1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 20:48:54.77 ID:2SzT7ETvo

咏えり


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 20:52:14.01 ID:2SzT7ETvo

えり「~♪」カチャカチャ

えり「そろそろかな……」チラッ

ピンポーン

えり「はーい」パタパタ

ガチャ

えり「お仕事お疲れ様です咏さっ……わっ」

咏「えりちゃん!」ギュウ

えり「ちょ、ちょっと咏さんっ……」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 20:55:19.42 ID:2SzT7ETvo

咏「えりちゃんえりちゃーん♪」ギュウウ

えり「……」コツン

咏「あいた」

えり「まったく。ほら、入ってください」

咏「そんじゃ、おじゃましまーす」

えり「……」

咏「うん?」

えり「お、おかえりなさい」

咏「!」

咏「……うん。ただいま!」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 20:57:36.01 ID:2SzT7ETvo

えり「夕飯、ちょうど出来あがるところです」

咏「おー。良い匂いだねぇ」

えり「食器やお箸の準備お願いします」

咏「はいはーい」カチャカチャ

咏「食器はこれとこれ……お箸はここ、と……」カチャカチャ

えり「……」

咏「うん?どうしたん?」

えり「いえ、すっかり慣れたものだなぁと」クス

咏「あはは。流石に何度もやってるからねぃ」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 20:59:46.59 ID:2SzT7ETvo

咏「えりちゃん家にあるものはもう完全に把握してるぜ~。知らんけど」

えり「はいはい」クスクス

咏「例えば本棚の一番下の奥にある分厚いアルバム!」

えり「え」

咏「私の記事のスクラップがあるよねぃ」

えり「し、知ってたんですか!?」

咏「雑誌の表紙から小さいのまで。よくあれだけ集めたよね~」ニヤニヤ

えり「そんな……まさかバレてたなんて……」カアァァ

咏「他にもあるよぉ。そうだなー……」

えり「……」ハラハラ


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:04:20.43 ID:2SzT7ETvo

咏「うーんと……タンスの下着を収納してるとこの一番奥!」

えり「っ!」ビクッ

咏「真面目なえりちゃんからは想像できないような色っぽいのが……!」

えり「あっ……あぁ……」ブルブル

咏「……え。ホントに?」

えり「……え?」

咏「適当に言ったんだけど……」

えり「……」

咏「……こ、今度泊まるときはそれを……」

えり「何言ってるんですか!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:07:48.96 ID:2SzT7ETvo

えり「いただきます」

咏「いただきます!」パクパク

咏「ん~!やっぱりえりちゃんの料理は美味しいわぁ~」

えり「ありがとうございます」

咏「うたちゃんも仕事あるのに、いつも食べに来て悪いねぃ」

えり「構いませんよ。どちらにしろ作らなければいけないんですから、手間は変わりません」

えり「……それに」

咏「うん?」

えり「貴女に食べてもらって、喜んでもらえるのは……嬉しいですから」

咏「おぉ~」

えり「……」プイッ


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:10:39.42 ID:2SzT7ETvo

咏「すぐ照れるくせにそういう恥ずかしいこと言うよね~えりちゃんは」

えり「うっ……」カアァァ

咏「顔真っ赤にしちゃって~可愛いねぃ」

えり「う、咏さんっ!」

咏「おぉ?」

えり「最近自分の家に帰る機会が少ないからって、掃除怠っていませんか?」

咏「うえ……し、知らんしー」

えり「やっぱり……。いつも言ってるでじゃないですか」

えり「仕事に必要な物が見つからなくて始まるギリギリに来られると、こちらも困るんです」

咏「うぅっ」

えり「まったく……」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:14:03.01 ID:2SzT7ETvo

えり「では、今度の休日でいいですか?」

咏「うん」

えり「私が着くまでに少しはご自分で綺麗にしておいてくださいね」

咏「……」

えり「咏さん?」

咏「これ、渡しとく」カチャッ

えり「これは……」

咏「合鍵。私の家の」

えり「……いいんですか?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:16:58.75 ID:2SzT7ETvo

咏「いいよ~。だから私が起きるより早く来て掃除を……」

えり「絶対しません」

咏「だよねぃ」

えり「後で私のも差し上げます。よく考えれば半分うちに住んでるようなものですからね」

咏「あ~。そっちはいいや」

咏「えりちゃんに玄関でお出迎えされておかえりなさいって言ってもらえなくなる」

えり「どんな理由ですか」クスクス

咏「いや~あれはいいもんだよ~」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:19:10.29 ID:2SzT7ETvo

えり「ごちそうさまでした」

咏「ごちそうさま~」

えり「食器洗っておくのでうたさんはお風呂どうぞ」

咏「手伝うから一緒に入ろうぜ~」

えり「咏さんの家ならともかく、ウチの浴室だと窮屈になってしまいますが……」

咏「そんなの気にしないって~」

えり「分かりました……」

咏「よーし、ちゃちゃっと終わらせてえりちゃんとお風呂だ~!」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:21:18.04 ID:2SzT7ETvo

浴室

えり「ふぅ……」チャプ

咏「いい湯だねぃ」パシャパシャ

咏「……えりちゃんはさー、誰かと一緒にお風呂入るのって嫌?」

えり「慣れてないので恥ずかしさがどうしても……

えり「それに……」

咏「やたら身体が敏感だもんねぃ」

えり「へ、変な言い方しないでください……」

咏「さっきも背中洗ってあげてたとき良い声出してたよねぃ。時々震えながらさ~……」

えり「……」バシャ

咏「わっぷ」

えり「あんまりからかわないでください」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:23:24.45 ID:2SzT7ETvo

咏「まあ冗談はおいといて、私はえりちゃんとお風呂入るの好きなんだけどね~」

えり「私も、嫌というわけでは……」

咏「よっと」パシャ

えり「う、咏さん?」

咏「腕回して」

えり「え?は、はい。こうですか?」キュッ

咏「こうやってさー、えりちゃんに身体預けて後ろから抱き締められると、すんごい幸せなんだよねぃ」

えり「……」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:25:20.61 ID:2SzT7ETvo

咏「えりちゃんはどう?」

えり「私は……」

咏「ほら、何て言うか。抱き枕みたいじゃない?」

えり「抱き枕ですか」クス

咏「抱き心地いいぜ~。知らんけど」

えり「……そうですね」ギュッ

咏「……」キュッ


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:30:40.44 ID:2SzT7ETvo

えり「あったかい……」ギュウ

咏「そうだねぃ」

えり「……咏さん」

咏「うん?」

えり「私も、幸せです」

咏「……」

えり「もう少し、こうしていてもよろしいですか?」

咏「お~いいぜぃ。好きなだけ抱きしめな」

えり「ふふっ……」ギュウ


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:32:20.61 ID:2SzT7ETvo

リビング

咏「のぼせた……」ダラン

えり「すみません……私のせいで……」

咏「謝らなくていいって。誘ったの私だしねぃ……」ヒラヒラ

えり「その、あんまり気持ちよくて……つい夢中に……」

咏「まあでも、いいもんでしょ?一緒にお風呂入るの」

えり「……はい」

咏「また一緒に入ろうぜ?」ニコ

えり「はい」ニコ

咏「……さて、気分も良くなってきたし」ムクリ

咏「飲もうぜ、えりちゃん」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:33:37.27 ID:2SzT7ETvo

咏「乾杯!」チン

えり「乾杯」チン

咏「……っ」グビッ

えり「んっ……」コクコク

咏「っはー!」

えり「……美味しい」

咏「おー嬉しいねぃ!えりちゃんのこと考えて選んだかいがあったってもんだよ!」

えり「……」コクコク

咏「だ、だからって飲みすぎは駄目だかんね?えりちゃんお酒弱いんだから」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:34:47.96 ID:2SzT7ETvo

えり「ふふっ。大丈夫ですよ咏さん」ニコッ

咏「そ、そう?ならいいけど……」

えり「あ、グラス空になっていますね。どうぞ」トクトク

咏「う、うん。ありがとー」

えり「ふふふ」コクコク

咏「……わっかんねー」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:35:56.98 ID:2SzT7ETvo

えり「ふぅ……」

咏「随分飲んだけど大丈夫?」

えり「何と言うか、気持ち良く酔えています……」

咏「う、うん?」

えり「フワフワしてるけど意識がしっかりしてるというか……それなりに考えて喋れている感じです」

咏「あー。確かにえりちゃん酔うと性格変わるもんねぃ」

えり「そうなんですか?」

咏「うん。子供っぽくなる……かな?」

えり「……こんな感じですか?」ギュウ

咏「え、えりちゃん!?」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:38:18.22 ID:2SzT7ETvo

えり「お風呂の時とは随分反応が違いますね」ギュウウ

咏「あ、あの時とは状況がっ……」

えり「とっても可愛いですよ、咏さん」ニコッ

咏「あぅ……」カアァァ

えり「……」ギュッ

咏「えりちゃん……?」

えり「……私は……」

咏「うん?」

えり「私は、素直じゃないので。酔いでもしないと気持ちを伝えられません」

咏「……」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:39:25.19 ID:2SzT7ETvo

えり「本当は、咏さんからのスキンシップも凄く嬉しいんです」

えり「けれどどうしても気恥ずかしさがあって。つい素っ気なくなってしまうんです」

咏「……」

えり「どうにかしなければと思い、最近はなるべく本音を言えるよう頑張ってはいるんですが……」

咏「あ~、どうりで。よく恥ずかしいセリフ言って自爆してるもんねぃ」

えり「照れてばかりで大切なことを伝えられないのは、良くないと思っているので……」

咏「それもそうだねぃ……」

えり「面倒くさい女ですみません」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:40:24.98 ID:2SzT7ETvo

咏「うーん……」

咏「えりちゃんは、結構分かりやすいよ?」

えり「え?」

咏「嬉しい時は嬉しそうにしてるし、本気で嫌がってたらすぐに分かるよ」

えり「ほ、本当ですか?」

咏「知らんし~」ニヤニヤ


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:41:47.01 ID:2SzT7ETvo

えり「なら良かっ……あれ、それはそれで良くないですよね?全部バレてたってことで……」

咏「えりちゃん」

えり「は、はい!」

咏「私、えりちゃんのこと大好きだよ」ギュッ

えり「う、咏さん!?」

咏「堅物なところも、恥ずかしがり屋なところも、私にだけ見せてくれるそういう顔も」

えり「……」

咏「全部好き」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:42:58.73 ID:2SzT7ETvo

えり「咏さん……」

咏「えりちゃんは?」

えり「え……」

咏「お酒が入って素直になったえりちゃんの言葉が聞きたいねぃ」

えり「……」

咏「ね?」

えり「……私も、大好きです。」ギュッ

えり「愛しています。咏さん」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:45:35.72 ID:2SzT7ETvo

寝室

えり「明日は一緒に仕事ですね」

咏「そうだねぃ」

えり「選手のデータ、ちゃんと頭に入れていますか?」

咏「知らんし~」

えり「こら」

咏「あははっ」ケラケラ


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:47:11.11 ID:2SzT7ETvo

えり「まあ、大丈夫なんでしょうね。貴女は何だかんだ準備は怠らない方ですから」

咏「おおー信頼されてんね~。さすが私」

えり「調子に乗りすぎです」

えり「でも……そうですね。信頼してます」

咏「正直だねぃ」ニヤニヤ

えり「酔ってますから」ニコ

咏「……正直ついでに私も言っておくけどさ。えりちゃんにはめっちゃ感謝してるんだよねぃ」

えり「何ですかいきなり……」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:48:42.99 ID:2SzT7ETvo

咏「当たり前のように夕飯をご馳走になってるけどさ、それをえりちゃんは仕事の後に作ってくれてるんだよね」

咏「それなのにすんげぇ手間かかっててさ。いつだって超美味しいし」

えり「ありがとうございます」

咏「それってさ、すっげぇことじゃね?私にはよくわっかんねーけど」

えり「大げさに考えすぎですよ」クス

咏「いやいや。すっげぇことなんだよ。知らんけど」

咏「だからさ。いつもありがとうね、えりちゃん」

えり「咏さん……」

咏「……」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:49:55.97 ID:2SzT7ETvo

えり「顔、真っ赤ですよ」

咏「うぇ!?そ、そういうの言わなくていいから!」カアァァ

えり「すみません。真剣な顔して真面目なこと言ってる咏さんがあんまりおかしくて……ふふっ」クスクス

咏「ぐっ……」

えり「でも、嬉しいです」

咏「……」

えり「こちらこそ、ありがとうございます」

咏「何に対してのありがとう?」

えり「さぁ。何でしょうか」

咏「あははっ」クスクス

えり「ふふっ」クスクス


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:51:10.71 ID:2SzT7ETvo

えり「……抱きしめてもらっても、よろしいでしょうか」モゾ

咏「ん」ギュウ

えり「……んっ……」

咏「よしよし」ナデナデ

えり「んぅ……」キュッ

咏「えりちゃんの髪はふわふわで柔らかいねぃ」ナデナデ

えり「咏さぁん……」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:52:06.61 ID:2SzT7ETvo

咏「こっち見て」クイッ

えり「んっ……」

咏「可愛いぜ。えりちゃん」

えり「咏さんは……綺麗です」

チュッ

咏「ん……」

えり「う……んぅ……」

咏「……さ、もう寝ちゃおう」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:53:15.28 ID:2SzT7ETvo

えり「……」

咏「潤んだ目で見ても駄目だって~。明日仕事あるんっしょ?」

えり「……」プイッ

咏「えりちゃん飲みすぎてんだから、今日はもう休みな。ね?」ナデナデ

えり「……はい」

咏「よしよし。いい子いい子」ナデナデ

えり「んっ……」キュッ

咏「おやすみ」

えり「おやすみなさい」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:54:14.02 ID:2SzT7ETvo

翌朝

えり「頭痛い……」ズキズキ

咏「あーやっぱり?随分飲んでたもんねぃ。ほい水」

えり「……ふぅ……。お酒強いの羨ましいですよ」ゴクゴク

咏「あはは。えりちゃんも飲んでくうちに強くなってくんじゃねぇの?知らんけど」

えり「咏さんもそうだったんですか?」

咏「うんにゃ。私は最初からザルだったよ」

えり「……」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:55:09.05 ID:2SzT7ETvo

咏「それよりえりちゃん、昨日のことしっかり覚えてる?」

えり「ええ。覚えていますよ」

咏「おー良かった。普段は飲んだ日のことあんま覚えてないみたいだからねぃ」

咏「素直で可愛らしいえりちゃんが見れて最高だったからね~」ニヤニヤ

えり「……」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 21:56:28.80 ID:2SzT7ETvo

咏「最後なんか誘ってたよねぃ。超エロくて抑えるの大変だったぜ~」ニヤニヤ

えり「……私も」

咏「お?」

えり「私も咏さんの素敵な本音が聞けて嬉しかったです」ニコッ

咏「おぉ!?」

えり「朝食作りますね。とても感謝してくれてるようで、作りがいがありますよ」ニコニコ

咏「えりちゃん……強かになったねぃ……」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 22:00:16.02 ID:2SzT7ETvo

えり「開き直ってみただけですよ。嬉しくて舞い上がってるのもありますし」

咏「そっかぁー」

えり「ええ」

咏「じゃ、私も手伝うよ」

えり「包丁は握らせませんよ?」

咏「分かってるって~。何すればいい?」

えり「そうですね……」

えり「まずは――」






カン


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/30(土) 22:01:28.31 ID:2SzT7ETvo

短いけどおわり
咏えりがなくて寂しかったから書いた



元スレ:咏「おやすみ」えり「おやすみなさい」

他サイト様の最新記事