1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:16:53.27 ID:gD6UUAzf0

P「おーい、みんなに俺からのボーナスを渡すぞー」

やよい「うっうー!プロデューサーありがとうございます」

P「やよいはいい子だな~将来性も含めていっぱいあげちゃう」

春香「プロデューサーさんが個人的に出してくれているんですか?」

P「その通り!だから税金も差っ引かれないぞ」

真美「これでドンキ行こう!」

亜美「ドンキだね→」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:21:32.96 ID:gD6UUAzf0

あずさ「あらあら、こんなに分厚い封筒いいのですか?」

貴音「本当に貴方様は大丈夫ですか?」

P「大丈夫大丈夫!二人は特に頑張っているから(胸がね)」

響「自分もいっぱいもらったぞ。いっぱい餌が買えるぞ」

美希「あふぅ…びっくりなの」

千早「……」

春香「プロデューサーさんのくれるボーナスって人によって結構差があるんだね。千早ちゃんはいくらだったの?」

千早「5円…」

春香「え?」

千早「5円なのよっ…プロデューサーっ!!これはいったいどういうことですか!!」

P「お前はこれから大きくなる見込みもないし、5円でいいだろ。見込みがある奴は期待値込みで大目にいれてるけど、千早はなぁ」

千早「くっ」

P「んじゃ、俺は営業に行ってくるからな~」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:27:39.29 ID:gD6UUAzf0

千早「くっ…5円だと牛乳も買えないわ」

春香「千早ちゃん、そんなハイライトなくなった目をしないでよ」

千早「本当にプロデューサーの巨乳好きには困ったものね」

春香「なるほど。胸の大きさに比例してボーナスが出たんだ」

やよい「うっうー」

伊織「まっ、私はやよいがうれしければいいわ」

春香「でも小さくても貰っている人ともらってない人が」

千早「それはさっき言っていた将来性の期待値よ」

春香「なるほど」

千早「はぁ…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:29:56.41 ID:gD6UUAzf0

響「やったぞ!みんな喜ぶぞ!」

千早「……!!」

春香「千早ちゃん、5円玉に糸を通して何をしているのかな?」

千早「できたわ」

春香「まさかそれって」

千早「我那覇さん、貴方はだんだん眠くなーる」

響「ん?何してるんだ?」

千早「だんだん私の言うことを聞きたくなーる」

響「う~ん……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:31:38.97 ID:gD6UUAzf0

千早「我那覇さんは私にその封筒をあげたくなーる」

響「なんだかそんな気がしてきた…あげ…」

春香「こらっ!千早ちゃん。だめだよ」

響「はっ!危うく催眠術にかけられるところだった」

千早「惜しかったわ」

亜美「ねえ真美」

真美「うん。あれすごいね」

千早「はぁ、牛乳が欲しいわ」

亜美「その願い」

真美「叶えて差し上げましょう」

千早「え?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:33:48.42 ID:gD6UUAzf0

真美「ここにあるのは特濃8.0牛乳です」

亜美「欲しい人!」

千早「はいっ!」

亜美「んっふっふ~。もし欲しいなら」

真美「その5円玉と交換だよ」

千早「いいわよ。はい」

亜美「やった→」

真美「早速使おう!」

春香「5円玉が特濃8.0に変わった…。差額だと190円くらい?」

千早「んあーやっぱり特濃8.0は大きくなる気がする濃さだわ」

春香「もう飲んじゃったんだ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:35:25.37 ID:gD6UUAzf0

春香「それも交換したらなにかに変わるかもしれなかったのに」

千早「まるでわらしべ長者ね」

春香「もう紙パックだけど」

千早「確かに、交換しておけばよかったかしら」

春香「洗ってどうする気なの?」

千早「春香、ちょっと待っていて」

春香「嫌な気がする」

千早「大丈夫よ」

春香「牛乳パックを切り開いて、どうして縦に細く切っているの?」

千早「使うのはこの2本よ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:38:39.74 ID:gD6UUAzf0

春香「え?ってちょっとなにするの?」

千早「ちょっとだけ動かないで!」

春香「きゃぁっ!リボンをとったら!!」

千早「いいからっ!!私をシンジテッ!」

春香「どうして外人風なの!ちょっと本当にとっちゃだめだか…」


春香「クスン…」

千早「春香のリボンと私の作った牛乳パックリボンの交換よ」

春香「無理やりすぎるよ…しかも牛乳臭い」

千早「洗っても匂いは簡単に落ちないわ」

春香「せめて熱湯かけてよ」

千早「さぁ、このリボンと何が交換できるか。街に出てみようかしら」

春香「あぁ、行っちゃった…牛乳パックリボンって個性的かな」

律子「馬鹿言ってないで早く普通のリボンつけなさい」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:43:47.42 ID:gD6UUAzf0

おじさん「イタタタタ」

千早「どうかされたのですか?」

おじさん「いや、指をどこかで切ってしまったみたいで。血が止まらないんだよ」

千早「いま手当してあげます」

おじさん「いいのかね?このリボン。とっても綺麗だけれど」

千早「怪我をしている人を放っておくことはできません」

おじさん「ありがとう。君のおかげで血が止まったよ。よければお礼させてほしい」

千早「お礼なんて…」

おじさん「私は半導体の研究所に勤めていてね。実は人の体の質感にきわめて近いシリコンを開発したのだよ」

千早「……それって」

おじさん「君は見たところ胸にコンプレックスを…いやすまない。無神経な発言で」

千早「いいんです。それは本当のことですから」

おじさん「よければ私が力になってあげよう」

千早「ありがとうございます」

おじさん「それは私の言うセリフだよ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:46:39.74 ID:gD6UUAzf0

@事務所
千早「いま戻りました」←95

春香「ブッ」

伊織「あんた何お茶を吹いているのよ」

雪歩「いま布巾もってきますね」

真美「それってもしかしてシリコン?」

千早「触ってみる?」

亜美「わっ!本物だ!」

真美「ど、どうして?お出かけしただけでこんなに大きくなるなんて!?」

千早「これが私の実力よ」

あずさ「あらあら~私も負けてられないわね~」

千早「95ですから」

あずさ「……」

貴音「面妖な」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:55:37.65 ID:gD6UUAzf0

P「千早ぁ~俺が悪かった許してくれ」

千早「いいんですよ」

P「千早の胸が事務所で一番大きくなるとは」

千早「これが私の実力です」

小鳥「偽物と思ったけれど、質感もすべて本物ぴよぉ」

律子「頭が痛くなってきたわ」

千早「どうですか?プロデューサー?」

P「これからは歌の仕事もいっぱいいれる!だから、一瞬だけでいいから触らしてくれ!」

千早「ええ。いいですよ」

P「おぉぉう…これはすごい!!よしやる気が出てきた!営業行ってきまーす!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 22:58:05.17 ID:gD6UUAzf0

春香「千早ちゃん、すごいね!!」

千早「私を見直したかしら。」

春香「どうやったか想像もつかないけれど、私もプロデューサーさんをあんなふうにさせたい!!」

千早「春香には無理よ。だって胸がね。はぁ~肩がこるわ~」

春香「お願い教えて!!」

千早「教えるに決まっているわ。友達でしょ」

春香「千早ちゃん」

千早「はい、春香。これが胸を大きくする方法よ」

春香「え?5円玉?」

千早「そうよ」

春香「もしかして5円玉の交換の果てに巨乳を?」

千早「ええ。わらしべ巨乳よ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 23:00:24.91 ID:gD6UUAzf0

千早「さあ、事務所の外に行って交換していくわよ」

春香「本当にするの?」

千早「大きくなりたいんでしょ?」

春香「でも大きくなった最後の理由を教えてくれれば」

千早「春香。苦労の先に巨乳が待っているのよ」

春香「わかったよ。私頑張る!!って!!」ドンガラガッシャーン

千早「春香、大丈夫?」

春香「イタタタタ」チャリーン

千早「まさか事務所の前に萩原さんの穴が…」

春香「よかった落ちる前に手前でこけてって5円玉がない!!」

千早「もしかして穴に落ちたんじゃ…」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 23:04:29.57 ID:gD6UUAzf0

P「ふ~やっと出られた」

春香「ってプロデューサーさん?」

千早「穴の中で何をしていたのですか?」

P「いや、事務所を出た瞬間落ちてしまって…暗闇の中迷子になっていたんだよ」

春香「あぁ~私もたまにあります」

P「でコインが落ちる音がしたからその方向に行ったら出口があったと」

春香「あ!そのコイン私の5円玉です」

P「ごめん。5円玉は見つけられなかった」

春香「そうですか」

P「でも春香のおかげで助かったよ。ありがとう」ナデナデ

春香「えへへ」

P「ちょっと事務所でどろを落としてくるな」

春香「はーい」

千早「萩原さんも困ったものね」

春香「全員同じくらい困った要素あると思うよ?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 23:06:24.48 ID:gD6UUAzf0

千早「それでプロデューサーには何かもらったの?」

春香「なでなでを…ってなにも貰ってない!!」

千早「待って、手を見て」

春香「これは…」

千早「プロデューサーの髪の毛」

春香「生々しいよ」

千早「これを交換するのよ!!」

春香「髪の毛って?」

千早「事務所なら希望があるわ」

春香「確かに。小鳥さんあたりに売れそう」

千早「そうと決まれば事務所にいったん戻るわよ」

春香「うん」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 23:09:28.71 ID:gD6UUAzf0

千早「さて、誰がいいと思う?」

春香「ここは美希ちゃんかな?」

あずさ「ふぅ…肩がこるわ」ドタプーン


春香「あぁっ!あずささんの胸の風圧でプロデューサーさんの髪の毛が!!」

千早「いけないわ!いますぐ取り戻すのよ!」

春香「どこに行ったか分からないよ」

千早「本気で探すのよ…って」

春香「千早ちゃん、鼻の下に…」

千早「は…は…クチュンッ」ブチンッ

P「いますごく可愛いくしゃみが聞こえたけど誰だ?」

春香「プロデューサーさん」

P「……」

春香「あ、千早ちゃん」

千早「どうしたの?」

春香「胸が…」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 23:12:52.20 ID:gD6UUAzf0

春香「とれてるよ」

千早「あぁっ!!絶対にばれないシリコンパッドが!!」

P「やっぱり偽物だったのか!!」

千早「そんなっ!せっかくの希望が」

あずさ「あらあら~」

春香「千早ちゃん…」

千早「くっ」

春香「仕方がないよ。私たちはどんなに頑張っても91は超えられないよ」

千早「…ぐすっ」

P「やっぱり本物の巨乳に限る」

あずさ「あらあら~」


律子「こうして千早のわらしべ巨乳は幕を閉じました」



おわり



元スレ:千早「わらしべ長者?」

他サイト様の最新記事