1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 21:58:48.02 ID:kaki55tt0

※モバマスのアイドル達が手抜きメシをひたすらに食べるだけのSSです
 過度な期待はしないでください
 空腹時や深夜に読むことを推奨いたします


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:02:31.84 ID:kaki55tt0

P「あー、もう12時かー………」

ちひろ「お昼はどうするんですか、Pさん?」

P「うーん………」

加蓮「お疲れ様でーす」

ちひろ「お疲れ様です、加蓮ちゃん」

P「お疲れー」

加蓮「あー、レッスンでお腹減ったー………」

P「加蓮は昼ご飯どうするんだ?」

加蓮「早く食べたいし、テキトーにハンバーガーでも………」

P「ダメ、絶対」

加蓮「はぁ?何でよ?」

P「先週もレッスンの後ジャンクフードだったよな?ちゃんとしたモノ食わないと身体に悪いぞ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:07:43.79 ID:kaki55tt0

加蓮「そんなの私の勝手じゃん………」

P「いーや、駄目だ。体調管理もアイドルの務めだ」

加蓮「………チェッ。じゃあ何食べればいいのよ。今から家帰れって言うの?」

P「いや、帰らなくていい」

加蓮「はぁっ?じゃあご飯食べれ―――」

P「今、この場で、俺が作ってやる」

加蓮「―――なぬ?」

P「15………いや、10分待ってな。簡単にだが、ハンバーガーよりあったかい飯を作るぞ」

加蓮「え、ちょ」

ちひろ「あ、じゃあ私の分もお願いします」

P「了解です、加蓮の後で作りますねー」

加蓮「………プロデューサーって料理出来るんですか?」

ちひろ「ふふ、出来てからのお楽しみですよ♪」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:09:29.06 ID:kaki55tt0

P「冷蔵庫に残ってるもの、玉葱・卵・万能ネギ」

P「………肉、肉………ぐ、無いか………あるのはカニカマのみ………」

P「お!ベーコン発見!しめた!」

P「前に炊いたのを冷凍した米もある………よし!炒飯でいこう!」

P「フライパンにサラダ油を引いて、熱しておく。フライパンがあったまるまでに米のレンジアップ」

P「そして玉葱と万能ネギをみじん切り。ベーコンとカニカマも細かく刻んでおくか」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:11:26.83 ID:kaki55tt0

P「フライパンが熱くなったらベーコンを投入するが、ここが最初のポイントだ」

P「フライパン全体にベーコンを回しつつ、決して焦がさない程度にベーコンを炙る!」

P「これで後から入れる食材にベーコンの塩気と香ばしさが移り、カリカリのベーコンは柔らかい炒飯の中で程よい食感を与えてくれる!」

P「細かい破片だから端に色が着く程度でいいだろう。ジュージューと良い音だ………!」

P「ベーコンを炙ったら次は卵だ!先に良くといておくのがベストだが、今回はスピード重視!」

P「殻が入らないよう、片手で割ってお玉へ、そしてフライパンへ!良く熱した油で端の卵白が焼かれ、固まりきるまえに掻き混ぜる!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:14:07.52 ID:kaki55tt0



加蓮(ヤバい、事務所内に超良い香りと音が………!お腹鳴りそう………)

ちひろ「うーん、これはベーコンですかね?確か冷蔵庫に残ってましたし」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:17:53.65 ID:kaki55tt0

P「次に玉葱・長ネギ・カニカマを入れて軽く混ぜる。軽く火を当てる程度の気持ちで大丈夫なはずだ」

P「そして米を入れて………ここが最も大事なところだな!」

P「フライパンを回しながら、ひたすら掻き回す!全体に火が通り、米がパラパラになるまで!」

P「火力の低い一般的なコンロでテフロンの平たいフライパンとなると、ここが一番苦労する!」

P「最初の油を引く時に油を大目に入れるのも手だが、それで胸焼けするギトギト炒飯にならないように注意だ!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:21:32.59 ID:kaki55tt0

P「それ以外だと、お玉の底で固まっている塊を軽く潰して崩したり」

P「事前に米を冷や飯程度に放置しておくといい。米の水気が多少落ちて纏わり着かないからバラしやすくなるはずだ」

P「そうしてパラパラに出来たら、胡椒で味を整え、軽い香りつけに醤油をフライパンの端に数滴垂らす!」

P「決して炒飯に直接掛けていけない!これは醤油を焦がして焦がし醤油の香りを移す為なのだ!」

P「最後に皿に小山にするように盛って………完成!10分で作れる手抜き飯!シンプル炒飯!!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:24:15.74 ID:kaki55tt0

P「お待たせしました、炒飯だぞ」

加蓮「………12」

P「ん?」

加蓮「12分掛かった………これで不味かったら二度と私の食事にはちょっかい掛けないでね」

P「………」

ちひろ「か、加蓮ちゃん………」

P「………加蓮………」

P「そんなに腹が減ってたか、待たせてごめぶぼっ」

加蓮「だ、誰もそんなこと言ってないでしょ?!」

P「思いっきり炒飯をガン見してたじゃないか!猛獣みたいなギラギラした眼だったぞ?!」

加蓮「うるさい!さっさと蓮華よこして!」

P「はいよ、召し上がれ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:26:58.74 ID:kaki55tt0

加蓮「………ふん。頂きます………あむ」

加蓮(………!!こ、これは………)

加蓮(まず、美味しい。何が美味しいって、ご飯が美味しい!)

加蓮(口元に運ぶ時も、口に入れてからも、香ばしい味が止まらない!ご飯の一粒一粒から香りを感じる!)

加蓮(ベーコン、野菜………もう一つはなんだろ?分からないのがもどかしいよ!)

加蓮(ご飯を噛んでると、その中に混ざってくる玉葱とベーコン!)

加蓮(玉葱はシャキシャキと、ベーコンはカリッと来て汁がジュワッと出てくる!)

加蓮(すごい………!10分でこんなのが出来るんだ!)

加蓮「ハグッ、パクッ!ムグ、ゴクンッ!」

加蓮(ヤバい、私何も喋れない!食べるのに夢中でそれ以外に口を使えない!!)


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:29:08.90 ID:kaki55tt0

加蓮「………~!ご馳走様でした!!あー、美味しかった!!」

P「お粗末様でした」

ちひろ「加蓮ちゃん、お茶どうぞ」

加蓮「ありがとう、ちひろさん!」

P「口に合ったみたいで良かったよ」

加蓮「………プ、プロデューサー、その………」

P「お腹減ってる時はイライラするよな。気にしなくていいぞ、加蓮」

加蓮「………っ!!バ、バカッ!!」

ちひろ「あらあら………」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:33:24.40 ID:kaki55tt0

加蓮「で、でもプロデューサーって料理出来たんだ。なんか意外」

P「親戚で定食屋やってる人がいてな。一時期バイトで厨房手伝ってたのさ」

P「一級品の味とかは無理だが、手軽で早いスピード料理には少し自信があるなぁ」

加蓮「へぇ~………」

ちひろ「その調子で、私の分もお願いしますね、プロデューサーさん♪」

P「了解ですよ、加蓮もファストフードばっかじゃなくてたまにはしっかりしたモノ食べるんだぞ」

加蓮(………お小遣いも浮くし、しばらく頼んじゃおうかな)


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:35:23.02 ID:kaki55tt0

 ―――後に北条加蓮はこう語る

加蓮「男は胃袋で掴めって言うけど、逆も掴めるんだね………」

P「やめて、花嫁衣裳で言うとそれっぽいから!やめてください!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:37:52.62 ID:kaki55tt0

  ~ 数日後 ~



茜「おっ疲れさまでーすっ!!」

P「おう、おかえり茜」

ちひろ「お疲れ様です茜ちゃん。収録はどうでしたか?」

茜「やっぱり応援歌は良いですね!!歌っているだけで身体が熱くなってきて………うおおおおお、ボンバーッ!!」

P「落ち着いて!外に聞こえちゃう!」

茜「あ、すみません!それにしても全力で歌ってきましたのでお腹が空きました!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:41:15.00 ID:kaki55tt0

P「お、もうそんな時間か。ちひろさん、昼はどうします?」

ちひろ「プロデューサーさんが作るなら、ご相伴に預かりたいですね」

茜「ややっ!!プロデューサーが作ってくれるのですか?!」

P「茜も食べるか?丁度豚肉を今日中に使い切っちゃいたいんだよな」

茜「ぜひっ!!私、丼が食べたいです!!」

P「丼かー………二人ともニンニクは大丈夫ですか?」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:44:24.38 ID:kaki55tt0

茜「ニンニク!!私は大丈夫ですよ!!」

ちひろ「プロデューサーさん、アイドルにニンニク食べさせるのはちょっと………まあ茜ちゃんこの後はオフですけど」

ちひろ「仕方ないですね、ちょっとコンビニでガムか飴でも買ってきましょう。その間にお願いしますよ」

P「すみません、ちゃちゃっと作っちゃいますね」

茜「ど・ん・ぶり!!ど・ん・ぶりっ!!


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:47:47.52 ID:kaki55tt0

P「まず豚バラ肉。三人分は、まあ何とかなりそうだな。ニンニクもある、と」

P「醤油に、この間の玉葱と卵、それに長葱。あとは………あった、片栗粉」

P「食材から切っていこう。玉葱は千切り、長葱は一口サイズに斜め切り」

P「ニンニクは薄くスライスするくらいでいいだろう。風味付けに使うだけだからな」

P「フライパンにサラダ油を引いて、火を着ける前にニンニクを入れてフライパン全体に回す」

P「ニンニクは焦げやすいし、油に風味を移すなら温める前で十分」

P「フライパンを熱している間に、片栗粉を水に適量溶いておく。ここの水溶き片栗粉でいわゆるツユダクに出来るので分量はお好みで」

P「ニンニクが焦げる前に、豚肉をフライパンへ!先に塩・胡椒で味付けしてもOKだ!」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:50:39.82 ID:kaki55tt0



茜「………!!お肉が焼ける音ですっ!!うおおおおっ、まず冷静に窓を開けて漏れてきた匂いを喚起ですっ!!!」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:51:29.24 ID:kaki55tt0

P「ここで肉を十分炒めておく!火が通ったら野菜を投入して更に炒める!」

P「火が通ればほぼ出来たも同然!そしてここがポイント!」

P「醤油を入れて、全体に絡めほんの少し!煮たせる!状態を見極め水溶き片栗粉を入れる!」

P「全体に素早く掻き回す!次第に片栗粉で醤油ダレがトロミを帯びていくのが面白いように分かる!」

P「トロミがついたら火を消す。後はホカホカの白米を盛った丼へ………」

P「中央を窪ませて、卵黄を乗せて出来上がりだ。テカトロツユのお手軽豚丼!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:54:19.59 ID:kaki55tt0

P「お待たせしました、豚丼だぞ」

茜「うおおおおおおっ!!豚丼!!とっても美味しそうですっ!!!」

P「だから外に聞こえるって!静かに、静かに!」

ちひろ「………プロデューサーさんの声も聞こえてますよ、まったくもう」

茜「おかえりなさい、ちひろさん!見てください、豚丼ですよ!」

ちひろ「わぁ、美味しそうですねっ。早速私も頂きますね」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 22:57:43.75 ID:kaki55tt0

茜「いったっだきまーすっ!!」

茜(………!!こっ、これはっ!!)

茜(豚肉を口に入れると、しっかりと着いたニンニクの食欲をそそる香り!!)

茜(釣られるように運ぶお米にも、トロリとしたツユを纏って、心地よい舌触り!!)

茜(肉・米の中でお互いのパス運びあうように………無限ループ!!)

茜(一緒に食べる玉葱と長葱にもしっかりと火が通って、甘みと食感が肉以外のアクセントになっている!!)

茜(肉・米・肉・米・野菜・卵も割って混ざっちゃってまた味が変っちゃいますっ!!))

茜(―――うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーんっっっ!!!!!!!!)


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:03:07.05 ID:kaki55tt0

茜「―――プロデューサー!!美味しいです!!お代わりでーすっ!!!」

P「はやっ?!」

ちひろ「………唖然とするスピードでかっ込みましたね………」

茜「すごいですプロデューサー!!ほんの10分か15分でこの豚丼っ!!」

茜「これはもう………!!もっと食べる為に走ってきます!!ボンバーーーーーッ!!!」

P「待てー!食べてすぐ運動したら腹が痛くなるぞ?!茜ーーーー?!!」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:06:27.23 ID:kaki55tt0

 ~ また数日後 ~



P「お早うございまーす」

ちひろ「お早うございます、プロデューサーさん。あれ、何持ってきたんですか?」

P「焼きそばです。昨日買い物してたら安かったので、また昼ご飯にでもと思いまして」

ちひろ「わあ、それは楽しみですね♪」

みちる「フゴ!フグ、お早うございます!」

ちひろ「お早うございます、みちるちゃん」

P「お早う、みちる。パンを食べながら事務所には入るなって言ってるだろ?


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:10:07.45 ID:kaki55tt0

みちる「あはは、すみませーん。………フゴフゴ」

P「言っても無駄なのか………」

みちる「フゴ?プロデューサー、それって焼きそばですか?」

P「ん?ああ、昼に食べる為に持って来たんだよ。って言ってもみちるにはパンが………」

みちる「いいですね、焼きそば!あたしも好きですよ」

P「………」

ちひろ「………」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:15:15.12 ID:kaki55tt0

みちる「?どうしたんです?まるで意外なアイドルが予想外のタイミングでSR化した時のような顔をして」

ちひろ「いえ………みちるちゃんって」

P「パン以外も食べるんだなぁ、って」

みちる「あははー!やだなぁ、当たり前じゃないですか!焼きそば以外にもコロッケ・メンチカツ・カレー・餡子とかも大好きですよ!」

ちひろ「あー………そういう………」

P「ま、まあ、そういうことならみちるも昼に焼きそば食べるか?大めに持って来たし」

みちる「良いんですか?やったー、コッペパン用意して待ってますね!」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:18:35.32 ID:kaki55tt0

 ~ 正午・給湯室 ~



P「まあ、作るのは塩焼きそばなんだがな。パン以外も食わせてやらなきゃ身体に悪いだろうし」

P「焼きそばはいいよな、ほんとに簡単だ。早ければ10分どころかもっと短くても出来るかも」

P「まず材料の野菜を切ろう。今回は残ってた玉葱・キャベツを一口大に切るだけだ。もやしも入れてやろう」

P「肉は庶民の大正義、豚バラ肉。フライパンに油を引いて熱して、肉を焼く」

P「火が通ったら野菜を入れる。焼いている間に、焼きそばはレンジアップ」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:21:03.99 ID:kaki55tt0

P「本来は水で蒸すのが市販の蒸し焼きそばの調理法だと思うんだが、ぶっちゃけレンジで十分だ」

P「今回もスピード重視。気になるなら正規通りの手順でやればいい、実際にはそんなに時間は変らないと思う」

P「レンジアップしたら、焼きそばをフライパンへ。しばらく炒めたら、ソースを入れるんだが」

P「一緒に入ってる粉末ソースは使わない。これも個人の好みだな。個人的にはやっぱりオタフクのソースが至高」

P「今回は塩焼きそばソースが手に入ったから、これを適量フライパンへ。全体に絡めて適度に焼いたら」

P「完成ー。ほんと楽な、ただの塩焼きそば。豪華にしたいなら冷凍のシーフードミックスとか混ぜれば海鮮焼きそばになって満足度も上昇だ」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:24:35.50 ID:kaki55tt0

P「みちる、いるかー?焼きそば出来たぞー」

みちる「わーい、楽しみしてましたよプロデューサー!この為に今日は食べるパンの量を少なめに………」

P「お待たせしました、塩焼きそばだぞ」

みちる「………え?」

P「ん?どうした?」

みちる「………このソースの無い白いのが、焼きそばですか?」

P「ああ、そうだぞ。塩焼きそばだ。食べたことなかったのか?」

みちる「………あー………なるほど………はい………」

P(露骨にがっかりされた………


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:27:07.09 ID:kaki55tt0

みちる「………用意したコッペパンが………頂きますね………」

みちる(………!)

みちる(塩焼きそば………今まで食べたことがなかった)

みちる(あっさりとした塩気にニンニクの良い香り………そしてちょっぴり感じるレモンの爽やかさ)

みちる(パンに挟むことしか考えてなかったから、避けてきたけれど………結構、いやかなり美味しい!)

P「………えっと、みちる、どうした?箸が止まってるけど………」

みちる「………プロデューサー。あたし感動しました!」

P「………?!」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:30:05.13 ID:kaki55tt0

みちる「焼きそばなんてパンのおかずだとばかり思っていましたが、単品でもこんなに美味しいだなんて………!」

P「お、おう。そうだな、焼きそばは単品でも美味しいよな、俺も知ってた」

みちる「あたしもまだまだ………ということですね!これからもパン以外の新しい料理のこと、色々と教えてください!」

P「!ああ、勿論だ!これからはパン以外もバランス良く食べて………」

みちる「早速ですが、この塩焼きそばはどんなパンと合わせるとより美味しくなりますかね?!」

P「………」

ちひろ(私の分も作ってくれるかな、プロデューサーさん………)


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:33:06.95 ID:kaki55tt0

 ~ 数日後 ~



P「そろそろ昼か………」

ちひろ「また何か作るんですか?」

P「うーん………たまにはコンビニ弁当でも食べますかねー」

ちひろ「あら………プロデューサーさんの料理美味しいから少し残念ですね………」

P「はは、また次の機会にでも………」

仁奈「お疲れ様でごぜーますよ!プロデューサー!」

志乃「お疲れ様、Pさん」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:36:50.21 ID:kaki55tt0

P「お疲れ様です。仁奈は良い子にしてましたか?」

志乃「ええ、とっても良い子だったわ………ねぇ、仁奈ちゃん?」

仁奈「はい!着ぐるみでお仕事頑張ったでごぜーます!褒めやがれですよ!」

P「偉い偉い。そういえば二人は昼はどうしますか?」

志乃「そういえば丁度良い時間ね。仁奈ちゃんは何が食べたい?」

仁奈「むむ、そうでごぜーますね………」

仁奈「………この間の撮影でイカの着ぐるみを着ました。イカの気持ちになるですよ………」

P「………イカって何食べるんでしたっけ?」

ちひろ「………小魚、とかですかね………?」

志乃「うふふ………お魚が食べたいの?」

仁奈「いえ!気持ちを考えてたら、やっぱりイカが食べたいでごぜーます!


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:39:16.83 ID:kaki55tt0

P「それは仁奈の気持ちだろ………でもイカ………イカかぁ」

P「………よし!今日の昼も作りましょう!聞いてたらこっちまでイカが食べたくなってきた!」

ちひろ「わぁっ♪でも何を作るんです?イカで手早く出来る料理なんて、炙りイカとか………?」

志乃「あら、楓と早苗も呼んでこようかしら………」

P「酒盛りする気ですか………まあ何時も通り簡単な奴作りますよ。仁奈、一緒に買い物行くか?」

仁奈「!お菓子も買っていいでごぜーますか?!」

P「一つだけだぞー、じゃあちょっとスーパー行って来ます。すぐ戻りますので」

ちひろ「イカを買いにいくんですか?」

P「ですね、あとパスタを。イカスミパスタで行きましょう!」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:42:18.38 ID:kaki55tt0

 ~ 買い物後、給湯室 ~



P「イカスミパスタというが、まあ大した手間は掛からない。今の世には和えるだけで作れるパスタソースなんてのがあるからな」

P「使うのはパスタ人数分・玉葱・ニンニク・オリーブオイル・安かったツボイカ。付け合せにレモンもアリだな」

P「まずパスタを茹でる。塩を一つまみ入れた鍋を沸かし、パスタをサーッ」

P「茹でる時間は、袋に書いてある時間より1分ほど短め。ソースを絡める時また火に掛けるからな」

P「茹でている間に野菜を切る。玉葱みじん切り、ニンニクスライス。イカは一口サイズに輪切り」

P「フライパンにオリーブオイルを引きニンニクを入れて回し、火に掛ける。ニンニクは焦げやすいから注意して、っと」

P「フライパンが暖まったら具材を投入!玉葱・イカ!」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:44:55.67 ID:kaki55tt0



仁奈「おお………!良い音がしやがりますよ!ちひろおねーさん、イカスミパスタってどんなのでごぜーますか?!」

ちひろ「ふふ、見てからのお楽しみです。きっとびっくりしますよ♪」



47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:48:59.02 ID:kaki55tt0

P「火が通ったら、お湯を切ったパスタを入れる!全体に絡め、ソースも掛ける!」

P「全体に絡めたらさっと火から放す。あんまり火に掛ける必要は無し」

P「皿に小山にして盛ったら、天辺にスライスしたレモンを乗せて、完成っと」

P「パスタソースは有能だな………手抜きイカスミパスタ!」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:51:34.96 ID:kaki55tt0

P「お待たせしました、イカスミパスタだぞ」

仁奈「な………なんでごぜーますか、この真っ黒のスパゲッティ?!」

P「これはな、こういう食べ物なんだ。失敗したわけじゃないぞ?」

志乃「うふふ、美味しそうな匂いね………」

P「志乃さん、お帰りなさい。何時の間に出てたんですか?」

志乃「Pさんがイカスミパスタっていうから、色々ね。パスタなら、これがいるでしょう?」

ちひろ「白ワイン………やっぱり………」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:54:13.60 ID:kaki55tt0

P「でも昼からワインかぁ………ちょっと優雅な気も………」

ちひろ「………プロデューサーさん?」

P「飲みません!飲みませんよ!………飲みませんって!」

志乃「あら、残念………また次の機会ね」

仁奈「うう………確かに美味しそうな匂いはしやがりますが………」

志乃「じゃあ、私が先に貰っちゃうわよ?………んん、美味しいわ」

仁奈「?!ほ、ほんとでごぜーますか?!ぐぐぐ、えーいっ!食べてみるでごぜーます!あむ!」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:56:55.83 ID:kaki55tt0

仁奈(………!こ、これは!)

仁奈(海の味がするでごぜーます!この間Pが教えてくれた、“潮”の味ってやつです!)

仁奈(イカも、潮の味がして、とっても濃い味がしやがります!)

仁奈(これが………海の気持ちでごぜーますか!)

仁奈「プロデューサー!これ真っ黒なのに美味しいでごぜーます!」

P「お、そうか。良かった良かった、でも気をつけて食べような」

仁奈「へ?なんでですか?」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/11(金) 23:59:55.79 ID:kaki55tt0

ちひろ「はい、鏡で見てみて」

仁奈「………?!く、口が真っ黒でごぜーますよ?!」

P「イカスミの墨が口に着いちゃったんだ。かき氷みたいに舌も真っ黒だぞ?」

仁奈「ほ、ほんとでごぜーます!すげーですよ!」

P「着ぐるみに溢さないようにな。着いたら落とすのが大変だし」

仁奈「わかったでごぜーます!お行儀よく食べるですよ!」


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:02:04.53 ID:chU1TQX30

仁奈「………ご馳走様でした!美味しかったですよー!」

志乃「ご馳走様でした。ワインにも合ってとっても美味しかったわ、Pさん」

P「お粗末様でした」

志乃「さあ、皆で歯磨きしましょうか。人数分買ってきたわ、歯ブラシ」

ちひろ「さすが志乃さん、助かりますっ」

P「ワイン以外にも買ってきてくれてたんですか、すみません気を使わせちゃって」

志乃「うふふ、美味しい料理をご馳走になったしこれくらいいいわ。あとはこれね」


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:04:14.66 ID:chU1TQX30

ちひろ「え、重曹?どうするんですかこれ?」

志乃「重曹を水に溶いて、テッシュを漬けて………仁奈ちゃん、お口を拭くけど舐めちゃ駄目よ?」

仁奈「わかりやがりました………んむ」

P「!すごい、イカスミがどんどん落ちている!」

志乃「イカスミはアルカリ性のもので落としやすいのよ。覚えておくと便利ね」

仁奈「わぁい、ありがとうでごぜーます!志乃さん!」


55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:05:51.53 ID:chU1TQX30

P「さて、満腹になったし………」

ちひろ「デザードにドリンクですか?」

P「普通に仕事しますよー………さぁ、頑張りましょう!」



  終わり


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:07:50.65 ID:chU1TQX30

  おまけ



葵「プロデューサー、聞いたよ!料理出来るってほんとたい?!」

P「なんだ藪から棒に。人並みに出来るけどどうした?」

葵「何であたしに言わないっちゃ!料理と言えばあたしでしょ!」

P「いや、そうだけど言ったからって何かあるのか?」

葵「そりゃ当然料理対決したり、一緒に合作したりとか………」


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 00:09:01.51 ID:chU1TQX30

P「あー、そんなん無理よ。葵の独壇場」

葵「即答?!何でよ?!」

P「料理の腕に関してはほんとこっちは“人並み”なんだよ………多少は手早く出来るつもりだけど、比べられたら味も腕前も葵の方が断然上手だよ」

葵「えー………じゃああたし出番は………?」

P「残念ながら無いんだよなぁ………もっと違う機会に、な?」

葵「ぐぬぬ………折角SR化したのに!あんまりっちゃー!!」



 ~ 本当に終わり ~



元スレ:モバP「腹が減ったし軽く何か作る」

他サイト様の最新記事