ID:XCHjIWFyo

李衣菜「よし、それじゃPさんっ」ピョンッ

P「おおう! あ、足が……!」

李衣菜「私レッスン行ってきますね! Pさんもほどほどに頑張ってくださいっ」タタタッ

P「あ、あぁ……行ってらっしゃい」ジンジン


李衣菜「あ、そうだ。Pさん、Pさんっ」


P「んー?」

李衣菜「明日からお弁当、楽しみにしててくださいねっ!」

P「……ああ」ニコ

李衣菜「えへへ! 行ってきまーす!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:22:10.20 ID:XCHjIWFyo

がちゃ ばたんっ


P「李衣菜の弁当かぁ。うん、楽しみだ」



P「…………あれ?」

P「明日『から』、って……もしかして毎日か?」

P「……それもいいなぁ」


P「弁当だけじゃなくて、毎日三食作ってくれないかなー……なんてな」カタカタ…



おわり


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/08(火) 22:24:01.21 ID:XCHjIWFyo

というお話だったのさ
そろそろだりーな型クッションとか発売してもおかしくない



元スレ:モバP「李衣菜が膝の上に座ってきたときの話」

他サイト様の最新記事