1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:38:17.13 ID:UBxtuV3j0

ルル「……」

C.C.「わざとじゃなかったんだ。許せ」

ルル「……ナナリー」

C.C.「勝手にPCを使ってしまって悪かったと思っているよ」

ルル「……ううっ!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:40:35.52 ID:UBxtuV3j0

ルル「俺が……必死で集めたのに……」

C.C.「ナナリーの画像や動画など、助け出せば問題ないだろう?」

ルル「もう……もう手に入らない……」

C.C.「睨むなルルーシュ」

ルル「……ナナリーっ……!」

C.C.「……」

ルル「……グスッ!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:42:25.56 ID:UBxtuV3j0

ルル「……」

C.C.「……ようやく泣き止んだか」

ルル「……」

C.C.「しかし、お前のシスコンぶりには呆れたよ」

ルル「……」

C.C.「たかが画像を消したくr」

ルル「たかが画像だとっ!?」

C.C.「!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:44:30.75 ID:UBxtuV3j0

ルル「いいかC.C.、よく聞け!」

C.C.「あ、ああ」

ルル「俺はナナリーが大好きだ! 世界で一番、いや、
   比べるもののない程愛している!」

C.C.「そ、そうか」

ルル「本来なら、今の時間は寝ているナナリーの寝顔を見て、
   布団をかけなおし、ほっこりしている時間なんだ!」

C.C.「……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:47:47.37 ID:UBxtuV3j0

ルル「しかし、俺とナナリーは引き離され、
   俺は自らの布団をかけなおし、枕を濡らす事しか出来ないでいた……」

C.C.「……それは少し気持ち悪いぞ」

ルル「だが! 俺はその寂しさを紛らわす事の出来る物を手に入れた!」

C.C.「それがナナリーの画像や動画というわけか?」

ルル「そうだ。しかも、総督としての勤めを立派に果たしている、
   愛らしくも、兄として誇らしい素晴らしい姿のものだ」

C.C.「……」

ルル「それを! C.C.、お前が消したんだ!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:50:51.12 ID:UBxtuV3j0

ルル「一つだけ聞いてやろう。
   C.C.、お前は俺のPCで何をしようとしたんだ?」

C.C.「……ソリティア」

ルル「そ、そそ、ソリティア!? お前がソリティアをやりたいがために、
   俺の癒しが失われたというのか!?」

C.C.「……まあ、気にするな。全てのものは自然と失われるものだ」

ルル「これは人為的な、お前のせいだろうが!」

C.C.「……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:53:18.04 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……大体だな、お前の管理がなっていないのが悪い」

ルル「……な、何?」

C.C.「そんなに大事なものなら、常に持ち歩いておけシスコン」

ルル「逆切れ……だと……!?」

C.C.「私が何か間違った事を言ったか? なあ、ルルーシュ」

ルル「……」

ルル「……今度ばかりは許さんぞ、C.C.」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:56:01.12 ID:UBxtuV3j0

C.C.「許さんだと? お前が私に何か出来るとでも思っているのか?」

ルル「……」

ルル「……その言葉、後悔させてやるぞ」

C.C.「!」ゾクリ

C.C.「な、何をする気だ?」

ルル「……お前は俺の心を攻撃してきた。ならば、
   俺も報復としてお前の心を攻撃してやろう」

C.C.「……」

C.C.「私の心を攻撃する、だと?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 00:59:09.16 ID:UBxtuV3j0

C.C.「ふふっ! ルルーシュ。私がお前ごときの言葉で揺らぐとでも?」

ルル「……謝るのなら今のうちだぞ。
   今ならば、まだ間に合う」

C.C.「ごめんご」

ルル「……」

ルル「……いいだろう! お前の意思、ハッキリと伝わった!」

C.C.「……ふん、いきがるなよボウヤ」

ルル「これはどちらかが泣いて謝罪するまで終わることの無い……」

ルル「……」

ルル「戦争だ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:02:27.27 ID:UBxtuV3j0

翌朝、斑鳩・艦橋

C.C.「ふあぁ……あ」

C.C.(戦争と言っていたがルルーシュめ。何をしてくるつもりだ?)

C.C.(まあ、私にはあいつの策など……)

……ジーッ

C.C.「?」

サッ!

C.C.「……」

C.C.(……なんだ?)

C.C.(今、視線を感じたような気がしたが……)

C.C.(気のせいだろうか?)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:06:22.47 ID:UBxtuV3j0

斑鳩・廊下

C.C.(艦橋で感じた視線は一体……)

玉城「あっ」

C.C.「……なんだ、玉城か」

玉城「お、おう……ゴクリ」ジーッ

C.C.「おい、どこを見ている?」

玉城「い、いや! 何でもねえよ!? 乳尻ふとももなんか見てねえよ!?」

C.C.「……下衆が」

玉城「あわ、お、じ、じゃあな!」ダッ!

C.C.「……」

C.C.(今の玉城の視線……艦橋で感じたものと同じだったな)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:09:10.23 ID:UBxtuV3j0

個室

C.C.「……」

C.C.「……ここに辿りつくまで、
   何度あの視線に晒されたかわからんな」

C.C.「……」

C.C.「……正直、疲れる」

パシュン!

ゼロ「……くくく! どうした、疲れているようだなC.C.?」

C.C.「……ルルーシュ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:12:50.13 ID:UBxtuV3j0

C.C.「何、今日は皆の視線を感じたからな。
   人気者は辛いよ」

ルル「……人気者、か」

C.C.「ああ、そうだ。私のこの美貌が視線をひきつけるのは当然だろう?」

ルル「……果たして、本当にそれだけかな?」

C.C.「……何だと?」

ルル「おかしいとは思わないのか?
   何故、今日に限って皆の視線を感じるのかを」

C.C.「……」

C.C.「……おい、ルルーシュ。まさかお前の仕業か?」

ルル「察しがいいな。さすが俺の共犯者だ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:16:29.29 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……ルルーシュお前、何をした」

ルル「何、俺は少しばかり話しの種を与えただけだ」

C.C.「話の種、だと?」

ルル「ああ、そうだ。C.C.、戦闘において大きな割合を占めるのは何だ?」

C.C.「……それは……戦力か?」

ルル「違うな。戦闘において重要なのは、情報だよ」

C.C.「……情報、だと?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:19:21.31 ID:UBxtuV3j0

ルル「C.C.。もし俺がお前に暴言を吐いたとしてもお前には通じんだろう?」

C.C.「まあな」

ルル「それに、殴りかかった所で結果は見えている」

C.C.「そうだな。私が根を上げる前に、
   お前の骨が悲鳴をあげるだろうよ」

ルル「……今俺が言ったことが戦力だ」

C.C.「ふむ。ならば、情報とはなんだ?」

ルル「それはなC.C.。お前に関しての事だ」

C.C.「……」

C.C.「私に関して?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:23:25.84 ID:UBxtuV3j0

C.C.「ルルーシュ。お前、私に関する事を話したらお前にまで被害がいくぞ?」

ルル「何、大したことは言っていないさ」

C.C.「ならば、お前は私について何を話したんだ?」

ルル「……くくく! 気になるか?」

C.C.「……まあな」

ルル「俺は給湯室で栄養ドリンクを取り、こう言っただけさ……」

C.C.「……」

ルル「……『昨晩もC.C.が寝かせてくれなくて寝不足だ』とな」

C.C.「んなっ!?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:27:11.04 ID:UBxtuV3j0

C.C.「お前、そんなデタラメを……」

ルル「デタラメじゃないさ」

C.C.「お前が言ったことには一切真実が含まれていない」

ルル「いいや。実際、お前がナナリーの画像を消してくれたおかげで、
   俺はほとんど眠る事が出来なかった」

C.C.「……」

ルル「これは、お前のせいだろう?」

C.C.「……汚いやり口だな、ルルーシュ」

ルル「……くくっ!」

ルル「……ふはははははは! お褒めに預かり光栄だよ、C.C.!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:30:13.45 ID:UBxtuV3j0

ルル「人の噂とは尾ヒレがつくものだ。特に、色恋に関してはな」

C.C.「……ルルーシュ。お前の言葉を誰が聞いていた?」

ルル「何、たったの四人さ」

C.C.「……誰だ」

ルル「ディートハルト、あとはオペレーターの三人だ」

C.C.「……」

C.C.「……最悪だ」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:34:59.21 ID:UBxtuV3j0

ルル「ディートハルトは、俺とお前の関係が良好なのをアピールするために、
   あえて噂を広めるかもしれん」

ルル「集団の長の女性関係が安定しているという事は、
   長、すなわち俺、ゼロの精神が安定していると暗にアピールする事にもなる」

C.C.「……」

ルル「それに、特定の相手がいないオペレーターの三名は、
   この話題を喜んでするだろうな」

ルル「閉じられた空間で、女性が暇を潰すのに最適なのが色恋話だ。
   ……俺はそれをアシュフォードで嫌という程学んだ」

ルル「きっと……いや、ほぼ確実に他の女性団員には知れ渡っているだろうな」

C.C.「……」

C.C.「……なんという事だ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:38:20.96 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……」ガタッ

ルル「どうしたC.C.。どこへ行くつもりだ?」

C.C.「お前が行った情報操作を逆手に取る」

ルル「ほう?」

C.C.「本当は、ゼロが私にせがんでせがんで仕方が無い、
   そう噂を流してやろう」

ルル「くくく、そうか。やってみると良い」

C.C.「……随分余裕だな」

ルル「ああ、そうさ」

ルル「……俺は、“ゼロ”だからな」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:41:45.37 ID:UBxtuV3j0

斑鳩・廊下

C.C.「ああ言って部屋を出たはいいものの、まずどう行動すべきか……」

C.C.(……それに、あいつの妙な自信は何だ?)

C.C.(……)

C.C.(……まあいい。これ以上不愉快な視線を向けられるのは疲れるからな)

C.C.「とりあえず、誰から話せば……」

千葉「あっ!」

C.C.「千葉か。良い所に現れてくれた」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:45:41.16 ID:UBxtuV3j0

千葉「わ、私もお前を探していたんだ」

C.C.「ほう? お前が私に用があるとは珍しいな」

千葉「そ、それは……そのだな……。
   お、お前も私に用があったんじゃないのか?」

C.C.「いや、私の話は後で良い。今はお前の用とやらに興味がある」

千葉「そ、そうか……」

C.C.「何だ? 話してみろ」

千葉「あ、う……」モジモジ

C.C.「? 何をモジモジしている。愛の告白でもするつもりか?」

千葉「ち、違う!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:48:56.71 ID:UBxtuV3j0

C.C.「ならば何だ」

千葉「お、お前……は……」

C.C.「私は?」

千葉「ゼロに……そのだな……えっと」

C.C.「ゼロに?」

千葉「……む、むうぅ」

C.C.「ハッキリと言え。だらしがないぞ」

千葉「……」

千葉「!」キリッ!

千葉「C.C.、お前はゼロに、夜の睦み事をどうやってせがんでいるんだ!?」

C.C.「……」

C.C.「はい?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:52:58.90 ID:UBxtuV3j0

C.C.「ま、待て待て」

千葉「いいや、これ以上待てん! 藤堂さんは朴念仁すぎる!」

C.C.「は、はぁ。そうか」

千葉「ともに死線をくぐり抜けて来た男女の間には、
   連帯感以上のものが生まれてもおかしくはない。そうだろう!?」

C.C.「それは……まあ、そうかもしれんな」

千葉「そうなんだ! なのに、私がこんなにも積極的に
   なっているというのにあの人ときたら……!」

C.C.「……大変だな」

千葉「大変なんだ! とても!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 01:56:31.53 ID:UBxtuV3j0

千葉「どうしたら良いと思う? なあ、なあ!?」

C.C.「落ち着け。落ち着け千葉!」

千葉「私の魅力が足りていないからか!?
   それとも藤堂さんは、だ、男色家なのか!?」

C.C.「大丈夫、大丈夫だから落ち着け千葉。
   それに、今の言葉を聞いたら藤堂が泣くぞ」

千葉「どうしたら……いいんだ……!」

C.C.「……まあ、藤堂の様な男だったら多分……」

千葉「何か策があるのか!?」

C.C.「策という程の事でも……ええい、落ち着け千葉!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:01:10.85 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……とまぁ、こんな具合にしてみたらどうだろうか?」

千葉「な、なる程! 確かにそれなら藤堂さんでも……ジュルリ」

C.C.「涎をすするな」

千葉「す、すまないな。……手間を取らせた」

C.C.「ああ、この程度なら構わんさ」

千葉「よし! 早速お前に言われた事を試してみよう!
   さすがおねだり上手だな、C.C.!」

C.C.「お、おねだり上手だと?」

千葉「待っていてください藤堂さん! 今すぐ行きますからね!」

ダッ!

C.C.「あ、おい!」

C.C.「……」

C.C.「……もう見えなくなってしまった」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:05:55.76 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……誰がおねだり上手だ、誰が」

C.C.「……」

C.C.(しかし、ルルーシュの流した噂が四聖剣の千葉にまで広まっているとはな)

C.C.(……くそっ、厄介な事になった)

C.C.(……む、あれは)

C.C.「天子ではないか」

天子「あっ、探していたんですよ」

C.C.「……」

C.C.(また……か)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:08:45.47 ID:UBxtuV3j0

天子「……というわけなの」

C.C.「星刻が結婚の約束をしてくれない、と」

天子「……しんくー、わたしのことがキライなのかしら……」ウルッ

C.C.「ああ、泣くな泣くな!」

天子「でもぉ……!」ウルウルッ!

C.C.「……天子、まずは焦りをなくす事が重要だと思うぞ」

天子「えっ?」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:14:01.60 ID:UBxtuV3j0

C.C.「奴は、星刻はお前の事が嫌いなわけではないと思うぞ。
   むしろ、溺愛しているように私には見えるがね」

天子「そ、そうかしら?」

C.C.「そうだとも。でなければ、国を捨てる覚悟など出来まい」

天子「……」

C.C.「だから、今は焦らず、ゆっくりと大人になるのを待つ事だな。
   星刻は、きっと待ってくれると思うぞ」

天子「……ありがとう」ニコッ

C.C.「ふふっ! やっと笑ってくれたな」

天子「さすが、まいばんゼロに愛されてる、
   おとなのおんなのひとはちがうわ」

C.C.「……」

天子「いみはわからないけど、きっとステキなことなんでしょう?」

C.C.「……」

C.C.「ああ、まあ、ね……」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:18:01.36 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……」

C.C.「くそっ! 天子にまで噂が広まっているのか!」

C.C.(しかし、かわいらしい悩みで助かったな)

C.C.(……)

C.C.(だが、今までの話を総合すると、
   私はおねだり上手で、しかも、毎晩せがんでいるような事になっているのか)

C.C.(これは……)

C.C.「……」

C.C.「少々どころか、かなり厄介な事をしてくれたなアイツめ」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:22:57.40 ID:UBxtuV3j0

C.C.「これは……どうすr」

キュィィン!

C.C.「!?」

C.C.(ギアスが発動している!?)

??「ぎぃぃぃ~~~っ!」

C.C.「うわっ!?」サッ

??「……よく避けましたね。でも、次ははずしませんよ?」

C.C.「……どういうつもりだ」

??「……」

C.C.「ロロ!」

ロロ「……ふふふ」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:27:41.14 ID:UBxtuV3j0

ロロ「いえ、妙な噂を聞いたんですよ」

C.C.「……ほう」

ロロ「毎晩貴方が兄さんにせ、せせ、セックスを求めていると!
   し、しし、しかもももも!」

C.C.「しかも……何だ?」

ロロ「ひ、避妊を拒んでいるっていうじゃないですか!?
   子供が欲しいんですか!? 兄さんとの子供が!」

C.C.「落ち着け。あまり大きな声を出すと他にバレるぞ」

ロロ「許さない……許さない……! 兄さんの家族は、僕だけでいいんだ……!」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:30:42.61 ID:UBxtuV3j0

C.C.(駄目だ……怒りに我を忘れている)

ロロ「兄さん……夜の相手は僕がしますからこんな女なんかに……!」

C.C.(……私にギアスが効かないという事も忘れていたようだからな)

ロロ「今度こそギアスで動きを止めて、確実にやる……!」

C.C.(……さて、どうしたものかな)

ロロ「ギ、ギギギ!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:34:41.43 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……ロロ」

ロロ「な、なんですか魔女さん? いいえ、悪魔! 淫乱悪魔!」

C.C.「……今はその言葉は捨て置いてやる。
   私はお前に伝える事があったんだ」

ロロ「それはなんですか? 遺言ですか?」

C.C.「……何、ルルーシュがお前の事を探していたぞ、とな」

ロロ「!? に、兄さんが……僕を!?」

C.C.(……かかった)

C.C.「ああ、そうだとも。お前をだよ、ロロ」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:38:59.58 ID:UBxtuV3j0

ロロ「そ、そんな嘘に騙されるわけが……」

C.C.「嘘だと思うのならそれでいい。
   アイツの信用を失うのはお前だからな」

ロロ「僕が兄さんの信用を失う? あ、有り得ない!」

C.C.「いいや、わからんぞ。なにやら緊急の用事だったからな」

ロロ「緊急の用事だったら館内放送で呼び出せば……」

C.C.「誰にも知られたくない用事だったのではないか?」

ロロ「!」

C.C.「さあ、アイツが困っているかもしれないぞ」

ロロ「あ……うああ……」

C.C.「どうする?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:43:10.97 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……」

C.C.(なんとか追い払う事が出来たか)

C.C.(しかし……どこまで噂は大きくなっているんだ?)

C.C.(毎晩……私から……避妊をせずに……か)

C.C.(……)

C.C.(騎士団内で、私は淫乱女の扱いを受けているわけか)

「ぎぃぃぃぃぃぃぃ~~~っ!!」

C.C.「!」

C.C.(まずい、ロロが戻ってきた!)

C.C.(どこかに隠れなくては!)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:50:10.77 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……はぁ……はぁ」

C.C.「とっさに逃げ込んだが……この部屋は?」

C.C.「妙に薄暗いが……」

??「おい、貴様。何者だ」

C.C.「……誰かいるのか? 薄暗くて良く……」

C.C.「!」

C.C.「……まさか、こんな状況で会うとはな、コーネリア」

コーネリア「こんな状況というのは、私を嘲るつもりか?……C.C.」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:53:52.08 ID:UBxtuV3j0

C.C.「ほう、私の事を知っているとはな」

コーネリア「教団の資料で嫌と言う程顔を見ているからな」

C.C.「ふふっ! それはどうも」

コーネリア「それに……ジェレミアからも話は聞いている」

C.C.「オレンジくんから? 私の事をだと?」

コーネリア「……ああ」

C.C.「何を聞いているのか興味があるな。聞かせてもらえないか?」

コーネリア「……」

コーネリア「ルルーシュの……子を身篭っていると聞いている」

C.C.「……」

C.C.「……すまん、よく聞こえなかった」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 02:57:50.48 ID:UBxtuV3j0

コーネリア「三ヶ月……なんだろう?」

C.C.「ま、待て待て待て!」

コーネリア「……確かに私は奴を、ルルーシュを許さん」

C.C.「今はそんな話をしていないだろう!?」

コーネリア「……だが、あれでも奴は私の弟だ。
   それに、生まれてくる子に罪はない」

C.C.「っ、だから……!」

コーネリア「“こう”なっていなければ……祝福してやったのだがな」

C.C.「……」

C.C.(……なんだ)

C.C.(なんなんだ、この言い出しにくい状況は……!)


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:04:39.92 ID:UBxtuV3j0

C.C.「あ~……」

コーネリア「……一つだけ忠告しておく。不老不死とは言え体には気をつけろ。
   今は無理をして良い時期ではない」

C.C.「……それはどういう意味でだ?」

コーネリア「くっ! お、お前が望んでいる、や、やり方だ!」

C.C.「私が望んでいるやり方だと?」

コーネリア「ひ、被虐嗜好があるのだろう? お前には」

C.C.「ひぎゃっ!?」

コーネリア「お前はいいかも知れんが、腹の子に触るかもしれんからな」

C.C.「お……あ……!」

コーネリア「……行け。もうお前と話す事は無い」

C.C.「……」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:08:49.41 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……」

C.C.「ジェレミア! ジェレミアすぐここに来い! オレーーーンジ!」

ジェレミア「呼んだか……いや、お呼びでしょうかC.C.様」

C.C.「……」

ジェレミア「大きな声を出さずとも、ワタシはすぐに駆けつけます故……」

C.C.「一つ聞いて良いか?」

ジェレミア「なんなりと」

C.C.「お前のその態度はなんだ?」

ジェレミア「ルルーシュ様の奥方になられるお方なのですから、
    礼を尽くすのは当然の事です」

C.C.「……」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:14:59.71 ID:UBxtuV3j0

C.C.「奥方……つまり、私があいつの妻にだと?」

ジェレミア「はい、その通りです」

C.C.「それは何故だ?」

ジェレミア「それは……C.C.様が我が主の、
    ルルーシュ様のお子様ランチを身篭ってございました」カション!

C.C.「動揺しているな」

ジェレミア「と、とんでもございますん! 何を証拠・根拠・基準に
    そんな事をおっしゃられるのか理解が不能です!」カションカション!

C.C.「……」

C.C.「あ、蹴った」

ジェレミア「け、けけ、蹴った!?
    しょ、将来が楽しみなサッカー選手ですな!」カションカションカションカション!

C.C.「……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:20:50.11 ID:UBxtuV3j0

C.C.「あまり目をパチクリさせるな。お前がそうするとうるさい」

ジェレミア「こ、これは失礼しました」

C.C.「ジェレミア」

ジェレミア「な、なんでしょうか」

C.C.「お前がこの件に関して話す事を禁じる。いいな?」

ジェレミア「この件とは……御懐妊のことですか?
    しかし、これはめでたき事ですので、他の者にも……」

C.C.「いいな?」

ジェレミア「い、イエス、ユアマジェスティ!」

C.C.「……」

C.C.(オレンジくんは、本格的に私をルルーシュの妻扱いか)


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:25:22.62 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……とにかく、噂を広めている人物を叩かなくては」

C.C.(オペレーターの三人娘は場所がわかっているからいいとして、だ)

C.C.(……)

C.C.(……問題はケツアゴの方だな)

C.C.「……む」

ディートハルト「おや、このたびはおめでとうございます」

C.C.「……」

C.C.「何がめでたいかは知らんが、丁度良い所に来てくれた」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:30:33.75 ID:UBxtuV3j0

ディートハルト「お二人の仲がよろしいとは聞いていましたが、
     まさか御懐妊しているとは思いませんでしたよ」

C.C.「……それはお前が流した噂だろう」

ディートハルト「いいえ、私は少しだけ噂を広めただけにすぎませんよ。
     ……その時、少々力をこめてしまったかもしれませんがね」

C.C.「やはりお前が元凶だったか?」

ディートハルト「元凶? これは心外ですね。
     元々これは、ゼロがこぼした言葉にすぎませんよ」

C.C.「事実無根だ」

ディートハルト「実際はそうでも、皆の認識は違います。
     皆、この閉鎖された空間では、心の底で娯楽を求めているのですよ」

C.C.「娯楽にされる方はたまったものではないがな」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:36:31.03 ID:UBxtuV3j0

C.C.「おい、何故カメラを回している」

ディートハルト「ああ、これですか。ドキュメンタリーの制作をと思いまして」

C.C.「ドキュメンタリーだと?」

ディートハルト「ええ、そうですとも。題して、
     『ゼロの第一子! その奇跡の軌跡!』でしょうかね」

C.C.「……センスの欠片もないな」

ディートハルト「しかし、これを放送すれば視聴率は独占でしょう」

C.C.「……」

ディートハルト「おっと、笑ってもらえますか? その方が画面が華やぐので」

C.C.「……」

C.C.「断る」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:40:10.84 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……とんでもない事になっているな」

C.C.「……」

C.C.「これは、直接アイツの口から噂を否定させるしかなさそうだ」

C.C.「……くそ」

C.C.「今回は私の負けらしいなルルーシュ。認めてやろう」

C.C.「……」

C.C.「部屋に……戻るか」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:43:54.06 ID:UBxtuV3j0

C.C.「部屋の前に着いたが……アイツに素直に頭を下げるのは癪だな」

『……れる……る!』

C.C.「ん? なにやら部屋の中が騒がしいが」

『おれ……!……れた!』

『人が……ってんのに……たって奴はあっ……!』

『……たい! たすけ……!』

C.C.「この声は、ルルーシュと……」

C.C.「カレンか?」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:48:41.35 ID:UBxtuV3j0

パシュン!

ルル「はな、話を聞いてく……おああっ!」

ポキポキン!

カレン「あんたら、人が真面目に戦ってる最中にそんな事してたっての!?」

グググッ……!

ルル「やめ……た、たすけええぐううっ!」

ポキポキン!

カレン「信っじらんない! やっぱあんたは最低よ!」グググッ…

ルル「ぬぐううおおあああぁぁぁっ!」ポキポキン!

C.C.「……」

C.C.「……綺麗なキャメルクラッチだな、カレン」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:53:10.43 ID:UBxtuV3j0

ルル「! C.C.……助け……助けてくれえっ!」

C.C.「……ふふっ、いい気味だなルルーシュ」

カレン「し、C.C.! あんたに聞きたい事があるんだけど!?」グイッ!

ボキン!

ルル「ぎゅん!」

C.C.「私に聞きたい事か。まあ、大体察しはつくがな」

カレン「わかってるんだったら話は早いわ!
    どういう事なのか、キッチリ説明してちょうだい!」

ルル「……」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 03:58:01.92 ID:UBxtuV3j0

C.C.「説明も何も、全て勘違いだ」

カレン「はあっ!? 勘違いなんて、そんなんで納得出来ると思ってんの!?」

C.C.「納得も何も、実際にそうなのだから仕方ない」

カレン「……意味わかんないんだけど」

C.C.「私は―――」

ルル「……」

C.C.「―――こいつと関係をもった事はない」

カレン「は?……え?」

C.C.「そういう事だ」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:02:25.70 ID:UBxtuV3j0

C.C.「私がルルーシュの秘蔵のナナリー画像を消して、
   こいつは眠れなかった」

ルル「……」

C.C.「ただ、それだけの事だ」

カレン「じゃ、じゃあどうしてあんな噂が立つのよ!?」

C.C.「人は噂好きだからな。それが面白おかしく、
   捻じ曲がって伝わっただけだ」

カレン「そ、そう。それならいいんだけど……」

C.C.「まあ、こいつの口から説明させれば、すぐに噂は立ち消えるだろう。
   なあ、ルルーシュ?」

ルル「……」

C.C.「……」


C.C.「死人に口無し、か」


おわり


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:33:53.06 ID:UBxtuV3j0

C.C.「とりあえずお前の誤解が解けて助かったよ、カレン」

カレン「誤解って……あんなに凄い噂が立ったら、
    さすがに何割かは本当だと思うに決まってるじゃない」

C.C.「ほう? お前に伝わる頃には、どんな尾ヒレがついていたんだ?」

カレン「それは……い、いいじゃないそんな事!
    事実無根なんでしょ!?」

C.C.「さてな。噂を聞いてみるまでは判断出来ん」

カレン「あんた……性格悪いわね」

C.C.「ああ、よく言われるよ」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:37:16.99 ID:UBxtuV3j0

カレン「私が聞いたのは、あんたがゼロを……ルルーシュを誘ってるって事」

C.C.「ふむ、それは知っているな」

カレン「そ、それで……特殊なやり方を……その……」

C.C.「ああ、それも聞いている」

カレン「前も後ろも調教済みで……」

C.C.「……初耳だ」

カレン「いつも、あ……あそこに何かを入れるよう命じられてるって事ね」

C.C.「……」

C.C.「そんな噂がまかり通るとは……心外だ」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:40:47.91 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……なあカレン」

カレン「な、何よ」

C.C.「お前、その噂をどこまで信じていたんだ?」

カレン「んなっ!? なんでそんな事言わなきゃいけないわけ!?」

C.C.「なあに、ただの興味本位だ」

カレン「じゃあ教えなくても良いわよね! はい、この話は終わり!」

C.C.「いいや、駄目だ。お前が私の事をどう思っていたかが気になるしな」

カレン「えっ……と」

C.C.「さあ、どうなんだ?」

カレン「……全部、かな。あ、あはははは」

C.C.「……」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:45:01.48 ID:UBxtuV3j0

C.C.「……カレン、私は悲しいよ。お前にそう思われていたなんてな」

カレン「それが悲しい顔!? 怖いんだけど!」

C.C.「ああ、悲しいとも。悲しいから、
   私はお前の噂を流してしまうかもしれない」

カレン「はあっ!? ちょ、ちょっと! それ、どういう意味よ!?」

C.C.「そのままの意味さ。
   『昨日のゼロとカレンは、私が驚く程激しかった』、とな」

カレン「何よそれ!?」

C.C.「噂の種、だな」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:50:09.32 ID:UBxtuV3j0

C.C.「私は悲しくなるとな、つい口が軽くなるんだ」

カレン「……あんた、私を巻き込む気?」

C.C.「人の噂もなんとやら、だ。
   さすがに、その間私一人が道化になるのは嫌でね」

カレン「そ、そんなのゼロが、ルルーシュが否定すればすぐ消えるわ!」

C.C.「私もそう思ったんだがな、お前が信じてしまうような噂だぞ?」

カレン「……うっ」

C.C.「この噂、すぐには消えないだろうと思ったんだ」

カレン「だからって……」

C.C.「カレン。一緒に道化を演じようじゃないか」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:53:49.69 ID:UBxtuV3j0

ドンドン!

カレン「だ、誰?」

C.C.「奇声を上げてはいないからロロではないと思うが……」

??『開けてくださいまし! 中で何をなさっているんですか!?』

カレン「この声は……」

C.C.「この勢い……完全に誤解しているな」

ピッ…パシュン!

神楽耶「どういう事ですのゼロ様!? わたくしという妻がありながら!」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 04:59:01.06 ID:UBxtuV3j0

カレン「落ち着いて!」

神楽耶「落ち着けですって!? それは無理というものです!」

C.C.「……ふむ」

神楽耶「あなたは何をそんなに冷静でいるんですの!」

カレン「ねえC.C.、なんとか言いなさいよ」

C.C.「……あまり嫉妬するな、神楽耶」

神楽耶「っ!?」

カレン「ちょ、ちょっと!?」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:02:41.37 ID:UBxtuV3j0

C.C.「英雄、色を好む。そうだろう?」

神楽耶「それとこれとは話が別です!
    こ、子供が出来たと聞きましたので!」

C.C.「あんまり怒鳴るな。お腹の子に悪いだろう」サスサス

神楽耶「な、なんですの慈愛の眼差しは……!?」

C.C.「あっ、蹴った」

神楽耶「蹴っ……」

フラッ…

カレン「ちょっと神楽耶さま!? C.C.、あんた誤解を解く気あるの!?」

C.C.「……ふふっ、さてな?」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:06:46.04 ID:UBxtuV3j0

神楽耶「わたくしではなく……C.C.様に第一子が……?
    皇の家名が……第二夫人に……?」

C.C.「カレンが次に身篭ったら、その立場も危ういんじゃないか?」

神楽耶「おうふ!」

カレン「あんた、神楽耶様をからかって楽しんでない!?」

C.C.「さあ、それはどうかな? お~、よしよし」サスサス

神楽耶「こ、ここ……」

神楽耶「このままではいけませんわ!」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:11:42.73 ID:UBxtuV3j0

神楽耶「せめて……せめて次はわたくしでなくては!」

C.C.「ふむ。どうするつもりだ?」

神楽耶「決まっているじゃありませんか!
    今すぐゼロ様の男気を見せて貰うのです!」

カレン「男気って……ちょ、えええっ!?」

神楽耶「その立場に甘え安穏と暮らしていたわたくしが愚かでしたわ。
    いくらわたくしと周囲が言い張った所で、子がいるのといないのでは天と地の差」

C.C.「つまり?」

神楽耶「ゼロ様! どこにいますの!?
    今すぐ! 今すぐわたくしと子作りをば!」

ルル「……」

ルル「……ん、んんっ」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:14:43.03 ID:UBxtuV3j0

ルル「ここは……? さっきまで俺は母上と一緒に……」

神楽耶「その服……ゼロ様?」

ルル「!?」

ルル(何故、神楽耶がここに!?)

C.C.「ふふっ!」ニヤニヤ

ルル(……おのれC.C.! お前の仕業か!)

神楽耶「そのお顔……まさか、ゼロ様はブリタニア人ですの?」

ルル「!?」

ルル(しまった! 仮面をつけていない!)


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:18:15.90 ID:UBxtuV3j0

神楽耶「そんな……まさか……」

ルル(くそっ! 余計な手間を取らせてくれたなC.C.!)

C.C.「……」ニヤニヤ

ルル「……落ち着いてください、神楽耶様」

神楽耶「これが……これが落ち着いていられますか!」

ルル「……」

ルル「このゼロが、皇神楽耶に問う!」

神楽耶「!?」


161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:25:08.92 ID:UBxtuV3j0

ルル「貴方がこの俺を……ゼロを夫と定めた理由は何だ?」

神楽耶「そ、それは……日本を開放しようとする心に……」

ルル「ならば聞こう! 心に、人の心に人種の区別はあるのか?」

神楽耶「!」

ルル「……確かに私は貴方に真実を伝えていなかった。
   このゼロの正体がブリタニア人だと言う事を」

神楽耶「そ、そうです! それが問題ですわ!」

ルル「……だがそれは、私が貴方を信頼していたからでもある。
   貴方ならば、この私……いや、俺の本当の姿を
   認めてくれるだろうと思っていたからだ」

神楽耶「!!」


163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:31:57.15 ID:UBxtuV3j0

ルル「それに、夫婦となればいずれわかる事でしたからね」

神楽耶「ゼロ様……」

ルル「……俺の名前はルルーシュ。
   それが、貴方の夫の本当の名前だ」

神楽耶「ルルーシュ……ルル様っ!」

ぎゅっ!

ルル「おっと!」ポキン…

神楽耶「やはり、わたくしの夫は貴方以外に有り得ませんわ!」

ルル「これは光栄です、神楽耶様」ポキポキン…


165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 05:35:47.88 ID:UBxtuV3j0

ルル「……さあ、どうしてこうなったのか説明してもらおうか」

C.C.「相変わらず口が上手いな」

ルル「そんな事を聞いてるんじゃない!」

C.C.「それは本人の口から聞いたらどうだ? なあ、神楽耶」

神楽耶「そ、そうでしたわ!
    ルル様、C.C.様が妊娠されたというのは本当ですの!?」

ルル「何っ!? それは本当かC.C.!?」

C.C.「……」

C.C.「何だと?」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 06:00:43.47 ID:UBxtuV3j0

C.C.「おい、待てルルーシュ」

神楽耶「わたくしが聞いた話ですと、
    ルル様との子供はもう三ヶ月になると……」

ルル「ほわあっ!?」

カレン「えっ、何なのその驚きよう!?
    C.C.、あれってデマじゃなかったの!?」

C.C.「いや、デマなんだが……」

ルル「だ、大丈夫なのかC.C.!? そんなに歩き回って!」

C.C.「大丈夫に決まっているだろうが……!」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 06:05:59.43 ID:UBxtuV3j0

ルル「すまなかったC.C.……あんなに辛く当たってしまって」

C.C.「……ルルーシュ、お前。
   私と子供が出来ている事に違和感を感じないのか?」

ルル「ここに、俺とお前の子供がいるのか……」

そっ…

C.C.「腹に手を当てるな」

カレン「や、やっぱり本当だったのね……!」

神楽耶「ルル様! わたくしとも子作りを!」

C.C.「ああ、もう!」

ルル「ふふっ……ぷにぷにだ」クニッ

C.C.「腹をつまむな!」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 06:10:51.10 ID:UBxtuV3j0

C.C.「いいか、良く聞けルルーシュ」

ルル「何だ?」

C.C.「私の腹に、子はいない」

ルル「っ!? C.C.っ!」

バチンッ!

C.C.「痛っ!……な、何故ぶった!? お、お前……私をぶったな!?」

ルル「当たり前だ!」ポロポロ

C.C.「……何故お前が泣く」

ルル「俺の事が気に入らないなら、それは仕方ない。
   ……だが、自分の子を否定するな!」ポロポロッ

C.C.「……はぁ」


176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 06:14:25.94 ID:UBxtuV3j0

ルル「C.C.……おれは奴とは、ブリタニア皇帝とは違う」

C.C.「……そうか」

ルル「だから俺は、俺達の子も愛する。勿論お前もだ」

ぎゅっ

C.C.「なっ、は、離せ!」

ルル「だから、子はいないなんて悲しい事は言わないでくれ……!」

C.C.「……」

C.C.「……はぁ」


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 06:19:32.48 ID:UBxtuV3j0

ルル「お前がナナリーの画像を消してしまったのも、
   妊娠初期で不安定だったからだと思う。気にすることはない」

C.C.「……おい。カレン、神楽耶」

ルル「失った物は、また取り戻せば良い。
   そして今は、新しい命が育まれていることを素直に喜ぼうじゃないか」

C.C.「……こいつを何とかしてくれ」

カレン「……良い、うっ……話じゃない……グスッ」

神楽耶「これは……認めざるを得ませんわね」

C.C.「……」


181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 06:25:25.48 ID:UBxtuV3j0

ルル「俺とお前の子だ。きっとたくましく育ってくれるに違いない」

C.C.「……もしもの話だが、確実にそれは無いだろう」

カレン「私……変に嫉妬しちゃってたみたいね。悪かったわ」

C.C.「カレン、頼む。戻ってきてくれ」

神楽耶「わたくし……第二夫人でも我慢……いえ、満足ですわ!」

C.C.「勝手に話を進めるな」

C.C.「……」

C.C.「……どうすればいいんだ、この状況は」

…ドンドン

C.C.「ん?」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 06:30:44.04 ID:UBxtuV3j0

キュィィン!

C.C.(これは……ギアスか)

??『……僕は認めないからね』

C.C.「認めるも何もだな……そんな事実はそんz」

??『……ギギギ』

C.C.「!?」

ヒュゥゥン!

C.C.「……」


 ドン ドン


おわり


244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:10:24.98 ID:UBxtuV3j0

ルル「……ナナリー」

ルル「お前に会えない事がこんなにも
   俺の心を締め付けるとは思わなかったぞ……」

ルル「……」

ルル「……放送で見たナナリーは立派にやっていたな。
   俺の記憶のナナリーよりも、少し大人びていた。綺麗に……なっていた」

ルル「……ゴクリ」

ルル「……っ!? お、俺は今何を考えた!?」

ルル「俺は……俺は純粋に妹としてナナリーを愛しているだけだ!」

ルル「断じて……断じてそんな事は考えて……」

ルル「……」


245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:14:26.07 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「……」

扇「……ロ……ゼ……」

ゼロ「……」

扇「ゼロっ!」

ゼロ「!……す、すまない。少し考え事をしていた」

扇「珍しいな、ゼロがボーッとしてるなんて」

ゼロ「今度の作戦は失敗する訳にはいかないからな。
   私とて昼夜計画を練っていれば疲れもするさ」

扇「……ああ。今度のナナリー提督奪還作戦h」

ゼロ「オナニー提督だと!?」

扇「……」

扇「……えっ?」


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:18:01.25 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「……」

扇「……」

ゼロ「……す、すまない。今のは忘れてくれ」

扇「……あ、ああ。わかった」

ゼロ「……」

扇「もしかして、今のはナナリーとオナニーをかけた冗談だったのか?
  だとしたらすまn」

ゼロ「ナナリーでオナニーだと!? 私はそんな事はしていない!
   するはずがないだろう!」

扇「……」

扇「……そ、そうか」


250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:22:14.03 ID:UBxtuV3j0

扇「ど、どうやら疲れがたまっているみたいだな」

ゼロ「……ああ、“たまっている”みたいだ」

扇「……なあゼロ。今日はもう休んだらどうだ?」

ゼロ「いや、しかし……」

扇「悪いことは言わない。休んだ方が良い」

ゼロ「……ああ、そうさせてもらおう。
   気を使わせて悪かった」

扇「いや、俺が気を使ったのはゼロにじゃない。騎士団の皆さ」

ゼロ「ほう?」

扇「……」

扇「あんたがそんなんじゃ、皆の士気に関わるからな」


251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:26:07.78 ID:UBxtuV3j0

ルル「……」

ルル「皆の士気に関わる、か……」

ルル「……」

ルル「……だが、さすがに疲れているらしいな。
   このままソファーに沈み込んでしまいそうだ」

ルル「……」チラッ

ルル「……こうやって、ナナリーのスクラップ記事を
   見ることが俺の今の唯一の楽しみ、か」

パラッ…パラッ…

ルル「……ああ」

ルル「心が癒されていく……」


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:30:58.84 ID:UBxtuV3j0

ルル「……ああ!」

ルル「写真とはいえ、ナナリーの笑顔が染み入るようだ……!」

ホワ~ン

ルル「……俺の傷ついた心の隙間を埋めるように」

ムクムクッ

ルル「……俺の疲れた股間を刺激するように!?」

ルル「こ、これは違う! 疲労から来る、ただの生理現象だ!」

ルル「断じてナナリーに性的興奮を覚えた訳では……」

ルル「……」

ルル「……ゴクリ」


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:36:17.48 ID:UBxtuV3j0

ルル「……」

そ~っ…

ルル「……っ!?」

ルル(……)

ルル(今、俺は何をしようとしていた!?)

ルル(何故右手を股間に移動させていた!?)

ルル「自らの手でナナリーを汚すような真似は断じて行っては……」

むくむくむくっ!

ルル「……」

ルル「……ナナリーのスクラップ記事が載っている机に、
   偶然俺の股間が当たってしまったのならば、仕方が無いかもしれんな」


256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:41:06.15 ID:UBxtuV3j0

ルル「……」

ルル「俺は何をやっているんだ!?」

ルル「これでは偶然ではない!
   完全に意識的にやっている事じゃないか!」

ルル「……」

ルル「ナナリー……すまない」

ルル「……兄さんは。お前の兄は、お前でオナニーをしようとしている」

ルル「……」

ルル「それも……最大限に楽しむために全裸にまでなった」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 20:45:44.40 ID:UBxtuV3j0

ルル「お前に向ける顔がないよ、ナナリー……」

ルル「……」

…カポッ、カションカション

ゼロ「……」

ゼロ「せめて手は使わないよ、ナナリー」

ゼロ「……」

ゼロ「しかし、机の高さが低いな。……よっ、と」

ゼロ「……騎士団の皆にはすまないと思う」

ゼロ「……だが!」

ゼロ「これより私は、中腰で机オナニー作戦を実行に移す!」


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:14:43.43 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「……しかし、不安な点がいくつかある」

ゼロ「盛り上がってきて、もし俺が理性を保てなくなった場合だ」

ゼロ「……おそらく俺は、手を使うだろう」

ゼロ「……」

ゼロ「くそっ! こんな時にC.C.がいてくれたら!」

『紅月カレン、ただ今哨戒任務を終え戻りました!』

ゼロ「……」

ゼロ「良いタイミングだ、カレン!」


275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:18:38.91 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「入ってくれ」

『はい』

パシュン!

カレン「ルルーシュ、なんか扇さんがゼロの様子がおかしいぃっ!?」

ゼロ「早くドアを閉めてくれ。寒い」

カレン「な、なん……」

パシュン!

カレン「なんであんたは全裸なのよっ!?」

ゼロ「全裸ではない。仮面をつけている」

カレン「そういう問題じゃないでしょ!」


276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:22:59.82 ID:UBxtuV3j0

カレン「いいからルルーシュ! とっとと服を……前を隠しなさいよ!」

ゼロ「……カレン、私はゼロだ。
   ルルーシュという男はここにはいない」

カレン「馬鹿な事言ってないで早く!」

ゼロ「駄目だ。服を着ると、これからの作戦行動に支障をきたす」

カレン「さ、作戦行動って……どうせ適当に言ってるんでしょ!?」

ゼロ「いいや、違う。俺は本気だよカレン」

ゼロ「……私の名は……ゼロ!」

ゼロ「……ナナリー提督をオカズに、オナニーをする者だ!」


280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:27:10.68 ID:UBxtuV3j0

カレン「ナナリーをオカ……何言ってんのあんた!?」

ゼロ「おっと、すまない。今の言葉だけではキチンと伝わらないな」

カレン「えっ?」

ゼロ「正確には、ナナリー提督をオカズに中腰で机オナニーを行う」

カレン「……聞かなきゃ良かったわ」

ゼロ「焦るなカレン。まだ続きがある」

カレン「……何よ」

ゼロ「手は、一切使用しない!」


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:32:20.33 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「だが、手を使用しないという条件は、
   俺一人の力だけでは達成出来る保証がない」

カレン「……」

ゼロ「そこへカレン! お前が現れた!」

カレン「……あんた、まさか」

ゼロ「察しが良いな。恐らく、お前が考えていることは当たっている」

カレン「あたしに、両手をしb」

ゼロ「私がオナニーをしている間、手を握っていてはもらえないか?」

カレン「れって……」

ゼロ「頼む、カレン」

カレン「……」

カレン「……予想以上だったわ」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:39:09.64 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「そうだ、そのまま机を挟む位置に立ってくれ」

カレン「……手を握ってろって言ったって、どうするの?」

ゼロ「そのまま両手を前に突き出してくれ。
   そうすれば、机に橋をかけるような形で手が握れる」

カレン「……ちょっと待って」ゴソゴソ

ゼロ「? 自ら目隠しだと?」

カレン「……だって、正面に立つんだから
    あんたのが丸見えになるじゃない」

ゼロ「気にするな」

カレン「気にするっての!」


292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:44:30.32 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「よし、手を握るぞ」

カレン「……ええ」

きゅっ

ゼロ「……カレン。お前の手、柔らかいな」

カレン「……その言葉、この状況で聞いても全っ然嬉しく無いわ」

ゼロ「そうか。ならばまたの機会に言うとしよう」

カレン「……」

ゼロ「……ともかく! これで全ての条件は整った!」

ゼロ「中腰で机オナニー作戦、開始!」


296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:49:50.33 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「カレン! 俺は中腰になるぞ!」

カレン「……報告とか、いいから」

ゼロ「いいや駄目だ! 戦況は全ての兵が把握する必要は無いが、
   今のお前はそれを把握する必要がある!」

カレン「……ああ、そう」

ゼロ「しかし、中腰という体勢は辛いものが……」グググッ…

…ぴとっ

ゼロ「ひょふっ!?」

カレン「な、何!? 何が起こったの!?」

ゼロ「も、問題ない。机が想定した以上に冷えていたので、
   玉が当たったとき驚いただけだ! 案ずるな!」

カレン「……」


298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 21:56:10.84 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「……よし。チンコの熱により、机が暖められてきた」

カレン「……良かったわね」

ゼロ「くくく! お前は見えなかっただろうが、
   太ももも併用していたからな」

カレン「……目隠しをして、本っ当に良かったと思ってるわ」

ゼロ「作戦を次の段階に移すぞカレン!
   ナナリーの写真を見ながら……ひ、卑猥な妄想をする!」

カレン「……報告とかいらないって言わなかった?」

ゼロ「……くっ! 気を抜くと今すぐにでもイってしまいそうだ!」

カレン「早くない!?」


299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 22:01:20.87 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「早くなどない! ナナリーは可愛い! それも、物凄くだ!
   そのナナリーで卑猥な妄想をしているんだ! 当然の事だろうが!」

カレン「は、はぁ……」

ゼロ「……だが! 俺はさらなる快楽を……戦果を得るために腰を振る!」

カレン「か、快楽とか言うのやめてよね!?」

ゼロ「う、おおおっ!」

ヘコヘコ

ゼロ「な、ナナリー! ナナリーぃっ!」

ヘコヘコ

カレン「……」


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 22:06:33.95 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「中腰の体勢でいる辛さを忘れる程の……圧倒的な充足感だ!」ヘコヘコ

カレン「……」

ゼロ「う、おおっ、な、ナナリー! ナナリー!」ヘコヘコ

カレン「……」

ゼロ「な、なな……な……ナナリーーーィッ!」ビクンッ!

…びゅっ! びゅるっ、びゅっ、びゅくんっ!

ゼロ「お、おおうっ、うふっ!」

ゼロ「…………ふぅ」

カレン「……」


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 22:11:31.14 ID:UBxtuV3j0

ゼロ「……ありがとう、カレン。
   お前のおかげで俺は作戦を完遂させる事が出来た」

ガポッ

ルル「……さあ、もう目隠しはとって平気だぞ。服は着た」

カレン「……そう」

ルル「改めて礼を言う。ありがとう、カレン」

カレン「……どういたしまして」

ルル「おかげでこんなに出た」

ぬらあっ…

カレン「~~~っ!? ぜ、全然平気じゃないじゃないのよ!」


307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 22:15:26.04 ID:UBxtuV3j0

カレン「良い!? もう二度とこんな事は手伝わないからね!」

ルル「それは残念だ」

カレン「次からは、こういう事はC.C.に頼みなさいよ!? いい!?」

ルル「ふむ。どうだC.C.、手伝ってくれるか?」

C.C.「断る」

カレン「……」

カレン「あ……え、い、いつからそこにいたの!?」

C.C.「お前が目隠しをしたすぐ後位だな」


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 22:20:39.09 ID:UBxtuV3j0

カレン「あんた、今までずっと見てたわけ!?」

C.C.「ああ、見ていたとも。お前がルルーシュの手を取り、
   健気に自慰行為を手伝っている様をな」

カレン「声くらいかけなさいよ!」

C.C.「盛り上がっていたものだからな。
   邪魔をするのは悪いと思ったんだ」

ルル「凄く気持ち良かったぞ」

カレン「あんたは黙ってて!」

C.C.「まあ、ルルーシュも私に気付いていなかったようだからな。
   ……ふふっ、仕方ないんじゃないか?」

ルル「いや、気付いていたぞ」

C.C.「何?」


314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/28(木) 22:27:45.88 ID:UBxtuV3j0

C.C.「気付いていたのか?」

ルル「ああ、完全に集中する前だったからな。
   勝手にこの部屋に入るのはお前くらいなものだから、わかっていた」

カレン「それにしては……一切反応しなかったじゃない」

ルル「当然だろう。俺は、ナナリーでオナニーをしようとしていたんだぞ?」

C.C.「……それがどうかしたのか?」

ルル「なのにお前の顔を見たら、
   高ぶっていた興奮がゼロになってしまうだろうが」

C.C.「……」

C.C.「おいルルーシュ、服を脱げ」

C.C.「……私がお前を興奮させてやる」


おわり


369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:03:57.43 ID:aW9m0Euq0

C.C.「だからそんなに怒るな」

ロロ「……」

C.C.「全ては誤解、誤情報だ」

ロロ「……じゃあ、本当に貴方は妊娠していないんですね?」

C.C.「当たり前だ」

ロロ「……良かった。まだ兄さんの童貞は守られt」

C.C.「いや、それは知らん」

ロロ「!?」


370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:07:18.91 ID:aW9m0Euq0

ロロ「それはどういう事ですか!?」

C.C.「どういう事も何も、
   どうして私がルルーシュの貞操を把握していなければいけないんだ」

ロロ「……そ、それは確かにそうだけど……でも!」

C.C.「それよりも良いのか?」

ロロ「何がですか?」

C.C.「アイツの童貞は、今正に神楽耶に奪われようとしているぞ」

神楽耶「ルル様~」

ロロ「!!?」


372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:12:29.25 ID:aW9m0Euq0

神楽耶「C.C.様と子をなしたのですから、次は是非わたくしに」

ルル「ふむ……」

カレン「いやいやいや! お互いの年齢を考えなさいよね!?」

神楽耶「あら、わたくしは一向に構いませんわよ。
    昔の日本ではわたくしの年齢ならば伽をする年齢でしたから」

ルル「なる程。ブリタニアならば話は別だが、
   それならば問題はクリアーされているな」

カレン「待ちなさいよ! 今はそれ犯罪になるわよ!?」

神楽耶「あら。元々ルル様はテロ組織、黒の騎士団のリーダーゼロですわ。
    今さらそんな細かい事を気にする必要はないと思いますわ」

ルル「……一理ある」

カレン「はあっ!?」


374: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:17:38.00 ID:aW9m0Euq0

ルル「いいかカレン。いくら俺でも性欲というものは存在するんだ」

カレン「せいよ……何言ってんのよ!」

ルル「だから当然セックスには興味があるんだが、
   C.C.と子作りした時の事が一切思いだせんのだ」

カレン「……最低」

ルル「故に! 神楽耶様としてその恥的好奇心を満足させる!
   さらに、その時の快感でC.C.とした時の事も思い出すかもしれん!
   ……完璧な策だとは思わないか」

カレン「これっぽっちも思わないわ!」

神楽耶「さすがですわルル様!」

カレン「神楽耶様も、この馬鹿に乗らない!」


376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:23:40.20 ID:aW9m0Euq0

C.C.「さあどうする? このままでは
   ルルーシュは神楽耶とはじめてしまいそうだぞ」

ロロ「そ、そんなの駄目だ! 兄さんは綺麗なままでいなきゃ!」

C.C.「しかも、あの様子だと途中でカレンも乱入しそうな勢いだ。
   ……ふふっ、嫉妬とは中々可愛げがある」

ロロ「初めてなのに三人で!? う、うああ……!」

C.C.「さあロロ。ここでお前に出来る事とはなんだ?」

ロロ「僕に出来る事……兄さんを僕がイカせる!」

C.C.「駄目だな。それは一時凌ぎに過ぎない」

ロロ「……ど、どうしたら……どうしたら良いんだ!」


380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:29:12.37 ID:aW9m0Euq0

C.C.「……ロロ、取引をしようじゃないか」

ロロ「取引……?」

C.C.「何、簡単な事だ。お前にはある噂を広めてもらいたいだけだ。
   変わりに、私がこの場をなんとかしてやろう」

ロロ「……その、ある噂とは?」

C.C.「……ふふっ!」

……ゴニョゴニョ

ロロ「……」

C.C.「……どうだ?」

ロロ「……取引……成立だ」

C.C.「そうか。この話に乗ってくれて嬉しいよ、ロロ」

C.C.「……さあ行け。後は私に任せておけ」


382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:34:51.55 ID:aW9m0Euq0

ルル「何故邪魔をしようとする、カレン」

神楽耶「そうですわ。邪魔しないでくださいまし」

カレン「そ、それは……人としてよ!」

ルル「人として、だと? 俺がそんな言葉に騙されると思っているのか。
   カレン。お前は本当にそう思っているわけではないだろう?」

カレン「なんでそんな事が言い切れるのよ」

ルル「断言出来る。俺とお前の仲だからな」

カレン「えっ?」

神楽耶「そうですわ! なんなら、カレン様もご一緒しません?」

カレン「はあっ!? ご、ご一緒って……ええっ!?」

ルル「神楽耶様がそれでいいのなら俺h」

C.C.「待て。私は許可した覚えはないぞ」

一同「?」


386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:39:18.95 ID:aW9m0Euq0

ルル「C.C.?」

C.C.「ルルーシュ。お前は私という者がありながら他の女に手を出す気か?
   私のお腹には、お前の子がいるんだぞ?」

ルル「いや……それは……」

神楽耶「C.C.様! 抜け駆けした上、ルル様を独り占めするおつもりですか?」

C.C.「ああ、そうさ。私は独占欲が強いんだ」

ぴとっ

ルル「お、おいC.C.。あまりくっつくな」

カレン「何やってんのよ、C.C.!」

C.C.「いいじゃないかルルーシュ。
   今さら照れる様な間柄でもないだろう?」


387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:45:05.62 ID:aW9m0Euq0

神楽耶「C.C.様。……ルル様はわたくしの夫になるお方でもありますのよ」

C.C.「らしいな。だが、今は違う」

神楽耶「それでも、わたくしの将来の旦那様です」

C.C.「将来の、な。今は私の相手だ」

ぴとっ

ルル「胸が当たっているんだが」

C.C.「気にするな。あの日、あんなにも触ったじゃないか」

カレン「あんなにもって……どんなによ?」

C.C.「ふふっ、それは教えてやらん」


389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:48:33.74 ID:aW9m0Euq0

ルル「……なあ、C.C.。つかぬ事を聞くが」

C.C.「何だ?」

ルル「俺は……本当におまえとセックスしたのか?」

C.C.「おいおい、でなければ子が出来るわけがないだろう。
   何故そんな事を聞く?」

ルル「……いや、お前にくっつかれてもな」

C.C.「?」

ルル「……何故か、まるで興奮しないんだ」

へにょっ…

C.C.「……なん……だと?」


394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 13:53:29.43 ID:aW9m0Euq0

神楽耶「興奮しない……それは本当ですの?」

ルル「ああ、これっぽっちも」

C.C.「これっぽっちもだと!?」

カレン「……疲れてるとか?」

ルル「いや、むしろ体調は良いぞ。
   ナナリーの事を考えただけで……おうふっ!」

ルル「……前かがみになってしまうくらいに」

神楽耶「……これはどういう事ですのC.C.様?」

カレン「……そうね。なんか変だわ」

C.C.「……」


398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:00:15.92 ID:aW9m0Euq0

神楽耶「これは雲行きが怪しくなってまいりましたわね」

カレン「そうね。どういう事かしらC.C.?」

C.C.「……こ、子供のお前達にはわからんさ」

むにゅっ

ルル「胸を強く押し付けるな。骨が折れるだろうが」

C.C.「……」

神楽耶「C.C.様。よろしければどうやっていたしたかを
    教えてもらえませんか?」

カレン「そうね。わたしも気になるわ」

C.C.「いや……それはだな……」


400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:05:18.60 ID:aW9m0Euq0

神楽耶「さすがにこの様に胸を押し付けても
    お元気になられないとなると……」

ぺたー

C.C.「あっ、おい」

カレン「神楽耶様まで何やってるんですか!」

ルル「神楽耶様、胸を押し付け……はっ!」

ぴくん

ルル「この胸の感触……まるで、まるでナナリーの……!」

…むくっ

C.C.「なん……だと……?」

神楽耶「あ、あらっ///」

カレン「反応……してるわね」


403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:11:36.52 ID:aW9m0Euq0

ルル「余分な脂肪に邪魔されず、
   体温を感じられる程度の程よい膨らみ……」

ルル「これはまさしく、究極のおっぱいだ!」

ビキーン!

神楽耶「ふ、服の上からでもルル様のたくましいお姿がわかりますわ///」

ルル「……ああ。おかげで前かがみにならざるを得ない」

神楽耶「も、もう、ルル様ったら!///」

C.C.「……」

…むにゅっ

ルル「すまないC.C.。うっとうしい」

C.C.「!?」


406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:17:36.03 ID:aW9m0Euq0

C.C.「わ、私の胸が……うっとうしいだと……!?」ヨロッ…

カレン「……あらあらC.C.。無様ねえ」

C.C.「ぶ、ぶざっ、私が無様だと!?」

カレン「ええ、そうよ。ルルーシュを独占しようとあんな嘘までついて、
    しかも色仕掛けまでしたのにこの結果?」

C.C.「いや、それは違……っ!」

カレン「ふん! 胸を押し付けても何の反応もなかったのは事実でしょ?
    色気が足りなくて、食欲が旺盛な人は大変ねC.C.」

C.C.「私に色気がないだと!? 聞き捨てならん!」

カレン「言い訳無用! ピザでも食べてなさい!」

C.C.「!」


409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:23:02.39 ID:aW9m0Euq0

C.C.「……」

カレン「何も言い返せない?」

C.C.「……カレン。ならばお前はどうなんだ?」

カレン「何ですって? それ、どういう意味よ」

C.C.「先ほどのルルーシュの言葉を聞いていなかったのか?
   お前の胸では、ルルーシュを興奮させる事は出来んぞ」

カレン「……私の胸じゃルルーシュを興奮させられない、ねぇ」

C.C.「ああ、そうだ。ふふっ! 残念だったなカレン」

カレン「……」

カレン「……それは、どうかしらね?」

C.C.「……何?」


414: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:27:36.60 ID:aW9m0Euq0

C.C.「しかし、たった今ルルーシュは薄い胸こそが究極だと……」

カレン「……丁度良いわ。ルルーシュが前かがみになってる事だしね」

C.C.「何が丁度良いと言うんだ」

カレン「……見せてあげるって言ってんのよ。
    この、紅月カレンのおっぱい力を!」

C.C.「ほう?……面白い」

カレン「……ルルーシュ」

ルル「なんだカレ……むぷっ!?」

ふわん

C.C.「ルルーシュの顔を胸ではさんだだと? しかし、それでは……」

カレン「……」

ルル「む、むおっ……!」


416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:30:50.60 ID:aW9m0Euq0

神楽耶「カレン様、何をなさいますの!?
    それではルル様の興奮が……!」

カレン「黙って見ててちょうだい」

ルル「む、むぶくくっ……!」

むにょむにょっ

カレン「あっ、こら、暴れないの!」

C.C.「あれでは暴れるのも無理はn」

ルル「は、はい……母上」

C.C.「!?」


421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:35:31.11 ID:aW9m0Euq0

カレン「こらこら、私はあんたのお母さんじゃないわよ」

ルル「そ、そうだったなカレン」

カレン「……どう? 私のおっぱい」

むにょむにょっ

ルル「優しく包み込むような大きさと柔らかさ、
   母性を感じるほどのこの膨らみ……」

ルル「これはまさしく、至高のおっぱいだ!」

C.C.「!」

カレン「……どう、C.C.?」

C.C.「……くっ!」

ルル「カレン。母乳は出ないのか?」


426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:41:24.90 ID:aW9m0Euq0

カレン「そ、それはさすがに無理ね」

ルル「……えっ、あ、そうか……」シュン

ルル「……」

ルル「……まあいい。二人共、離れてくれ」

神楽耶「よろしいのですか?」

ぺたー

ルル「……ああ」

カレン「本当にいいの?」

むにょむにょっ

ルル「……ああ」

神楽耶・カレン「……」


427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:45:35.33 ID:aW9m0Euq0

ルル「……」

カレン「ねえ、どうしちゃったのよ」

ルル「……すまない。今、俺の思考は母乳で埋め尽くされているんだ」

神楽耶「それはさすがにわたくしとカレンさんでも……」

ルル「……」

ルル「……! そうだ! この手があったか!」

C.C.「……」

ルル「C.C.!」

C.C.「……えっ、あ、何だ? 何か用か?」

ルル「おっぱいを吸わせてくれ!」

C.C.「……」

C.C.「えっ?」


430: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:50:12.50 ID:aW9m0Euq0

C.C.「お前は何を言っているんだ!?」

ルル「くくく! 危うく見落とすところだったぞC.C.。
   さあ、こちらへ来てくれ。そしておっぱいを吸わせてくれ」

C.C.「な、何故だ」

ルル「お前は妊娠しているんだろう? ならば、妊娠初期とはいえ
   母乳が出る可能性はある」

神楽耶「……なるほど。その可能性は十分にありますわね」

カレン「……そうね。悔しいけど、母乳が出る可能性が一番高いのはC.C.だわ」

C.C.「……」

C.C.「あ、いや……」


434: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 14:56:03.28 ID:aW9m0Euq0

ルル「聞くところによると、女性は想像妊娠でさえ
   母乳が出てしまう場合があるそうだ。なあカレン?」

カレン「らしいわね。私はそんな事はなかったんだけど」

ルル「人体の神秘だな。
   神楽耶様、C.C.のおっぱいを吸っても?」

神楽耶「ええ、その程度でしたら構いませんわ」

ルル「……という訳だC.C.! 全ての条件はクリアーされた!
   あとは実行に移すのみ!」

C.C.「……ルルーシュ、実はだな」

ルル「すでに母乳が出るのか!? さすが母となった女は違うな……!」

C.C.「……」


438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 15:02:06.06 ID:aW9m0Euq0

C.C.(……どうする? 今のこいつに本当は妊娠していないと言った所で……)

ルル「さあ、おっぱいを出せC.C.!」

C.C.(……通じそうにない)

C.C.(しかし、この状況を切り抜けるには……)

C.C.(……)

C.C.「……ルルーシュ」

ルル「なんだ」

C.C.「……母乳が飲みたいか?」

ルル「無論!」


439: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 15:05:55.96 ID:aW9m0Euq0

C.C.「だが、私はお前が満足出来る程の母乳は出そうにないんだ」

ルル「何っ!?」

C.C.「……だがな。この斑鳩にはお前を
   満足させる事が出来る胸を持つ人物が一人だけ乗っている」

ルル「……何?」

C.C.「気付いていないのか?」

ルル「……ま、まさか!?」

C.C.「……」

C.C.「……そう」

C.C.「コーネリアだ」


444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 15:10:55.26 ID:aW9m0Euq0

C.C.「大きさなら申し分なく、しかも姉という事もあり、
   マザコンでシスコンでもあるお前を満足させられる条件をクリアーしている」

ルル「いや、だが姉上が母乳が出るとは……」

C.C.「出る。必ずな」

ルル「何故、そう言い切れる?」

C.C.「……」

C.C.「出ている所をこの前見かけた」

ルル「!!!」

C.C.「……」

C.C.(すまんなコーネリア)

C.C.(……私は自分が一番可愛いんだ)


448: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 15:14:40.15 ID:aW9m0Euq0

コーネリア「……」

ルル「そう睨まないでください姉上。今日はお願いがあってここに来ました」

コーネリア「……私がお前の頼みを聞くと思うか?」

ルル「お願いします姉上!」ガバッ

コーネリア「……お前が土下座をするとは。聞くだけは聞いてやろう」

ルル「おっぱいを……吸わせてください」

コーネリア「……」

コーネリア「えっ?」


ルル「お願いだ……お願いします……!」


おわり


452: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/08/29(金) 15:15:53.93 ID:aW9m0Euq0

こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう

変態、それは我が羞恥の名



元スレ:C.C.「そんなに怒るな」

他サイト様の最新記事