1: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:04:30.81 ID:ZsDjRuq80

十年後です。


2: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:06:16.47 ID:ZsDjRuq80

千葉県で最古の温泉として語り伝えられている名湯。



「はぁ……気持ち良いわねぇ……」

「そうですねぇ……」



旅番組で訪れた南房総の温泉宿。

撮影が終わり、スタッフはそのまま撤収。

番組の計らいで、出演者である夫婦は、その温泉宿に宿泊する事となった。


3: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:11:08.10 ID:ZsDjRuq80

──二人の出会いは10年前。



川島瑞樹は地方局のアナウンサーからアイドルに転向した。

28歳という遅いデビューではあったが、瞬く間に人気を博し、トップアイドルとなっていった。

それを支えたのが瑞樹の夫であり、当時、彼女の担当でもあったプロデューサーである。



そんな二人は、いつしか惹かれ合い結婚。

……どちらかと言えば瑞樹の積極的なアプローチもあってだが。

時に喧嘩をする事もあるが、現在でも仲睦まじく過ごしている。


4: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:17:43.98 ID:ZsDjRuq80

「今日はお疲れ様でした」

「ふふっ、あなたもお疲れ様」



二人は宿自慢の貸し切り露天風呂で、撮影の疲れを癒していた。



「南房総は、あの源頼朝が英気を養ったと呼ばれている場所なんですよ」

「へぇ。詳しいじゃない」

「そりゃ、生まれ故郷ですからね」

「……というか、いつまで敬語なの?」

「いやぁ、子供の前じゃないとつい癖で……ははっ」



入籍から1年後、二人は子宝に恵まれ、今では8歳になる娘がいる。

今は撮影の為に、Pの実家である近くの祖父母の元へ預けられていた。


5: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:24:12.24 ID:ZsDjRuq80

「でも大丈夫かな……いい子にしているかな……」



娘の事が気になるのか、心配そうに言う。



「はぁ……本人に親バカねぇ。私に似てしっかりしているから大丈夫よ」



呆れた表情で呟く。



「え? 俺は?」

「あなたは昔から、仕事以外はちょっと頼りない所があるのよね」



敏腕プロデューサーと呼ばれた彼も、プライベートでは優柔不断な所があるらしい。



「ははっ……」



これには、思わず苦笑いするしか無かった。

それにつられて、瑞樹もクスっと笑う。



「さて、のぼせちゃう前に上がりましょう」


7: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:30:42.07 ID:ZsDjRuq80

──



「気持ち良かったわねぇ」



二人は部屋に戻り、木製の座椅子にもたれかかりながら、一息つく。

い草の香りが心地よい。



そこでふと、瑞樹は自身に向けられた視線に気付く。



「なぁに? ずっとこっちを見て」



視線の先では、夫がこちらを見つめていた。改めて瑞樹に見惚れていたのだ。

彼女が当時から続けているアンチエイジングのお陰なのか、当時とほぼ変わらない美貌を保ち続けていた。

更に湯あがり美人とでも言うのだろうか。なんとも言えない色気を醸し出していた。



「いやぁ……」

「惚れ直したのかしら?」

「な!?」



図星を突かれ慌てる。



「ふふっ、ありがとう♪ 自分磨きを続けてきた甲斐があったわ。でもそういうのは、直接言って貰うのが嬉しいものなのよ?」



Pは敵わないなぁ、と小声で呟いた。


8: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:34:45.02 ID:ZsDjRuq80

──



「さて、今日はパーッといきましょう! この辺りはご飯が美味しから、お酒が進んじゃうのよね♪」



夫の地元であるせいか、何度か飲む機会があった。

義理の父も無類の酒好きの為、よく飲み交わしたものだ。



「程々にしてくださいよ」

「わかってるわよ」



少しむくれながら、お猪口に酒を注ぐ。



「それじゃあ、乾杯」

「乾杯」



ちんっ、とお猪口が鳴り、ちびりちびりと風呂上がりの喉を潤していった。


9: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:41:39.36 ID:ZsDjRuq80

──



「実は私、なめろうが郷土料理って知らなかったのよ」

「今や、どこの居酒屋でもありますからね。それを焼いた『さんが焼き』というのもありますよ?」

「是非食べてみたいわね! ──それにしても料理もお酒も本当に美味しいっ!」

「あっ、料理で思い出したんですけど、さっき神社で何をお願いしたんですか?」



先程、撮影で訪れた料理の神様を祀っているという、由緒ある神社だ。



「うーん、これからもあなた達に美味しいご飯を作ってあげたいから、その事についてよ」

「瑞樹さんのご飯は、いつも美味しいですよ。家事も完璧だし」

「何よ急に……でも嬉しいわ」

「いや、こういうのは直接言った方がいいって言ってたじゃないですか」

「改めて言われると……その、ちょっと恥ずかしいのよ」



お酒のせいなのか、言葉のせいなのか、手のひらでパタパタと顔を仰いだ。


10: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:48:51.13 ID:ZsDjRuq80

──



「明日は実家に顔出して、子供を迎えてと。──その後どうしましょうか?」

「やっぱり新鮮なお魚を買って帰りたいわね」

「そうですね。あとはあの子を色々連れて行ってやりたいなぁ。あっ、城とか行ったら喜んでくれるかな!」

「…………」

「あれ? どうしたんですか?」



少しふくれて、瑞樹が呟く。



「せっかく今は二人きりなのに、子供の事ばっかり……ちょっと妬けちゃうわ」

「瑞樹さん……」

「なーんて、子供に嫉妬しても仕方ないわよね! 気を取り直して飲みましょ!」


11: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:51:50.10 ID:ZsDjRuq80

「すみません」

「もう、なんで謝るのよ。あなたがちゃんと私達を大事にしてくれているって、わかってるわよ」

「そりゃもちろん! でも今日は瑞樹さんの事だけを考えます」

「そこまで言うなら、お言葉に甘えちゃうわよ? 」


12: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 00:57:49.84 ID:ZsDjRuq80

──



「あら? もう飲まないの?」

「いやぁ、俺がテレビに映る側なんて考えられない事だったんで、疲れちゃって」

「気持ちはわかるわ。うーん、そうねぇ……なら、お姉さんが膝枕してあげましょうか?」

「それじゃあ、遠慮無く。──よいしょっと」



立ち上がり、瑞樹の横へ移動する。

そのまま頭を膝に預ける。何処と無く石鹸の良い香りがした。



「ふふっ、子供みたいね」



軽く頭を撫でながら瑞樹が呟く。



「男はいつだって童心を忘れないものなんですよ」

「それなら私だってまだまだオンナノコよ? キャピッ☆」

「…………」

「……何か言いなさいよ」


13: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 01:01:22.27 ID:ZsDjRuq80

──



「ねぇ」



問い掛けたが、返事が無い。



「あら、寝ちゃったのかしら?」


14: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 01:11:49.41 ID:ZsDjRuq80

……あのね、P君には本当に感謝してるのよ?



みんなに色々伝えられると思ってアナウンサーになったけど、何か違って……

それで何もかもが嫌になって、局を辞めた。

そんな時にアイドルにならないか? なんてスカウトしてくれて。



最初はどうなるかと思ったけど、想像以上にアイドルのお仕事は楽しくて。

もちろんつらい事もあったけど、事務所の皆や、あなたが支えてくれた。

多分あなたとじゃなかったら、あそこまで輝けなかったと思うの。



それに──私を選んでくれた。

私を、あなただけのアイドルにしてくれた。

……あんなに若くて魅力的な子が沢山いるのにね。

本当に嬉しかったわ。



なんてね──少し私も酔っちゃったかしら?


15: ◆Arimi.JKIY 2016/01/14(木) 01:14:22.37 ID:ZsDjRuq80

「瑞樹……」



寝言かしら?

ふふっ……これからもあなたの為に最高の私でいるわ。






だから、これからもよろしくね?






終わり



元スレ:川島瑞樹「温泉旅行」

他サイト様の最新記事