1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:45:58.00 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(中学3年の大会であなたと出会い)

美穂子(高校3年の大会であなたと再会した)

美穂子(それから決して多くはないでも確かな日々を2人で過ごして)

美穂子(今ではもうあなたがいない毎日なんて考えられないほどで)

美穂子(それはきっとこの先もずっと変わらず)

美穂子(もう二度と、例え何百回生まれ変わっても、あなたのような人には会えないと思う)

美穂子(本当に、本当に大好きです、今でも、心から。だから…)

美穂子「―――さようなら、久」

久「…そっ」

ゆみ「………すまんな、福路」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:46:53.31 ID:3Bu/A7rH0

~半年前~

池田「あれキャプテン、今日は部室に顔を出していかないんですか?」

美穂子「華菜、私はもう麻雀部のキャプテンじゃないのよ?」クスッ

池田「いえ!キャプテンはいつまでも私にとってはキャプテンだし!」

美穂子「クスクス、ありがとう」

池田「それで今日はなにか用事が?」

美穂子「ええ、清澄の上埜さんから大事な話があるから会ってくれって言われて」

池田「へぇ~、大事な話ってなんですかね」

美穂子「それを今から確かめに行ってくるわ」

池田「気をつけてくださいね!」

美穂子「??? ええ、気をつけて行ってくるわ」

池田(そういう意味じゃないんだけどなぁ~)


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:47:35.30 ID:3Bu/A7rH0

~とある繁華街近くの公園~

久「お、来たわね」

美穂子「遅れてしまってすみません、それで話というのは?」

久「う~ん、なんていうか、こう、言いにくいんだけど…」

美穂子「???」

久「美穂子は私のことどう思ってるわけ?」

美穂子「私が上埜さんのことをですか?そうですね、一言で言い表すのは難しいですね」

美穂子「ただ、私にとって、とても大切な人だというのは間違いないです」

久「えーっと、そういうことじゃなくて…」

美穂子「???」

久「あーっもう、単刀直入に聞くわね!美穂子、私のこと恋愛対象としてどう思ってる?」

美穂子「え?れ、れ、れ、恋愛ですか!!!?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:48:44.35 ID:3Bu/A7rH0

久「そう、もし私が告白したら私と付き合ってくれる?」

美穂子「つ、付き合うってそんな、私たちまだ高校生ですよ!?そういうのはもっと大人になってから…」

久(…それじゃ遅いのよ)ボソッ

久「それで、どうなの?付き合えるの付き合えないの?」

美穂子「えっと、私にとって上埜さんは本当に大切な人で、かけがえのない人で…」

久「………」

美穂子「だから、えっと、その、よっ、よろしくお願いします!!!」

久「ありがと、美穂子、大好きよ」ニコッ

美穂子(こうして私と上埜さんは交際をスタートした)


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:49:44.54 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(付き合い始めてから、私は上埜さんと色々な場所に行った)

美穂子(近くの公園やちょっとした林道でのハイキング)

美穂子(繁華街で映画を見たりスイーツの食べ歩きをしたり)

美穂子(時に一緒に雀荘で地元の方と打ったりもした)

美穂子(そんな楽しい日々を幾つも幾つも繋ぎ合わせ、そして雪が降るクリスマスの日…)

久「いいのね?美穂子」

美穂子「はい、お願いします」

久「愛してるわ、美穂子、世界中の誰よりも」

美穂子「私もです、上埜さん」

美穂子(私たちは心も体も結ばれた)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:51:45.90 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(本当に順風満帆だった、私たちを奪えるものは何もない)

美穂子(そう強く思えるほどに、私たちの距離は近くなっていた)

美穂子(互いに互いを求め合い支えあう)

美穂子(心から信頼し合い思いやる)

美穂子(楽しいことは2倍楽しくて、悲しいことは互いに背負い合って半分に)

美穂子(こんな愛しい日々がこの先も続いていくと思っていた、そう、少なくともあの日までは…)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:53:12.70 ID:3Bu/A7rH0

~風越麻雀部部室~

池田「そういえばキャプテン、確か清澄の部長と付き合ってるんですよね?」

美穂子「?ええ、そうよ」

池田「いやぁ、ちょっとこの前良からぬ噂を耳に挟みまして」

美穂子「噂?」

池田「ええ、なんでも清澄の部長、高校卒業後に鶴賀の部長と結婚するって話ですよ」

美穂子「………え?」

美穂子「ごめんなさい華菜、よく聞こえなかったわ、もう一度言ってくれる?」

池田「だから、鶴賀の部長の加治木ゆみと卒業後に結婚するらしいですよ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:54:14.22 ID:3Bu/A7rH0

美穂子「………華菜、いくらなんでも言って良い冗談と悪い冗談があるわよ?」

池田「す、すみません、でも結構前から噂でしたよ?2人が結婚するって」

美穂子「華菜」

池田「えっと、ああ、本人に直接確認してみたらどうですか?」

池田「飽くまでも噂なので、本当とは限らないですし!!」

池田(本当はほぼ間違いない話なんだけど…)

美穂子「……わかったわ、いまから清澄に行ってきます」

池田(キャプテン…)


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:55:28.21 ID:3Bu/A7rH0

~清澄高校麻雀部部室~

ダッダッダ

美穂子「久!!」バン

久「あら美穂子、どうしたのそんなに慌てて?」

久「確かデートの約束は明日だったはずだけど」

美穂子「久に聞きたいことがあって、急いで来ました」

久「聞きたいこと?」

美穂子「あの、私の後輩が言っていたんですけど、本当につまらない噂なんですけど、」

久「………」

美穂子「久が鶴賀の加治木さんと結婚するとかなんとかって、本当に笑っちゃいますよね」ハハハ

久「………本当よ」




美穂子「………え?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:56:50.75 ID:3Bu/A7rH0

久「私は高校を卒業したらゆみと結婚するわ」

美穂子「えっ……え?」

久「うちの親とゆみの親が実は知り合いっていうか、色々あってね」

久「お金のこととか、まぁそういうので、ほら、うちって家庭環境複雑じゃない?」

久「それで、ね」

美穂子「………嘘、ですよね?」

久「………」

美穂子「久?」

久「………」

美穂子「そんなの…!そんなの嘘です!嘘ですよね久!?嘘だって言ってください!!」

久「全て本当のことよ。私は高校を卒業したらゆみと結婚する。ごめんなさい、美穂子」

美穂子(―――私の中で全てが壊れていく音がした)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:58:35.94 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(その後私はどうやって家に帰ったかも覚えていないほどに)

美穂子(ただひたすら久の言葉に揺れていた)

美穂子(彼女の結婚するという言葉に、呼吸も出来ないくらいに)

美穂子(夢であって欲しいと願った、きっとそうであって欲しいと)

美穂子(でも、泣き疲れて寝て、それで目が覚めても、確かに日は進んでいて)

美穂子(私はただひたすら、涙を流すしかなかった)

美穂子「久…ひさぁぁぁっ……ううぅぅぅ」

-------------------
---------------
-----------
-------
-----
--
-


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 00:59:49.54 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(あれから、あの忌まわしい日から、久は私と会ってくれなくなった)

美穂子(電話には出てくれないし、直接会いに行っても顔を合わせてくれない)

美穂子(その事実は、久が結婚するということが本当なのだということを否が応でも私に理解させた)

美穂子(それでも私は久のことを思い続けた)

美穂子(付き合い初めてからの期間は短いけれど、それ以上に私は彼女のことを心から愛している)

美穂子(例え、彼女が結婚しようとも、それは変わらない)

美穂子(そう思っていたそんなある日のこと…)


~風越の通学路~


久「こんにちわ、美穂子」

美穂子「…久?」

美穂子(彼女が私の前に姿を現した)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:00:41.33 ID:3Bu/A7rH0

久「やっほー、相も変わらず良い女ね」

美穂子「もうっ、からかわないでください」

久「ごめんごめん、つい癖で」

美穂子「ふふふっ」

美穂子「………久しぶりですね」

久「ええ、本当に」

美穂子「………」

久「………」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:03:00.31 ID:3Bu/A7rH0

久「最近はどう?なにか変わったことはある?」

美穂子「いえ、特には。ただ…」

久「ただ?」

美穂子「久に会えなかったことが、本当に辛かったです」

久「………」

美穂子「久、本当にけっk」

久「来週」

久「式場の下見に行くわ」

美穂子「………」

久「それでね、そこにあなたも一緒に来て欲しいの」

美穂子「………どういうことですか」

久「来週の日曜日、午後一時にホテル龍門渕のロビーで待ってるわ」

美穂子「………」

久「それじゃ、またね、美穂子」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:06:46.95 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(正直、彼女の真意は分からなかった)

美穂子(婚約者である加治木さんを紹介して私の心に踏ん切りをつけようとしてくれているのだろうか)

美穂子(分からない、けれでも、私は行くしかなかった)

美穂子(久の願いを断るわけにはいかない)

美穂子(彼女は、今でも、私の大好きな人だから)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:08:56.00 ID:3Bu/A7rH0

~ホテル龍門渕~

久「お、美穂子、来たわね」

美穂子「お待たせしました」

久「正直、来てくれないと思っていたわ」

美穂子「いえ、他ならぬ久の頼みですもの、断れません」

久「ありがと、美穂子」

久「それじゃ早速会場を下見させてもらいましょ」

美穂子「はい」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:11:06.33 ID:3Bu/A7rH0

ホテルスタッフ「こちらが会場となっております」

久「へぇ~、結構豪華な感じなのね」

美穂子「ええ、なんだか圧倒されてしまいます」

久「…ねぇ、美穂子、試しに入場ごっこしてみない?」

美穂子「入場ごっこ、ですか?」

久「そ、新郎新婦の入場ですってやつ、来賓者は誰もいないけど」

美穂子「そんなの迷惑になるんじゃ」

久「大丈夫大丈夫、龍門渕さんから色々と許可貰ってるから、ですよね?」

ホテルスタッフ「はい、透華お嬢様から久様の要望は可能な限り叶えるようにと仰せつかっております」

久「ね?」

美穂子「えっと、それじゃあ、はい、お願いします」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:13:39.58 ID:3Bu/A7rH0

久「あ、でもその前に衣装に着替えたいわね」

久「先に衣装を見せてもらって、それを試着してやらせて貰うことって出来ますか?」

ホテルスタッフ「はい、問題ありません。それではこちらにどうぞ」

久「さっすが~、龍門渕さんのところのホテルは良い仕事するわ~」

美穂子「くすくす」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:15:22.87 ID:3Bu/A7rH0

~ドレスルーム~

ホテルスタッフ「こちらが衣装のリストとなっております」

久「ふぅ~ん、色も形も色々あるのねぇ」

美穂子「ええ、全部素敵で目移りしてしまいます」

久「このドレスなんて美穂子に似合うんじゃない?」

美穂子「え、そうですか?私にはちょっと派手なような…」

久「そんなことないわよ。美穂子は胸も大きんだからこういう方が映えるわ」

美穂子「ひ、久!?」///

久「というわけで、この衣装をこの子に着せてもらってもよいですか?」

ホテルスタッフ「はい、かしこまりました。いま専属の女性スタッフを呼んでまいります」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:16:58.37 ID:3Bu/A7rH0

久「おお~、やっぱり私の見立て通りね」

美穂子「は、恥ずかしいです」///

久「いやいや、その純白のドレス似合ってるわよ~、いつもの美穂子の2倍は素敵だわ」

久「あ、別に普段は魅力ないってことじゃないわよ?念の為に」

美穂子「くすくす、分かってますよ久」

久「さてと、それじゃ私もタキシードに着替えますか」

美穂子「え?ドレスじゃないんですか?」

久「ええ、私が夫役でしょ?やっぱり夫はタキシードじゃないとね」

美穂子「それじゃ下見にならないような…」

久「細かいことはいいからいいから、それじゃ着替えてくるわね~」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:18:39.92 ID:3Bu/A7rH0

~ホテル式場~

ホテルスタッフ「それでは、新郎新婦の入場です」

久「行くわよ、美穂子」

美穂子「は、はい!」

扉が開く、その瞬間…

ホテルスタッフ達「パチパチパチパチパチパチパチパチ!!」

久「あら、誰も居ないと思ったらこんなに沢山」

美穂子「こ、これじゃまるで本当に…」

久「結婚するみたいだって?」

美穂子「えっと、その…」

久「くすっ、折角だし楽しみましょ、さ、美穂子」

美穂子「そう…ですね。はい、久!」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:20:05.46 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(その後、私と久の「入場ごっこ」もとい「結婚式ごっこ」は本番さながらに進み…)

ホテルスタッフ「それでは、ケーキ入刀です」

久「初めての共同作業ってやつね、さ、しっかり持って」

美穂子「は、はい!」

久「そんなに緊張しなくても良いのよ?今まで何度も2人で色々なことしてきたんだから」

美穂子「くすっ、そうですね」

美穂子(ウェディングケーキの入刀やテーブル周りまでも私たちは済ませ…)

ホテルスタッフ「新郎新婦の退場です、盛大な拍手をお願い致します」パチパチパチパチ!!

美穂子(結局最後まで一通りのプログラムをこなし、沢山の拍手に包まれながら退場した)


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:22:09.92 ID:3Bu/A7rH0

~控室~

美穂子「お疲れ様、久」

久「いやぁ~、ほんっと疲れたわ、結婚式って結構大変なのね」

美穂子「ええ、私もこんなに大変だとは思いませんでした」

久「でも、楽しかったわね、結婚式」

美穂子「はい」

久「………ねぇ、美穂子」

美穂子「はい?」

久「このまま、、、」





久「このまま、本当に結婚しちゃおうか、私たち」

美穂子「………え?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:24:56.80 ID:3Bu/A7rH0

久「………」

美穂子「久?あの、いまのっt」

久「なーんてね、うそうそ!今のは冗談」

美穂子「………」

久「そうできれば良いなって話で、それは…違うわ」

美穂子「………あの!久!!」

久「…ごめんなさい、美穂子」

美穂子「私は!私はあなたとだったらどんな苦しいことだって耐えてみせます!」

美穂子「お金が足りないなら一生懸命私が働きます!!」

美穂子「久には苦労させません!だから…!!」

久「ごめん……本当にごめんね……美穂子………」

美穂子(そういって初めて私の前で涙をこぼす久の姿に、それ以上何も言うことが出来なかった)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:26:34.06 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(私たちはきっと再会するのが遅すぎた)

美穂子(もっと早く会えたのならば、きっと、2人で何処にだっていけると)

美穂子(そう思えるほどに、私たちを取り巻く世界のすべてを2人で共有できたと思う)

美穂子(ただ、そうするにはあまりにも時間が短く)

美穂子(そうしたいという思いだけは互いの心の中に確かにあって)

美穂子(そんな矛盾が私たちの関係を複雑にし、苦しめていく)

美穂子(久、私はあなたのことを愛している、あなたの苦しむ顔はみたくない)

美穂子(あなたが笑っていられることが、)

美穂子(その選択が私にとって本当に悲しいことだったとしても、)

美穂子(私にとって幸せだから、だから…)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:29:06.13 ID:3Bu/A7rH0

久「今日はありがとう、美穂子」

美穂子「いえ、こちらこそ、本当に良い思い出が出来ました」

久「それじゃ美穂子」

美穂子「あの、久」

久「ん?なに?」

美穂子「…加治木ゆみさんに、会わせてくれませんか?」

久「………」

久「それはできないわ」

美穂子「くすっ、違いますよ、久?」

久「?」

美穂子(大丈夫、私は、あなたが幸せなら…)

美穂子「あなたに、別れを言うために、ですよ」

美穂子(例え私が苦しくても、きっと耐えられるから)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:31:12.60 ID:3Bu/A7rH0

~2人が付き合うことになった公園~

久「………」

美穂子「………」

久「……きたわ」

美穂子「はい」

ゆみ「すまない、遅くなった」

ゆみ「さて、久しぶり、で良いのかな、福路」

美穂子「はい、久しぶりですね、加治木さん」

久「………」

ゆみ「なんていうか、悪いな、本当に」

ゆみ「久は君のことを話したがらないが色々と知ってるよ」

ゆみ「2人が付き合っていたことも、互いに惹かれ合っていたことも」

美穂子「はい」

ゆみ「ただこればっかりは親の都合でな、私の力ではどうにも…」

ゆみ「本当にすまない…!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:32:38.11 ID:3Bu/A7rH0

美穂子「頭を上げてください、加治木さん」

美穂子「私は、あなたを責めるために久に呼んで貰ったんじゃありませんから」

ゆみ「なら、どうして…」

美穂子「…久、私はあなたのことが大好きです」

久「………」

美穂子「いつも飄々としてるけれど、本当は案外ナイーブなところも」

久「………」

美穂子「私のことを本当に大切に思ってくれているところも」

久「………」

美穂子「なにもかも、あなたのすべてが愛おしいです」

美穂子「だから…」

美穂子(だから……!!)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:34:01.78 ID:3Bu/A7rH0

美穂子「―――さようなら、久」

久「…そっ」

ゆみ「………すまんな、福路」

----------------
--------------
----------
------
----
--
-


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:35:38.51 ID:3Bu/A7rH0

美穂子(私は望まない)

美穂子(私はあなたからの愛を望まない)

美穂子(私はあなたを愛してる、それだけで良い)

美穂子(私はあなたが幸せにあって欲しい、あなたは私のすべて)

美穂子(さようなら、久。きっと幸せになってくださいね)

美穂子(久、愛しています)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28(木) 01:37:13.31 ID:3Bu/A7rH0

~そして時は流れて…~

池田「キャプテン!早く早く!!」

美穂子「華菜、そんなにはしゃいで転んだりしたら危ないわ」

池田「大丈夫ですよ!元気なのと頑丈なのが取り柄なので!」フンス

美穂子「ふふふっ」

池田「………ねぇ、キャプテン。キャプテンは清澄の部長のこと、今でも好きですか?」

美穂子「くすっ」

美穂子「ええ、私は久のことを愛しています、今でも、世界中の誰よりも」



なんとか元気でやっています



カン



元スレ:美穂子「―――さようなら、久」 久「…そっ」

他サイト様の最新記事