2: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:47:10.77 ID:FoSoqZgh0

モバP「幸子ー」

幸子「カワイイボクを呼びましたか、プロデューサーさん!」

モバP「いや、呼んでないぞ」

幸子「いや、呼びましたよね?」

モバP「幻聴じゃないか?」

幸子「幻聴のはずがありません!」

幸子「ちゃんとこのカワイイボクの耳で聞いたんですから!」

モバP「そうか、じゃああの子の声じゃないか?」

幸子「何を馬鹿な……そんなことありえません!」

幸子「……ありえませんよね?」

モバP「本当に俺は何も言ってないぞ?」

幸子「……本当ですか?」

モバP「ああ、もちろん」

幸子「本当に本当ですか?」

モバP「本当だ」

幸子「……」

幸子「ほ、ほんとうの! 本当の本当に本当なんですね!?」

モバP「嘘だ」

幸子「や、ややや、やっぱり本当なんだーー」

幸子「ーーえ、嘘?」

モバP「ああ、嘘だ」

幸子「な、なんなんですかもうっ!」

モバP「すまん、怖がる幸子が可愛くてな」

幸子「カワイイのは当然です、ボクなんですから!」

幸子「で、でも怖がってなんていませんよ! カワイイボクがそんな怖がるわけないじゃないですか!」

モバP「怖がってたほうが可愛いと思うけど」

幸子「実はすっごく怖がってました、フフーン!」

モバP「幸子はちょろいなぁ!」

幸子「口に出てますよ!」






芳乃「……」


3: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:47:53.02 ID:FoSoqZgh0

芳乃「そなたー」

モバP「おう、お疲れ様、芳乃」

芳乃「カワイイわたくしの姿を見てくれましたでしょうかー」

モバP「おう、見てたぞーー」

モバP「ーーん?」

芳乃「当然のことでしてー」

芳乃「そなたがカワイイわたくしに目を奪われないはずがないのでしてー」

モバP「ちょっと待て、芳乃」

芳乃「どういたしましたかー、今もカワイイわたくしに見惚れてしまいましたかー?」

モバP「いや、あのな……」

芳乃「まあわたくしはカワイイのでー、仕方ないことかとー」

モバP「」

芳乃「……そなたー?」

芳乃「どうしましたか、そなたー? ねーねー、そなたー?」

芳乃「は、もしや今のは幻聴でしょうかー?」

芳乃「それともあの方の声なのでしょうかー?」

芳乃「きゃあーでしてー、怖いのでしてー、がくがくぶるぶるでしてー」

モバP「よし、今すぐ帰って休め!」

芳乃「でもこの後まだお仕事がー」

モバP「もういいから! そんなのどうでもいいから! 帰ってじっくり、一週間くらい休め!」

芳乃「別に疲れてなんていないのでしてー」

芳乃「カワイイわたくしがそんな素振り見せるはずがーー」

モバP「いいから休め! な! な!」


4: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:48:38.02 ID:FoSoqZgh0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


菜々「おっはようございまーっす!」

菜々「ウサミン星からやってきましたウサミンです! ブイッ!」

モバP「あ、あべななじゅうななさいさんおはようございます!」

菜々「名前の後ろに余計なものがついてるんですけど!?」

モバP「いえ、忘れないように、念の為念の為」

菜々「忘れないようにってなんのことですか!?」

モバP「ほら、設定間違えると失礼だろ?」

菜々「設定ってなんですか!」

菜々「菜々は列記とした17歳です! 正真正銘のJKですよ! ジェイケイ!」

モバP「ところで菜々さん」

菜々「さんはいりません!」

モバP「この前掃除してたらスケルトンのゲームボーイカラー見つけたんですよ」

菜々「スケルトンカラー持ってたんですね、プロデューサーさん」

菜々「いやー、懐かしい! 菜々も昔はスケルトンのでいっぱい遊びましたよー」

菜々「不思議の木の実とか面白かったですよねー」

モバP「ゲームボーイカラー1998年発売、ふしぎの木の実2001年発売」

菜々「」

モバP「菜々さんはゲームボーイカラーを持って生まれたんですか?」

菜々「……」

モバP「……」

菜々「そ、そうなんですよー!」

菜々「ゲーム業界のブッダと周りからは囃し立てられましてねー!」

モバP「いや、無理があるだろ」






芳乃「……」


5: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:49:14.09 ID:FoSoqZgh0

芳乃「ねーねー、そなたー」

モバP「おう、芳乃。調子は大丈夫か?」

芳乃「大丈夫でしてー」

芳乃「わたくしはよしのん星からやってきたよしのん星人であるのでー、元気はつらつでしてー」

モバP「」

芳乃「やや、どうしましたかそなたー?」

芳乃「急に動きが止まってー」

モバP「いや、ちょっと俺疲れてるのかもしれない」

芳乃「なるほどー、ならばわたくしがそなたを元気付けてあげましょー」

モバP「いや、大丈ーー」

芳乃「よしのんちぇーんじ」

モバP「」

芳乃「よしのん星からやってきたよしのんでしてー、よしのんぱわーでそなたを元気にさせるのでしてー」

芳乃「よしのんびーむー」

芳乃「月に代わってお仕置きでしてー」

モバP「」

モバP「……」

モバP「さ、最後に一つ聞いていいか?」

芳乃「最後と言わずなんでも聞くのでしてー」

モバP「月に代わって……のセリフはなんだ……?」

芳乃「わたくしが昔読んでいた漫画の言葉なのでしてー」

芳乃「あー」

芳乃「今のは違うのでしてー、わたくしはジェイケイですからー、古本で読んだだけでしてー」

モバP「今日は休め芳乃ォ!」


6: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:49:58.41 ID:FoSoqZgh0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


裕子「サイキックエスパーユッコです!」

モバP「なんか増えてるぞ」

裕子「増えたほうがサイキックも強力になるかなって」

モバP「そういうもんなのか?」

裕子「そういうもんですよ!」

裕子「なんなら証拠を見せてあげます!」

モバP「いや、別にいいんだけど」

裕子「いつもは1本のところを……」

裕子「今日は2本スプーンを曲げます!」

モバP(聞いてないし)

裕子「行きますよ……」

裕子「サイキック~~~~」

裕子「物理!」

モバP「手! 今、手で曲げた!」

裕子「そうですよ?」

裕子「だって今のエスパーは腕力を強くするエスパーですから!」

モバP「開き直りじゃねーか!」

裕子「どうですか、すごいでしょう?」

モバP「あー、うん、すごいな」

裕子「えへへっ!」






芳乃「……」


7: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:50:37.44 ID:FoSoqZgh0

芳乃「ねーねー、そなたー」

モバP「おう、どうした」

芳乃「今日からわたくしはー、サイキックエスパーヨシノでしてー」

モバP「」

芳乃「今からこのサイキックエスパーヨシノがー、超能力をそなたに見せるのでしてー」

モバP「いや、あの、芳乃……」

芳乃「今からこの2本のスプーンを結ぶのでしてー」

芳乃「ふむむー、サイキックー」

モバP「……あのさ、芳乃、最近悩みでもーー」

芳乃「できましてー」

モバP「すげぇ!」

芳乃「どうでしてー?」

モバP「あー、うん、すごいな、芳乃」

芳乃「えへへー、でしてー」

モバP「でも今日もゆっくり休もうな」

芳乃「えー」


8: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:51:23.31 ID:FoSoqZgh0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「ねーねー、そなたー」

芳乃「わたくしは自分を曲げませんにゃーでしてー」

モバP「曲げてるじゃねーか!」


………………

………




芳乃「ちょりーす、そなたー」

芳乃「本日も頑張るでしてぽよー」

モバP「ネイルアート似合ってないぞ」

芳乃「本当でしてぽよー?」

モバP「後そのしゃべり方もな」


………………

…………

……


芳乃「にょわー、よしのだにぃでしてー」

芳乃「今日もよしのんぱわーでめるへんちぇんじでしてー」

モバP「混ざってるぞ」


………………

…………

……


芳乃「ふーん、そなたがわたくしのプロデューサーでしてー、ほー」

芳乃「まあ悪くないでしてー」

モバP「そうか、悪くないと思えてもらえて嬉しいよ」

芳乃「えへへー」


………………

…………

……


芳乃「ねーねー、そなたー」

モバP「ん、なんだ?」

芳乃「よしのさまバズーカバーン、でしてー」

モバP「うわっ!?」

芳乃「成功でしてー、あーっはっはっはげほごほでしてー」

モバP「あからさまにわざとらしいな!?」

………………

…………

……


9: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:51:53.66 ID:FoSoqZgh0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


芳乃「そなたー、そなたー」

芳乃「ドーナツを食べに行きましょうこの豚ー」

モバP「なあ、芳乃」

芳乃「ご主人様と呼ぶのでしてー」

モバP「いや、一旦その妙なキャラ付けをやめてくれ」

芳乃「わかりましてー」

芳乃「それで、どうしましたかそなたー」

モバP「いや、最近なんか色んな人の真似してるだろ?」

モバP「あれどうしたのかなって」

芳乃「大したことはないのでしてー」

モバP「本当にか?」

芳乃「本当でしてー」

芳乃「あ、まじぽよでしてー」

モバP「それはいいから」

芳乃「なんとー」

モバP「いや、本当にどうしたんだ?」

芳乃「なんともないのでしてー」

モバP「『急に世界レベルのダンサブルでしてー』」なんて言い出して乾布摩擦してたのに?」

芳乃「なんともないのでしてー」

モバP「しかもその後変な動きしてたからか滑って倒れたのに?」

芳乃「なんともないのでしてー」

モバP「そうか……」

芳乃「……」

モバP「……」

モバP「プロデューサーとしては気になる……というか知りたいな」

モバP「芳乃がどうしてそういうことをする気になったのか」

芳乃「ほー」

芳乃「……」

芳乃「……」


10: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:53:31.42 ID:FoSoqZgh0

芳乃「わたくしはー」

モバP「ああ」

芳乃「わたくしはー、そなたの望む姿でしょうかー」

モバP「望む姿?」

芳乃「そなたの目にわたくしは、そなたの望む姿で見えてるのかとー」

モバP「……」

芳乃「そなたはー、わたくしと他の者とは対応が変わりましてー」

モバP「まあそりゃあな」

芳乃「幸子殿、菜々殿、裕子殿、他の方々もー、それぞれにそれぞれの話し方をしてましてー」

モバP「時子に幸子と同じ話し方をしたら殺されるだろうしな」

芳乃「ならば、わたくしはそなたの望む姿ではないのかとー」

モバP「……」

芳乃「そなたがわたくしを望んだためわたくしはこちらに参りましたがー」

芳乃「わたくしはそなたの望む姿になれていないのかとー」

芳乃「そう考えたためー、皆の真似をいたしましたー」

芳乃「皆を真似ればそなたの望む姿になるのかとー」

モバP「なるほど」

モバP「つまり、みんなの真似をして俺の望む芳乃になろうとしてたと」

芳乃「全然違うのでして」

モバP「……ん?」

芳乃「そなたが望むわたくしはー、依田芳乃ではないはずではー?」

モバP「……どういうことだ?」

芳乃「そなたはー、アイドルを望んだはずではー」

芳乃「皆の憧れに、皆の希望に、皆の支えになる、頂点に立つアイドルを望んだはずではー?」

モバP「ああ、もちろん」

モバP「芳乃を含め、みんなトップアイドルにしてみせるさ」

芳乃「なればこそー、わたくしはー、わたくしではなくー、そなたの望む完璧なアイドルにならねばー」


11: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:54:17.74 ID:FoSoqZgh0

モバP「あー、なるほど」

モバP「つまり、芳乃はアイドルになるために、芳乃であることを捨てようとしてると」

芳乃「皆はアイドルでしてー、それぞれがそれぞれに輝くものを持っていましてー」

芳乃「なれば一人一人の輝くものを少しずついただければ、そなたの望むわたくしになれるのではとー」

モバP「それは違うな」

芳乃「なんと」

モバP「まず、俺の望むアイドルが一つっていうことが間違ってるんだ」

芳乃「ふむふむ」

モバP「たとえばみくや幸子なら可愛いアイドル、奏や凛なんかはかっこいいアイドル」

モバP「もちろん厳密にはさらに違ってくるがな」

モバP「みんながみんなそれぞれの形でトップアイドルになろうとしてる」

芳乃「ふむふむー」

モバP「芳乃のいう輝いているところを伸ばした先にそれはあると考えてる」

モバP「そして、その輝いているものは個人の個性でありその人にしか持ち得ない、伸ばせないものだ」

モバP「みくがエスパーを伸ばすこともできないし、凛がきらりんになることもできない」

モバP「真似はできても他人の個性を取ることなんてできるはずがない」


12: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:54:57.61 ID:FoSoqZgh0

芳乃「ならばわたくしはー」

芳乃「わたくしはどのようなアイドルになればよいのでしてー?」

芳乃「わたくしのどのような姿をそなたは望んでいるのでしてー?」

モバP「いいや、芳乃は芳乃のままでいい」

芳乃「わたくしはわたくしのままで、とー?」

モバP「ああ」

モバP「誰の代わりにもならなくていい、誰の真似もしないでいい」

モバP「芳乃は芳乃のままでトップアイドルになれるし」

モバP「俺がしてみせる」

芳乃「……」

芳乃「そなたはー、それを望んでましてー?」

モバP「俺の望む芳乃の姿は芳乃だ」

芳乃「……なるほどー」

芳乃「そなたの目にはそなたが望むわたくしの姿が映っていたのですねー」

モバP「ああ」

モバP「誰かの真似をするより、いつものままでいる芳乃が俺は好きだ」

芳乃「なるほどー」

芳乃「よかったのでしてー」

モバP「……俺もよかったよ」

モバP「時子や麗奈の真似した、高笑いする芳乃じゃなく、いつもみたいに笑う芳乃が見れて」

芳乃「ほー」

芳乃「わたくしの笑顔が、そなたの思う笑顔であるなら、幸いでしてー」




おしまい


13: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:57:35.33 ID:FoSoqZgh0

今回の月末よしのんの親愛度UP台詞「そなたの目に映るわたくしはー、そなたの望む姿でしょうかー」と、親愛度MAX「わたくしの笑顔が、そなたの思う笑顔であるなら、幸いでしてー」に心を打たれ、声も聞こえました


誤字脱字、コレジャナイ感などはすいません、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


14: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 00:00:08.46 ID:DlQ5mk7S0

ホラーかと思ったら芳乃がかわいい話だった。
乙っす!



元スレ:芳乃「そなたの目に映るわたくしはー、そなたの望む姿でしょうかー」

他サイト様の最新記事