1: 唯梓です苦手な方いらっしゃると思います、ご注意ください。 2012/05/28(月) 20:52:00.36 ID:HYWDASLn0

唯「今日もムギちゃんのお菓子おいしかったね~」

梓「はい!……って明日こそは練習ですよ!」

唯「わかってるよ~」

なにげない会話なんだけど、唯先輩と一緒にいるこの時間。
私はこの時間が大好きだ。

時々横目で唯先輩を見ながら。
今日もそんな感じで私たちは一緒に帰っている。


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 20:55:12.19 ID:HYWDASLn0

唯「明日はムギちゃん何を持ってきてくれるのかな?」

梓「唯先輩!?」

唯「冗談だよあずにゃん」

相変わらず練習はしてくれない。
でもいざとなるとあんな演奏をするんだからすごい。


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 20:58:59.34 ID:HYWDASLn0

梓「唯先輩が言うと冗談に聞こえません」

唯「ぶーぶー」

ふてくされた顔もかわいいな。
…いやいや何を考えてるの私は。
慌てた私は話題を変えてみる。

梓「き、今日も寒いですね、唯先輩」

唯「ほんとだよね。もう十二月だもんね~、うう寒い…」

そう言って唯先輩は寒いというジェスチャーをする。


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:00:22.71 ID:HYWDASLn0

唯「あ、そだあーずにゃんっ」だきっ

梓「はい?にゃっ!?」

…どうやら私にこの話題は逆効果だったみたいだ。

唯「あれー?あずにゃん顔赤いよ?」

梓「なんでもないです!」


梓「じゃ、じゃあ私こっちなんで。失礼しますっ」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:00:44.57 ID:HYWDASLn0

恥ずかしくなって逃げてきてしまった。
ほんとは嬉しいはずなのに…

いつからだろうか、こんなに唯先輩を意識しだしたのは。

夏?秋?なんかあったかな?
もしかしたら初めて唯先輩を見た時かもしれない。

…まあいいや、今日は帰ろう。


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:04:06.33 ID:HYWDASLn0

翌日、放課後

今日もこの時間がやって来た。
私は唯先輩とならんで歩く。

梓「結局今日も練習できませんでしたね…」

唯「まあまあいいじゃないかあずにゃんや。それよりね…」

梓「どうしたんですか?」

唯「あーずにゃんっ」だきっ

梓「にゃっ!?」

唯「昨日全然抱きつかせてもらえなかったからね、今日は…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:04:33.22 ID:HYWDASLn0

和「あら、あなたたち仲がいいのね」

唯「あ、和ちゃん」ぱっ

梓「あっ…」

唯「和ちゃん今日はどうしたの?」

和「生徒会が今ちょうど終わったのよ、明後日から冬休みだからそれまでに終わらせておきたい仕事がたくさんあるのよね」

唯「へ~そうなんだ。とことで和ちゃん、今日も寒いね~」だきっ

和「分かったから離れなさい」

唯「えー、いーじゃんもうちょっと」

和「はあ…梓ちゃんも大変ね」

梓「あ、いえ…大丈夫…です」

梓「じゃ、じゃあ私こっちなんで」

唯「ばいばいあずにゃん」

梓「はい、失礼します」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:05:06.71 ID:HYWDASLn0

はあ…
また逃げて来てしまった。

唯先輩ってああやって誰にでも抱きつくのかな?
私だけに抱きついて欲しいな…なんて。

…はっ!そういえば!
唯先輩って抱きつくのはいろんな人にするけど、手ってつないだことあるのかな?
うーん…どうなんだろ?

明日唯先輩と手を繋いでみよう。
できるかな?まあ楽しみだな♪


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:07:54.29 ID:HYWDASLn0

翌日、放課後

さて、今日もいつものように唯先輩とならんでいるわけだけれども…

なかなかうまくいかない。
手の距離はいつもより近くにあるはずなのにあと少しが私にはできない。

唯「あずにゃん、今日はなんだか近いね」

梓「そ、そうですか?そんなことないですって」

唯「いや~、絶対近いよ。…あずにゃん寒いの?」

梓「いや、そんなことは…」

唯「素直になりなよあずにゃん」だきっ

あったかい…

…まあいっか明日で。


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:08:14.93 ID:HYWDASLn0

翌日、放課後

よし、今日こそは…
私は隙を狙うために唯先輩を観察する。

唯「あずにゃんそんなに見ないでよ~」てれてれ

ああかわいい。
でもこのままだとまた抱きつかれて終わりになっちゃうからね、ここは…


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:08:36.74 ID:HYWDASLn0

梓「あ、すいません。そんなに見てたつもり無いんですけどね」

唯「えー、そうなの~?残念…」しゅん

かわいいな。
…いやいやだからそうじゃなくて!
今がチャンスなんだよ!

私は唯先輩の少し後ろに行くように歩く速さを遅める。

手を伸ばす、そーっと…


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:09:10.63 ID:HYWDASLn0

唯「あれ?あずにゃんどうしちゃったの?疲れちゃった?」くるっ

梓「あ…いえ、そんなことは…。な、なんでもないです、はい」

失敗した…
後ろにいっちゃダメなのかな?
でも後ろに行くしか私には思いつかないし…うーん…


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:09:38.79 ID:HYWDASLn0

唯「あずにゃん今日なんだか面白いね!」

私は大真面目ですよ。
声には出さず、私はもう一度隙を狙う。

唯「ところであずにゃん、明日から冬休みだね~」

おお、そうだった。
今日終業式したけど、手を繋ぐことで頭がいっぱいで忘れてた。

梓「そういえばそうですね」

唯「そういえば…ってあずにゃん忘れてたの?」

梓「覚えてましたよ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:10:06.65 ID:HYWDASLn0

私が立ち止まってこの言葉を言ったおかげで、自然と唯先輩の後ろに行くことができた。たまたまだ。

でもここで決めないと、明日からはもう会えないんだよね。

…よし。

私は唯先輩の手に向かって手を伸ばす。

唯「…」

唯先輩の顔を見るのも忘れて。


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:13:12.45 ID:HYWDASLn0

そーっと…

唯「…」さっ

あ……
私は唯先輩の顔を見る。
唯先輩は前を見"続けて"いる、ように私には見えた。

唯「…あずにゃん今日も寒いね」

梓「あ、はい、そうですね…」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:16:24.22 ID:HYWDASLn0

私達は今日も並んで歩く。

何時の間にか私の左手はあったかくなっていた。

唯「あずにゃん、冬休み終わってももよろしくね」

梓「はい、こちらこそ」


こんなに楽しみな冬休みは初めてだ。


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:16:53.82 ID:HYWDASLn0

ーーーーーー
ーーーー
ーー


えーっと…
よろしくとは言ったものの、何をすればいいんだろう?

こういう関係になりたいとは思っていたけど、いざなってみると何も思い浮かばない。

困った私はとりあえず微笑みかける。
…困った顔を返してくる。当たり前だよね、突然笑いかけてきたんだもん。

もんもんとした気持ちを抱えたまま、いつもの別れ道まで来た。


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:18:37.06 ID:HYWDASLn0

唯「あずにゃんばいばーい」

私は右手を離し、挨拶をする。
…少し残念だけど、また明日。
って明日から休みか。

梓「はい、失礼します!」

あずにゃんもどこか嬉しそうにしてくれている。
よかった…


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:21:02.75 ID:HYWDASLn0

唯「ただいまー」

憂「あ、お姉ちゃんおかえりー」

唯「ふいー、疲れたよ~」

憂「お疲れ様♪ご飯できてるよ」

唯「うん、ありがと」

何時もの何気ない会話。
憂はまだ私達のことを知らない。


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:22:02.65 ID:HYWDASLn0

唯「いただきまーす」

憂「いただきます」

唯「あー、学校終わっちゃったね~」

憂「明日から冬休みだね~」

唯「クリスマス会、今年も楽しみだな~」

憂「あ、今年もあるんだ」

唯「たぶんあると思うよ~」

憂「それって24日かな?」

唯「うーん、どんなんだろ…?たぶんそうなんじゃないかな?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:22:19.53 ID:HYWDASLn0

憂「そっか…ねえお姉ちゃん?」

唯「ん?どうしたの?」

憂「次の日……25日にさ、私達だけでクリスマスパーティーやらない?」

唯「おおっ、やろうやろう!」

憂「それじゃあお姉ちゃんの大好物、いっぱい作ってあげるからね!」

唯「ありがと、憂。楽しみにしてるよ」

憂「うん、楽しみにしててね!」

唯「ごちそうさま、私部屋行ってるね」

憂「うんっ♪」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:22:47.53 ID:HYWDASLn0

クリスマスパーティーかあ…

少しもやもやとしながら私は自分の部屋へ入る。

がちゃ

唯「あっ」

…携帯だ、携帯が光っている。
誰からだろう?

唯「あずにゃん…」

私はあずにゃんに掛け直すことにした。


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:27:16.63 ID:HYWDASLn0

ーーーーーー
ーーーー
ーー


梓「ただーいまー」

っていっても誰もいない。
私はカバンとギター、そして制服を置き、着替え終わるとソファーに腰掛けた。

梓「はあ…」

唯先輩と手、繋げたんだな…
あったかかったな。
それでその後……

顔が熱くなるのが自分でも分かる。


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:27:40.80 ID:HYWDASLn0

まあとりあえず、ご飯でも食べようかな。
私はテーブルにある2千円を財布に入れて家を出る。

梓「おっと」

携帯を忘れるところだった。

梓「いってきまーす」

…ああ寒い。
さっきまで寒く感じなかったのはなんでだろう?

理由は分かっている。
私は携帯を取り出すと電話を掛けた。

梓「…でない」

ご飯の途中かな?
またあとで掛けてみよっかな。


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:28:09.58 ID:HYWDASLn0

ありがとうございましたー



コンビニで夕飯を買った後、私はまた寒い夜道を歩く。
まだそんなに遅い時間じゃないのにもうだいぶ暗い。
日が落ちるのもはやくなったんだなあ…


ぶるるる…


おっと唯先輩かな?

ポケットから携帯を取り出すと、それを確認する。
そして交差点の信号が赤なのを見て立ち止まると電話に出る。


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:28:37.03 ID:HYWDASLn0

梓「もしもし?」

唯「あ、あずにゃん!さっきはごめんね、ご飯食べてたんだ~」

梓「やっぱりそうですか。いや、そうかなとは思ってたんですけどね。すみません」

唯「いいよいいよ~。ところでどうしたのかな、あずにゃん?」

梓「いや…」

そういえば電話を掛けた理由が見当たらない。
しいて言うなら…


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:29:09.58 ID:HYWDASLn0

唯「さみしかった?」

梓「なっ…そんなことないですっ」

唯「だってあずにゃん今外にいるんでしょ?車の音聞こえるよ?だからさみしかったのかなあって」

う…そこまで読んでくるとは……

梓「そ、そうですよ!もう!」

唯「なーんだ、あずにゃんにも可愛いところあるんだね~。じゃあ明日会ってあげるよ。あずにゃんの家行くね」

なーんだってなんなんですか!?
…と言おうとしてやめた。
その後の言葉が嬉しかったんだ。


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:29:42.46 ID:HYWDASLn0

梓「あ、はい!まってます」

唯「あずにゃん今素直だね~」

梓「ほっといてください!じゃあ切りますよ?失礼します」

唯「うん分かったよ。じゃあね~」

私は唯先輩が電話を切るのを確認すると携帯をポケットにしまい、また夜道を歩き出す。

梓「おっと…」

信号が点滅している、いそがないと。
私は小走りで横断歩道を渡る。


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:31:04.99 ID:HYWDASLn0

ーーーーーー
ーーーー
ーー

ぼふっ

私は携帯を閉じるとベッドに寝転がる。

明日はあずにゃんとデートかあ。
こんなこと言ったらあずにゃんにまた怒られちゃうのかな?

今日はいろいろあったなあ…
楽しかったけど、疲れたや………


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:31:25.98 ID:HYWDASLn0

がちゃ

憂「お姉ちゃんお風呂沸いてる…よ…」

憂「…明日でもいっか」

憂「おやすみ、お姉ちゃん」

ぱたん


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:32:37.57 ID:HYWDASLn0

翌日

唯「あーずにゃんっ、来たよ~」

翌日、私はあずにゃんに会いに行った。

梓「あ、唯先輩。あがってください」

唯「ごめんね突然お邪魔して」

梓「いえいえ、こちらこそ昨日電話なんてしちゃってすいません」

唯「あずにゃんなら毎日でも掛けて欲しいけどなあ」

梓「そ、そんなこと…」

唯「えー、いーじゃんあずにゃんはケチだな~」

梓「分かりましたよ!時々掛けます、時々ね」

唯「…わかったよぅ」

梓「とりあえずあがってください、いつまでも玄関っていうのもなんなんで」

唯「あっ、ごめんごめん」

こうして私達の初デート?は始まった。


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:35:49.22 ID:HYWDASLn0

…とはいっても、やっぱりあずにゃんの家にいるだけじゃ何もない。

あ、あずにゃんの家に何もないって言ってるんじゃないよ?ほんよだよ?

でもやっぱりなにかないとひまだなあ。

ふとあずにゃんの方を見る。
うつむいてなにか考えているように見える。
何を考えているんだろう?
私はそれを考えることにした。


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:38:32.66 ID:HYWDASLn0

……あれ?布団…
何時の間にか私は寝ていたみたいだ。

梓「やっと起きましたか、おはようございます」

そうだ、あずにゃんの家に遊びに来たんだっけ。
なのに私は…

唯「ごめんね、あずにゃん」

梓「いいんですよ。それに…」

あずにゃんはどこかすっきりとした表情だ。
まるで悩み事がなくなったみたいに。


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:39:16.62 ID:HYWDASLn0

…ん?
忘れてた……結局あずにゃんは何を考えてたんだろう?

唯「それに…?」

梓「あ、いや何でもないです」

唯「なーんだ」

梓「ただ…」

なんだろう?

梓「あの、今年はクリスマス会やるのかなあって」

唯「なんだ~、もっと重要なことがあるんだと思ったよ~」

梓「いや、でも私…去年は私中学生でしたし話しか聞いてなくて…」

唯「あ、そっか~。今年ね…分からないけど、あるといいな~」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:39:47.35 ID:HYWDASLn0

梓「ところでそれってあるとしたら24日なんですか?」

なにか聞かれたことのあるような質問だよ。

唯「うん、たぶんね」

梓「そうですか…あの…」

あずにゃんの顔が赤く見えるのは夕焼けのせいかな?
窓の外を見る。すこし暗いみたい。

梓「あの…その次の日ってあいてますか?」

思わぬお誘いだよ!
あ…でも私その日は…

そんなことを考えていた私は、変な返事をしてしまった。


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:40:15.06 ID:HYWDASLn0

唯「うん!もちろん!あ…でも…そn

梓「そ、そーですよね、すいません…無理なお誘いしちゃって」

唯「あ…うん…」

どうしよう…
あずにゃんからのお誘いも嬉しいけど、憂は…

梓「ほら、外ももう暗いですし憂も心配してますよ」

唯「…」

外はもう真っ暗だった。
すぐ暗くなっちゃうんだな。


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:42:42.01 ID:HYWDASLn0

梓「じゃあ私唯先輩送りますよ」

唯「いいよいいよ、気にしないで」

梓「いえ、私が勝手に会いたいって思ってたから悪いんです…唯先輩はそれでわざわざ来てくださったんですから」

唯「そっか、ありがとあずにゃん。でも私も会いたいって思ってたよ?」

梓「そうですか、よかったです…」

それ以降私達の会話はないまま、私の家に着いてしまった。

唯「じゃあ…ばいばいあずにゃん」

梓「はい、失礼します」

あずにゃんの背中がいつもより小さく見える。
あずにゃんが角を曲がったのを確認すると、私はドアの方へ歩いて行った。


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:43:12.25 ID:HYWDASLn0

…ん?ちょっとまって。
あずにゃんが曲がったのって…

私は今来た道を引き返す。

唯「はあ…はあ…」

あずにゃんの家には誰もいないみたいだ。

やっぱりさっきはどこかに…
私のせいで…私の…


最後の望みだった公園にもいない。
走り回ってへとへとになった私はベンチに腰掛けた。

どこにもいない…どこいったんだろうあずにゃん…
憂に連絡したほうがいいかな?


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:45:03.46 ID:HYWDASLn0

梓「なにしてるんですか?こんなところで」

唯「…!あずにゃん…」

目の前にいたのはあずにゃんだった。

梓「ほら、風邪ひいちゃいますよ、立ってください」

唯「あずにゃん、どこ行ってたの?」

梓「私ですか?ここ数日間親がいないので買い物行ってました。今はその帰りです。毎日買うのも面倒ですし…。って言っても即席のものが多いんですけどね」

唯「あ…なんだ…よかった…」

梓「さあ帰りましょう。私もう一回送りますよ」

私達はもう一度さっきとおなじように歩き出す。


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:45:26.81 ID:HYWDASLn0

唯「あずにゃん、私片方もつよ」

梓「いいですよ、悪いです」

唯「遠慮しないであずにゃん、ほら」

梓「じゃあ…お願いします」

あずにゃんはそう言って左手の荷物を私に渡す。
私は右手でそれを貰うと左手で持つ。

空いた右手、そしてあずにゃんの左手。


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:47:29.08 ID:HYWDASLn0

突然あたたかい感触がした。
右を見るとこっちを見て微笑むあずにゃん。
私も微笑み返す。


ふと買い物袋の中を見る。
中にはまだ飲みかけのレモンティーが入っていた。


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:49:16.56 ID:HYWDASLn0

梓「あっ」

唯「どうしたの?あずにゃん」

梓「今流れ星が見えたんですよ」

唯「私もみたかったな~。あずにゃん何かお願いした?」

梓「いきなりすぎてそんなことできませんよ」

唯「そっか~、そうだよね」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:49:36.22 ID:HYWDASLn0

私も空を見上げる。
月…
月が綺麗だね、あずにゃん。

そうだ。


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:50:45.55 ID:HYWDASLn0

唯「あずにゃんほらあそこみて!」

梓「どこですか?」

唯「違うよあずにゃん、あっちだよ」

梓「えー、何が見えるんですか?私には分かりません」

唯「そっか~…それは残念…」

梓「んっ…」

月光に照らされた2人の影が重なる。
……甘酸っぱい味がした。


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:52:19.37 ID:HYWDASLn0

…ごめんね、憂。
約束、守れそうにないや。


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:54:05.97 ID:HYWDASLn0

おしまい


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 21:56:15.03 ID:foV/prXg0

いい雰囲気だった


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/28(月) 22:01:31.81 ID:ky0WNZxhO


よかった!



元スレ:唯「右手、左手」

他サイト様の最新記事