1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 21:46:00.93 ID:rJMUX/Uqo

小鳥「……………」










小鳥「えっ?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 21:52:19.34 ID:rJMUX/Uqo

小鳥「や、ややややややややyyyyyy……お、落ち着くのよ。音無小鳥!」

やよい「小鳥さん、やっぱりダメですかー?」

小鳥「え、えっと、ごめんなさい。うまく聞こえなかったの」

やよい「買春がしたいかなーって」

小鳥「もう一度」

やよい「買春がしたいんです」

小鳥「one more」

やよい「えいごは無理かなーって」

小鳥さんしかいなかったし、

相談しないのもアレかなって思ったんだけど、

どうやら小鳥さんでは相談に乗って貰えないみたいです

仕方がないので、伊織ちゃんが帰ってくるのを待つことにしますーっ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 21:55:45.61 ID:rJMUX/Uqo

ζ*'ヮ')ζ<いちじかんご



伊織「」

美希「」

真「」

律子「」

千早「」

響「」

小鳥「」

亜美「」

真美「」

やよい「今のところ全滅しちゃったみたいです……」

相談するたびに「なんてっ!?」とか、

「もう一度!」とか、

正直もう、言うの疲れちゃったかなーって


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 22:03:57.29 ID:rJMUX/Uqo

あずさ「あのね、やよいちゃん」

やよい「あずささん!」

あずささんはどうやらちゃんと話を聞いて、

アドバイスしてくれるみたいです!

あずさ「売春なんてしちゃダメよ」

やよい「え……?」

あずさ「あ、あら? なんでそんな絶望的な表情するの?」

買春しちゃダメ……なんですか?

どうして……そんな……

あずさ「も、もしお金に困ってるとかなら私達が出すから、ね? も、もちろん利子とか取らないわよ~?」

……あれ?

あずささんは何を言ってるのかな?

やよい「お金に困ってたら買春なんてしないかなーって」

あずさ「え?」

やよい「お金があるからこそ、買春したいかなーって」

あずさ「あ、あら~……何を言ってるのか良く解らなくなっちゃったわ~」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 22:19:16.92 ID:rJMUX/Uqo

貴音「あずさ。つまり売る方ではなく、買う方なのでは?」

あずさ「なるほど~……え?」

やよい「貴音さんの方が正しいかなーって」

貴音「ですが――」

やよい「それに、私は売れないかなーって」

私はちゃんと正直にそういっただけなんだけど、

あずささんは固まっちゃったみたいです

やよい「あのーっあずささーん!」

あずさ「う、売れないって……どうして?」

やよい「え? 持ってないからですけど……」

あずさ「も、持って、ない? え、え……ごめんなさい頭が痛くなっちゃったわ~」

貴音「あずさ、一体どうしたのですか? 売春という行為に何か必要なものがあるのですか?」

あずさ「い、言わせないで欲しいかなーって」

あずささんが私の物真似するのは珍しいかなーって

貴音「っ……やよい。あずさはどうやら深刻なご様子。相談事はまた後ほど」

私はちょっと嬉しかったけど、

貴音さんは深刻な表情でそう言ってあずささんを連れて事務所からいなくなっちゃいました


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 22:27:00.51 ID:rJMUX/Uqo

雪歩「おはようござ――ひぃっ!?」

やよい「あ、雪歩さん! おはようございますーっ!」

雪歩「なんでこんな死屍累々なんですかぁ!?」

やよい「う~ん……わからないですーっ」

でも多分、

私が相談したからかもしれないかなーって

けど、

あずささんや貴音さんとの話だけだと、

やっぱりちょっと物足りないかもしれない

雪歩「と、とりあえずお茶を――」

やよい「雪歩さーんっ、買春ってどう思いますかーっ?」

雪歩「………………え?」

やよい「えっと、売るほうじゃなくて、買うほうなんですけど……」

雪歩「………………………………」

やよい「あれっ? 雪歩さんっ?」

雪歩「…………………」

雪歩さんではダメだったみたいです

あとはもう相談できる人いないかなーって

春香「おはようございまーす」

やよい「っ!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 22:31:27.21 ID:rJMUX/Uqo

春香「み、みんなぁ!」

雪歩「」

伊織「」

千早「」

響「」

春香「どうしたの? ねぇっ、ねぇってば!」

小鳥「ぅ……」

春香「こ、小鳥さん!」

小鳥「かゆ……うま……」

春香「小鳥さぁぁぁぁあんっ!!」

やよい「……………」

思わず隠れちゃいました……

春香「ひどい……酷いよ……誰がこんなこと……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 22:40:06.35 ID:rJMUX/Uqo

春香さんが泣いてる

みんなが倒れちゃったのは私のせい……だから、

きっと春香さんは私に対して……で、でもっ

私はただ相談しただけ

やよい「…………………」

春香「……いないのはやよいと貴音さん。それにあずささん」

このまま隠れててもなんの意味もないかなーって

もしもダメだって言われるとしても、

言うだけ言っておいたほうが良いって思う……

プロデューサーが前に言ってたもんね

『P「やらないで後悔するより、やって後悔した方が良い」』

って……だから

やよい「春香さん!」

勢いよく飛び出して、春香さんの前に立つ

春香「やよいちゃ――」

やよい「買春させてください!」

そして……時が止まった


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 22:44:36.74 ID:rJMUX/Uqo

春香「……え?」

やよい「買春したいんです! お金ならちゃんとあるんです!」

春香「ちょ、ちょっとまって、ワケが解らないよ!」

やよい「だ、だから……」

何度も同じこと言ってばかりだったような。

このままじゃまた伝わらなそう

だから、ちょっと言い方を変えてみよう

大きく息を吸って……

やよい「春香さんが買いたいんです!」

春香「……えっ」

やよい「プロデューサーが言ってたんです! 春香さんは売春してるって!」

春香「えっ……え?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 22:49:28.11 ID:rJMUX/Uqo

春香「ごめん、えっと……私そんなことしてないよ?」

やよい「え……」

春香「えーなにその絶望的な表情……ソウルジェムも真っ黒だよ」

春香さんが売ってるって……

プロデューサーには何回も本当かどうか聞いたのに。

ちゃんと聞いたのに……

何回も何回も間違いないって

嘘ついてないって

嘘付いたらもやし千本飲むって約束だって……

じゃぁ、春香さんが

やよい「嘘ですねっ!?」

春香「えぇーっ」

やよい「春香さんは売春してるけど、私には買われたくないんですね!」

春香「だ、だからしてないって……」

やよい「……良いんです、どうせ。私のことなんて春香さん嫌いですもんね」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 23:00:14.94 ID:rJMUX/Uqo

春香「ううん、そんなことないよ!」

やよい「じゃぁ売ってください!」

春香「極端すぎない!?」

やっぱり、

やっぱり、春香さんは私のこと嫌いなんだ……

私は春香さんのこと好きなのに

春香「な、何を勘違いしてるのかわからないけど私はそういうことしてないから」

やよい「じゃぁ、プロデューサーが嘘ついたんですか?」

春香「……え、えっとさ。プロデューサーさんに言われたままに復唱してくれる?」

春香さんは少し困った表情でお願いしてきた

一言も漏らさず覚えてるから、これで春香さんが嘘付いてるって証明するぞーっ

やよい「ば、ばばばば売春っていうのはだな……そ、そう。春香が売ってるんだ」

春香「……えっ」

やよい「つ、つまりだな。売春とは春香が売ってるから売春なんだ!」

春香「へぇ」

やよい「だ、だから、買春っていうのはそれを買うことを言うんだ! う、ううう嘘じゃないぞ――って言われました」

春香「うん、なんとなく察した。プロデューサーさんに怒ろうと思ったけど……仕方ないかな……」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 23:05:33.56 ID:rJMUX/Uqo

やよい「……え?」

春香「プロデューサーさんに売春と買春のことを聞いたんだよね?」

やよい「はいっ! プロデューサーの机に隠れてた本の表紙だったから気になって」

春香「ん?」

伊織「ん?」

律子「ん?」

真「ん?」

響「え?」

雪歩「え?」

千早「え?」

小鳥「ブフッ」

やよい「み、みなさん大丈夫なんですか!?」

いきり立ったみんなは、

私に対して優しい笑顔を浮かべると、

揃って事務所を出て行ってしまった

春香「……任せちゃおうかな」

やよい「え?」

春香「あーこっちの話だから」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 23:15:36.89 ID:rJMUX/Uqo

春香「あのね、やよい」

やよい「はい!」

春香「売春とかはしちゃいけないものなんだよ?」

やよい「でもっ」

そんなこと言われたって私、私は……

やよい「どうしても春香さんが欲しいです!」

春香「え……?」

やよい「だから……春香さんが買えるって聴いて……凄く、凄く……」

嬉しかったのに……


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 23:24:36.33 ID:rJMUX/Uqo

春香「やよい……」

やよい「私、春香さんが好きですっ! 大好きですっ!」

こんなお姉ちゃんが欲しかったなって

こんな人が家族にいてくれたら幸せだろうなって

春香「………」

やよい「でもっ春香さんはいつも千早さんたちばっかりで、だから……」

春香「……ごめん、やよい」

やよい「っ!」

春香さんは複雑そうな表情で私を見つめていた

春香「私はお金で売り買いできるようなモノじゃないよ」

やよい「……わか、って、ます。買春も売春も、プロデューサーの嘘だったんですよね?」

春香「うん。でもさ、お金で買えないからって手に入らないわけじゃない」

やよい「え?」

春香さんはいつものあったかい笑顔を見せてくれた

春香「やよいが良いなら……やよいの家に行きたいかなーって」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 23:30:45.61 ID:rJMUX/Uqo

やよい「春香さん……」

春香「どう?」

春香さんをお金で買おうとした私を、

春香さんは許してくれる……?

たとえお金で買えなくても

春香さんは私のこと……見てくれる?

やよい「うっうーっ! だいかんげーです!」

春香「あははっ」

やよい「もやし祭りですーっ!」

春香さんには言っちゃったけど、

でも多分、春香さんは私の好きが友達とか仲間とかだって思ってるかもしれない

春香「春香さんはお肉を振舞ってあげちゃおうかなー!」

やよい「いいんですかーっ!?」

だから、いつか――

春香「やよい」

やよい「はい?」

春香「私も好きだよ? やよいのこと。色んな意味で」

やよい「え――」

そのいつかはもしかしたら

もう、過ぎちゃったのかもしれない


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/12(土) 23:33:01.22 ID:rJMUX/Uqo

終わり


ζ*'ヮ')ζ<やよはる! やよはる!



元スレ:やよい「買春したいかなーって」

他サイト様の最新記事