1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 04:13:09.13 ID:rMUzekCM0

真美「好きだよ?」

亜美「え、本当に?」

真美「うん、それがどうかしたの?」

亜美「やった!真美!」ギュッ

真美「え、ちょっとどうしたの亜美?」

亜美「えへへ」

真美「?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 04:24:46.47 ID:rMUzekCM0

亜美「えへへ」

真美「(さっきから亜美がくっついて離れない)あのさ亜美、そろそろ離れない?」

亜美「やだ」

ギュ-

真美「(もっときつくなった…)亜美、真美暑いんだけど」

亜美「真美は亜美のこと好きなんだよね?」

真美「うん、好きだけど…」

亜美「えへへ」

真美「(離れない)」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 04:31:33.95 ID:rMUzekCM0

真美「(なんでこんなにくっついてくるんだろう)」

亜美「えへへ」

真美「(そういえば最近遊べなかったなーやっぱり寂しかったのかな…)」

ギュ-

亜美「!えへへ」

真美「(亜美さっきから笑ってばっかりだなぁ)」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 04:39:10.50 ID:rMUzekCM0

真美「(あれから一時間くらいたったのかな?)」

亜美「えへへ」ギュ-

真美「(まだ抱きついてるんだよねー)亜美?そろそろ離れない?」

亜美「やだ」

真美「(うーんどうしよう…)」

亜美「えへへ」ギュ-

真美「(トイレいきたくなってきた)」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 04:46:11.20 ID:rMUzekCM0

真美「亜美、トイレいきたいから離れてくれない?」

亜美「やだ」

真美「(さっきから返事がワンパターンだよ…)亜美のこと嫌いになっちゃうよ?」

亜美「え!いやだ!嫌いにならないで!」ボロボロ

真美「え!?ちょ、亜美!?冗談だから!冗談!」

亜美「本当に?嫌いにならない?」

真美「本当だから!」

亜美「良かった…えへへ」

真美「(なんだったんだろ今の)」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 04:53:24.25 ID:rMUzekCM0

真美「(トイレから帰ってきたらまた抱きつかれた…)」

亜美「…」ギュ-

真美「(うーんどうしようかなぁ)あ、そうだ!真美ゲームやりたい!一緒にやろ?」

亜美「いい」ギュ-

真美「そんなこと言わずにさ、ほら、ゲーム!」

亜美「いい」ギュ-

真美「(うーん)」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 05:02:07.16 ID:rMUzekCM0

オーライ、ウーケトッタヨー、キーミカラノサイーン

真美「(さすがに始めたら亜美も食いつくっしょ)」

亜美「…」ギュ-

チョーイイネ、キックストライク、サイコー

真美「(食いつかない!)」

亜美「…」ギュ-

真美「(どうしようか…)」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 05:09:19.10 ID:rMUzekCM0

真美「よし勝った!」

亜美「スー…スー…」ギュ-

真美「あ、気付いたら亜美寝てる…」

亜美「スー…スー…」ギュ-

真美「あはは、寝てても離さないや」

亜美「スー…スー…」ギュ-

真美「うりうり」ホッペタプニプニ

亜美「ムニュ…」ギュ-

真美「…どうしようか」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 05:18:59.61 ID:rMUzekCM0

真美「(このままだと真美が寝れないんだけど…)」

亜美「スー…スー…」ギュ-

真美「(亜美を起こすわけにもいかないよね…)」

亜美「スー…スー…」ギュ-

真美「(いや、このままだと風邪ひくから起こした方がいいのかな?いやでも…)」

亜美「ん…真美…」ギュ-

真美「あ、起きた?」

亜美「大好きぃ…えへへ…」ギュ-

真美「寝言か…真美も大好きだよ」

亜美「スー…スー…」ギュ-

真美「…さて」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 05:34:05.01 ID:rMUzekCM0

亜美「ふあーあ、…あれ?」

真美「あ、おはよー」

亜美「真美…?あれ?いつベットにきたんだっけ?」

真美「大変だったよ?亜美を運ぶの」

亜美「え?真美亜美のこと運んだの?」

真美「(アイドルで)鍛えてますから、シュッ」

亜美「シュッって…え?じゃあ昨日の夢じゃない?」

真美「昨日のって?」

亜美「ほら…真美は亜美のこと好きかってやつだよ」

真美「あーそんなのもあったかな?」

亜美「えっと…亜美のこと好き?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 05:41:26.76 ID:rMUzekCM0

真美「好きだよ?」

亜美「やった!真美!」ギュッ

真美「(またこのパターンか…)だって亜美は双子で大切な家族だもんね!」




亜美「…え?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 05:51:08.82 ID:rMUzekCM0

亜美「えっと…?好きっていうのは家族だから…?」

真美「…?そうだよ?」

亜美「亜美のこと特別に好きってわけじゃないの…?」

真美「?特別に好きだよ?だって家族だし」

亜美「亜美のこと特別な目で見てくれてるわけじゃないの…?」

真美「あはは、そんなわけないじゃん!だって双子だよ?」

亜美「あはは…、そうだよね…当たり前だよね…」

真美「?変な亜美」

亜美「そうだよね…亜美がおかしいんだよね…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 06:04:14.75 ID:rMUzekCM0

律子「ねえ真美」

真美「ん?どうしたのりっちゃん」

律子「亜美の様子がおかしいんだけど心当たりない?」

真美「亜美がどうかしたの?」

律子「レッスンで普段間違えないようなところで間違えたりして明らかに様子がおかしいのよ」

真美「…ふーん」

律子「それで真美なら何か知ってるんじゃないかって思ってね」

真美「そりゃ昨日から様子がおかしかったけど…」

律子「詳しく教えてくれる?」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 06:15:06.45 ID:rMUzekCM0

律子「ふーん…なるほどね」

真美「亜美大丈夫かな?」

律子「いやまさかね…」

真美「どうかしたの?」

律子「大体理由はわかったわ
なるべく本人に任せたいところなんだけど
アイドル活動に支障がでるくらいならそうもいってられないわね」

真美「亜美どうかしちゃったの?」

律子「…そのうち話すわ」

真美「…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 06:23:47.90 ID:rMUzekCM0

亜美「…」ボー

伊織「しっかりしなさい!亜美!
まだ振られたわけじゃないんでしょ?」

亜美「振られたも同然だよ
だって家族としか見られてないんだもん」

伊織「それはほら!家族といってもいろいろあるじゃない!夫婦とか!」

亜美「ちゃんと双子もついてたよ」

伊織「それはその、あれよ照れ隠しよ」

亜美「いおりんポジティブだね」

伊織「あんたがネガティブすぎるのよ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 06:36:11.43 ID:rMUzekCM0

亜美「大体もう終わりなんだよ」

伊織「何がよ、なにも終わってなんかいないじゃない!」

亜美「もうだめだよ絶対に気付かれた」

伊織「気付かれたくらいなによ
大体ね気付かれなきゃそもそもが始まらないでしょうが」

亜美「でも…」

ガチャ

律子「戻ったわよってあれ?あずささんは?」

亜美「あずさお姉ちゃんならさっきりっちゃんを探しにでたよ?」

律子「ちょっと!どうして止めてくれないの!?」

伊織「いや、止めたんだけどねぇ」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 06:40:38.59 ID:rMUzekCM0

律子「はあー全く探さないと」

伊織「じゃあまだ休憩?」

律子「いいえ、助っ人を呼んだわ」

亜美「助っ人?」

律子「入ってきて」

ガチャ

真美「やっほー!」

亜美「真美…」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 06:49:08.10 ID:rMUzekCM0

真美「りっちゃん人使い荒いよ!まったくこれから兄ちゃんとゲームやる予定だったのに!」

律子「今日はもう暇ってことでしょ?だったらいいじゃない」

真美「良くないよ!?」

伊織「助っ人ってどういうこと?真美も混ぜてやるのかしら?」

律子「いいえ、真美にはレッスンの見張りと応援を頼んだのよ」

真美「ちゃんとチアリーダーの服きてるっしょー?」

亜美「(可愛い)」

伊織「応援って…」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 06:55:54.86 ID:rMUzekCM0

真美「ほら、亜美元気ないっぽいし真美が応援してあげなきゃね!」

亜美「真美…」

真美「フレッフレッ亜美!頑張れ頑張れ亜美!」

亜美「うん!」

伊織「亜美だけなんだ…」

真美「いおりんもしてほしいの?しょうがないなあ」

伊織「別にいいわよ」

律子「(ひとまずは元気になったみたいね…あとは)」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 07:07:36.62 ID:rMUzekCM0

真美「おつかれー亜美」

亜美「うん、ありがと真美!」

あずさ「調子戻ったみたい」

伊織「まったく、心配かけさせないでよね」

律子「さて亜美、話があるんだけど」

亜美「なにー?りっちゃん」

律子「ここじゃなんだから向こうで話すわ」

亜美「?うん」

真美「…」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 07:12:35.66 ID:ej2hQC3b0

どこから出た、あずさ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 07:23:11.76 ID:rMUzekCM0

律子「亜美、話っていうのは他でもないわ
真美のことよ」

亜美「真美が…どうかしたの?」

律子「真美から昨日のこと聞いたわ」

亜美「え…?」

律子「かなりベッタリだったそうね」

亜美「うん…」

律子「亜美、あなた真美のこと好きなのね
特別な意味で」

亜美「…うん」


>>43
あずささんはりっちゃんがレッスン中に見つけてくれました


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 07:33:56.71 ID:rMUzekCM0

亜美「そうだよ、亜美は真美のこと、好きなんだ
真美ももう気付いてるよね」

律子「いいえ、真美は気付いていないわ」

亜美「そうなんだ…でもどっちにしろもう終わりだよねー…」

律子「亜美、アイドル活動に支障がでちゃいけないわ」

亜美「わかってるよ、もう真美のことは諦めるよ」

律子「亜美…」

亜美「だって気持ち悪いもんね、わかってるよ
真美だってきっとそう思うよ」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 07:43:48.56 ID:rMUzekCM0

あずさ「トイレってどこだったかしら?」

伊織「一番下の階よ」

あずさ「ありがとね」

ガチャ

真美「ねえいおりん」

伊織「何かしら」

真美「亜美がなんで様子がおかしかったか知ってるんじゃないの?」

伊織「ええ、知ってるわ」

真美「やっぱり、いおりん何でも知ってそうだもんね」

伊織「…そんなことないわよ」

真美「教えてほしいって言っても、お教えてくれないよね?」

伊織「亜美に怒られるわね」

真美「だよねー」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 07:55:44.84 ID:rMUzekCM0

真美「亜美の様子がおかしかったのは昨日だけじゃなくてここ最近ずっとなんだよねー」

伊織「…そう」

真美「真美はね、亜美とは双子でお互いわからないことはないって思ってたんだ」

伊織「…」

真美「でも最近は、亜美が何を考えているのか全然わかんなくて
すっごく不安なんだ」

伊織「それは亜美も同じだと思うわ」

真美「そうだね、そうなんだよ
亜美も多分真美が何を考えているのかわからなくなってると思う
それは多分、亜美と真美は違う人間だからだろうね」

伊織「…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 08:11:48.18 ID:rMUzekCM0

真美「甘えてたんだよきっと
お互いのことがわかるからって
お互いのことを知ってるからって
お互いの違う部分を知ろうとしなかったから
今こうやって知らなかったこと、知ろうとしなかったことが一気に来たんだと思うよ」

伊織「…これから知っていけばいいじゃない」

真美「今からでも間に合うかな?」

伊織「間に合うに決まってるじゃない」

真美「そうかな…」

伊織「そうよ」

真美「んっふっふ~♪ありがとね!いおりん!」

伊織「どういたしまして」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 08:19:38.08 ID:rMUzekCM0

ガチャ

律子「戻ったわよ」

亜美「たっだいまー!」

伊織・真美「お帰り」

律子「あれ?あずささんは?」

真美「トイレだって」

亜美「大きいほうかな?」

律子「こら」

真美「(亜美の目が赤い…何かあったのかな?)」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 08:32:21.44 ID:rMUzekCM0

真美「ねえ亜美」

亜美「ん?どうしたの?」

真美「このあとさ、ちょっと暇だよね?」

亜美「うん」

真美「一緒にデートしない?」

亜美・伊織・律子「!?」

律子「ちょっと真美!?なにいってるの!?」

亜美「えっと、本気?」

真美「ちょっと遊ぶだけだって」

伊織「ああ、そんなに深い意味はないのね」

真美「?」

伊織「(天然ジゴロってやつなのかしら)」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 08:45:56.41 ID:rMUzekCM0

P「…まったく、俺はタクシーじゃないんだぞ?」

真美「まーまー、いいじゃん」

亜美「…どこ?ここ」

真美「じゃあついてきて!あ、兄ちゃんはここで待っててね」

P「わかってるよ」




亜美「綺麗な夜景…」

真美「んっふっふ~、綺麗っしょ
なんたってここは真美のお気に入りの場所だからね!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 08:58:27.17 ID:rMUzekCM0

亜美「へー、どうやって見つけたの?」

真美「実はね、ここは兄ちゃんに教えてもらった場所なんだ」

亜美「兄ちゃんに?」

真美「そう、トップアイドルになれるようにって言ってさ
ここは本当は兄ちゃんと二人だけの秘密のところなんだ」

亜美「二人…だけ」

ズキン

亜美「(胸が苦しい…)」

真美「今ここに連れてきたのはね、真美の秘密を亜美にも知ってほしかったからなんだよ?」

亜美「秘密?」

真美「そう、秘密」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 09:08:52.46 ID:rMUzekCM0

真美「真美は今から何でも質問に答えるよ」

亜美「何でも?」

真美「そう、何でも
ただし一つ条件があるんだ」

亜美「条件?」

真美「そう、条件
亜美が今悩んでることを教えて」

亜美「…」

真美「真美と亜美はね、もっとお互いのこと知るべきだと思うんだ」

亜美「今でも十分知ってるよ」

真美「ううん、知らない
だって亜美の悩んでることわかんないんだもん!」

亜美「…!」

真美「だから、教えて?
亜美の思ってることすべて受け入れるよ」

亜美「…」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 09:19:59.28 ID:rMUzekCM0

亜美「真美はさ、好きな人とかいるの?」

真美「質問だね、今はいないかな
特に無理矢理作るものでもないしね」

亜美「じゃあ彼氏もいないの?」

真美「当たり前じゃん」

亜美「じゃあ…彼女は?」

真美「あはは!いるわけないじゃん!真美女の子だよ?
まこちんならできそうだけどね!」

亜美「そっか…」

真美「他に質問は?」

亜美「ないよ、じゃあ今度は亜美の番だね」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 09:29:43.24 ID:rMUzekCM0

亜美「…ねえ、真美」

真美「なに?亜美」

亜美「亜美のこと知って気持ちわるがったりしない?
軽蔑したりしない?
嫌ったりしない?」

真美「しないよ、絶対に」

亜美「本当に?」

真美「本当に、約束するよ」

亜美「…うん、ありがと」

真美「準備出来た?」

亜美「うん、あのね…」



亜美「亜美、真美のことが好きなんだ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 09:39:46.16 ID:rMUzekCM0

真美「えっと?それってつまり?」

亜美「好きってこと、愛してるってこと
家族じゃなくて一人の人間として」

真美「えっと…?LIKEじゃなくてLOVEってこと?」

亜美「そう」

真美「え?だって真美と亜美は双子で…」

亜美「ごめんね気持ち悪いよね
でも気持ちをおさえられなかったんだ」

真美「ううん、それは真美が無理矢理言わせたから…え?でも…え?」

亜美「ごめんね、本当にごめんね」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 09:50:47.36 ID:rMUzekCM0

真美「別に謝る必要はないんだけど…」

亜美「ごめんね…気持ち悪くてごめんね」

真美「いや、そうじゃなくて…」

亜美「ごめんね、でも嫌わないでおねがい」

真美「いや嫌ってないし、ただちょっと理解が追い付かないって言うか…」

亜美「ごめんね本当にごめんね」

真美「えっと…だから…」

亜美「好きになってごめんね気持ち悪くてごめんね」

真美「ちょっと黙ってよ!!」

亜美「!」ビクッ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 10:01:57.65 ID:rMUzekCM0

真美「別に気持ち悪いとか軽蔑したりとか!嫌ったりとかしてないから!
ただちょっとそういうこと考えたことなくて!
亜美の気持ちわかんないし!
だから整理させてよ!」

亜美「…わかった」

真美「えっと亜美は真美のこと好きなんだよね?いつから?」

亜美「最近ぐらいからずっと真美のことが頭から離れなかった」

真美「その…他の女の子は?」

亜美「真美以外は興味がわかなかった
真美だけが特別だった」

真美「そう… 」

亜美「だからおねがい嫌いに…」

真美「ちょっと黙ってて!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 10:20:59.97 ID:rMUzekCM0

真美「えーと、えーと、真美はどうしたらいいんだろ」

亜美「…」

真美「正直そっちの世界は知らないし…」

亜美「…」

真美「いやでも…」

亜美「…真美は亜美のこと…嫌い?」

真美「そういう問題じゃ…」

亜美「…」ウルウル

真美「はあ、そっかそっかそうなんだ」

チュ

亜美「んむ…はむ…!ング……!」

真美「レロ……チャプ……ぷは!」

真美「悩んでる時点でおんなじってことだね」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 10:36:23.76 ID:rMUzekCM0

亜美「真美…いいの?」

真美「いいのいいの!気にしない!」

亜美「でも…」

真美「言ったっしょ?亜美の思ってることすべて受け入れるよって」

亜美「そんな簡単に…」

真美「ううんいいんだよ」

亜美「でも本当は真美は…」

真美「ごちゃごちゃうっさい!もっかいするよ!?」

亜美「え?おねがい」

真美「ご褒美にしかならなかった…」

亜美「………本当にいいの?亜美なんかで」

真美「いいんだってば!こうなったら地獄の底までついてってやんよ!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 10:50:09.56 ID:rMUzekCM0

亜美「はい、あーん」

真美「いや、一人で食べれるから…」

亜美「あーん」

真美「むう、あむっ」

亜美「美味しい?」

真美「美味しいよ」

亜美「良かったー」

伊織「このバカップルが…」

やよい「伊織ちゃん私たちもあーん」

伊織「はむっ、美味しい…さすがやよいね」

律子「はあ、どっちもどっちよ」

亜美「真美は亜美のこと好き?」

真美「好きだよ?」

真美「愛してる!」

終わり


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10(木) 11:04:05.71 ID:rMUzekCM0

なんで俺が書いたのか…
建て逃げのつもりだったのに…
ありがとうございました…



元スレ:亜美「真美は亜美のこと好き?」

他サイト様の最新記事